当ページに含まれる広告と商品評価について
当ページには広告リンクが含まれており、当ページを経由して商品・サービスの申込みがあった場合、提携している各掲載企業から広告報酬を受け取ることがあります。ただし、当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無に一切関わらず、コンテンツポリシーに基づき、当サイト独自の調査と実際に使用したレビューをもとに掲載しております。当サイトで得た収益は、皆様により役立つコンテンツを提供するために、品質向上等に還元しております。
Looopでんきのクチコミや評判

Looopでんきの評判・口コミは?料金プランと2つのデメリット


Looopでんき(ループでんき)は、基本料金無料・電気代の安さや料金体系のシンプルさなどから人気を集めている新電力サービス。

設立からわずか10年にもかかわらず、契約者数はすでに33万件*を超えています。(*2021年9月末時点)

急成長中のLooopでんきですが、実際にどんなメリットがあって人気なのでしょうか。

本記事では、Looopでんきがどんな電力会社なのか、利用者の口コミや評判などを徹底解剖していきます。

電力会社の切り替えでLooopでんきを視野に入れている方は必見ですよ。

申し込みをお急ぎの方はこちらをクリック Looopでんきの公式サイトはこちら

この記事を書いた人
株式会社EXIDEA (HonNe編集部)
電力会社比較.comやWiMAX比較.comなどの生活インフラメディアを運営する株式会社EXIDEA(HonNe編集部)が執筆をしています。 HonNe編集部では、生活や仕事に関わる製品サービスを日々研究・利用し、本音でレビューしたコンテンツと比較ランキングを配信しています。

HonNe編集部の詳細はこちら

Looopでんきはどんな電力会社?3つの特長を紹介

Looopでんきは現在、契約件数が33万件超えの人気の新電力会社。ここでは、Looopでんきが人気な3つの理由を紹介します。

基本料金0円!従量料金のみで電気代が安い

Looopでんきの特長1つ目は、電気代の基本料金が0円であること。

通常、電気料金は基本料金に利用した電気分の従量料金を加えるものです。

ですが、Looopでんきの場合は、電気代の基本料金が0円のため、使った電気の分を支払う仕組み。契約アンペア数が高く、電気の使用量が多いファミリー層におすすめな電力会社なのです。

解約手数料ゼロ!契約期限の制限なし

Looopでんきの2つ目の特長は、解約手数料がゼロな点。一定期間契約しないと〇円の違約金といった事態が発生しないので、安心して利用できます。

初めて新電力会社を契約する方にとっては、お試しとしてLooopでんきを使うことも可能ですよ。

再生可能エネルギーを使用!地球環境にも優しい

Looopでんき3つ目の特長は、再生可能エネルギーの電気を使用しているプランがあること。

地球温暖化が問題になっていますが、Looopでんきでは、CO2の排出係数が少ないメニューや再生可能エネルギー100%の電気を使用し、CO2を排出しないメニューなども提供しています。

Looopでんきは安く電気を使うだけでなく、地球環境にも配慮したい方にもおすすめの電力会社なのです。

会社概要や設立の想い

looopでんきのロゴ Looopでんきは、株式会社Looop(ループ)が展開している新電力サービスです。

会社設立のきっかけは、2011年3月の東日本大震災。株式会社Looopの現代表取締役社長中村創一郎さんが、「何か力になれることをしたい!」という熱い想いから誕生したのがLooopでした。

Looopは、太陽光発電を無償で被災地に設置。このボランティア活動からエネルギービジネスに力を入れるようになり、現在では「Looopでんき」という電力小売事業を行っています。

誕生エピソードから好感度の高いLooopでんき。その上、太陽光発電などエコな事業に注力している会社という点も高く評価されています。
会社名株式会社Looop
所在地〒110-0005
東京都台東区上野三丁目24番6号
上野フロンティアタワー15階・22階
設立2011年4月
資本金等 4,094百万円(資本準備金3,773百万円)
※2021年10月末現在
代表代表取締役会長 CEO 中村創一郎
代表取締役社長 COO 森田卓巳
事業内容・太陽光発電システムの開発、販売、設置、管理
・電力の買取、卸売、小売
・自社発電所の開発、運営
・独立型太陽光発電システムと周辺機器のインターネット販売
etc
新電力って?2016年の電力自由化をきっかけに新しく電力販売事業を始めた、大手地域電力10社以外の電力会社のことをいいます。Looopでんきのような新電力は、電気の販売のみを行う企業なので、大手地域電力のような設備投資などのコストがかからず、電気を安く販売ができるんです。

Looopでんきはおすすめか?口コミ・評判をチェック

電気は私たちの暮らしに欠かせないもの。メリットや評判、口コミが気になるところです。

実際のところLooopでんきのメリットや評判はどうなのでしょうか?口コミや評判から、Looopでんきのメリット・おすすめ理由を詳しく見ていきましょう。

電気料金が安くなり節約になったと評判のLooopでんき

すでに契約している電力会社からLooopでんきに乗り換えたところ、月々の電気料金が安くなったという口コミが多く、節約にはもってこいと評判。

そのため、電気料金の見直しや引越しを機にLooopでんきとの契約を前向きに検討している方も多いです。

Looopでんきはオール電化の世帯も口コミから伺える満足度の高さ

上記はオール電化のご家庭でLooopでんきに切り替えた方のメリットに関する口コミです。

電気料金が安いメリットに対して、Looopでんきに満足している様子が口コミから伺えます。

料金の他にも、Looopでんきには様々なメリットがあります。こちらも併せてチェックしてみてください。

  • Looopでんきは違約金と事務手数料が無料。導入へのハードルが低い
  • 契約期限に制限がないため、いつでも無料で解約可能
  • 電気+ガスのセットプランもあるので、電気代だけでなくガス代の節約も可能(東京電力エリアのみ)
  • Looopでんきアプリでいつでも電気の使用量や料金などのデータを確認できるため、節約に繋がる

Looopでんきの公式サイトはこちら

Looopでんきは電気の質も心配不要

電力会社の切り替える時、「停電したりしない?」「電気の供給が不安定だったら?」のような不安を持つ方もいますよね。

結論からいうと、Looopでんきに切り替えても、電気の品質や安定性はこれまでと全く変わりません。

私たちの家に電気が届くまでの流れは、大きく分けると発電→送電→販売の3ステップ。

Looopでんきのような”新電力“と呼ばれる電力会社は、この中で販売のみを行う会社です。

つまり発電や送電の仕組みはこれまでと同じであり、Looopでんきの電気の品質や安定性は大手地域電力会社と全く変わらないのです。

Looopでんきに切り替えても、私たちの生活に支障がでることはないので、心配はいりません。

料金プランをシミュレーション比較!解約金無料で安心

Looopでんきの一般家庭向け料金プランには、現在「スマートタイムONE(電灯)」の1プランと「Looopでんき+ガス」プランのみ(※)が利用可能になっております。

「スマートタイムONE(電灯)」プランと「Looopでんき+ガス」プランの特徴や電気料金の詳細は以下の通りです。

(※)過去には「おうちプラン」「ビジネスプラン」「再エネどんどん割」「スマートタイムプラン」などのプランもありました。

市場連動型の「スマートタイムONE(電灯)」

LooopでんきのスマートタイムONE(電灯)は、基本料金が0円で、固定従量料金に加えて市場連動型の料金が加算される電気料金プランとなっています。

エリア 基本料金 固定従量料金
北海道電力 0円 16.17円(税込)/kWh
東北電力 0円 16.84円(税込)/kWh
東京電力 0円 15.28円(税込)/kWh
中部電力 0円 16.07円(税込)/kWh
北陸電力 0円 15.09円(税込)/kWh
関西電力 0円 14.39円(税込)/kWh
中国電力 0円 15.96円(税込)/kWh
四国電力 0円 15.91円(税込)/kWh
九州電力 0円 15.87円(税込)/kWh
沖縄電力 0円 18.88円(税込)/kWh


2023年8月現在、電気料金実績を見ると、各エリアにおける大手電力会社の主要プランよりも大幅に安くなっているのが特徴で、当サイトでもおすすめしているプランとなります。

もちろん、市場連動型の料金プランため、高くなるリスクもありますが、契約期間の縛りや解約金・違約金も発生しないので、リスクは少ないと言えます。大手電力会社が値上げを行なったため、切り替え先の電力会社を探している方には、Looopでんきはおすすめの新電力会社と言えるでしょう。

\基本料金・解約手数料が0円/

Looopでんきの公式サイトはこちら

ガスとセットでお得な割引!「Looopでんき+ガス」プラン

Looopでんきでは、関東エリアの都市ガスユーザーの方限定で、Looopでんき+ガスプランを用意しています。Looopでんき+ガスプランは、どれだけ電気とガスを使っても基本料金・従量料金が一定なのが特長のプラン。

Looopでんき+ガスプランを申し込むと、電気の従量料金が約2%割引されるので、電気をよりお得に利用できます。

電気料金 単位 料金単価
基本料金 1契約 0.00円
電力量料金 1kWh 14.39(※)
都市ガス料金 単位 料金単価
基本料金 1契約 1,000.00円
従量料金 1kWh 128.00円
※地域によってことなります。地域別の固定従量料金はこちら

注意点やデメリット

電気料金が安い、料金システムがシンプルで分かりやすいなど様々なメリットがあるLooopでんき。

一般家庭から法人まで幅広く人気を集めていますが、残念ながらデメリットも存在します。

Looopでんきを契約する前に、デメリットや注意点にも目を向けておきましょう。

電話申し込みができない

Looopでんきへの申し込みはWebページからのみとなっています。電話の方が安心という方にとっては、デメリットになりやすいポイントです。
ただ、申込手続きで困った時は電話で問い合わせすれば解決可能なので、初めての方でも挑戦しやすいですよ。

支払方法はクレジットカードのみ

Looopでんきの支払い方法はクレジットカードのみで、コンビニ払いや口座引落しなどに対応していません。クレジットカードを持っていない、あるいはあまり使いたくないという方にとってはデメリットになり得るので、注意しましょう。

申し込み方法をチェック

申し込み方法は電力会社によって異なります。最後に、Looopでんきを契約する際の申し込み方法を見ていきましょう。

ステップ1:重要事項の確認

Looopでんきの申し込みフォームで契約にあたっての重要事項説明書を確認し、同意する場合はチェックを入れて先に進みます。

ステップ2:申し込み者の情報を入力【必要情報】

  • 契約者名義
  • お客様番号(検針票に記載されているもの)
  • 現在の電力プラン(東京電力エリアのみ)
  • クレジットカード内容
  • 電話番号やメールアドレス

情報を入力する際は、手元に検針票を準備しておくとスムーズです。

Looopでんきの申し込み手続きは以上2ステップだけ。あとはLooopでんきの方で現在契約している電力会社の解約手続きをしてくれたり、供給準備を行ってくれます。

契約者側においては面倒な手続きが一切ないので、気軽にLooopでんきへの乗り換えができますよ。

Looopでんきの公式サイトはこちら
PICKUP
CONTENTS

おすすめ電力会社を徹底比較!料金が安い新電力ランキング【2024年4月最新】

「電気代を安くしたいけど、どの電力会社に乗り換えればいいかわからない。」 「電気料金の仕組みが複雑なので、とりあえずおすすめの電力会社・新電力を教えて欲しい。」 2022年から電気代の高騰が続く中、上記の悩みを持つ方も多...
           
最終更新日:2024年4月8日

電気代が安い!一人暮らしにおすすめの電力会社ランキング【2024年4月】

このページでは、一人暮らし向けの安い電力会社を紹介しています。 2016年の電力自由化に伴い、従来は大手地域電力会社としか契約できなかった電気が、自由に電力会社を選べるようになりました。 しかし、自由に選べるとなると、結...
           
最終更新日:2024年4月1日

【2024年4月最新】東京ガスの電気のメリット・デメリットと評判・口コミ

「関東・東京電力エリアでおすすめの新電力はどこ?」 「ガスとセットでお得な電力会社はないかな?」 そんな方に、おすすめな電力会社は、「東京ガスの電気」。 東証一部上場の企業である東京ガスが提供する電力サービスは、安心感が...
           
最終更新日:2024年4月1日

【2024年4月最新】太陽光発電のメリット・デメリットを徹底解説!

太陽光発電を導入する前にメリット・デメリットを理解しておかないと不安ではないでしょうか? 太陽光パネルは決して安い買い物ではないので、「とりあえず試して後悔した」なんてことだけは避けたいはずです。 当記事では、太陽光発電...
           
最終更新日:2024年4月3日

【2024年】太陽光発電の設置費用は?太陽光パネルの価格相場と費用対効果を解説!

太陽光発電の設置費用を考えずに導入をすると大きく損をする可能性があります。 というのも、太陽光パネルを設置する際に検討すべき費用は、単純なパネル自体の価格だけを考えれば良いわけではないからです。 当記事では、太陽光発電の...
           
最終更新日:2024年4月10日

ソーラーカーポートの価格相場は?メリット・デメリットも紹介【2024年】

ソーラーカーポートの設置において価格を気にされる方は多いでしょう。 当記事では、カーポートに太陽光発電システムを導入するソーラーカーポートの費用について補助金制度を踏まえて解説します。 また、ソーラーカーポートを設置する...
           
最終更新日:2024年4月2日