WiMAX5Gホームルーター・ソフトバンクエアー・ドコモ5Gホームルーターを徹底比較しおすすめ機種をご紹介
最終更新日:2021.10.20

人気のホームルーター(WiMAX・ソフトバンク・ドコモ)を比較!2021年10月のおすすめは?


開通工事が不要で、手軽に自宅でインターネットを導入できることから人気を集めているホームルーター。

最も有名な端末としてはソフトバンクエアーがありますが、au(WiMAX)やドコモからもホームルーターが販売されていることをご存じでしょうか?

2021年に入り、ソフトバンク・au(WiMAX)・ドコモは高速通信5Gに対応したホームルーターを発売し、より快適にインターネットが利用できるようになったことから注目を浴びています。

本ページでは、ホームルーターの契約をお考えのあなたに向け、人気端末(ソフトバンクエアー・WiMAX・ドコモ)を比較し、おすすめの機種をご紹介します。

「モバイルルーター、光回線、ホームルーター、どのネット回線にすればいいか迷っている」という方もいらっしゃるでしょう。そのような方にも、おすすめのインターネット回線がどれか分かるよう解説いたします。

最後にはおすすめの契約窓口(プロバイダ)もご紹介いたしますので、ホームルーターの新規契約、他のインターネット回線からの乗り換えをご検討されている方はぜひ最後までご覧ください!

Contents

ホームルーターの特徴とは|モバイルルーター・光回線と比較

ホームルーター・モバイルルーター・光回線を比較し、おすすめのインターネット回線をご紹介 まず初めに、ホームルーターの特徴と、どんな人におすすめのインターネット回線なのかを確認していきましょう。

ホームルーターとは、据え置き型のWiFiルーターのこと。開通工事が不要で、コンセントに端末機器を接続するだけでインターネットが利用できる手軽さが魅力です。

ホームルーターの主な通信回線としては、ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアと、大手通信会社のUQコミュニケーションズ(WiMAX)となっており、すべてのホームルーターが全国で利用できます

他のインターネット回線と比較した、ホームルーターのメリットとは?

それでは、具体的にホームルーターのメリットはどんな点なのでしょうか?ここでは、ホームルーター以外の自宅用インターネット回線(モバイルルーター・固定回線)と比較していきます。

まず下記の比較表をご覧ください。

ホーム
ルーター
モバイル
ルーター
固定回線
月額利用料金 比較的安い
(3千円~5千円台)
比較的安い
(3千円~5千円台)
比較的高い
(4千円~6千円台)
開通工事の有無 工事不要 工事不要 工事が必要
最大通信速度
(4Gエリア:
1Gbps
5Gエリア:
2~4Gbps)

(4Gエリア:
1Gbps
5Gエリア:
2~4Gbps)

(1~2Gbps)
通信の安定度
対応エリア 全国 全国 エリアが限定的な光回線もあり
データ容量
持ち運びが可能か × ×

ご覧の通り、ホームルーターの大きなメリットは次の3点です。

    ホームルーターのメリット
  • 光回線と異なり、開通工事が不要なので契約したらすぐWiFiを利用できるようになる
  • モバイルルーターと比較して、通信速度の安定性に優れている
  • 対応エリアが広いため、あなたのお住まいで利用できる可能性が高い

ホームルーターは、「手軽にご自宅でインターネットを使えるようにしたい」とお考えの方におすすめのインターネット回線といえます。

一方で、ホームルーターのデメリットとしては、次の点が挙げられます。

    ホームルーターのデメリット
  • 持ち運びが不可能
  • 固定回線より通信速度が安定しない

外出先でもWiFiを繋いでPC作業をされる方にはモバイルルーターの方がおすすめです。 また、ホームルーターより通信速度の安定した回線を使いたいという方には、固定回線もおすすめです。

    結論、ホームルーターをおすすめしたい人

  • 面倒な手続き・開通工事なしで、すぐにご自宅でインターネットを利用したい人
  • モバイルルーターよりも安定した速度を求めている人
  • 外出先でWiFiを使う予定がない人

以上、ホームルーターのメリットとおすすめポイントをお伝えしました。ここからは現在契約できるホームルーター4端末を比較していき、その後にあなたへのおすすめをご紹介していきます!

詳細な比較解説を飛ばして、おすすめホームルーターの結果をご覧になりたい方は、以下のリンクから、おすすめホームルーターの詳細紹介部分までスクロールできます。

おすすめのホームルーターを今すぐ確認する

ホームルーター4機種を比較!比較ポイントとおすすめ端末を選ぶ方法も解説

ホームルーター人気4機種(ワイマックス5G・ソフトバンクエアーターミナル4/5・ドコモ5G)を比較 現在国内で販売されている主要なホームルーターは、次の4端末です。

  • WiMAXホームルーター
  • ソフトバンクエアー「ターミナル4 NEXT」
  • ソフトバンクエアー「ターミナル5」
  • ドコモホームルーター

今回は、これらホームルーター4端末を様々な視点から比較し、総合的に最もおすすめのホームルーターがどれなのかを解説していきます。

まずは、それぞれのホームルーターをどんな観点で比較していけばよいのか、比較ポイントを整理しましょう。

ホームルーター比較ポイントは4つ

おすすめのホームルーターを選ぶ上で、比較するべきポイントは次の4点です。

    ホームルーターの比較ポイント

  • 料金が安いか
  • 通信速度が速いか
  • データ容量が無制限(速度制限なし)か
  • 契約期間縛りと違約金

比較ポイント①:料金が安いか

毎月支払う月額料金が安いことはもちろん、初期費用や端末料金、キャンペーンも含めた料金を比較し、トータルで安いホームルーターを見極めるのが大切です。

比較ポイント②:通信速度が速いか

ホームルーターの端末スペックとして、最大でどれくらいの速度を出せるのか。そして、ホームルーターを利用しているユーザーが実際どれくらいの速度でネットを使えているのかを比較していきます。

最大速度はあくまで理論値ですので、ユーザーの速度計測値も参考にするのが速度比較のポイントです。

比較ポイント③:データ容量が無制限(速度制限なし)か

快適にインターネットを使う上で、データ容量が大容量・無制限のホームルーターであるかどうかは、通信速度と同じぐらい重要なポイントですよね。データ容量を比較することで、通信制限がかからず快適に利用できるホームルーターを見極めていきましょう。

比較ポイント④:契約期間縛りと違約金

最後に、ホームルーターの契約内容もしっかり比較していきましょう。基本的には契約期間が2~3年あり、解約タイミングによっては違約金等の料金が発生します。仮に解約したくなった時にも費用負担が軽い、おすすめホームルーターをご紹介します

以上、ホームルーターを比較する際に見るべきポイントを押さえていただきました。ここから先は実際にWiMAX・ソフトバンクエアー・ドコモの端末を比較しながら、おすすめを解説いたします。

【ホームルーター比較表】料金・速度・データ容量・契約期間

さっそく、2021年10月現在人気のホームルーター、4端末を比較していきます。4端末の基本情報をまとめて比較したのが下記の表です。

※WiMAX・ソフトバンク・ドコモのホームルーターを比較してどれがおすすめかは、この後解説いたします。

※テーブルは横にスライド出来ます。
WiMAX(au) ソフトバンク ドコモ
端末イメージ WiMAX Speed Wi-Fi HOME 5Gの端末イメージ画像 Softbank Airの端末イメージ画像 Softbank Airの端末イメージ画像 ドコモホーム5gの端末イメージ画像
端末名 Speed
Wi-Fi HOME 5G
ソフトバンクエアー
ターミナル4NEXT
ソフトバンクエアー
ターミナル5
docomo home 5G
実質
月額料金※
4,333円 3,807円 5,460円 4,950円
通信速度 最大2.7Gbps 最大612Mbps 最大2.1Gbps 最大4.2Gbps
データ容量 実質無制限
(※3日で15GB制限あり)
無制限
(※利用容量に関わらず
夜間混雑帯に通信速度が
制限される可能性有)
無制限
(※直近3日間のデータ利用量
が特に多いと、
速度が制限される可能性有)
契約期間 3年 なし なし なし
解約違約金 20,900円
(1年以内)
15,400円
(2年以内)
10,450円
(3年以内)
10,450円
+解約の場合は
ホームルーター端末
残債が発生
なし
解約の場合は
ホームルーター端末
残債が発生
1,100円
+解約の場合は
ホームルーター端末
残債が発生

※実質月額料金とは:実質的に負担する平均月額料金のこと。実質月額料金は、ホームルーターを利用する際に支払うすべての費用(月額料金・初期費用)から、キャンペーン(割引・キャッシュバック)を引いて算出された料金総額を月割りして算出しています。


端末の詳細なスペック

WiMAX Speed
Wi-Fi HOME 5G
ソフトバンクエアー
ターミナル4NEXT
ソフトバンクエアー
ターミナル5
docomo
home 5G
使用回線 au5G
WiMAX2+
au4GLTE
ソフトバンク
(4GLTE)
ソフトバンク
(4GLTE/5G)
ドコモ
(4GLTE/5G)
下り最大通信速度 2.7Gbps 612Mbps 2.1Gbps 4.2Gbps
上り最大通信速度 183Mbps 記載なし 記載なし 218Mbps
端末サイズ 幅70×高さ182
×奥行124(mm)
幅103×高さ225
×奥行103(mm)
幅103×高さ225
×奥行103(mm)
幅95×高さ170
×奥行95(mm)
端末の重さ 599g 635g 1,086g 720g
同時接続台数 無線:30台
有線:2台
無線:64台
有線:2台
128台
無線/有線別の
台数不明
無線:64台
有線:1台
端末料金 25,000円
→無料
59,400円
→無料
71,280円
→無料
39,600円
→無料

ではこれらのホームルーターを比較した結果、どれがおすすめなのでしょうか。「料金・速度・データ容量・契約期間」の観点で比較しておすすめNo.1を解説していきます。

まずは総合的に比較しておすすめのホームルーターをご紹介しましょう。※各比較ポイント別(料金・速度・データ容量・契約期間)のおすすめが知りたい方はこちら

総合比較でおすすめのホームルーターは「UQWiMAX」

WiMAXの5G対応機種は、価格が安く、速度が速く、無制限通信が可能なおすすめ端末 おすすめホームルーターを見つける際に、比較すべきポイントは下記の4つとお伝えしました。

    ホームルーターの比較ポイント

  • 料金の安さ
  • 通信速度の速さ
  • データ容量が無制限(速度制限なし)か
  • 契約期間縛りと違約金

結論から申し上げると、上記の観点で比較した結果、総合評価が最も高いホームルーターはWiMAXです!

WiMAXは、料金・速度・データ容量・契約期間(解約金)どれをとっても、大きなデメリットがないのが特徴。総合バランスのよいホームルーターをお求めのあなたに最もおすすめのホームルーターです。

なぜソフトバンクエアー・ドコモ5G端末と比較してWiMAXが最もおすすめと言えるのか、具体的な理由は下記の通り。

コストパフォーマンスが最も高い
WiMAXは5G通信に対応している最大2.7Gbpsのホームルーターを実質月額4,300円台で契約できます。コストパフォーマンスが最も高いホームルーターをお探しの方におすすめです!

(比較すると、ドコモは性能が良い分料金が高く、ソフトバンクは料金が安い分性能は劣ります)
データ容量は月間無制限
3日で15GB以上利用すると翌日に速度制限がかかりますが、長時間オンラインゲームや動画視聴をする方にも十分なデータ容量です。

通信制限後も1Mbpsの速度が出て、翌日には速度制限が解除されるのもおすすめポイント!
3年で無料解約が可能
WiMAXのホームルーターは、解約にあたって端末代金残債を請求されることがありません。他のホームルーターと比較して解約料金が分かりやすくシンプルな点が評判です。

上記の理由から、2021年10月現在、最もおすすめのホームルーターはWiMAXです。

ここからは、WiMAXのお得な申し込み方法についてご案内いたします。ホームルーターの契約をご検討中の方はぜひ続けてご覧ください。

WiMAXの契約におすすめのプロバイダ【2021年10月最新】

おすすめNo.1ワイマックスのプロバイダ比較 実は、WiMAXの契約先は1つではありません。WiMAX回線を提供しているUQモバイルの他、13社以上のプロバイダ(WiMAX販売代理店)で契約することができ、どの窓口からWiMAXホームルーターを契約するかによって料金が変わってきます。

WiMAXのご契約をお考えのあなたに向け、「どの窓口からWiMAXホームルーターを契約するのがおすすめか」を解説します。

WiMAXホームルーターを契約できるプロバイダ13社比較

当メディアでは、WiMAXホームルーターを契約できるプロバイダ13社の料金を比較しました。2021年10月現在の料金比較結果をご覧ください。

WiMAX
プロバイダ
実質月額料金 支払い総額
人気No.1

カシモWiMAX

詳細
4,333円
※当サイトの限定キャンペーン利用時
164,657円
人気No.2

BroadWiMAX

詳細
4,433円
168,454円
人気No.3

GMOとくとくBB

詳細
4,436円 168,568円
カシモWiMAX
(公式サイト経由)
4,708円 178,914円
VISION WiMAX 4,913円 186,683円
※料金は全て税込み表記です
※全てギガ放題プラスプランの料金です

その他WiMAXプロバイダ

WiMAX
プロバイダ
実質月額料金 支払い総額
ワイヤレスゲート
(ヨドバシ)
モバイルルーター
:4,988円
ホームルーター
:4,593円
モバイルルーター
:189,528円
ホームルーター
:174,528円
hi-ho 5,038円 191,448円
KT WiMAX
(ケーズデンキ)
5,119円 194,528円
BIC WiMAX
(ビックカメラ)
5,119円 194,528円
Yamada Air Mobile
(ヤマダ電機)
5,119円 194,528円
エディオン 5,119円 194,528円
BIGLOBE 5,214円 67,787円
(※2年の契約期間中)
UQWiMAX 5,273円 131,830円
(※2年の契約期間中)
au 6,826円 170,655円
(※2年の契約期間中)

2021年最新おすすめプロバイダは「カシモWiMAX」

ホームルーターおすすめNo.1のカシモワイマックス WiMAXプロバイダの料金比較の結果、2021年10月現在、最もお得なWiMAX申し込み窓口はカシモWiMAXです。カシモWiMAXは、新規契約でもれなく5,000円のキャッシュバックが受け取れる他、月額料金も安いため、結果的に実質月額料金が最安のプロバイダとなっています!

カシモWiMAXを新規契約でもれなく5,000円キャッシュバック&月額割引!

カシモWiMAXでは現在、当メディアからの申し込み限定で5,000円キャッシュバックを受け取れるキャンペーンを実施中です!

本キャンペーンは株式会社EXIDEA(当社)が運営する「WiMAX比較.com」とカシモWiMAXの限定コラボキャンペーン。当メディア以外からのお申し込みされるとキャンペーンが適用されませんのでご注意ください。

カシモWiMAXのキャッシュバックは確実に受け取れるの?

カシモWiMAXは、確実にキャッシュバックが受け取れるという点でもおすすめです。

他のWiMAXプロバイダが実施しているキャッシュバックキャンペーンは、受け取りまでに以下のようなハードルがあります。

    ・受け取り手続きが契約から約1年後
    ・手続きの期間はわずか1ヶ月のみで期間を過ぎると受け取りができない


このような制約があると、受け取り忘れのリスクが非常に高くなってしまいます。

一方、カシモWiMAXのキャンペーンは、3年後の契約終了までいつでもキャッシュバック受け取り手続きが可能です!そのため、上記に挙げたリスクなく、確実にキャッシュバックを受け取れます。

カシモWiMAXは、安心して確実に受け取れるキャッシュバックによって、最安料金で契約できるWiMAXプロバイダです。ご自宅にホームルーターの導入をお考えの方は、ぜひ下記ページから詳細を確認のうえお申し込みください。

総合比較でおすすめNo.1
ホームルーターの
限定キャンペーンはこちら
総合比較でおすすめNo.1ホームルーター
限定キャンペーンはこちら


以上、総合比較で最もおすすめのホームルーター「WiMAX」とWiMAXを契約する際のおすすめプロバイダ「カシモWiMAX」についてご紹介しました。

ここから先では、ホームルーターを各観点(料金・速度・データ容量・契約期間)で詳細に比較したい人向けの内容となっています。

「総合的におすすめのホームルーターは分かったけれど、自分の目で詳細まで確認した上で申し込みをしたい」という方は、下記より比較解説をご覧ください。


ではまず、ホームルーターの料金を詳細に比較していきましょう。

料金が安いルーターなら「ソフトバンク Airターミナル4NEXT」がおすすめ

端末価格を比較し、安い機種をご紹介 料金面からみて最もおすすめのホームルーターは「ソフトバンク Airターミナル4NEXT」です。

ソフトバンクの公式代理店である「モバレコエアー」では、高額キャッシュバック&月額料金割引を実施しており、WiMAX・ドコモ端末よりも安い料金でホームルーターを利用することが可能!

詳しく確認していきましょう。

【料金比較】WiMAX5G・ソフトバンクエアー・ドコモ5G端末

ホームルーターを利用するために、月額料金以外にも、端末料金・初期手数料が必要になります。一方でホームルーターによってはキャッシュバックなどのキャンペーンで安くなることも。

そのため、料金の安さを比較する際には、月額料金だけでなく、トータルで必要になる料金で比較するのがポイント!そうすることで最もお得なホームルーターが分かります。
実質月額料金の支払い方法 ではさっそく、ホームルーターの各種料金を比較していきましょう。上記の計算式から導き出される「料金総額」「平均月額料金」も一緒にご覧ください。

※テーブルは横にスライド出来ます。
WiMAX Speed
Wi-Fi HOME 5G
ソフトバンクエアー
ターミナル4NEXT
ソフトバンクエアー
ターミナル5
docomo
home 5G
初期
手数料
3,300円 3,300円 3,300円 3,300円
端末料金 25,000円
→キャンペーンで無料
59,400円
→キャンペーンで無料
71,280円
→キャンペーンで無料
39,600円
→キャンペーンで無料
月額料金 1ヶ月目
:1,408円
2ヶ月目~
:4,455円
~2ヶ月:2,167円
~24ヶ月:3,679円
以降:5,368円
5,368円 4,950円
キャンペーン 5,000円
キャッシュバック
dポイント
15,000ptプレゼント
契約期間の
総額料金
164,657円
(3年)
137,052円
(3年)
196,548円
(3年)
178,200円
(3年)
実質
月額料金
4,333円 3,807円 5,460円 4,950円

※表内の料金はすべて税込み表記です。


ご覧の通り、ホームルーターを実質料金で比較すると、ソフトバンク「Airターミナル4NEXT」端末が最も安いということが分かりました。

WiMAX・ドコモ端末も実質料金が4千円台となっており比較的安いですが、ソフトバンクエアーの安さには負けてしまいます。格安料金でホームルーターを利用したい方にはソフトバンク「Airターミナル4NEXT」端末がおすすめです。

  • 料金比較の結論・・・
  • 「インターネット料金をできるだけ節約したい」とお考えの方には、格安料金でホームルーターを契約できるソフトバンク「Airターミナル4NEXT」がおすすめ!


格安料金でおすすめのソフトバンクエアーですが、契約先はソフトバンク公式だけではありません。国内10社以上のプロバイダがソフトバンクエアーを取り扱っており、最もお得に契約できるプロバイダを選ぶのがおすすめです。

2021年10月現在、最安でおすすめのプロバイダはモバレコエアー!モバレコエアー限定で17,000円キャッシュバック&月額料金割引を受けられます。キャッシュバックは新規契約で確実に受け取れますので、ソフトバンクのホームルーターを初めて契約される方もご安心ください。

最安料金で契約できる、モバレコエアーの「SoftBank Airターミナル4NEXT」が気になる方は下記よりキャンペーン詳細をご覧ください。

格安ホームルーター
SoftBank Airの詳細はこちら
格安ホームルーター
SoftBank Airの詳細はこちら


続いては、各ホームルーター(WiMAX・ソフトバンクエアー・ドコモ端末)の通信速度を比較しておすすめをご紹介します。インターネットをより快適な速度で利用できるホームルーターはどれでしょうか?

オンラインゲームも快適な速度で楽しみたいなら「WiMAX」がおすすめ

通信速度を比較し、高速通信が可能な機種をご紹介 ここでは、ホームルーターの通信速度にフォーカスして比較していきます。

【速度比較】WiMAX5G・ソフトバンクエアー・ドコモ5G端末

速度が速いおすすめホームルーターを見つけるには、「最大速度」だけでなく「速度実測値」を比較するのがポイントです。

  • 最大通信速度:ホームルーター端末のスペックの高さを表す指標。
  • 速度実測値:実際にホームルーター端末を利用した際に出る速度の参考値。

速度実測値を比較することで、実際に速度の評判がよいホームルーターが分かりますね。では、さっそく速度比較結果をご覧ください。

※テーブルは横にスライド出来ます。
WiMAX Speed
Wi-Fi HOME 5G
ソフトバンクエアー
ターミナル4NEXT
ソフトバンクエアー
ターミナル5
ドコモ5G
最大
速度
5G
回線
最大2.7Gbps ー(非対応) 最大2.1Gbps 最大4.2Gbps
4G
回線
ー(記載なし) ー(記載なし) 最大
612Mbps
最大1.7Gbps
速度
実測値
5G
回線
421Mbps ー(非対応) 未測定 未測定
4G
回線
216Mbps 61Mbps

WiMAX Speed Wi-Fi HOME 5G
実測値計測の詳細

WiMAX5G対応端末 下り速度の実測値計測(単位はMbps)
回線 1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 平均
4G回線
(2.4GHz)
9.9 13.9 17.3 17.4 13.1 14
4G回線
(5GHz)
235 190 232 193 233 216
5G回線 458 455 453 405 338 421

※4G回線には2.4GHzと5GHzという2つの周波数帯があり、どちらかを選んでお使いいただけます。基本的には安定して高速通信ができる5GHzに接続するのがおすすめ。ただし、5GHzは障害物に弱いため、端末設置場所よりも遠い場所では、電波が遠くまで電波が届きやすい2.4GHzがおすすめです。

ソフトバンクエアー「ターミナル4」
実測値計測の詳細

ソフトバンクエアー「ターミナル4」
下り速度の実測値計測(単位はMbps)
回線 1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 平均
4G回線
※13時計測
115 80 104 104 113 103
4G回線
※16時計測
63.3 89.2 86.9 90.8 56.5 77.3
4G回線
※20時計測
8.1 6.0 2.3 6.9 3.3 5.3

ホームルーターの通信速度を比較した結果、速度が速いおすすめホームルーターはWiMAX5G端末です!

WiMAX5G端末は、最大速度が2.7Gbpsと、従来のWiMAX端末より速度スペックが2倍に改善されています。ちなみに、インターネット回線の中で高速な光回線でも最大速度1~2Gbpsですので、どれだけWiMAXが速いかがお分かりいただけるでしょう。

ホームルーターの速度実測値を比較しても、WiMAX5G端末がおすすめ。4G回線・5G回線でも最も速い速度が出ています。(発売直後のドコモ5G端末、ソフトバンクエアーターミナル5については速度測定が出来ていません)

なお、日常で必要な通信速度は5~30Mbpsと言われています。シューティングゲームなど、リアルタイム性が高いものでも、30Mbpsほどあればカクカクせず快適にプレイすることが可能です。

    必要な通信速度はどれくらい?

  • WEBサイト閲覧やSNSなら・・・3Mbps
  • 動画視聴なら・・・5Mbps
  • オンラインビデオ会議やゲームなら・・・30Mbps

速度の速いホームルーターをお探しの方は、上記の比較結果をぜひ参考にしてみてくださいね。

  • 速度比較の結論・・・
  • 「いつでも快適な速度でネットを楽しみたい」とお考えの方には、ホームルーター実測値比較で最も速度が速いWiMAXがおすすめ!


WiMAXはUQモバイルだけではなく、国内13社以上のプロバイダで申し込みすることができます。ホームルーター端末・利用回線は同じですので、どのプロバイダを選んでも通信速度や利用可能エリアは変わりません。

WiMAXプロバイダによって違いが出るのは料金のみ。そのため最もお得に契約できるプロバイダを選ぶのがおすすめです。

2021年10月現在、最安でおすすめのWiMAXプロバイダは、月額料金が安い&キャッシュバックキャンペーンを実施しているカシモWiMAX!今なら当メディアからの申し込み限定で、5,000円キャッシュバック&月額割引が受けられます。ご自宅にホームルーターの導入をお考えの方はぜひ下記よりカシモWiMAXのキャンペーンをご確認ください。

速度が速いホームルーター「WiMAX」の
おすすめプロバイダ詳細へ
速度が速いホームルーター「WiMAX」の
おすすめプロバイダ詳細へ


続いて、速度と同じく重要な「データ容量の大きさ」を比較していきます。

オンラインゲームや映画・動画視聴で、ネットを頻繁に使うという方は、無制限にネット回線を使いたいですよね。データ容量(通信制限)でストレスがないおすすめホームルーターはどれでしょうか。

データ容量無制限で利用できるのは
ソフトバンクエアー・ドコモ

ホームルーターのデータ容量を比較し、無制限通信ができる機種をご紹介 ここでは、人気のホームルーター3端末(WiMAX・ソフトバンクエアー・ドコモ)をデータ容量で比較していきます。さっそく比較表をご覧ください。

【データ容量比較】WiMAX5G・ソフトバンクエアー・ドコモ5G端末

データ容量 容量超過後の
通信速度
WiMAX Speed Wi-Fi
HOME 5G
実質無制限
(※3日で15GB制限あり)
1Mbps
ソフトバンクエアー
ターミナル4NEXT/5
無制限
(※利用容量に関わらず、夜間混雑帯に通信速度が制限される可能性有)
明記されていない
docomo
home 5G
無制限
(※直近3日間のデータ利用量が特に多いと、速度が制限される可能性有)
明記されていない

ホームルーターをデータ容量で比較した結果、無制限で利用できるのはソフトバンクエアーとドコモ端末です。ただし、上記の通り、通信制限がかかることもあるということを認識しておく必要はあります

一方のWiMAXは、月間容量は実質無制限ですが、3日間で15GBという通信制限があります。1日におよそ5GB以上のデータ容量を使わなければ、WiMAXでも問題はありません。

ちなみに、1日5GBでどれくらいのことができるかについては、下記をご参照ください。

    1日5GBでどれくらいのことができる?

  • 動画視聴なら・・・6.5時間
  • オンラインビデオ会議なら・・・8時間
  • WEBサイト閲覧やSNSなら・・・10時間
  • LINE通話なら・・・200時間

WiMAXは速度制限がかかった状態でも、通信速度は1Mbps程度確保されています。速度が1Mbps出ていれば低画質な動画なら視聴可能。通常のネット利用には特に支障をきたさないレベルの速度制限のようです。

ソフトバンクエアー・ドコモでも速度を制限するケースに注意

ソフトバンクエアーは容量無制限ですが、回線の混雑を避けるため、利用が集中する時間帯(夜間など)に通信速度が制限される可能性があります。また、ドコモについては大量にデータを利用した場合は速度が制限される可能性がありますので注意しましょう。

なお、両者とも通信制限後にどれぐらいの速度になるのか明記されていません。「速度に不安を持ったままホームルーターを利用していくのはあまり気乗りしない」という方は、WiMAXホームルーターを利用するのがいいかもしれません。

  • データ容量比較の結論・・・
  • ソフトバンクエアー・ドコモ端末はデータ容量に明確な制限はありませんが、速度制限がかかる場合もあります。

    一方、WiMAXは3日で15GBという制限がありますが、普段使いには十分な容量です。大容量のデータ通信をしたい方には、4端末すべてのホームルーターをおすすめできます。


データ容量の観点ではどのホームルーターもおすすめのため、どれを契約するか迷ってしまいますよね。データ容量だけでなく、料金・速度・契約期間も踏まえて総合的におすすめのホームルーターは最後にまとめております。下記よりご確認ください。

総合比較した結果おすすめのホームルーターはこちら

最後に比較するのは、契約期間と解約料金です。分かりにくい契約周りの話を当メディアが調査し、まとめました。契約内容で損をしないためにも、ホームルーター4端末(WiMAX・ソフトバンクエアー・ドコモ)の契約期間と解約料金についての解説をご確認ください。

契約期間・解約金を比較し、おすすめホームルーターは「WiMAX」

ホームルーターの契約期間・解約金を比較し、おすすめ機種をご紹介 最後に、WiMAX・ソフトバンクエアー・ドコモのホームルーターを契約期間と解約料金の観点から比較しておすすめをご紹介します。

WiMAX・SoftbankAir・ドコモhome5Gを契約期間で比較

ホームルーターの契約期間・解約料金を比較した表をご覧ください。

※テーブルは横にスライド出来ます。
WiMAX Speed
Wi-Fi HOME 5G
ソフトバンクエアー
ターミナル4NEXT
ソフトバンクエアー
ターミナル5
docomo home 5G
契約期間 3年 なし なし なし
解約違約金 ~1年:
20,900円
~2年:
15,400円
~3年:
10,450円
10,450円 なし なし
その他にかかる費用 ホームルーター端末代残債
(1,650円×残月分)
3年間契約すれば
キャンペーンで無料
ホームルーター端末代残債
(1,980円×残月分)
3年間契約すれば
キャンペーンで無料
ホームルーター端末代残債
(1,100円×残月分)
3年間契約すれば
キャンペーンで無料

ホームルーターの契約期間縛りがない場合や、契約期間満了のタイミングで解約する場合、解約違約金はかかりません。

しかし、違約金がかからなくても端末料金を請求されることがあるため注意が必要です。詳しく解説します。

ソフトバンクエアーとドコモは契約期間縛りがなく、解約違約金はかかりません。ただし、いつでも無料で解約できるわけではなく、3年以内の解約なら端末料金の残債が発生します

一方で、WiMAXは解約時に端末料金の残債が発生することはなく、端末代金が完全無料のホームルーターです「シンプルで分かりやすいプランを契約したい」とお考えの方にはWiMAXがおすすめでしょう。

  • 契約期間・解約料機を比較した結論・・・
  • ほとんどのホームルーターは3年後に無料解約できる。その中でも、「解約料金がシンプルで分かりやすい」ホームルーターならWiMAXがおすすめ。


なお、既にご案内した通り、WiMAXは実質料金が比較的安く、コストパフォーマンスが最も優れたホームルーター。インターネット料金を節約したいというあなたにもWiMAXがおすすめです。

最後に、今まで比較してきた「料金・速度・データ容量・契約縛り」すべてを考慮して、総合的におすすめのホームルーターを確認していきましょう。

まとめ:おすすめランキングNo.1は「WiMAX」

本記事では、2021年最新のホームルーター比較・おすすめ端末について解説しました。

ホームルーターは工事不要のため、「気軽に導入できる自宅用インターネット回線を探している」というあなたにおすすめ。現在契約できる主要なホームルーターの中で、最もおすすめなのはWiMAXです。

WiMAXがおすすめの理由は、料金・速度・データ容量・契約内容を総合的に比較して、最も評価が高いホームルーターだから。具体的なWiMAXのメリットは下記の通りです。

コストパフォーマンスが最も高い
WiMAXは5G通信に対応している最大2.7Gbpsのホームルーターを実質月額4,300円台で契約できます。コストパフォーマンスが最も高いホームルーターをお探しの方におすすめです!

(比較すると、ドコモは性能が良い分料金が高く、ソフトバンクは料金が安い分性能は劣ります)
データ容量は月間無制限
3日で15GB以上利用すると翌日に速度制限がかかりますが、長時間オンラインゲームや動画視聴をする方にも十分なデータ容量です。

通信制限後も1Mbpsの速度が出て、翌日には速度制限が解除されるのもおすすめポイント!
3年で無料解約が可能
WiMAXのホームルーターは、解約にあたって端末代金残債を請求されることがありません。他のホームルーターと比較して解約料金が分かりやすくシンプルな点が評判です。

WiMAXは13社以上のプロバイダが取り扱っており、複数のお申し込み窓口を選択できますが、2021年10月現在、最安料金で契約できるのはカシモWiMAX!

カシモWiMAXは他のプロバイダと比較して月額料金が安いだけでなく、5,000円キャッシュバック&月額割引キャンペーンを実施しています。こちらは当メディアからの申し込み限定のキャンペーンです!

総合比較でおすすめNo.1ホームルーターWiMAXを契約したいとお考えの方は、下記よりぜひカシモWiMAXの限定キャンペーンをご確認ください。

総合比較でおすすめNo.1
ホームルーターの
限定キャンペーンはこちら
総合比較でおすすめNo.1ホームルーター
限定キャンペーンはこちら


よくある質問

よくある質問 ここでは、ホームルーターに関する疑問について、Q&A方式でお答えします。ご自宅用にインターネット回線を導入しようとお考えの方はぜひご参照ください。

WiFiを使うなら、ホームルーターとモバイルルーターどっちがおすすめ?

ホームルーターとモバイルルーターを比較した場合、ホームルーターの方が安定した通信が可能という特徴があります。また、同時接続台数もホームルーターの方が多いです。

ご自宅や事務所など固定の場所でWiFiを利用したい方にはホームルーターがおすすめです。

一方、WiFi環境が外出先でも常に欲しい方には、持ち運びが可能なモバイルルーターがおすすめです。

ホームルーターを利用するメリットは?

ホームルーターのメリットとしてまず第一に挙げられるのが開通工事が不要ということです。

固定回線は開通工事が必要で、工事料金が1~4万円ほど発生します。またインターネット回線が開通するまで通常1か月以上かかります。

一方、ホームルーターは工事不要のため、「初期費用は事務手数料のみと安い」「契約後すぐにインターネットが利用できる」というメリットがあります。

なお、通信速度を比較すると固定回線の方が速いですが、ホームルーターも日常で利用する分には十分な速度で通信可能です。

ホームルーターを利用する他のメリットとしては、「初期設定が簡単」、「固定回線と比較して安価な料金」、「同時接続台数が多い」などがあり、手軽にインターネット回線を導入したい方におすすめといえます。

容量無制限で、通信速度にも満足できるホームルーターが知りたい!

「データ容量や速度にストレスを感じずにインターネットを利用したい」

このように使い勝手の良さを重視してホームルーターを選びたい方に、2021年現在おすすめなのは「WiMAX5G+」。5G回線に対応している端末なので最大速度は2.7Gbpsと高スペック。当サイトが速度計測したところ、5Gエリアで421Mbps、4Gエリアで261Mbpsという結果が出ています。

データ容量は月間無制限で利用可能です。3日で15GBを超えると一時的に速度制限がかかりますが、速度制限中も1Mbpsでネットが使えるという緩い制限になっています。

速度・データ容量の2点を重視する方に、WiMAXホームルーターは最もおすすめです。

ホームルーターも5G対応してるって本当?最新機種のスペックは?

2021年、UQモバイル・ソフトバンク・ドコモは、5G通信に対応したホームルーターの販売を開始しました。各端末の詳細なスペックは下記の通り。

※テーブルは横にスライド出来ます。
サービス WiMAX Speed Wi-Fi HOME 5G ソフトバンクエアー docomo home 5G
販売開始 2021年6月 2021年10月 2021年8月
端末名 Speed Wi-Fi HOME 5G L11 Air ターミナル5 HR01
端末サイズ 横幅70×高さ182
×奥行き124(mm)
幅103×高さ225
×奥行103(mm)
幅95×高さ170
×奥行95(mm)
端末の重さ 599g 1,086g 720g
製造元 ZTE Corporation HUAWEI シャープ株式会社
通信の種類 ・無線通信
IEEE802.11a
IEEE802.11b
IEEE802.11g
IEEE802.11n
IEEE802.11ac
IEEE802.11ax
2.4GHz帯/5GHz帯対応
・有線通信
1000BASE-T(ギガビット対応)
100BASE-TX
10BASE-T
2ポート
・無線通信
IEEE802.11a
IEEE802.11b
IEEE802.11g
IEEE802.11n
IEEE802.11ac
IEEE802.11ax
2.4GHz帯/5GHz帯対応
・有線通信
IEEE802.3ab(1000BASE-T)
・無線通信
IEEE802.11a/54Mbps
IEEE802.11b/11Mbps
IEEE802.11g/54Mbps
IEEE802.11n(Wi-Fi 4)/300Mbps
IEEE802.11ac(Wi-Fi 5)/867Mbps
IEEE802.11ax(Wi-Fi 6)/1201Mbps
2.4GHz帯/5GHz帯対応
・有線通信
IEEE802.3ab(1000BASE-T)
IEEE802.3u(100BASE-TX)
下り最大通信速度 2.7Gbps 2.1Gbps 4.2Gbps(5G) 1.7Gbps(4G)
上り最大通信速度 183Mbps 記載なし 218Mbps(5G) 131.3Mbps(4G)
同時接続台数 32台
(無線WiFi…30台・有線LAN…2台)
128台
(無線/有線別の台数は不明)
65台
(無線WiFi…64台・有線LAN…1台)
料金プラン名 ギガ放題プラス Air 4G/5G共通プラン home 5G プラン
月額料金(税込) 4,768円~5,313円 4,950円
初期手数料(税込) 3,300円 3,300円 3,300円
本体色 ホワイト ホワイト ブラック

5G対応ホームルーターのスペック表はいかがでしたでしょうか。おすすめのホームルーターは現在発売中の「WiMAX Speed Wi-Fi HOME 5G」です。

WiMAXのお申し込みをお考えの方は、下記のページもご参照ください。WiMAXを契約できる窓口(プロバイダ)は13社以上ありますが、その中で最もお得に契約できるおすすめのWiMAXプロバイダをご紹介しています。

WiMAXプロバイダを徹底比較
PICKUP
CONTENTS

【2021年10月最新おすすめ】データ容量無制限で利用できるポケットWiFiを比較

ご自宅・外出先どこにいてもインターネットを使えることで人気のポケットWiFi。ただ、これまで「月末まで通信制限がかかってストレスが溜まった」という経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか? 速度制限のストレスから解放さ...
2021.09.16

ポケットWiFiのおすすめ厳選3社を徹底解説!【25社比較2021年10月版】

当ページへの訪問、誠にありがとうございます。 こちらのページは数十社と存在するポケットWiFiを25社に厳選して比較し、詳しく解説をしている記事です。 2021年10月のおすすめポケットWiFi 3選【25社比較結果】 ...
2021.03.13

【2021年10月最新比較】価格が安いおすすめポケットWiFiをご紹介

持ち運びが可能で便利なポケットWiFi。どこでもインターネット環境が手に入ることから人気を集めていますが、価格帯は3,000円台~9,000円台とかなりの差があります。 そのため、価格が安いおすすめのWiFiルーターをし...
2021.09.16