当ページに含まれる広告と商品評価について
当ページには広告リンクが含まれており、当ページを経由して商品・サービスの申込みがあった場合、提携している各掲載企業から広告報酬を受け取ることがあります。ただし、当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無に一切関わらず、コンテンツポリシーに基づき、当サイト独自の調査と実際に使用したレビューをもとに掲載しております。当サイトで得た収益は、皆様により役立つコンテンツを提供するために、品質向上等に還元しております。

ホームルーター(置くだけWiFi)のおすすめ3選!料金と速度を徹底比較【2024年2月最新情報】


ホームルーター(置くだけWiFi)とは工事不要で使える据え置き型のWiFiルーターのこと。固定回線や光回線は開通工事が必要ですが、ホームルーターは端末をコンセントに接続して電源を入れるだけですぐにWiFiを利用できることから、「置くだけWiFi」とも呼ばれています。

ホームルーター(置くだけWiFi)は、工事不要で端末が届いた日から利用可能なので、一人暮らしの方など、引っ越しが多い方におすすめ。さらに、固定回線や光回線よりも比較的月額料金が安く、インターネット料金を節約したい方にもおすすめです!

当記事では、おすすめのホームルーター3社(WiMAX・ドコモhome 5G・ソフトバンクエアー)を、料金や速度など気になる項目ごとに徹底比較しています。何を重視するかで、おすすめのホームルーターが異なるため、自分に合ったホームルーターを見つけたい方は必見です。

まずは、結論となるホームルーターのおすすめ3機種を解説します。

監修者
【新聞社推薦】通信プロバイダ比較の専門家
宮城 紘司
▼監修者について
マイベストプロ
宮城紘司
株式会社EXIDEAの社員であり、生活やビジネスに関する商品・サービスの総合比較サイト「HonNe」の通信ジャンルの運営責任者。また、通信サービス専門の比較サイト「WiMAX比較.com」の編集長も務める。WiMAXを始めとするポケット型WiFi・ホームルーター関連の最新情報を発信し、累計7万件以上のネット回線契約をサポートしている。

Contents

ホームルーター(置くだけWiFi)のおすすめ3機種!まずは結論を解説

WiMAX・ドコモhome5g・ソフトバンクエアーがおすすめの置くだけWiFi 現在ホームルーター(置くだけWiFi)は、WiMAX・ドコモ・ソフトバンクエアー・楽天モバイル・auの5社から販売されています。

なかでもおすすめなのが、WiMAX・ドコモ・ソフトバンクエアーの3機種。いずれも光回線並みの通信速度をデータ無制限で利用可能なので、ストレスなくインターネットを利用できます。

楽天モバイルと
auのホームルーターが
おすすめではない理由

おすすめできないホームルーター 楽天モバイルとauのホームルーターのおすすめではない理由をそれぞれ解説します。

楽天モバイルのホームルーターがおすすめではない理由▼
楽天モバイルのホームルーターは通信速度が他社と比較して遅いうえに、料金がホームルーターの中で高額。通信回線が楽天回線のため、対応エリアが狭く、安定性が他社に劣るためおすすめができません。

auのホームルーターがおすすめではない理由▼
auのホームルーターがおすすめではない理由は、WiMAXと全く同じ機種・対応エリア・通信速度にも関わらず高額だからです。auはWiMAXプロバイダの1つ。

WiMAXはどのプロバイダ(販売代理店)で契約しようが、通信速度や安定性は変わらず、異なるのは料金のみです。

そのため、WiMAXは単純に料金で比較して、お得なプロバイダで契約しましょう。auは、プロバイダの中でも高額なので、おすすめではありません。

いずれも最新機種で性能が高いため、どれを選んでも動画視聴やSNSの閲覧、インターネットの利用はストレスなく利用可能!迷ってしまう方は、ドコモのスマホの利用ならドコモ home 5Gというように、スマホの会社と同じ会社から販売されるホームルーターを選ぶのがお得なので、おすすめです。

スマホのセット割ではなく、料金や通信速度などを比較したうえで決めたい方もいるでしょう。そんな方向けに次の章で契約すべき無制限ホームルーターの選び方について詳細を解説していきます。

契約すべき無制限ホームルーター(置くだけWiFi)の選び方

ホームルーターの失敗しない選び方は、大きく2つに分かれます。

  1. ①契約中のスマホセット割が適用できるホームルーター会社を選ぶ
  2. ②料金・通信速度などを踏まえて、自分の利用目的に合わせて選ぶ

それぞれ詳細を解説します。

①契約中のスマホでセット割が適用できるホームルーター会社を選ぶ

スマホのセット割でホームルーターを選ぶ 使っているスマホとセット割が適用できる会社は以下のとおり。

au /
UQ mobile
ドコモ ソフトバンク /
ワイモバイル
セット割が
適用される
ホームルーター
WiMAX ドコモ
home 5G
ソフトバンク
エアー

いずれもスマホ料金から最大1,100円割引されるので、お得に利用可能!端末や機種にこだわりがなく、キャリア利用の方におすすめの選び方です。一方、楽天モバイルや格安SIMを契約している方や機種のスペック、料金の詳細を踏まえて契約するホームルーターを選びたい方は次の項目をご覧ください。

②料金・通信速度などを踏まえて、自分の利用目的に合わせて選ぶ

料金・通信速度からホームルーターを選ぶ 楽天モバイルや格安SIMをお使いで、スマホのセット割が適用されない方や、料金や速度を考慮した上で契約を考えたい方は、以下の選び方をおすすめします。

  • 速度・料金のバランスが取れたホームルーターを契約したい: WiMAX
  • 通信速度重視、対応エリアが心配な方:ドコモ home 5G
  • とにかく料金重視:ソフトバンクエアー

上記の情報で、契約するホームルーターが決まった方は、以下より詳細をチェックしてください!

  • WiMAXの詳細をチェックしたい方はこちら
  • ドコモ home5gの詳細をチェックしたい方はこちら
  • ソフトバンクエアーの詳細をチェックしたい方はこちら

次に、ホームルーターの機種比較時に比較すべきポイントについて解説します!後悔しないホームルーター選びのために知っておくべき項目なので、失敗したくない方はぜひご覧ください。

機種の比較時に見るべきチェックポイントとは?

現在当サイトでおすすめのホームルーターは、WiMAX・ドコモ home5g・ソフトバンクエアーの3社。この3社から自分に最適なホームルーターを選択するためには以下の4項目をチェックするのがおすすめです。

  • 実質月額料金
  • 通信速度・対応エリア
  • データ容量・通信制限
  • 契約期間・解約費用

それぞれの詳細を見ていきましょう。

①実質月額料金

比較ポイント① 料金が安いか/スマホの契約キャリア ホームルーターを比較する際には、月額料金以外にキャッシュバックの金額や契約手数料、端末代金を考慮して比較することが重要。

正しく比較するためには、利用するうえでかかる総額から利用年数を割った実質月額料金をチェックすることが重要です。

②通信速度と対応エリアの範囲

比較ポイント② 利用エリアの対応通信速度が速いか ホームルーターの通信速度は、機種のスペックに依存します。機種のスペックはホームルーターによって異なるので、最大通信速度を確認しましょう。

最大通信速度だけでなく、実測値で比較することも重要。実測値は、実際に使った際に出る速度のことで、速度比較のうえで最も参考になる数値です。また、機種によって利用回線・対応エリアが異なるので、対応エリア外のホームルーターを選ばないようにしましょう。

③データ容量・通信制限

比較ポイント③ データ容量が無制限(速度制限なし)か ホームルーターを検討している方は、データは無制限で使えるのか、速度制限時にどの程度の速度に落ちるのか気になる方がいるでしょう。

ホームルーターにデータの利用制限が設けられているか、設けられているならどの程度なのかを確認しましょう。

④契約期間・解約費用

比較ポイント④ 契約期間縛りと違約金 短期利用もしくは利用期間が未定の方は、契約期間や解約費用をチェックすることも重要です。短期で利用する予定にも関わらず、3年の縛りがあるホームルーターを契約してしまうと解約費用を支払わなければなりません。

契約期間がないものの、端末代金が分割支払いで、支払い期間が終わる前に解約すると端末残債がかかることがある点にも注意しましょう。

以上、実質月額料金・速度・データ容量・契約期間と解約費用を比較した結果、2024年2月最新のおすすめのホームルーター(置くだけWiFi)をランキングで紹介します。

ホームルーター(置くだけWiFi)おすすめTOP3の比較表

2024年2月最新のおすすめホームルーターTOP3(WiMAX・ドコモhome 5G・ソフトバンク)のホームルーター比較表をご覧ください。下記の通りホームルーター(置くだけWiFi)は料金や通信速度に大きな違いがあります。

【2024年2月最新】
ホームルーター(置くだけWiFi)おすすめTOP3の比較表
比較
項目
WiMAXの
ホームルーター
ドコモの
ホームルーター
ソフトバンクの
ホームルーター
端末 WiMAX Speed Wi-Fi HOME 5G L13の端末イメージ画像 ドコモホーム5g HR02の端末イメージ画像 Softbank Air ターミナル5の端末イメージ画像
端末名 Speed
Wi-Fi
HOME
5G L13
docomo
home 5G
HR02
SoftbankAir
ターミナル5
実質
月額
料金

4,092円

4,547円

2,912円
下り
最大
通信
速度

最大
4.2Gbps

最大
4.2Gbps

最大
2.1Gbps
データ
容量

無制限
(消費量が
過剰な場合
制限)

無制限
(消費量が
過剰な場合
制限)

無制限
(夜間制限の
可能性あり)
対応
回線
エリア
au 5G
・au 4G LTE
・WiMAX2+
docomo 4G
・docomo 5G
SoftBank 4G
・SoftBank 5G
無料
解約
36ヶ月後 36ヶ月後 36ヶ月後

※実質月額料金は、月額料金・初期費用・ホームルーター端末価格を含む総額費用から、割引やキャッシュバックキャンペーンを引き、契約期間で割った平均月額料金。無料で解約できる3年利用した場合で計算しています。


上記を踏まえた2024年2月最新のホームルーターおすすめランキングは、以下のとおり。


    ワイマックスのホームルーター「Speed WiFi HOME 5G L13」 ホームルーターおすすめランキング1位は、WiMAXのSpeed WiFi HOME 5G L13!

    下り最大通信速度4.2Gbpsと高速インターネットが可能なうえ、実質月額料金が4,092円で安いのが特徴。通信速度の速さ・料金の安さの両方を重視したい方におすすめのホームルーターです。

    さらに、au・UQモバイルのスマホをお使いなら、セット割引適用でスマホ料金が最大1,100円割引されます。

    WiMAXのホームルーター詳細へ

    ドコモのホームルーター「docomo home 5G」 ドコモのhome 5Gは下り最大通信速度4.2Gbpsと高速で、実際の速度も他社ホームルーターと比較して最速。実質月額料金が4,547円と、WiMAXのホームルーターより高いですが、速度重視の方にはhome 5Gがおすすめです。

    また、ドコモのスマホをお使いなら、セット割引適用でスマホ料金が最大1,100円割引されます。

    ドコモ home 5Gの詳細へ

    ソフトバンクのホームルーター「Softbank Air」 ソフトバンクエアーは34,000円キャッシュバックキャンペーンを利用でき、実質月額料金は2,912円。

    最大通信速度は2.1Gbpsと、WiMAXやドコモ home5gより速度は遅いですが、最安のホームルーターを契約したい方にはSoftbank Airがおすすめです。

    また、ソフトバンクやワイモバイルのスマホをお使いなら、セット割引適用でスマホ料金が最大1,100円割引されます。

    ソフトバンクエアーの詳細へ

上記がホームルーター比較・おすすめの置くだけWiFiランキングです。以下、おすすめホールーターの料金プランやキャッシュバックキャンペーンの詳細情報を確認ください。

おすすめ1位はWiMAX(au)~速度・料金のバランスが取れたホームルーター

ワイマックスのホームルーター「Speed WiFi HOME 5G L13」 WiMAX(au)は2024年2月の最新比較でおすすめランキング1位のホームルーター(置くだけWiFi)です。

WiMAXとauは同じホームルーターで、5G通信対応エリアでは下り最大速度4.2GbpsのSpeed Wi-Fi HOME 5G L13端末を契約可能。また、現在契約できるWiMAXのプランは通信制限がないため、快適な速度でWiFiを使えるおすすめのホームルーターです。

WiMAXの最新機種であるL13の端末詳細は以下のとおり。

WiMAXのホームルーター
端末スペック詳細
ホームルーター
端末名
Speed Wi-Fi HOME 5G
L13
通信速度 下り最大速度4.2Gbps
上り最大速度286Mbps
対応回線・エリア au 5G回線
WiMAX2+回線
au 4G LTE回線
データ容量 無制限
端末代金 27,720円
端末発送 当日~4日

WiMAXの最新ホームルーターSpeed Wi-Fi HOME 5G L13は、前章で解説した契約期間・解約費用・データ容量・通信制限・通信速度と対応エリアの範囲・実質月額料金いずれの項目でも優れており、おすすめのホームルーターです。

WiMAXのホームルーター(置くだけWiFi)はUQ WiMAXやauの公式サイトだけでなく、プロバイダでも申し込み可能です。WiMAXのプロバイダは18社以上ありますが、どこのプロバイダで契約しても、通信容量や対応エリアなどはまったく同じ。そのため、単純な料金の安さで比較することが重要です。

2024年2月最新の比較で、お得に契約できるおすすめWiMAXプロバイダを5社選出して、ランキング形式にてご紹介します。

WiMAX
プロバイダ
3年間利用した場合の
実質月額料金
1位
GMOとくとくBB
WiMAX
4,092円
※当サイト限定の30,000円
キャッシュバックキャンペーン
を適用
2位
カシモWiMAX
4,318円
※当サイト限定の18,000円
キャッシュバックキャンペーン
を適用
3位
BIGLOBE
WiMAX
(ビッグローブ
ワイマックス)
4,384円
※当サイト限定の15,300円
キャッシュバックキャンペーン
を適用
4位
Broad WiMAX
(ブロード
ワイマックス)
4,400円
※当サイト限定の10,000円
キャッシュバックキャンペーン
を適用
UQ WiMAX 5,067円
※料金は税込
※上記の実質月額料金は3年間利用した場合の金額

WiMAXプロバイダの
キャンペーン
・総額費用比較

WiMAXプロバイダのキャッシュバックキャンペーン・総額費用を比較します。

WiMAX
プロバイダ
キャッシュバック
キャンペーン
総額費用
1位
GMOとくとくBB
WiMAX
当サイト限定
30,000円
キャッシュバック

キャンペーン
147,307円
2位
カシモ
WiMAX
当サイト限定
18,000円
キャッシュバック

キャンペーン
155,443円
3位
BIGLOBE
WiMAX
当サイト限定
15,300円
キャッシュバック

キャンペーン
162,216円
4位
Broad
WiMAX
(ブロード
ワイマックス)
当サイト限定
10,000円
キャッシュバック

キャンペーン
162,810円
UQ WiMAX キャッシュバックは
ない
192,548円
※料金は税込
※上記の総額は3年間利用した場合の金額

WiMAXのホームルーターを契約する場合、料金が安いGMOとくとくBB・カシモWiMAX・BIGLOBE WiMAXの中から選ぶのがおすすめです。

WiMAXの選び方|GMOとくとくBB・カシモWiMAX・BIGLOBE WiMAXがおすすめ

GMOとくとくBBかカシモWiMAX、BIGLOBE WiMAXのどれかがおすすめ WiMAXプロバイダを実質月額料金で比較した結果、WiMAXの契約はGMOとくとくBB・カシモWiMAX・BIGLOBE WiMAXがおすすめ!ただし、この3社の中では実質月額料金に大差はないため、キャンペーン手続きの手間や支払い方法なども考慮し、自分のニーズに合ったWiMAXプロバイダを選びましょう!

とにかく安くWiMAXを利用したい方はGMOとくとくBB、キャッシュバックの受け取り忘れが心配な方はカシモWiMAX、口座振替で支払いたい方はBIGLOBE WiMAXで契約するのがおすすめです。

まずは、WiMAXのホームルーターを最安で契約できる、GMOとくとくBBのWiMAXプロバイダの詳細情報を確認します。

最安でWiMAXを契約したい方は、GMOとくとくBB WiMAXがおすすめ

おすすめプロバイダ1位「GMOとくとくBB」 GMOとくとくBBは30,000円キャッシュバックキャンペーンで、WiMAXの最新ホームルーター(Speed WiFi HOME 5G L13)を1番安い料金で申し込みできるおすすめプロバイダ!まずはGMOとくとくBB WiMAXのプラン情報をご覧ください。

GMOとくとくBB WiMAXの料金プラン情報
月額料金 契約月(0ヶ月目):
1,089円
(日割りではない)

1ヶ月~12ヶ月目:
3,784円

13~35ヶ月目:
4,334円

36ヶ月以降:
5,104円
キャッシュバック
キャンペーン
30,000円
キャッシュバック

当サイト限定の
キャンペーン特典
端末代金 27,720円
(770円×
36回分割払い)
実質月額料金 4,092円
3年間の
総額費用
147,307円
支払い方法 クレジットカード
端末発送 当日~3日に発送

※料金は税込
※実質月額料金とは、契約期間内の全費用を月割りした、実質的に負担する料金
※上記の実質月額料金は3年間利用した場合の金額


30,000円キャッシュバックは、公式プロバイダ「GMOとくとくBB」と当サイトが提携して実施するキャンペーンで、当記事限定のキャンペーン。プロバイダの公式サイトでは利用できないキャンペーンなのでご注意ください。 17,000円分Amazonギフト券プレゼント!+現金13,000円キャッシュバック
また、GMOとくとくBB WiMAXでは、現金キャッシュバックも実施しており、以下の2種類から選択可能!

GMOとくとくBB WiMAX契約時に利用できるキャンペーン(併用不可)
  • 当サイト限定キャンペーン:Amazonギフト券17,000円分+現金13,000円(合計30,000円キャッシュバック)
  • 他サイトのキャンペーン:現金30,000円キャッシュバック

上記2つのキャンペーンには申請時期や受け取り時期に違いがあり、詳細は下記の表をご覧ください。

GMOとくとくBB WiMAXの
キャッシュバックキャンペーン比較
比較項目 当サイト限定
キャッシュバック
キャンペーン
他サイトの
現金キャッシュバック
キャンペーン
17,000円分
Amazon
ギフト券
キャッシュバック
13,000円
現金
キャッシュ
バック
30,000円
現金
キャッシュ
バック
キャッシュ
バック
受け取り
時期
端末発送月の
翌々月末
端末発送月
から
11ヶ月後
端末発送月から
11ヶ月後
キャン
ペーン
申請期限
契約期間中
(3年間)
いつでも
受付
端末発送月
から
11ヶ月後の
1ヶ月間
端末発送月から
11ヶ月後の
1ヶ月間

現金キャッシュバックは、端末発送月から11ヶ月後に届く案内メールから申し込みが必要です。さらにキャンペーンの申請期限も1ヶ月間だけと、キャッシュバックを受け取れないリスクもあり、注意が必要。

当サイト限定のAmazonギフト券17,000円分キャッシュバック特典は最短翌々月に受け取れます。キャンペーン申請期限も契約期間中はいつでも受け付けているので、現金キャンペーンと比較して早く・確実に受け取れる点で評判の良い、おすすめのキャンペーンです。

【2024年2月29日まで】キャッシュバック増額キャンペーン実施中!

キャッシュバック増額キャンペーン実施中! GMOとくとくBBでは月末8日間限定で、本来のキャッシュバック金額30,000円から1,000円増額されるキャンペーンを実施中!

2024年2月29日23:59までの8日間限定キャンペーンなので、WiMAXの契約を検討中の方はお早めにお申し込みください。

当サイト限定30,000円キャッシュバック実施中 GMOとくとくBB WiMAX
お申し込みはこちら
※申し込み前に必ず利用規約プライバシーポリシーをご確認ください。
※当サイトのキャンペーンは予告なく変更する場合があります。

キャッシュバックの受取までに時間がかかりますが、キャンペーン申請が1回だけで良い現金キャッシュバックキャンペーンを申込みたい方は、こちらからお進みください。

現金キャッシュバック
お申し込みはこちら

GMOとくとくBB WiMAXの評判、他社WiMAXプロバイダと比較したおすすめ理由は、GMOとくとくBB WiMAXの口コミ・評判やキャンペーン最新情報をご覧ください。

キャッシュバックを簡単かつ確実に受け取りたい方はカシモWiMAXもおすすめ

おすすめプロバイダ2位「カシモWiMAX」 カシモWiMAXはキャッシュバックの手続きが簡単で、受け取り忘れるリスクがほとんどない点が特徴。さらに、WiMAXの端末価格は27,720円と高額ですが、カシモWiMAXでは2年間利用すると端末料金を無料で契約可能な点もおすすめのプロバイダです。

カシモWiMAXの料金プラン情報
月額利用料金 契約月(0ヶ月)
:1,408円
1ヶ月目~:4,818円
キャッシュバック
キャンペーン
当サイト限定
18,000円
キャッシュバック
端末代金 27,720円
(1,155円×24回分割払い)
→毎月1,155円割引で、
24ヶ月利用すれば実質無料
実質月額料金 4,318円
3年間の
総額費用
155,443円
支払い方法 クレジットカード
端末発送 当日~3日後に発送

※料金は税込


当サイト経由のカシモWiMAXの申し込みでは、Amazonギフト券18,000円分キャッシュバック特典を利用可能! 当ページ限定特典、14,000円分のAmazonギフト券プレゼント!
GMOとくとくBBで満額のキャッシュバックを受け取るためには申請が2回必要ですが、カシモWiMAXは1回の申請で18,000円のキャッシュバックを受け取れます。

さらに、GMOとくとくBBを含むほとんどのWiMAXプロバイダでは、キャッシュバックの申請に期限がありますが、カシモWiMAXでは契約中であればいつでも申請可能!キャッシュバックを簡単かつ確実に受け取りたい方は、カシモWiMAXがおすすめです。

キャッシュバックの受け取りが簡単

カシモWiMAXの当サイト限定
キャッシュバック申し込みページへ

※申し込み前に必ず利用規約プライバシーポリシーをご確認ください。
※当サイトのキャンペーンは予告なく変更する場合があります。
カシモWiMAXの評判や口コミ、他社WiMAXプロバイダと比較したおすすめ理由はカシモWiMAX(カシモワイマックス)の最新キャッシュバックキャンペーン情報をご覧ください。

ホームルーターを口座振替で支払いたい方にはBIGLOBE WiMAXがおすすめ

15,300円キャッシュバック!
BIGLOBE WiMAXは、L13を契約できるWiMAXプロバイダの中でGMOとくとくBB・カシモWiMAXに次ぐ安さ!BIGLOBE WiMAXは口座振替ができることがメリットで、お得にホームルーター(置くだけWiFi)に乗り換えたい方におすすめのプロバイダです。

おすすめ1位のGMOとくとくBBと2位のカシモWiMAXでは、口座振替ができません。口座振替ができるWiMAXプロバイダは、BIGLOBE WiMAX以外にBroadWiMAXやUQ WiMAXがあるものの、口座振替できるプロバイダの中で料金が最安なのがBIGLOBE WiMAX。

工事不要・自宅に置くだけでインターネットを使えるホームルーターを、口座振替かつお得に契約したい方は、おすすめホームルーター・WiMAXをBIGLOBE WiMAXのキャッシュバックキャンペーンで申し込みましょう。

BIGLOBE WiMAX
お申し込みはこちら

BIGLOBE WiMAXの評判、おすすめの理由をより詳しく知りたい方、BIGLOBE WiMAXの口コミ・評判やキャンペーン最新情報をご覧ください。

おすすめ2位はドコモ(docomo)home 5G~速度重視の方におすすめ

ドコモのホームルーター「docomo home5G」 ドコモのホームルーター・docomo home 5Gは5G通信対応・下り最大速度4.2Gbpsで最速のホームルーター(置くだけWiFi)として評判!通信速度を重視するならドコモのhome 5G機種がおすすめです。

まずはドコモ home 5Gの端末である、HR02のスペックを見ていきましょう。

ドコモのホームルーターの
料金プラン・キャンペーン特典情報
ホームルーター
端末名
docomo home 5G
HR02
通信速度 下り最大速度4.2Gbps
上り最大速度1.7Gbps
利用可能回線 ドコモ 5G回線
ドコモ 4G LTE回線
データ容量 無制限
(※直近3日間のデータ利用量が
特に多いと、
速度が制限される可能性あり)
月額料金 4,950円
端末代金 71,280円
→ 分割で-71,280円※1
通信端末の
特長や機能
・ビームフォーミング機能搭載※2
・Wi-Fi EasyMeshTMに対応※3
・最適なアンテナ選択による5G高速通信機能
・ビームフォーミング機能搭載
同時接続台数 Wi-Fi接続時:64台
有線LAN:2台
端末発送 在庫があれば即時発送

※料金は税込
※1 月々サポートにより36ヶ月のドコモhome5Gの端末料金が毎月割引されます。
※2 WiFi対応機器を検知して、通信機器のある方向に集中し電波を送信する技術のこと。 ※3 電波が届くネットワークが広がる仕組みで、通信環境が安定します。


ドコモのhome 5Gは、WiMAX同様に最大速度が4.2Gbpsとホームルーター機種の中で最速を誇ります。WiMAXより実際に使った際の目安となる「実測値」が速いため、最速のホームルーターを契約したい方にドコモhome 5Gがおすすめ。

広範囲で使えるドコモ回線(4G LTE回線や5G回線)を無制限で使えるため、スペック重視の方にとっても満足度が高い端末です。

ドコモのhome 5Gは端末代金が高額であるものの、3年利用を前提とする月々サポートで実質無料です。ドコモ home 5Gも契約できる代理店がたくさんありますが、おすすめの契約先はGMOとくとくBBか、ドコモオンラインショップのどちらか。それぞれどのような人におすすめなのか、理由の詳細も見ていきましょう。

home 5GはGMOとくとくBBかオンラインショップでの契約がおすすめ

ドコモのホームルーターを契約するなら、ドコモショップ(店舗)ではなく、GMOとくとくBBか、ドコモオンラインショップでの申し込みがおすすめ。どちらのキャッシュバックキャンペーンも、他社と比較して高額と評判です!

home 5Gのおすすめ申し込み窓口3選
おすすめ窓口 キャンペーン内容 還元額 実質月額料金 3年間の
総額費用
GMOとくとくBBGMOとくとくBBのロゴ 20,000円分の
Amazon
ギフト券
プレゼント
20,000円 4,516円 167,074円
ドコモ
オンライン
ショップdocomo online shop_logo
①15,000円分の
dポイント
プレゼント

②事務手数料
3,850円が
無料
18,850円
(①+②)
4,547円 168,224円
NN
コミュニケーションズNNコミュニケーションズのロゴ
15,000円の
現金
キャッシュ
バック
15,000円 4,651円 172,074円

最安でhome 5Gを契約したいならGMOとくとくBB

GMOとくとくBBのキャンペーン とにかく安くドコモのホームルーターhome 5Gを契約したい方には、「GMOとくとくBB」です。GMOとくとくBBで申し込むと、20,000円のAmazonギフト券がキャッシュバックされます。

次に紹介するドコモオンラインショップの還元額は18,850円なので、GMOとくとくBBの方が1,150円高くなる上に、Amazonギフト券でのキャッシュバックなので使い道が豊富になります。

最安で申し込みたい方、還元額よりも使い道の豊富さを選びたい方にはGMOとくとくBBがおすすめです。

20,000円分還元! Amazonギフト券がもらえる
GMOとくとくBBで申し込む

GMOとくとくBB最大のメリットは、最安で契約できること。ドコモのホームルーターをとにかく安く契約したい方におすすめです。

ただし、home 5GをGMOとくとくBBで契約する場合、自宅に届く申込書類キットに記入をした後、GMOとくとくBB宛てに返送する必要があります。そのため、申込みから端末が手元に届くまで、約2週間かかってしまうのがデメリット。

次に紹介するドコモオンラインショップでhome 5Gを契約すれば、端末は最短3日で届きます。ドコモオンラインショップの詳細を解説していきます。

より早く端末を受け取りたいならドコモオンラインショップ

ドコモオンラインショップのキャンペーン お得に購入しつつ、ドコモのホームルーターhome 5Gの端末をより早く受け取ってインターネットをすぐに使いたい方には「ドコモオンラインショップ」がおすすめです。

home 5Gを最安で契約できるGMOとくとくBBと、実質月額料金を比較しても、わずか31円しか変わらないので、端末を早く受け取りたい方はドコモオンラインショップで契約するのがおすすめです。

ドコモオンラインショップで実施するキャンペーンは以下のとおり。

①15,000円分のdポイントプレゼント
②事務手数料3,850円が無料

ドコモオンラインショップで契約すると、キャンペーンで18,850円が還元されます!(①+②)

オンラインで契約できる窓口と比較して、ドコモオンラインショップの還元額はGMOとくとくBBと同レベルで高額です。

また、GMOとくとくBBなど、他の申し込み窓口で契約すると、書類の提出などが必要です。しかし、ドコモオンラインショップでは書類の提出は不要で、WEB申し込みだけで簡単に契約することができます。端末も最短3日で届くため、ドコモオンラインショップは端末の到着が早いのもメリット。すぐにWiFi環境を整えたい方におすすめです。

18,850円分還元! 端末をすぐ受け取れる
ドコモhome 5Gの
申し込みはドコモオンラインショップ!


ドコモ home 5G HR02の評判、端末レビュー、速度計測の結果をより詳しく知りたい方、 home 5G HR02の口コミ・評判や速度計測結果をご覧ください。

2023年7月より「home 5G U29デビュー割」が開始
home 5G U29デビュー割 ドコモのホームルーターでは、満29歳以下の方限定で、条件を満たせば最長12ヶ月間の月額料金が4,950円から3,190円まで割引される「home 5G U29デビュー割」を実施中!

「home 5G U29デビュー割」の適用条件などの詳細は、以下の通りです。

home 5G U29デビュー割の詳細
適用対象 「home 5G プラン」を
新規契約した
満29歳以下
の方
キャンペーン
内容
1ヶ月の利用データ量が
30GB以下の月は、
月額料金が4,950円から
3,190円まで割引
(最長12ヶ月間)
キャンペーン
開始日
2023年7月1日~

※月間データ利用量が30GB超の場合、当該月において割引は非適用。


本キャンペーンを12ヶ月間適用した場合、通常と比べて総額21,120円も安く契約できます!29歳以下の方で、スペックの高いhome 5Gを安く契約したい方におすすめのキャンペーンです。このキャンペーン適用して、home 5Gを契約したい方は、こちらからお申込みください!

home 5G U29デビュー割の
お申込みはこちら

おすすめ3位はソフトバンクエアー(SoftBank Air)~できるだけ安く契約したい方におすすめ

ソフトバンクのホームルーター「Softbank Air」 ソフトバンクエアーは、他社と比較して安い料金がおすすめのホームルーター。おすすめ3社の中で唯一レンタルできることもメリットのホームルーターです。

最大通信速度が2.1Gbpsと、WiMAX・home5gと比べて半分の速度のうえ、夜間に速度制限がかかることが多いホームルーターですが、値段重視の方にはおすすめのホームルーターです!

ソフトバンクエアーで扱う端末の詳細は以下のとおり。

ソフトバンクエアーの
料金プラン・キャンペーン特典情報
ホームルーター
端末名
Airターミナル5 Airターミナル4/
4 NEXT
通信速度 下り最大速度
2.1Gbps
下り最大速度
612Mbps
対応回線・
エリア
ソフトバンク
4G回線
ソフトバンク
5G回線
ソフトバンク
4G回線
データ容量 無制限
(※利用容量に関わらず夜間に
通信速度制限の可能性も)
月額料金 5,368円 5,369円
+539円
(レンタル料金)

※料金は税込


ソフトバンクエアーは、端末購入の場合にAirターミナル5、端末レンタルの場合にAirターミナル4/4 NEXTが使えます。端末レンタルでは、最新機種で5G対応のAirターミナル5は契約できませんので、ご注意ください。

ソフトバンクエアーで扱う端末の詳細の次に、他のホームルーターとおすすめの契約先を見ていきましょう。

モバレコエアーのキャッシュバック額は最高額で契約におすすめ

ソフトバンクエアーもたくさんの販売代理店があります。ただ、ソフトバンクの公式プロバイダ・モバレコAir(モバレコエアー)の34,000円キャッシュバックキャンペーンを使い、ソフトバンクエアーを1番安い料金で申し込みできます!

ソフトバンクエアー契約窓口のキャンペーン・実質月額料金を比較した表をご覧ください。

ソフトバンクエアー契約窓口 キャッシュバックキャンペーン 実質月額料金
モバレコエアー 34,000円
キャッシュバック+
月額割引
2,912円
ソフトバンク
公式サイト
47,000円 4,000円
ブロードバンド
ナビ
47,000円 4,100円
ネクスト 45,000円 4,140円
アウンカンパニー 45,000円 4,140円
エヌズカンパニー 45,000円 4,140円
エース 36,000円 4,220円
エージェント 35,000円 4,240円
ポケットモバイル 35,000円 4,240円
LifeBank 25,200円 4,436円
STORY 25,200円 4,436円
eCALL 39,600円 4,576円
Wiz 15,000円 4,640円

上記の代理店で契約できる端末・対応エリア・通信速度は全く同じ。そのため、料金が安い代理店での契約がおすすめ。モバレコエアーの実質月額料金は2,912円と圧倒的に安いため、ソフトバンクエアーをお得に契約したいならモバレコエアーがおすすめ!

以下より、モバレコエアーの公式サイトをご覧いただけますので、ぜひご覧ください!

モバレコエアーの
お申し込みはこちら


以上が当サイトおすすめのホームルーターでした。次にホームルーターで重視される項目(料金や速度、データ容量)ごとに比較した結果をご紹介します。総合評価だけでなく、各項目で気になるホームルーターの評価を知りたい方は引き続きご覧ください!

ホームルーター(置くだけWiFi)を料金・速度・データ容量・契約期間の条件別で徹底比較

2024年2月現在、契約できるホームルーター(置くだけWiFi)は次の4機種。

  • WiMAX(au)の最新ホームルーター「Speed WiFi HOME 5G L13」
  • ドコモのホームルーター「home 5G」
  • ソフトバンクエアー「Airターミナル4 NEXT」
  • ソフトバンクエアー「Airターミナル5」

  • ※auのホームルーターはWiMAXと同じため割愛

上記のホームルーターを料金・通信速度・データ容量・契約期間で比較し、2024年2月最新のおすすめを確認します。

【2024年2月最新】WiMAX・ドコモ・ソフトバンクのホームルーター(置くだけWiFi)の比較表

2024年2月最新のWiMAX(au)・ドコモ・ソフトバンクのホームルーター比較表をご覧ください。下記の通りホームルーター(置くだけWiFi)は料金や通信速度に大きな違いがあります。

比較
項目
WiMAX(au)の
ホームルーター
ドコモの
ホームルーター
ソフトバンクのホームルーター
端末 WiMAX Speed Wi-Fi HOME 5G L13の端末イメージ画像 ドコモホーム5g HR02の端末イメージ画像 Softbank Air ターミナル4 NEXTの端末イメージ画像 Softbank Air ターミナル5の端末イメージ画像
端末名 Speed
Wi-Fi
HOME
5G L13
docomo
home 5G
HR02
SoftbankAir
ターミナル4
NEXT
SoftbankAir
ターミナル5
実質
月額
料金

4,092円

4,547円

4,736円

2,912円
下り
最大
通信
速度

最大
4.2
Gbps

最大
4.2
Gbps

最大
612
Mbps

最大
2.1
Gbps
データ
容量

無制限
(消費量が
過剰な場合
制限)

無制限
(消費量が
過剰な場合
制限)

無制限
(夜間制限の
可能性あり)

無制限
(夜間制限の
可能性あり)
対応
回線
エリア
WiMAX
・au 4G LTE
・au 5G
docomo 4G
・docomo 5G
SoftBank 4G
・SoftBank 5G
SoftBank 4G
・SoftBank 5G
無料
解約
36ヶ月後 36ヶ月後 36ヶ月後 36ヶ月後

※実質月額料金は、月額料金・初期費用・ホームルーター端末価格を含む総額費用から、割引やキャッシュバックキャンペーンを引き、契約期間で割った平均月額料金。


ホームルーターの実質月額料金比較で1番安い端末は、ソフトバンクのSoftbankAir ターミナル5。また、ホームルーターの速度比較で1番速い端末はドコモのdocomo home 5Gと、WiMAXのSpeed WiFi HOME 5G L13です。

WiMAXのホームルーターL13は、通信速度も光回線並みと、快適にインターネットを利用できるうえ、ドコモ home 5Gほど月額料金が高額でないため、おすすめです。

つまり、L13は料金と速度のバランスが良いおすすめホームルーターと言えるでしょう。

料金比較・速度比較でおすすめのホームルーター

以下、比較項目別(料金・通信速度・データ容量・契約期間)に詳細にホームルーターのサービスを比較します。比較項目別のおすすめホームルーターは下記より確認できます。


では1つずつ詳細を確認していきましょう。

料金比較~1番安いおすすめホームルーター機種はソフトバンクエアー

比較ポイント①実質月額料金 料金重視でホームルーター(置くだけWiFi)を選びたいなら、2024年2月の実質月額料金の比較で1番安いソフトバンクのホームルーター「Airターミナル5」がおすすめ。以下、ソフトバンクのホームルーターと他社ホームルーターの料金を比較・確認します。

WiMAX・ドコモ home 5G・ソフトバンクエアー端末の実質月額料金を比較

ホームルーター(置くだけWiFi)の料金比較で重要なのは、月額料金だけでなく契約にかかる全費用の比較。ホームルーター端末費用・初期手数料・月額料金・キャンペーン(月額割引やキャッシュバック)を比較して、総額料金が最も安いホームルーターのサービスがおすすめです。

具体的には下記の計算式で算出した実質月額料金を比較します。

実質月額料金の支払い方法 では、WiMAX・ドコモ home 5G・ソフトバンクエアー端末を実質月額料金で比較した表をご覧ください。

おすすめホームルーターの料金比較
比較項目 WiMAX Speed
Wi-Fi HOME 5G
L13※1
docomo
home 5G
HR02
ソフトバンクエアー
Airターミナル4 NEXT
ソフトバンクエアー
Airターミナル5
初期
手数料
3,300円 無料 3,300円 3,300円
端末価格 27,720円 HR02:71,280円
→キャンペーンで無料
59,400円
→キャンペーンで無料
71,280円
→キャンペーンで無料
月額料金 契約月(0ヶ月):
1,089円
(日割りではない)
1ヶ月~12ヶ月目:
3,784円
13~35ヶ月目:
4,334円
36ヶ月以降:
5,104円
4,950円 1~2ヶ月:2,706円
3~24ヶ月:4,218円
25ヶ月目以降:5,907円
1ヶ月目:1,320円
2~12ヶ月目:3,080円
13~36ヶ月目:4,180円
37ヶ月目以降:5,368円
キャンペーン 30,000円
キャッシュバック
dポイント
15,000pt
キャッシュバック

ドコモスマホ
とのセット割引
ソフトバンクスマホ
とのセット割引
34,000円
キャッシュバック

ソフトバンクスマホ
とのセット割引
契約期間の
総額費用
147,307円
(3年間)
168,224円
(3年間)
113,652円
(3年間)
104,820円
(3年間)
実質
月額料金
4,092円 4,547円 4,736円 2,912円

※料金は税込
※1.GMOとくとくBB WiMAXで契約した場合


ホームルーターの実質月額料金を比較した結果、ソフトバンクのAirターミナル5端末が実質月額料金2,912円で安いおすすめホームルーター。

WiMAXのホームルーターも実質月額料金が4千円台と比較的安いですが、ソフトバンクエアーと比較してWiMAXの実質月額料金は高いです。格安料金でホームルーターを使いたい場合はソフトバンクのAirターミナル5端末がおすすめ!

ホームルーターの料金比較結果、安いおすすめ端末はソフトバンクのホームルーター
インターネット回線費用を節約したいなら、ソフトバンクのホームルーター「Airターミナル5」が格安料金でおすすめ!端末価格無料・キャッシュバック・スマホセット割引などのキャンペーンで安くホームルーターを契約できます。

最安のホームルーター
ソフトバンクエアーの詳細を
見る

インターネット回線費用を節約できると評判のソフトバンクエアーですが、快適にインターネットを使える回線速度なのかも気になるところ。続いて、WiMAX(au)・ドコモ・ソフトバンクのホームルーターを通信速度で比較します。高速な速度でインターネット回線を使えるおすすめホームルーターを確認ください。

速度比較~ドコモのhome 5Gは実測値200Mbps越えでゲームも快適にできると評判

比較ポイント②通信速度 ホームルーター(置くだけWiFi)の通信速度を比較して速度が速いおすすめホームルーターを確認しましょう。速度比較のポイントはルーターの最大通信速度・実測速度の比較。

ホームルーターの実測値比較で、ドコモのhome 5Gは実測値200Mbps越えでゲームも快適にできると評判です。実際に速度の比較結果とおすすめホームルーターを確認しましょう。

WiMAX(au)・ドコモ・ソフトバンクエアーのホームルーターを通信速度で比較

WiMAX(au)・ドコモ・ソフトバンクエアーのホームルーターを平均速度で比較していきます。編集部がWiMAX(au)・ドコモ・ソフトバンクエアーのホームルーターを実際に計測し、平均を算出しました。

それでは、実測値の平均速度を比較した表をご覧ください。

ホームルーターの平均速度比較
ホーム
ルーター
比較項目
WiMAX
Speed
Wi-Fi HOME 5G
L13
ドコモ
home 5G
HR02
ソフトバンクエアー
下り
通信速度
191.8Mbps 268Mbps 265Mbps
上り
通信速度
11.04Mbps 3.49Mbps 17.18Mbps
接続回線 WiMAX2+
回線
au 4G LTE
回線
au 5G回線
docomo
4G/5G回線
Softbank
4G/5G回線

ホームルーターの実測値を比較した結果、速度が1番速い端末はドコモのホームルーター・home 5G機種。ドコモのホームルーターは速度実測値200Mbps越えで、オンラインゲームでも快適な速度でインターネットを使えると評判のおすすめホームルーターです。

なお、ドコモのホームルーターは下り最大通信速度4.2Gbpsと、ソフトバンクエアーと比較して約2倍の速度。通信速度を重視してWiFiルーターを選ぶならドコモのホームルーター・docomo home 5G機種がおすすめです。

ただしオンラインゲームに必要な通信速度は30Mbps程で、WiMAX(au)・ソフトバンクのホームルーターでも快適な速度でインターネットを利用できます。

ここからは、通信速度が最速であるドコモの通信速度について詳細レビューをします!最新端末home 5G HR02と旧端末HR01を契約して、実際の通信速度を計測して、結果を比較しました。 HR01とHR02を契約した様子

※実際に契約したHR01とHR02の様子


速度条件と計測結果は下記のとおり。

速度計測の条件
  • 場所:東京23区内(5Gエリア内)
  • 端末:iPhone11 Pro
  • 時間帯:午後4~6時
速度計測結果(単位はMbps)
端末名 home5G HR02 home5G HR01
下り速度
(Mbps)
268 46.36
上り速度
(Mbps)
3.49 2.21

5回の計測結果を見る
(※クリックで開きます)
home 5G HR02の通信速度結果
home 5G HR01の通信速度結果

home 5G HR02の通信速度の結果、268Mbpsと光回線並みの通信速度となりました。旧機種HR01と比較して6倍近くも高速だったため、より安定・快適にインターネットを使えることがわかりますね。

速度比較ではおすすめだが、ドコモは高い実質月額料金がデメリット

ドコモのホームルーター(置くだけWiFi)は他社と比較して高い実質月額料金がデメリットで、料金を重視する方におすすめしづらいです。WiMAXはドコモと比較して料金が安い上、安定した通信速度でインターネットを使えるホームルーターです。

ソフトバンクのホームルーターは速度が不安定との評判がデメリット

ソフトバンクのホームルーター(置くだけWiFi)は他社と比較して「速度が遅いこともある・不安定」との評判がデメリットで、おすすめしづらい理由です。「急に回線に接続しづらくなる」「特定の時間帯に回線速度が遅い」などのソフトバンクエアーの評判から、ドコモ・WiMAXと比較してソフトバンクエアーは速度が不安定になりやすいと考えられます。

今回実施した実測値の計測では、ソフトバンクエアーのホームルーターの速度は速い結果とありました。ただ、「遅い・不安定」という評判・口コミに加えて、最大通信速度も他社より劣るため、速度重視の方にはおすすめできません。

ホームルーターの速度比較の結果、高速でおすすめの端末はドコモのhome 5G
実測値を見るとドコモ・ソフトバンク・WiMAX(au)のホームルーターは快適な速度でインターネットを利用できるおすすめ端末。ドコモのhome 5G機種は速度が高速ですが、他社と比較して実質月額額料金が高いことに注意。またソフトバンクエアーは回線速度が遅い・不安定な点に注意が必要です。

最速のホームルーター
ドコモhome 5Gの詳細を見る

次にインターネットを快適に利用する上で、速度と同じくらい重要なデータ容量・通信制限を比較します。データ容量も比較しておすすめホームルーターを選びましょう。

データ容量比較~WiMAX・ドコモ・ソフトバンクは無制限に使える機種

比較ポイント③データ容量 工事不要で自宅に置くだけでインターネットを利用できるホームルーター(置くだけWiFi)ですが、十分なデータ容量かは気になるところ。

WiMAX・ドコモ・ソフトバンクのホームルーターをデータ容量で比較し、通信制限を気にせず使えると評判のおすすめホームルーター機種を解説します。

WiMAX(au)・ドコモ・ソフトバンクエアーのホームルーターを通信制限で比較

WiMAX(au)・ドコモ・ソフトバンクのホームルーター(置くだけWiFi)はデータ容量無制限で使える機種ですが、完全無制限ではなく一定の通信制限があります。

ホームルーターの通信制限内容を詳細に比較しましょう。

ホーム
ルーター
データ容量(通信制限) 制限時の通信速度
WiMAX
(au)
無制限
(大量通信時には速度制限が
かかる場合あり)
1Mbps
ドコモの
ホーム
ルーター
無制限
(直近3日間のデータ利用量が特に多いと、
速度が制限される可能性あり)
明記されていない
ソフト
バンクの
ホーム
ルーター
無制限
(利用容量に関わらず、
夜間混雑帯に通信速度が
制限される可能性あり)
明記されていない

ホームルーターのデータ容量比較では、WiMAX(au)・ドコモの場合はデータ使用量が多いと速度制限がかる一方、ソフトバンクエアーの場合は夜間混雑時に速度制限がかかる可能性があります。

また通信制限中の回線速度を比較すると、WiMAX(au)のホームルーターは制限中も1Mbpsの速度で利用でき、SNSやWEBサイト閲覧が可能です。

一方、ドコモ・ソフトバンクのホームルーターの場合は制限中の回線速度が明記されておらず、インターネットを利用できない速度となる可能性があります。

このように、WiMAX(au)は大容量通信時に速度制限がかかる可能性があるものの、通信制限時も1Mbpsの速度が出てインターネットを使えるおすすめのホームルーター機種です。

ホームルーターのデータ容量の比較結果、WiMAXは通信制限が緩くておすすめ
WiMAX(au)・ドコモ・ソフトバンクエアーのホームルーターは、基本的にデータ容量無制限でインターネットを利用できますが、どれも一定の制限が存在します。

比較してWiMAX(au)のホームルーターは通信制限時でも回線速度1Mbpsでインターネットを使えるためおすすめ。

速度制限が緩いホームルーター
WiMAXの詳細を見る

最後に、ホームルーターの契約期間と解約費用を比較します。契約内容で損をしないためにも、WiMAX(au)・ドコモ・ソフトバンクエアーのホームルーター端末の契約期間と解約費用も比較・確認ください。

契約期間・解約費用比較~WiMAXの2年プランは一人暮らしにもおすすめ

比較ポイント④契約期間・解約費用 契約期間が短いホームルーター(置くだけWiFi)のプランは、マンションの契約期間にあわせて2年間インターネット回線を契約したい方・一人暮らしで引越しを予定している方におすすめです。また、契約期間が短いことで最新ルーターに早く乗り換えられるメリットもあります。

ここでは、WiMAX・ドコモ・ソフトバンクエアーのホームルータープランの契約期間・解約費用を比較して、おすすめのホームルーターを解説します。

WiMAX(au)・ドコモのhome 5G・SoftbankAirの契約期間や解約費用を比較

ホームルーター(置くだけWiFi)の契約期間・解約費用の比較表をご覧ください。

ホームルーター
比較項目
WiMAX(au)の
ホームルーター
Speed WiFi HOME 5G
L13
docomo
home 5G HR02
SoftbankAir
ターミナル4NEXT
SoftbankAir
Airターミナル5
契約期間 2年(自動更新なし) 契約期間なし 契約期間なし 契約期間なし
解約違約金 多くのプロバイダで違約金なし 違約金なし 違約金なし 違約金なし
その他の解約費用 ホームルーター端末代残債
(770円×残月分)
36ヶ月契約後は無料
2年で解約時の残債は
9,240円
ホームルーター端末代残債
(1,980円×残月分)
36ヶ月契約後は無料
2年で解約時の残債は
23,760円
端末はレンタルのみ可能。
購入でないため
端末代残債は発生しない。
ホームルーター端末代残債
(1,980円×残月分)
36ヶ月契約後は無料
2年で解約時の残債は
23,760円

契約期間の比較では、WiMAXの契約期間が2年間である一方、ドコモとソフトバンクのホームルーターは契約期間縛りなしです。契約期間縛りがないと解約違約金も発生しないため、ドコモとソフトバンクのホームルーターはおすすめなように見えます。

しかし、比較表の「その他の解約費用」の通り、WiMAX・ドコモ・ソフトバンクの端末はすべて、3年以内の解約でホームルーター端末代残債が発生します。

以上を踏まえると、WiMAX・ドコモ・ソフトバンクの実質的な契約期間は3年間です。3年以内にホームルーターを解約する場合は解約費用が発生します。

契約期間の比較結果、ドコモ・WiMAX・ソフトバンクのホームルーターは実質3年契約
WiMAX・ドコモ・ソフトバンクのホームルーターは3年以内の解約で端末価格の残債が発生し、どれを選んでも実質的な契約期間は変わりません。

次にそもそもホームルーター(置くだけWiFi)のメリットとデメリットについて解説します。

そもそも自分がホームルーターを契約すべきか悩む方もいるでしょう。同類のインターネット回線である光回線とポケット型WiFiと比較しながら、メリットとデメリットについて解説します。次の項目を読むことで、ホームルーターを契約すべきかどうか決められるでしょう。

ホームルーター(置くだけWiFi)のメリットとデメリット~ポケット型WiFiや固定回線と比較した違いとは

他のインターネット回線と比較したホームルーターのメリット ホームルーターとは、工事不要で自宅に置くだけでインターネットを使える製品で、据え置き型WiFiルーターとも呼ばれ、自宅の固定回線工事ができない方や引っ越しの多い方から人気のサービスです。

特にWiMAX・ソフトバンク・ドコモ・auで契約できる5G回線対応のホームルーター(置くだけWiFi)は固定回線と比較して速度が高速な上、全国エリア対応が評判です。

他のインターネット回線(モバイルルーターやポケット型WiFi、固定・光回線サービス)を比較した違いや、ホームルーターのおすすめ理由を詳細に解説します。

ホームルーターは回線工事不要・自宅に置くだけでインターネットを利用可能

ホームルーター(置くだけWiFi)は回線工事不要の自宅用インターネット回線ですが、固定・光回線サービスや持ち運び可能なポケット型WiFi・モバイルWiFiルーターと比較してホームルーターは契約におすすめでしょうか。

下記のインターネット回線比較表でホームルーターのメリット・デメリットを確認します。

インターネット回線の比較表
比較項目 ホーム
ルーター
ポケット型
WiFi
(モバイル
WiFi)
固定回線
光回線
月額
利用料金
比較的安い
(3千円~
5千円台)
比較的安い
(3千円~
5千円台)
比較的高い
(4千円~
6千円台)
工事の有無 工事不要 工事不要 工事が必要
下り最大
通信速度

(4G回線:
1Gbps
5G回線:
2~4Gbps)

(4G回線:
1Gbps
5G回線:
2~4Gbps)

(1~2Gbps)
対応エリア 全国エリア 全国エリア エリアが
限定的な
固定回線
・光回線もあり
通信制限
(データ
容量)
持ち運び
可能か
× ×

固定・光回線サービスと比較してホームルーターは工事不要がメリット

ホームルーター(置くだけWiFi)は固定・光回線サービスと比較して工事不要・自宅に置くだけでインターネットを利用可能な点がメリット。固定回線と比較して手軽に自宅用インターネット回線を導入できておすすめです。

なお、ホームルーターは固定回線と比較して速度が遅いイメージがありますが、最新のホームルーター機種は5G通信対応・最大速度2Gbps~4Gbpsで、固定回線と同様に速い速度でインターネットを利用できます。

固定回線や光回線の工事ができないエリアにも、全国エリア対応のホームルーターはおすすめです。

ポケット型WiFi・モバイルWiFiルーターと比較してホームルーターは通信速度がおすすめ

ホームルーター(置くだけWiFi)はポケット型WiFi・モバイルWiFiルーターと比較して、通信速度がメリットです。

なお、ホームルーターはポケット型WiFi・モバイルWiFiルーターのように持ち運びできませんが、外出先のインターネットはスマホで十分な方ならホームルーターがおすすめです。

ポケット型WiFiやモバイルWiFi、固定回線と比較したホームルーターのおすすめ理由
  • 固定回線と比較して、ホームルーターは工事不要・自宅に置くだけでインターネット回線を使える点でおすすめ
  • ホームルーターはポケット型WiFi・モバイルWiFiルーターと比較して通信速度が速い

一方、光回線やポケット型WiFi・モバイルWi-Fiに劣っている点もあるのでデメリットを解説します。

無制限ではない・応答速度(ping値)が遅いためオンラインゲームには不向き

光回線・ポケット型WiFiと比較してのデメリットは、以下2点。

水道水補充型のデメリット
  • 光回線(固定回線)と比較して完全無制限ではなく、応答速度が遅い
  • ポケット型WiFi・モバイルWi-Fiと比較すると持ち運びができない
詳細を見ていきましょう。

光回線(固定回線)と比較して完全無制限ではなく、応答速度が遅い

ホームルーター(置くだけWiFi)は固定・光回線サービスと比較すると、完全無制限ではなく、速度制限がかかる可能性があります。人気ホームルーターはドコモ、WiMAX、ソフトバンクエアーですが、いずれも混雑時や大量のデータ消費時に速度制限がかかると公式サイトに明記されています。

口コミや評判では、大量にデータ消費したものの速度制限がかからなかったという声を見受けられますが、速度制限がかかる可能性があることは覚えておきましょう。速度制限にかかることを気にせずインターネットを利用したい方は光回線がおすすめです。

ポケット型WiFi・モバイルWi-Fiと比較すると持ち運びができない

ホームルーター(置くだけWiFi)は、ポケット型WiFi・モバイルWi-Fiとは違い、端末本体にバッテリーが搭載されていないため、持ち運びができません。 会社によっては登録住所以外の利用ができるので、自宅とオフィスで使うなどというように、コンセントがある場所であれば複数箇所で利用可能です。

ただ、電車の中といったコンセントを使えない場所での利用はできないため、外出中にも使いたい方はポケット型WiFi・モバイルWiFiも検討しましょう。

ポケット型WiFiやモバイルWiFi、固定回線と比較したホームルーターのデメリット
  • 光回線(固定回線)と比較して完全無制限ではなく、応答速度が遅い
  • ポケット型WiFi・モバイルWi-Fiと比較すると持ち運びができない

以上、ホームルーターと他のインターネット回線(モバイルWiFi・ポケット型WiFi・固定回線)を比較し、ホームルーターのおすすめ理由やメリット・デメリットを解説しました。

まとめ 〜GMOとくとくBBが速度と料金のバランスがよくておすすめ〜

ホームルーター比較のまとめ ホームルーター(置くだけWiFi)は回線工事が必要ない自宅用WiFiルーターとして評判です。この記事では、最新ホームルーターを実質月額料金・速度・通信制限・契約期間で比較し、おすすめランキングを紹介しました。総合比較で1番おすすめのホームルーターは、WiMAXのSpeed Wi-Fi HOME 5G L13です。

WiMAXのおすすめ理由まとめ~容量無制限のギガ放題プラスプランが評判

WiMAXのホームルーターSpeed Wi-Fi HOME 5G L13に対応する料金プランはギガ放題プラスプランで、データ容量無制限が評判のプランです。以下、おすすめランキング1位・WiMAXのホームルーターのギガ放題プラスプランのポイントを解説します。
WiMAXは料金・速度の
バランスが良い
WiMAXのホームルーターは5G通信対応エリアで下り最大速度4.2Gbpsと速度が速い上、ギガ放題プラスプランの実質月額料金が4,092円と安いホームルーターで、料金と速度を妥協したくない方におすすめ。

(WiMAXと比較してドコモのホームルーターは料金が高く、ソフトバンクのホームルーターは速度の評判が悪い点がデメリットでおすすめしづらい理由です)
WiMAXはデータ容量が無制限
WiMAXはデータ容量無制限のギガ放題プラスプランを契約可能。WiMAXと他社ホームルーターを通信制限で比較し、ドコモ・ソフトバンクも無制限で使えるホームルーターで、大きな違いはありません。

なお大容量通信時にはどのホームルーターも一定の速度制限がかかります。WiMAXは通信制限後の速度が1Mbpsと他社と比較して速い点でおすすめのホームルーター。
WiMAXの解約費用は
他のホームルーターと
比較して安い
ホームルーターの実質的な契約期間(完全無料で解約できるまでの期間)は、WiMAXも他のホームルーターも3年間で、契約期間を比較して違いはありません。

ただし、3年以内でホームルーターを解約する場合、WiMAXの解約費用が他社と比較して安いため、3年以内に解約する可能性がある場合はWiMAXがおすすめです。

ホームルーター選びで重要な料金・速度・通信制限(データ容量)・契約期間を比較して、おすすめはWiMAXのホームルーター。工事不要・自宅に置くだけでWiFiを使えるホームルーターをお探しの方におすすめのWi-Fiルーターです。

WiMAXを最安で申し込みたいなら、GMOとくとくBBがお得でおすすめ!当サイト限定キャンペーンにより、30,000円を受け取れます。さらに、当サイト限定キャンペーンであれば、Amazonギフト券17,000円分を最短翌々月に受け取り可能!。キャンペーン申請期限も契約期間中はいつでも受け付けているので、現金キャンペーンと比較して早く・確実に受け取れる点がメリットです!

当サイト限定キャンペーンの契約方法はこちらからご確認ください。

当サイト限定30,000円キャッシュバック実施中 GMOとくとくBB WiMAX
お申し込みはこちら
※申し込み前に必ず利用規約プライバシーポリシーをご確認ください。
※当サイトのキャンペーンは予告なく変更する場合があります。

また、申し込みするホームルーター端末(置くだけWiFi)を迷う場合は下記の方法で選ぶのもおすすめ。

  • スマホとのセット割引があるホームルーター機種を申し込み
  • 地方でも回線が繋がりやすいホームルーター機種を申し込み

以下で詳しく解説します。

スマホとのセット割引がある機種を申し込み

ドコモ・ソフトバンクのホームルーター(置くだけWiFi)は、スマホとのセット申し込みで割引を受けられます。スマホのセット割引はスマホ月額料金が毎月最大1,100円割引されるキャンペーン!

ドコモのホームルーター・docomo home 5Gは他社と比較して高額ですが、スマホセット割引を使い安く契約できます。ドコモのスマホをお使いなら通信速度の速いdocomo home 5G機種をセット割引で安く契約するのがおすすめです。

ドコモのホームルーターをセット割引で申し込み

ソフトバンクエアーは34,000円キャッシュバックキャンペーンで元々安いホームルーターですが、スマホセット割引を使い格安料金で申し込み可能。

利用中のスマホキャリアに合わせて、セット割引キャンペーンを使えるおすすめホームルーターの詳細・申し込み方法を確認ください。

ソフトバンクエアーをセット割引で
格安で契約


地方でも回線が繋がりやすい機種を申し込み

地方住まいなら回線が繋がりやすいホームルーター機種の申し込みもおすすめ。通信業界最大手のドコモのホームルーター(置くだけWiFi)なら山間部や田舎でも回線速度が安定するため「速度が遅い」という心配は不要。

ホームルーター・home 5Gの対応エリア検索はドコモ公式サイトにて可能です。

ドコモホームルーターの
対応エリア検索


ドコモのホームルーター・docomo home 5Gの申し込み方法は以下ボタンより確認ください。

全国エリア対応
ドコモのホームルーターを申し込み


よくある質問

よくある質問 ホームルーター(置くだけWiFi)についてよくある質問に答えます。自宅に置くだけでインターネットを利用できるホームルーターを検討中の方はぜひ確認ください。

ホームルーター(置くだけWi-Fi)とモバイルWiFi(ポケット型WiFi)、どっちがおすすめ?

ホームルーターとモバイルWiFi(ポケット型WiFi)を比較した場合、ホームルーターの方が安定した通信が可能で、同時接続台数も多いです。

自宅・事務所など固定の場所でのWiFi利用ならホームルーターがおすすめ。一方、外出先でもWiFi環境が必要なら、持ち運びが可能なモバイルWiFi(ポケット型WiFi)がおすすめです。

光回線とホームルーター(置くだけWi-Fi)との違いは?

光回線とホームルーター(置くだけWiFi)との違いは、以下の点です。

光回線とホームルーター(置くだけWiFi)との違い
  • 工事の有無
  • 利用開始までの期間
  • 速度の安定性
  • 応答速度の速さ

どのように違うのか、下記の表にまとめました。

光回線 ホームルーター
(置くだけ
WiFi)
工事の有無 必要 不要
利用開始までの期間 最短で数週間、
遅いと数ヶ月
最短で
契約の翌日
速度の安定性 ⚪︎
応答速度の速さ ⚪︎

ホームルーターは、開通工事が不要で端末が届き次第使えるため、引っ越しが多い方やすぐにホームルーターを使い始めたい方におすすめ。一方、光回線は開通工事が必要ですが、速度の安定性や応答速度が速いことがメリット。応答速度の速さが求められるオンラインゲームを行う方には光回線がおすすめです。

ホームルーター(置くだけWiFi)を利用するメリットは?

ホームルーター(置くだけWiFi)を利用するメリットは工事が不要で自宅に置くだけでインターネットが利用できる・工事費用がないこと。工事が必要な固定回線・光回線は、工事料金が1~4万円ほど発生する上、インターネット回線開通まで通常1か月以上かかります。

なお、通信速度の比較ではホームルーターより固定回線や光回線が速いですが、最新ホームルーターも下り最大速度2Gbps以上と十分な通信速度。手軽にインターネット回線を導入したい方に、置くだけWi-Fi・ホームルーターがおすすめです。

容量無制限で通信速度も高速な機種は?

ドコモ・ソフトバンク・WiMAX(au)のホームルーターは5G対応で通信速度が高速な上、容量無制限で利用できるおすすめ機種です。

中でもおすすめのホームルーターはドコモのhome 5G機種で、他社と比較して速度の評判が良い上、高額キャッシュバックキャンペーンで安く契約できると評判です。

ホームルーター(置くだけWi-Fi)に短期レンタルサービスはある?

ドコモ・ソフトバンク・au(WiMAX)のホームルーターは2~3年間契約が前提のプランで、短期レンタルサービスはありません。

1日~1ヶ月単位でホームルーターを短期レンタルする場合はレンタル専用業者がおすすめ。「WiFiレンタルどっとこむ」「WiFiレンタル本舗」といったレンタルサービスが有名です。

ドコモ・au(WiMAX)・ソフトバンクの機種は5G対応してる?

ドコモ・au(WiMAX)・ソフトバンクのホームルーターは5G通信対応の機種。おすすめのホームルーターの端末性能を比較しましょう。 ドコモ・au(WiMAX)・ソフトバンクのホームルーターは5G通信対応の機種。おすすめのホームルーターの端末性能を比較しましょう。

ホームルーター
比較項目
ドコモの
ホームルーター
au(WiMAX)
ホームルーター
ソフトバンク
ホームルーター
端末名 docomo home 5G
HR02
Speed Wi-Fi
HOME 5G L13
SoftbankAir
ターミナル5
対応回線
・エリア
ドコモ 5G回線
ドコモ 4G回線
au 5G回線
WiMAX2+回線
au 4G LTE回線
ソフトバンク 5G回線
ソフトバンク 4G回線
下り最大
通信速度
4.2Gbps(5G)
1.7Gbps(4G)
4.2Gbps 2.1Gbps
上り最大
通信速度
218Mbps(5G)
131.3Mbps(4G)
286Mbps 記載なし
同時接続台数 66台
(無線WiFi64台
・有線LAN2台)
34台
(無線WiFi32台
・有線LAN2台)
128台
(無線/有線別の
台数は不明)
料金プラン home 5G プラン ギガ放題プラス Airターミナル
4G/5G共通プラン

※料金は税込


ドコモのhome 5Gは他社の5G対応ホームルーターと比較して速度がおすすめホームルーター。ドコモのホームルーター・home 5Gをキャンペーン利用で安く契約したいなら、下記ページで2024年2月最新比較でおすすめキャンペーン・おすすめプロバイダ情報を確認ください。

ドコモのホームルーター・home 5Gの
おすすめキャンペーンを比較


楽天モバイルのホームルーター(Rakuten Turbo 5G)はおすすめ?

楽天モバイルのホームルーターとして販売されているRakuten Turbo 5Gは、他のホームルーターと比較して高額のため、おすすめではありません。当サイトおすすめの人気ホームルーターと料金を比較してみましょう。

ホームルーター名 楽天モバイル
Rakuten Turbo 5G
WiMAX
(GMOとくとくBB)
ソフトバンクエアー
(モバレコAir)
ドコモ
home 5G
実質月額料金 5,135円 4,092円 2,912円 4,547円
最大通信速度(下り) 2.1Gbps 4.2Gbps 2.1Gbps 4.2Gbps

最大通信速度が同じソフトバンクエアーと比較すると、1ヶ月につき2,000円以上、Rakuten Turbo 5Gのほうが高額であることがわかります。通信速度が4.2Gbpsと光回線並みの高速回線を使えるWiMAXと比較しても毎月1,000円以上、3年で36,000円以上の差が出ます。

速度・料金という観点から、Rakuten Turbo 5Gは他のホームルーターと比較してもおすすめとはいえません。当サイトのおすすめは、WiMAXプロバイダであるGMOとくとくBBです。

この記事を書いた人
株式会社EXIDEA (HonNe編集部)
HonNeやWiMAX比較.comなど、生活インフラメディアを運営する株式会社EXIDEA(HonNe編集部)が執筆をしています。 HonNe編集部では、生活や仕事に関わる製品サービスを日々研究・利用し、本音でレビューしたコンテンツと比較ランキングを配信しています。

HonNe編集部の詳細はこちら
PICKUP
CONTENTS

ポケット型WiFi・モバイルWiFiのおすすめランキング|30社比較結果【2024年2月最新】

ポケット型WiFi・モバイルWiFiは光回線と違って開通工事が不要で、端末が届き次第すぐ使い始められます。また、持ち運びができるため、自宅だけでなく、外出先でもWiFiの利用が可能な点もおすすめです。 ただし、ポケット型...
           
最終更新日:2024年2月22日

海外WiFiレンタル11社を比較!2024年2月最新のおすすめランキング

海外用WiFiルーターのレンタルは、海外旅行や出張時にインターネットを利用したい方に人気のサービス。国内には10社以上のレンタル会社があり、違いを比較して選ぶのは大変です。 海外用のWiFiルーターを失敗せず契約したい方...
           
最終更新日:2024年2月13日

無制限の最強ポケット型WiFiおすすめランキング【2024年2月最新】

「月末でも通信制限にかからず、ストレスなく使いたい…」「データ容量を気にせず、好きなだけ動画視聴やオンラインゲームを楽しみたい」WiFiサービスを利用する上で、このようなお悩みを持つ方も多いはず。当記事をご覧の方の中には...
           
最終更新日:2024年2月22日