HISでんきの評判は?口コミや最新料金プランを解説
最終更新日:2022.05.23

HISでんき(HTBエナジー)は高くなった?評判や口コミ・最新料金プラン


HTBエナジーが提供するHISでんき(たのしいでんき)は、大手地域電力と比較すると、料金単価や基本料金が最大5%安い電力会社。

2021年11月に料金プランの改定があり、ほとんどのプランにあんしんサポート365が無料でついてくるなど、サポートが手厚くなりました。

とはいえ、ライフラインである電気のことは、「慎重に検討したい」「口コミや評判もしっかりと確認したい」とお考えの方も多いですよね。

そこでこのページでは、HISでんきに興味を持っている全ての方に、以下のことを紹介いたします。

  • HISでんきを運営する会社「HTBエナジー」について
  • 2021年12月の最新料金プラン
  • あんしんサポート365とはどんなサポートなのか
  • HISでんきの評判や口コミ
  • デメリットや注意点
  • HISでんきに切り替える方法

この記事を読めば、HISでんきに対する不安や疑問が解消でき、納得して契約することができますよ。それではさっそく見ていきましょう。
注意 HISでんきは2022年4月21日現在、新規申込の受付を停止しております。当サイトでは、他にもおすすめの電気会社を比較し紹介しているので、そちらも参考にしていただければと思います。

おすすめの電力会社を探す

HTBエナジー「HISでんき」はどんな電力会社?

HISでんきは、HTBエナジー株式会社が提供する電力販売サービス。

ここではHISでんきがどんな電力会社なのか、簡単に概要を見ていきましょう。

提供する会社「HTBエナジー」は、旅行事業で有名なHISグループの子会社

HISでんき
HISでんき(たのしいでんき)を提供する会社は、HTBエナジー株式会社。

長崎にあるテーマパーク、ハウステンボスのグループ会社として2015年2月2日に設立しました。

HTBエナジーは、旅行事業で有名なHISエネルギーホールディングス株式会社を親会社として持っており、大手の子会社という安心感のある電力会社です。
会社名 HTBエナジー株式会社
(HTB ENERGY CO., LTD.)
設立 2015年2月2日
資本金 95,000,000円
代表取締役
社長
赤尾 昇平
主要株主 HISエネルギーホールディングス株式会社
グループ会社 株式会社エイチ・アイ・エス
ハウステンボス株式会社
業務内容 電力小売り業務
料金プラン PRIMEプラン-地域の電力会社の従量電灯から最大5%割引のプラン。
ぜんぶでんき-オール電化住宅向けプラン。
3つのママトクプラン-対象の2時間が無料のプラン。
MUSUBIプロジェクト – 地域の電力会社と料金は同額で、
内4.5%を選択した団体へ個寄付が出来るプラン。など
電力販売
サービス概要
初期費用:なし
解約金:1年未満の解約の場合、2,200円(税込)
ガスのセット割:あり(エリア限定)
スマホのセット割:なし
オール電化対応:あり
引っ越しと同時の申し込み:可能

電気の質も心配不要

電力会社の切り替えようとした時、「停電したりしない?」「電気の供給が止まることはないの?」という不安を持つ方もいますよね。

結論からいうと、HISでんきに切り替えても、電気の品質や安定性はこれまでと全く変わりません。

私たちの家に電気が届くまでの流れは、大きく分けると発電→送電→販売の3ステップ。

HTBエナジーのような”新電力“と呼ばれる電力会社は、この中で販売のみを行う会社です。

つまり発電や送電の仕組みはこれまでと同じであり、電気の品質や安定性はこれまでと全く変わらないのです。

また、万が一、HTBエナジーが何らかの理由で電気の供給をできなくなったとしても、大手地域電力が即座に電気を供給してくれます。

私たちの生活に支障がでることはないので、心配はいりません。
新電力とは2016年の電力自由化をきっかけに新しく電力販売事業を始めた、大手地域電力10社以外の電力会社のことをいいます。電気の販売のみを行う企業なので、大手地域電力のような設備投資などのコストがかからず、電気を安く販売ができるんです。

市場連動型ではないので、電気料金は高騰しない

最近話題になっていた、電気料金の価格高騰。「HISでんきは大丈夫?」と、不安をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

結論から言うと、HISでんきの電気料金は高騰しないので心配不要です。

電気料金が高騰したと話題になっていたのは、燃料の価格変動により電気料金が変わる「市場連動型プラン」の場合。

HISでんきの料金プランはこれに該当しないので、電気料金が高騰する心配はいりません。

公式サイトでも、以下のように言及されています。

平素よりHTBエナジーをご利用いただき誠にありがとうございます。昨年末の厳しい寒さにより、電力需給の逼迫によって日本卸電力取引所(JPEX)の価格が高騰しております。
これにより市場価格が連動して電気料金単価が決まる「市場連動型プラン」に加入されているお客さまの電気代が値上がりするというニュースが各所でとりあげられていることにより、当社にもお問合せを多くいただいております。当社のプランは、「市場連動型プラン」ではございませんのでご安心くださいますようお願い申し上げます。(HISでんき公式サイトより抜粋)

ただし、最近の燃料費高騰を受けてからか、HISでんきは2021年11月より電気料金を値上げしています。”高騰”とまではいかないものの、これまでより電気代が高くなるのは事実。

ここからは、HTBエナジー「HISでんき」の2021年12月現在の最新の料金プランについて見ていきましょう。

HISでんきの最新料金プラン【2021年12月】

ここではHISでんきの2021年12月時点の最新料金プランについて紹介していきます。

※表は左右にスクロール可能です。
プラン名 詳細 料金表
PRIMEプラン 地域の電力会社の従量電灯から
最大5%割引のプラン。
更にあんしんサポート365が無料付帯。
料金表
ぜんぶでんき オール電化向けのプラン
更にあんしんサポート365が無料付帯。
料金表
ママトクプラン※ 指定した2時間の電気代が安くなるプラン 料金表
MUSUBIプロジェクト HTBエナジーが提携するパートナー団体に
寄付ができる料金プラン
料金表
HOME太陽光でんき 京セラ製太陽光パネルが
無償で設置できる新しい料金プラン
※新規受付終了
蓄電池ちくとくプラン 村田製作所蓄電池を購入した方向けのプラン 料金表
※ママトクプランはどなたでも契約可能です。
あんしんサポート365とは?生活上のトラブルを無料または割引価格で受けられるサポートサービスです。トイレの詰まりや水漏れ修理、鍵の交換など、60種以上の様々なトラブルに対応しています。

それぞれの特徴や、電気料金の詳細について、詳しく見ていきましょう。

PRIMEプラン
(サービス提供エリア:全国)

PRIMEプランは、契約アンペア数により、基本料金と従量料金が最大5%オフになる料金プラン。あんしんサポート365つきで、生活に関する60種類以上の様々なトラブルをサポートしてくれます。

一般家庭におすすめの基本的なプランです。

■30Aの場合(主に一人暮らしの方向け)

料金分類 東京電力EP
2021年10月の単価
PRIME
東京
基本料金 単位/1契約
30A 858.00円 840.84円
従量料金 単位/1kWh
最初の
120kWhまで
19.88円 19.48円
120kWh超過
300kWhまで
26.48円 25.95円
300kWh超過 30.57円 29.96円


■40~60Aの場合

料金分類 東京電力EP
2021年10月の単価
PRIME
東京
基本料金 単位/1契約
40A 1,144.00円 1,086.80円
50A 1,430.00円 1,358.50円
60A 1,716.00円 1,630.20円
従量料金 単位/1kWh
最初の
120kWhまで
19.88円 18.89円
120kWh超過
300kWhまで
26.48円 25.16円
300kWh超過 30.57円 29.04円

■30Aの場合(主に一人暮らしの方向け)

料金分類 北海道電力
2021年10月の単価
PRIME
北海道 30
基本料金 単位/1契約
30A 1,023.00円 1,002.54円
従量料金 単位/1kWh
最初の
120kWhまで
23.97円 23.49円
120kWh超過
300kWhまで
30.26円 29.65円
300kWh超過 33.98円 33.30円


■40~60Aの場合

料金分類 北海道電力
2021年10月の単価
PRIME
北海道
基本料金 単位/1契約
40A 1,364.00円 1,295.80円
50A 1,705.00円 1,619.75円
60A 2,046.00円 1,943.70円
従量料金 単位/1kWh
最初の
120kWhまで
23.97円 22.77円
120kWh超過
300kWhまで
30.26円 28.75円
300kWh超過 33.98円 32.28円

■30Aの場合(主に一人暮らしの方向け)

料金分類 東北電力
2021年10月の単価
PRIME
東北 30
基本料金 単位/1契約
30A 990.00円 970.20円
従量料金 単位/1kWh
最初の
120kWhまで
18.58円 18.21円
120kWh超過
300kWhまで
25.33円 24.82円
300kWh超過 29.28円 28.69円


■40~60Aの場合

料金分類 東北電力
2021年10月の単価
PRIME
東北
基本料金 単位/1契約
40A 1,320.00円 1,254.00円
50A 1,650.00円 1,567.00円
60A 1,980.00円 1,881.00円
従量料金 単位/1kWh
最初の
120kWhまで
18.58円 17.65円
120kWh超過
300kWhまで
25.33円 24.06円
300kWh超過 29.28円 27.82円

■30Aの場合(主に一人暮らしの方向け)

料金分類 中部電力
2021年10月の単価
PRIME
中部
基本料金 単位/1契約
30A 858.00円 840.84円
従量料金 単位/1kWh
最初の
120kWhまで
21.04円 20.62円
120kWh超過
300kWhまで
25.51円 25.00円
300kWh超過 28.46円 27.89円


■40~60Aの場合

料金分類 中部電力
2021年10月の単価
PRIME
中部
基本料金 単位/1契約
40A 1,144.00円 1,086.80円
50A 1,430.00円 1,358.50円
60A 1,716.00円 1,630.20円
従量料金 単位/1kWh
最初の
120kWhまで
21.04円 19.99円
120kWh超過
300kWhまで
25.51円 24.23円
300kWh超過 28.46円 27.04円

■30Aの場合(主に一人暮らしの方向け)

料金分類 北陸電力
2021年10月の単価
PRIME
北陸
基本料金 単位/1契約
30A 726.00円 711.48円
従量料金 単位/1kWh
最初の
120kWhまで
17.84円 17.48円
120kWh超過
300kWhまで
21.73円 21.30円
300kWh超過 23.44円 22.97円


■40~60Aの場合

料金分類 北陸電力
2021年10月の単価
PRIME北陸
基本料金 単位/1契約
40A 968.00円 919.60円
50A 1,210.00円 1,149.50円
60A 1,452.00円 1,379.40円
従量料金 単位/1kWh
最初の
120kWhまで
17.84円 16.95円
120kWh超過
300kWhまで
21.73円 20.64円
300kWh超過 23.44円 22.27円
料金分類 関西電力
2021年10月の単価
PRIME
関西
最低料金 単位/1契約
341.01円 323.95円
従量料金 単位/1kWh
15kWh超過
120kWhまで
20.31円 19.29円
120kWh超過
300kWhまで
25.71円 24.42円
300kWh超過 28.70円 27.27円
料金分類 中国電力
2021年10月の単価
PRIME
中国
最低料金 単位/1契約
336.87円 320.03円
従量料金 単位/1kWh
15kWh超過
120kWhまで
20.76円 19.72円
120kWh超過
300kWhまで
27.44円 26.07円
300kWh超過 29.56円 28.08円
料金分類 四国電力
2021年10月の単価
PRIME
四国
最低料金 単位/1契約
411.40円 390.83円
従量料金 単位/1kWh
11kWh超過
120kWhまで
20.37円 19.35円
120kWh超過
300kWhまで
26.99円 25.64円
300kWh超過 30.50円 28.98円

■30Aの場合(主に一人暮らしの方向け)

料金分類 九州電力
2021年10月の単価
PRIME
九州
基本料金 単位/1契約
30A 891.00円 873.18円
従量料金 単位/1kWh
最初の
120kWhまで
17.46円 17.11円
120kWh超過
300kWhまで
23.06円 22.60円
300kWh超過 26.06円 25.54円


■40~60Aの場合

料金分類 九州電力
2021年10月の単価
PRIME
九州
基本料金 単位/1契約
40A 1,188.00円 1,128.60円
50A 1,485.00円 1,410.75円
60A 1,782.00円 1,692.90円
従量料金 単位/1kWh
最初の
120kWhまで
17.46円 16.59円
120kWh超過
300kWhまで
23.06円 21.91円
300kWh超過 26.06円 24.76円
料金分類 沖縄電力
2021年10月の単価
PRIME
沖縄
最低料金 単位/1契約
402.40円 394.35円
従量料金 単位/1kWh
10kWh超過
120kWhまで
22.95円 22.49円
120kWh超過
300kWhまで
28.49円 27.92円
300kWh超過 30.47円 29.86円

ぜんぶでんき
(サービス提供エリア:東京・中部・関西・四国・中国・九州)

ぜんぶでんきは、オール電化向けの夜間の電気料金が安い料金プラン。

大手地域電力のオール電化向け料金プランよりも、昼間の従量料金が2%引きに。更にあんしんサポート365が無料付帯で、生活に関する60種類以上の様々なトラブルをサポートしてくれます。プライムプランの各エリアごとの料金詳細は、以下の表をご覧ください。

料金分類 東京電力EP
スマートライフプラン
オール電化プラン 東京
基本料金 単位/1契約
286.00円/kVA,10A
458.33円/kW(実量制)
286.00円/kVA,10A
458.33円/kW(実量制)
電力量料金 単位/1kWh
午前6時〜翌午前1時 25.80円 25.28円
(2%割引)
午前1時〜午前6時 17.78円 17.78円

■時間帯区分

時間帯区分 平日
(月曜日~金曜日)
休日扱い日
(土曜・日曜・祝日等)(※)
デイタイム 10時~17時 なし
ホームタイム 8時~10時、17時~22時 8時~22時
ナイトタイム 22時~翌朝8時 22時~翌朝8時
(※)土曜日、日曜日、「国民の祝日に関する法律」に規定する休日、1月2日、1月3日、4月30日、5月1日、5月2日、12月30および12月31日

料金分類 中部電力
ミライズ
スマートライフ
プラン
オール電化プラン
中部
基本料金 単位/1契約
10kVAまで 1,487.04円 1,487.04円
10kVAを超える
1kVにつき
286.00円 286.00円
電力量料金 単位/1kWh
デイタイム 38.71円 37.94円
(2%割引)
ホームタイム 28.52円 27.95円
(2%割引)
ナイトタイム 16.30円 16.30円

■時間帯区分

時間帯区分 平日
(月曜日~金曜日)
休日扱い日
(土曜・日曜・祝日等)(※)
デイタイム 10時~17時 なし
ホームタイム 7時~10時、17時~23時 7時~22時
ナイトタイム 23時~翌朝7時 23時~翌朝7時
(※)土曜日、日曜日、「国民の祝日に関する法律」に規定する休日、1月2日、1月3日、4月30日、5月1日、5月2日、12月30および12月31日

料金分類 関西電力
はぴeタイムR
オール電化プラン
関西
基本料金 単位/1契約
最初の10kWまで 2,200.00円 2,068.00円
(6%割引)
10kWを超える
1kWにつき
396.00円 396.00円
電力量料金 単位/1kWh
デイタイム
(昼間時間)
夏季
(毎年7月1日
~9月30日)
28.96円 27.22円
(6%割引)
その他季 26.33円 24.75円
(6%割引)
リビングタイム
(生活時間)
22.89円 21.52円
(6%割引)
ナイトタイム
(夜間時間)
15.20円 14.29円
(6%割引)
料金分類 四国電力
でんかe
マンションプラン
オール電化プラン
四国
基本料金 単位/1契約
10kWまで 1,344.44円 1,196.55円
(11%割引)
10kWを超える
1kWにつき
415.56円 415.56円
電力量料金 単位/1kWh
平日昼間
(9:00~23:00)
34.97円 31.12円
(11%割引)
夜間・休日※
(平日23:00~翌日9:00、休日終日)
20.09円 17.88円
(11%割引)
でんか割引 電気代の10% 無し

■時間帯区分

時間帯区分 平日
(月曜日~金曜日)
休日扱い日
(土曜・日曜・祝日等)(注)
デイタイム
(昼間時間)
平日の9時~21時
(夏季:7/1~9/30、
その他季:10/1~翌年6/30)
なし
ナイトタイム
(夜間時間)
平日の0時~9時
平日の21時~24時
なし
ホリデータイム
(生活時間)
なし 土曜日・日曜日・祝日、
1/2~1/4、5/1、5/2、
12/30、12/31の全日
(※)土曜日、日曜日、「国民の祝日に関する法律」に規定する休日、1月2日、1月3日、4月30日、5月1日、5月2日、12月30および12月31日

料金分類 中国電力
電化Styleコース
オール電化プラン 中国
基本料金 単位/1契約
最初の10kWまで 1,650.00円 1,650.00円
10kWを超える
1kWにつき
407.00円 407.00円
電力量料金 単位/1kWh
デイタイム 夏季
(毎年7月1日
~9月30日)
32.68円 32.03円
(2%割引)
その他季
(10月1日
~翌年6月30日)
30.62円 30.01円
(2%割引)
ナイトタイム 14.87円 14.87円
ホリデータイム 14.87円 14.87円
料金分類 九州電力
電化でナイト・セレクト
オール電化プラン
九州
基本料金 単位/1契約
最初の10kWまで 1,650.00円 1,650.00円
契約電力が
10kWを超える場合
15kWまで 4,400.00円 4,400.00円
15kW超過分
1kWにつき
550.00円 550.00円
電力量料金 単位/1kWh
平日昼間 夏冬 26.84円 26.30円
(2%割引)
春秋 23.95円 23.47円
(2%割引)
休日昼間 夏冬 21.22円 20.80円
(2%割引)
春秋 17.82円 17.46円
(2%割引)
夜間 13.21円 13.21円
※夜間は22時~翌8時の固定となります。※休日:土曜日、日曜日、「国民の祝日に関する法律」に規定する休日、1月2日、1月3日、4月30日、5月1日、5月2日、12月30日および12月31日 ※春・秋:3/1~6/30および10/1~11/30※夏・冬:7/1~9/30および12/1~2/28

ママトクプラン
(サービス提供エリア:中部・沖縄・離島を除く全国)

1日2時間の電気料金が無料になるプラン。無料の時間帯は19時~21時の「ママトクプラン」か、6時~8時の「朝ママトクプラン」、22時~0時の「ミッドナイトママトクプラン」から選ぶことができます。ただし、基本料金が倍以上、従量料金もPRIMEプランより高いので注意が必要。

よほど電気の使用時間が限定的ではない限り、ここまで紹介した2つの料金プランから選ぶのがおすすめです。

基本料金 単位/1契約
30A 1,630.20円
40A 2,173.60円
50A 2,717.00円
60A 3,260.40円
従量料金 単位/1kWh
最初の120kWhまで 18.80円
120kWh超過
300kWhまで
25.08円
300kWh超過 28.96円
基本料金 単位/1契約
30A 1,943.70円
40A 2,591.60円
50A 3,239.50円
60A 3,887.40円
従量料金 単位/1kWh
最初の120kWhまで 22.78円
120kWh超過
300kWhまで
28.77円
300kWh超過 32.30円
基本料金 単位/1契約
30A 1,881.00円
40A 2,508.00円
50A 3,135.00円
60A 3,762.00円
従量料金 単位/1kWh
最初の120kWhまで 17.66円
120kWh超過
300kWhまで
24.07円
300kWh超過 27.83円
基本料金 単位/1契約
30A 1,379.40円
40A 1,839.20円
50A 2,299.00円
60A 2,758.80円
従量料金 単位/1kWh
最初の120kWhまで 16.92円
120kWh超過
300kWhまで
20.60円
300kWh超過 22.24円
最低料金 単位/1契約
最初の15kWhまで 325.92円
基本料金 単位/1契約
1契約につき 2,037.04円
従量料金 単位/1kWh
15kWh超過
120kWhまで
19.71円
120kWh超過
300kWhまで
25.93円
300kWh超過 29.87円
最低料金 単位/1契約
最初の15kWhまで 319.56円
基本料金 単位/1契約
1契約につき 2,037.04円
従量料金 単位/1kWh
15kWh超過
120kWhまで
19.69円
120kWh超過
300kWhまで
26.04円
300kWh超過 28.05円
最低料金 単位/1契約
最初の11kWhまで 390.83円
基本料金 単位/1契約
1契約につき 2,037.04円
従量料金 単位/1kWh
11kWh超過
95kWhまで
19.35円
95kWh超過
300kWhまで
25.64円
300kWh超過 29.87円
基本料金 単位/1契約
30A 1,692.90円
40A 2,257.20円
50A 2,821.50円
60A 3,385.80円
従量料金 単位/1kWh
最初の120kWhまで 16.58円
120kWh超過
300kWhまで
21.90円
300kWh超過 24.75円

MUSUBIプロジェクト
(サービス提供エリア:沖縄・離島を除く全国)

世の中で支援を必要とする方々を継続的に支援をしていくために、電気代の一部を自分で選んだ提携先パートナーに寄付できるプランです。

電気の料金単価は地域電力会社と同等。MUSUBI料金※の4.5%相当をHTBエナジーから提携するパートナーに送金してくれます。

※MUSUBI 料金とは、電気料金と預り金を合計した総称で、MUSUBIプロジェクトオリジナルの料金設定のことです。

■2021年12月現在の提携パートナー

  • 子どもが売られない社会をつくる認定NPO法人かものはしプロジェクト
  • NPO法人HERO
  • NPO法人IFE
  • Japan Heart


蓄電池ちくとくプラン

太陽光パネルと、村田製作所蓄電池を購入している方向けのプラン。自宅で電気をつくることで、電気代の節約になるだけでなく、CO2削減、災害時の備えにもなります。

ガスとでんきのセット割でさらにお得に

HTBエナジーでは、HISでんきを利用している方限定で、「まじめなガス」の契約が可能です。

まじめなガスは、大手ガス会社よりガス料金が最大5%安く、さらにHISでんきガスとのセット割で、月額料金が102円割引になります。

サービス提供エリアは、東京ガスエリア・東邦ガスエリア・大阪ガスエリアになるので、該当地域の方は、ガスも一緒に乗り換えることでさらに光熱費を節約することができますよ。

HTBエナジーの評判・口コミからわかる特徴や注意点

HISでんきの料金プランなどの詳細について見てきました。ここまで読んだ方の中には「実際に利用している人の口コミや評判が気になる」という方もいるのではないでしょうか。

ここからは、HISでんき(HTBエナジー)のリアルな口コミから、紹介しきれていない特徴や、注意点について見ていきましょう。

HISでんきに乗り換えた人の口コミ

上記の口コミは、HISでんきに切り替えた方の口コミ。実際に電気料金が安くなったという声や、電気料金を比較しても安いという声がありました。

ただしこれは、2021年11月より前の口コミ。まだ日が浅いこともあり、料金プランが変更になってからの高評価な口コミは確認できませんでした。

1年以上利用しない場合は注意が必要


これは、HISでんきの解約金に関する口コミ。HISでんきは利用開始時の手数料などは一切無料ですが、1年未満に解約する場合、2,000円(税込2,200円)の解約料金がかかります。

そこまで大きな金額ではありませんが、解約金がかからない電力会社が多いことを考えると、これはデメリットと言えます。知らずに損をした気分にならないように、事前に頭に入れておきましょう。

月額料金は安い?
結論:HISでんきは高くなったので他の新電力がおすすめ

ここまでHTBエナジー「HISでんき」について見てきましたが、気になるのは、「他の電力会社と比較すると安いのか?」ということではないでしょうか。

そんな疑問にお答えして、ここからはHTBエナジーと他新電力の電気料金を比較していきます。

結論から言うと、当サイトではこれまでHTBエナジー「HISでんき」をおすすめしていましたが、2021年11月の料金プラン改定後は、他の電力会社よりも高くなったためおすすめはできないという結論になりました。

また、HTBエナジーでは現在、特にキャンペーンも行っていないので、特典などを考慮しても他の新電力がおすすめであると言えます。

最安の新電力をお探しの方は、こちらの「電気料金の比較ページと安い電力会社ランキング」をご覧ください。

以下に料金比較結果を紹介していますので、詳細が気になる方はご確認ください。

■新電力料金比較表

電力会社 150kWh・
30A利用の場合
(1人暮らし)
300kWh・
40A利用の場合
(2人暮らし)
450kWh・
50A利用の場合
(3~4人世帯)
(比較)東京電力 4,037円 8,292円 13,164円
HISでんき
(HTBエナジー)
3,957円 7,882円 12,510円
リミックスでんき ★最安
3,835円
7,879円 12,507円
あしたでんき 3,900円 ★最安
7,800円
★最安
11,700円
エネオスでんき 3,980円 7,947円 12,166円
Looopでんき 3,960円 7,920円 11,880円
シンエナジー 3,872円 7,845円 12,258円
楽天でんき 3,975円 7,950円 11,925円
エルピオでんき 4,086円 8,261円 12,816円
CDエナジー 3,941円 8,029円 12,254円
0円でんき 3,945円 7,890円 11,835円
親指でんき 3,960円 7,920円 11,880円
東京ガス 3,990円 8,070円 12,460円
おうちでんき
(ソフトバンク)
4,006円 8,223円 13,048円
※上記料金は、各社公式サイト記載の、基本料金と従量料金単価より算出した料金です。燃料調整費は毎月変動するため、含んでいません。また、再エネ促進賦課金はどの電力会社でも同じ金額になるため、含んでいません。あくまで比較における参考値としてご覧ください。※上記表は、東京電力エリアの料金で比較をしています。

申し込み方法をチェック

HISでんきは、電気代だけ見ればおすすめの電力会社とは言えませんが、それでもHISでんきを契約したいという方のために、申し込み方法や手順について紹介します。

「電力の切り替えって、なんだか大変そう」と不安に思われている方もいるかもしれませんが、HISでんきの申し込み方法はWebから必要事項を入力するだけでとっても簡単です。所要時間はたったの10分でさくっと申し込みができますよ。

申し込み時に生じやすい疑問にもお応えするので、ぜひ申し込み前にご確認ください。

ステップ0:申し込みに必要な情報を用意する

HISでんきに乗り換えるには以下の情報が必要です。お手持ちの検針票か、現在契約している電力会社のマイページから確認しましょう。

  • 供給地点特典番号(22桁の数字)
  • お客様番号(10桁または13桁の数字)
  • クレジットカード情報(口座振替を希望する場合は不要)

ステップ1:仮登録を行う

公式サイトから申し込みボタンを押すと、以下の仮登録画面にいきます。

his電気の申し込み方法

必要情報を入力して仮申し込みをしましょう。

※ここで、「担当者情報」の入力箇所がありますが既に入力されている状態なので、そのまま次に進んで問題ありません。

ステップ2:本申し込み行う

仮登録を行うと、仮申し込み完了のメールが届きます。そこから公式サイトにアクセスし、必要情報を入力して申し込みをしましょう。入力が必要な情報は、以下の通り。

  • ステップ0で確認した情報
  • 契約者の情報
    氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど
  • プランの選択
    ウルトラプラン、プライムプラン、ぜんぶでんき、ママトクプランから選ぶ

申し込みはこれらの情報を入力するだけで終了。所要時間は約10分でサクッと申し込みができますよ。

現在契約している電力会社の解約手続きはHISでんきが全てやってくれるので、申し込みさえ行えばあとは切り替わるのを待つだけでOKです。

PICKUP
CONTENTS

おすすめ電力会社を徹底比較!料金が安い新電力ランキング【2022年6月最新】

当ページでは、電気料金が安い電力会社や、生活スタイルに応じたおすすめの電気代が安い電気会社を比較しています。 2016年の電力自由化から、私たちは自分で安い電力会社を選べるようになりました。とはいえ、「安い電力会社の比較...
2021.04.01

電気代が安い!一人暮らしにおすすめの電力会社ランキング【2022年5月】

このページでは、一人暮らし向けの安い電力会社を紹介しています。 2016年の電力自由化に伴い、従来は大手地域電力会社としか契約できなかった電気が、自由に電力会社を選べるようになりました。 しかし、自由に選べるとなると、結...
2021.11.17

エルピオでんきはおすすめ?口コミ・評判とキャンペーン情報【2022年3月最新】

従量料金が安いエルピオでんきは、電気の使用量が多いご家庭におすすめ電力会社。 さらには初期費用や解約料金が一切不要、お得なキャンペーンも実施しているので、「電力会社を乗り換えて本当に安くなるの?」と不安に思っている方にも...
2021.10.21