費用が安いウォーターサーバーランキング
最終更新日:2022.06.22

費用が安いウォーターサーバーのおすすめランキング!月額料金を比較


ウォーターサーバーの月額料金には、「水の料金(ボトル代)」「サーバーレンタル料」「安心サポート料」などが含まれます。

費用が安いウォーターサーバーを選ぶポイントは、ウォーターサーバーの利用にかかる費用の内訳を知り、合計した月額料金の比較が重要です。

当記事では、費用が安いウォーターサーバーの選び方や注意点を紹介し、各ウォーターサーバーの実際にかかる月額料金を徹底比較! 2022年6月最新、費用が安いウォーターサーバーのおすすめランキングを紹介します。

沖縄県在住の方におすすめの費用が安いウォーターサーバー

沖縄県在住の方はサービスを提供しているウォーターサーバー会社が限られるため、別記事でおすすめの費用が安いウォーターサーバーを紹介しています。 沖縄在住の方におすすめのウォーターサーバーをご覧ください。


Contents

費用が安いウォーターサーバー選びのポイント・詳細について

費用が安いウォーターサーバー選びのポイント ウォーターサーバーにかかる費用の詳細を知らないと、「毎月の支払い総額が高い」と後悔する場合があります。

値段が安いウォーターサーバー選びのポイントを知った上で、費用が安いウォーターサーバーのおすすめランキングを確認していきましょう。

ウォーターサーバーにかかる費用の内訳を解説

費用が安いウォーターサーバーを選ぶ際に重要なのは、ウォーターサーバーにかかる費用の内訳です。

ウォーターサーバー各社の公式サイトでは、サーバーレンタル代や水ボトルの料金は分かりやすく記載されていますが、その他にも以下の費用がかかることを認識しましょう。

ウォーターサーバーの利用にかかる全費用は以下の通り。
費用
項目
支払い
タイミング
価格相場 説明
初期費用 サーバー
導入時
無料~3,000円程度
  • 多くのメーカーで無料だが、一部有料のウォーターサーバーあり
サーバー
レンタル代
毎月 無料~数千円/月
  • サーバーの機能性が高いほど、サーバーレンタル代が高くなる
水ボトル代 毎月 約1,500~2,000円/12L
  • 天然水と比較し、RO水の水ボトル代は安い
安心
サポート料
毎月 数百円~数千円/月
  • 加入必須と任意の場合に分かれる
  • サーバーレンタル代無料の代わりに、
    安心サポート料の加入を必須とするウォーターサーバーが多い
配送料 配送毎 無料~1,000円程度
  • 配送料が無料のウォーターサーバーが多いが、地域によって配送料がかかる場合がある
電気代 毎月 約1,000円/月
(エコモード:約500円/月)
  • 通常のウォーターサーバーの電気代は約1,000円程度
  • エコモード搭載のウォーターサーバーは500円程度に削減


ウォーターサーバーの月額費用を大きく左右するのは、サーバーレンタル代と水ボトル代、安心サポート料、電気代の4つです。

4つを合計し月額料金は、24L利用時(ボトル2本)で約4,000円~5,000円/月程度

費用が安いウォーターサーバーを選ぶ際は、上記を踏まえ、月額料金の総額での比較がおすすめです。

ウォーターサーバーの月額料金を比較する際の注意点

ウォーターサーバーの費用の内訳を確認しましたが、その他にも月額料金を比較する際の注意点があります。
安いウォーターサーバー選びの注意点
  • 水の消費量により費用が安いウォーターサーバーは変わる
  • 水の種類によって配送方式や相場が変わる
  • 水の注文ノルマ(最低注文数)によっては月額料金が高くなることも

水の消費量により費用が安いウォーターサーバーは変わる

安いウォーターサーバー選びの注意点1つ目は、水の消費量により費用が安いウォーターサーバーは変わること。 例えば、人気ウォーターサーバーの「アクアクララ」と「プレミアムウォーター」の月額利用料金を比較します。

アクアクララ
(アクアファブ)
プレミアムウォーター
(スリムサーバーⅢ)
サーバーレンタル代 無料 無料
安心サポート料 1,430円 無料
水ボトル代 1,404円/12L 1,987円/12L
※価格は税込み表記

水24Lと水48Lを購入した場合の月額料金を比較した結果、24L利用時はプレミアムウォーターが安く、48L利用時はアクアクララが安いと分かりました。

アクアクララ
(アクアファブ)
プレミアムウォーター
(スリムサーバーⅢ)
24L利用時 4,238円 3,974円
48L利用時 7,046円 7,949円
※価格は税込み表記

上記のように、水の消費量が多いご家庭の場合、サーバーレンタル代が無料のウォーターサーバーと比較し、水の価格(ボトル代)が安いウォーターサーバーの方が安くなる場合があります。

つまり、費用が安いウォーターサーバーを選ぶ際は、「ひと月の水の消費量」を知った上で月額料金の比較が重要です。
水の消費量の目安
  • 24L/月 ⇒ 800mL/日(コップ4杯分)
  • 36L/月 ⇒ 1200mL/日(コップ6杯分)
  • 48L/月 ⇒ 1600mL/日(コップ8杯分)

水の種類によって配送方式や価格帯が変わる

ウォーターサーバーの水の種類は、天然水とRO水の2種類。 天然水かRO水かによって配送方式や価格帯が変わります。

天然水と比較し、RO水は水ボトル代が安いのが特徴。業者がボトル回収をするリターナブルボトルなので空ボトルを一時的に保管する必要があります。 電気代を含まない月額料金は、3,000円~(24L利用時)と安い費用で利用できます。

一方、天然水のウォーターサーバーは使い捨てボトルなので、ペットボトルゴミとして廃棄できます。電気代を含まない月額料金は、4,000円程度(24L利用時)が一般的です。 RO水・天然水の特徴を比較した表は以下の通り。

天然水 RO水
ボトル ワンウェイボトル
(使い捨てボトル)
リターナブルボトル
(再利用ボトル)
特徴 ・特定水源の原水に、沈殿・ろ過・加熱殺菌などの処理を行った水
・自然本来の水の味を楽しめる
・水道水や河川水などの原水を、RO膜と呼ばれる細かいフィルターでろ過した水
・RO膜は放射性物質も除去するほど細かいフィルターで、安全性が高い
価格相場 500mLあたり
70~90円
500mLあたり
50~70円
メリット ・使い捨てボトルで衛生的
・ペットボトルゴミとして廃棄可能
・ゴミがでないので、地球環境に優しい
・使い捨てボトルと比較し価格が安い
デメリット ・再利用ボトルよりも価格が高い
・ゴミがかさばる
・空ボトルの保管場所が必要


水の注文ノルマ(最低注文数)があるメーカーは月額料金が高くなる場合も

購入ノルマ ウォーターサーバーのメーカーによって、水の注文ノルマ(最低注文数)が定められています。 水の注文ノルマは毎月24Lが一般的な目安ですが、36Lなど多めに設定されている場合も。

水の注文ノルマをクリアできない場合、追加手数料で数百円~1,000円程度かかるため、月額料金が高くなります。 一人暮らしなど水の消費量が少ない場合は注意が必要。

注文ノルマなしのウォーターサーバーや、一定期間なら無料で注文を停止できるウォーターサーバーもあるので、ご家庭の水の消費量に合わせて選ぶのがおすすめです。

以上、値段が安いウォーターサーバーの選び方のポイントを踏まえ、ウォーターサーバーの費用が安いおすすめランキングを紹介します。

月額料金が安い順に比較!ウォーターサーバーのおすすめランキング

月額料金が安い順に比較!おすすめランキング 当記事では、ウォーターサーバーの人気メーカー16社を比較し、トータル費用が安いおすすめのウォーターサーバーを紹介します。 2022年6月現在、月額料金が安い順に比較しランキングをつけました。

ワンウェイ
ウォーター
ハミング
ウォーター
エブリィ
フレシャス
アルピナ
ウォーター
信濃湧水 プレミアムウォーター クリクラ アクアセレクト ウォーター
スタンド
うるのん
機種
ワンウェイウォーター
ハミングウォーター
エブリィフレシャス
アルピナウォーター
信濃湧水
プレミアムウォーター
クリクラ
アクアセレクト
ウォータースタンド
うるのん
機種 Smartプラス Flows dewo mini エコサーバー エコサーバー スリムサーバーⅢ クリクラFit アクアセレクト
サーバー
ネオ ウォーターサーバーGrande
水の種類 RO水 水道水 水道水 RO水 天然水 天然水 RO水 天然水 水道水 天然水
月額料金
(電気代含む/24L利用時)
3,200円 3,700円 3,700円 3,877円 4,077円 4,474円 4,480円 4,511円 4,709円 4,730円
初期費用 1,100円 2,200円 無料 無料 無料 無料 2,200円 無料 工事費用
9,900円
無料
サーバー
レンタル代
無料 3,300円 3,300円 959円 330円 無料 無料 無料 3,850円 330円
ボトル代 1,350円/12L 無料 無料 1,134円/12L 1,620円/11.4L 1,566円/11.35L 1,460円/12L 1,566円/11.35L 無料 1,950円/12L
購入ノルマ 月にボトル3本(36L) なし なし なし 3ヶ月にボトル4本(45.6L) 1ヶ月にボトル2本(22.7L) 3ヶ月にボトル6本(72L) 月にボトル2本(22.7L) なし 月にボトル2本(24L)
電気代 約500円 約475円 約410円 約650円 約335円 約510円 約1,100円 約1,200円 無料 約500円
※月額料金は、水の費用、サーバーレンタル代、安心サポート料(契約必須の場合のみ追加)を合計した金額。
※各ウォーターサーバー会社で最も安い契約プランでの料金で計算しています。
※価格は税込み表記

以下、費用が安いウォーターサーバーのおすすめランキングを紹介します。各ウォーターサーバーの紹介にある月額料金の詳細は以下の通りです。
月額料金の詳細
  • 月額料金(電気代含む)
    サーバーレンタル代、水ボトル代、安心サポート料を合算したウォーターサーバー会社に支払う料金の合計
  • 月額料金(電気代除く)
    上記に電気代を足したウォーターサーバーの利用にかかる費用の総額
※安心サポート料は加入必須の場合のみ記載しています。

費用が安いランキング1位:ワンウェイウォーター(RO水)

ワンウェイウォーター
出典:https://onewaywater.com/

今回比較したウォーターサーバーの中で最も月額料金が安いランキング1位は、ワンウェイウォーター。 お水の種類がRO水と天然水から選べる上に、ボトル代が1,350円(税込)~/12Lと安い料金です。 「smartプラス」はエコモード搭載で、最大60%電気代を節約できます。

さらに、足元ボトル交換タイプで、ウォーターサーバー内部のクリーン機能付きなど、使い勝手が良い点もおすすめです。 他社のウォーターサーバーと比較し、費用が格安な上に機能性も高い点からおすすめのウォーターサーバーです。

ワンウェイウォーター「smartプラス」の月額料金
水の種類 RO水
初期費用 1,100円
月額料金
(電気代含む)
3,200円/24L
月額料金
(電気代除く)
2,700円/24L
サーバー
レンタル代
無料 電気代 約500円~
ボトル代 1,350円/12L 購入ノルマ 月にボトル3本(36L)
配送料 無料 安心サポート料 無料
※価格は税込み表記


月額料金が安いランキング1位ワンウェイウォーターの申し込みは
公式サイトへ


費用が安いランキング2位:ハミングウォーター(水道水を浄水)

ハミングウォーター
出典:https://www.hummingwater.com/

費用が安いウォーターサーバーのおすすめランキング2位は、ハミングウォーター。 水道水をろ過する浄水型ウォーターサーバーで、ボトル交換やボトルの購入は不要です。

宅配タイプのウォーターサーバーと比較し、月額料金はサーバーレンタル代の3,300円(税込)のみ!安い費用で冷水・温水を使い放題である点がおすすめ理由です。

また、浄水型ウォーターサーバーのエブリィフレシャスと比較し、ハミングウォーターは常温水や再加熱機能を利用できる点が特徴。 他にも省エネモード、チャイルドロック設計などの機能性が高い上に、月額料金3,300円と安い点からおすすめです。

ハミングウォーター「Flows」の月額料金
水の種類 水道水
初期費用 2,200円
月額料金
(電気代含む)
定額3,775円
月額料金
(電気代除く)
定額3,300円
サーバー
レンタル代
3,300円 電気代 約475円~
ボトル代 購入ノルマ なし
配送料 安心サポート料 無料
※価格は税込み表記


コスパが良い水道水ウォーターサーバーハミングウォーターの申し込みは
公式サイトへ


費用が安いランキング3位:エブリィフレシャス(水道水を浄水)

エブリィフレシャス
出典:https://every.frecious.jp/

費用が安いランキング3位は、浄水型ウォーターサーバーのエブリィフレシャス。 コンパクトな卓上タイプのminiと床置きタイプのtallの2種類から選べます。

浄水型ウォーターサーバーで卓上タイプをお探しの方は、本体サイズが横幅25㎝とコンパクトなエブリィフレシャスがおすすめです。

さらに、エブリィフレシャスは、月額料金3,300円の定額で初期費用も無料! 省エネモードやUV殺菌機能の機能付きで、さらにトータル費用が安い点から人気のウォーターサーバーです。

今、公式サイトで契約申し込みすると7日後には自宅にウォーターサーバーが配送され、工事不要ですぐに利用できます。

エブリィフレシャス「tall/mini」の月額料金
水の種類 水道水
初期費用 無料
月額料金
(電気代含む)
定額3,700円
月額料金
(電気代除く)
定額3,300円
サーバー
レンタル代
3,300円 電気代 約410円~
ボトル代 購入ノルマ なし
配送料 安心サポート料 無料
※価格は税込み表記


初期費用が今なら無料!エブリィフレシャスの申し込みは
公式サイトへ


費用が安いランキング4位:アルピナウォーター(RO水)

アルピナウォーター
出典:https://www.alpina-water.jp/

費用が安いランキング4位のアルピナウォーターは、冷水と温水が使えるシンプルな機能のウォーターサーバー。 水のボトル代が1,134円(税込)/12Lで、500mLに換算すると47.3円。ペットボトルと比較しても安い料金で利用できます。

また、一般的なウォーターサーバーの場合、電気代は月1,000円程度ですが、エコサーバーなら約650円に節約可能! 水ボトルの注文ノルマもないため、自分のペースで注文をしたい方におすすめの費用が安いウォーターサーバーです。

アルピナウォーター「エコサーバー」の月額料金
水の種類 RO水
初期費用 無料
月額料金
(電気代含む)
3,877円/24L
月額料金
(電気代除く)
3,227円/24L
サーバー
レンタル代
959円 電気代 約650円~
ボトル代 1,134円/12L 購入ノルマ なし
配送料 無料(※1) 安心サポート料 無料
※価格は税込み表記
※1:宅配便利用の場合は本州は385円/箱、北海道、四国、九州地区は660円/箱


水ボトルの注文ノルマなしで安い!アルピナウォーターの申し込みは
公式サイトへ


費用が安いランキング5位:信濃湧水(天然水)

信濃湧水
出典:https://shinanoyusui.jp/

費用が安いランキング5位の信濃湧水は、天然水のウォーターサーバー。 信濃湧水の水源「矢沢水源」は爺ヶ岳の1,220m地点にあり、国内のミネラルウォーターの採水地ではトップクラスの標高です。

だからこそ、信濃湧水は硬度16の超軟水。赤ちゃんのミルク作りにも使用できると口コミでも評判。

ウォーターサーバーは温水と冷水が使えるシンプルな機能で、使い捨てボトルで利便性が高い点がおすすめ理由です。

水の注文ノルマは3ヶ月間の購入本数が2箱(11.4L×4本)以上あれば問題ないので、一人暮らしで水の消費量が少ない方でも安心!

信濃湧水「エコサーバー」の月額料金
水の種類 天然水
初期費用 無料
月額料金
(電気代含む)
4,077円/24L
月額料金
(電気代除く)
3,741円/24L
サーバー
レンタル代
330円 電気代 約335円~
ボトル代 1,620円/11.4L 購入ノルマ 3ヶ月にボトル4本(45.6L)
配送料 無料(※1) 安心サポート料 無料
※価格は税込み表記
※1:北海道・四国・九州エリアは504円/箱の配送料が発生


天然水のウォーターサーバーで安い信濃湧水の申し込みは公式サイトへ


6位:プレミアムウォーター(天然水)~ウォーターサーバーシェア一番の人気

プレミアムウォーター
出典:https://premium-water.net/

費用が安いウォーターサーバーのおすすめランキング6位は、プレミアムウォーター。 天然水ウォーターサーバーのシェア一番(※日本流通産業新聞社が2020年12月末に実施した「水宅配業界地図2021」)にも輝いた実績を持つほどの人気です。

天然水のウォーターサーバーで最も安いのは「信濃湧水」ですが、デザインや機能性も重視した上で月額料金が安いのはプレミアムウォーターです。 レンタルできるウォーターサーバーは全6種類あり、月額料金を安くしたいなら「スリムサーバーⅢ」がおすすめ!

サーバーレンタル代無料で月額料金はボトル代のみと安い上に、エコモード機能で電気代も節約できます。 信濃湧水の月額料金と比較し400円ほど高いですが、卓上タイプやデザイン性を重視する方はプレミアムウォーターがおすすめです。

プレミアムウォーター「スリムサーバーⅢ」の月額料金
水の種類 天然水
初期費用 3,300円
月額料金
(電気代含む)
4,484円/24L
月額料金
(電気代除く)
3,974円/24L
サーバー
レンタル代
無料 電気代 約510円~
ボトル代 1,566円/11.35L 購入ノルマ 1ヶ月にボトル2本(22.7L)
配送料 無料(※1) 安心サポート料 無料
※価格は税込み表記
※1:12Lボトルの場合はエリアにより配送料が発生(北海道・青森・秋田・岩手・沖縄は220円、石垣・宮古島エリアは715円)

また、プレミアムウォーターの購入ノルマは月22.7Lですが、2ヶ月間(59日間)は配送を無料で停止できるので、1ヶ月あたり12Lの水を消費すれば手数料はかかりません


今ならQuoカード2,000円分をプレゼントプレミアムウォーターの申し込みは
公式サイトへ


7位:クリクラ(RO水)~赤ちゃんのミルク作りにもおすすめ

クリクラ
出典:https://www.crecla.jp/

費用が安いランキング6位のウォーターサーバーはクリクラ。 全国580以上の産婦人科で設置される安全なRO水を、ミルク作りや離乳食作りに使用できます。

全4種類のウォーターサーバーがありますが、デザインや機能性を考慮しておすすめの機種は「クリクラFit」。

他の費用が安いウォーターサーバーと比較し、カバーをつけることで、ボトルが隠れて部屋になじむデザインです。

また、クリクラは契約年数がなく解約金が無料!契約年数がないウォーターサーバーは珍しいので、気軽に導入したい方におすすめです!

クリクラ「クリクラFit」の月額料金
水の種類 RO水
初期費用 2,200円
月額料金
(電気代含む)
4,480円/24L
月額料金
(電気代除く)
3,380円/24L
サーバー
レンタル代
無料 電気代 約1,100円~
ボトル代 1,460円/12L 購入ノルマ 3ヶ月にボトル6本(72L)
配送料 無料 安心サポート料 460円
※価格は税込み表記


子育て家族におすすめクリクラの申し込みは公式サイトへ


8位:アクアセレクト(天然水)~沖縄県にも対応のウォーターサーバー

出典:http://www.aquaselect.jp/

費用が安いランキング5位のアクアセレクトは、天然水のウォーターサーバーです。 アクアセレクトは、初期費用、サーバーレンタル料、水の配送料が無料! 水ボトルのノルマはありますが、毎月2本(22.7L)と消費しやすい点もおすすめポイントです。

また、アクアセレクトは、国土交通省「全国一級河川水質調査」で日本一に16回輝いた伊勢宮川の天然水を使用

ウォーターサーバーの機能はチャイルドロック機能と最低限ですが、天然水を安い料金で飲みたい方におすすめのウォーターサーバーです。 なお、沖縄県への配送も対応しています。

アクアセレクト「アクアセレクトサーバー」の月額料金
水の種類 天然水
初期費用 無料
月額料金
(電気代含む)
4,511円/24L
月額料金
(電気代除く)
3,311円/24L
サーバー
レンタル代
無料 電気代 約1,200円~
ボトル代 1,566円/11.35L 購入ノルマ 月にボトル2本(22.7L)
配送料 無料(※1) 安心サポート料 無料
※価格は税込み表記
※1:沖縄県(990円)、北海道(1,100円)、離島は配送料が有料


初期費用、サーバーレンタル代、配送料が無料アクアセレクトの申し込みは公式サイトへ


9位:ウォータースタンド(水道水を浄水)~卓上型のウォーターサーバーが豊富

ウォータースタンド
出典:https://waterstand.jp/

費用が安いランキング8位は、水道直結型ウォーターサーバーのウォータースタンド。 浄水型ウォーターサーバーの中でも、水道管とサーバー本体をつなぐ水道直結型タイプです。

一度設置すれば、3,000円台の定額料金で蛇口をひねるように冷水・温水・常温水を使用できます。

また、他社のウォーターサーバーと比較し、ウォータースタンドは約14種類と機種が豊富! 卓上型や高機能フィルターでろ過する機種など、生活にあわせて自由に選べます。

ウォーターサーバー内部のメンテナンスは6ヶ月に1回無料で専門スタッフが対応してくれるので安心です。

ウォータースタンド「ネオ」の月額料金
水の種類 水道水
初期費用 工事費用 9,900円
月額料金
(電気代含む)
定額4,709円
月額料金
(電気代除く)
定額3,850円
サーバー
レンタル代
3,850円 電気代 約859円~
ボトル代 購入ノルマ なし
配送料 安心サポート料 無料
※価格は税込み表記


水道直結型ウォーターサーバーで安いウォータースタンドの申し込みは
公式サイトへ


10位:うるのん(天然水)~省エネ機能の使用で電気代を節約

うるのん
出典:https://ulunom.tokai.jp/

費用が安いランキング10位のうるのんは、天然水のウォーターサーバー。 うるのんの天然水は、名水地として有名な富士山のふもとで採水され、さらりとした飲み心地が特徴です。

うるのんでレンタルできるサーバーは全部で3種類。安い費用で利用したい方は「ウォーターサーバーGrande」がおすすめです。

サーバーレンタル料は330円(税込)かかりますが、ウォーターサーバーGrandeは省エネ機能で電気代が約500円/月まで節約できます。

電気代が安い点を考慮すると、サーバーレンタル料金の330円は十分に回収でき、他の2機種(スタイリッシュサーバー、スタンダードサーバー)よりもトータル費用は安いです。

うるのん「ウォーターサーバーGrande」の月額料金
水の種類 天然水
初期費用 無料
月額料金
(電気代含む)
4,730円/24L
月額料金
(電気代除く)
4,230円/24L
サーバー
レンタル代
330円 電気代 約500円~
ボトル代 1,950円/12L 購入ノルマ 月にボトル2本(24L)
配送料 エリアにより165円~1,738円の送料がかかる 安心サポート料 無料
※価格は税込み表記


富士山のふもとで採水された天然水うるのんの申し込みは公式サイトへ


一人暮らしにおすすめ!費用が安いウォーターサーバーのおすすめ3選

一人暮らしにおすすめ!費用が安いウォーターサーバー ここまで費用が安いウォーターサーバーのおすすめランキングを紹介してきましたが、一人暮らしの人が安く利用できるウォーターサーバーを3つ紹介します。 一人暮らしの場合、下記の点でウォーターサーバーを比較するのがおすすめです。
一人暮らしのウォーターサーバーの比較ポイント
  • 水ボトルの最低注文数が決まっていない
  • 場所を取らないコンパクトな大きさ
  • ウォーターサーバーのお手入れが簡単
上記の比較ポイントから、一人暮らしにおすすめの費用が安いウォーターサーバー3選は以下の通り。

エブリィフレシャス 公式サイト ハミングウォーター 公式サイト アルピナウォーター公式サイト
機種
エブリィフレシャス
ハミングウォーター
アルピナウォーター
水の種類 水道水を浄水 水道水を浄水 RO水
タイプ 床置き型・卓上型 床置き型 床置き型・卓上型
初期費用 無料 2,200円 2,200円
月額料金
(電気代含む)
定額3,700円/ 定額3,700円 3,877円/24L
月額料金
(電気代除く)
定額3,300円 定額3,300円 3,227円/24L
購入ノルマ なし なし なし
メンテナンス カートリッジ交換無料
(6ヶ月に1度)
カートリッジ交換無料
(6ヶ月に1度)
無料(2~4年に1度)
契約期間・解約金 ・1年未満の解約…
22,000円
・2年未満の解約…
16,500円
・3年未満の解約…
11,000円
2年未満の解約…
16,500円
1年未満の解約…
11,000円
※価格はすべて税込表記

一人暮らしでウォーターサーバーを利用したい方は、水道水を浄水するタイプのウォーターサーバーがおすすめです。 注文ノルマがなく、ウォーターサーバーのメンテナンスは半年に一度のカートリッジの交換のみ。

月額料金はサーバー本体のレンタル代のみ(定額)で、自宅の水道水を使うので、水の消費量が多いご家庭でも費用がかさむ心配は不要です。

浄水型ウォーターサーバーのおすすめランキングは関連記事「水道水の浄水ウォーターサーバーのおすすめランキング」も合わせてご覧ください。

まとめ:格安のウォーターサーバー選びで後悔しないポイント

格安のウォーターサーバー選びで後悔しないポイント 当記事では、費用が安いウォーターサーバーのおすすめランキングを紹介しました。 格安のウォーターサーバーを選ぶ際に重要なのは、サーバーレンタル代、水代、安心サポート料、電気代などのウォーターサーバーにかかる費用の総額で比較すること。

とはいえ、月額料金の大半を占めるのが水代です。 水の消費量が多い方はボトル代が安いウォーターサーバー、水の消費量が少ない方は、ボトルの注文ノルマがなく定額で安い水道水ウォーターサーバーがおすすめ!

ご自宅の水の消費量を把握し、費用が安いウォーターサーバーのメーカーを選ぶのが後悔しないポイントです。


費用が安いウォーターサーバーのおすすめランキングへ戻る

ウォーターサーバーの新規契約時はキャンペーン特典の利用がおすすめ!

各ウォーターサーバーでは乗り換え時に発生した解約金を負担してくれるキャンペーンや、新規契約者向けのキャッシュバックキャンペーンなどを実施しています。

いずれも期間限定のキャンペーンなので、すぐに契約するつもりがない方もお得な時期を逃さないようにキャンペーン情報の確認がおすすめです。


2022年最新!ウォーターサーバーのキャッシュバック・キャンペーン情報

1週間無料レンタルできるウォーターサーバーを紹介~配送料や手数料も無料

当記事で紹介したクリクラ、ウォータースタンドの2社は、無料お試しキャンペーンを実施しています。 指定のウォーターサーバーを無料で1週間お試しできるキャンペーンです。

配送料、引き取り手数料など一切なく、完全無料でお試しできるので、契約を検討中の方はキャンペーンの利用がおすすめ!
無料お試しキャンペーンの詳細
  • お試し期間:1週間(ボトル1本を使い切るまで)
  • お試し内容:ボトル1本を無料で使える

よくある質問

最後に、費用が安いウォーターサーバーを検討中の方によくある質問を紹介します。

費用が安いウォーターサーバーのおすすめの選び方は?

費用が安いウォーターサーバーのおすすめの選び方は、サーバーレンタル代、水代、安心サポート料、電気代などのウォーターサーバーにかかる費用の総額で比較すること。

水の消費量が多い方はボトル代が安いウォーターサーバー、水の消費量が少ない方は、ボトルの注文ノルマがなく定額料金で安い水道水ウォーターサーバーがおすすめです。

ウォーターサーバーに契約期間や解約金はある?

多くのウォーターサーバーには、レンタルの契約期間が設けられています。 契約期間は1~2年、違約金は1~2万円ほどが一般的。

契約期間内にウォーターサーバーを解約した場合、解約金を支払う必要があるので契約前に確認しましょう。

ペットボトルの水と比較して、ウォーターサーバーは安い?

ウォーターサーバーの月額料金には、水の料金以外にも、サーバーレンタル代や配送料、電気代などの費用がかかります。 当記事で紹介した月額料金が安い「ワンウェイウォーター」は500mLあたり56.3円です。

ペットボトルの水を箱買いした場合は、より安い金額になる場合もあるでしょう。 しかし、ペットボトルの水と比較し、ウォーターサーバーは美味しい水が飲めることに加え、いつでも冷水や温水が使えることに付加価値があります。

PICKUP
CONTENTS

ウォーターサーバー徹底比較!2022年6月最新おすすめランキング

「おうち時間を充実させたい」「ミルク作りの時短に便利」などの理由から利用が増えているウォーターサーバー。 一方、ウォーターサーバーのメーカーや機種が多く、選び方や比較方法が分からないとの声も。 そこで当記事では、ウォータ...
2021.01.20

水道水ウォーターサーバーのおすすめ・比較ランキング【水道直結型・水道水補充型】

水道水ウォーターサーバーとは、浄水器の機能を持つ浄水型ウォーターサーバーのこと。 水道水ウォーターサーバーは、ボトルが配送されるウォーターサーバーと浄水器のいいとこどりのモデルで、月額料金が定額で安く、ボトル不要で使い勝...
2021.11.08

費用が安いウォーターサーバーのおすすめランキング!月額料金を比較

ウォーターサーバーの月額料金には、「水の料金(ボトル代)」「サーバーレンタル料」「安心サポート料」などが含まれます。 費用が安いウォーターサーバーを選ぶポイントは、ウォーターサーバーの利用にかかる費用の内訳を知り、合計し...
2021.06.11

プレミアムウォーターの契約前に!口コミ・評判や注意点を解説

天然水本来のおいしさを味わえる非加熱処理を導入したウォーターサーバー「プレミアムウォーター」。 天然水の採水地は2022年モンドセレクション優秀品質最高金賞・優秀品質金賞を受賞しています。 プレミアムウォーターはデザイン...
2021.02.16

フレシャスウォーターサーバーの口コミ・評判は?サーバー特徴・デメリットまでまとめて解説

フレシャス(FRECIOUS)はデザイン性に優れた高機能機種を多数取り扱うウォーターサーバー。在宅時間が増えている今日、フレシャスのようなおしゃれなウォーターサーバーはインテリアにも馴染むとして人気です。 このページでは...
2021.05.27

ハミングウォーターの契約前に!口コミ・評判やデメリットを解説

水道水を浄水するタイプのウォーターサーバーの中で人気が高い「ハミングウォーター(Humming water)」。 自宅の水道水を使うので、水を多く飲んでも月額料金が高くならない、ボトル交換が不要でゴミが出ないなどのメリッ...
2021.04.14

ウォーターサーバーキャンペーン特典を比較【キャッシュバック・乗り換え・ママパパ向け】

ウォーターサーバーの契約をお得に始めたい方は、キャンペーン特典の利用がおすすめです。 ウォーターサーバーの主要メーカーでは基本的にキャンペーンを実施していますが、特典内容や利用条件はさまざま。 当記事では、新規契約者向け...
2022.02.14