EXIDEA
All articles
安いウォーターサーバーを徹底比較

ウォーターサーバーの料金を徹底比較!費用が安い宅配水ランキング

最終更新日:

安いウォーターサーバーを探すには、ウォーターサーバーにどんな費用がかかるのかを知ることと、それらを合計した月額料金を比較することが大切。

このページでは、ウォーターサーバーを利用するのにかかる費用や比較方法を解説し、さらには実際にかかるトータルコストで料金を比較。本当に安いウォーターサーバーがどこなのかを明らかにしてランキングを作成しました。

卓上型で安いサーバー、赤ちゃんがいるご家庭向けなど、生活スタイルに応じたランキングも紹介しているので、安いウォーターサーバーを探している方はぜひ参考にしてください。

それでは早速見ていきましょう。

目次

比較したウォーターサーバー9社と特徴

今回、当編集部では下記の口コミでも人気・おすすめのウォーターサーバー9社を比較しました。

ウォーター
サーバー
会社名
特徴・おすすめポイント
クリクラ
  • 全国571の産院へ導入されているウォーターサーバー
  • RO膜を使って化学物質やカルキ臭、不純物などを徹底的にカットした安心・安全な水
アクア
クララ
  • グッドデザイン賞受賞のウォーターサーバーやコーヒー機能付きのウォーターサーバーがある
  • RO膜を使って化学物質やカルキ臭、不純物などを徹底的にカットした安心・安全な水
フレシャス
  • グッドデザイン賞受賞のウォーターサーバーやコーヒー機能付きのウォーターサーバーがある
  • 水がパックタイプの容器に入っているので、交換が楽でゴミがかさばらない
  • 全国3か所の天然水が選べる
プレミアム
ウォーター
  • 業界シェアNo.1のウォーターサーバー
  • 非加熱処理の天然水で自然そのままの味を楽しめる
アルピナ
ウォーター
  • シンプルで必要最低限の機能が備わったウォーターサーバー
  • RO膜を使って化学物質やカルキ臭、不純物などを徹底的にカットした安心・安全な水
アクア
セレクト
  • シンプルで必要最低限の機能が備わったウォーターサーバー
  • 伊勢神宮「宮川」の天然水
うるのん
  • 名水の産地といわれる富士山のふもとで採れた天然水
コスモ
ウォーター
  • 足元でボトルが交換できるウォーターサーバー
  • チャイルドロックが3種類あり、お子様の成長に応じて対応可能
ワンウェイ
ウォーター
  • 足元でボトルが交換できるウォーターサーバー
  • RO膜を使って化学物質やカルキ臭、不純物などを徹底的にカットした安心・安全な水

 
費用が安いおすすめのウォーターサーバーは後ほど詳しく紹介しますが、まずは本当に安いウォーターサーバーを選ぶための基本情報を押さえておきましょう。

ランキングを見る前に!
費用の考え方と比較方法

ウォーターサーバーの費用について解説
ウォーターサーバーの費用に関する基礎知識を知らないと、「結局、支払総額が高くなってしまった」ということも。

本当に安いウォーターサーバーを選ぶためには、ランキングを見る前に、ウォーターサーバーにかかる全費用や比較方法について知っておきましょう。

ウォーターサーバーにかかる全費用

まず知っておきたいのは、「ウォーターサーバーにはどんな費用がかかるのか」ということ。ウォーターサーバー各社の公式サイトを見ると、サーバーレンタル代や水ボトルの料金についてはわかりやすく記載されていますが、それ以外にも以下の費用がかかることを忘れてはいけません。

ウォーターサーバーを利用するのにかかる全費用は以下の通り。

費用
項目
支払い
タイミング
価格相場 説明
初期費用 サーバー
導入時
無料~3,000円程度
  • 多くの場合無料だが、一部有料のウォーターサーバーあり
サーバー
レンタル代
毎月 無料~数千円/月
  • 一般的にはサーバーの機能性の高さに比例して高くなる
水ボトル代 毎月 約1,500~2,000円/12L
  • 水の種類によって価格帯相場が異なる(後述)
安心
サポート料
毎月 数百円~数千円/月
  • 加入必須のところと任意のところがある。
  • サーバーレンタル代無料の代わりに、安心サポート料の加入を必須とするウォーターサーバーが多い
配送料金 配送毎 無料~1,000円程度
  • 無料とするウォーターサーバーが多いが、地域によっては追加で配送料がかかることがある
電気代 毎月 約1,000円/月
  • 通常のウォーターサーバーであれば約1,000円程度の電気代がかかる。
  • エコモード搭載のウォーターサーバーであれば500円程度に。

 
上記の中で月額費用を大きく左右するのは、サーバーレンタル代と水ボトル代、安心サポート料、電気代の4つ。

これらを合計したトータルコストは、24L利用時(ボトル2本)で約4,000円~5,000円/月程度となります。

安いウォーターサーバーを選ぶときには、上記を踏まえ、月額料金の総額を比較することが大切です。

月額料金を比較するときの注意点

ウォーターサーバーの費用の考え方について紹介してきましたが、もう一点、比較時に注意してほしいことがあります。

それは、水の購入量によって安いウォーターサーバーが変わるということ。

例えば、以下の2社のウォーターサーバーの月額利用料金を比較してみましょう。

アクアクララ プレミアム
ウォーター
サーバー
レンタル代
(または安心
サポート料)
1,430円 無料
水ボトル代 1.404円/12L 1,987円/12L

 

水24Lを購入した時の月額料金を計算してみると、以下のようになります。

  • アクアクララ:1,404円×2本+1,430円=4,238円
  • プレミアムウォーター:1,987×2本=3,974円

 
上記を見てわかるように、プレミアムウォーターの方が安いという結果になりした。では、水を48Lを購入した場合の月額料金はどうでしょう。

  • アクアクララ:1,404円×4本+1,430円=7,046円
  • プレミアムウォーター:1,987×4本=7,949円

 
48L購入した場合はアクアクララの方が安いという結果になりました。

このように、水の消費量が多いご家庭の場合、サーバーレンタル代無料のウォーターサーバーよりも、水の価格が安いウォーターサーバーの方が安くなることがあります。

つまり安いウォーターサーバーを選ぶときは、水の消費量を知った上で月額料金を比較することが大切ということです。

ここまでのまとめ

  • 安いウォーターサーバーを探すには、サーバーレンタル代・水代・安心サポート料・電気代の4つの総額を比較する
  • 月額料金は水の消費量を踏まえて比較する

 
ここまでウォーターサーバーの料金に関する比較方法について紹介してきました。

ここですぐにランキングを見たいところですが、実は料金だけで選んでしまうと使い勝手やサーバーの機能面で、物足りなさや不便さを感じてしまうことも。

次に紹介する料金以外の3つの比較ポイントもチェックすることで、ウォーターサーバー選びの失敗を防ぎましょう。

水の種類

料金以外の比較ポイント1つ目は、”水の種類”。ウォーターサーバーの水の種類には、大きく分けて天然水RO水の2種類があります。

水の種類によって使い勝手や価格帯が変わるので、以下のメリット・デメリットを参考に決定しましょう。

天然水 RO水
こんな人に
おすすめ
味を重視する方
自然本来の水を楽しみたい方
価格よりも利便性を重視する方
赤ちゃんのミルクづくりへの利用を考えている方
価格が安い水がいい方
地球環境に優しい生活を心がけている方
ボトル
タイプ
ワンウェイボトル
(使い捨てボトル)
リターナブルボトル
(再利用ボトル)
特徴 特定水源の原水に、沈殿・ろ過・加熱殺菌などの処理を行った水。自然本来の水の味を楽しめる。 水道水や河川水などの原水を、RO膜と呼ばれる細かいフィルターでろ過した水。
RO膜は放射性物質も除去するほど細かいフィルターで、安全性が高い。
価格相場 500mLあたり70~90円 500mLあたり50~70円
メリット 使い捨てなので衛生的
利便性が高い
ゴミがでないので、地球環境に優しい
使い捨てボトルよりも価格が安い
デメリット 再利用ボトルよりも価格が高い
ゴミがかさばる
空ボトルの保管場所が必要

設置場所

ウォーターサーバーの水の重さは約12kg程度あるのが一般的。

ボトル交換することを踏まえて、持ち運びがしやすい場所、かつ使い勝手が良い場所に置くのがおすすめです。

場合によってはコンパクトな卓上型ウォーターサーバーも検討しましょう。

エブリィフレシャス出典:エブリィフレシャス公式サイト

水の注文ノルマ

ウォーターサーバーはメーカにより、水の購入数の縛りがあります。注文ノルマは24L/月が一般的なライン。

この注文ノルマをクリアできない場合、追加で手数料が数百円~1,000円程度かかってしまうことも。

特に一人暮らしの方など、水の消費量が少ない場合は注意が必要です。

注文ノルマなしのウォーターサーバーや、一定期間なら無料で注文を停止できるウォーターサーバーもあるので、自分の消費量に合わせて選ぶようにしましょう。

ここまでが安いウォーターサーバーを選ぶときの比較ポイント。ここまでの内容を確認できたら、いよいよランキングを見ていきましょう。

安いウォーターサーバー総合人気ランキング

ここからは、ウォーターサーバーの月額料金を比較し、安いものから順にランキングで紹介します。

水の購入量ごとに安いウォーターサーバーランキングを作成しているので、該当のランキングをタップまたはクリックしてください。

ランキングの見方

  • 月額料金:
    サーバーレンタル代、水ボトル代、安心サポート料を合算したウォーターサーバー会社に支払う料金の合計額
  • トータルコスト:
    上記に電気代を足したウォーターサーバーを利用するのにかかる月額費用の総額

※安心サポート料は加入必須の場合のみ記載しています。※電気代は公式サイトに記載のものを参考にしています。使用環境により差があるため、あくまで参考値としてご覧ください。



1位:アルピナウォーター(エコサーバー)

アルピナウォーターエコサーバー

サーバー
レンタル代
959円
/月
水ボトル代 1,134円
/12L
月額料金 3,227円~
トータルコスト 3,877円
※価格はすべて税込です。

詳細はこちら 

2位:クリクラ(省エネサーバー)

クリクラ省エネサーバー

サーバー
レンタル代
無料
あんしん
サポート料
460円
/月
水ボトル代 1,460円
/12L
月額料金 3,380円
トータルコスト 4,130円
※価格はすべて税込です。

詳細はこちら 

3位:うるのん(grandeサーバー)

うるのんのウォーターサーバーgrande

サーバー
レンタル代
330円/月~
水ボトル代 1,806円
/12L
月額料金 3,942円~
トータルコスト 4,442円~
※価格はすべて税込です。

詳細はこちら 

1位:ワンウェイウォーター(スマートサーバー)

ワンウェイウォーター

サーバー
レンタル代
無料
水ボトル代 1,350円
/12L
月額料金 4,050円
トータルコスト 4,550円
※価格はすべて税込です。

詳細はこちら 

2位:アルピナウォーター(エコサーバー)

アルピナウォーターエコサーバー

サーバー
レンタル代
959円/月
水ボトル代 1,134円
/12L
月額料金 4,361円
トータルコスト 5,011円
※価格はすべて税込です。

詳細はこちら 

3位:クリクラ(省エネサーバー)

クリクラエコサーバー

サーバー
レンタル代
無料
あんしん
サポート料
460円
/月
水ボトル代 1,460円
/12L
月額料金 4,840円
トータルコスト 5,590円
※価格はすべて税込です。

詳細はこちら 

1位:ワンウェイウォーター(スマートサーバー)

ワンウェイウォーター

サーバー
レンタル代
無料
水ボトル代 1,350円
/12L
月額料金 5,400円
トータルコスト 5,900円
※価格はすべて税込です。

詳細はこちら 

2位:アルピナウォーター(エコサーバー)

アルピナウォーターエコサーバー

サーバー
レンタル代
959円/月
水ボトル代 1,134円
/12L
月額料金 5,495円
トータルコスト 6,145円
※価格はすべて税込です。

詳細はこちら 

3位:クリクラ(省エネサーバー)

クリクラエコサーバー

サーバー
レンタル代
無料
あんしん
サポート料
460円
/月
水ボトル代 1,460円
/12L
月額料金 6,300円
トータルコスト 7,050円
※価格はすべて税込です。

詳細はこちら 

スリムで小さい卓上型サーバーのおすすめ

1位:アルピナウォーター
(スタンダードサーバー)

アルピナウォータースタンダード

サーバー
レンタル代
629円/月
水ボトル代 1,134円
/12L
月額料金
(24L利用時)
2,897円
トータルコスト 3,897円
※価格はすべて税込です。

詳細はこちら 

2位:クリクラ(省エネサーバー)

クリクラ卓上型ウォーターサーバー

サーバー
レンタル代
無料
あんしん
サポート料
460円
/月
水ボトル代 1,460円
/12L
月額料金
(24L利用時)
3,380円
トータルコスト 4,130円
※価格はすべて税込です。

詳細はこちら 

3位:うるのん(grandeサーバー)

卓上型ウォーターサーバーうるのん

サーバー
レンタル代
330円/月~
水ボトル代 1,806円
/12L
月額料金 3,942円~
トータルコスト 4,442円~
※価格はすべて税込です。

詳細はこちら 

赤ちゃんがいるご家庭におすすめランキング

妊婦さんや赤ちゃんがいるご家庭の場合、キャンペーンや子育てプラン利用することで月額料金を安くできることがあります。

今回比較した12社の中で、赤ちゃんがいるご家庭向けのキャンペーンやプランを用意しているウォーターサーバーは以下の4社。

プラン・
キャンペーン
対象
クリクラ SMILEキッズ 妊婦さん~7歳以下のお子さま
をもつママ・パパ
アクアクララ 子育てアクアプラン 妊産婦〜6歳以下の未就学の
お子さまがいるご家庭
プレミアム
ウォーター
MOM CLUB
(マムクラブ)
妊婦または5歳以下の
子供がいる家庭
フレシャス ママパパプラン 妊娠中、または未就学児の
お子様がいるご家庭の方。

 
上記の中で安いウォーターサーバーをランキングにした結果を見ていきましょう。

1位:クリクラ(省エネサーバー)

クリクラエコサーバー

サーバー
レンタル代
無料
あんしん
サポート料
460円
/月
水ボトル代 1,460円
/12L
月額料金 24L:3,380円
36L:4,840円
48L:6,300円
トータルコスト 24L:4,130円
36L:5,590円
48L:7,050円
※価格はすべて税込です。

 
クリクラSMILEキッズキャンペーンは、ボトル3本+あんしんサポート料が4,840円→1,460円から始められるキャンペーン。さらに毎年ボトルを4本プレゼントしてくれます。通常プランよりも年間総額9,220円もお得なキャンペーンです。

トータルコストが最も安いクリクラですが、上記のようなキャンペーンもあいまって、かなりお得度が高いウォーターサーバーだと言えます。

詳細はこちら 

2位:アクアクララ(アクアスリム)

アクアスリム

サーバー
レンタル代
無料
あんしん
サポート料
1,100円
/月
水ボトル代 1,404円
/12L
月額料金 24L:3,358円
36L:4,762円
48L:6,166円
トータルコスト 24L:4,358円
36L:5,762円
48L:7,166円
※価格はすべて税込です。

 
アクアクララの子育てアクアプランは、毎月の月額料金から550円分が割引になるプラン。

合計すると年間総額6,600円お得になる計算です。

アクアクララは上記のサーバーの他にもグッドデザイン賞受賞のおしゃれなサーバーもあるので、価格は少し高くてもおしゃれなものを探している方は以下ボタンから詳細をご確認ください。

詳細はこちら 

3位:フレシャス(dewo)

フレシャスdewo

サーバー
レンタル代
550円
水ボトル代 1,140円
/7.2L
月額料金 24L:4,350円
36L:6,250円
48L:8,150円
トータルコスト 24L:4,680円
36L:6,580円
48L:8,480円
※価格はすべて税込です。
※月額料金は記載の水量に換算したものを記載しています。

 
フレシャスのママパパプランは、毎年水を1箱プレゼントしてくれるキャンペーン。天然水の種類によりますが、年間総額4,680円お得になる計算です。

フレシャスはサーバーレンタル代や水の料金が比較的高いので一見費用がかさむ印象がありますが、高機能なサーバーで電気代が安いのが特徴。トータルコストで考えると、お得度が高いウォーターサーバーです。

詳細はこちら 

おしゃれなサーバーがいいなら

「価格だけでなくおしゃれさも兼ね備えたウォーターサーバーがいい」という方は、フレシャスのウォーターサーバーがおすすめ。

グッドデザイン性受賞のウォーターサーバーを多く取り扱っており、カラー展開も豊富です。さらにエコモードや静音設計を搭載しているなど、機能面でも充実しています。

フレシャス

フレシャスのウォーターサーバー

サーバー
レンタル代
無料~1,320円
※契約するサーバーにより異なる
水ボトル代 1,506円~/9.3L
※購入する天然水により異なる
月額料金 24L:4,158円~
36L:6,237円~
48L:8,316円~
トータルコスト ※サーバーにより電気代は異なる
※価格はすべて税込です。
※月額料金は記載の水量に換算したものを記載しています。

詳細はこちら 

水道水浄水型のウォーターサーバーはさらに安い

ここまで、一般的な水を買うタイプのウォーターサーバーの料金比較をしてきました。

ウォーターサーバーはおいしい冷水や温水がすぐに使えることが最大のメリットである家電ですが、「水の消費量が多いと費用がかさむのが心配」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方は、水道水浄水型のウォーターサーバーを検討してみてください。水道水浄水型のウォーターサーバーとは、その名の通り、自宅の水道水を浄水するタイプのウォーターサーバー。

月額料金はサーバー本体のレンタル代のみ(定額)で、水は自宅の水道水を使うので、水の消費量が多いご家庭でも費用がかさむ心配がいりません。

浄水型でおすすめのウォーターサーバーはハミングウォーター。

自分で水を注ぐタイプのサーバーで、設置工事不要で気軽に始めることができますよ。

ハミングウォーター

サーバー
レンタル代
3,300円
水ボトル代 なし
(水道水を利用)
月額料金 3,300円(定額)
トータルコスト 約3,775円
※価格はすべて税込です。

詳細はこちら 

安いウォーターサーバーまとめ

安いウォーターサーバーのまとめ
ここまで安いウォーターサーバーについて紹介してきました。最後に、ここまで紹介してきた内容をおさらいしましょう。

安いウォーターサーバーの選び方

  • ウォーターサーバーにかかる費用を知る:
    サーバーレンタル代、水代、あんしんサポート料、電気代の総額を比較することが大切です
  • 費用以外の比較ポイントを知る:
    水の種類やサーバーの機能性、注文ノルマを確認しましょう

上記が安いウォーターサーバーを選ぶときの比較ポイントです。

各ウォーターサーバーでは乗り換え時に発生した解約金を負担してくれるキャンペーンや、初月は無料で使えるキャンペーンなどを実施しています。

いずれも期間限定のキャンペーンなので、すぐに契約するつもりがない方も、キャンペーン情報だけはチェックしてください。

総合ランキングを
もう一度チェックする
(該当箇所に戻ります)

契約前の注意点

ウォーターサーバーの契約期間と解約金について

契約期間は1~3年が主流。契約期間未満に解約をした場合解約金が発生します。

契約期間や解約金はウォーターサーバー会社により異なるため、事前に公式サイトで確認しましょう。

コスト重視ならペットボトルを検討して

ウォーターサーバーは、この記事で紹介してきたように水の料金以外にも、サーバーレンタル代や電気代などの費用がかかります。おいしい冷水やお湯がすぐ使えることは、普段の生活の質をアップさせてくれますが、毎月の固定費がかかるのも事実。あまりお金をかけたくないという方は、ペッドボトルの方が満足度が高いかもしれません。

  • アクアセレクトは天然水で最安値!料金や口コミ・評判をまとめて解説
    2021.06.02
  • コスモウォーター契約前に!口コミ・評判やデメリットをまとめて解説
    2021.05.13
  • アルピナウォーターの口コミ評判
    アルピナウォーターの口コミと契約前の注意点をまとめて解説
    2021.03.02
  • クリクラの契約前の注意点
    クリクラの口コミ・評判は?おすすめサーバーや注意点まで徹底解説
    2021.02.19
  • ウォータースタンドの契約前に!口コミ・評判やおすすめ機種を解説
    2021.04.23
  • うるのんの口コミ・評判は?サーバーの種類や料金、注意点まで解説
    うるのんの口コミ・評判は?サーバーの種類や料金、注意点まで解説
    2021.06.04
SHARE
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket