当ページに含まれる広告と商品評価について
当ページには広告リンクが含まれており、当ページを経由して商品・サービスの申込みがあった場合、提携している各掲載企業から広告報酬を受け取ることがあります。ただし、当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無に一切関わらず、コンテンツポリシーに基づき、当サイト独自の調査と実際に使用したレビューをもとに掲載しております。当サイトで得た収益は、皆様により役立つコンテンツを提供するために、品質向上等に還元しております。
おすすめの電子契約システムを比較!選び方やメリット・デメリットも解説

電子契約システムのおすすめ21製品を比較!選び方やメリット・デメリットも解説【2024年7月最新】


印鑑・はんこ文化に日本においても、DXが進みつつあり、電子契約システムを導入する企業が増えつつあります。

ただ、電子契約システムは当事者型と立会人型など種類があったり、機能によってできることも異なったりするため、自社の目的に合う製品を絞り込みにくいですよね

そこで当記事では、電子署名の型・導入社数・料金などを一括比較できる、おすすめの電子契約システム21製品の一覧比較表を作成しました。これを見れば、自社に合う製品を簡単に絞り込めるでしょう。

おすすめの電子契約システムの
一覧比較表を見る


また、記事内では、電子契約システムの比較ポイント立会人型と当事者型の違いなどについても解説しています。ぜひ最後までご覧ください。

記事の監修協力
K&K PARTNERS法律事務所代表パートナー弁護士
河口仁(かわぐちじん)
河口仁
早稲田大学出身。著書:証拠・資料収集マニュアル(新日本法規/編著)ほか多数。マンショントラブルへの対応を得意とするほか、IT企業等の顧問弁護士も務める。

目次

電子契約システムとは?仕組みや料金をわかりやすく解説

電子契約システムとは?仕組みや料金をわかりやすく解説 本章では、そもそも電子契約システムとは何かや、仕組み費用など、電子契約システムの基本情報を解説します。

そもそも電子契約システムとは?

電子契約システムとは、インターネットを利用して契約を締結するサービスです。電子契約システムを利用すると、従来の紙の契約書の代わりに、PDFなどの電子ファイルを用いることで、時間や場所を問わずに契約を行えます。

これにより、郵送の手間や時間を削減することができ、特に遠方の取引先と迅速に契約締結が可能です。

また、電子契約システムでは、電子署名やタイムスタンプが重要な役割を果たします。電子署名は、契約書の正当性を保証し、なりすましや改ざんを防止し、タイムスタンプは、契約書がいつ作成されたかを証明する機能です。

電子契約システムのこれらの技術により、電子契約は紙の契約書と同等の法的拘束力を持ちます。

さらに、電子契約システムは契約書の管理にも有効です。電子契約システムでは、紙の契約書と異なり、電子データとして保存するため、検索や閲覧が簡単にできます。これにより、契約書の保管場所を削減し、必要な契約書を素早く見つけられるでしょう。

加えて、電子契約システムの導入は、契約手続きのスピードアップやコンプライアンスの強化にもつながります

「当事者型」と「立会人型」2種類の特徴や違いを解説

電子契約システムにおける電子署名の方法には、「当事者型」と「立会人型」の2種類があります。

こちらでは、電子契約の比較という観点に基づき、電子署名の当事者型と立会人型の違いを解説していきます。まずは、署名方法の違いをまとめた以下の比較表をご覧ください。

法的効力 本人性の担保 契約相手の手間 印鑑に例えると
当事者型 会社実印
立会人型 社判

電子署名の当事者型とは、電子証明書(書面における印鑑証明書)とタイムスタンプにより電子文章が改ざんされていないことを証明するもので、電子署名法に基づくため、証明力が強い署名方法です。

また、厳格な本人確認のもと発行される電子証明書を用いるため、本人性もしっかり担保されます。

しかしデメリットとして、契約相手方にも電子証明書を取得してもらう必要があるため、契約相手の手間が増えます。当事者型の電子契約システムが比較的普及しにくいのは、こちらも要因となっているでしょう。

一方立会人型とは、メール認証などにより本人確認を行う署名方法です。2020年7月、行政庁が電子署名法について解釈を発表し、一定の場合に立会人型も電子署名法の「電子署名」に含まれるとしました。

立会人型は、メール認証などで本人確認を行うため、当事者型と比較して契約相手の手間もありません。

ただ、デメリットとして、本人性の担保が劣ります。法律としては認められていますが、本人性の担保は各電子契約システム会社に任されている状況なので、立会人型は訴訟で不利になる可能性があると言われています。

現在は、契約相手の負担も少なく比較的導入しやすいことから、立会人型のサービスが広く普及し始めています。ですが、電子契約を「安全」に利用していくのであれば、当事者型を選択できる電子契約システムを選ぶのがおすすめです。

弁護士コメント

監修者_河口仁

河口仁

K&K PARTNERS法律事務所代表パートナー弁護士/第一東京弁護士会所属

特に重要なポイントは、当事者型を選ぶか、立会人型を選ぶかという点にあると思います。重要な契約には、契約相手にしっかりと説明し、当事者型を選択されることをおすすめします。


以下の記事では電子署名ツールはについて詳しく紹介しています。ご興味ある方はご一読ください。


電子契約システムの仕組みをわかりやすく解説

本項では、電子契約の基本的な流れや仕組みを解説します。

  • 電子契約の基本的な流れ
  • 送信側(自社)は契約書を電子ファイル(PDFやWord)として用意し、電子契約システムにアップロード

    受信側(取引先)に対して署名依頼メールを送信

    受信側はメールに含まれる契約書のURLをクリックして契約書の内容を確認

    電子契約システム上で、双方が合意の意志を示し、契約完了

合意のプロセスにおいては、電子署名とタイムスタンプが重要です。

まず、電子署名は、署名者の本人性を証明し、契約書の正当性を担保し、タイムスタンプは、契約書が特定の時点で存在していたことを証明し、後から内容を改ざんできないようにします。

これにより、なりすましや改ざんのリスクを排除し、電子上でも安全で信頼性の高い契約が可能となります。

利用にはどれくらいの費用がかかる?

電子契約システムの料金体系は、以下の2つのタイプが存在します。

1つ目は、月額料金に加えて契約書の送信数ごとに課金されるタイプです。この場合、自社の月々の契約数に応じて費用が変動します。

2つ目は、定額制でユーザー数や契約書の送信数に応じた料金プランが設定されるタイプです。このタイプでは、一定の範囲内であれば追加料金が発生しないため、予算の管理がしやすいでしょう。

また、電子契約システムの費用には電子署名の有無やその種類によっても変動が生じることがあります。

そのため、電子契約システムを比較する際には、自社の契約形態や契約数を把握し、それに最適な料金プランを選ぶことが重要です。これにより、無駄なコストを抑えつつ、効率的に電子契約システムを活用できます。

電子契約システムの基本情報が理解できたところで、次章では電子契約システムの基本機能を解説します。

ここで、自社に必要な機能を確認しましょう。

電子契約システムの基本的な機能を紹介

電子契約システムの基本的な機能を紹介 電子契約システムには、契約手続きを効率化し、業務を円滑に進めるために、以下のようなさまざまな基本機能が搭載されています。

  • テンプレート機能
  • 利用頻度の高い契約書をテンプレートとして登録することで、毎回新たに作成する手間を省き、スムーズに契約書を準備できる。
  • ワークフロー管理機能
  • 契約書の提出依頼から契約成立、そして契約書の保管までの一連の流れを管理し、正確で効率的な契約手続きをサポートする。
  • 電子署名
  • 契約書に署名した人の本人性を証明する。
  • タイムスタンプ
  • 契約書が特定の時点で存在していたことを証明する。
  • 権限管理機能
  • 契約書やその他の書類に対して参照・編集権限を設定できる。
  • 契約書検索機能
  • 署名者や部署、取引先、契約内容などのキーワードで過去の契約書を素早く検索できる。
  • ステータス管理機能
  • 契約書を送信後、取引先の開封状況を随時確認することができ、契約手続きの進捗をリアルタイムで把握可能。
  • リマインド機能
  • 契約書送付後一定期間内に署名がない場合にメールでリマインドを送れる。
  • 外部サービス連携機能
  • 営業支援ツールや顧客管理ツール(CRM)などの外部サービスと連携することで、契約データの共有や契約書作成のプロセスをスムーズに行えるようにする。

このように、電子契約システムには多岐にわたる機能が備わっており、企業の契約業務を総合的に支援します。

ここまでで電子契約システムの基本情報と、基本機能を理解できたでしょう。次章では、それらを踏まえて、電子契約システムの導入で得られるメリットを解説します。

導入することで得られるメリットを紹介

導入することで得られるメリットを紹介 本章では、電子契約システムを導入することで得られるメリットを紹介します。

印紙代や郵送などにかかるコストを削減できる

電子契約システムを導入することで、紙の契約書に比べてコストを削減できます

まず削減できるコストの1つ目が、紙の契約書を交付する際に必要な印紙税です。印紙税は契約金額に応じてかかるため、契約金額が大きくなるほど負担も増します。

しかし、電子契約は印紙税の課税対象外であるため、非課税となり、このコストを削減可能。特に、契約書が多い建設業や人材業、不動産業などでは、印紙税の削減効果が大きいでしょう。

さらに、電子契約システムを利用することで、その他の関連コストも削減できます。具体的には、収入印紙代、人件費、紙代、インク代、郵送代、そして契約書の保管コストなどです。

紙の契約書を作成する場合、これらのコストが積み重なり、企業の負担となります。一方、電子契約ではこれらの費用が発生しないため、トータルコストを削減できるでしょう。

社内稟議等の業務が効率化され契約締結までのスピードがアップする

紙の契約書を用いた場合、「製本、押印、郵送、返送」という一連の手続きに時間がかかり、契約の締結までに2週間程度を要する会社も少なくありません。加えて、このプロセスでは手間がかかるだけでなく、書類の紛失や遅延のリスクも伴います。

一方、電子契約システムを利用することで、これらの手続きを全てシステム上で完結できるため、契約締結までの時間を短縮可能です。最短で数分で契約を完了させることもでき、工数の削減とスピードアップを実現します。

さらに、電子契約システムには契約締結までのワークフローを管理する機能が搭載されていることが多く、契約の進捗状況をリアルタイムで確認可能です。これにより、社内での承認プロセスが効率化され、承認待ちの時間が短縮されるでしょう。

特に、契約書のテンプレートを活用し、承認ワークフローを自動化することで、手動でのミスを減らし、よりスムーズに契約手続きを進められます。

また、電子契約システムを利用することで、社内稟議の申請から承認までのプロセスを一元管理可能。これにより、未承認の状態での誤送付を防止することができ、ミスによるトラブルを減少させます。

そして、社内の複数の部署や担当者が関与する稟議プロセスも、透明性を持って進めることができるため、承認のスピードが上がり、業務全体の効率が向上するでしょう。

電子契約システムの導入によってコンプライアンスの強化も可能

電子契約システムの導入は、企業のコンプライアンス強化にも貢献します

電子契約では、電子署名とタイムスタンプを使用することで、契約書の改ざんを防止し、契約の真正性を確保可能です。これにより、契約時およびその後の管理において、高いセキュリティレベルを維持することができ、コンプライアンスの強化につながります。

さらに、電子契約システムは契約書の保管状況や進捗状況もリアルタイムで把握できます。そのため、契約書がどこに保管されているのか、誰がいつどのような操作を行ったのかといった情報を簡単に追跡することができ、業務の透明性が高まり、コンプライアンスが強化されるでしょう。

このように、電子契約システムの導入は、業務効率の向上だけでなく、コンプライアンスの強化にも寄与します。

紙の契約書の保管場所を削減できる

電子契約システムの導入により、紙の契約書の保管場所の削減も可能です

従来、契約書はロッカーや倉庫に保管され、その管理には手間とコストがかかっていました。しかし電子契約システムを利用すれば、すべての契約書をサービス上で管理できるため、物理的な保管場所を必要としません。

また、電子契約システムを活用することで、契約書の整理や保管に伴う作業も減少します。膨大な数の契約書をファイルや棚に整理する必要がなくなり、デジタル化されたデータを効率的に管理できるので、契約書の管理にかかる時間と労力を削減し、他の業務に集中できるでしょう。

このように、電子契約システムを導入することで、紙の契約書の保管場所を削減し、管理コストを低減できます。

検索機能を利用することで過去の契約書を簡単に探せる

紙の契約書を管理していると、過去の書類を探すのに時間と労力を要することが多いでしょう。膨大な量の契約書の中から該当するものを手作業で探し出すのは非常に手間がかかります。

しかし、電子契約システムを導入すれば、こうした問題を解消できます。電子契約システムには検索機能が搭載されており、キーワードや特定の条件を入力するだけで、必要な契約書を瞬時に見つけ出すことが可能です。

例えば、契約者の名前、契約日、契約内容などを入力するだけで、該当する契約書をすぐに表示できます。これにより、業務の効率が向上し、重要な情報を素早くアクセスできるでしょう。

このように、電子契約システムの検索機能を利用することで、過去の契約書を簡単に探し出すことができ、業務の効率化とコスト削減を実現できます。

以上が電子契約システムの導入によるメリットです。電子契約システムの導入を成功させるためには、メリットだけでなく、デメリットも理解しておくことが大切です。

次章では、電子契約システムのデメリットや注意点を確認します。

事前に知っておきたいデメリットや注意点を解説

事前に知っておきたいデメリットや注意点を解説 本章では、電子契約システム導入のデメリットを解説します。デメリットを導入前に理解しておくことにより、電子契約システムの導入に失敗する確率を下げられるでしょう。

電子化ができない契約書類もある

電子契約システムは多くの契約書類を電子化することができますが、法律で電子化が認められていない契約書類も存在します

これらの契約書は、紙媒体での作成・保管が義務づけられているため、電子契約システムを導入する際には注意が必要です。代表的なものとして、以下のような契約書類が挙げられます。

  • 定期借地契約書や定期建物賃貸借契約書、マンション管理業務委託契約など、不動産に関連する契約書類
  • 訪問販売等特定商取引における交付書面やクーリングオフの書面
  • 投資信託契約の約款や定期借地契約など、特定の金融商品や不動産契約に関する書類

現時点では、電子契約システムを導入する前に、自社で取り扱う契約書の種類を把握し、それらが電子化可能かどうかを確認することが重要です。電子化が可能な契約書とそうでない契約書を見極めることで、導入の効果を最大限に引き出すことができます。

このように、一部の契約書類はまだ電子化ができないため、電子契約システムを導入する際には、事前に確認することが不可欠です。

サイバー攻撃による情報漏洩などのセキュリティリスク

電子契約システムでは、クラウド上で契約書累投を管理しているため、サイバー攻撃に遭う可能性はゼロではありません

電子契約システムのベンダー各社は入念なセキュリティ対策を行っていますが、万が一のリスクもあることは把握しておきましょう。

しかし、紙の契約書であっても情報漏洩などのセキュリティリスクを完全に無くすことはできません。セキュリティリスクという観点では、紙でも電子でもリスクは存在するため、そこまで気にしすぎなくてもいいかもしれません。

取引先の理解はしっかり取っておく

電子契約システムを導入する際には、取引先の理解が必要です。電子契約へ移行するにあたり、契約相手の了承を得る必要があり、その際には電子契約システムの仕様や操作方法について取引先にしっかりと説明しましょう。

特に、契約相手がアカウントを保持する必要があるかどうかを確認することは大切です。一部の電子契約システムでは、取引先にもアカウントの作成を求める場合がありますが、これに対する取引先の同意が得られないとスムーズに移行することができません。

一部の電子契約システムベンダーは、取引先への操作説明を代行するサービスを提供しているため、これを活用するのも一つの手段です。

取引先との良好な関係を維持しつつ、電子契約システムの導入を円滑に進めるためには、取引先の理解と協力を得ることが欠かせません。そのためにも、電子契約システムの選定時には、取引先への対応がしっかりと行われる製品を選ぶことが重要です。

弁護士コメント

監修者_河口仁

河口仁

K&K PARTNERS法律事務所代表パートナー弁護士/第一東京弁護士会所属

契約は当事者双方の合意により成立するものです。トラブル防止の観点から、取引先に対し、電子契約のメリットデメリットを丁寧に説明し導入することが重要です。


電子契約システムを導入するために業務フローの見直しが必要になる

電子契約システムを導入すると、紙の契約とは業務フローが異なります。紙の契約で行っていた製本・郵送などのフローは必要なくなり、業務フローを見直す必要が出てきます

電子契約システムの導入により、契約業務の工数は削減されますが、改めて業務フローを策定する必要はあるでしょう。

以上が電子契約システムを導入する際に理解しておきたいデメリットや注意点です。

電子契約システムの比較ポイント・選び方を解説

電子契約システムの比較ポイント・選び方を解説 本章では、電子契約システムの比較ポイント・選び方を解説します。導入後に、自社に合っていない電子契約システムを選んでしまったと後悔しないように、ご一読ください。

導入実績・シェアが豊富な電子契約システムがおすすめ

電子契約システムを比較する際には、導入実績や業界シェア率が重要です。導入実績が豊富なサービスは、既に多くの企業で利用されているため、その信頼性や操作性が保証されています。

そのため、取引先が異なる電子契約システムを使用している場合でも、調整や操作に手間取ることなくスムーズに契約を締結できるでしょう。

また、導入事例が豊富な電子契約システムは、多様な業種や企業規模に対応していることが多く、自社と同規模・同業種の企業の成功事例を参考にできます。

さらに、海外取引が多い企業は、グローバル企業への導入実績も確認することで、より適切な電子契約システムを選定可能です。

以上より、電子契約システムの比較において、導入実績やシェアが豊富なサービスを選ぶことにより、互換性や調整の手間を減らし、効率的かつ信頼性の高い契約手続きを実現できるでしょう。

弁護士コメント

監修者_河口仁

河口仁

K&K PARTNERS法律事務所代表パートナー弁護士/第一東京弁護士会所属

契約では取引先に対する配慮も必要となります。電子契約システムのシェアの大きさは、取引先に電子契約を導入してもらえるかどうかの判断の要素になるため、重要な比較ポイントです。

取引先の料金負担やアカウント登録の必要性を確認する

電子契約システムを導入する際には、取引先の負担を軽減することが重要です。そのためには、取引先が電子契約システムにアカウントを保持する必要があるか確認する必要しましょう。

基本的に、電子契約システムの電子署名には「立会人型署名」と「当事者型署名」の2種類があり、どちらを選ぶかによって取引先の費用負担や手間が異なります。

まず、立会人型署名は、電子契約システム提供元が当事者の指示で電子署名を付与する形式です。この方式では、取引先に費用負担が発生せず、アカウント登録の必要もありません。そのため、立会人型は利便性が高く、多くの企業で採用されています。

一方、当事者型署名は、電子契約を行う当事者が自ら電子署名を付与する方式です。この方式は証拠力が高く、なりすましのリスクが低いとされていますが、電子証明書の発行に時間がかかり、取引先にも同じ製品の利用を強いる必要があります

また、一部の電子契約システムでは、立会人型と当事者型の両方に対応できるハイブリッド型電子契約システムも提供されています。

どちらの方式にもメリット・デメリットがあるため、取引先のニーズや状況に応じて最適な方式をもつ電子契約システムを選ぶのがおすすめです。

自社の書類・業務に対応した機能を持っているか比較する

電子契約システムを比較する際には、まず、電子化しようとしている書類が電子契約システムで対応可能かどうかを確認する必要があります

多くの電子契約システムの公式サイトには対応書類が掲載されていますが、記載がない場合には直接問い合わせましょう。

また、電子契約システムの比較には、搭載機能が自社に業務に適しているかも確認してください。

基本的に、契約締結機能や契約情報管理機能は標準装備されていますが、製品によってはオプションとして提供される場合もあります。

特に、契約締結に関連する業務を効率化するための機能については、各電子契約システムごとに違いが生じることが多いため、導入前に何を解決したいのかを明確にしましょう。

さらに、電子契約システムの選定においては、自社の業務フローや業界特有の要件に対応できるかどうかも重要な比較ポイントです。

例えば、特定の業界に特化した機能や、カスタマイズが可能な電子契約システムを選ぶことで、より自社のニーズに合った運用が可能となります。

導入前に、自社の業務に最適な機能を持つ電子契約システムを選定し、業務効率化とコスト削減を実現しましょう。

税法上の法的効力をチェックする

電子契約システムを選ぶ際には、その法的効力をしっかりと確認することが重要です

先ほど記載したとおり、電子契約には、「当事者型署名」と「立会人型署名」の2つの形式があります。それぞれ法的効力に違いがあるので確認しましょう。

まず当事者型署名は、契約当事者が直接電子署名を行う形式で、証拠力が高く、なりすましのリスクが低いです。しかし、その分、電子署名の取得に手間やコストがかかります。

一方、立会人型署名は、電子契約システム提供者が当事者の指示に基づいて電子署名を行う形式で、手間やコストは少ないものの、法的効力がやや低くなります

そのため、高額な取引や訴訟リスクの高い契約の場合、法的効力が確かな当事者型署名に対応した電子契約システムを選びましょう。

一般消費者や信頼関係のある取引先との契約であれば、立会人型署名でも問題ありませんが、二要素認証や本人確認書類添付機能などを利用して本人確認を強化することが望ましいです。

また、電子署名やタイムスタンプには有効期限があり、通常は最長で10年です。そのため、10年以上の長期契約を締結する場合には、有効期限を更新できる長期署名に対応した電子契約システムを選ぶ必要があります。

自社で取り扱う契約書の種類や内容を考慮し、必要な署名機能が備わった製品を選ぶことが大切です。適切なサービスを選ぶことで、法的トラブルを避け、安心して電子契約を利用できるでしょう。

初期費用やその他料金を比較する

電子契約システムを選ぶ際には、初期費用や月額費用、さらには送信料などの料金面を比較することが重要です。機能が同じであれば、コストを抑えることができる電子契約システムを選ぶのが良いでしょう。

まず、電子契約システムの利用には月額費用が発生します。この月額費用は、サービスの利用に必要な基本的な料金であり、プランによって異なります。

多くの電子契約システムでは、利用する機能やユーザー数に応じて料金が設定されており、自社のニーズに合ったプランを選ぶことが大切です。

次に、契約書を取引先に送信する際に発生する送信料も重要な比較ポイントです。送信料は各電子契約システムごとに異なるため、契約件数が多い企業にとっては特に注意が必要でしょう。

以上より、電子契約システムの料金を比較する際には、月額費用と送信料の両方を考慮し、自社の予算に合った最適なプランをもった電子契約システムを選ぶことが大切です。

APIを使った外部連携が可能な電子契約システムかどうか見る

電子契約システムを比較する際に、APIを使った外部連携が可能かどうかも確認しましょう。外部連携を利用することで、企業のDXを円滑に推進し、業務効率を向上させられます。

例えば、電子契約システムには、契約書のレビューサービスや文書管理ツール、CRM、SFAなど、外部サービスと連携できるものが多く存在します。これにより、契約書の作成から管理までのプロセスを一元化し、契約回りの業務全体の効率化を実現できるでしょう。

また、長期的に見てもAPI連携が可能な電子契約システムを選ぶことは、企業にとってメリットと言えます。なぜなら、外部連携が充実している電子契約システムは、将来的な業務の拡張や新たなツールの導入に柔軟に対応できるからです。

以上より、電子契約システムを比較する際には、外部連携の対応範囲やAPIの提供状況をしっかりと確認し、自社の業務フローに最適な製品を選びましょう。

電子契約システムの比較ポイント・選び方を確認したところで、次章では、当編集部が厳選したおすすめの電子契約システムを一覧比較表で紹介します。

この比較表を使って、自社に合いそうな電子契約システムを比較して絞り込みましょう。

【2024年7月最新】おすすめの電子契約システム21製品の一覧比較表

おすすめの電子契約システムの一覧比較表 本章では、当サイトがおすすめする電子契約システム21製品の一覧比較表を掲載します。

この比較表では電子署名の型、料金、取引先のアカウント登録などを一括で比較できるため、時間のない電子契約システム選定担当者の方でも、迅速かつ簡単に自社に合う可能性の高い電子契約システムを絞り込むことができます。

自社に合いそうな電子契約システムを5~6つくらいまで絞り込み資料請求をして、営業担当の方に詳しい話を聞きながら選定することで、自社の業務を最適化できる電子契約システムを選べる可能性が高まるでしょう。

電子契約
システム
電子印鑑GMOサイン クラウドサイン マネーフォワード契約 ONEデジ ContractS CLM DocuSign paperlogic CONTRACTHUB
@absonne
Shachihata Cloud WAN-Sign ジンジャーサイン イースタンプ DX-Sign FAST SIGN DD-CONNECT BtoBプラットフォーム
契約書
Adobe Acrobat Sign みんなの電子署名 契約大臣 SignTime freeeサイン
資料請求リスト
に追加する
電子署名の型 当事者型
立会人型
立会人型 当事者型
立会人型
当事者型
立会人型
立会人型 立会人型 当事者型
立会人型
当事者型
立会人型
当事者型
立会人型
立会人型 当事者型
立会人型
立会人型 立会人型 当事者型
立会人型
当事者型
立会人型
当事者型
立会人型
立会人型 当事者型
立会人型
立会人型 立会人型
料金 月額料金:8,800円

送信料
立会人型:100円/件
当事者型:300円/件

電子証明書
8,000円/枚/年
月額料金:10,000円〜
送信料:200円/件
月額料金:1,280円〜 月額料金:18,000円〜 個別見積もり 1,100円/1ユーザー 月額:20,000円~ 個別見積もり 月額料金:110円〜 送信料
当事者型:300円/件〜
立会人型:100円/件〜
個別見積もり 個別見積もり 月額料金:10,000円〜 月額料金:10,000円〜

送信料
通常署名:50円/通
長期署名:150円/通
月額料金:1,848円〜 月額料金:0円
送信料:550円/50文書
月額料金:2,200円

送信料
電子サイン:0円
電子署名:220円/件
月額料金:8,600円〜 月額料金:7,180円〜
取引先の
アカウント登録
当事者型:必要
立会人型:不要
不要
※高度な認証をする場合は必要
不要 必要 不要 不要 不要 必要 必要 必要 不要 不要 不要 不要 不要 不要 必要 不要 不要 不要
テンプレート
機能
導入社数 350万社 250万社 15万社 100万社以上 95万社 100万社
無料トライアル 無料プラン有 無料プラン有 無料デモあり 〇(30日)
詳細 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ

次章では、各電子契約システムについて、より具体的な情報を紹介していきます。気になっている電子契約システムについて、より詳細な情報を確認しましょう。

導入実績が豊富な電子契約システム5製品を比較

導入実績が豊富な電子契約システム5製品を比較 本章では、導入実績が豊富な電子契約システムの詳しい情報を紹介します。

電子印鑑GMOサイン

電子印鑑GMOサイン
電子署名の型 当事者型
立会人型
料金 月額料金:8,800円
送信料
立会人型:100円/件
当事者型:300円/件
電子証明書:8,000円/枚/年
取引先のアカウント登録 当事者型:必要
立会人型:不要
テンプレート機能
導入社数 350万社
無料トライアル 無料プラン有
※出典:電子印鑑GMOサイン公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


電子印鑑GMOサインのおすすめポイント
  • 他社ではオプションや上位プランでしか提供されていない機能も標準搭載
  • 1回あたりの送信料が他社サービスと比べてほぼ半額
  • 導入時も導入後もさまざまなサービス・コンテンツを用意

電子印鑑GMOサインは、他社ではオプションや上位プランでしか提供されていない機能も標準搭載されている電子契約システムです。

電子印鑑GMOサインは、標準プランで他社の上位プランに匹敵する機能を利用できるため、コストパフォーマンスに優れた電子契約システムと言えるでしょう。

以上より、中小企業やスタートアップ、予算に限りがある企業は、電子印鑑GMOサインの導入を検討してみてください。

電子印鑑GMOサイン

GMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社


電子印鑑GMOサインの詳細は、下記記事で解説しているのでそちらをご覧ください。


電子契約システムの一覧比較表に戻る

クラウドサイン

クラウドサイン
電子署名の型 立会人型
料金 月額料金:10,000円〜
送信料:200円/件
取引先のアカウント登録 不要
※高度な認証をする場合は必要
テンプレート機能
導入社数 250万社
無料トライアル 無料プラン有
※出典:クラウドサイン公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


クラウドサインのおすすめポイント
  • 電子署名法に準拠したクラウド型電子契約システム
  • 官公庁・金融機関も利用する安心のセキュリティ
  • 使いやすく、多機能な電子契約システム

クラウドサインは、官公庁・金融機関も利用する安心のセキュリティを持った電子契約システムです。

クラウドサインの導入によって、データ保護とプライバシーの確保が徹底され、契約業務における信頼性の向上とリスクの軽減を図れるでしょう。

以上より、リスク管理の徹底が特に大切な、医療機関、法律事務所、金融機関、保険会社は、クラウドサインの導入を検討してみてください。

クラウドサイン

弁護士ドットコム株式会社


クラウドサインの詳細は、下記記事で解説しているのでそちらをご覧ください。


電子契約システムの一覧比較表に戻る

マネーフォワード契約

マネーフォワード契約
電子署名の型 当事者型
立会人型
料金 月額料金:1,280円〜
取引先のアカウント登録 不要
テンプレート機能
導入社数 15万社
無料トライアル 無料デモあり
※出典:マネーフォワード契約公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


マネーフォワード契約のおすすめポイント
  • 契約業務に関わる機能を網羅した電子契約システム
  • 紙の契約書と電子契約をまとめて管理
  • 契約書送信料・契約書保管料は0円

マネーフォワード契約は、紙の契約書と電子契約をまとめて管理できる電子契約システムです。

マネーフォワード契約の導入によって、契約書の検索や参照が簡単になり、契約業務の効率が向上します。これにより、文書の紛失リスクが減少し、迅速な情報共有が可能となるでしょう。

以上より、多くの契約書を扱う、不動産業、建設業などの企業は、マネーフォワード契約の導入を検討してみてください。

マネーフォワード クラウド契約

株式会社マネーフォワード


電子契約システムの一覧比較表に戻る

ONEデジ

ONEデジ
電子署名の型 当事者型
立会人型
料金 月額料金:18,000円〜
取引先のアカウント登録 必要
テンプレート機能
導入社数
無料トライアル
※出典:ONEデジ公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


ONEデジのおすすめポイント
  • QRコードを使って、印刷して渡した紙からでも署名ができる
  • Excel、Word、PowerPointなどファイルを選ばず電子署名を入れることが可能
  • 電子署名の入った契約書に修正・削除を加えても署名の履歴管理が可能

ONEデジは、電子署名の入った契約書に修正・削除を加えても署名の履歴管理が可能な電子契約システムです。

ONEデジの導入によって、契約変更時のトラブルを防ぎ、スムーズな契約管理が実現するでしょう。

以上より、契約修正が頻繁に起こる、IT企業、ソフトウェア開発会社は、ONEデジの導入を検討してみてください。

ONEデジ

リーテックス株式会社


電子契約システムの一覧比較表に戻る

ContractS CLM

ContractS CLM
電子署名の型 立会人型
料金 個別見積もり
取引先のアカウント登録 不要
テンプレート機能
導入社数
無料トライアル
※出典:ContractS CLM公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


ContractS CLMのおすすめポイント
  • 最適な契約プロセス構築で業務効率を向上
  • 契約業務の無駄をなくしリードタイムを短縮
  • 適切なアクセス権と一元管理でコンプライアンスリスクを回避

ContractS CLMは、適切なアクセス権と一元管理でコンプライアンスリスクを回避できる電子契約システムです。

ContractS CLMの導入によって、情報漏洩や不正アクセスのリスクを軽減し、コンプライアンスを強化しつつ業務効率化を実現できるでしょう。

以上より、情報漏洩や不正アクセスのリスク管理の徹底が求められる、金融機関、保険会社、法務部門を持つ企業は、ContractS CLMの導入を検討してみてください。

ContractS CLMの公式サイトはこちら

電子契約システムの一覧比較表に戻る

大企業におすすめの電子契約システム5製品を比較

大企業におすすめの電子契約システムを比較 本章では、大企業におすすめの電子契約システムの詳しい情報を紹介します。

DocuSign

DocuSign
電子署名の型 立会人型
料金 1,100円/1ユーザー
取引先のアカウント登録 不要
テンプレート機能
導入社数 100万社以上
無料トライアル 〇(30日)
※出典:DocuSign公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


DocuSignのおすすめポイント
  • ワークフローを自動化して手作業を減らし、業務効率化を実現
  • 世界中の厳しいプライバシー基準およびセキュリティの要件を満たしている
  • 名前や会社名、部署名を入力するだけで、電子印鑑を自動生成

DocuSignは、ワークフローを自動化して手作業を減らし、業務効率化を実現する電子契約システムです。

DocuSignの導入によって、エラーが減少と生産性が向上を実現し、従業員はより付加価値の高い業務に集中できるでしょう。

以上より、比較的に業務プロセスが複雑な、製造業、物流業の企業は、DocuSignの導入を検討してみてください。

DocuSignの公式サイトはこちら

電子契約システムの一覧比較表に戻る

paperlogic

paperlogic
電子署名の型 当事者型
立会人型
料金 月額:20,000円~
取引先のアカウント登録 不要
テンプレート機能
導入社数
無料トライアル
※出典:paperlogic公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


paperlogicのおすすめポイント
  • 契約書にとどまらず請求書や納品書、取締役会議事録など幅広い文書へ対応
  • スキャナ保存文書と電子取引データを統合管理
  • 固定料金制で、電子署名/タイムスタンプ使い放題(従量課金なし)

paperlogicは、契約書にとどまらず請求書や納品書、取締役会議事録など幅広い文書へ対応可能な電子契約システムです。

paperlogicの導入によって、業務全体の文書管理が効率化され、管理コストの削減と素早い情報共有が可能になるでしょう。

以上より、大企業、グローバル企業など、幅広い文書を取り扱う企業は、paperlogicの導入を検討してみてください。

paperlogicの公式サイトはこちら

電子契約システムの一覧比較表に戻る

CONTRACTHUB@absonne

CONTRACTHUB@absonne
電子署名の型 当事者型
立会人型
料金 個別見積もり
取引先のアカウント登録 必要
テンプレート機能
導入社数
無料トライアル
※出典:CONTRACTHUB@absonne公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


CONTRACTHUB@absonneのおすすめポイント
  • スクラッチ開発による既存ツールとの連携が強み
  • 取引先向け専用画面の提供も可能
  • 個別環境の構築・運用にも対応

CONTRACTHUB@absonneは、スクラッチ開発による既存ツールとの連携が強みの電子契約システムです。

CONTRACTHUB@absonneの導入によって、既存ツールとのスムーズな連携により、追加の開発コストを抑えながら契約関連業務を効率化できるでしょう。

以上より、製造業、物流業など、カスタマイズされた業務効率化ツールを使用している企業は、CONTRACTHUB@absonneの導入を検討してみてください。

CONTRACTHUB@absonneの
公式サイトはこちら


電子契約システムの一覧比較表に戻る

Shachihata Cloud

Shachihata Cloud
電子署名の型
料金 月額料金:110円〜
取引先のアカウント登録 必要
テンプレート機能
導入社数 95万社
無料トライアル
※出典:Shachihata Cloud公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


Shachihata Cloudのおすすめポイント
  • セキュアな電子印鑑をリーズナブルに作成
  • 電子契約で時短、コストカットを実現
  • グループウェアで働きやすいチーム作りに貢献

Shachihata Cloudは、セキュアな電子印鑑をリーズナブルに作成できる電子契約システムです。

Shachihata Cloudの導入によって、安全で信頼性の高い電子印鑑を低コストで作成できるため、認証プロセスを強化しながらもコストを抑えることができるでしょう。

以上より、中小企業、スタートアップなどのコストパフォーマンスを重視する企業は、Shachihata Cloudの導入を検討してみてください。

Shachihata Cloudの公式サイトはこちら

電子契約システムの一覧比較表に戻る

WAN-Sign

WAN-Sign
電子署名の型 当事者型
立会人型
料金 送信料
当事者型:300円/件〜
立会人型:100円/件〜
取引先のアカウント登録 必要
テンプレート機能
導入社数
無料トライアル
※出典:WAN-Sign公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


WAN-Signのおすすめポイント
  • 長年培った情報管理のノウハウで紙とデジタルの文書を効率的に管理
  • 業界最高水準のセキュリティと内部統制機能による安全性の確保
  • 最適なコストで導入できる高機能の電子契約・契約管理サービス

WAN-Signは、長年培った情報管理のノウハウで紙とデジタルの文書を効率的に管理する電子契約システムです。

WAN-Signの導入によって、文書の整理整頓が容易になり、検索や参照が円滑化されることで、業務効率が向上し、ミスや紛失のリスクが減少するでしょう。

以上より、官公庁、歴史ある企業など紙とデジタル文書を多く取り扱う組織は、WAN-Signの導入を検討してみてください。

WAN-Signの公式サイトはこちら

電子契約システムの一覧比較表に戻る

シンプルで使いやすいおすすめの電子契約システム3製品を比較

シンプルで使いやすいおすすめの電子契約システムを比較 本章では、シンプルで使いやすいおすすめの電子契約システムの詳しい情報を紹介します。

ジンジャーサイン

ジンジャーサイン
電子署名の型 立会人型
料金 個別見積もり
取引先のアカウント登録 不要
テンプレート機能
導入社数
無料トライアル
※出典:ジンジャーサイン公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


ジンジャーサインのおすすめポイント
  • ワークフローやフォルダ管理機能の自由度が高く、今までの稟議や書類管理のルールを再現可能
  • 入力項目ごとに説明や注釈をつけられるので入力ミスを防げる
  • 取引先はジンジャーサインに登録しなくても電子契約の締結ができます。

ジンジャーサインは、ワークフローやフォルダ管理機能の自由度が高く、今までの稟議や書類管理のルールを再現可能な電子契約システムです。

ジンジャーサインの導入によって、電子契約システム導入時のトラブルを最小限に抑え、従来のプロセスを維持しながらデジタル化を進められるでしょう。

以上より、大企業、伝統的な企業など、独自の業務プロセスを持つ企業は、ジンジャーサインの導入を検討してみてください。

ジンジャーサインの公式サイトはこちら

電子契約システムの一覧比較表に戻る

イースタンプ

イースタンプ
電子署名の型 立会人型
料金
取引先のアカウント登録 不要
テンプレート機能
導入社数
無料トライアル
※出典:イースタンプ公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


イースタンプのおすすめポイント
  • 認印タイプと実印タイプの電子署名に対応
  • 便利な機能を一つのパッケージで提供
  • 徹底したサポートサービス

イースタンプは、認印タイプと実印タイプの電子署名に対応している電子契約システムです。

イースタンプなら、あらゆるビジネスシーンで柔軟に対応でき、法的効力を保ちながら業務を効率化できるでしょう。

以上より、金融業、不動産業など、様々な契約形態を必要とする企業は、イースタンプの導入を検討してみてください。

イースタンプの公式サイトはこちら

電子契約システムの一覧比較表に戻る

DX-Sign

DX-Sign
電子署名の型 立会人型
料金 個別見積もり
取引先のアカウント登録 不要
テンプレート機能
導入社数
無料トライアル
※出典:DX-Sign公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


DX-Signのおすすめポイント
  • 自社も相手先もかんたんに利用できる操作性
  • 必要な機能はもちろん、充実機能の数々をすべて利用可能
  • わかりやすく、シンプルなデザイン

DX-Signは、自社も相手先もかんたんに利用できる操作性が魅力の電子契約システムです。

DX-Signの導入によって、運用時の負担が軽減され、契約プロセスの効率が向上すると共に、取引先の負担も軽減されるでしょう。

以上より、営業部門を持つ企業や多くの取引先と契約を交わす企業は、DX-Signの導入を検討してみてください。

DX-Signの公式サイトはこちら

電子契約システムの一覧比較表に戻る

多機能で一元管理可能な電子契約システム4製品を比較!

多機能で一元管理可能な電子契約システム4製品を比較! 本章では、多機能で一元管理可能なおすすめの電子契約システムの詳しい情報を紹介します。

FAST SIGN

FAST SIGN
電子署名の型 立会人型
料金 月額料金:10,000円〜
取引先のアカウント登録 不要
テンプレート機能
導入社数
無料トライアル
※出典:FAST SIGN公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


FAST SIGNのおすすめポイント
  • 大量の契約でも固定料金で利用可能
  • 個別内容の書類も一括送信が可能
  • 派遣・パート・アルバイトの雇用契約・契約更新になる

FAST SIGNは、大量の契約でも固定料金で利用可能な電子契約システムです。

FAST SIGNの導入によって、契約業務の規模拡大に伴うコストの増加を憂慮せずに、事業を拡大できるでしょう。

以上より、契約件数が多く変動も激しいサービス業は、FAST SIGNの導入を検討してみてください。

FAST SIGN

株式会社マルジュ


電子契約システムの一覧比較表に戻る

DD-CONNECT

DD-CONNECT
電子署名の型 当事者型
立会人型
料金 月額料金:10,000円〜
送信料
通常署名:50円/通
長期署名:150円/通
取引先のアカウント登録 不要
テンプレート機能
導入社数 100万社
無料トライアル
※出典:DD-CONNECT公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


DD-CONNECTのおすすめポイント
  • 自社のレイアウトに合わせた帳票作成と基幹システムとのデータ連携
  • 印紙代、印刷、郵送費用などのコスト削減
  • EDIビジネスで培ったノウハウで確実な電子契約の導入を実現

DD-CONNECTは、自社のレイアウトに合わせた帳票作成と基幹システムとのデータ連携可能な電子契約システムです。

DD-CONNECTの導入によって、自社の仕様に合わせて業務プロセスを最適化しつつ、データの一貫性と効率性を確保できるでしょう。

以上より、特定の帳票形式や基幹システムとの連携が重要な企業は、DD-CONNECTの導入を検討してみてください。

Biz Connection

株式会社フォーカスシステムズ


電子契約システムの一覧比較表に戻る

BtoBプラットフォーム契約書

BtoBプラットフォーム契約書
電子署名の型 当事者型
立会人型
料金 月額料金:1,848円〜
取引先のアカウント登録 不要
テンプレート機能
導入社数
無料トライアル
※出典:BtoBプラットフォーム契約書公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


BtoBプラットフォーム契約書のおすすめポイント
  • 自社の会社を含めた最大5社間契約まで実施可能
  • 契約書の発行と受取、保管と共有までも可能
  • 過去に”紙”でやり取りしていた文書もクラウド上で保管できる

BtoBプラットフォーム契約書は、自社の会社を含めた最大5社間契約まで実施可能な電子契約システムです。

BtoBプラットフォーム契約書の導入によって、複数企業間の複雑な契約もスムーズに進行でき、契約手続きの効率化が実現するでしょう。

以上より、多くのパートナー企業やサプライヤーと契約を交わす企業は、BtoBプラットフォーム契約書の導入を検討してみてください。

BtoBプラットフォーム契約書の
公式サイトはこちら


電子契約システムの一覧比較表に戻る

Adobe Acrobat Sign

Adobe Acrobat Sign
電子署名の型 当事者型
立会人型
料金 月額料金:0円
送信料:550円/50文書
取引先のアカウント登録 不要
テンプレート機能
導入社数
無料トライアル
※出典:Adobe Acrobat Sign公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


Adobe Acrobat Signのおすすめポイント
  • 充実したPDFと電⼦サイン機能で⽣産性を向上
  • Microsoft、Salesforce、Workday、その他のアプリとの連携
  • コンプライアンスとセキュリティの遵守

Adobe Acrobat Signは、充実したPDFと電⼦サイン機能で⽣産性を向上させる電子契約システムです。

Adobe Acrobat Signの導入によって、高機能なPDFと電子サイン機能により、書類作成から署名までのプロセスが効率化され、生産性が向上するでしょう。

以上より、法務部門を持つ企業や契約書類の管理が重要な企業は、Adobe Acrobat Signの導入を検討してみてください。

Adobe Acrobat Signの
公式サイトはこちら


電子契約システムの一覧比較表に戻る

無料・安価で利用可能なおすすめの電子契約システム4製品を比較

無料・安価で利用可能なおすすめの電子契約システムを比較 本章では、無料・安価で利用可能なおすすめの電子契約システムの詳しい情報を紹介します。

みんなの電子署名

みんなの電子署名
電子署名の型 立会人型
料金 月額料金:2,200円
送信料
電子サイン:0円
電子署名:220円/件
取引先のアカウント登録 必要
テンプレート機能
導入社数
無料トライアル
※出典:みんなの電子署名公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


みんなの電子署名のおすすめポイント
  • 月額固定料金0円の圧倒的な導入しやすさ
  • 機能制限なし、フル機能が使えるワンプラン
  • 通信と保管の両面で最高水準のセキュリティ

みんなの電子署名は、月額固定料金0円で導入しやすい電子契約システムです。

みんなの電子署名なら、初期コストがかからず、どんな企業でも気軽に導入できるため、導入のハードルが低く、素早く業務効率化を図ることができるでしょう。

以上より、中小企業やスタートアップなど、予算に限りがある企業は、みんなの電子署名の導入を検討してみてください。

みんなの電子署名の公式サイトはこちら

みんなの電子署名の詳細は、下記記事で解説しているのでそちらをご覧ください。


電子契約システムの一覧比較表に戻る

契約大臣

契約大臣
電子署名の型 当事者型
立会人型
料金 月額料金:8,600円〜
取引先のアカウント登録 不要
テンプレート機能
導入社数
無料トライアル
※出典:契約大臣公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


契約大臣のおすすめポイント
  • 契約書の送付が多い時期と少ない時期で料金プランの変更が可能
  • ユーザーごとに契約書の送信や閲覧権限の設定が可能
  • 操作方法やサービスについての疑問にはメールや電話で手厚くサポート

契約大臣は、契約書の送付が多い時期と少ない時期で料金プランの変更が可能な電子契約システムです。

契約大臣なら、必要な時期に必要なだけの料金で利用できるため、コストパフォーマンス高く、契約業務を効率化できるでしょう。

以上より、季節変動やプロジェクトごとに業務量が変動するイベント業や季節商材を扱う企業などは、契約大臣の導入を検討してみてください。

契約大臣の公式サイトはこちら

電子契約システムの一覧比較表に戻る

SignTime

SignTime
電子署名の型 立会人型
料金 月額料金:7,180円〜
取引先のアカウント登録 不要
テンプレート機能
導入社数
無料トライアル
※出典:SignTime公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


SignTimeのおすすめポイント
  • ユーザーの声を基に足りなかった便利な機能を2週間単位の高頻度でリリース
  • 契約書の署名欄をマウス操作だけで簡単に設置
  • すべてのプランに無料送信件数つきで月額980円から始められる

SignTimeは、ユーザーの声を基に、足りなかった便利な機能を2週間単位の高頻度でリリースしている電子契約システムです。

SignTimeの導入によって、常に最新のユーザーニーズに対応した、ユーザーエクスペリエンスの高い電子契約システムを利用できるでしょう。

以上より、変化の激しい市場や業務環境に対応する必要がある企業や急成長中の企業は、SignTimeの導入を検討してみてください。

SignTimeの公式サイトはこちら

電子契約システムの一覧比較表に戻る

freeeサイン

freeeサイン
電子署名の型 立会人型
料金 月額料金:7,180円〜
取引先のアカウント登録 不要
テンプレート機能
導入社数
無料トライアル
※出典:freeeサイン公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


freeeサインのおすすめポイント
  • ひな形やテンプレートを使った文書作成、AIによるレビュー、文書管理など、電子契約システムの枠を超えた一連の契約業務をカバーする多くの機能を搭載
  • 契約書作成を補助する機能も提供
  • 契約書の送信前からサポート

freeeサインは、ひな形やテンプレートを使った文書作成、AIによるレビュー、文書管理など、電子契約システムの枠を超えた一連の契約業務をカバーする多くの機能を搭載した電子契約システムです。

freeeサインの導入によって、契約作成から管理までのプロセスが一元化され、業務の効率化と品質向上が図られるでしょう。

以上より、大企業や契約業務が多岐にわたる企業は、freeeサインの導入を検討してみてください。

freeeサインの公式サイトはこちら

電子契約システムの一覧比較表に戻る

また、以下の記事では、上記で紹介したサービス以外にも、無料で使える電子契約システムを比較して紹介しています。ご興味ある方はご一読ください。


以上が当編集部がおすすめする電子契約システムです。自社に合いそうな電子契約システムを絞り込めたでしょうか?

まとめ|正しく比較して自社にあった製品を選ぼう

まとめ|正しく比較して自社におすすめの電子契約システムを選ぼう 当記事では、電子契約システムの仕組みや費用等の基本情報から、比較ポイントおすすめの電子契約システムまで幅広く解説しました。

電子契約システムは正しく比較して選ばないと、契約相手の取引先に迷惑をかけたり、事前の試算よりも多くのコストがかかったりします。

当記事の内容をしっかり理解することで、自社の課題を解決し、契約回りの業務を効率化する電子契約システムを比較して選ぶことができるでしょう。

最後に現在資料請求が可能な、電子契約システム一覧を紹介します。

資料請求可能な電子契約システム一覧

DD-CONNECT

大興電子通信株式会社


マネーフォワード クラウド契約

株式会社マネーフォワード


FAST SIGN

株式会社マルジュ


リーテックスデジタル契約

リーテックス株式会社


おまかせ はたラクサポート

東日本電信電話 株式会社


Biz Connection

株式会社フォーカスシステムズ


クラウドサイン

弁護士ドットコム株式会社


電子印鑑GMOサイン

GMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社



この記事を書いた人
株式会社EXIDEA (HonNe編集部)
HonNeをはじめとした生活インフラ・重要購入品に関するメディアを運営する株式会社EXIDEA(HonNe編集部)が執筆をしています。HonNe編集部では、生活や仕事に関わる製品サービスを日々研究・利用し、本音でレビューしたコンテンツと比較ランキング・おすすめ品を紹介しています。