EXIDEA
All articles
hisでんきの料金プランや口コミ
2021.03.24
/ 電力会社

HISでんきの評判は?口コミや最新料金プランを解説

最終更新日:

HISでんき(エイチアイエスでんき)は、大手地域電力と比較すると、料金単価や基本料金が2~15%も安い電力会社。

特に大家族向けの50~60Aの契約の場合は基本料金が半額、料金安価も安いのでかなりお得度の高い電力会社だといえます。

とはいえ、ライフラインである電気のことは、「慎重に検討したい」とお考えの方も多いですよね。

そこでこのページでは、HISでんきに興味を持っている全ての方に、以下のことを紹介いたします。

  • HISでんきを運営する会社:HTBエナジーについて
  • 料金プランや電気料金の詳細
  • HISでんき利用者の評判や口コミ
  • デメリットや注意点
  • HISでんきに切り替える方法

 
この記事を読めば、HISでんきに対する不安や疑問が解消でき、納得して契約することができますよ。それではさっそく見ていきましょう。

▼申し込みをお急ぎの方はこちらをクリック▼
基本料金が半額で安い!
HISでんき(HTBエナジー)の
公式サイトはこちら

HISでんきはどんな電力会社?

HISでんきは、HTBエナジー株式会社が提供する電力販売サービス。

ここではHISでんきがどんな電力会社なのか、簡単に概要を見ていきましょう。

提供する会社は、旅行事業で有名なHISのグループ会社

HISでんき
HISでんきを提供する会社は、HTBエナジー株式会社。長崎にあるテーマパーク、ハウステンボスのグループ会社として2015年2月2日に設立しました。

HTBエナジーは、旅行事業で有名な株式会社エイチアイエスのグループ会社。東証一部上場企業のグループ会社という安心感のある電力会社です。

会社名 HTBエナジー株式会社
(HTB ENERGY CO., LTD.)
設立 2015年2月2日
資本金 95,000,000円
代表取締役社長 赤尾 昇平
主要株主 HISエネルギーホールディングス株式会社
グループ会社 株式会社エイチ・アイ・エス
ハウステンボス株式会社
業務内容 電力小売り業務

電気の質も心配不要

電力会社の切り替えようとした時、「停電したりしない?」「電気の供給が止まることはないの?」という不安を持つ方もいますよね。

結論からいうと、HISでんきに切り替えても、電気の品質や安定性はこれまでと全く変わりません。

私たちの家に電気が届くまでの流れは、大きく分けると発電→送電→販売の3ステップ。

HISでんきのような”新電力“と呼ばれる電力会社は、この中で販売のみを行う会社です。

つまり発電や送電の仕組みはこれまでと同じであり、電気の品質や安定性はこれまでと全く変わらないのです。

また、万が一、HISでんきが何らかの理由で電気の供給をできなくなったとしても、大手地域電力が即座に電気を供給してくれます。

私たちの生活に支障がでることはないので、心配はいりません。

新電力って?2016年の電力自由化をきっかけに新しく電力販売事業を始めた、大手地域電力10社以外の電力会社のことをいいます。新電力は電気の販売のみを行う企業なので、大手地域電力のような設備投資などのコストがかからず、電気を安く販売ができるんです。

市場連動型ではないので、電気料金は高騰しない

最近話題になっていた、電気料金の価格高騰。「HISでんきは大丈夫?」と、不安をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

結論から言うと、HISでんきの電気料金は高騰しないので心配不要です。

電気料金が高騰したと話題になっていたのは、燃料の価格変動により電気料金が変わる「市場連動型プラン」の場合。

HISでんきはこれに該当しないので、電気料金が高騰する心配はいりません。

公式サイトでも、以下のように言及されています。

平素よりHTBエナジーをご利用いただき誠にありがとうございます。昨年末の厳しい寒さにより、電力需給の逼迫によって日本卸電力取引所(JPEX)の価格が高騰しております。
これにより市場価格が連動して電気料金単価が決まる「市場連動型プラン」に加入されているお客さまの電気代が値上がりするというニュースが各所でとりあげられていることにより、当社にもお問合せを多くいただいております。当社のプランは、「市場連動型プラン」ではございませんのでご安心くださいますようお願い申し上げます。(HISでんき公式サイトより抜粋)

HISでんきの基本情報がわかったところで、気になる料金プランについて見ていきましょう。

どれくらい安い? 料金プランや電気料金をチェック

HISでんきの公式サイトを見ると、料金プランの多く、「自分にはどれが合っているの?」と戸惑う方もいるかもしれません。

ここではHISでんきの料金プランや、生活スタイルに応じたおすすめのプランについて紹介します。

お手元に電気使用量や契約状況がわかるもの(検針票やマイページ)があると、スムーズにプランを選ぶことができますよ。

※表は左右にスクロール可能です。

プラン名 プラン詳細 こんな人におすすめ!
ウルトラプラン アンペア数20A~40Aのプラン 一人暮らし~3人世帯のご家庭。
特に電気の使用量が少ない方にはおすすめ。
プライムプラン アンペア数50~60Aのプラン。
大手地域電力と比較し、基本料金が半額。
4人以上の世帯におすすめ
ママトクプラン※ ママトクプラン:19時~21時の時間が無料
朝ママトクプラン:6時~8時が無料
無料時間外の料金も大手地域電力と比較して5%OFF
※ただし、基本料金は他の料金プランより高い
※中部エリアはお申込み対象外
電気を使う時間帯が限定的な方におすすめ

※ママトクプランはどなたでも契約可能です。

それぞれの特徴や、電気料金の詳細について、詳しく見ていきましょう。

ウルトラプラン

ウルトラプランは、20A~40Aをご契約中の方におすすめの料金プラン。契約するアンペア数により、従量料金単価が変わります。各エリアごとの料金詳細は、以下の表をご覧ください。










20Aを契約する場合
(地域電力より2%安い)
基本料金 20A 560.56円
従量料金 120kWhまで 19.48円/kWh
121kWh~300kWh 25.95円/kWh
301kWh以上 29.96円/kWh
30Aを契約する場合
(地域電力より5%安い)
基本料金 30A 815.1円
従量料金 120kWhまで 18.89円/kWh
121kWh~300kWh 25.16円/kWh
301kWh以上 25.16円/kWh
40Aを契約する場合
(地域電力より8%安い)
基本料金 40A 1052.48円
従量料金 120kWhまで 18.29円/kWh
121kWh~300kWh 24.37円/kWh
301kWh以上 28.13円/kWh
20Aを契約する場合
(地域電力より2%安い)
基本料金 20A 668,36円
従量料金 120kWhまで 23.50円/kWh
121kWh~300kWh 29.67円/kWh
301kWh以上 33.31円/kWh
30Aを契約する場合
(地域電力より6%安い)
基本料金 30A 961.62円
従量料金 120kWhまで 22.54円/kWh
121kWh~300kWh 28.46円/kWh
301kWh以上 31.96円/kWh
40Aを契約する場合
(地域電力より8%安い)
基本料金 40A 1254.88円
従量料金 120kWhまで 22.07円/kWh
121kWh~300kWh 27.85円/kWh
301kWh以上 31.27円/kWh
20Aを契約する場合
(地域電力より2%安い)
基本料金 20A 646.80円
従量料金 120kWhまで 18.21円/kWh
121kWh~300kWh 24.82円/kWh
301kWh以上 28.69円/kWh
30Aを契約する場合
(地域電力より5%安い)
基本料金 30A 940.50円
従量料金 120kWhまで 17.66円/kWh
121kWh~300kWh 24.07円/kWh
301kWh以上 27.82円/kWh
40Aを契約する場合
(地域電力より6%安い)
基本料金 40A 1240.80円
従量料金 120kWhまで 17.47円/kWh
121kWh~300kWh 23.82円/kWh
301kWh以上 27.52円/kWh
20Aを契約する場合
(地域電力より2%安い)
基本料金 20A 560.56円
従量料金 120kWhまで 20.65円/kWh
121kWh~300kWh 25.03円/kWh
301kWh以上 27.92円/kWh
30Aを契約する場合
(地域電力より6%安い)
基本料金 30A 806.52円
従量料金 120kWhまで 19.81円/kWh
121kWh~300kWh 24.01円/kWh
301kWh以上 26.79円/kWh
40Aを契約する場合
(地域電力より8%安い)
基本料金 40A 1052.48円
従量料金 120kWhまで 19.38円/kWh
121kWh~300kWh 23.50円/kWh
301kWh以上 26.21円/kWh
20Aを契約する場合
(地域電力より2%安い)
基本料金 20A 474.32円
従量料金 120kWhまで 17.49円/kWh
121kWh~300kWh 21.31円/kWh
301kWh以上 22.98円/kWh
30Aを契約する場合
(地域電力より5%安い)
基本料金 30A 689.70円
従量料金 120kWhまで 16.96円/kWh
121kWh~300kWh 20.66円/kWh
301kWh以上 22.28円/kWh
40Aを契約する場合
(地域電力より8%安い)
基本料金 40A 890.56円
従量料金 120kWhまで 16.42円/kWh
121kWh~300kWh 20.00円/kWh
301kWh以上 21.57円/kWh
関西電力よりも8%安い
基本料金 1契約 310.33円
従量料金 120kWhまで 18.49円/kWh
121kWh~300kWh 23.47円/kWh
301kWh以上 26.65円/kWh
中国電力よりも6%安い
基本料金 1契約 310.38円
従量料金 120kWhまで 19.13円/kWh
121kWh~300kWh 25.27円/kWh
301kWh以上 27.23円/kWh
四国電力よりも6%安い
基本料金 1契約 386.72円
従量料金 120kWhまで 19.15円/kWh
121kWh~300kWh 25.38円/kWh
301kWh以上 28.68円/kWh
20Aを契約する場合
(地域電力より2%安い)
基本料金 20A 582.12円
従量料金 120kWhまで 17.12円/kWh
121kWh~300kWh 22.59円/kWh
301kWh以上 25.54円/kWh
30Aを契約する場合
(地域電力より6%安い)
基本料金 30A 837.54円
従量料金 120kWhまで 16.41円/kWh
121kWh~300kWh 21.68円/kWh
301kWh以上 24.50円/kWh
40Aを契約する場合
(地域電力より8%安い)
基本料金 40A 1092.96円
従量料金 120kWhまで 16.06円/kWh
121kWh~300kWh 21.22円/kWh
301kWh以上 23.98円/kWh
沖縄電力よりも2%安い
基本料金 1契約 390.33円
従量料金 120kWhまで 22.26円/kWh
121kWh~300kWh 27.64円/kWh
301kWh以上 29.56円/kWh

プライムプラン

プライムプランは50~60Aを契約中の方向けの料金プラン。基本料金が大手地域電力よりも半額、且つ従量料金も安いので、使えば使うほどお得度が増しますよ。

プライムプランの各エリアごとの料金詳細は、以下の表をご覧ください。










基本料金(50A) 715円
基本料金(60A) 858円
従量料金 一律23.54円
月額料金 450kWh利用の場合 50A:11,308円
60A:11,451円
600kWh利用の場合 50A:14,839円
60A:14,982円
基本料金(50A) 852円
基本料金(60A) 1023円
従量料金 一律26.95円
月額料金 450kWh利用の場合 50A:12,980円
60A:13,151円
600kWh利用の場合 50A:17,022円
60A:17,022円
基本料金(50A) 825円
基本料金(60A) 990円
従量料金 一律23.54円
月額料金 450kWh利用の場合 50A:11,418円
60A:11,583円
600kWh利用の場合 50A:14,949円
60A:15,114円
基本料金(50A) 715円
基本料金(60A) 858円
従量料金 一律23.54円
月額料金 450kWh利用の場合 50A:11,308円
60A:11,451円
600kWh利用の場合 50A:14,839円
60A:14,982円
基本料金(50A) 605円
基本料金(60A) 726円
従量料金 一律26.96円
月額料金 450kWh利用の場合 50A:12,984円
60A:13,155円
600kWh利用の場合 50A:17,028円
60A:17,199円
最低料金
(最初の15kWhまで)
170.51円
従量料金 一律21.29円
月額料金 450kWh利用の場合 50A:9,432円
60A:9,432円
600kWh利用の場合 50A:12,625円
60A:12,625円
最低料金
(最初の15kWhまで)
168.69円
従量料金 一律23.43円
月額料金 450kWh利用の場合 50A:10,361円
60A:10,361円
600kWh利用の場合 50A:13,875円
60A:13,875円
最低料金
(最初の11kWhまで)
205.7円
従量料金 一律23.54円
月額料金 450kWh利用の場合 50A:10,540円
60A:10,540円
600kWh利用の場合 50A:14,071円
60A:14,071円
基本料金(50A) 742.5円
基本料金(60A) 891円
従量料金 一律20.57円
月額料金 450kWh利用の場合 50A:9,999円
60A:10,148円
600kWh利用の場合 50A:13,085円
60A:13,233円
最低料金
(最初の10kWhまで)
201.2円
従量料金 一律26.5円
月額料金 450kWh利用の場合 50A:11,861円
60A:11,861円
600kWh利用の場合 50A:15,836円
60A:15,836円

ママトクプラン

1日2時間の電気料金が無料になるプラン。一見お得に感じますが、基本料金が倍以上、従量料金も他のプランよりも高いので、よほど電気の使用時間が限定的ではない限り、ここまで紹介した2つの料金プランから選ぶのがおすすめです。

ママトクプランと他のプランの料金比較表は以下の通り。

ママトクプラン ウルトラプラン/
プライムプラン
基本
料金
1契約 30A 1630.20円 815.10円
1契約 40A 2173.60円 1052.48円
1契約 50A 2717.00円 715.00円
1契約 60A 3260.40円 858.00円
電力量料金
(120kWhまで)
18.80円
/kWh
18.29円~
/kWh
電力量料金
(120kWh
超過300kWh
まで)
25.08円
/kWh
24.37円~
/kWh
電力量料金
(300kWh超過)
28.96円
/kWh
28.13円~
/kWh

※上記は東京電力エリアの料金です。

料金比較!HISでんきは一人暮らしと大家族におすすめ

ここまでHISでんきの料金プランなどの詳細について見てきましたが、気になるのは、「他の電力会社と比較するとどれくらい安いの?」ということではないでしょうか。ここからは、そんな疑問にお答えして、電気料金を比較した結果を紹介します。

結論からいうと、HISでんきは、一人暮らしの方や4人以上の世帯におすすめの電力会社であることがわかりました。

今回は、新電力の中でも安いと言われており、他の電力比較サイトでもおすすめされている、エルピオでんきとLooopでんきの料金を比較しています。

さっそく比較結果について、ご覧ください。

一人暮らしの場合の想定月額料金を比較

HIS
でんき
Looop
でんき
おうちプラン
エルピオ
でんき
スタンダードプラン
基本料金(30A) 815.10円 無料 858.0円
従量料金 ~120kWh 18.89円 26.40円 21.14円
121kWh
~300kWh
25.16円 26.40円 23.03円
301kWh~ 29.04円 26.40円 25.78円
月額料金
目安(※)
120kWh・
30A利用の場合
3,082円 3,168円 3,395円

4~5人世帯の想定月額料金を比較

HIS
でんき
Looop
でんき
おうちプラン
エルピオ
でんき
スタンダードプラン
基本料金(50A) 715.00円 無料 1,344.00円
従量料金 ~120kWh 23.54円 26.40円 18.84円
121kWh
~300kWh
23.54円 26.40円 23.03円
301kWh~ 23.54円 26.40円 25.78円
月額料金
目安(※)
450kWh・
50A利用の場合
11,308円 11,880円 11,617円

5人以上の世帯の想定月額料金を比較

HIS
でんき
Looop
でんき
おうちプラン
エルピオ
でんき
スタンダードプラン
基本料金(60A) 858.00円 無料 1,613.04円
従量料金 ~120kWh 23.54円 26.40円 18.65円
121kWh
~300kWh
23.54円 26.40円 23.03円
301kWh~ 23.54円 26.40円 25.78円
月額料金
目安(※)
600kWh・
60A利用の場合
14,982円 15,840円 15,730円

※基本料金と従量料金のみで算出した金額。正確な月額料金は、上記に加え全電力会社で共通の再エネ促進賦課金燃料調整額を差し引いて算出されます。※上記表は、東京電力エリアの料金で比較をしています。

 
料金を比較した結果、HISでんきは120kWh以下の従量料金が安く、また50~60Aを契約した時の基本料金と300kWh以上の従量料金単価が安いことがわかりました。

そのため、電気使用量が少ない一人暮らしの方や、契約アンペア数の大きい4人以上の世帯の方は、エルピオでんきやLooopでんきよりも電気料金を安く押さえることができるでしょう。

以上の料金比較をした結果、HISでんきは以下の方におすすめの電力会社であると言えます。

  • 一人暮らしで電気使用量が少ない方:
    特に120kWhの方にはおすすめ!
  • 4~5人以上の世帯:
    基本料金も従量料金も安く、使えば使うほどお得!

一人暮らしや大人数世帯におすすめ!
HISの公式サイトはこちら

評判・口コミからわかる特徴や注意点

HISでんきの料金プランなどの詳細について見てきました。ここまで読んだ方の中には「実際に利用している人の口コミや評判が気になる」という方もいるのではないでしょうか。

ここからは、HISでんき(HTBエナジー)のリアルな口コミから、紹介しきれていない特徴や、注意点について見ていきましょう。

HISでんきに乗り換えた人の口コミ

上記の口コミは、HISでんきに切り替えた方の口コミ。実際に電気料金が安くなったという声や、電気料金を比較しても安いという声がありました。

先ほど料金を比較してもわかったように、HISでんきは従量料金や基本料金が他社の電力会社と比較して安く、お得な電力会社であると言えそうです。

ガスのセット割でさらに料金がお得に

HISでんきは、「まじめなガス」というガスの販売サービスも行っています。HISでん気への切り替え完了後に、まじめなガスに申し込むだけで、ガス料金が毎月3%OFFになりますよ。

電気料金が安いことに加えてガス代もお得になるのは、かなり嬉しいポイントです。

1年以上利用しない場合は注意が必要


これは、HISでんきの唯一の注意点ともいえる、解約金に関する口コミ。HISでんきは利用開始時の手数料などは一切無料ですが、1年未満に解約する場合、2,000円(税込2,200円)の解約料金がかかります。

そこまで大きな金額ではありませんが、知らずに損をした気分にならないように、事前に頭に入れておきましょう。

申し込み方法をチェック

ここまでお読みになった方の中には、「電力の切り替えって、なんだか大変そう」と不安に思われている方もいるのではないでしょうか。

実は、HISでんきの申し込み方法はWebから必要事項を入力するだけでとっても簡単!所要時間はたったの10分でさくっと申し込みができますよ。

申し込み時に生じやすい疑問にもお応えするので、ぜひ申し込み前にご確認ください。

ステップ0:申し込みに必要な情報を用意する

HISでんきに乗り換えるには以下の情報が必要です。お手持ちの検針票か、現在契約している電力会社のマイページから確認しましょう。

  • 供給地点特典番号(22桁の数字)
  • お客様番号(10桁または13桁の数字)
  • クレジットカード情報(口座振替を希望する場合は不要)

ステップ1:仮登録を行う

公式サイトから申し込みボタンを押すと、以下の仮登録画面にいきます。

his電気の申し込み方法

必要情報を入力して仮申し込みをしましょう。

※ここで、「担当者情報」の入力箇所がありますが既に入力されている状態なので、そのまま次に進んで問題ありません。

ステップ2:本申し込み行う

仮登録を行うと、仮申し込み完了のメールが届きます。そこから公式サイトにアクセスし、必要情報を入力して申し込みをしましょう。入力が必要な情報は、以下の通り。

  • ステップ0で確認した情報
  • 契約者の情報
    氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど
  • プランの選択
    ウルトラプラン、プライムプラン、ぜんぶでんき、ママトクプランから選ぶ

 
申し込みはこれらの情報を入力するだけで終了。所要時間は約10分でサクッと申し込みができますよ。

現在契約している電力会社の解約手続きはHISでんきが全てやってくれるので、申し込みさえ行えばあとは切り替わるのを待つだけでOKです。

上記のような簡単な申し込みだけで電気料金が年間約20,000円も安くなる(東京エリアで4~5人世帯の場合、公式サイトの情報抜粋)可能性があるので、早めに切り替えた方がお得です!

HISでんきに切り替えて電気料金を安くしたい方は、以下の公式サイトよりお申込みください。

10分で簡単申し込み!
HISの公式サイトはこちら

  • リミックス電気の口コミや評判
    リミックスでんきの電気料金プランや評判・デメリットを解説
    2021.03.19
  • おすすめ電力会社を徹底比較!料金が安い新電力ランキング【2021年7月最新】
    2021.04.01
  • あしたでんきの口コミや評判を解説
    あしたでんきは本当に安い?口コミや評判・デメリットを解説!
    2021.03.05
  • シンエナジーの評判や最新の料金プラン
    シンエナジー(SymEnergy)の評判は?料金プランやデメリットまで解説!
    2021.03.09