当ページに含まれる広告と商品評価について
当ページには広告リンクが含まれており、当ページを経由して商品・サービスの申込みがあった場合、提携している各掲載企業から広告報酬を受け取ることがあります。ただし、当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無に一切関わらず、コンテンツポリシーに基づき、当サイト独自の調査と実際に使用したレビューをもとに掲載しております。当サイトで得た収益は、皆様により役立つコンテンツを提供するために、品質向上等に還元しております。
ソーラーカーポートの価格相場は?メリット・デメリットも紹介

ソーラーカーポートの価格相場は?メリット・デメリットも紹介【2024年】


ソーラーカーポートの設置において価格を気にされる方は多いでしょう。

当記事では、カーポートに太陽光発電システムを導入するソーラーカーポートの費用について補助金制度を踏まえて解説します

また、ソーラーカーポートを設置するメリット・デメリットも紹介しますので、カーポートに太陽光パネルを設置して、電気代を削減したい人は参考にしてください。


ソーラーカーポートを提供する
販売店を確認したい人はこちら

Contents

ソーラーカーポートの価格相場は?初期費用を抑えるための補助金制度も紹介

まずは、ソーラーカーポートの平均価格相場を見てみましょう。

ソーラーカーポートの価格相場は、容量・車の台数で変わるのが一般的ですが、オプションの有無や台風や積雪に強いなどの気候に対する条件や、デザイン性でも変わってきます。

ここでは、下記の4つについて解説します。


容量・車の台数別のメーカー別平均価格相場

ソーラーカーポートの価格は、カーポートのサイズとソーラーパネルの発電効率でおおよそ算出することができます

台数別の相場目安は下記の通りです。

カーポートのサイズ 相場価格
1台用 約150万円
2台用 約190万円
3台用 約230万円
4台用 約330万円


蓄電池やV2Hを併用する場合の価格

発電した電気を貯め、夜間に日中貯めた電気を利用することができる蓄電池や、EV車を蓄電池の代わりに使用するV2H(Vehicle to Home)などはソーラーカーポートと相性抜群。

100万円を超える初期投資が必要なため、導入のハードルはありますが、ソーラーカーポートと同時に取り付けることで、日中に発電した電気の自家消費率も高くなり、経済的なメリットも見逃せません

蓄電池を使えば、災害による停電時にも電力を使えるメリットもあります。予算に余裕がある場合は検討すると良いでしょう。

デザイン、耐久性、工事費など追加で発生する費用

上記がソーラーカーポートの相場ですが、ソーラーカーポートの導入には、ソーラーパネルのサイズと発電効率以外にも、価格を決定する要素がありますので、紹介します。

  • 耐久性
  • 雪が降る地域は、積雪の影響を考慮し、より強度を上げる必要があります。費用対効果の面から長期間使用するためにも品質は確認しましょう。

  • デザイン性
  • デザイン性が高く、よりスタイリッシュなソーラーカーポートの方が価格が高くなる傾向にあります。また、オーダーメイドできるものも存在しますが、その分価格は高くなります。

  • カーポートの工事費用(カーポートから作る場合)
  • 地盤や土地の条件、カーポートのサイズなどにより変動するものの、1台用カーポートの場合は約4万円、2台用カーポートの場合は約7万円が相場です。


個人・法人向けの補助金制度を解説

ソーラーカーポートは高額な買い物になるので、補助金の有無は気になるところですよね。

結論から言いますと、個人や家庭で利用できる全国レベルの補助金は現状ありません

一方で、法人や事業対象の補助金は、国が再生可能エネルギー事業を普及させたい意図もあり、存在はします。

公募期間は下記通りです。

  • 一次公募:令和6年4月23日(火)から5月21日(火)正午まで
  • 二次公募:令和5年6月18日(火)から7月16日(火)正午まで

  • ※二次公募は、応募状況によっては実施しない場合があります。
環境省:民間企業等による再エネ主力化・レジリエンス強化促進事業のうちソーラーカーポート事業の公募開始

ソーラーカーポートを検討されている方は、補助金を利用し、賢く導入を進めましょう。

ただ、ソーラーカーポートの販売店であれば、補助金制度を踏まえて提案をしてもらえるはずなので、ソーラーカーポートの導入を検討されている方は一度相談してみると良いでしょう。

ソーラーカーポートを提供する
販売店を確認したい人はこちら

ここまで、ソーラーカーポートの価格相場について解説しました。

ソーラーカーポートの価格が思っていたよりも高く、これなら住宅用の太陽光発電を設置した方が良いかもと思われる方は、下記の記事も参考にしてください。


ソーラーカーポートとは?設置方法と契約体系を解説

続いて、ソーラーカーポートについて簡単に見ていきましょう。

ソーラーカーポートとは、屋根部分に太陽光パネルを設置したカーポート(簡易車庫)のことです。

一般的なカーポートと同じく、車を雨や雪、直射日光から守るための機能だけでなく、カーポートに太陽光発電システムを導入することで、駐車スペースを利用して発電したり、余剰電力を売電できます。

また、発電した電気は自分で利用できるので、電気代が高騰している中、電気代の節約をすることが可能です。

本章では、ソーラーカーポートについて、設置方法と契約体系の観点から解説します。

設置方法から見るソーラーカーポート

ソーラーカーポートの設置方法は2種類に大別されます。

  • 太陽光発電一体型カーポート:屋根自体がソーラーパネルになっているカーポート
  • 太陽光発電搭載型カーポート:既存の屋根の上に太陽光パネルを設置するカーポート

一体型のソーラーカーポートは、見た目がすっきりしており、無駄なく発電ができます。パネルが屋根になっている設計上、地面と平行に作られる場合が多いです。

搭載型のソーラーカーポートは、太陽光パネルとカーポートが別々に設計されており、取り外しが可能です。地域によっては、積雪量の影響で設置ができない可能性もあります。

契約体系から見るソーラーカーポート

ソーラーカーポートは、契約体系からも種類分けできます。もちろん購入して利用することもできますが、以下2つの契約体系で利用すれば、初期費用を抑えることが可能です

  • PPAモデル
  • リースモデル


PPAモデルは法人向けですが、将来的には個人向けのサービス展開も考えられるので、選択肢の1つとして知っておくと良いでしょう。

PPAモデル

PPA(Power Purchase Agreement:電力販売契約)モデルとは、土地所有者の敷地にソーラーカーポートを設置し、初期投資の負担をかけずに太陽光発電システムを導入する方法です。

PPAモデルでは、太陽光パネルで発電した電気を使用した分だけ購入する仕組みとなっており、電力会社から購入する電気代よりも安い場合は、電気代の削減に繋がります。

さらに、PPAモデルではメンテナンス費用も負担してもらえます。

加えて、15年~20年で設定されている契約期間が満了すれば、太陽光発電システム設備を譲渡してもらえるのも嬉しいポイントです。

リースモデル

リースモデルとは、設置費用は提供会社が負担する代わりに一定期間の契約を結び、月々決まった金額を支払う仕組みです。

発電した電力は自家消費可能で、売電することもできます

初期費用がかからず、契約期間中はメンテナンスや修理なども提供会社が担当するため、負担を抑えてソーラーカーポートを導入できる点がメリットです。

また、PPAモデル同様に、一般的には契約期間満了後に太陽光発電システム設備を譲渡してもらえます


ソーラーカーポートを提供する
販売店を確認したい人はこちら

電気代の削減以外にもメリットが!太陽光パネルをカーポートに設置する4つの理由

一般的に太陽光発電といえば、屋根に設置するものをイメージすることが多いと思いますが、なぜソーラーカーポートは必要とされているのでしょう。

ソーラーパネル導入自体に節電が期待できること、再生可能エネルギーのため環境に優しいことなどが挙げられますが、ここでは、ソーラーカーポートが持つ特有のメリットを4つ見ていきます


屋根に設置する住宅用ソーラーパネルに比べて導入ハードルが低い

ソーラーカーポートのメリット1つ目に挙げられるのは、住宅用のソーラーパネルと比較して、設置ハードルが低いこと。

住宅用のソーラーパネルには、屋根の方角や面積、強度など、設置するに当たって、屋根自体が設置に適しているのかという厳しい条件をクリアする必要があります。

一方、カーポートの場合は、方角を気にする必要もなく、建物への負荷や影響も抑えることができるので、設置のハードルが下がるでしょう

また、マイホームの屋根にソーラーパネルを付ける場合、見映えを心配する方もいるかも知れません。

しかし、カーポートの場合はスタイリッシュなデザインのものが多いため、見た目に関してもハードルが低いと言えるでしょう。

住宅用の太陽光パネルや蓄電池との併用でさらなる節約の可能性がある

続いて紹介するソーラーカーポートのメリットは、住宅用の太陽光パネルや蓄電池との併用で、さらに節約できる可能性がある点

1台用のソーラーカーポートでは日中の電力使用量に満たない場合や、夜間の電力もソーラーカーポートで発電した電気を利用したい人は、他の設備との併用も検討すると良いでしょう。

仮に、住宅用の太陽光パネルを設置すれば、さらなる発電が可能です。また、蓄電池を設置すれば、日中貯めた電力を夜間に利用できます。

特にオール電化住宅であれば、併用のメリットは大きいのでおすすめです

しかし、電力の使用量や蓄電池の容量によってはメリットを得られない場合もあるので注意しましょう。

スペースの有効活用が可能

ソーラーカーポートのメリット3つ目は、スペースの有効活用が可能な点です。

ソーラーカーポートの場合、駐車場の上の空間のみを利用するため、駐車自体のスペースを圧迫せずに発電することができます

また駐車場は、一軒家でもマンションであっても、電力需要施設(電力を利用する場所)と隣接しているため自家消費が容易。

ソーラーカーポートを利用することで、敷地内全体でのZEB/PEB(※)の実現が可能になるのです。
※ZEB/PEB
  • ゼロ・エネルギー・ビル
  • 年間の一次エネルギー消費量の収支をゼロとすることを目指した建築物のこと
  • ポジティブ・エネルギー・ビル
  • 年間の一次エネルギー消費量を上回る発電を行うことを目指した建築物のこと


災害発生時に電力を利用できる

ソーラーカーポートの最後のメリットは災害発生時に非常用電源として活用できること。

ソーラーカーポートがあることで、災害時などにインフラが一時的にダウンしていても、電力を利用することが可能です

事業においては災害耐性の強化に繋がります。

ここまで紹介したメリットを踏まえ、ソーラーカーポートの導入を検討する方は、販売会社を探しましょう。

ソーラーカーポートを提供する販売店を確認したい人はこちら

後悔しない!カーポートに太陽光発電を導入するデメリット

ソーラーカーポートの相場感から導入を検討されている方もいると思いますが、実際に購入する前にデメリットを把握しておきましょう

ここでは、ソーラーカーポートのデメリットを5つ紹介します。

陰に隠れて期待した発電量にならない可能性がある

ソーラーカーポートのデメリット1つ目は、陰に隠れて期待した発電量に満たない可能性があること。

ソーラーカーポートは住宅などの建築物よりも低くなってしまうため、近くに木や住宅がある際には、陰に隠れやすくなります。

日光が当たる面積が少なくなると、必然的に太陽光発電の効率も下がるため、発電量がシミュレーションを下回る場合があります

ソーラーカーポートを設置する場所の日当たりを確認してから導入しましょう。

住宅のデザインと合わない場合もある

カーポートを新たに建設する場合や、カーポートと太陽光パネルが別々になっている太陽光発電搭載型カーポートの場合はデザイン面で住宅の雰囲気と合わない場合があります

しかし、ソーラーカーポートの中にはデザインを重視したものもあるので、デザインが気になる場合は、デザイン重視のカーポートを検討すると心強いでしょう。

台風や積雪など災害時の不安

地域によっては台風が多いところ、積雪が激しいところなど、気候条件が異なります。

積雪を想定していないカーポートの場合は、雪の重さに耐えきれず、倒壊してしまう場合もあるため注意が必要です

居住地の気候条件に合わせてソーラーカーポートを選ぶと、後悔するリスクは減るでしょう。

そのため、実績のある販売会社に相談をしてから導入することをおすすめします。

建設確認申請を出す手間がかかる

ソーラーカーポートのデメリット4つ目は建設確認申請を出す必要があることです。

建設確認申請に関しては法的な決まりであり、手間がかかることがデメリットに挙げられます

法律上、カーポートは「建築物」に該当するため、都道府県の土木事務所建築課、または市役所の建築確認窓口に、建築確認申請を提出することが必須。

建築確認申請を出さないと、違法建築物と見做されて、撤去命令を命じられる可能性があります

そのような最悪のケースを避けるためにも、法に則って、建築確認申請を出すようにしましょう。

ランニングコストがかかる場合がある

最後のデメリットはソーラーカーポートを所有する際のコストです。

ソーラーカーポートは一般的に長期に渡り使用する場合が多いので、メンテナンスが必要になります。

定期的な清掃や部品の交換などにより費用が発生するので、シミュレーション時はこれらのメンテナンス費用もふまえて考えましょう

また、ソーラーカーポートは下記の条件に当てはまる場合、固定資産税がかかります。

  • 基礎が地面に固定されている
  • 屋根がある
  • 三方以上が壁に囲われている
  • 居住、作業、貯蔵などに利用できる状態にある


ただ、一般的なカーポートの場合は、これらの条件を満たすことはなく、固定資産税がかかりません。

ソーラーカーポート自体の固定資産税がかかる条件としては、下記がありますので、必ずチェックしましょう。

  • 発電量が10kW以上である
  • 屋根一体型である


これらのデメリットを把握した上で、ソーラーカーポートの導入を検討する方は販売店を探しましょう。

ソーラーカーポートの導入を依頼する販売会社選びの注意点

ソーラーカーポートのメリット・デメリットを把握した上で、実際に導入する場合は、まず販売会社に問い合わせを行います。

ここで注意しておきたいポイントが4つあるので、それぞれ解説していきます。


ソーラーカーポートを設置する価格

注意点の1つ目は、ソーラーカーポートを設置する価格です。ソーラーカーポートを設置する上で、価格の見積もりは避けては通れません。

まずは自分の予算を把握した上で販売会社に問い合わせを行いましょう。ここで注意しておきたいポイントが、初期費用だけにこだわらないことです。

予算内で対応してもらえるのか、自身に合わせたシミュレーションを提示してもらえるか等、初期費用だけでなく長期的な目線での費用対効果も考慮して販売会社を選びましょう

ソーラーカーポートを設置した実績

2つ目のポイントは、ソーラーカーポートを設置した実績です。

ソーラーカーポートの設置後に不備が出ないためにも、過去にソーラーカーポートの導入実績がある販売会社に依頼することをおすすめします

特に積雪地域など気候に左右されるエリアでは、倒壊の危険性を加味して工事計画を立てているかなどの質問をしてみると良いでしょう。

故障や修理時の保証

続いての注意すべきポイントは、故障や修理時の保証です。

ソーラーカーポートを含めた太陽光発電は長期的に運用する必要があり、メンテナンスは欠かせません。

そのため、なにか不具合が出た場合にも対処してもらえるのか、自己負担はどの程度必要になるのか、事前に販売会社に確認しておくと良いです。

初期費用が高くても保証が充実している場合は、総合的に見てメリットが高い可能性もあるので、しっかりと把握しましょう

デメリットまで開示する信頼性

最後に紹介する注意点は、販売会社の信頼性です。

ソーラーカーポートは決して安い買い物ではないため、自分が納得した上で導入するためにも、デメリットを把握しておくことが必要です

しかし、利益優先の考えを持っている販売会社は、ソーラーカーポートの導入について相談した際に、メリットばかりを伝えてくる可能性があります。

そのため、最善の提案をしてもらうためにも、デメリットをしっかりと伝えてもらえる販売会社を選びましょう

長期のメンテナンスを依頼する場合にも信頼性は重要なポイントになるので、見極めておくことをおすすめします。

ソーラーカーポートの導入においては、上記を踏まえた上で相談する販売会社を決めましょう。次章では、ソーラーカーポートの導入におすすめの販売会社を紹介します。

ソーラーカーポートの導入におすすめの販売会社

ソーラーカーポートの導入に関して販売会社の選定は重要なポイントです。ここでは、ソーラーカーポートの販売会社を紹介します。

総合的な観点から無料で太陽光の相談ができる「SUNSエナジー株式会社」

SUNSエナジー SUNSエナジー株式会社はカーポートだけでなく住宅用の太陽光パネルも設置する販売会社です。オール電化住宅の方や蓄電池の導入も検討している方は総合的な観点から提案をもらえます

SUNSエナジーはPanasonicの指定販売店と埼玉県の協働事業者に選定されています。
※引用:Panasonicの指定販売店  ※引用:埼玉県 住宅用太陽光埼玉あんしんモデル

特に埼玉県の協働事業者は、住宅用太陽光発電設備の販売又は施工を3年間で30件以上設置した実績がある業者を選定しており、実績があることも確認できます。

現在、SUNSエナジーでは、無料でシミュレーションを実施できます。

ソーラーカーポートの設置を検討中で、具体的な費用対効果を知りたい方は、以下のフォームから申し込み可能です

当サイト経由で無料シミュレーション実施可能 フォームを入力して
SUNSエナジーに相談する

カーポートに特化した「トモシエ」のソーラーカーポート

トモシエのic 「トモシエ」はカーポートに特化したソーラーカーポートの販売会社です。トモシエは、日本マーケティングリサーチ機構が行った調査で下記の三冠を獲得した信頼できるサービス。

  • 安心と信頼のソーラーカーポート販売店 No.1
  • 施工実績が信頼できると思うソーラーカーポート販売店 No.1
  • 戸建所有者がおすすめするソーラーカーポート販売店 No.1


トモシエの特徴は以下の通りです。

  • 豊富な選択肢
  • 日本中のメーカー品を取り扱っており、要望に合わせた最適なカーポートの提案が可能。

  • サポートが充実
  • 最初から最後まで豊富な実績を持つ担当者が対応します。

  • 施工体制が安心
  • トモシエは各ソーラーカーポートメーカーの推奨工事店に選ばれています。

  • 全国1500件以上の施工実績
  • 日本全国で1500件以上の施工実績があるので、安心。


信頼と実績があるので、ソーラーカーポートの導入に関心がある方は、ぜひ一度問い合わせてみてはいかがでしょうか?

※トモシエは以下の地域外からのお申し込みは受け付けておりません。下記の地域に当てはまらない方はSUNSエナジーに相談しましょう。
トモシエ対象地域

岩手 / 宮城 / 山形 / 福島 / 茨城 / 栃木 / 群馬 / 埼玉 / 千葉 /神奈川 / 東京 / 山梨 / 静岡 / 愛知 / 岐阜



トモシエの公式サイトはこちら

この記事を書いた人
株式会社EXIDEA (HonNe編集部)
HonNeをはじめとした生活インフラ・重要購入品に関するメディアを運営する株式会社EXIDEA(HonNe編集部)が執筆をしています。 HonNe編集部では、生活や仕事に関わる製品サービスを日々研究・利用し、本音でレビューしたコンテンツと比較ランキング・おすすめ品を紹介しています。

PICKUP
CONTENTS

おすすめ電力会社を徹底比較!料金が安い新電力ランキング【2024年5月最新】

「電気代を安くしたいけど、どの電力会社に乗り換えればいいかわからない。」 「電気料金の仕組みが複雑なので、とりあえずおすすめの電力会社・新電力を教えて欲しい。」 2024年4~6月にかけて、電気料金の値上がりが続く中、上...
           
最終更新日:2024年5月20日

電気代が安い!一人暮らしにおすすめの電力会社ランキング【2024年5月】

このページでは、一人暮らし向けの安い電力会社を紹介しています。 2016年の電力自由化に伴い、従来は大手地域電力会社としか契約できなかった電気が、自由に電力会社を選べるようになりました。 しかし、自由に選べるとなると、結...
           
最終更新日:2024年5月10日

【2024年5月】東京ガスの電気の評判は?サービス内容を徹底解説

「ずっと東京電力を使っているけど、値上げで電気料金が高くなった?」 「新電力も気になるけど、やっぱり大手で評判の良い会社のほうが安心……」 このように感じている方に、電気料金が安く評判の良い電力会社としておすすめなのが「...
           
最終更新日:2024年5月20日

【2024年5月最新】太陽光発電のメリット・デメリットを設置時の注意点とあわせて解説!

太陽光発電を導入する前にはデメリットとメリットを理解しておかないと不安でですよね。 太陽光パネルは決して安い買い物ではないので、「とりあえず試して後悔した」なんてことだけは避けたいはずです。 太陽光発電にはそれぞれ6つの...
           
最終更新日:2024年5月27日

【2024年】太陽光発電の設置費用相場は?太陽光パネルの価格と費用対効果を解説!

太陽光発電の設置費用を考えずに導入をすると、大きく損をする可能性があります。 そのため、太陽光発電の設置費用の相場を知っておくことは重要です。 太陽光発電の設置費用相場 1kWあたり平均28.8万円 しかし、上記は一般的...
           
最終更新日:2024年5月22日

ソーラーカーポートの価格相場は?メリット・デメリットも紹介【2024年】

ソーラーカーポートの設置において価格を気にされる方は多いでしょう。 当記事では、カーポートに太陽光発電システムを導入するソーラーカーポートの費用について補助金制度を踏まえて解説します。 また、ソーラーカーポートを設置する...
           
最終更新日:2024年5月4日

太陽光発電システムと家庭用蓄電池を設置するメリット・デメリット

太陽光で発電した電力を、日常生活や災害時などの必要なタイミングで使えるメリットがある家庭用蓄電池。 しかし、太陽光発電システムの自体の導入費用に加え、蓄電池も設置する際はさらに予算が必要です。せっかく蓄電池を設置をしても...
           
最終更新日:2024年5月22日