当ページに含まれる広告と商品評価について
当ページには広告リンクが含まれており、当ページを経由して商品・サービスの申込みがあった場合、提携している各掲載企業から広告報酬を受け取ることがあります。ただし、当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無に一切関わらず、コンテンツポリシーに基づき、当サイト独自の調査と実際に使用したレビューをもとに掲載しております。当サイトで得た収益は、皆様により役立つコンテンツを提供するために、品質向上等に還元しております。
cdエナジーダイレクトのアイキャッチ

CDエナジーダイレクトは安い?評判・口コミを徹底解説【2024年2月】


新電力会社の中でもトップクラスに有名なCDエナジーダイレクト。

CDエナジーダイレクトは、タレントの福原遥さんが登場するCMでも知られている電力会社で、ライフスタイルに合った料金プランがあることでも評判で人気です。

当記事では、CDエナジーダイレクトの概要や最近始めたお得なキャンペーン「祝割」に関しても解説した上で、リアルな評判や口コミを紹介します。

CDエナジーダイレクトはおすすめなのか知りたい方、口コミ・評判が気になる方はぜひ最後まで読んでいただければと思います。

2024年3月31日〆切のキャンペーン!

2024年2月1日~3月31日までにCDエナジーダイレクトに申し込むと、最大10,000カテエネポイントがもらえるキャンペーン!を利用できます。

〈条件〉
・お申し込みいただいた電気・ガスが2024年5月末日までに供給開始されること
・供給開始から1年以上ご契約を継続いただけること
・供給開始日から2ヶ月以内に家庭用会員サイト「カテエネ」に対象プランのご契約情報をご登録いただくこと(電気・ガス両方契約の場合は両プランともご登録が必要)



CDエナジーダイレクトの
公式サイトはこちら


この記事を書いた人
株式会社EXIDEA (HonNe編集部)
電力会社比較.comやWiMAX比較.comなどの生活インフラメディアを運営する株式会社EXIDEA(HonNe編集部)が執筆をしています。 HonNe編集部では、生活や仕事に関わる製品サービスを日々研究・利用し、本音でレビューしたコンテンツと比較ランキングを配信しています。

HonNe編集部の詳細はこちら

Contents

CDエナジーダイレクトは本当におすすめ?基本情報を紹介

CDエナジーダイレクトの会社情報

まずは、CDエナジーダイレクトの基本情報をみていきましょう。CDエナジーダイレクトは2016年の電力自由化から2年後の2018年6月にサービスを提供し始めました。

運営母体である株式会社CDエナジーダイレクトの基本情報は以下の通りです。

会社名 株式会社CDエナジーダイレクト
CD Energy Direct Co.,Ltd.
所在地 〒103-0022
東京都中央区日本橋室町4-5-1(さくら室町ビル11F)
設立 2018年4月2日
資本金等 17億5000万円
出資比率 中部電力ミライズ株式会社:50%
大阪ガス株式会社:50%
代表 代表取締役社長 八木 貴央
事業内容
  • 電力・ガスの販売
  • エネルギーサービスの販売
  • 暮らし及びビジネス全般を支えるサービスを中心とした付加価値サービスの販売
  • 許可登録一覧 小売電気事業登録:A0490ガス小売事業登録:A0064


    CDエナジーダイレクトは2018年にスタートした新興企業ではありますが、中部電力ミライズ株式会社と大阪ガス株式会社の出資を受けており、資本金が17億5000万円あります。

    また、CDエナジーダイレクトは電気のみならず、ガスの提供も行っており、後述しますが、それ故にガスとのセットで安くなるセット割の提供も行っています。

    対応エリア

    CDエナジーダイレクトのサービス提供エリアは主に関東圏(東京電力エリア)の以下の通りです。

    • 東京都
    • 神奈川県
    • 埼玉県
    • 千葉県
    • 栃木県
    • 群馬県
    • 茨城県
    • 山梨県
    • 静岡県の富士川以東
    ※マンション一括受電は供給対象外となります。 ※離島を除きます。

    つまり、東京電力を現在ご利用の方にとっては、CDエナジーダイレクトに乗り換えることが可能です。

    CDエナジーダイレクトの
    公式サイトはこちら


    CDエナジーダイレクトが高くなる?2023年10月の値上げに関するまとめ

    CDエナジーダイレクトでは、2023年10月より対象プランにおける料金の変更を行うことを発表しました。

    値上げ対象プラン

    CDエナジーダイレクトの下記プランが電気料金の値上げ対象になっています。

    • ベーシックでんきB/C
    • シングルでんき
    • ファミリーでんき
    • スマートでんきB/C
    • ポイントでんき(R)
    • ポイントでんき(d)
    • ポイントでんき(Tポイント)
    • エンタメでんき
    • よしもとでんき
    • KODOMO新聞でんき
    • JO1でんき
    • スマモル賃貸プランB
    • スマモル賃貸プランAE
    • ビジネス用 CD従量電灯B/C
    • CD低圧電力プラン


    また、中でも契約者数が多い4つのプランの値上げ内容に関しては料金プランからご確認ください。

    今回の電気料金値上げでは、燃料費調整額の計算方法と電気の従量料金を大きく変化させており、電気料金を値上げする代わりに、燃料費調整額によって、よりマイナス調整がされる設計になっているにが特徴です。

    電気料金の値上げ幅はどれくらい?モデルケースで解説

    では、電気料金の値上げは電気代にどれくらいの影響を与えるのでしょうか?下記が、4つのモデルケースにおける電気料金値上げ前後の電気代の差を示した表です。

    電気料金値上げ前 電気料金値上げ後
    モデルケース① 平均的な家庭
    (30A 260kWh)
    9,162 円 9,302 円 140 円
    モデルケース② 一人暮らし
    (30A 152kWh)
    5,406 円 5,499 円 93 円
    モデルケース③ ファミリー
    (40A 400kWh)
    14,390 円 14,599 円 209 円
    モデルケース④ オール電化
    (50A 550kWh)
    18,976 円 19,307 円 331 円
    ※料金には再生可能エネルギー発電促進賦課金(1.40円/kWh)、2023年6月の燃料費調整額(改定前:7.91円/kWh、改定後:-1.78円/kWh)を含みます。
    ※国の「電気・ガス価格激変緩和事業」による値引きは含みません。

    電気料金値上げ前後の電気代の差を見てみると、実際の値上げ幅は1~2%。電気料金の値上げが注目されていますが、家庭への影響は年間で数千円となります。

    電気料金値上げの背景は?

    CDエナジーに限らず、大手電力会社をはじめ、多くの電力会社が電気料金の値上げを行っていますが、その背景にあるのは、託送料金の値上げや、燃料価格、卸電力取引市場の高騰です。

    ロシアウクライナ問題で燃料価格が上がっている他、円安も影響し、燃料の仕入れ価格が大幅に高騰した結果、日本では電気代が高騰しており、電力会社としては経営のために、値上げをせざるを得ない状況になっているのです。

    CDエナジーダイレクトが急に高くなったと感じたら

    CDエナジーダイレクトの値上げ幅は1~2%ですが、CDエナジーダイレクトの電気代が急に高い、他に安い新電力会社があれば乗り換えたいと考えている方がいれば、ぜひエリアごとにおすすめな電力会社を比較している下記の記事を参考にしてみてください。



    CDエナジーダイレクトの4つの電気料金プラン

    CDエナジーダイレクトは主に4つの電気料金プランを提供しています。

    電気料金プラン毎に、異なる特徴がありますので、それぞれの電気料金プランがどんな人におすすめかを紹介します。

    1人暮らしの方に評判のシングルでんき

    まず紹介するのは、シングルでんき。その名の通り、電気使用量が少ない一人暮らし(単身)の方におすすめの電気料金プランです。

    シングルでんき 料金表|()の中は2023年10月以降の料金
    基本料金 30A 858.00円(885.72円)
    40A 1,144.00円(1,180.96円)
    50A 1,430.00円(1,476.20円)
    60A 1,716.00円(1,771.44円)
    従量料金※ 120kWhまで 19.88円(30.00円)
    121kWh~300kWh 26.48円(36.60円)
    301kWh~ 30.57円(40.69円)
    定額割引 基本料金+電力量料金から1月につき▲100円割引
    ガスセット割 基本料金・電力量料金(燃料費調整額を除く)の0.5%
    ※燃料費調整単価を除く単価です
    ※金額は税込みです
    ※全く電気をお使いにならない場合の基本料金は半額となります
    ※全く電気を使用されない場合は、割引の対象外となります

    2〜3人暮らしに評判が高いベーシックでんき

    CDエナジーダイレクトの「ベーシックでんき」は2〜3人暮らしの一般的なご家庭におすすめの電気料金プランです。

    ベーシックでんきB 料金表|()の中は2023年10月以降の料金
    基本料金 10A 267.66円(276.90円)
    15A 401.49円(415.35円)
    20A 535.32円(553.80円)
    30A 802.98円(830.70円)
    40A 1,070.64円(1,107.60円)
    50A 1,338.30円(1,384.50円)
    60A 1,605.96円(1,661.40円)
    従量料金※ 120kWhまで 19.78円(29.9円)
    121kWh~300kWh 25.47円(35.59円)
    301kWh~ 26.38円(36.5円)
    ガスセット割 基本料金・電力量料金(燃料費調整額を除く)の0.5%
    ※金額は税込みです
    ※全く電気をお使いにならない場合の基本料金は半額となります。
    ※燃料費調整単価を除く単価です


    400kWh/月以上利用する家族に評判のファミリーでんき

    CDエナジーダイレクトの「ファミリーでんき」は電気の使用量が多く、400kWh/月以上利用するご家庭におすすめの電気料金プランです。

    「ファミリーでんき」の特徴は300kWhまでの電気量料金が一定であること。

    そのため、電気の使用量が多ければ多いほど、電気料金がより割安になります。

    ファミリーでんき 料金表|()の中は2023年10月以降の料金
    基本料金 10A 267.66円(276.90円)
    15A 401.49円(415.35円)
    20A 535.32円(553.80円)
    30A 802.98円(830.70円)
    40A 1,070.64円(1,107.60円)
    50A 1,338.30円(1,384.50円)
    60A 1,605.96円(1,661.40円)
    従量料金※ 300kWhまで(定額) 7,049.16円(10,085.20円)
    301kWh~(1kWhあたり) 25.47円(35.59円)
    ガスセット割 基本料金・電力量料金(燃料費調整額を除く)の0.5%
    ※金額は税込みです
    ※全く電気をお使いにならない場合の基本料金は半額となります
    ※全く電気を使用されない場合は、割引の対象外となります
    ※燃料費調整単価を除く単価です

    オール電化におすすめのスマートでんき

    CDエナジーダイレクトの「スマートでんき」は、オール電化を利用するご家庭におすすめの電気料金プランです。

    「スマートでんき」では、CDエナジーダイレクト独自のポイントサービスであるカテエネポイントが貯まるため、実質的によりお得に電気を利用することができます。

    スマートでんきB 料金表|()の中は2023年10月以降の料金
    基本料金 10A 286.00円(295.24円)
    15A 429.00円(442.86円)
    20A 572.00円(590.48円)
    30A 858.00円(885.72円)
    40A 1,144.00円(1,180.96円)
    50A 1,430.00円(1,476.20円)
    60A 1,716.00円(1,771.44円)
    電力量料金(1kWhあたり)(※) 午前6時~翌日午前1時 25.80円(35.96円)
    午前1時~午前6時 17.78円(28.06円)
    ※全く電気をお使いにならない場合の基本料金は半額となります

    CDエナジーダイレクトのメリットや口コミ・評判

    【良い口コミ・評判①】家族にもポイント割引がある

    CDエナジーダイレクトには、ユニークな割引サービス「家族ポイント割」があります。

    「家族ポイント割」は2親等以内の家族がCDエナジー同士やCDエナジーと下記いずれかの会社(※)で電気またはガスを契約をしている場合、CDエナジーダイレクトを契約している方に100ポイント/月をプレゼントする制度。

    ※中部電力の方には100ポイント/月を、大阪ガスの方にはQUOカード(1,000円分)をプレゼント

    同じ関東圏に住んでいなくても、家族で割引を受けられる制度があるのはCDエナジーダイレクトのユニークな特徴であり、メリットの1つだと言えるでしょう。

    review
    PCパーツを探してる10さい (@penwhy)
    CDエナジーは2親等以内の人が大阪ガスか中部電力を使っていたら割引っと


    【良い口コミ・評判②】カテエネのポイントシステムが優秀

    CDエナジーダイレクトの2つ目のメリットは、独自のポイントサービスであるカテエネポイントが貯められ、利用できること。

    カテエネポイントは、電気料金の支払額100円につき1ポイント貯まり、電気料金の支払いに利用できる他、dポイントやTポイントのポイントに交換することが可能。(※WEB会員サービス「カテエネ」へ電気のご契約情報の登録が必要です。)

    また、楽天市場やYahooショッピングなどのネットショッピングを行う際に、カテエネ経由でネットショッピングいただくことで、各ネットショップでのポイントに加えてカテエネポイントが還元されます。

    利便性の高いカテエネポイントは評判が良く、下記のような口コミが多数見られます。

    review
    PCパーツを探してる10さい (@penwhy)
    CDエナジーで契約してるけど商品券送ってくるわ電気代がポイントになってそのポイントを電気代に使えるわ普通にいいと思うんだけど
    review
    むぎちゃん🐈ミニマルシンプル生活☘️猫🐈‍⬛@mugi_t_e_a
    自分用メモ CDエナジーでんき 利用額に応じて楽天ポイント付与 5000円未満で1% ポイントで電気代賄えるほどポイント貯めれてない民族の私にとっては ポイント獲得目的であれば楽天でんきより付与率良いのでは…?
    review
    こんちょび🎈@kontyobi
    まじで電力会社調べれば調べるほど 一人暮らしで節約している人は そんな差が出ないことがわかった(笑) …だけど最安の電力会社はわかった! 30Aでの比較であればCDエナジー最強✨ 必ず月-100円は強すぎる✨なんならポイントもついて電気代に使える💰 30Aで150kWh以内で生活できるならCDエナジー!
    review
    kusaba@etranze3rd
    最終的にCDエナジーさんへ申し込みました。決め手としては下記です。 ・ネット回線は現状維持 ・市場連動型の青天井ではない ・ポイント制度等がある ・他より若干安くなる ネット回線切替えても問題ない場合は燃料調整費がないenひかりだと思います。(ただし回線品質は不明)


    【良い口コミ・評判③】電気料金プランが豊富

    CDエナジーの3つ目のメリットは電気料金プランが豊富にあること。

    上記で紹介した4つのスタンダードメニューの他に、それぞれのライフスタイルに応じた下記7つのライフスタイルメニューを提供しています。

    プラン名 メニュー内容
    JO1でんき JO1オリジナル特典を毎年プレゼント!
    ポイントでんき 電気料金はそのままで、月々の電気料金からポイントを最大6%還元!
    よしもとでんき ご契約期間中はFANYチャンネル年会費をCDエナジーが負担※(新規申し込み受付を終了)
    エンタメでんき ご契約期間中はAmazonプライム年会費をCDエナジーが負担※
    KODOMO新聞でんき ご契約中は「読売KODOMO新聞」を配達!
    ミライトでんき 新規申込受付を終了
    ゲームでんき 申込受付を終了


    CDエナジーがAmazonプライム年会費相当を負担するプランなど独特なプランが用意されているのも、CDエナジーダイレクトの特徴であり、下記のような様々な口コミが見られます。

    review
    ぐりこ@Glicco
    サカナクション観ながら、ずっと調べてた。 結果、、、CDエナジーに決定!電気とガスのセット割引があって、Amazonプライム肩代わり!!
    review
    鉱平【YouTuber&ブロガー】@kohnyanta
    お金の使い道をメモ程度に確認。 スマホ→Google pixel5予定 通信→楽天モバイル 楽天ひかり ドコモ解約予定 通販→なんだかんだAmazon最強 ネットスーパー→楽天西友かパルシステム サブスク→Amazonプライムで済ませろ 光熱費→CDエナジー 手数料重視 NISA→松井証券 純金→KOYO証券 参考までに🥺
    review
    にゃんすけ@nyansukestudy
    【にゃんすけのサブスク一覧】 ✅Amazon prime →CDエナジーのエンタメでんきコース契約で年間0円 ✅マネーフォアードME(家計簿アプリ) →480円 ✅YouTube premium →1,180円 CDエナジーのエンタメコースは電気代もガス代も安いのにアマプラ無料になるのでオススメですよー!! #ミニマリスト


    【良い口コミ・評判④】独自キャンペーンの祝割がお得

    CDエナジーダイレクトの4つ目の特徴は、電気の利用状況が会員サイトで分かりやすく把握できること。

    使用状況をグラフで確認できる他、似た家族構成の平均値と比較することができるので、節約に繋がるアクションを取ることがより簡単になります。

    また、目標使用量を設定すれば、目標使用量を超えた際にメールが届くのもCDエナジーダイレクトが持つ特徴でありメリットの1つです。

    【良い口コミ・評判⑤】独自キャンペーンの祝割がお得

    祝割キャンペーンのイメージ CDエナジーダイレクトのメリット5つ目は、「祝割」というポイントキャンペーンがあること。祝割とは、人生の節目となるイベントをお祝いして、CDエナジーからポイントをプレゼントするもの。対象となるイベントは下記の通りです。

    • 結婚
    • 出産
    • 新居の購入
    • 子供の進学
    • 誕生日


    キャンペーンに参加するには、同居する家族の情報を「カテエネ」に登録するだけ。自分や同居家族の誕生日や進学などのイベントが訪れた際に、自動で(※)ポイントが付与されます。

    入会キャンペーン以外にポイントやキャッシュバックを付与してくれる電力会社はそう多くありません。そう言う意味では、CDエナジーは長く利用するほど、お得に利用できる電力会社と言えるでしょう。

    (※)結婚、出産、新居の購入については、対象のライフイベントから半年以内のご登録が必要です。

    CDエナジーダイレクトの評判・口コミまとめ

    CDエナジーダイレクトを利用している方の口コミをまとめると以下のような評判であることがわかりました。

    • 一人暮らしならCDエナジーダイレクトが一番安い
    • 2親等以内の人が大阪ガスか中部電力を使っていたら特典
    • ポイントを電気代に使えてお得
    • Amazonプライムの料金を払ってくれる
    • 電気の使用量が把握しやすい


    CDエナジーダイレクトの
    公式サイトはこちら


    悪い評判はないのか?CDエナジーダイレクトの注意点やデメリット

    利用できるのは関東圏のみ

    CDエナジーダイレクトの1つ目のデメリットは、サービスの提供エリアが関東圏に限られていることです。

    東京電力エリア以外にお住まいの方が契約できないのはサービスの特性上仕方ありませんが、デメリットの1つとして挙げられるでしょう。

    一方で、関東圏にお住まいの方には自信を持って、おすすめできる電気会社だと言えます。

    解約金がかかるプランがある

    CDエナジーダイレクトのデメリット2つ目は、解約金がかかるプランがあることです。

    ライフスタイルに沿ったプランである「エンタメでんき」「ゲームでんき」「ミライトでんき」「よしもとでんき」は1年契約となっており、期間の途中で解約する際には、残りの月数分の費用を支払う必要があります。

    そのため、一部の電気料金プランが短期利用できず、解約金が発生してしまうことはデメリットとして挙げられるでしょう。

    燃料費調整額には要注意

    燃料費調整額は、発電に必要な燃料(石油や天然ガスなど)の価格変動を電気料金に反映するもので、電気料金に大きく影響します。つまり、燃料価格が上がれば、その分、電気料金も上がるという仕組みです。

    燃料費調整額は、電力会社のプランによって「上限あり」と「上限なし」の2つがあります。「上限あり」は、消費者保護の観点で、燃料費の増加による電気料金の上昇を一定範囲に制限するものです。一方、「上限なし」は、そのような制限が存在せず、燃料費の上昇分が電気料金に大きくのしかかります。

    CDエナジーダイレクトの燃料費調整額の推移は下記の通り。

    2023年5月(※) 2023年4月(※) 2023年3月(※) 2023年2月(※) 2023年1月
    燃料費調整額 2.21 3.25 4.69 6.04 12.99
    電気・ガス価格激変緩和対策を反映させた価格

    燃料費調整額によっては、必ずしも電気料金が安くならないため、注意が必要です。

    電気代が高い?「CDエナジーダイレクト」の電気料金を比較シミュレーション

    一人暮らし(単身)の場合

    一人暮らしの場合は、基本的にアンペア数が30A、電力使用量は120~150kWhです。

    シミュレーションすると以下の通り。(2023年10月以降の新料金で計算しております。)

    CDエナジーダイレクト「シングルでんき」
    基本料金(30A) 886円
    120kWh利用の場合 3,228円
    150kWh利用の場合 4,036円

    【注意】上記シミュレーションには2024年2月分の燃料費調整額を加えております。 燃料費調整額の高騰に関してはこちらの記事をご覧ください。



    2~3人世帯の家庭の場合

    2~3人暮らしの場合は、基本的にアンペア数が40A、電力使用量は200~300kWh。

    シミュレーションすると以下の通りです。(2023年10月以降の新料金で計算しております。)

    CDエナジーダイレクト「ベーシックでんき」
    基本料金(40A) 1,108円
    200kWh利用の場合 5,613円
    300kWh利用の場合 8,207円

    【注意】上記シミュレーションには2024年2月分の燃料費調整額を加えております。
    燃料費調整額の高騰に関してはこちらの記事をご覧ください。



    4人以上のファミリーの場合

    4人暮らしの場合は、基本的にアンペア数が50〜60A、電力使用量は450~600kWhになります。

    シミュレーションすると以下の通りです。(2023年10月以降の新料金で計算しております。)

    CDエナジーダイレクト「ファミリーでんき」
    基本料金(50A) 1,385円
    基本料金(60A) 1,661円
    50A:450kWh利用の場合 12,466円
    60A:600kWh利用の場合 16,634円

    【注意】上記シミュレーションには2024年2月分の燃料費調整額を加えております。
    燃料費調整額の高騰に関してはこちらの記事をご覧ください。



    ガスとセットの場合

    「CDエナジーダイレクト」では、ガスとセットの場合、基本料金および電力量料金が0.5%割引になります。

    下記が日本における世帯ごとの年間平均電気代と0.5%割引された場合の比較シミュレーションです。(※燃料費調整額を除いて計算しております。)


    平均電気代(*) ガスとセット割で安くなる金額
    1人暮らし 69,492円 347.46円
    2人暮らし 114,180円 570.9円
    3人暮らし 131,184円 655.92円
    4人暮らし 141,456円 707.28円

    【注意】 上記シミュレーションには燃料費調整額を加えておりません。
    燃料費調整額に上限価格はなく、実際は上記金額よりも電気料金が高くなります。
    燃料費調整額の高騰に関してはこちらの記事をご覧ください。



    総務省統計局-2020年家計調査

    【2024年2月最新】CDエナジーダイレクトのキャンペーンを紹介

    CDエナジーダイレクトでは現在、下記のキャンペーンを行っております。

    2024年3月31日〆切のキャンペーン!

    2024年2月1日~3月31日までにCDエナジーダイレクトに申し込むと、最大10,000カテエネポイントがもらえるキャンペーン!を利用できます。

    〈条件〉
    ・お申し込みいただいた電気・ガスが2024年5月末日までに供給開始されること
    ・供給開始から1年以上ご契約を継続いただけること
    ・供給開始日から2ヶ月以内に家庭用会員サイト「カテエネ」に対象プランのご契約情報をご登録いただくこと(電気・ガス両方契約の場合は両プランともご登録が必要)



    東京電力エリアで電気料金が安いCDエナジーダイレクト。解約金や縛り期間などもなくリスクはゼロ。このキャンペーンを利用して、電気代が高いシーズンを乗ってはいかがでしょうか。

    CDエナジーダイレクトの
    公式サイトはこちら


    CDエナジーダイレクトの「祝割」キャンペーンを紹介

    祝割キャンペーンのイメージ CDエナジーは現在、「人生の節目」を祝うポイントキャンペーンを実施しています。祝割とは、下記のような人生の大きなライフイベントに対してポイントを付与してくれるもの。

    • 結婚:3000ポイント
    • 出産:3000ポイント
    • 新居の購入:3000ポイント
    • 子供の進学:1000ポイント
    • 誕生日:最大100ポイント


    しかも、祝割を適用するためには、同居する家族の情報を「カテエネ」に登録するだけ。あとは、誕生日や進学時には自動的に(※)ポイントがプレゼントされます。

    祝割のキャンペーンがあるため、CDエナジーは長期で契約すると、よりお得に利用できる電力会社であることがおわかりいただけるのではないでしょうか。

    CDエナジーダイレクトの
    公式サイトはこちら


    (※)結婚、出産、新居の購入については、対象のライフイベントから半年以内のご登録が必要です。

    CDエナジーダイレクトにはどうやって乗り換える?申し込み方法を確認

    ステップ1:CDエナジーダイレクトのWebページ/電話から申し込み

    CDエナジーダイレクトへの切り替えは2ステップで完了します。

    WEBと電話で申し込むことができますが、当メディアとしては、WEB経由での切り替えが手軽でおすすめです。申し込みの際は下記の情報が必要になるので、事前に準備しておきましょう。

    • 電気使用開始希望日時
    • 名前
    • 住所
    • 電話番号
    • メールアドレス
    • 電気プラン
    • ガス契約の有無


    引越し等で新規申し込みの場合は上記のみですが、他の電力会社から切り替える際には、現在契約中の電気・ガスの検針票が必要になります。

    ステップ2:電力供給開始

    引越し等で新規に申し込む場合、電気は2営業日後、ガスは4営業日後に利用可能。

    また、他の電力会社から乗り換えの場合は、申し込みから約1ヶ月後に「CDエナジーダイレクト」に切り替わります。

    電力が切り替わるまでの間は、特に対応することはありません。(※スマートメーター未設置の場合は、設置工事完了後の切り替えとなります。)

    申し込みは上記だけでとっても簡単。現在契約している電力会社の解約手続きも不要なので、ぜひこの機会に「CDエナジーダイレクト」に切り替えてみてはいかがでしょうか。

    CDエナジーダイレクトの
    公式サイトはこちら
    PICKUP
    CONTENTS

    おすすめ電力会社を徹底比較!料金が安い新電力ランキング【2024年2月最新】

    「電気代を安くしたいけど、どの電力会社に乗り換えればいいかわからない。」 「電気料金の仕組みが複雑なので、とりあえずおすすめの電力会社・新電力を教えて欲しい。」 2022年から電気代の高騰が続く中、上記の悩みを持つ方も多...
               
    最終更新日:2024年2月20日

    電気代が安い!一人暮らしにおすすめの電力会社ランキング【2024年2月】

    このページでは、一人暮らし向けの安い電力会社を紹介しています。 2016年の電力自由化に伴い、従来は大手地域電力会社としか契約できなかった電気が、自由に電力会社を選べるようになりました。 しかし、自由に選べるとなると、結...
               
    最終更新日:2024年2月19日

    【2024年2月最新】東京ガスの電気のメリット・デメリットと評判・口コミ

    「関東・東京電力エリアでおすすめの新電力はどこ?」 「ガスとセットでお得な電力会社はないかな?」 そんな方に、おすすめな電力会社は、「東京ガスの電気」。 東証一部上場の企業である東京ガスが提供する電力サービスは、安心感が...
               
    最終更新日:2024年2月21日