ポケットWiFiのおすすめ厳選3社を徹底解説!
最終更新日:2022.01.20

ポケットWiFiおすすめ25選!2022年1月最新比較ランキング


当ページへの訪問、誠にありがとうございます。
こちらのページは国内で人気のポケットWiFi25社を比較し、おすすめランキングを解説している記事です。

なかでも2022年 1月現在おすすめのポケットWiFiは、次の3端末!それぞれのメリットもあわせてご覧ください。

総合評価ランキングBest3

  • 速度・エリア・料金・信頼性・データ容量すべて重視するなら「BroadWiMAX(ブロードワイマックス)」

  • 料金が安い、かつ無制限で使い放題「楽天モバイルのポケットWiFi」

  • 3大キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)回線が大容量使える「THEWiFi」

こちらが今注目のポケットWiFiです。とは言っても、「どういう基準で端末比較してるの?」と疑問ですよね。納得して選びたいあなたに向けて、本記事では比較工程までしっかり解説しています。

5年以上にわたって通信業界で比較メディアを運営してきた私が、知見を詰め込みました。
25社から納得のいくポケットWiFiを選んでいきましょう!

25社の比較表をすぐに確認したい方は
こちら


この記事を書いた人
高橋 健吾
HonNe編集長
通信系比較メディア「WiMAX比較.com」の初代編集長。月間最高140万PVのメディア「WiMAX比較.com」でWiMAXを始めとするポケットWiFi関連の情報を発信。これまで累計5万人以上のネット回線契約を後押ししてきました。現在は左記の経験を活かして、HonNe(当サイト)編集長として多くのジャンルの執筆に関わっています。

当記事は、ポケットワイファイに関する情報を網羅的にご紹介しており、以下の流れでおすすめ情報をご紹介してまいります。

すでにある程度ご存じの方は、②~③のみのご確認がおすすめです。こちらの内容のみで、必要な情報は手に入るはずです。

失敗しないポケットWiFiの選び方・比較方法

編集部おすすめの選び方 現在、国内には40社以上の業者(プロバイダ)がモバイルルーターを提供しています。違いを比較して選ぶのは中々大変ですよね。

では、どのような基準で契約先を選べばよいのでしょうか?

おすすめのポケットWiFiを見つけていくときに、特に重要なポイントは次の5つです。

比較ポイント① 種類
(ポケットWiFiは大きく分けて3種類)

たくさんの種類のルーターがあるイメージ図 現在、ポケットWiFiは大きく分けると以下の3つに分類が可能です。

  • UQコミュニケーションズのWiMAX2+回線を用いたモバイルルーター「WiMAX」
  • ソフトバンク・au・docomoすべての回線を利用できる「クラウドSim技術のルーター」
  • 上記2つを除く、「ソフトバンク・docomo・楽天モバイルの回線を用いたモバイルルーター」
おすすめモバイルワイファイの種類
それぞれ対応している通信回線が違い、「通信速度が速いポケットWiFiならこの種類」「料金ならこの種類」といったように特徴が違います。あなたが何を重視するかによっておすすめのポケットWiFiが変わるのでしっかり比較するのがポイント!

各種類の特徴について、詳しくは下記解説をご覧ください。

ワイマックス
UQコミュニケーションズという会社が持つ「WiMAX2+回線」を用いたポケットWiFi。

UQWiMAXだけでなく、同じ回線を用いた代理店(カシモWiMAX、BroadWiMAX、GMOとくとくBBなど)が数多く存在します。

現在は、WiMAX2+に加えてau5Gも利用できる「ギガ放題プラス」プランが人気。「3日で15GB」のデータ容量制限はあるものの、大容量通信が可能なおすすめプランです。

代理店を含めた契約者数は2,000万人を超えており、ポケットWiFiの中でもかなり人気のあるおすすめモバイルルーターです。
クラウドSIMのWi-Fi
クラウドSIM型とは「端末(モバイルルーター)自体にはSIMカードを持たず、クラウドサーバー上のSIMカード情報からエリアや時間に応じて最適なSIMカード情報を自動で適用してくれる」新技術を使ったモバイルルーター。

au・ドコモ・ソフトバンクすべての回線に対応していることが特徴です。 有名なクラウドSIM型ポケットWiFiとしては、どんなときもWiFi、ゼウスワイファイなどがあります。

元々は容量完全無制限が売りのポケットWiFiでしたが、2020年の2月ごろに発生した大規模な通信障害を理由に、現在ではすべてのクラウドSIMが容量に制限を設けています。(最大でも2000GB程度)
ソフトバンクやドコモのワイファイ
ソフトバンク・docomo・楽天モバイルの回線に対応したポケットWiFi。(※UQコミュニケーションズはKDDIグループであり、auのポケットWiFiはWiMAX2+回線を利用したWiMAXです。)

キャリアの回線を用いたポケットWiFiのため、安定した速度が売りですが、月額料金が高く、月々の容量がWiMAXやクラウドSIMと比較すると小さい傾向にあります。

有名どころは、ソフトバンク・docomoのポケットWiFiや、Y!mobileなど。

最近話題になっているのは、楽天モバイル。

最初の3ヶ月は月額料金が無料で試せて、それ以降も料金が安いと評判です。さらに楽天モバイル回線であれば無制限で使い放題(エリア外の場合は5GB/月まで)。解約金も無料のため、安心して試せる、今注目のポケットWiFiとなっています。(詳しくは後述します)

※ポケットWiFiは、元々はワイモバイル(Y!mobile)のモバイルルーターの商標「PocketWiFi」のこと。ですが、現在では、ここから転じてワイモバイル以外のモバイルルーターもすべてまとめてポケットWiFiと呼ばれています。そのため、当記事内の表記も、モバイルルーターの総称として取り扱います。


比較ポイント② 実質月額料金

料金比較のイメージ図 サービスサイトではよく「最安級プラン」と謳われているので、本当に安いポケットWiFiがどれなのか判断しにくいですよね。

ご自身で料金を比較するにしても、キャンペーンで比較するのか、月額料金の安さで比較するのか迷うところでしょう。

そこで、当サイトでは実質月額料金で比較することをおすすめ!実質料月額料金とは、契約中にかかる全ての費用(月額料金・手数料・端末価格)からキャンペーン金額を引き(→総額が出る)、それを月々の平均費用にならしたもの。

実質月額料金を比較することで、本当に安いポケットWiFiが分かります。当サイトでは実質月額料金でポケットWiFiを比較していきます。

比較ポイント③ 速度

通信速度を比較しているイメージ図 モバイルルーターの対応回線はさまざま。一口にポケットWiFiといっても最高速度は150Mbps~4,200Mbpsと、端末によって最大28倍も差があります。

通信速度に力を入れているプロバイダなら、4GLTE・5G回線が使えて光回線並みの速度が出ることも!オンラインゲームをプレイする方など速度を重視する場合は、しっかり比較していきましょう。

できるだけ料金を抑えたいなら、通信速度は比較的遅くなります。ただ当サイトでは問題なくインターネットが使える速度の端末をおすすめしますのでご安心ください。


比較ポイント④ データ容量

データ容量比較のイメージ図 データ容量というと、月末にかけて制限がかかるイメージを思い浮かべる方が多いでしょう。しかし、月末の通信制限がないポケットWiFiも存在します(その代わり、数日ごとの制限やエリア制限があったりします)。

大容量プランと一口にいっても、あなたの生活スタイル・エリアによっておすすめが違うのです。通信制限についても比較していきましょう。


比較ポイント⑤ エリア

エリア比較のイメージ図 ポケットWiFiは基本的に全国エリアで使えますが、山間部では繋がりやすい回線・繋がりにくい回線に分かれます。

お住まいのエリアが山に囲まれている、もしくは登山時にモバイルルーターを使いたい場合は、山間部に強いポケットWiFiがおすすめです。


以上、数あるポケットWiFiを比較するときのポイントを解説しました。

次の章では、これらの重要項目を一括で確認できる比較表をご用意しています。 ぜひこちらの比較表を確認したうえで、2022年 1月おすすめのポケットWiFiをチェックしていただければと思います。

なお、当記事の後半では前述した比較要素についてひとつずつ詳しくご紹介して、あなたの利用用途に適したポケットWiFiをおすすめしていきますので、「もっと詳細に確認したい!」という方はぜひ最後までお付き合いください。

【2022年 1月最新】25社の比較ランキング

ポケットWi-Fi25社の比較ランキング表 では、ポケットWiFiについての理解が深まったところで、早速比較をしていきましょう。

前述の通りですが、ポケットWiFiは、会社によって様々なことが異なります。様々な項目から、自分に合ったものを見つける必要がありますが、比較で特に重要になるのは、

  • 実質月額料金(※)
  • データ容量
  • 通信速度
  • エリア

※実質月額料金…契約期間中にかかる費用の総額(初期費用・月額料金・端末代金など)からキャンペーン金額を引いたものを、契約月数で割った料金です。



こちらの項目です。まずは、実際に比較表を確認していきましょう!比較表のあとは、それぞれのポケットWiFiの総合的な評価をもとに、おすすめのポケットWiFiランキングをご紹介します。

【2022年 1月最新版】ポケットWiFi25社の一括比較表

※テーブルは横にスライド出来ます。
ポケットWiFi 実質月額料金 通信容量 最大通信速度
(ダウンロード)
通信回線
(エリア)
1位
BroadWiMAX

詳細までスクロール
4,186円
※当サイト限定
キャンペーン
適用時
3日15GB 2.7Gbps
(2,200Mbps)
WiMAX / au
山間部に弱い
2位
楽天モバイル

詳細までスクロール
2,689円 楽天回線エリア
完全無制限


エリア外:5GB/月
150Mbps 楽天
+
3キャリ
全国カバー
3位
THE WiFi

詳細までスクロール
3,308円 100GB 150Mbps クラウドSIM
山間部も〇
カシモWiMAX 4,333円 3日15GB 2.7Gbps WiMAX / au
hi-ho Let’s Wi-Fi 4,036円 1日7GB 150Mbps クラウドSIM
Mugen WiFi 3,450円 100GB 150Mbps クラウドSIM
モンスターモバイル 2,894円 50GB 150Mbps クラウドSIM
ZEUS WiFi 2,166円 20GB 150Mbps クラウドSIM
GMOとくとくBB 4,436円 3日15GB 2.7Gbps WiMAX / au
それがだいじWi-Fi 3,849円 100GB 150Mbps クラウドSIM
※料金はすべて税込みです

その他ポケットWiFi

実質月額料金 通信容量 最大通信速度
(ダウンロード)
通信回線
どこよりもWIFi 3,536円 1日4GB 150Mbps クラウドSIM
縛りなしWiFi
(1年縛っちゃうプラン)
3,578円 60GB 端末による
※端末は選べない
クラウドSIM
限界突破Wi-Fi 3,854円 100GB 150Mbps クラウドSIM
FUJI Wifi
毎日5ギガプラン
4,620円 1日5GB 150Mbps クラウドSIM
ワイヤレスゲート(ヨドバシ) 4,669円 3日15GB 2.7Gbps WiMAX / au
UQWiMAX 4,873円 3日15GB 2.7Gbps WiMAX / au
VISION WiMAX 4,913円 3日15GB 2.7Gbps WiMAX / au
KT WiMAX(ケーズデンキ) 5,119円 3日15GB 2.7Gbps WiMAX / au
BIC WiMAX(ビックカメラ) 5,121円 3日15GB 2.7Gbps WiMAX / au
BIGLOBE 5,214円 3日15GB 2.7Gbps WiMAX / au
エディオン 5,481円 3日15GB 2.7Gbps WiMAX / au
au 5,727円 3日15GB 2.7Gbps WiMAX / au
docomo 8,448円 60GB 4.2Gbps docomo
Y!mobile(ワイモバイル) 4,818円 3日10GB 988Mbps Softbank
Softbank 6,034~6,084円
(契約端末による)
50GB 3.0Gbps Softbank

販売停止中

実質月額料金 通信容量 最大通信速度
(ダウンロード)
通信回線
NEXTmobile 3,122円 30GB 150Mbps 停止中
JPWiMAX 3,838円 3日10GB 1237Mbps 停止中
どんなときもWiFi 3,976円 無制限 150Mbps 停止中

こちらが、2022年 1月最新の各ポケットWiFiのデータとなります。

上記の内容をもとに、今月最もおすすめのポケットWiFiを厳選して3つ、お伝えします。

2022年最新おすすめランキングBest3

ポケットワイファイのおすすめランキング 早速ですが、2022年 1月最新のおすすめポケットWiFiランキングをご紹介します。

  • おすすめNo.1:BroadWiMAX
  • おすすめNo.2:楽天モバイル
  • おすすめNo.3:THEWiFi

比較の結果、今月おすすめのポケットWiFiベスト3は、上記の3社です。

上記の3つのポケットWiFiについて、おすすめな点を一言で表すと、以下の通りです。

  • BroadWiMAX
  • 速度・エリア・料金・信頼性・利用データ容量すべて高得点で総合的におすすめ

  • 楽天モバイル
  • エリア内ならデータ容量無制限で利用できるという点が圧倒的な強み

  • THEWiFi
  • 3大キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)回線を大容量使えて、格安!


1つずつ、ここから詳しく解説していきます。

BroadWiMAX – 当サイト限定キャッシュバックキャンペーンで、WiMAX業界最安

おすすめランキング1位のポケットWiFi:ブロードワイマックス

引用元:BroadWiMAX公式サイト

当サイトはBroadWiMAXと公式提携し、限定キャッシュバックキャンペーンを実施中!今なら10,000円キャッシュバックを利用してWiMAXを最安料金で契約できるので、WiMAXをお考えの方におすすめです。

BroadWiMAXのプラン情報はご覧のとおり。

BroadWiMAXの基本情報
契約プラン ギガ放題プラスプラン
月額料金 1~3ヶ月目:2,090円
4~37ヶ月目:3,894円
38ヶ月目~:4,708円
キャッシュバック
キャンペーン
※当サイト限定キャンペーン
10,000円キャッシュバック
3年総額 159,059円
実質
月額料金
4,186円
契約年数 3年(2年契約縛りプランも登場)
ルーター機種 Galaxy 5G Mobile Wi-Fi
Speed Wi-Fi 5G X11
対応回線 WiMAX2+(4G)
au4GLTE
au5G
最大通信速度 2.7Gbps
月間データ容量 月間無制限
※3日で15GBの制限あり
※料金はすべて税込みです

なぜおすすめ?他社と比較したメリットとは

WiMAXは2,000万人ものユーザーが利用する、定番のポケットWiFi。速度・データ容量ともに安心できる性能と、格安料金が強みです。もちろん全国エリアでWiFi接続できるので多くの方に評判です。

人気のポケットWiFi「WiMAX」を契約するなら、BroadWiMAXが最もおすすめ。その理由は4つあります。

コストパフォーマンスが最も高い
公式と当メディア限定コラボキャンペーン(10,000円)を利用すると、WiMAXを最安料金で契約可能!実質月額料金4,186円の安さを実現しました。

「ネット環境はほしいけれどあまりお金はかけたくない」というのがホンネですよね。家計にやさしいのがポイントです。
データ容量は月間無制限
BroadWiMAXは月間の通信制限がありません。月末にかけてデータ使用量を調整するストレスもなし!

スマホの通信制限がかかってもBroadWiMAXがあればいつでもネットが使えて安心ですね。
5G対応モバイルルーターだから、
光回線並みに速い!
BroadWiMAXの最高速度は2.7GbpsとポケットWiFiの中でも最速級。

実測値も100~350Mbpsと光回線並みに速いため、オンラインゲームもSNSも思いどおりに楽しめます。
最短即日に端末が届く
申し込みをすると最短当日に端末が発送されます。

「今ネット環境が無くて不安」「通信速度が遅いからモバイルルーターを替えたい」というお悩みもこれで解決です。
このように、他のポケットWiFiよりかなり高性能でありながら、実質月額料金が安いBroadWiMAX。コストパフォーマンスの高さがおすすめNo.1の理由です。

※WiMAXを取り扱うプロバイダ(会社)は全部で10社以上存在するのですが、料金以外の違いがないため、WiMAXプロバイダは料金で選ぶのがポイント。

BroadWiMAXを最安で契約できる!当社限定のキャンペーン

ブロードワイマックスのキャッシュバック

引用元:公式提携キャンペーンサイト


BroadWiMAXと当社(株式会社EXIDEAが運営する「WiMAX比較.com」)限定コラボキャンペーンのご案内です。

当メディアが実施しているキャンペーンは、どのサイトでWiMAXを申し込みするよりもお得!今なら10,000円のキャッシュバックを受け取れて料金最安です。

※終了時期は未定のため、この情報をご覧になった方限定のご案内となります。また他サイトからの申し込みでは利用できませんのでご注意ください。

「キャッシュバックをちゃんと受け取れるか心配」とお考えの方も多いでしょう。実際、他社のキャッシュバックには下記のような受け取りリスクがあるので、心配になるのも当然です。

    他社のキャッシュバック例
  • 申請手続きが契約から1年後
  • 手続きできるのは1ヶ月のみ
  • 普段気づきにくいメールアドレスに案内が届く

もしキャンペーンを受けられなければ思ったよりも割高になってしまいますよね。

当メディアは、あなたに確実にキャッシュバックを受け取っていただきたいため、上記のリスクを徹底排除。誰でも確実に受け取れるキャンペーンをつくりました。

当メディアのキャンペーンは・・・
  • 端末到着日からキャッシュバックの受け取り手続きできる
  • 手続きに使うのは普段使っているメールアドレス(自分で選択できる)

BroadWiMAXなら、受け取り忘れのリスクのないキャンペーンで確実に安い料金で利用できます。どうぞ安心してご利用ください。

BroadWiMAXには乗り換えキャンペーン・口座振替可能など、他にもメリットは数多くございます。2,000万人に選ばれる実績とメリットの豊富さから、当サイトではBroadWiMAXを最もおすすめなポケットWiFiとしてご紹介しています。

今月最もおすすめなポケットWiFiは「BroadWiMAX」!総合的にバランスよく評価できる端末なのでどなたにもおすすめです。ぜひ以下のページから詳細情報をご確認ください。

おすすめNo.1BroadWiMAX
口コミ評判・キャンペーン詳細はこちら


WiMAXなら、契約内容がシンプルで分かりやすいカシモWiMAXもおすすめ

カシモWiMAX(カシモワイマックス)はシンプルな料金プランが特徴のおすすめプロバイダ あなたがもし、「契約にあたって面倒な手続きをするのは嫌だな…」とお考えであれば、比較表の4番目に紹介しているカシモWiMAXもおすすめです。

カシモWiMAXはBroadWiMAXに次いで、最安級でWiMAXを契約できるプロバイダ。BroadWiMAXと比較すると、カシモWiMAX独自のメリットは次の2点です。

    BroadWiMAXと比較した、カシモWiMAX独自のメリット
  • 契約時に加入必須のオプションがない
  • 安い月額料金がずっと続く

このように、カシモWiMAXは契約内容がシンプルで分かりやすいプロバイダです。「複雑な条件なしでシンプルなプランを契約したい」「月額が確実に安くなるプロバイダを契約したい」という方はぜひカシモWiMAXをご検討ください。

当サイト限定キャンペーンなら、カシモWiMAXを最も安く契約できる

カシモWiMAXは、2022年 1月現在、新規契約で5,000円がもらえるキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

本キャンペーンは当社(株式会社EXIDEA)が運営する「WiMAX比較.com」と「カシモWiMAX」の限定コラボキャンペーン(当サイト以外のお申し込みは対象外)。

こちらのキャンペーンを活用いただくと、カシモWiMAXをどこよりも安い料金で契約可能!本記事をご覧いただいている方限定となりますので、インターネットの月額費用を節約したい方はぜひご活用ください。

端末が届き次第、すぐにキャンペーンへお申し込みでき、お申し込みから3営業日以内にカシモの5,000円キャッシュバックが受け取れます。

カシモWiMAXのプラン詳細や評判、キャンペーン申請方法は下記ページでご案内していますので、ぜひ続けてご覧ください。

分かりやすい料金プランが評判
カシモWiMAXの詳細はこちら



では続いて、楽天モバイルのポケットWiFiをご紹介します。

楽天モバイル- 楽天回線内は無制限・縛りなしで利用できるポケットWiFi

おすすめランキング2位:楽天モバイルのポケットワイファイ 楽天モバイルのポケットWiFiは、データ容量無制限で使い放題なのがメリット!また、契約期間に縛りが一切ないので気軽に使えるポケットWiFiとしても評判です。

詳細解説の前に、楽天モバイルのポケットWiFiについて基本情報をご覧ください。

楽天モバイルのポケットWiFi 基本情報
プラン Rakuten UN-LIMIT Ⅵ
月額料金 通信量により月額料金の変動あり

~1GB:無料
~3GB:1,078円
~20GB:2,178円
20GB超過:3,278円

※契約から3ヶ月間無料
月額料金割引
キャンペーン
3ヶ月無料
(1回線目のみ)
キャッシュバック
キャンペーン
なし
3年総額 133,530円
実質月額料金 2,689円
契約年数 契約期間の縛りなし(解約金無料)
ルーター機種 Rakuten WiFi Pocket 2B
対応回線 楽天回線
楽天回線エリア以外では
au/ドコモ/ソフトバンク
最大通信速度 150Mbps
月間データ
容量
楽天回線エリア 無制限(使い放題)
パートナー
エリア
5GB/月
※料金はすべて税込みです

楽天モバイルのポケットWiFi おすすめポイント

無料で使い続けられるポケットWiFi
楽天モバイル(Rakuten Mobile)は、3ヶ月間の月額料金が無料になるキャンペーンを実施中!端末料金と手数料も0円なので、ポケットWiFiを完全無料で使い始められます。

また、データ使用量が1GB未満の利用だとずっと月額無料で使い続けられ、解約するときもいつでも解約違約金なし(契約期間縛りなし)。実はポケットWiFiを契約して損することは全くないんです。

端末選びに迷ったらまず試す機種としてもおすすめ。楽天モバイルのポケットWiFiは「1台持っておくと外でちょっとWiFiを使いたいときに便利」と評判です。
回線エリア内なら、データ容量使い放題
楽天エリア内なら無制限で使えちゃうのも、楽天モバイルのポケットWiFiならではのメリットです。楽天エリアに限定されてはいるものの、通信量が完全無制限というのは楽天モバイルだけ。

一方で楽天エリア外では5GB/月までしか利用できません。つまり「無制限通信」は楽天回線が使えるエリアにお住まいの方限定のメリット。

エリアは拡大中ですので、あなたのお住まいに楽天回線が対応していればかなり安くネットが使えておすすめです。
契約するだけで楽天ポイント5,000ptもらえる
楽天ユーザー、楽天ポイントを貯めている方に朗報!

今なら、楽天のポケットWiFiを契約して、届いた端末を利用するだけで楽天ポイント5,000円分がもらえるキャンペーンがあります。

もらったポイントは楽天市場で自分へのご褒美を買ったり、楽天スマホの料金支払いに使ったりできます。契約リスクが無いうえ、お金がもらえるのは楽天モバイルならではの嬉しいポイントです。

楽天モバイルのポケットWiFiは、3ヶ月は無料で使える(3ヶ月月額無料・解約違約金なし)ので、実際に試してみて通信速度に満足できるか判断するのがおすすめです。

楽天モバイルのポケットWiFiについて、口コミ評判は以下のページで網羅的に解説しています。

「無料だし、試しに楽天モバイルのポケットWiFiを利用してみたい」という方は、契約前にぜひ以下のページもあわせてご確認ください。

使い放題なのに格安
楽天モバイルのポケットWiFi詳細はこちら


では、最後におすすめ 3位であるクラウドSIMのポケットWiFi「THEWiFi」について解説します。

THEWiFi – au・ソフトバンク・ドコモ回線を100GB使える!

THEWiFiがおすすめNo3

引用元:THEWiFi公式サイト

THEWiFi(ザワイファイ)は、大手キャリアすべての通信回線を大容量使えるポケットWiFiです。このような端末を「クラウドSIM型」といい、THE WiFiはクラウドSIM型の中で最安料金で契約できるおすすめのサービスとなっています。

では、キャンペーンを含めたTHE WiFiの基本情報をご覧ください。

THEWiFi 基本情報
プラン THE WiFi 100GB
月額料金 3,828円
キャッシュバック
キャンペーン
なし
その他割引キャンペーン ・4ヶ月の月額料金が無料
・登録事務手数料1,100円割引
・30日間お試し期間あり
2年総額 82,688円
実質月額料金 3,308円
契約年数 2年
ルーター機種 NA01
対応回線 au、ドコモ、ソフトバンク
3大キャリア回線
最大通信速度 150Mbps
月間データ容量 100GB
※料金はすべて税込みです

THEWiFiのおすすめポイント

au・ソフトバンク・ドコモ回線を大容量使える
冒頭でご紹介した通り、THE WiFiはクラウドSIMという新技術に対応したポケットWiFi。au・ソフトバンク・ドコモのLTE回線を贅沢に利用できちゃうんです。一般的に電波が入りにくい山間部や田舎にお住まいの方に特におすすめ!

3つの回線のうち、利用しているエリアや時間帯に合わせて、最適なキャリア回線に自動で繋がります。家・外どこにいても快適にインターネットを利用できると評判です。
100GBプラン最安料金を実現!
THE WiFiのもう1つの強みが、100GBの大容量プランを最安料金で利用できるポケットWiFiということ。

データ容量100GBのプランを提供している会社(クラウドSIM型端末)は10社以上ありますが、その中で現在THE WiFiの実質料金が最安です。

THE WiFiが格安料金となっている理由は、月額料金が4ヶ月無料になるキャンペーン。また、無料期間が終わっても月額料金が3,800円台と安いのが特徴です。
30日間お試し可能
THE WiFiは「30日間お試しキャンペーン」を実施中!

安いのはいいけど速度が出るか不安…
実際にオンラインゲーム・動画視聴に使えるか不安…


そんな不安をお持ちのあなたに、お試しキャンペーンがおすすめ。一度THE WiFiの端末を利用してみてやっぱり他のポケットWiFiが良いと思ったら、無料でキャンセルできるので安心です。

THE WiFiにご興味があれば、ぜひお試しキャンペーンを活用してみてくださいね。

今回は、大容量のデータ容量を格安料金で契約できるTHEWiFiを、クラウドSIMのポケットWiFiで最もおすすめなサービスとしてランキング3位に選ばせていただきました。大容量で月額料金が安いポケットWiFiの契約をお考えの方は、THE WiFiのキャンペーンをお見逃しなく…!

その他のメリット(海外エリア対応など)や、契約前に知っておいたほうがいい注意点は以下のページに詳しく記載がありますので、ぜひこちらもあわせてご確認ください。

大手キャリア回線だからエリアが広い
THE WiFiの口コミ評判・詳細へ



以上、2022年 1月最新おすすめのポケットWiFi「BroadWiMAX・楽天モバイル・THEWiFi」をご紹介しました。
ここまでお付き合いいただきありがとうございました。

当ページでご紹介している月額料金やキャンペーンについては、毎月更新を行っておりますので、ぜひポケットWiFi契約の際は参考にしていただければ幸いです。

条件別におすすめサービスを紹介

ここまでの情報でまだ選びきれないあなたは、ぜひここからの詳細比較もあわせてご確認ください。

ポケットWiFiを条件別に比較して、あなたの希望にピンポイントでおすすめの端末をご紹介していきます。

お探しのポケットWiFiはどれですか?

では、条件別におすすめのサービスを解説していきます。

【安い】料金比較でおすすめのポケットWiFiは?

料金・価格比較は、実質月額料金で見るのがおすすめ! では、まずは情報を「料金」に絞って、ポケットWiFi3社を比較していきましょう。

料金が安いポケットWiFiランキング

2022年1月最新の、価格の安さで選んだおすすめポケットWiFiはこちら。

  • 1位 ZEUS WiFi
  • 2位 楽天モバイルのポケットWiFi
  • 3位 モンスターモバイル

「今まで使ってきたネット回線が高いと感じている」「節約志向が強い」という方にはこれら格安サービスがおすすめです。

上記3サービスの料金情報を、見やすく一覧で比較表にまとめました。

※テーブルは横にスライド出来ます。
ポケットWiFi ZEUS WiFi 楽天モバイル モンスターモバイル
プラン 容量20GB
※1年間、毎月5ギガ
プレゼント
エリア内無制限 容量50GB
月額料金 1~3ヶ月目:980円
4~25ヶ月目
:2,178円
~3ヶ月:0円
4ヶ月~:最大3,278円
2,640円
契約事務
手数料
3,300円 0円 3,300円
端末価格 0円 1円~ 0円
キャンペーン 5,000円
キャッシュバック
※1月限定
3ヶ月月額料金無料

楽天ポイント
5,000ptプレゼント
なし
総額 49,231円
(2年契約)
67,217円
(2年利用した場合)
37,620円
(1年契約)
実質
月額料金
1,969円 2,689円 2,894円
解約違約金 ~24ヶ月:9,500円
以降:無料
0円 ~12ヶ月:10,780円
以降:3,300円

実質月額料金について

一口に「料金」といっても、契約中の支払総額を構成するものは月額料金だけではありません。

・月々支払う月額料金
・契約初月にかかる初期費用
・端末(モバイルルーター)の購入代金
・解約違約金

などがありますよね。また、ポケットWiFiによってはキャッシュバックキャンペーンや月額割引キャンペーンを行っており、総額が安くなることもあります。

「結局どこが一番安いのか」をシンプルに比較したいなら、実質月額料金を見るのがおすすめです。

実質月額料金は、月額料金、初期費用、端末価格、キャンペーンなどがばらばらのポケットWiFiを、同じ指標で比較するためのもの。

比較方法:実質月額料金

上記の計算式のとおり、契約期間中に必要な全費用から、キャンペーン金額を引き、契約月数で割っています。実質月額料金を見ることで、料金が安いのがどれなのかが一目瞭然となり料金が比較しやすくなります。

ポケットWiFiの料金比較結果をご覧いただきました。

各種料金をみていただくと分かる通り、ポケットWiFiの「料金」という点だけに絞って比較をした場合、おすすめランキングは

ZEUS WiFi → 楽天モバイル → モンスターモバイル

の順となります。

ZEUS WiFiは、もともとの月額割引キャンペーンに加え、今なら5,000円キャッシュバックキャンペーンでさらにお得。実質月額1,969円と業界内で比較すると最安級の価格となっています。

料金ランキングで最安値
ZEUSWiFiの詳細ページへ


ただし、ZEUS WiFiはデータ容量が小さいプラン(20~25GB)となっています。より大容量がよければ楽天モバイルの方がおすすめ。

楽天モバイルのポケットWiFiなら楽天回線が使い放題!データ容量の制限なしで使えるポケットWiFiです。

楽天モバイルの料金については、ZEUS WiFi同様に安いと評判。

    楽天モバイルのキャンペーン
  • 3ヶ月の月額料金が無料
  • 端末価格が無料
  • 手数料や解約違約金もなし
  • 楽天ポイント5,000ptプレゼント

これらのキャンペーンによって格安料金で使えるポケットWiFiとなっています。 データ無制限にもかかわらずここまで安いのは楽天モバイルだけ。期間縛りもないので短期間だけインターネットを使いたい方におすすめですね。

「安かろう悪かろうなサービスじゃない?」と不安な方も、楽天モバイルならいつでも無料解約できるので、お試し利用もおすすめです!

無制限なのに安い
楽天モバイルのポケットWiFiの詳細へ


比較ランキング3位のモンスターモバイルは、楽天回線エリア外にお住まいの方におすすめ。楽天回線も人口カバー率90%以上なので全国で使えますが、人が少ない山間部では繋がらない可能性もあります。

モンスターモバイルは全国エリアに対応しており、毎月比較的多くのデータ容量を使えるというメリットがあります。

比較結果をまとめると、料金だけをポケットWiFi選びの基準とする場合は、ZEUS WiFi、次いで安く契約できる楽天モバイルがおすすめのポケットWiFiです。

【大容量】月間データ容量が無制限のプランはある?

実質無制限・大容量プランのポケットWi-Fi比較 続いては、ポケットWiFiの月々使えるデータ容量について比較をしていきましょう。

ポケットWiFiをメイン回線として利用する方は、通信制限も気になるかと思います。ぜひこちらで使い放題のサービスをご確認ください。

大容量使えるポケットWiFiランキング

2022年1月最新の、データ容量が大きい(通信制限がゆるい)ポケットWiFiはこちら。

  • 1位 楽天モバイルのポケットWiFi
  • 2位 hi-ho Let’s WiFi
  • 3位 BroadWiMAX

「容量を気にせず使いたい!」「通信制限でのストレスを感じたくない」というあなたにおすすめしたいサービスです。

上記3サービスのデータ容量情報を比較できるよう、一覧表にまとめました。

※テーブルは横にスライド出来ます。
ポケットWiFi 楽天モバイル hi-ho Let’s WiFi BroadWiMAX
メイン回線の
月間データ量
無制限(※) 7GB/日
(月間210GB以上)
15GB/3日
(月間150GB以上)
通信制限時の
最高速度
1Mbps 128Kbps 1Mbps
通信制限の
期間
翌々日 翌日の18時~
26時の間のみ
↓ パートナー回線 ↓
月間
データ量
au回線
月間5GB
なし au回線
メイン・パートナー回線
合算で3日15GB
通信制限時の
最高速度
1Mbps 128Kbps
通信制限の
期間
月末まで 月末まで
※公式サイトに「公平にサービスを提供するため通信速度の制御を行うことあり」と記載

いかがでしょうか?こちらが3つのおすすめポケットWiFiのデータ容量比較結果です。

ポケットWiFiの「データ容量」という点だけに絞って比較をした場合、おすすめランキングは 楽天モバイル → hi-ho Let’s WiFi → BroadWiMAX の順となります。

楽天モバイルのポケットWiFiは無制限で使い放題のため、ランキング1位に選ばせていただきました。

hi-hoとBroadWiMAXは通信制限があるのですが、他社と比較するとかなり大容量使えるポケットWiFi。どちらも日単位の制限となっており、月間は実質無制限です。

「月末までずっと速度制限がかかっていて使えない…」というストレスがないので、制限を気にせず使いたい人におすすめです。

もし、どのポケットWiFiプランを選ぶか迷うなら、ご自身が必要なデータ容量から考えてみるのもおすすめ。データ容量別にできることを下記の比較表でご確認ください。

BroadWiMAXのデータ容量
150GBでできること
1ヶ月あたり 1日あたり
WEBサイト閲覧 56,700ページ 1,890ページ
LINEの音声通話 約8,300時間 約270時間
YouTube高画質動画(720p)視聴 約220時間 約7時間
ZOOMでのビデオ通話 約220時間 約7時間
hi-ho Let’s WiFiのデータ容量
210GBでできること
1ヶ月あたり 1日あたり
WEBサイト閲覧 79,400ページ 2,650ページ
LINEの音声通話 約11,600時間 約360時間
YouTube高画質動画(720p)視聴 約300時間 約10時間
ZOOMでのビデオ通話 約300時間 約10時間

BroadWiMAXでも毎日7時間、YouTube動画を楽しめてしまうデータ容量となっています。毎日仕事終わりにアニメを観るなど、日々のルーティーンの中でインターネットを長時間利用する人も安心して使えますね。

今お使いのポケットWiFi・スマートフォンの速度制限がストレスなら、大容量プランへの乗り換えがおすすめ!実質無制限のように使えることでしょう。

おうちの中でも通勤通学中も、好きな時間に思う存分インターネットを楽しめる、上記の3サービスをぜひご検討ください。

データ容量比較した結果おすすめのサービスをまとめます。


楽天モバイル・BroadWiMAXには独自の通信制限ルールがあります。詳しくは次に解説していますのであわせてご興味があればご覧ください。

楽天モバイルのデータ容量と対応エリアについて

楽天ワイファイポケット2Bのデータ容量・エリアについて

引用元:楽天モバイル 通信・エリア


楽天モバイルのポケットWiFiは、楽天回線エリアであれば容量無制限で使い放題。ただ、それ以外のエリアの場合はパートナー回線を月間5GBまでしか利用できません。

そのため、あなたがお住まいのエリアで「楽天回線が使えるのか」がポイント。ではエリアはどこまで拡大しているのでしょうか?

楽天モバイルが提供する楽天回線は、公式発表で2021年10月時点の人口カバー率94%と広いエリアに対応しています。

その後も徐々にエリア拡大し、2022年春には96%まで引き上げる見通しです。ドコモなどのキャリア回線と比較しても同じくらい広いエリアで使えるようになってきていますね。

また、楽天回線がまだ対応していないエリアはパートナー回線(au/ドコモ/ソフトバンク)が繋がるようになっています。

現在の楽天回線とパートナー回線のエリアは、下記の地図をご確認ください。
楽天のモバイルWiFiのエリア

引用元:楽天モバイル 通信・エリア


現時点では、楽天回線のエリアは、パートナー回線(au/ドコモ/ソフトバンク)と比較するとやや狭い印象。そのため、改めてにはなりますが、楽天回線エリア以外では無制限に通信できない点にはご注意ください。

また、そこに付随して1点注意しておくべきなのが、ポケットWiFi端末で「どちらの回線を利用しているのか」が確認できないということ。

スマホで「my 楽天モバイル」というアプリもしくはWebサイトを開いて確認する必要があります。

「気付いたらパートナー回線で5GB使用してしまって速度制限がかかってしまった」ということにならないように注意しましょう。

以上が、楽天モバイルのデータ容量と通信制限に関する解説です。

エリア内通信無制限
楽天モバイルのポケットWiFi詳細


楽天モバイルのエリア外である、もしくは楽天モバイルのエリア内であるか不安な場合は、全国エリア対応のポケットWiFiがおすすめです。(大容量ランキング2位のhi-ho Let’s WiFi、3位のBroadWiMAXをご検討ください)

  • ※ソフトバンク・au・docomo・WiMAX2+の通信可能エリアについて
  • 通信可能エリアに関しては、2022年 1月現在、すべてのポケットWiFiの回線(ソフトバンク・au・docomo・WiMAX2+)が人口カバー率90%を超えており、基本的に通常利用において大きな違いはありません。

    あまり気にする必要はありませんが、地方住まいで心配な方は各キャリアのエリア対応マップを事前に確認しましょう。

BroadWiMAXのデータ容量について

BroadWiMAXのデータ容量について

引用元:BroadWiMAX 通信データ容量


まず初めに、「パートナー回線」が気になった方も多いかと思います。

BroadWiMAXは、通常UQコミュニケーションズが持つWiMAX2+回線を利用しますが、WiMAX2+がつながりにくい場合には、端末操作を行うことでパートナー回線に切り替えることが可能です。

パートナー回線はauLTE回線です。幅広いエリアに対応しているので、WiMAXが繋がりにくい山間部などでもWiFiにつながります。

通信制限はというと、パートナー回線(au)に特別な制限はありません。メイン回線であるWiMAXと合算で、通信量が3日15GBを越えなければ制限がかかりませんのでご安心ください。

また、WiMAXでは「プラスエリアモード」というオプション(月額1,100円)も用意されています。こちらはより広いエリアに対応したau回線が使えるというもの。WiMAXはほとんどのエリアで使えるルーターですが、万が一繋がらない場合はプラスエリアモードもご検討ください。

次にメイン回線のデータ容量について。BroadWiMAXは3日で15GBを超えると通信制限がかかるものの、通信制限の時間帯は翌日の18時~26時の間のみ。そのため、昼間は快適な通信速度を維持できます。実質無制限で利用できるといっても差し支えないでしょう。

メイン回線の通信制限時の速度が1Mbpsであるのも嬉しいポイント。多くのポケットWiFiは、メイン回線のデータ超過で128Kbpsの通信制限になってしまうことが多いです。

通信制限にかかってしまった状態でも、ある程度自由にインターネットを使えるというのは、ネット社会が浸透している現代においては非常に大切なポイント。

参考までに、普段のインターネット利用における、推奨速度を以下に記載します。

インターネット利用における推奨速度
利用場面 快適に利用するために
必要な速度
メール 1Mbps
Webサイト閲覧 5Mbps
Youtube(360p) 10Mbps
Youtube(1080p) 20Mbps
オンラインゲーム 30Mbps


BroadWiMAXのWiMAX2+回線の制限「3日で15GB」でどれぐらいのことができるのか、というのもあわせてご確認ください。

15GB(3日間)でできること
ポケットWiFi
使用状況
目安通信料 15GB
メール送受信
※添付ファイル
つき含む
約500KB/1通 約30,000通
ニュースサイトの閲覧 約300KB/1ページ 約50,000ページ
音楽の
ダウンロード
※約4分間の楽曲
約4MB/1曲 約3,750曲
ネット動画の視聴
高画質
約12MB/1分 約20時間
ネット動画の視聴
標準
約3.5MB/1分 約71時間


いかがでしょうか。基本的には不自由なくインターネットを使えるポケットWiFiということがお分かりいただけたかと思います。

上記の内容を参考に、ぜひ自分の普段のインターネット利用プランと比較して、検討してみてください。

実質無制限でおすすめ
BroadWiMAXの口コミ評判解説へ


【速い】通信速度を比較しておすすめのポケットWiFiは?

通信速度比較は実測値もチェック 続いてはポケットWiFiの通信速度について比較をしていきます。

ポケットWiFiは「他の回線サービスより遅い」イメージがあるため、速度もしっかり比較しておきたいという方も多いかと思います。快適にサクサク使える端末がどれなのか、一緒に比較していきましょう。

高速通信できるポケットWiFiランキング

2022年 1月最新の、通信速度が速いおすすめポケットWiFiはこちら。

  • 1位:ドコモのポケットWiFi
  • 2位:WiMAX(au)
  • 3位:ソフトバンクのポケットWiFi
  • ※auもWiMAXと同じ端末を提供しています

上記ランキングの端末は、どれも5G通信に対応しています。5Gエリアですと、これまでの「モバイルルーターは遅い」という常識を覆すほどの高速通信が可能です。

では、それぞれのモバイルルーターの最大速度を比較してご覧ください。

ドコモ BroadWiMAX ソフトバンク
Galaxy 5G
Mobile Wi-Fi
Speed Wi-Fi
5G X11
下り最大速度 4,200Mbps 2,200Mbps 2,700Mbps 2,100Mbps
上り最大速度 480Mbps 183Mbps 183Mbps 838Mbps

比較表のとおり、最高速度No.1は「ドコモのポケットWiFi」です。大手通信キャリアのモバイルルーターはどれも通信スペックが高いですが、ドコモは頭一つ抜けていますね。

一番速いWiFiルーターを使いたい方には、ドコモのポケットWiFiがよいでしょう。

ただし、キャリアのポケットWiFiは料金が高いことに注意する必要があります。ドコモのプランを見てみると実質月額料金は8,448円。お金のことは気にしないという方でない限り、少々高い金額なのではないでしょうか。

料金面も考えて、最もコストパフォーマンスが高いポケットWiFiを選ぶとしたら「WiMAX(プロバイダ:BroadWiMAX)」がおすすめ!5G対応端末にもかかわらず端末価格は0円!月額実質4,186円で利用可能です。

また、当サイトが実際にBroadWiMAXの実測値を計測したところ、かなり速い速度で利用できましたので、速度の面でもおすすめ!実測値を測った際の結果をご覧ください。

BroadWiMAXの実測値
Galaxy 5G
Mobile Wi-Fi
Speed Wi-Fi
5G X11
下り実測値 468Mbps 356Mbps
上り実測値 53Mbps 50Mbps

※実測値は5回計測した際の平均速度です。
※計測場所:東京都23区内 屋内1階

実測値とは:
ポケットWiFiを利用する際に、実際に出る通信速度のこと。

回線の混み具合、エリア、ポケットWiFiを利用する場所によって速度は変化します。実測値を見ることで実際どれぐらいの速度でインターネットが使えるのか、目安が分かります。

BroadWiMAXの実測値
Galaxy 5G
Mobile Wi-Fi
Speed Wi-Fi
5G X11
下り実測値 109Mbps 64Mbps
上り実測値 45Mbps 11Mbps

※実測値は5回計測した際の平均速度です。
※計測場所:東京都23区内 屋内1階

実測値とは:
ポケットWiFiを利用する際に、実際に出る通信速度のこと。

回線の混み具合、エリア、ポケットWiFiを利用する場所によって速度は変化します。実測値を見ることで実際どれぐらいの速度でインターネットが使えるのか、目安が分かります。


ご覧のとおり、BroadWiMAXは5G対応エリアで300Mbps超え、4G対応エリアでも60~100Mbpsと高速通信できることが分かりました。

一般的に必要と言われている速度は1~20Mbpsほどなので、BroadWiMAXでも十分快適にインターネットが使えます。

    必要な通信速度の目安
  • メール:1Mbps
  • Webサイト閲覧:2Mbps
  • Youtube(360p):1Mbps
  • Youtube(1080p):10Mbps
  • オンラインゲーム:20Mbps

まとめると、通信速度が速いポケットWiFiのなかでも、料金も比較的安いBroadWiMAXがおすすめ!

  • ポケットWiFiを外回りの仕事やzoom会議で使うから、安定した速度が出る端末がいい
  • 安すぎるサービスを契約して、通信品質で後悔することは避けたい

このようにお考えなら、コストパフォーマンスが高いBroadWiMAXをご検討ください。

BroadWiMAXの口コミ評判・
キャンペーン詳細へ


では、最後に、各ポケットWiFiの端末(モバイルルーター)について比較していきましょう。

【最新機種】端末比較でおすすめのルーターならこれ!

ポケットWiFiの端末機種 おすすめランキング上位のポケットWiFiを、端末スペックで比較していきましょう。

現在、BroadWiMAXからは2機種、楽天モバイル・THEWiFiからはそれぞれ1機種のポケットWiFiが販売されています。

今回はポケットWiFi4端末のスペックを比較していきます。まずは、ここまでの章と同じく比較表をご確認ください。

端末スペック比較表

BroadWiMAX 楽天モバイル THEWiFi
本体画像 BroadWiMAXのおすすめルーター BroadWiMAXの最新ルーターX11 楽天モバイルのルーター ザワイファイのルーター
機種名 Galaxy 5G Mobile Wi-Fi Speed Wi-Fi 5G X11 Rakuten WiFi Pocket 2B NA01
下り速度 2,200Mbps 2,700Mbps 150Mbps 150Mbps
上り速度 183Mbps 183Mbps 50Mbps 50Mbps
対応回線 WiMAX2+
au4G/5G
WiMAX2+
au4G/5G
楽天回線
au/ドコモ/ソフトバンク
au/ドコモ/ソフトバンク
連続
通信時間
約16時間 約8時間 約10時間 約12時間
同時
接続台数
11台 16台 16台 10台
発売年 2021年4月 2021年10月 2021年8月 2021年6月
その他特徴 QRコード簡単接続機能
データ通信料を確認できる etc…
データ通信料を確認できる QRコード簡単接続機能
データ通信料を確認できる
海外利用が可能(※追加料金)

各ポケットWiFiの端末比較は上記のようになっております。

見ていただける分かる通り、端末の性能については、BroadWiMAXがずば抜けてハイスペックです。

下り最大速度、上り最大速度、接続台数においては楽天モバイル・THEWiFiよりもBroadWiMAXのほうが優秀だと言えるでしょう。

対応回線については、どのポケットWiFiも2回線以上使えるので、エリアや速度について困ることはまずありません。

端末の機能面はどうでしょうか?楽天モバイルの端末はとてもシンプルな構造になっており、そのため、当たり前ですが機能もシンプルです。できることは、電源のON/OFFとWi-Fi接続設定程度。

一方、BroadWiMAX(Galaxy 5G Mobile Wi-Fi)とTHEWiFiの端末はタッチ画面になっていて、画面上で様々な機能の使用や各種設定ができます。端末の性能でポケットWiFiを比較したい方は、BroadWiMAXやTHEWiFiの端末を選ぶのがおすすめです。

端末比較でおすすめ
BroadWiMAXの詳細解説へ


WiMAX Speed Wi-Fi HOME 5G L11 ちなみに、今回はポケットWiFi、つまりモバイルルーターに焦点を当ててご紹介しましたが、WiMAX・ドコモ・ソフトバンクには、ホームルーターという据え置き型のルーターもあります。

モバイルルーターのように持ち運びは出来ませんが、モバイルルーターよりも安定した通信環境・通信速度を手に入れることが出来ます。「外出先で使う予定がないかたにおすすめです。

ホームルーターについて詳細は以下のページをご確認ください。現在発売中のWiMAX・ソフトバンク・ドコモのホームルーターについて詳しく比較しています。

人気のホームルーター(WiMAX・ソフトバンク・ドコモ)を比較。2022年最新おすすめは?

【短期間】数日や数ヶ月だけレンタルする場合のおすすめは?

短期間(1ヶ月~1年以内)で利用したい場合はどうしたらいいのでしょうか。こちらでは、短期間ポケットWiFiをレンタルしたい方向けに比較していきます。

ポケットWiFiを短期間で利用したい場合、選択肢は大きくわけて3つになります。

  • レンタルのポケットWiFiを利用する
  • 契約期間縛りのないポケットWiFiを契約する
  • 1年契約のポケットWiFiを契約する

上記の3つです。どのように選べばいいのか、こちらで解説していければと思います。

それぞれ料金が違い、比較が難しいと思われがちですが、案外見るべきポイントはシンプルです。「どれぐらいの期間ポケットWiFiを利用したいのか」で選ぶようにしましょう。

  • 1ヶ月以内:レンタルのポケットWiFi
  • 1ヶ月~1年以内:契約期間縛りなしで、いつ解約してもOKのポケットWiFi
  • 1年間利用する場合:1年契約のポケットWiFi

基本的には、上記のような基準でポケットWiFiを選ぶとお得に利用できます。

具体的な料金で比較をしたほうが分かりやすいかと思いますので、さっそく人気のポケットWiFi会社の料金比較表をご覧ください。

利用期間
WiFiレンタル
どっとこむ
(契約期間縛りなし)
クラウドWiFi東京
(1年契約)
AiR-WiFi
1日だけ 495円
1週間 3,465円
1ヶ月 7,425円 8,096円
2ヶ月 14,850円 11,814円
3ヶ月 22,275円 15,532円
半年間 44,550円 26,686円
1年間 89,100円 48,994円 42,636円
各種プラン情報
1日レンタル 495円 プランなし プランなし
月額料金 3,465円 3,718円 3,278円
初期費用 なし 4,378円 3,300円
事務手数料
など
550円 なし なし
解約違約金 解約無料 解約無料 7,700円
12ヶ月後は解約無料
※上記の料金は一例です。料金・端末機種・容量などが異なるプランもあります。
契約期間縛りのないポケットWiFi:クラウドワイファイ東京、縛りなしWiFi、モンスターモバイル、Chat WiFiなどがあります。
1年契約が可能なポケットWiFi:AiR-WiFi、BIGLOBE WiMAX、モンスターモバイル、縛りなしWiFiなどがあります。


    短期レンタルサービスの比較結果
  • 1ヶ月以内のレンタルなら「WiFiレンタルどっとこむ」
  • 国内大手のポケットWiFiレンタルサービス

  • 数ヶ月間のレンタルなら「クラウドWiFi東京」
  • 契約期間縛りなしのポケットWiFiで最安料金

  • 1年契約なら「AiR-WiFi」
  • 1年契約のポケットWiFiで最安料金

こちらが、短期で利用する場合におすすめなポケットWiFiの比較結果です。

比較表を見ていただけると分かる通り、レンタルのポケットWiFiは1日~1週間程度を想定した価格設定になっています。

そのため、ポケットWiFiの利用期間が短い場合はWiFiレンタルどっとこむをはじめとするレンタルを利用するのがお得です。

ただ、1日あたりの利用料金はそこまで安いわけではありません。1ヶ月を超えたあたりからは、契約期間縛りなしのおすすめポケットWiFi「クラウドWiFi東京」を利用するほうがお得になります。

クラウドWiFi東京は12ヶ月利用の場合の金額が48,994円となるため、1年間ポケットWiFiを利用する場合は、AiR-WiFi(エアーワイファイ)で1年プランを契約してしまうほうがお得です。

比較表の下にも記載の通り、上記の料金は一例です。それぞれのポケットWiFiには、様々な端末機種・データ容量制限があり、それによって料金プランも異なります。

(同じ端末・容量であれば、おすすめポケットWiFiは基本的にはここまでご紹介してきた内容とあまり変化はありません。)

下記ページでは、あなたがどんな用途でポケットWiFiを短期レンタルしたいかにあわせて、おすすめのレンタルサービスを比較解説しています。すぐに最適なポケットWiFiが見つかりますのでぜひご覧ください。

短期レンタルにおすすめのポケットWiFi
利用用途別に解説


【口座振替】支払い方法で口座振替を選ぶ場合のおすすめは?

クレジットカードを持ち合わせていない、もしくはクレジットカードの与信枠を使いたくない方は、口座振替ができるポケットWiFiがおすすめです。

現在、口座振替で契約できるポケットWiFiとしては次のサービスがあります。

  • Mugen WiFi【NEW!】
  • UQ WiMAX
  • Broad WiMAX
  • BIGLOBE WiMAX(ビッグローブ ワイマックス)
  • 縛りなしWiFi
  • Y!mobile(ワイモバイル)
  • docomo(ドコモ)
  • Softbank(ソフトバンク)
  • NEXTmobile(販売停止中)
  • どんなときもWiFi(販売停止中)

これらのサービスを比較し、契約におすすめのポケットWiFiはどれなのか解説します。

口座振替対応のおすすめランキング

2022年1月現在、口座振替対応のおすすめポケットWiFiはこちら。

  • Mugen WiFi
  • BIGLOBE WiMAX

口座振替ができるサービスの中でも、Mugen WiFiは格安料金で人気です。一方BIGLOBE WiMAXはルーター性能の高さが評判となっており、あなたの求めるものに合わせて選んでいきましょう。

格安料金で選ぶならMugen WiFi
Mugen WiFiは、口座振替ができるポケットWiFiのなかでも格安料金で契約できるルーターです。少しでもインターネット回線費用を節約したいとお考えであればこちらがおすすめ!

月間100GBの大容量プランを、実質月額3,450円の安さで契約することが可能です。その他にも、Mugen WiFiには、

・10,000円キャッシュバックキャンペーン
・30日間お試しキャンペーンあり


などメリットがたくさんあります。クレジットカードをお持ちでない方、クレジットカード引き落としが難しい方には、MugenWiFiがおすすめです。

口座振替対応している格安WiFi
MugenWiFiの詳細はこちら

ルーター性能で選ぶなら
BIGLOBE WiMAX
BIGLOBE WiMAXはスペックの高い端末を利用したいとお考えの方におすすめです。 契約できる端末(Galaxy 5G Mobile Wi-Fi)の速度は最大2.2Gbpsと高速!快適に使えるポケットWiFiとして人気です。

BIGLOBE WiMAXは契約期間縛りが緩いこともメリット。契約期間は1年間のプランなので、1年後には無料解約が可能です。短期利用にもおすすめなプロバイダでしょう。

なお、料金については実質月額料金は5,214円。口座振替できる他のWiMAXプロバイダ(UQWiMAX・BroadWiMAX)と比較すると、サービス内容は変わらず安い月額料金で契約できます。

BIGLOBE WiMAXについて気になる方はこちらから詳細をご覧ください。

BIGLOBE WiMAXの詳細はこちら

【海外】海外エリア対応のポケットWiFiはある?

海外旅行や出張にいく機会が多い方は、海外でも使えるポケットWiFiがおすすめ。こちらでは海外対応ルーターのレンタルサービスについて比較解説します。

海外エリア対応のポケットWiFiランキング

2022年1月最新の、海外エリアで使えるおすすめポケットWiFiはこちら。

  • クラウドWiFi東京
  • グローバルWiFi

それぞれ評判の理由が違います。
では、実際に海外用ルーターのレンタルサービス5社を比較していきましょう。

利用料金 データ容量 利用のしやすさ 発送
おすすめNo.1
クラウドWiFi東京
1日
700円~
1日1GBまで
(制限後も
384Kbpsの速度)
・海外にそのまま持っていく
だけでWiFi接続できる
・日本国内にも対応
契約期間縛りなし(解約無料)
短期レンタルOK

最短即日
THE WiFi 1日
850円~
1日最大3GBまで
(1GBごとに
850円課金)
・海外にそのまま持っていく
だけでWiFi接続できる
・日本国内にも対応
契約期間縛りなし(解約無料)
短期レンタルOK

最短即日
Mugen WiFi 1日
1,200円~
1日1GBまで ・海外にそのまま持っていく
だけでWiFi接続できる
・日本国内にも対応
契約期間縛りなし(解約無料)
短期レンタルOK

最短即日
WiFiレンタル
どっとこむ
1日
970円~
1日1GBまで ・国内の空港で受け取りできる
(宅配もOK)
最短即日
グローバルWiFi 1日
1,200円~
少量から大容量プラン
までさまざま
・データ容量をたくさん使いたい人に
適したプランあり
・国内の空港で受け取りできる
ハワイと韓国は、現地受取もできる
最短即日
※料金はすべて税込みです

各社それぞれに特徴がありますが、大きく分けると2つに分類できます。

    海外専用のレンタルサービス
  • WiFiレンタルどっとこむ
  • グローバルWiFi

  • 国内、海外どこでも使えるモバイルルーター
  • クラウドWiFi東京
  • THE WiFi
  • Mugen WiFi


海外専用のレンタルサービスは「空港で受け取って、現地で接続設定する」というもの。海外用ルーターのレンタルというと、このイメージが強いのではないでしょうか。

しかし一方で「普段国内でも使えて、海外にそのまま持っていくだけで現地でも使える」ルーターもあります。クラウドWiFi東京・THE WiFi・Mugen WiFiのポケットWiFiなどです。

国内でもポケットWiFiを利用したい方には、国内・海外どこでも使えるルーターのレンタルがおすすめかもしれませんね。

比較した結果、当サイトがおすすめしたいレンタルサービスを2社厳選しました。下記をご覧ください。

海外利用おすすめNo.1
クラウドWiFi東京
クラウドWiFi東京は、海外1日700円~と最安級の料金でレンタルできるポケットWiFi。契約期間縛りがない(解約違約金無料)プランのため短期間だけレンタルしたい方にもおすすめです。

海外滞在時のデータ容量は「1日1GB」。Googleマップで目的地を確認したり、現地のレストランをリサーチできます。もし容量超過してしまっても384Kbpsの速度がでます。他社より速度制限が緩いのもおすすめポイント!

「クラウドWiFi東京」のモバイルルーターを海外に持っていくだけで、現地に対応した回線につながります。もちろん普段は国内でも使えて一石二鳥ですね。

クラウドWiFi東京公式ページへ
海外でも大容量使いたいなら
グローバルWiFi
グローバルWiFiは、「容量を気にせずインターネットを使いたい」という利用者の声に応えて、無制限プランを提供開始。

海外でたくさんインターネットを使いたい人に評判のレンタルサービスです。海外でも動画視聴やゲームを楽しみたい、zoom会議が頻繁にあるという方はぜひこちらのポケットWiFiを検討してみてください。

グローバルWiFi公式ページはこちら

以上、条件別比較でおすすめポケットWiFiをご紹介しました。端末選びに迷った際はぜひご参考にしていただければと思います。


まとめとよくある質問

ポケットWiFiに関するQ&A 以上がポケットWiFiに関する比較内容です。いかがでしたでしょうか?

ここまでの内容を一度まとめます。

2022年 1月のおすすめポケットWiFi3選
  • おすすめNo.1 BroadWiMAX
  • 速度・エリア・料金・信頼性・利用データ容量すべてにおいてハイスペックで、総合評価の高いポケットWiFi

  • おすすめNo.2 楽天モバイル
  • エリア内なら利用可能データ容量は無制限、今なら3ヶ月月額料金無料という点が強みのポケットWiFi

  • おすすめNo.3 THEWiFi
  • 3大キャリア回線(au・ソフトバンク・ドコモ)を大容量利用できて格安料金。さらに海外でも使えるポケットWiFi

今回の比較項目はこちら。

  • 料金比較
  • プラン契約期間とキャンペーンをチェック。総額と実質月額料金で比較

  • データ容量比較
  • 2022年 1月現在、完全無制限のプランはなし。100GB以上使える大容量プランがおすすめ(月単位なら無制限、エリアが限定的な無制限は有り)

  • 通信速度比較
  • 最高速度と実測値を両方チェック

  • 各社の端末(モバイルルーター)比較
  • 最新機種を比較。WiMAX端末がハイスペック。

いかがでしたでしょうか。40社以上存在するポケットWiFiを自分一人で調査するのは非常に大変です。当サイトの情報は毎月更新を行っておりますので、契約の際はぜひこちらのページの情報を参考にしていただければと思います。

ここまでお読みいただき、誠にありがとうございます。少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

もう一度おすすめポケットWiFiランキングを確認したい方は、以下のリンクをご利用ください。

2022年 1月のおすすめ
ポケットWiFiランキングに戻る


以下にはよくある質問、ポケットWiFi契約の際に疑問点としてあがりやすいものをまとめました。

ぜひ参考にしていただければと思います。

端末到着後の注意点や使い方は?

端末到着後は、どのポケットWiFiも基本的には電源を入れるだけで利用できます。端末に画面のついている機種(WiMAXなど)の場合は、画面に出てくる指示に従い、初期設定を済ませましょう。

注意点は、エリア確認を最初にしておくということです。

ポケットWiFiはクーリングオフの対象外となっていますが、その代わりの処置として、初期契約解除制度というものが定められています。

契約書を受け取った日から起算して8日以内であれば、ポケットWiFiを違約金や解除料金なしに解除できる制度です。こちらの期限を超える前に、ポケットWiFiが自分の住むエリアに対応しているか、速度は十分か確認をしておきましょう。

WiMAXとポケットWiFiの違いは?

ポケットWiFiは、持ち運び可能なモバイルルーターの総称。
WiMAXは、UQコミュニケーションズが提供するWiMAX2+回線を使用する端末の総称。

つまり、WiMAXは、ポケットWiFiの1つです。
最も大きな違いは、回線の違いによって生まれる、通信速度・つながりやすさです。

WiMAXを除くポケットWiFiは、主にau・docomo・ソフトバンクのいずれかの回線を利用しています。

WiMAX2+は独自の回線です。どちらも、エリアについては人口カバー率は非常に高く、都市部での利用の場合は特に心配は必要ありません。(郊外・山間部にお住まいの方は、事前にエリア確認をしましょう)

WiMAX2+回線は高周波の電波を使用しており、他のポケットWiFiと比較して通信速度が高速であることが特徴です。


au・docomo・ソフトバンクの回線は比較的低周波の電波を使用しており、こちらは通信速度は劣るものの、遮蔽物があっても電波が届きやすいことが特徴。建物内や地下鉄でも安定した電波供給が可能です。

ちなみに、WiMAXは、WiMAX2+回線のほかにも、au 4G LTEも月間7GBまで速度制限なしで使えるモバイルルーター。(7GBを超えると、月末まで、最大速度が128Kbpsに制限されます。)

それぞれの利用用途にあったポケットWiFiを選ぶことが大切です。

完全無制限で使い放題のポケットWiFiはない?

現在、完全無制限のポケットWiFiはありません。どのサービスも一定の制限がかかっています。

過去には完全無制限のプランが提供されていましたが、制限がないために回線がショートし通信障害が発生してしまいました。このような経緯で、現在はどのポケットWiFiサービスにも制限があります。

安定した通信品質を担保するためには必要な対応と言えるかもしれませんね。

ただ、「日常でオンラインゲームを楽しみたい」「テレワークだから一日中インターネットを使う」という方は少し不安になってしまうでしょう。

現在は、完全無制限ではないものの、月150~200GBの大容量プランがあります。これは動画視聴・ゲーム・テレワークにも十分な容量。実質的には無制限のように利用できますので、インターネットを日常的に利用する方には大容量プランがおすすめです。

安いと評判だったWiMAX2+端末は終了してる?

価格が安いことで評判だった、一世代前のWiMAX2+端末はまだ契約できるのでしょうか?

2022年 1月現在、WiMAX業界では5G対応の新機種が主流となっており、従来の「WiMAX2+端末」のサービス取り扱いが縮小しています。

「WiMAX2+端末」を取り扱っているプロバイダは限られてきていますが、「WX06」(ポケットWiFi)なら契約することは可能です。

「WiMAX2+端末」の在庫があるプロバイダのうち、最もおすすめなのはBroadWiMAX!1番格安な料金で「WiMAX2+端末」を契約することができるプロバイダとなっています。

気になる方は下記より「WiMAX2+端末」の詳細案内をご確認ください。

WiMAX2+端末を契約できる
おすすめプロバイダの詳細へ

※WiMAX2+端末のうち、ホームルーターは完売のため販売を終了しました

スマホのテザリングとどちらがおすすめ?

利用用途と、利用頻度によります。

利用頻度や用途によって、毎月必要になるデータ容量が変わってきます。こちらのデータ容量をある程度予想したうえで、「このデータ量ならテザリングとポケットWiFiどちらのほうが安いか」という視点で選ぶとよいでしょう。

インターネットをたまにしか使わない、大容量の通信もしないという場合は、持ち運ぶ端末も1つでいいですし、テザリングを選ぶのが無難でしょう。

ただ、テザリングを選択した場合、

  • バッテリーの消費が大きく、長時間使用の場合は不便になる
  • テザリングによって速度制限がかかると、スマートフォンの通信自体にも制限がかかる
  • 使用している最中のスマートフォンの状況によっては、インターネット接続が切れてしまうこともある(代表的なもの:通話中は利用不可です。)

上記のようなデメリットもあります。1つでも避けたいものがある場合は、ポケットWiFiのほうが安全です。上記の内容は契約前に確認して考慮しておくことをおすすめします。

ポケットWiFiの支払い方法は?

ポケットWiFiのプランの多くは、クレジットカードでの支払いが基本となっています。

一部、口座振替に対応しているポケットWiFiもありますが、振り込み手数料が必要であったり、キャンペーン適用外となることで総額や月額料金が高額になってしまうことが多いです。

そのため、余程の理由がない限り、ポケットWiFiはクレジットカードでの支払いを選択するのがよいでしょう。

自分の居住エリアでつながらなかった場合はどうしたらいい?

初期契約解除制度を利用しましょう。

契約書を受け取った日から8日以内に、契約したポケットWiFiの会社にエリア外であったことを伝えることが出来れば、違約金や契約解除料金を支払うことなくプラン解約が可能です。ポケットWiFiの端末が届いたら、まずは早めに通信可能かどうかの確認を取るようにしましょう。

また、ポケットWiFiによっては、公式サイトにエリア情報の記載があったり、契約前に端末をレンタルして確認できる制度もございます。
(例: UQWiMAXの15日間無料端末レンタルサービス『TryWiMAX』)

契約をお急ぎでない場合は、上記のような制度やポケットWiFiのレンタルサービスを利用して、事前に対応エリアを確認しておくとよいでしょう。

光回線とどちらがおすすめ?選び方を解説

最後に、ポケットWiFiと固定回線(光回線)のどちらがおすすめか、という点について解説します。

まずは、以下の比較表をご確認ください。

固定回線(光回線) ポケットWiFi
価格比較
4,000円前後

3,000円~4,000円程度
速度比較
最大通信速度:2Gbps

最大通信速度:1.2Gbps(4G)
容量比較
完全無制限プラン有

最良でも実質無制限プラン
手間
工事が必要
開通までに約1ヶ月

届いてすぐ使える
持ち運び ×


こちらが、料金や速度に関して、ポケットWiFiと固定回線(光回線)を比較した結果になります。

ポケットWiFiのメリットは3つ。
  • 光回線と比較して月額料金が安い
  • 持ち運び可能なので、場所に限定されず使える
  • 工事不要で端末到着後すぐ使える

一方、固定回線(光回線)は持ち運び不可で、ポケットWiFiより月額料金は高額ですが、次のメリットがあります。
  • 安定した電波供給
  • 高速通信

どちらのサービスがおすすめかは、通信回線の利用用途によって変わります。

ポケットWiFiがおすすめの人

結論から申し上げますと、基本的にはポケットWiFiがおすすめです。現在のポケットWiFiの性能であれば、通常のインターネット利用で困ることはまずありません。

スマートフォンやパソコンでの、WEBページ閲覧・メールやLINEのやり取り・動画の閲覧が主な利用用途の場合はポケットWiFiで充分と言えるでしょう。

一方、固定回線(光回線)と比較して、ポケットWiFiの唯一のデメリットと呼べるのが、利用可能データ容量です。

固定回線(光回線)はポケットWiFiと同じくサービスによって最大速度や使えるデータ量に差はあるものの、人気のあるプロバイダは基本的にデータ容量無制限で利用できるプランを用意しています。

一方、40社以上あるポケットWiFiには、完全に無制限で使えるプランは1社もありません。(月単位なら無制限、対応エリア内無制限のサービスは有り)

実質無制限と謳うプロバイダの多くは、3日で15GBなど、日数で区切った制限を設けているものです。

仮にポケットWiFiに定められているデータ容量を超えてしまった場合でも、1-2日経てば元通りの通信速度になりますが、通信制限中は、最大で1Mbpsほどの速度になってしまいます。(1Mbpsでも、Webページ閲覧・メッセージのやり取り・中画質程度の動画視聴などインターネットは使える速度です。)

そのため、もし、

  • ポケットWiFiに定められている利用可能データ容量を超えてしまいそうな場合
  • 速度制限がかかっている状態だと困る場面がある場合(オンライン会議で商談を行うなど)

などの懸念点をお持ちの方は、ポケットWiFiよりも固定回線(光回線)のほうが良いでしょう。

参考までに、3日で15GBのデータ容量だとどんなことができるのか、そして、通常のインターネット利用にどれほどの速度が必要なのか、を表にまとめておきました。

ポケットWiFiと固定回線(光回線)どちらにしようか迷われている方は、ぜひ以下の表を参考にしていただければと思います。

ポケットWiFi
使用状況
目安通信料 15GB
メール送受信
※添付ファイルつき含む
約500KB/1通 約30,000通
ニュースサイトの閲覧 約300KB/1ページ 約50,000ページ
音楽の
ダウンロード
※約4分間の楽曲
約4MB/1曲 約3,750曲
ネット動画の視聴
高画質
約12MB/1分 約20時間
ネット動画の視聴
標準
約3.5MB/1分 約71時間


利用場面 快適に利用するために
必要な速度
メール 1Mbps
Webサイト閲覧 2Mbps
Youtube(360p) 1Mbps
Youtube(1080p) 10Mbps
オンラインゲーム 20Mbps


固定回線(光回線)がおすすめの人

ポケットWiFiよりも固定回線(光回線)のほうがおすすめになるのは、以下のような方です。

  • 頻繁にオンラインゲームをしたり映画を見たりするような方(日常的に超大容量通信を行う方)
  • テレワークでオンライン会議を行いたい
  • 複数の端末に接続する必要のある方(会社で使用する、家族全員で使用するなど)

これらに当てはまる場合は、固定回線(光回線)がよりおすすめです。詳しくは「光回線を簡単なポイントで比較!」でも解説しています。

以上、ポケットWiFiの契約に際してよくある質問でした。

PICKUP
CONTENTS

ポケットWiFiおすすめ25選!2022年1月最新比較ランキング

当ページへの訪問、誠にありがとうございます。 こちらのページは国内で人気のポケットWiFi25社を比較し、おすすめランキングを解説している記事です。 なかでも2022年 1月現在おすすめのポケットWiFiは、次の3端末!...
2021.03.13

【2022年1月最新比較】価格が安いおすすめポケットWiFiをご紹介

持ち運びが可能で便利なポケットWiFi。どこでもインターネット環境が手に入ることから人気を集めていますが、価格帯は3,000円台~9,000円台とかなりの差があります。 そのため、価格が安いおすすめのWiFiルーターをし...
2021.09.16

【2022年1月最新】データ容量無制限で利用できるおすすめのポケットWiFi

この記事をご覧いただいている方の中には 「今使っているポケットWiFiだと容量が足りない」 「月末の制限がストレス」 と、今使っているWiFiサービスに不満を抱えている人も多いのではないでしょうか? ポケットWiFiは、...
2021.09.16