当ページに含まれる広告と商品評価について
当ページには広告リンクが含まれており、当ページを経由して商品・サービスの申込みがあった場合、提携している各掲載企業から広告報酬を受け取ることがあります。ただし、当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無に一切関わらず、コンテンツポリシーに基づき、当サイト独自の調査と実際に使用したレビューをもとに掲載しております。当サイトで得た収益は、皆様により役立つコンテンツを提供するために、品質向上等に還元しております。
近畿でおすすめの電力会社を紹介

関西・大阪で電気料金が安いおすすめ新電力会社比較ランキング【2024年4月】


当ページをご覧の方は、関西に住む予定、もしくは関西に住んでおり、電気料金の節約のために、電力会社の乗り換えを考えているのではないでしょうか。

2024年4月時点で、電力会社は700以上存在し、料金プランが異なるため、電気料金の比較を行うのは大変な作業です。

当ページでは、皆さんの代わりに編集部が数ある電力会社から、関西での利用におすすめの電力会社とプランを紹介します。

電気料金が安い関西での利用におすすめの電力会社を選ぶポイントも解説しますので、ぜひ乗り換え先の電力会社を探す参考にしていただければと思います。

PR
ガスとまとめて手軽!大阪ガスの電気
大阪ガスの電気のバナー
ガスとセット割 オリコン顧客満足度®調査で総合5位
電力供給エリア
関西電力エリア
  • 電気とガスをまとめられるから支払いが楽
  • 1897年創業の長い歴史と信頼
  • 初期費用・解約手数料・期間縛りがないからリスク無しでお試し可能
詳細をみる
「大阪ガスの電気」は関西のインフラを代表するガス会社大阪ガスが提供する電気サービス。1897年創業の長い歴史と大手のガス会社である安心感に加え、ガスとセット割で電気代がよりお得になるのが特徴です。

オリコン顧客満足度®調査で総合5位、当サイトでもおすすめの電力会社として紹介している大阪ガスの電気ですが、初期費用や解約手数料は掛からないので、試してみてはいかがでしょうか?

大阪ガスへの
切り替えはこちら
引越し先で使う方こちら
この記事を書いた人
株式会社EXIDEA (HonNe編集部)
電力会社比較.comやWiMAX比較.comなどの生活インフラメディアを運営する株式会社EXIDEA(HonNe編集部)が執筆をしています。 HonNe編集部では、生活や仕事に関わる製品サービスを日々研究・利用し、本音でレビューしたコンテンツと比較ランキングを配信しています。

HonNe編集部の詳細はこちら

Contents

関西電力エリアでおすすめの新電力会社比較ランキング (大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀・和歌山)

後ほど、家族構成別におすすめの電力会社を紹介しますが、まずは総合的に比較しておすすめの電力会社を3つ、厳選して紹介します。

基本料金0円のLooopでんき「スマートタイムONE」

ループ電気のロゴ
基本料金0円 再エネ アプリあり
電力供給エリア
全国
  • 30分毎に電気料金が変わるため、使い方次第で電気代を安くすることが可能
  • 基本料金が0円のため電気を使わない月も安心
  • アプリで電気料金をリアルタイムでチェック可能
詳細をみる
Looopでんきは基本料金が0円の新電力会社。

30分ごとに電気料金が変わる仕組みを採用しているのが特徴で、電気料金が安い時間帯に電気を利用することで、電気代を安くできます。30分ごとの電気料金はアプリで確認できるので、ゲーム感覚で節電ができるんです。

市場連動型の料金体系なので、電気が高くなるリスクもありますが、現在は大手電力会社や他の新電力会社よりも電気代が大幅に安くなっているのが現状です。

期間縛りや違約金解約金はないので、電気代を安くしたい方におすすめの電力会社と言えるでしょう。

基本料金 0円
固定料金(一律) 14.39円
従量料金 0.01円~


Looopでんきの
公式サイトはこちら

楽天ポイントが貯まるTERASELでんき

テラセル電気のロゴ
楽天ポイント ファミリー向けプランあり
電力供給エリア
沖縄・離島以外の全国
  • エネルギー商社グループ伊藤忠エネクスグループが運営しており、安心
  • 月々の電気料金200円(税込)につき1ポイント楽天ポイントが貯まる
  • ファミリー向けプランがあり、電気を多く使う家庭にもおすすめ
詳細をみる
TERASELでんきは中部電力よりも必ず安くなる料金設定。

電気の使用量が多くなればなるほど、よりお得に電気を使えます。

また、楽天ポイントが電気料金200円につき1ポイント貯まるのも嬉しいポイント。

今なら、契約時に楽天ポイントが2000ポイントもらえるので、楽天経済圏を利用している方は、検討してみてはいかがでしょうか。

TERASELでんきの公式サイトはこちら

関西新電力No1!大阪ガスの電気

大阪ガスのロゴ
関西で人気No1 ガスのセット割あり
電力供給エリア
関西電力エリア(大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山・三重・岐阜・福井の一部)
  • 1897年創業の長い歴史と信頼
  • ガスと一緒で割引あり
  • プランが豊富で人気
詳細をみる
「大阪ガスの電気」は関西では新電力No1(※)の人気を誇る電力サービス。1897年創業の長い歴史と関西のインフラを代表する大阪ガスの大手の安心感に加え、ガスとセットでよりお得になるのが特徴です。

電力プランが豊富なのも、選ばれているポイントの1つ。「スタイルプランP」の場合、電気の契約に加えて、Amazonプライムがついてきます。

初期費用や解約手数料が掛からないので、リスクゼロで一度試してみてはいかがでしょうか?

基本料金 285.00
従量料金 120kWhまで 20.31円
121kWh~350kWh 24.90円
351kWh~ 27.83円


大阪ガスへの
切り替えはこちら
引越し先で使う方こちら


電気代が安いJapan電力

ジャパン電力
基本料金無料
電力供給エリア
沖縄を除く全国
  • 基本料金が無料なので、使った分だけの支払いでOK
  • 全国トップクラスに電気代が安い
詳細をみる
Japan電力は電気代がとにかく安い電力会社です。電気代を安くしたい全ての方やに加え、基本料金がないため、出張が多い方など電気を使った分だけ支払いたい方には特におすすめです。

唯一のデメリットは、1年間の縛りがあること。12か月目の末日までに電力需給契約が終了する場合、契約解除料3,000円(税抜)が発生します。

ただ、電気料金がトップクラスに安いため、例え契約解除料を支払ってもトータルで見れば損をすることは考えにくく、市場連動型の電気代が急騰するリスクを取りたくない方はJapan電力は非常におすすめです。

Japan電力の
詳細や申し込みはこちら

基本料金0円のONEでんき「スタンダードプラン」

ワン電気スタンダードプランのロゴ
基本料金ゼロ
電力供給エリア
沖縄を除く全国
  • 基本料金0円
  • 沖縄・離島以外の全国各地で利用可能
詳細をみる
ONEでんきは全国で電気・ガス・インターネットなどのサービスを提供する株式会社グランデータが行う電気サービス。

基本料金が0円かつ、従量料金が一律なのが特徴で、電気の使用量が多いほど、相対的に電気料金がお得になります。

ONEでんきは初期費用や解約手数料が一切なし。リスクゼロで切り替えが可能なので、一度試してみてはいかがでしょうか?

基本料金 0円
従量料金(一律) 25.5円


ONEでんきの
詳細や申し込みはこちら

dポイント還元率最大3%!ドコモでんきBasic(2022/11/8~受付停止)

関西エリアでおすすめの電力会社の1つはドコモでんき。ドコモユーザー(ギガホ・ギガライト・Ahamo)の場合はdポイントが3%還元され、ドコモユーザー以外でもdポイントが2%還元されるため、実質的に電気をお得に利用できます。

ドコモでんきは初期費用や解約手数料がかからないので、新電力を初めて利用する方も安心して切り替えてみてはいかがでしょうか。

基本料金 341.01
従量料金 120kWhまで 20.31円
121kWh~300kWh 25.71円
301kWh~ 28.7円


ドコモでんきの
詳細はこちら


地域密着型のならでん/奈良電力(受付停止中)

奈良電力のロゴ 関西エリアでおすすめの電気会社は「ならでん」。

その名から想像できる通り、地元に根付いた企業で、奈良電力が収益の一部を「ならでん基金」として積み立てて、地域の教育やスポーツなどに寄付する「ふるさと納電システム」の仕組みを取り入れています。

また、200kWhを超える電気料金が安いことも特徴の1つであり、電気の使用量が多いファミリー層におすすめの電気会社なのです。

基本料金 333.71
従量料金 120kWhまで 20.12円
121kWh~200kWh 26.67円
201kWh~300kWh 21.33円
301kWh~ 24.39円


ならでんの
詳細はこちら


電気料金の計算方法を抑えて、電気代を節約しよう

関西エリアでおすすめの電力会社を紹介しましたが、本当に自分に合った電力会社を選ぶには、電気料金の計算方法を抑えておくことが重要です。

ここでは、電気料金の決まり方を解説します。電気料金は、次の2項目で決まります。

  • 契約アンペア数
  • 電気の使用量


1つずつ解説します。

基本料金を決める契約アンペア数

アンペアとは、一度に利用できる電気の量を示す値です。アンペア数が多ければ多いほど、家電製品を同時に利用可能

関西では、基本料金が一定の電力会社と基本料金が0円の電力会社が存在します。例えば、エルピオでんきとリミックスでんきの場合、アンペア数ごとの基本料金設定は下記の通り。

リミックスでんき エルピオでんき
30A 323.95円 0円
40A 323.95円 0円
50A 323.95円 0円
60A 323.95円 0円


他の地域では、契約アンペア数が上がると、基本料金も上がる料金システムですが、関西では一定か0円なのが特徴です。

また、家電毎のアンペア数は下記の通り。

電子レンジ 15A
IHクッキングヒーター 14A
ヘアドライヤー 12A
掃除機 10A
電気ケトル 10A
エアコン 7A
テレビ 1A


つまり30Aで契約をしている場合、電子レンジとヘアドライヤー、電気ケトルを同時に使用すると、合計で37Aとなり、ブレーカーが落ちてしまいます。

一度に使用する家電の量は、一人暮らしよりも4人家族の方が多くなりやすいため、一般的には何人で住むかによって契約アンペア数が変わります。契約アンペア数に迷われた際は、下記を参考にしてみてください。

対象人数 アンペア数
1-2人暮らし向け 30A
2-3人暮らし向け 40A
4-5人暮らし向け 50~60A


ポイント
  • 電力会社によって基本料金のシステムが違う
  • 契約アンペア数は何人暮らしかで決めるのが一般的


従量料金を決める電気の使用量(kWh)

続いて見るべきは、電気の使用量(kWh)です。

電気の使用量が基本料金にプラスされるため、1kWhあたりが安い電力会社を選べると、電気料金が安くなります。

そして、電気料金は電気の使用量が増えるに連れて、高くなるのが一般的。下記が当サイトでも人気のエルピオでんきとリミックスでんきの例になります。
電力使用量 リミックスでんき エルピオでんき
~120kWh 19.29円 22.2円
121kWh~300kWh 24.42円 22.2円
301kWh以上 27.26円 22.2円


上記を見ると、120kWhまではリミックスでんきが安く、121kWh以上の場合は、エルピオでんきの方が安くなります。

電気料金を安くしたいのであれば、一人暮らしなど電気の使用量が少ない場合に、120kWhや121kWh~300kWhまでの電気料金が安い電力会社、ファミリー層は301kWh以上の電気料金が安い電力会社を選ぶことをおすすめします。

下記が人数ごとの電気の使用量の目安ですので、参考にしていただければと思います。

対象人数 電力使用量
1-2人暮らし向け 120~150kWh
2-3人暮らし向け 200~300kWh
4-5人暮らし向け 350kWh~450kWh


また、電気の使用量はエアコンをよく使う夏と冬に増加します。そのため、直近1年分の電気使用量をチェックすると、トータルで安い電力会社を選びやすくなります。

ポイント
  • 電気の使用量が増えると電気料金が高くなる
  • 直近1年間の電気使用量をチェックすることで、トータルで安い電力会社を選びやすくなる


電気代を安くする新電力会社の選び方を解説

ここからは、電力会社の選び方を解説します。電力会社の選び方で重要なのは、電気料金と利用状況、そして自分のニーズに合っているかという点です。

電気料金に関しては、先ほど解説した通りで、基本料金と電気使用量によって決まります。電気料金を決める大きな要素が家族構成になりますので、電気料金だけで決めたい場合は、家族構成を基準に決めると良いでしょう。

その他のニーズとしては、オール電化の住宅の場合もあるかと思います。ここでは、それぞれのニーズに対して、何を基準に電力会社を選べばいいのかを紹介します。

電気料金の安さで選ぶ場合

安さで選ぶ場合は、想定される電気の使用量に対して、どの電力会社が最も安いのかを知ることが重要です。

そして、電気の使用量は一般的に家族構成で決まります。

そのため、安さで電力会社を選ぶ場合は一人暮らし、2~3人暮らし、4人以上のファミリー向けで選ぶのが一般的。家族構成毎に見るべきポイントは下記の通りです。

対象人数 基本料金 従量料金
1-2人暮らし向け 30Aでの基本料金の安さ 120~150kWhを利用した際の従量料金
2-3人暮らし向け 40Aでの基本料金の安さ 200~300kWhを利用した際の従量料金
4-5人暮らし向け 50~60Aでの基本料金の安さ 450~600kWhを利用した際の従量料金


オール電化におすすめ

家族構成以外に、オール電化に対応した電力プランを選ぶことも重要です。

オール電化の場合は、夜間や休日など、電気の需要が少ない時間帯に電気料金が安くなることが特徴。その代わり、昼間の電気料金は高くなります。

電力会社によって安くなる時間帯幅が変わるため、「夜間の料金単価が安い」という理由だけで電力会社を決定すると、電気料金が高くなる可能性もあるので、要注意です。

関西・大阪での一人暮らしにおすすめの安い新電力比較ランキング

関西・大阪での一人暮らしにおすすめの電力会社は以下の2つのポイントを抑えることが重要です。

  • 30Aでの基本料金が安いか
  • 120~150kWhを使用した時の従量料金が安いか


ここでは、関西・大阪での一人暮らしにおすすめの電力会社をランキング形式で紹介します。

一人暮らし
平均月額電気代
年間節約額(※1) 公式サイト
(比較)関西電力「eおとくプラン」 4,199円 -円 公式へ
1位:Looopでんき 4286円 -5,672円(※2) 公式へ
2位:TERASELでんき 4,112円 -1,046 公式へ
3位:大阪ガスの電気 4,085円 -1,377 公式へ
※2024年4月時点の価格
※燃料費調整額を含んだ金額です
(※1) Looopでんきの電力料金実績比較における各月の電気使用量の平均値で算出しております。
(※2) Looopでんきの電気料金比較表(関西電力エリア)における各月の電気料金を加算して算出しております。


Looopでんきは基本料金が0円の新電力会社で、関西エリアの一人暮らしにおすすめの電力会社です。

30分ごとに電気料金が変わる仕組みを採用しているのが特徴で、電気料金が安い時間帯に電気を利用することで、電気代を安くできます。30分ごとの電気料金はアプリで確認できるので、ゲーム感覚で節電ができるんです。

市場連動型の料金体系なので、電気が高くなるリスクもありますが、現在は大手電力会社や他の新電力会社よりも電気代が大幅に安くなっているのが現状です。

期間縛りや違約金解約金はないので、電気代を安くしたい方におすすめの電力会社と言えるでしょう。

Looopでんきの
公式サイトはこちら


関西・大阪で2~3人世帯向けの安い新電力比較ランキング

関西・大阪での2~3人暮らしにおすすめの電力会社は以下の2つのポイントを抑えることが重要です。

  • 40Aでの基本料金が安いか
  • 200~300kWh(夏冬は300~450kWh)を使用した時の従量料金が安いか


続いては、関西・大阪エリアの2~3人暮らしで電気料金が安い電力会社を紹介します。

電気料金の比較ランキングは以下の通りです。
2~3人暮らし
平均月額電気代
年間節約額(※1) 公式サイト
(比較)関西電力「eおとくプラン」 7,995円 -円 公式へ
1位:Looopでんき 7743円 -12,111円(※2) 公式へ
2位:TERASELでんき 7,573円 -5,064 公式へ
3位:大阪ガスの電気 7,757円 -2,866 公式へ
※2024年4月時点の価格
※燃料費調整額を含んだ金額です
(※1) Looopでんきの電力料金実績比較における各月の電気使用量の平均値で算出しております。
(※2) Looopでんきの電気料金比較表(関西電力エリア)における各月の電気料金を加算して算出しております。


関西・大阪エリアの2~3人の家族暮らしでおすすめの電力会社はLooopでんきです。30分ごとに電気料金が変わる仕組みを採用しているのが特徴で、電気料金が安い時間帯に電気を利用することで、電気代を安くできます。30分ごとの電気料金はアプリで確認できるので、ゲーム感覚で節電ができるんです。

市場連動型の料金体系なので、電気が高くなるリスクもありますが、現在は大手電力会社や他の新電力会社よりも電気代が大幅に安くなっているのが現状です。

期間縛りや違約金解約金はないので、電気代を安くしたい方におすすめの電力会社と言えるでしょう。

Looopでんきの
詳細はこちら


関西・大阪で4人以上の家庭におすすめの安い新電力比較ランキング

関西・大阪での4人以上暮らしにおすすめの電力会社は以下の2つのポイントを抑えることが重要です。

  • 50~60Aでの基本料金が安いか
  • 450~600kWhを使用した時の電気料金が安いか


続いては、関西・大阪エリアで4人以上のファミリー層におすすめの電気料金が安い電力会社を紹介します。

4人以上暮らし
平均月額電気代
年間節約額(※1) 公式サイト
(比較)関西電力「eおとくプラン」 10,931円 -円 公式へ
1位:Looopでんき 10058円 -19,133円(※2) 公式へ
2位:TERASELでんき 9,996円 -11,227 公式へ
3位:大阪ガスの電気 10,600円 -3,983 公式へ
※2024年4月時点の価格
※燃料費調整額を含んだ金額です
(※1) Looopでんきの電力料金実績比較における各月の電気使用量の平均値で算出しております。
(※2) Looopでんきの電気料金比較表(関西電力エリア)における各月の電気料金を加算して算出しております。


Looopでんきは基本料金が0円の新電力会社で、関西・大阪エリアの4人以上のファミリー暮らしにおすすめの電力会社です。

30分ごとに電気料金が変わる仕組みを採用しているのが特徴で、電気料金が安い時間帯に電気を利用することで、電気代を安くできます。30分ごとの電気料金はアプリで確認できるので、ゲーム感覚で節電ができるんです。

市場連動型の料金体系なので、電気が高くなるリスクもありますが、現在は大手電力会社や他の新電力会社よりも電気代が大幅に安くなっているのが現状です。

期間縛りや違約金解約金はないので、電気代を安くしたい方におすすめの電力会社と言えるでしょう。

Looopでんきの
公式サイトはこちら


オール電化住まいにおすすめの安い新電力プラン比較

コスモでんきの「オール電化プラン」

こすも電気のロゴ 関西でオール電化の住宅にお住まいの方におすすめなのはコスモでんきの「オール電化プラン」。

関西電力の「はぴeタイムR」と料金は変わりませんが、特徴的なのはコスモでんきのプラン毎に用意されている以下の特典。

特典内容
スタンダード 電気料金の3%を割引
ポイントプラス 最大で5%のdポイント還元
セレクト dTVが見放題もしくはdマガジンが読み放題
グリーン 電気料金の1%割引 + 環境貢献


現在関西電力を契約している方は、現在よりお得に電気が使えるので、コスモでんきに乗り換えを考えてみてはいかがでしょうか。

料金分類 関西電力
はぴeタイムR
コスモでんき
オール電化プラン
基本料金 単位/1契約
最初の10kWまで 2,200.00円 2,200.00円
(6%割引)
10kWを超える1kWにつき 396.00円 396.00円
電力量料金 単位/1kWh
デイタイム (昼間時間) 夏季(*):28.96円
その他季:26.33
夏季(*):28.96円
その他季:26.33
リビングタイム(生活時間) 22.89円 22.89円
ナイトタイム(夜間時間) 15.20円 15.20円
*夏季は毎年7月1日~9月30日
コスモでんきの
詳細はこちら

電気会社の切り替えに関するよくある質問

新電力とは?

新電力とは、東京電力などの大手地域電力会社*以外の電気会社のことを差します。“新”電力と呼ばれているのは、2016年4月に始まった電力自由化に伴い新規参入してきた企業だからです。

電力自由化とは?

電力自由化とは、これまで大手地域電力会社10社で独占されていた電力販売が、法律の改正により全面自由化されたことをいいます。これにより、さまざまな企業が電力販売事業に参入できるようになり、私たち消費者が契約する電気会社を選べるようになりました。

電力会社を乗り換えても電気の質は変わらないのか?

結論からいうと、新電力になっても、電気の品質に変わりはありません。私たちの家で電気が使えるまでの流れを大きく3つに分けると、発電→送電→販売となります。新電力はこの中で、電気の「販売」のみを担う会社。

つまり発電や送電の仕組みはこれまでと変わらないため、どの電力会社から電気を購入しても電気の質は全く変わらないのです。

賃貸住宅でも電力の切り替えはできるの?工事は必要?

マンション・アパートなどの共同住宅を含み、ほとんどの賃貸住宅で電力会社を切り替えることができます。工事も不要です。
PICKUP
CONTENTS

おすすめ電力会社を徹底比較!料金が安い新電力ランキング【2024年4月最新】

「電気代を安くしたいけど、どの電力会社に乗り換えればいいかわからない。」 「電気料金の仕組みが複雑なので、とりあえずおすすめの電力会社・新電力を教えて欲しい。」 2022年から電気代の高騰が続く中、上記の悩みを持つ方も多...
           
最終更新日:2024年4月8日

電気代が安い!一人暮らしにおすすめの電力会社ランキング【2024年4月】

このページでは、一人暮らし向けの安い電力会社を紹介しています。 2016年の電力自由化に伴い、従来は大手地域電力会社としか契約できなかった電気が、自由に電力会社を選べるようになりました。 しかし、自由に選べるとなると、結...
           
最終更新日:2024年4月1日

【2024年4月最新】東京ガスの電気のメリット・デメリットと評判・口コミ

「関東・東京電力エリアでおすすめの新電力はどこ?」 「ガスとセットでお得な電力会社はないかな?」 そんな方に、おすすめな電力会社は、「東京ガスの電気」。 東証一部上場の企業である東京ガスが提供する電力サービスは、安心感が...
           
最終更新日:2024年4月1日

【2024年4月最新】太陽光発電のメリット・デメリットを徹底解説!

太陽光発電を導入する前にメリット・デメリットを理解しておかないと不安ではないでしょうか? 太陽光パネルは決して安い買い物ではないので、「とりあえず試して後悔した」なんてことだけは避けたいはずです。 当記事では、太陽光発電...
           
最終更新日:2024年4月3日

【2024年】太陽光発電の設置費用は?太陽光パネルの価格相場と費用対効果を解説!

太陽光発電の設置費用を考えずに導入をすると大きく損をする可能性があります。 というのも、太陽光パネルを設置する際に検討すべき費用は、単純なパネル自体の価格だけを考えれば良いわけではないからです。 当記事では、太陽光発電の...
           
最終更新日:2024年4月10日

ソーラーカーポートの価格相場は?メリット・デメリットも紹介【2024年】

ソーラーカーポートの設置において価格を気にされる方は多いでしょう。 当記事では、カーポートに太陽光発電システムを導入するソーラーカーポートの費用について補助金制度を踏まえて解説します。 また、ソーラーカーポートを設置する...
           
最終更新日:2024年4月2日