当ページに含まれる広告と商品評価について
当ページには広告リンクが含まれており、当ページを経由して商品・サービスの申込みがあった場合、提携している各掲載企業から広告報酬を受け取ることがあります。ただし、当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無に一切関わらず、コンテンツポリシーに基づき、当サイト独自の調査と実際に使用したレビューをもとに掲載しております。当サイトで得た収益は、皆様により役立つコンテンツを提供するために、品質向上等に還元しております。
おすすめのSFAツール(営業支援システム)18製品を比較!価格・機能・サポート体制を紹介

SFAツール(営業管理システム)のおすすめ18製品を比較!料金・機能・サポート体制を紹介【2024年7月最新】


当記事では、編集部がおすすめするSFAツール18製品を比較して紹介します。

また、製品の機能や価格、使いやすさなどを一括で比較できる、おすすめのSFAツール18製品の一覧比較表を作成しました。これを見れば自社に合うであろう製品を簡単に絞り込めるでしょう。

SFAツール Mazrica Sales
(株式会社マツリカ)
ネクストSFA
(株式会社ジオコード)
GENIEE SFA/CRM
(株式会社ジーニー)
ホットプロファイル
(株式会社ハンモック)
Sansan
(Sansan株式会社)
Sales Hub
(HubSpot)
Knowledge Suite
(ブルーテック株式会社)
cyzen
(レッドフォックス株式会社)
UPWARD
(UPWARD株式会社)
Sales Cloud
(株式会社セールスフォース・ジャパン)
eセールスマネージャー
Remix CLOUD
(ソフトブレーン株式会社)
Zoho CRM
(ZOHO Japan Corporation)
Sales Force Assistant
(株式会社NIコンサルティング)
kintone
(サイボウズ)
JUST.SFA
(ジャストシステム)
Dynamics 365 Sales
(Microsoft)
DPS for Sales
(NTTデータ)
Oracle Sales Cloud
(オラクル)
資料請求リスト
に追加する
機能 顧客管理
案件管理
行動管理
レポート機能
AIによるサジェスト
名刺管理
モバイルアプリ
MA機能
メール一括配信
案件管理
行動管理
代理店管理
データ分析
CRM機能
顧客別予算管理
AIアシスタント
部門や組織の連携
モバイル対応
データリアルタイム出力
商談管理
人脈可視化
案件の見える化
営業アプローチリスト
HOT通知
Web行動把握
名刺管理
リスト作成
スマートフォーム
役職者情報
メール配信
エンゲージメントツール
取引管理
レポート機能
アナリティクス機能
見積もり作成
顧客情報管理
与実の可視化
名刺管理
問い合わせ情報取り込み
モバイル対応
データ分析
オリジナル顧客マップ
GPS位置情報表示
写真添付報告書の共有
報告書内の数値自動集計
営業のベストプランを
地図上に可視化
顧客マッピング
プッシュ通知
滞在記録の自動検知
ダッシュボード
見込み客の管理
売上予測管理
パイプライン管理
ワークフローの自動化
見積もりと契約の承認
案件管理
予実管理
顧客情報管理
ターゲティング
リードナーチャリング
見込み顧客管理
案件管理
営業分析
分析レポート
ダッシュボード
レコメンド
ルート型営業支援
リピートサイクル型
営業支援
業務改善支援システム
案件管理
タスク管理
予実管理
顧客リスト
日報
顧客管理
案件管理
プロセス管理
集計・分析
レポーティング
タスク管理
AIによる優先順位付け
エンゲージメント活動
キーワードと会話の分析
予実管理
KPI管理
顧客管理
案件管理
リード管理
ドキュメント管理
名刺管理
効果的な
セールス・ガイダンス
顧客全体像管理
担当地域管理
予実管理
ダッシュボード
価格 25,000円/月〜 50,000円/月〜 34,800円/月~
※10ユーザー分
個別見積もり 個別見積もり 初期費用
50万円

月額料金
6ヶ月契約の場合
100,000円
12ヶ月契約の場合
70,000円
24か月契約の場合
60,000円
50,000円/月~ 個別見積もり 3,800円/月~ 3,000円/月~ 11,000円/月~ 1,680円/月~ 3,500円/月~ 780円/月~ 個別見積もり 9,745円/月~ 300,000円/月~ 個別見積もり
使いやすさ モバイルアプリから
入力可能
初期設定が容易 誰でも使えるシンプルな管理画面で入力も分析も直感的に可能 「新規開拓」
「名刺管理」
「営業支援」を
すべて1つに集約
法人向け名刺管理サービス市場シェア No.1 必要な情報だけを提示して生産性を向上 グループウェア、SFA、CRM、ビジネスアプリケーションが機能連動してオールインワン スマホで簡単に使える
営業活動管理アプリ
フィールドセールスにおける顧客データの記録・活用を​効率化。 営業活動を支援する、世界No.1のAI搭載型CRM とにかく簡単なUI設計 直感的で使いやすい
インターフェイス
一人ひとりに合わせて
自由にレイアウト可能
自分たちで業務アプリがつくれる ノーコードでSFAを構築 ビジネスで馴染みのあるMicrosoftのUIで利用可能 EXCELのUIで集計や
帳票作成可能
管理タスクを自動化するCRMセールスツールを使用して、面倒なデータ入力や無限にあるクリックを排除
システム連携 Microsoft 365
Slack
Money Forwardクラウド請求書
Sansan
Marketo
Tableau など
Gmail
Chatwork
Money Forwardクラウド請求書
Sansan
Marketo
Google広告 など
Gmail
Gooogle Map
Slack
Chatwork
Office365カレンダー
DATA CONNECT など
kintone
salesforce
Microsoft Dynamics CRM
Tableau
カイクラ
Chatwork など
salesforce
Concur Expense など
Gmail
Slack
Salesforce
Zendesk
iCloud
Sansan など
API連携は可能だが実例は記載なし Microsoft365カレンダー
GoogleWorkspace
King of Time など
Salesforce
Microsoft Dynamics 365 など
API連携は可能だが実例は記載なし sansan
ZOOM
Slack
MA
Dropbox など
API連携は可能だが
実例は記載なし
専用のコネクタを利用した連携は可能だが実例は記載なし sansan
Money Forwardクラウド
CLOUDSIGN
Microsoft 365
Slack
Box など
sansan
Freee会計
Slack
Gmail
Google Workspace
SATORI など
API連携は可能だが
実例は記載なし
API連携は可能だが
実例は記載なし
API連携は可能だが
実例は記載なし
サポート体制 オンラインマニュアル
チャットサポート
プレミアムサポートプランも用意
充実のサポートを何回でも無料で提供 導入オンボーディング
メール、またはチャット
専任スタッフがサポート 活用フェーズや課題に合わせた支援サービス
導入後の徹底支援体制
スキルアップに役立つ
HubSpotアカデミー
日本語でのカスタマーサポート
導入コンサルティング
操作ガイド作成
オペレーション研修
設定代行サービス
担当者が設計・設定、テスト運用/展開を支援
電話、メール、問い合わせフォームなど
カスタマーサクセスチームがサポート
専門のスタッフが丁寧にサポート
お客様のニーズに合わせた適切なレベルのガイダンスとサポートをエキスパートが提供 ユーザーの93.8%*が絶賛する充実したサポートサービス 導入からスキルアップ、トラブル対応まで万全のサポート体制を整えている 可視化経営システム運用サポート 活用応援サポート
導入〜活用までパートナーに相談可能
検討フェーズ~定着フェーズまで、すべてのフェーズで安心のサポートをご提供 有料プランで専門サポートを提供
英語のみのサービスもあるため注意
問い合わせ窓口あり オラクル製品全体の
サポート窓口あり
詳細 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ

また、記事内では、SFAツールの比較ポイントそもそもSFAツールとは何かについても解説しています。ぜひ最後までご覧ください。

無料で一括請求 SFAツールの資料をまとめて請求する

目次

SFAツール(営業管理システム)とは?

SFAツール(営業管理システム)とは SFAツール(Sales Force Automation)とは、営業活動をデータを用いて効率化し、生産性を向上するためのものです

SFAツールでは、顧客情報の管理、商談の進捗、案件の管理、予実の分析など、営業に関わる多岐にわたるデータを一元的に管理します。

従来の営業方法では、多くの時間と労力が、顧客情報の集約やフェーズの確認に費やされてきました。しかしSFAツールの導入で、これらの情報を一つのシステムで管理し、営業チーム全体での情報共有が可能になります。

これにより、SFAツール導入前と比較すると、営業戦略を迅速に調整し、市場の動向に柔軟に対応できます。

また、SFAツールは単に情報を集約するサービスとは違い、商談の進捗管理や受注率の向上、営業活動の可視化を支援し、より戦略的な営業活動が実現するでしょう。

SFAツールの基本を理解できたところで、次章ではCRMとMAについて、SFAとの違いを解説します。

SFAツールとCRM・MAとの違い

SFAツールとCRM・MAとの違い 本章では、SFAとCRMの違い、SFAとMAの違いを解説します。これらは混同されがちな概念ですが、違いを理解しておくことで、よりSFAツールを効果的に使いこなすことができるので、ぜひご一読ください。

SFAと CRM(顧客管理システム) の違い

SFA(Sales Force Automation)とCRM(Customer Relationship Management)を比較すると、どちらも顧客データの管理に関連しますが、目的と重きを置いている機能が違います。

まずSFAツールは、主に営業活動の効率化と営業プロセス管理に特化しています。SFAツールには、商談の進捗管理、案件の追跡、営業成績の分析などが含まれており、営業チームの戦略的かつ効率的に業務遂行支援が可能です。

一方で、CRMツールは顧客との長期的な関係構築が目的です。そのため、顧客情報の一元管理、コミュニケーション履歴のトラッキング、顧客満足度の向上を目指します。

CRMツールはマーケティング、カスタマーサポート、営業など、企業全体で顧客情報を共有しており、顧客一人ひとりにパーソナライズされたアプローチが可能です。

実際には、多くの企業でSFAツールとCRMツールを組み合わせて、営業効率の向上と顧客関係の強化を同時に実現しています。適切なSFAツールの選択は、自社のゴールと営業戦略に基づいて行いましょう。

次項では、SFAツールとMAツールの違いを解説します。

SFAと MA(マーケティング・オートメーション) の違い

SFA(Sales Force Automation)とMA(Marketing Automation)を比較すると、どちらもビジネスプロセスの効率化を目指す点で共通していますが、目的と重要視する点に違いがあります。

まずSFAツールの目的は、主に営業効率の向上支援です。そのため、営業担当者の日々の活動管理や効率化をサポートします。これには、顧客情報の管理、商談の進捗状態の追跡、営業活動の記録と分析が含まれます。

一方で、MAツールはマーケティング活動の自動化が目的です。リードの獲得と育成、メールマーケティング、キャンペーンの自動化、顧客の行動分析など、マーケティング関連のタスクを効率化します。

MAツールは潜在顧客を特定し、彼らを購買に導くための戦略的なアプローチを提供可能です。

これらSFAツールとMAツールを組み合わせることで、マーケティングと営業の連携が強化され、組織全体の顧客体験が向上するでしょう。このように、両者は異なる機能を持ちつつも、組み合わせることで企業の成長をサポートします。

SFAツールに対する解像度が上がったところで、次章では、SFAツールの基本機能を解説します。

営業活動を効率化する3つの基本機能を紹介

営業活動を効率化する3つの基本機能を紹介 本章では、SFAツールの3つの基本機能について解説します。

進捗やプロセスを可視化する商談管理機能

SFAツールの商談管理機能とは、営業活動の見える化、営業プロセスの各ステップを追跡、営業全体の効率向上を目的とした機能です。

具体的には、SFAツールの商談管理機能により、顧客ごとの商談状況、訪問日、関与した人物、およびその他の重要な活動詳細を一元管理できます。これにより、進行中の商談の現在の進捗状況をリアルタイムで把握し、必要に応じて営業戦略を組み立てることが可能です。

また、SFAツールのこの機能には顧客の購買サイクルを考慮したプロセス管理が含まれており、営業プロセスをシナリオ化して、ステップごとに何が必要かを明確にします。

さらに、カンバン方式の案件管理により、見込み客のフェーズや見込み金額を直感的に理解しやすく表示でき、営業チームの負担を軽減するでしょう。

営業実績をリアルタイムに把握する業績管理機能

SFAツールの業績管理機能とは、営業の実績をリアルタイムで把握し、分析するための機能です

SFAツールのこの機能を活用することで、営業チームは自分たちのパフォーマンスを正確に評価し、必要な戦略立案を迅速に行えます。

また、SFAツールの業績管理機能には予実管理機能も含まれており、営業プロセス全体で予算や受注予定金額、実績などを積み上げ、これらを数字やグラフでダッシュボードに視覚的に表示可能です

これにより、営業チームは目標達成に向けて現状を確認し、予測と実績の差を分析することで、今後の営業戦略をより効果的に立てられます。

外出先での確認や報告を可能にする活動支援機能

SFAツールには、外出先からでも即座に顧客情報を確認し、営業実績の報告ができたり、現場の営業担当を幅広く支援する機能もあります。

これは、営業担当者が移動中や顧客先でリアルタイムでデータを取り扱えるように設計されており、効率的な営業活動に貢献するSFAツールの機能です。

主な機能として、例えばスケジュール管理機能があります。これにより、営業チームは個々のスケジュールだけでなく、チーム全体のスケジュールを一元的に把握できます。

また、モバイルアプリを通じて、どこにいてもスケジュールの更新や確認が可能なため、営業の機会を逃しにくいです。

さらにSFAツールは、GPS情報を利用した営業行動の追跡は、営業担当者の動きを可視化し、効率的なルート計画や時間管理を支援します。これにより、営業担当者は顧客との接点を最大化し、生産性を高められるでしょう。

次章では、SFAツールのメリットを解説します。メリットをしっかりと確認しておくことで、SFAツールの効果を最大限に発揮し営業活動を効率化できるでしょう。

営業管理システムを導入するメリット

営業管理ツールを導入するメリット

SFAツールは営業活動の可視化と生産性向上につながる

SFAツールの導入は、営業プロセスを根本から変革し、組織全体の生産性を向上させる可能性を持っています。SFAツールによる営業活動の可視化は、データ駆動の意思決定を可能にし、各営業担当者の時間と労力を価値のある活動に集中させることができるでしょう。

SFAツールはただの営業管理システムではなく、営業プロセスを効率化し、組織の成長を加速させる戦略的なものです。これを最大限に活用することで、営業組織の生産性と業績向上の可能性が高まります。

顧客ニーズに合わせた営業戦略が取れるのもSFAツールのメリットの1つ

SFAツールの導入は、顧客一人ひとりにパーソナライズされた営業戦略を可能にし、結果として顧客満足度の向上に貢献するでしょう。

SFAツールを使えば、顧客との各コミュニケーションは、個々の顧客データに基づいてカスタマイズされます。顧客一人ひとりにパーソナライズされた営業は、顧客満足度を高め、長期的な関係構築に繋がるでしょう。

また顧客との長期的な関係構築は、リピーターを生み出す可能性も高く、さらには新たな顧客を紹介してくれるケースも見込めるでしょう。

顧客一人ひとりに合わせた営業の実現は、企業が差別化を図る上で重要です。SFAツールを活用し、顧客中心のアプローチを強化することで、より効果的な営業戦略を展開しましょう。

次章では、SFAツールの選び方・比較ポイントを解説します。SFAツールの導入に失敗したくない企業はぜひご一読ください。

導入に失敗しないためのSFAツールの選び方・比較ポイント

導入に失敗しないためのSFAツールの選び方・比較ポイント 本章では、導入に失敗しにくいSFAツールの選び方・比較ポイントを解説します。SFAツール導入後に違う製品のほうが良かったと後悔することがないように、ぜひご一読ください。

SFAツールを選ぶ際は自社の営業プロセスに合った機能を備えているかを確認する

SFAツールの選定する際は、自社の営業プロセスに合った機能を備えているかを確認しましょう。自社の営業課題に合ったSFAツールを選ぶためには、以下のポイントでの比較が重要です。

まず、自社の営業プロセスを分析します。次に、これらの課題を解決できる機能を持つSFAツールを検討します。

さらに、組織の成熟度と営業スタイルの考慮も重要です。例えば、成熟した企業では顧客満足度をさらに高めるために高度な分析機能やカスタマイズ可能なダッシュボード機能が付いたSFAツールが求められることがあります。

これらの点を踏まえ、自社の現在および将来のニーズに合ったSFAツールの比較が、持続的な営業成功の鍵となります。

誰にでも使いやすいユーザーインターフェースのSFAツールを選ぶ

SFAツールの選定において、使いやすいユーザーインターフェースは重要です。直感的でシンプルなインターフェースは、営業担当者が日々の業務を効率的にこなすための鍵となるでしょう。特に以下の点の比較がおすすめです。

  • 直感的な操作性
  • SFAツールのユーザーインターフェースは、直感的に利用できることが求められます。実際の使用を想定し、無料トライアルなどで操作性を確認しましょう。
  • データ入力の容易さ
  • 営業活動の多くは、データ入力から始まります。データ入力作業が簡単であれば、営業担当者の日々の負担は軽減されます。特に、SFAモバイルアプリを使用して外出先からでも簡単にデータを入力できるかどうかは、SFAツール選びの重要なポイントでしょう。

営業担当者が快適に使用できるSFAツールは、組織全体の生産性向上に貢献し、最終的には営業成績の向上につながる可能性が高いです。

他システムとの連携ができるか確認する

SFAツールを比較検討する際、既存のシステムとの連携可否の確認も忘れてはいけません。適切なシステム連携は、データの一元化、プロセスの効率化、そして全体の営業効率向上を支援します。

まずはSFAツールが提供するAPIの種類と範囲を確認しましょう。例えば、名刺管理システム、メールマーケティングサービス、会計ソフト、BIツールなどとデータを連携できるかどうかをチェックしてください。

また、選定するSFAツールが他のシステムとシームレスに連携できるかどうかも大切です。連携がスムーズでない場合、従業員は複数のシステムを行き来する必要があり、これが結果的に時間の浪費やミスの原因となる可能性があります。

他システムとの連携を考慮せずにSFAツールを導入してしまうと、かえって営業効率が悪くなり、業績悪化につながることもあるので注意しましょう。

SFAツール導入後のサポート体制を比較する

SFAツールの導入は、単にシステムを設置するだけでなく、その後のサポートが大切です。

特にSFAツールを初めて導入する企業にとって、導入後のサポートは重要でしょう。実際に導入後のサポートが不十分であると、多くの企業がSFAツールを十分に活用できずに終わることがあります。

優れたサポート体制を持つサービスは、電話、メール、ライブチャットなど、複数のチャネルを通じて迅速かつ効果的なサポートを提供します。

また、企業が成長し、営業活動の課題が変化するにつれて、SFAツールもそれに合わせて変化する必要があります。ベンダーがカスタマイズやスケーラビリティの支援をどれだけ提供できるかも、SFAツール選定の重要なポイントです。

以上より、サポート体制を比較して選ぶことで、SFAツール導入の成功率を高め、営業プロセスの持続的な改善と効率化を実現できるでしょう。

コストパフォーマンスを比較して決める

SFAツールの選定において、コストパフォーマンスの比較も重要な要素の一つです。価格に見合った価値を提供するSFAツールの選択は、企業の費用対効果を最大化するために不可欠でしょう。

まずはSFAツールの機能と価格のバランスを考慮します。必要な機能を提供しながらも費用を抑えることができる製品を選ぶことが、経済的にも戦略的にも賢明といえます。初期費用とランニングコストの両方を確認し、総合的なコスト効率を考えましょう。

また、オンプレミス型とクラウド型のSFAツールでは、コスト構造が大きく異なります。オンプレミス型では、ハードウェアの設置やメンテナンス費用などの追加費用が発生しますが、クラウド型ではこれらの費用が削減されます。

クラウド型は比較的に初期投資が少なく済み、スケーラビリティに優れるため、特に中小企業に適しています。

上記の点を評価し、自社のニーズに最も適したコストパフォーマンスの高いSFAツールの選定を心がけましょう。

SFAツールに対する理解が深まったところで、次章では当編集部がおすすめするSFAツールを紹介します。

おすすめのSFAツール18選を比較!価格や機能を詳しく紹介

おすすめのSFAツール18選を比較!価格や機能を詳しく紹介 本章では各SFAツールの詳しい情報を紹介します。価格や機能だけでなく、具体的にどんな企業におすすめかも解説しているので、ぜひ参考にしてください。

Mazrica Sales(株式会社マツリカ)

Mazrica Salesの基本情報
機能 顧客管理、案件管理、行動管理、レポート機能、AI機能によるサジェスト、名刺管理、モバイルアプリ
価格 27,500円/月〜
使いやすさ モバイルアプリから入力可能、現場ファーストで開発
システム連携 Microsoft 365、Slack、Money Forwardクラウド請求書、Sansan、Marketo、Tableauなど
サポート体制 オンラインマニュアルや、チャットサポートを全てのお客様が無料でご利用可能、有償プラン(プレミアムサポートプラン)もご用意
※出典:Mazrica Sales公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


Mazrica Salesのおすすめポイント
  • AIが案件のリスク分析や類似案件を直接アドバイス
  • 営業×リモートワークを支える案件ボード
  • 面倒なデータ入力もモバイルアプリからワンクリック

Mazrica Salesは、AIが案件のリスク分析や類似案件を直接アドバイスする営業支援機能を持つSFAツールです。

Mazrica Salesの導入によって、高速かつ精密なリスク評価が可能になり、意思決定の正確性が向上するでしょう。それにより、ヒューマンエラーの少ないビジネス判断が可能となり、プロジェクトの失敗率減少が期待できます

以上より、リスク管理を強化したい会社は、Mazrica Salesの導入がおすすめです。

Mazrica Sales

株式会社マツリカ



SFAツールの一覧比較表に戻る

ネクストSFA(株式会社ジオコード)

ネクストSFAの基本情報
機能 【MA機能】メール一括配信、スコアリング&トラッキング
【SFA機能】案件管理、行動管理、代理店管理、データ分析
【CRM機能】企業管理、顧客別予算管理
【その他】AIアシスタント
価格 50,000円/月〜
使いやすさ 初期設定が容易、圧倒的な使いやすさを実現
システム連携 Gmail、Chatwork、Money Forwardクラウド請求書、Sansan、Marketo、Google広告など
サポート体制 充実のサポートを何回でも無料で提供
※出典:ネクストSFA公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


ネクストSFAのおすすめポイント
  • 安価の金額で、リードの獲得・育成から受注までをこれ1つで管理できる
  • 案件の管理、営業マンごとの行動や、データ分析など、受注までの販売活動を見える化
  • 顧客の属性情報、購買履歴、コンタクト履歴などのデータを集約・管理

ネクストSFAは、安価の金額で、必要な機能を搭載し、リードの獲得・育成から受注までのマーケティング活動&営業活動を、一括で支援・管理できる機能を提供するSFAツールです。

ネクストSFAの導入によって、複数のシステムを使用する必要がなく、管理の手間とコストが削減されます。そのため、企業の運営コストの削減と効率化が実現され、収益の向上に直結する可能性が高いでしょう

以上より、予算に制限があるものの、効果的なマーケティングと営業活動を行いたい会社は、ネクストSFAの導入がおすすめです。

SFAツールの一覧比較表に戻る

GENIEE SFA/CRM(株式会社ジーニー)

GENIEE SFA/CRMの基本情報
機能 【部門や組織の連携】モバイル対応、顧客管理
【生産性向上】データのリアルタイム出力
【属人化への対応】商談管理、営業活動の見える化
価格 34,800円/月~
使いやすさ 誰でも使えるシンプルな管理画面、入力も分析も直感的に可能、ベテラン営業の方も使いこなせるSFA
システム連携 Gmail、Google Map、Slack、Chatwork、Office365カレンダー、DATA CONNECTなど
サポート体制 導入初期においてはオンボーディング支援として一定期間、現場での定着を目的とした専用プログラムを提供
通常のお問い合わせはメール、またはチャットでCS専門部署が迅速に対応
※出典:GENIEE SFA/CRM公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


GENIEE SFA/CRMのおすすめポイント
  • 大手SFAのおよそ1/3の費用で、商談から顧客の管理はもちろん、その他機能も利用可能
  • 親しみやすいシンプルな画面
  • 平均1ヶ月〜2ヶ月で運用開始が可能

GENIEE SFA/CRMは、大手SFAと比較しておよそ1/3の費用で、商談から顧客の管理はもちろん、その他機能も利用可能なサービスを提供しているSFAツールです。

GENIEE SFA/CRMの導入によって、経済的負担が比較的少なく全ての基本的な機能を利用できます。そのため、コストパフォーマンスが高く、低予算で導入でき、リソースを他の重要な事業活動に再配分できるでしょう

以上より、初めてSFA/CRMシステムを導入する会社は、GENIEE SFA/CRMの導入をおすすめします。

SFAツールの一覧比較表に戻る

ホットプロファイル(株式会社ハンモック)

ホットプロファイルの基本情報
機能 【営業の質向上】人脈可視化、顧客深耕
【案件の見える化】案件管理、レポート、営業アプローチリスト
【商談機会の増加】HOT通知、Web行動把握
価格 個別見積もり
使いやすさ 「新規開拓」「名刺管理」「営業支援」をすべて1つに集約!ツール操作を統一できるため使い勝手が良く、生産性向上に繋がる
システム連携 kintone、salesforce、Microsoft Dynamics CRM、Tableau、カイクラ、Chatworkなど
サポート体制 ホットプロファイル運用が現場に定着するまで、専任のスタッフがサポート
お客様ご自身でオンボーディングできる仕組みも豊富
※出典:ホットプロファイル公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


ホットプロファイルのおすすめポイント
  • 顧客データベースを自動作成し、人脈を可視化・共有
  • 売上予測(見込案件管理)がしやすい
  • 顧客の興味関心を可視化し、適切なタイミングでより効果的なアプローチ

ホットプロファイルは、顧客データベースを自動作成し、人脈を可視化・共有。最新の情報に基づいてあらゆる接点を把握、活用することで営業活動を前進させる支援機能を提供するSFAツールです。

ホットプロファイルの導入によって、データのオートメーション化と可視化により、顧客との関係を効果的に管理し、営業機会を最大限に活用できます。そのため、正確かつ迅速に顧客情報を共有し、営業担当者が戦略的にアプローチすることで成約率の向上が期待できます

以上より、広範な顧客ネットワークを持ち、それを効果的に管理したい会社は、ホットプロファイルの導入をおすすめします。

ホットプロファイル

株式会社ハンモック



SFAツールの一覧比較表に戻る

Sansan(Sansan株式会社)

Sansanの基本情報
機能 【名刺管理】リスト作成、タグ付け
【接点管理】スマートフォーム、コンタクト
【企業情報】役職者情報、人事異動情報
【マーケティング機能】メール配信
価格 個別見積もり
使いやすさ 法人向け名刺管理サービス市場シェア No.1
システム連携 salesforce, Concur Expenseなど
サポート体制 活用フェーズや課題に合わせたさまざまな支援サービスを用意
導入後の徹底した支援体制
※出典:Sansan公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


Sansanのおすすめポイント
  • 法人向け名刺管理サービス市場シェア No.1
  • 名刺交換やメールのやりとりから誰と誰がつながっているかが可視化
  • 名刺から相手の連絡先や役職を調べる、会ったことがあるかを確認できる

Sansanは、法人向け名刺管理サービス市場シェア No.1のサービスを提供するSFAツールです。

Sansanの導入によって、市場で最も利用されている名刺管理サービスであるため、高い信頼性と安定したサービス提供が期待できます。それにより、顧客情報の正確な管理と迅速なアクセスが可能となり、営業効率が向上するでしょう

以上より、頻繁に名刺交換が行われ、大量の顧客情報を効率的に管理したい会社は、Sansanの導入をおすすめします。

Sansan

Sansan株式会社



SFAツールの一覧比較表に戻る

Sales Hub(HubSpot)

Sales Hubの基本情報
機能 営業向けのエンゲージメントツール
取引管理機能
レポート機能
アナリティクス(分析)機能
見積もり作成機能
コーチングツール
価格 初期費用 50万円
月額料金
6ヶ月契約の場合 100,000円
12ヶ月契約の場合 70,000円
24か月契約の場合 60,000円
使いやすさ 必要な情報だけを提示して生産性を向上
システム連携 Gmail, Slack, Salesforce, Zendesk, iCloud, Sansanなど
サポート体制 スキルアップに役立つHubSpotアカデミーの講座や認定資格を無料でご用意
日本語でのカスタマーサポート
※出典:Sales Hub公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


Sales Hubのおすすめポイント
  • 相手の状況に即した適切なコミュニケーションを図ることで、案件創出を効率化
  • AIを搭載したHubSpotの取引管理ツールを使用可能
  • HubSpotの統合型のレポートおよびアナリティクスツールを使用可能

Sales Hubは、HubSpotの営業エンゲージメントツールを活用して、相手の状況に即した適切なコミュニケーションを図ることで、案件創出を効率化できる営業支援機能を提供するSFAツールです。

Sales Hubの導入によって、各顧客のニーズや行動パターンに合わせたパーソナライズされたアプローチが可能になります。そのため、適切なタイミングと方法でのコミュニケーションで案件を創出し、短期間での収益向上が見込めます

以上より、データドリブンなマーケティング戦略を取り入れたい会社は、Sales Hubの導入をおすすめします。

SFAツールの一覧比較表に戻る

Knowledge Suite(ブルーテック株式会社)

Knowledge Suiteの基本情報
機能 顧客情報管理
与実の可視化
名刺管理
問い合わせ情報取り込み
モバイル対応
データ分析
価格 50,000円/月〜
使いやすさ グループウェア、SFA、CRM、ビジネスアプリケーションが機能連動してオールインワン!
マルチデバイスでいつでもどこでも簡単操作!
システム連携 API連携は可能だが実例は記載なし
サポート体制 導入運用コンサルティングの他、操作ガイド作成やオペレーション研修、設定代行サービス等充実のサポートをご用意
各機能のFAQや、アプリケーションごとの操作マニュアル、管理者様向けのE-ラーニング等を公開
※出典:Knowledge Suite公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


Knowledge Suiteのおすすめポイント
  • 複数の機能が最初から使えるオールインワンSFAツール
  • ユーザー数無制限
  • マルチデバイス対応

Knowledge Suiteは、グループウェア、SFA/CRM、問合せ管理、集計・分析ツール、他システムとのデータ連携アプリケーションなど、複数の機能が最初から使えるオールインワンのSFAツールです。

Knowledge Suiteの導入によって、複数の重要なビジネスツールが一つのプラットフォームに統合されているため、システム間でのデータ移行や操作の煩雑さが軽減され、ワンストップでの業務遂行が可能になります。

そのため、作業の効率化と時間の節約が実現され、営業担当の生産性が向上するでしょう。


以上より、多岐にわたる業務プロセスを持ち、営業の効率化を実現したい会社は、Knowledge Suiteの導入をおすすめします。

Knowledge Suite

ブルーテック株式会社



SFAツールの一覧比較表に戻る

cyzen(レッドフォックス株式会社)

cyzenの基本情報
機能 オリジナル顧客マップ作成機能、GPS位置情報表示機能、写真添付報告書の共有機能、スケジュール管理機能、チャット/報告書コメント機能、報告書内の数値自動集計
価格 個別見積もり
使いやすさ スマホで簡単に使える営業活動管理アプリ、現場レベルで使いやすい実際の成果に繋がる便利機能
システム連携 Microsoft365カレンダー、GoogleWorkspace、King of Time など
サポート体制 担当者が設計・設定、テスト運用/展開を支援、電話、メール、問い合わせフォームでサポート
※出典:cyzen公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


cyzenのおすすめポイント
  • スマホの機能で営業・現場を見える化
  • 音声入力で報告書を簡単作成
  • 1タップで会話可能

cyzenは、スマホの機能で営業・現場を見える化し、今どこで何が起きているか一目で正確にわかる機能を提供するSFAツールです。

cyzenの導入によって、リアルタイムでの業務進行状況や現場の状況を確認できるため、迅速かつ柔軟な対応が可能になり、業務の透明性が向上します。これにより、問題が発生した際の即時対応が可能になることで、全体の業務効率と顧客満足度向上に寄与するでしょう。

以上より、リアルタイムでの情報共有が重要視される会社は、cyzenの導入をおすすめします。

SFAツールの一覧比較表に戻る

UPWARD(UPWARD株式会社)

UPWARDの基本情報
機能 営業のベストプランを地図上に可視化、顧客マッピング、プッシュ通知、報告作業のストレスから解放、滞在記録の自動検知、オート電話記録、活動データから次の一手を導く、顧客データ管理、ダッシュボード
価格 3,800円/月〜
使いやすさ UPWARDは、フィールドセールスにおける顧客データの記録・活用を効率化するアプリです。
システム連携 Salesforce、Microsoft Dynamics 365 など
サポート体制 お客様の導入・運用・定着化のため、カスタマーサクセスチームがサポート、ご検討・お見積もりの段階から、専門のスタッフが丁寧にサポート
※出典:UPWARD公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


UPWARDのおすすめポイント
  • スマホを持っているだけで、誰が、いつ、どこに、どれくらい滞在したのかを自動で記録
  • 日々の営業活動をダッシュボードで定点観測
  • 優先度の高い​顧客を地図上に可視化

UPWARDは、スマホなどのモバイル端末を持っているだけで、誰が、いつ、どこに、どれくらい滞在したのかを自動で記録できる機能を提供するSFAツールです。

UPWARDの導入によって、自動的に場所と時間を記録することで、従業員の動向を効率的に追跡でき、正確なデータ収集が可能になります。

そのため、労働時間の正確な管理や業務報告の自動化が可能となり、人的ミスを削減しながら管理業務の負担を軽減できるでしょう

以上より、労働時間の厳密な管理が求められる会社は、UPWARDの導入をおすすめします。

SFAツールの一覧比較表に戻る

Sales Cloud(株式会社セールスフォース・ジャパン)

Sales Cloudの基本情報
機能 営業活動の管理、見込み客の管理、売上予測管理、パイプライン管理、ワークフローとプロセスの自動化、見積もりと契約の承認
価格 3,000円/月〜
使いやすさ 営業活動を支援する、世界No.1のAI搭載型CRM、見込み客の管理から売上予測、商談のクローズまで、営業活動のあらゆる場面の効率アップ
システム連携 API連携は可能だが実例は記載なし
サポート体制 Success Planでは、お客様のニーズに合わせた適切なレベルのガイダンスとサポートをエキスパートが提供、3種類のサポートの中から選択可能
※出典:Sales Cloud公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


Sales Cloudのおすすめポイント
  • お客様に関するあらゆる情報を一元管理して、顧客との関係強化と売上アップを実現
  • 予実管理を可視化して、売上目標達成の角度を上げる
  • 業務に合わせてプロセスを合理化

Sales Cloudは、お客様に関するあらゆる情報を一元管理して、顧客との関係強化と売上アップを実現する機能を提供する世界シェア1位のSFAツールです。

Sales Cloudの導入によって、顧客データの一元管理により、情報の一貫性が保たれ、顧客に関する洞察が深まります。これにより、パーソナライズされたマーケティングや営業戦略を展開し、顧客満足度を向上が期待できます

以上より、顧客中心のビジネスモデルを持つ会社は、Sales Cloudの導入をおすすめします。

Sales Cloud

株式会社セールスフォース・ジャパン



SFAツールの一覧比較表に戻る

eセールスマネージャーRemix CLOUD(ソフトブレーン株式会社)

eセールスマネージャーRemix CLOUDの基本情報
機能 営業支援、案件管理、案件シナリオ、予実管理、顧客情報管理、マーケティング、ターゲティング、リードなーチャリング
価格 11,000円/月〜
使いやすさ 段違いの使いやすさとにかくカンタンなUIで営業現場に喜ばれる
システム連携 sansan, ZOOM, Slack, MA, Dropbox など
サポート体制 ユーザーの93.8%*が絶賛する充実したサポートサービス。ツールの導入から運用が安定して軌道に乗るまで、4つのサポート体制でフォローアップ
※出典:eセールスマネージャーRemix CLOUD公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


eセールスマネージャーRemix CLOUDのおすすめポイント
  • 5,500社を超える豊富な導入実績
  • 一度の情報入力で、様々なアウトプットに自動反映。
  • SNS・タイムライン機能で、営業現場と即時コミュニケーション可能

eセールスマネージャーRemix CLOUDは、5,500社を超える豊富な導入実績を持つSFAサービスです。

eセールスマネージャーRemix CLOUDは、効果と信頼性が実証されており、様々な業界での適用経験が豊富であるため、導入後の成功率が高く、リスクが低減されます

以上より、実績に基づいた信頼性を重視する会社は、eセールスマネージャーRemix CLOUDの導入をおすすめします。

eセールスマネージャーRemix Cloud

ソフトブレーン株式会社



SFAツールの一覧比較表に戻る

Zoho CRM(ZOHO Japan Corporation)

Zoho CRMの基本情報
機能 顧客管理、見込み顧客管理、案件管理、営業分析、分析レポート、ダッシュボード、AI、予測、レコメンド
価格 1,680円/月〜
使いやすさ 先進的な機能も豊富に備えながら、使いやすさも実現。直感的で使いやすいインターフェイスにこだわり、誰でもすぐに使いこなせる
システム連携 API連携は可能だが実例は記載なし
サポート体制 導入後も安心のサポート体制。導入からスキルアップ、トラブル対応まで万全のサポート体制を整えている
※出典:Zoho CRM公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


Zoho CRMのおすすめポイント
  • 初期費用、機能拡張のためのオプション料金も一切不要
  • 先進的な機能も豊富に備えながら、使いやすさも実現。
  • CRMのデザインを自分で丸ごとカスタマイズできる

Zoho CRMは、大手CRM/SFAからZoho CRMに乗り換えるだけで、最大80%ものコストを削減でき、初期費用、機能拡張のためのオプション料金も一切不要なサービスです。

Zoho CRMの導入によって、特に予算が限られている中小企業にとって、高機能なCRM/SFAを手軽に利用できるため、余剰資金を他の事業拡大やマーケティング活動に投資できます

以上より、コスト削減を図りながら効率的な顧客関係管理や営業活動の支援を求める会社は、Zoho CRMの導入をおすすめします。

SFAツールの一覧比較表に戻る

Sales Force Assistant(株式会社NIコンサルティング)

Sales Force Assistantの基本情報
機能 案件型営業管理、ルート型営業管理、案件・ルート併用型営業管理、案件・ルート・リピートサイクル型営業管理、業務改善支援システム
価格 3,500円/月〜
使いやすさ 一人ひとりに合わせて自由にレイアウトが可能。営業スタイルに合わせた豊富な製品群がある
システム連携 専用のコネクタを利用した連携は可能だが実例は記載なし
サポート体制 可視化経営システム運用サポート・コンサルティングを提供。導入〜定着までサポート
※出典:Sales Force Assistant公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


Sales Force Assistantのおすすめポイント
  • 営業マンを管理するのではなく営業マンを支援する、真の「営業管理ツール」
  • 一日一覧機能で商談内容を見える化
  • 『カスタマーシート』『コンタクトマップ』『リレーションマップ』を使うことで顧客を可視化

Sales Force Assistantは、営業マンを管理するのではなく営業マンを支援する、真の「営業管理ツール」を提供するSFAツールです。

Sales Force Assistantは、営業員のニーズに注目し、彼らの業務を効率化するための具体的な支援をするため、営業員の業務負担が軽減され、モチベーションの向上と生産性の向上が期待できます

以上より、営業員のパフォーマンス向上を目指す会社は、Sales Force Assistant(株式会社NIコンサルティング)の導入をおすすめします。

Sales Force Assistant

株式会社NIコンサルティング



SFAツールの一覧比較表に戻る

kintone(サイボウズ)

kintoneの基本情報
機能 案件管理、タスク管理、予実管理、営業支援、顧客リスト、日報
価格 780円/月〜
使いやすさ 自分たちで業務アプリがつくれる。導入担当者の93%が非IT部門
システム連携 sansan、Money Forwardクラウド、CLOUDSIGN、Microsoft 365、Slack、Box など
サポート体制 活用応援サポートあり。導入〜活用までパートナーに相談可能
※出典:kintone公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


kintoneのおすすめポイント
  • ノーコードで業務のシステム化や効率化を実現するアプリがつくれる
  • 専門知識がないユーザーからも選ばれている
  • 申し込み後、すぐに業務アプリをつくり始められる

kintoneは、プログラミングの知識がなくても、ノーコードで業務のシステム化や効率化を実現するアプリがつくれるクラウド型のSFAサービスです。

kintoneの導入によって、技術的な専門知識がない営業担当でも簡単にカスタムアプリケーションを開発できるため、導入の敷居が低く、多様な業務ニーズに応じた柔軟なカスタマイズが可能です。

これにより、業務の自動化とカスタマイズにより、時間とコストの節約が実現し、全社的な生産性の向上が期待できます。

以上より、自社に合わせた機能を持ったSFAを利用したい会社は、kintoneの導入をおすすめします。

kintone

サイボウズ株式会社



SFAツールの一覧比較表に戻る

JUST.SFA(ジャストシステム)

JUST.SFAの基本情報
機能 顧客管理、案件管理、活動管理、プロセス管理、集計・分析、レポーティング
価格 個別見積もり
使いやすさ ノーコードでSFAを構築。システム会社や情報システム部門に依存せず、利用現場での構築が可能
システム連携 sansan、Freee会計、Slack、Gmail、Google Workspace、SATORI など
サポート体制 検討フェーズから構築~定着フェーズまで、すべてのフェーズで安心のサポートをご提供
※出典:JUST.SFA公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


JUST.SFAのおすすめポイント
  • 普段の営業活動で必要となるさまざまな要素を、ノーコードで簡単に追加
  • 新規開拓、既存深耕、ルートセールスなど、さまざまな営業スタイルに合わせたSFAを柔軟に構築
  • 外部システムとのスムーズな連携

JUST.SFAは、普段の営業活動を支援するために必要となるさまざまな要素を、ノーコードで簡単に追加し、カスタマイズしていくことができる機能を提供するSFAツールです。

JUST.SFAの導入によって、営業プロセスを柔軟にカスタマイズし、各企業の要求に応じたパーソナライズが可能になります。

これにより、営業が自身のニーズに最適化した製品を使用できるので、業務効率が向上し、結果的に顧客満足度の向上と売上の増加が期待できます。

以上より、業務プロセスの柔軟な調整を頻繁に行う必要がある会社は、JUST.SFAの導入をおすすめします。

SFAツールの一覧比較表に戻る

Dynamics 365 Sales(Microsoft)

Dynamics 365 Salesの基本情報
機能 タスク管理、AIによる優先順位付け、エンゲージメント活動、キーワードと会話の分析、予実管理、KPI管理
価格 9,745円/月〜
使いやすさ ビジネスで馴染みのあるMicrosoftのUIで利用可能
システム連携 API連携は可能だが実例は記載なし
サポート体制 有料プランで専門サポートを提供。英語のみのサービスもあるため注意
※出典:Dynamics 365 Sales公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


Dynamics 365 Salesのおすすめポイント
  • 日常のタスクを削減し、パイプラインに優劣をつけることで、取引成立を増やす
  • 対話式操作で営業担当の負担を軽減する
  • 営業チームをガイドする販売予測機能

Dynamics 365 Salesは、日常のタスクを削減し、パイプラインに優劣をつけることで、取引成立を増やす機能を提供するSFAツールです。

Dynamics 365 Salesの導入によって、日々の業務を効率化し、重要度に基づいて商談を優先順位付けできるため、優先順位の高いリードに集中し、成約率を高め、売上の増加を実現します

以上より、リソースが限られているが営業プロセスの効率化を図りたい会社は、Dynamics 365 Salesの導入をおすすめします。

SFAツールの一覧比較表に戻る

DPS for Sales(NTTデータ)

DPS for Salesの基本情報
機能 顧客管理、案件管理、活動管理、リード管理、ドキュメント管理、名刺管理
価格 300,000円/月〜
使いやすさ EXCELのUIで集計や帳票作成可能
システム連携 連携は可能だが実例は記載なし
サポート体制 問い合わせ窓口あり
※出典:DPS for Sales公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


DPS for Salesのおすすめポイント
  • 名刺情報の取込み、営業活動に有効活用する
  • Excel上のデータシートから必要なデータをExcel関数を利用して集計するだけでオリジナルな帳票を作成することができる
  • 現在の商談フェーズや商談の経過日数、受注確度、BANTスコアなどを一目で確認可能

DPS for Salesは、Excel上のデータシートから必要なデータをExcel関数を利用して集計するだけでオリジナルな帳票を作成することができる機能を提供するSFAツールです。

DPS for Salesの導入によって、カスタマイズされた報告書や分析帳票を生成できるため、効率的なレポート作成が可能となります。これにより、企業の意思決定がスムーズになり、営業効率の向上が期待できます

以上より、簡単に使えて効率的にデータを管理したい会社は、DPS for Salesの導入をおすすめします。

intra-mart DPS for Sales

株式会社NTTデータイントラマート



SFAツールの一覧比較表に戻る

Oracle Sales Cloud(オラクル)

Oracle Sales Cloud(の基本情報
機能 効果的なセールス・ガイダンス、顧客全体像管理、担当地域管理、予実管理、アカウントプランニング、ダッシュボード
価格 個別見積もり
使いやすさ 管理タスクを自動化するCRMセールスツールを使用して、面倒なデータ入力や無限にあるクリックを排除
システム連携 API連携は可能だが実例は記載なし
サポート体制 オラクル製品全体のサポート窓口あり
※出典:Oracle Sales Cloud公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


Oracle Sales Cloudのおすすめポイント
  • ERPおよびHRシステムからのデータと統合してビジネス目標を超える販売計画を作成可能
  • 包括的なカスタマー・プロファイルを提供
  • レコメンデーション・システムが営業者を最善の行動に導く

Oracle Sales Cloudは、リアルタイムのカスタマー・インテリジェンスをERPおよびHRシステムからのデータと統合して、売上予算を最適化し、担当地域を管理し、販売報酬を調整し、ビジネス目標を超える販売計画を作成する機能を提供するSFAツールです。

Oracle Sales Cloudの導入によって、複数のシステムからのデータを統合して利用することで、会社全体での情報の透明性が向上し、より精度の高い売上予測が可能になります。

これにより、統合されたデータに基づき戦略的な販売計画を立てることができ、売上向上に寄与するでしょう

以上より、ERPやHRシステムを活用して全体的な業績管理を行いたい会社は、Oracle Sales Cloudの導入をおすすめします。

SFAツールの一覧比較表に戻る

以上が当サイトがおすすするSFAツール18製品です。

まとめ|正しい選び方で自社に合った営業管理ツールを比較しよう

まとめ|正しい選び方で自社に合った営業管理ツールを比較しよう SFAツールの選定は、単に機能の多さや最新性だけで判断するのではなく、自社の特定のニーズに合ったものを選ぶことが重要です。そうすることで、企業は営業プロセスの効率的な支援、生産性の向上、そして最終的には売上の増加を実現できます。

逆にSFAツールを、価格の安さやネームバリューだけで選んでしまうと、自社の課題に合った機能が無かったり、インターフェースがわかりづらくて使いこなせなかったりして、かえって営業効率を悪くしてしまう可能性もあります。

本記事で解説した比較方法やおすすめのSFAツールを参考に、自社に最適なSFAツールを選定することで、効率的かつ効果的な営業活動を行いましょう。

最後に現在資料請求が可能な、SFAツール一覧を紹介します。

資料請求可能なSFAツール一覧

Knowledge Suite

ブルーテック株式会社


ホットプロファイル

株式会社ハンモック


feels

株式会社AMG Solution


intra-mart DPS for Sales

株式会社NTTデータイントラマート


InfAjast インフアジャスト

株式会社エーエスピーコム


Sales Cloud

株式会社セールスフォース・ジャパン


Sansan

Sansan株式会社


eセールスマネージャーRemix Cloud

ソフトブレーン株式会社


Sales Force Assistant

株式会社NIコンサルティング


Mazrica Sales

株式会社マツリカ


SKYPCE

Sky株式会社


kintone

サイボウズ株式会社


Salesforce Starter

株式会社セールスフォース・ジャパン



この記事を書いた人
株式会社EXIDEA (HonNe編集部)
HonNeをはじめとした生活インフラ・重要購入品に関するメディアを運営する株式会社EXIDEA(HonNe編集部)が執筆をしています。HonNe編集部では、生活や仕事に関わる製品サービスを日々研究・利用し、本音でレビューしたコンテンツと比較ランキング・おすすめ品を紹介しています。