当ページに含まれる広告と商品評価について
当ページには広告リンクが含まれており、当ページを経由して商品・サービスの申込みがあった場合、提携している各掲載企業から広告報酬を受け取ることがあります。ただし、当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無に一切関わらず、コンテンツポリシーに基づき、当サイト独自の調査と実際に使用したレビューをもとに掲載しております。当サイトで得た収益は、皆様により役立つコンテンツを提供するために、品質向上等に還元しております。
おすすめの記事作成代行サービスを比較!格安で依頼する方法や外注相場を解説

【2024年7月最新】記事作成代行サービスのおすすめ16選を比較!格安で依頼する方法や外注相場を解説


当ページでは、おすすめの記事作成代行サービス16選を比較します。

費用はかかるがクオリティが高くSEO対策もしてくれる会社から、格安で依頼できる外注先まで幅広く紹介するので、ぜひご覧ください。

また、外注の価格相場失敗しないための比較ポイントなども解説します。

当ページを読めば、自社におすすめの記事作成代行サービスを比較して選べるでしょう。

目次

記事作成代行には2つの依頼方法がある

記事制作代行には2つの依頼方法がある 記事作成代行には以下の2つの依頼方法があります。

  • 記事作成代行会社(ライティング専門型サービス)を使う
  • クラウドソーシングを使う

両者にはそれぞれ特徴があり、おすすめの企業が異なるので、一読して自社に合った方法で、記事作成を代行してもらいましょう。

記事作成代行会社(ライティング専門型サービス)を使う

1つ目の方法は、記事作成代行会社(ライティング専門型サービス)を使う方法です。

記事作成代行会社に依頼をすると、内容に適したライターが選ばれ、ディレクションから編集、品質管理、SEO対策までして納品されます。

そのため、自社でWebメディア運営やSEO、記事作成に関するノウハウがない場合におすすめです。

しかし、多くのことを任せられる分、クラウドソーシングと比較して、相場が高い傾向にあるので注意しましょう。

クラウドソーシングを使う

2つ目の方法は、クラウドソーシングを使って外注する方法です。

クラウドソーシングサービスに登録して依頼をすると、複数のライターから募集が集まります。そのライターの中から外注先を選び、具体的な仕事内容を伝えて、記事を納品してもらう流れです。

ライターの選定や記事作成の指示、クオリティ担保などを自社で行う必要がありますが、記事作成代行会社と比較して、短期間かつ低コストで納品してもらえる特徴があります。

次章では、記事作成代行の相場について解説します。

記事作成代行の外注費用の相場はどれくらいの単価?

記事制作代行サービスの外注費用の相場はどれくらいの単価? 記事作成代行の外注費用の相場は、基本的に文字単価 × 文字数で決定することが多いです。

しかし、その文字単価は、ジャンルやクオリティ、ライターのレベルによって変動するため、一概に相場を決めることはできません。

例えば、健康や美容などの一般的なジャンルの記事や経験の浅いライターであれば、相場が文字単価0.5円~の場合もありますが、金融や法律のような専門的なジャンルやプロレベルのライターだと、文字単価が5円以上かかる場合もあるでしょう。

また、サービスによっては、文字単価ではなく月額制を採用していたり、コンサルティング料などを請求されたりすることもあります。

そのため、記事作成代行会社に依頼をする際は、相場を信用しすぎず、事前に外注費用の見積もりをもらうのがおすすめです。

次章では、記事作成代行サービスの選び方・比較ポイントを解説します。

失敗しないための選び方・比較ポイントを解説

失敗しないための選び方・比較ポイントを解説 本章では、失敗しないための記事作成代行の選び方を解説します。

過去の実績・ポートフォリオや評判から記事のクオリティ確認する

まず、過去の実績やポートフォリオを確認しましょう

なぜなら、過去の実績やポートフォリオを確認することで、その記事作成代行サービスのクオリティや安定性などがわかるからです。

自社の求めている実績や記事のクオリティが担保される記事作成代行サービスを選びましょう。

仮に、過去の実績やポートフォリオを公開していない場合は、個別で問い合わせるか、実際に利用した人の評判を参考にするのが良いです。

得意分野・専門分野が自社のニーズとマッチしているかチェックする

2つ目の選び方は、得意分野・専門分野が自社のニーズとマッチしているかです。

記事作成代行会社には、抱えているライターによって、得意分野・専門分野があります。さらに、専門家の監修を入れてもらえる場合もあるでしょう。

また、クラウドソーシングを使う場合も、応募してくるライターには得意なジャンルや専門分野があることが多いです。

そのため、HPやポートフォリオなどから得意分野・専門分野をチェックし、自社の記事作成のニーズとマッチしたところを選びましょう。

記事作成代行の料金設定が明確かを確かめる

料金設定が明確であるかどうかも、重要な比較ポイントです。

予算を決めて発注したのに、納品の際に記事作成代行の費用が上がったり、別でコンサルティング費用やシステム利用料を請求されたら困りますよね。

そうならないためにも、事前に見積もりをもらい、料金設定が明確になっているかをチェックしましょう。

対応のスピーディーさをで選ぶ

4つ目の選び方は、対応のスピーディーさです。記事の新規作成や修正を頼んだ際の対応スピードを確認しましょう。

仮に、クオリティの高い記事が納品されたとしても、納期が守られなければ、必要とする成果を出すまでにかなりの時間を要してしまいます。

そのため、スケジュールや修正までの対応のスピード、修正をかけられる回数等を事前にすり合わせたうえで、実際の依頼に進むのがおすすめです。

事前のヒアリングが十分かも重要

事前のヒアリングが十分かの確認も忘れないようにしましょう。

例えば、過去の実績や単価、対応のスピーディーさが良かったとしても、具体的なヒアリングをせずに作成された記事では、自社の最終的な目的を達成できないかもしれません。

そのため、まずは、作成された記事を使って自社が何を成し遂げたいのかという目的を明確にすることが大切です。

そのうえで、その目的を十分にヒアリングし、ニーズに沿った記事作成をしてくれるところを選びましょう。

SEO対策を任さられるかもをチェックする

自社の目的にもよりますが、SEO対策を任さられるかもチェックしておく必要があります。

自社の目的が、Google検索画面での上位表示による集客である場合、このポイントは必ず確認しましょう。

なぜなら、年々SEOは難易度を増しており、どんなに内容の良い記事でも具体的なSEO対策が施されていないと、正しい評価をGoolgeから得ることができず、ユーザーに見てもらえないからです。

そのため、過去の実績や評判、またはその記事作成代行会社が運営しているWebサイトを見て、SEO対策が任せられるかどうかを確認してから、具体的な依頼に進みましょう。

再委託が行われていないかも確認しておく

クラウドソーシングではなく、記事作成代行会社を使う場合は、再委託について確認しましょう

一部の記事作成代行会社では、受けた仕事をそのままクラウドソーシングに流す「再委託」が行われている可能性があります。

再委託では、マージンを抜くためにクラウドソーシングを使い安価で再発注をするため、かけたコストに対して低いクオリティの記事が納品されることが多いです。

そのため、記事作成代行会社に依頼する場合は、事前調査を行い、再委託が行われているところは避けましょう。

次章では、当編集部が厳選したおすすめの記事作成代行サービス16選を一覧比較表にして紹介します。

おすすめの記事作成代行サービスを一覧比較表で紹介!

おすすめの記事制作代行サービスを一覧比較表で紹介!
MediaGrowth リファイド エディトル 記事作成代行ドットコム サムライト サクラサク流
記事作成代行サービス
記事作成センター Buildup TEXPERT ナイルの
記事作成代行サービス
コンテンツウォーカー クラウドワークス ランサーズ BizSeek シュフティ Shinobiライティング
運営会社 EXIDEA リファイド ウィルゲート アドバンサー サムライト サクラサクマーケティング スマートインフォメーション I AMmedia アナザーパス ナイル フルスペック クラウドワークス ランサーズ ビズシーク うるる CROCO
料金プラン トライアル
1本 33,000円~
・ニュース型プラン
→要問合せ
※10本/月
※500~700文字/本

・コラム型プラン
→要問合せ
※1本/月
※3,000文字~/本

・ハイブリッドコンテンツ
マーケティングプラン
→要問合せ
※ニュース型とコラム型を
組み合わせたプラン
・初期費用 300,000円〜
・サービス利用料 60,000円/月〜
・記事費用 要見積もり
・おまかせコース
→文字単価1円
※バックリンク用の記事作成

・こだわりコース
→文字単価3円~
・ディレクション費用
→50,000円~/月

・テキストコンテンツ
→75,000円~/月

・ビジュアルコンテンツ
→200,000円~/月
1記事80,000円~
※1記事あたりの文字数は
3,000文字~
・基本プラン
→文字単価2円~

・おまかせプラン
→文字単価3円~

・エキスパートプラン
→要問合せ
・記事単価50,000円~
※1本から発注可能
要問合せ 要問合せ ・バックリンクコース
→文字単価0.9円
※10本~/月
※100~2000文字/本

・通常コース
→文字単価1.0円
※1本~/月
※100~2000文字/本

・こだわりコース
→文字単価1.15円
※1本~/月
※文字数は無制限

・プレミアムコース
→文字単価2.0円
※1本~/月
※文字数は無制限
契約するライターに因る 契約するライターに因る 契約するライターに因る 契約するライターに因る 文字単価1円

次章では、各サービスの詳細をそれぞれ解説します。

おすすめの記事作成代行サービス11選を比較【ライティング専門型】

おすすめの記事制作代行サービス12選を比較【ライティング専門型】 本章では、当編集部がおすすめするライティング専門型の記事作成代行サービス11選の詳細を解説します。

MediaGrowth

MediaGrowth|株式会社EXIDEA
MediaGrowthの基本情報
運営会社 EXIDEA
料金プラン トライアル
1本 33,000円~

MediaGrowthの特徴
  • 自社で運営しているメディアで多数のSEO実績がある
  • AIを活用したライティングにより迅速な納品スピードを実現
  • 10年以上の経験で培ったノウハウを詰め込んだSEOツールにより、記事のクオリティを担保

まず紹介するおすすめの記事作成代行サービスは、MediaGrowthです。

MediaGrowthの強みは、実績×納品スピード×クオリティにあります。以下では、MediaGrowthの詳細について解説していきます。

MediaGrowthの実績

MediaGrowthを運営する株式会社EXIDEAでは、当サイト「HonNe」や通信系比較メディア「WiMAX比較ドットコム」などを運営しており、レッドオーシャン領域で多くのSEO実績を残しています。

そのためMediaGrowthについても、クライアントのニーズに沿ったSEO力の高い記事を作成し、良好なパフォーマンスが期待できるでしょう。

AIを利用しており納品スピードも早い

最新のAI技術と独自のプロンプト研究によって記事作成の効率化を図っているため、記事の納品スピード早さも特徴の一つです。

できるだけ短期間で結果を出したい企業や、迅速な記事作成を求めている企業にはMediaGrowthがおすすめです。

10年間のノウハウがあり記事のクオリティも高い

AIを使った記事作成は納品スピードが速い分、クオリティが劣ると思っていませんか?

もちろんその傾向はありますが、MediaGrowthでは、10年以上のSEO経験で培ったノウハウを詰め込んだSEOライティングツールを用いてクオリティを担保しているため、納品物のクオリティも高いです。

以上より、クオリティ・SEO力と納品スピードの全てのバランスが取れた記事作成代行サービスに依頼をしたい企業に、MediaGrowthはおすすめできます。

MediaGrowthへの問い合わせはこちら

リファイド

リファイド|株式会社リファイド
リファイドの基本情報
運営会社 リファイド
料金プラン ・ニュース型プラン:要問合せ
※10本/月、500~700文字/本

・コラム型プラン:要問合せ
※1本/月、3,000文字~/本

・ハイブリッドコンテンツ
マーケティングプラン:要問合せ
※ニュース型とコラム型を
組み合わせたプラン
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


リファイドの特徴
  • 記事の返品を受け付ける、業界初の満足度保証付き
  • レベルの高い様々なライターが在籍しており全業界に対応可能
  • 継続率90%以上の実績

続いて紹介するのは、リファイドです。

リファイドは業界初の満足度保証付きで、記事の内容に満足いかない場合は返金対応してもらえます。また、継続率90%以上の実績があるため、満足度の高いサービスと言えるでしょう。

さらにリファイドでは、潜在ユーザーの流入を図るニュース型記事コンテンツと、顕在ユーザーの流入を図るコラム型記事コンテンツを掛け合わせた、ハイブリッドコンテンツマーケティングが強みです、

ライターも基本的に全ジャンルに対応しているので、記事作成代行サービスを探している幅広い方々におすすめできます。

リファイドの公式サイトはこちら

エディトル

エディトル|株式会社ウィルゲート
エディトルの基本情報
運営会社 ウィルゲート
料金プラン ・初期費用 300,000円〜
・サービス利用料 60,000円/月〜
・記事費用 要見積もり
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


エディトルの特徴
  • 自社独自ツールとノウハウを生かした高いSEO力
  • 専門家による記事の監修も依頼できる
  • インタビュー形式の記事作成代行においても実績がある

株式会社ウィルゲートの「エディトル」もおすすめです。

エディトルでは、独自で開発しているSEOツールと長年のWebマーケティング事業で培ってきたSEOノウハウで、SEO力に強みのある記事を提供します。

また、対応範囲も広く、専門家による監修やインタビュー記事の作成も可能です。

以上より、SEOを用いてコンテンツマーケティングを展開したい企業には、エディトルを検討してみてください。

エディトルの公式サイトはこちら

サグーワークス終了

ウィルゲートの運営していた記事作成代行サービス「サグーワークス」は、2024年4月をもって終了しました。


記事作成代行ドットコム

記事作成代行ドットコム|株式会社アドバンサー
記事作成代行ドットコムの基本情報
運営会社 アドバンサー
料金プラン ・おまかせコース:文字単価1円
※バックリンク用の記事作成

・こだわりコース:文字単価3円~
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


記事作成代行ドットコムの特徴
  • 納期厳守率98.24%の実績
  • 最短即日で見積もりがもらえる
  • ExcelやWord、WordPressなど納品方法を柔軟に指定できる

続いては、記事作成代行ドットコムを紹介します。

記事作成代行ドットコムの特徴は、納期厳守率98.24%の実績です。この数字は、他の記事作成代行サービスと比較して高い水準にあります。

また最短即日で見積もりがもらえる点も、おすすめポイントです。

以上より、タイトなスケジュールでの納品や一刻も早くコンテンツマーケティングに取り掛かりたい企業は、記事作成代行ドットコムを検討してみましょう。

記事作成代行ドットコムの公式サイトはこちら

サムライト

サムライト|株式会社サムライト
サムライトの基本情報
運営会社 サムライト
料金プラン ・ディレクション費用:50,000円~/月
・テキストコンテンツ:75,000円~/月
・ビジュアルコンテンツ:200,000円~/月
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


サムライトの特徴
  • テキストコンテンツ作成以外にも取材や専門家の監修、マンガ家への依頼なども可能
  • オウンドメディアの目的に応じて企画立案からお願いできる
  • プランによっては、SEOコンサルティングやオウンドメディア運用代行も可能

次に紹介するのは、サムライトです。

サムライトの特徴は、対応できることの幅広さにあります。サムライトでは、記事作成代行以外にも、取材や専門家の監修、インフルエンサー漫画家への執筆依頼も可能です。

また、契約するプランによっては、コンテンツ制作だけでなく、Webメディア運営代行やSEOコンサルティングなども受けられます。

以上より、幅広いコンテンツで包括的なマーケティング戦略を取りたい企業は、サムライトがおすすめです。

サムライトの公式サイトはこちら

サクラサク流記事作成代行サービス

サクラサク流記事作成代行サービス|サクラサクマーケティング株式会社
サクラサク流記事作成代行サービスの基本情報
運営会社 サクラサクマーケティング
料金プラン 1記事80,000円~
※1記事あたりの文字数は3,000文字~
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


サクラサク流記事作成代行サービスの特徴
  • 18年間のSEO事業で培ったノウハウ
  • 一部上場企業にも納品している徹底した品質管理
  • 記事制作にかかわる業務を一括で依頼可能

20年近いSEO事業で培ったノウハウをもったサクラサク流記事作成代行サービスもおすすめです。

そのノウハウや実績を活かして、多くの一部上場企業などにも、記事を納品しています。

以上より、サクラサク流記事作成代行サービスは、SEO力とクオリティがともに高い記事を求めている方にピッタリでしょう。

サクラサク流記事作成代行サービスの公式サイトはこちら

記事作成センター

記事作成センター|株式会社スマートインフォメーション
記事作成センターの基本情報
運営会社 スマートインフォメーション
料金プラン ・基本プラン:文字単価2円~
・おまかせプラン:文字単価3円~
・エキスパートプラン:要問合せ
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


記事作成センターの特徴
  • 徹底した工数管理による納期の厳守
  • 案件ごとにメンバーを固定するチーム制により高品質記事を実現
  • 記事作成業務のほとんどを依頼可能

続いては記事作成センターを紹介します。

記事作成センターでは、徹底した工数管理とチーム制により、高品質記事を納期厳守で納品することができます。

また、制作業務のほとんどを任さられるため、はじめてでも依頼しやすいでしょう。

記事作成センターの公式サイトはこちら

Buildup

Buildup|株式会社I AMmedia
Buildupの基本情報
運営会社 I AMmedia
料金プラン 記事単価50,000円~
※1本から発注可能
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


Buildupの特徴
  • 採用率10%以下の厳選されたライターのみが執筆を担当
  • 簡単なSEO上のアドバイスは無料で行ってくれる
  • SEOコンサルティング会社としての実績を生かした戦略設計

続いて紹介するおすすめの記事作成代行サービスは、Buildupです。

Buildupのライターは採用率10%の関門を潜り抜けているため、クオリティの高い記事が納品される可能性が高いでしょう。

また、実働を伴わない簡単なSEOのアドバイスは無料で行ってくれるため、コスパ良くSEO対策をすることができます。

以上より、できるだけコストを抑えてクオリティの高い記事を納品してほしい企業は、Buildupを検討してみましょう。

Buildupの公式サイトはこちら

TEXPERT

TEXPERT|株式会社アナザーパス
TEXPERTの基本情報
運営会社 アナザーパス
料金プラン 要問合せ
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


TEXPERTの特徴
  • 専属の編集者の手によって記事のクオリティが担保される
  • 各分野に精通した専門家が在籍している
  • 記事作成の工数を一気通貫で対応可能

TEXPERTの記事作成代行サービスもおすすめです。

TEXPERTの特徴は、専属の編集者のレベルが高いこと。専属の編集者が最終的なクオリティを担保してくれるため、ライターの質によらず、一定のレベルで納品されます。

また、各分野に精通した専門家も在籍しているため、記事の監修や構成立案の協力を依頼することも可能です。

以上よりTEXPERTは、納品物の品質がブレてほしくない企業にぴったりでしょう。

TEXPERTの公式サイトはこちら

ナイルの記事作成代行サービス

ナイルの記事作成代行サービス|株式会社ナイル
ナイルの記事作成代行サービスの基本情報
運営会社 ナイル
料金プラン 要問合せ
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


ナイルの記事作成代行サービスの特徴
  • 選考倍率100倍の選りすぐりスタッフがサポート
  • 戦略立案から効果検証まで一貫支援
  • コンテンツ作成力とマーケティング戦略を掛け合わせた高品質の記事

ナイルの記事作成代行サービスもおすすめです。

ナイルでは、選考倍率100倍を勝ちぬいた選りすぐりスタッフに制作を任せられます。

また、コンテンツマーケティングの戦略立案から、記事アップ後の効果検証までを一気通貫で依頼可能です。

以上より、レベルの高いスタッフに、コンテンツマーケティング全体を頼みたい企業は、ナイルの記事作成代行サービスを検討してみてください。

ナイルの公式サイトはこちら

コンテンツウォーカー

コンテンツウォーカー|株式会社フルスペック
コンテンツウォーカーの基本情報
運営会社 フルスペック
料金プラン ・バックリンクコース:文字単価0.9円
※10本~/月、100~2000文字/本

・通常コース:文字単価1.0円
※1本~/月、100~2000文字/本

・こだわりコース:文字単価1.15円
※1本~/月、文字数は無制限

・プレミアムコース:文字単価2.0円
※1本~/月、文字数は無制限
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


コンテンツウォーカーの特徴
  • ライター育成制度があり、プランによって担当するライターのレベルが異なる
  • 起承転結を意識した文章構成
  • 初回発注は10%割引される

最後に紹介するおすすめの記事作成代行サービスはコンテンツウォーカーです。

コンテンツウォーカーにはライター育成制度があり、プランによってライターのレベルが異なります。そのため、より高いレベルの記事を求める場合は、プランをあげていく必要があるでしょう。

ただ、初回発注が10%割引されたり、アンケートへの回答でさらに割引されたりするので、初めての方には利用しやすい記事作成代行サービスといえます。

コンテンツウォーカーの公式サイトはこちら

記事作成代行を格安で依頼できるおすすめの外注サービス5選を比較

記事制作代行を格安で依頼できるおすすめの外注サービス5選を比較

クラウドワークス

クラウドワークス
クラウドワークスの基本情報
運営会社 クラウドワークス
料金プラン 契約するライターに因る
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


クラウドワークスの特徴
  • 業界No.1の480万ユーザーがおり、依頼から最短1分で応募が来る
  • 大企業や政府をはじめ78万社以上の支援実績がある
  • 2,000文字程度の記事の報酬相場は2,000円程度

始めに紹介するのは、クラウドワークスです。

クラウドワークスは、記事作成を外注できるクラウドソーシングの中でも、国内シェア・取引額・ワーカー数で国内1位を誇るサービス

そのため、依頼を投げれば1分ほどで応募が来ることもあります。また、記事作成代行の相場も文字単価1円前後と、比較的安く外注できます。

クラウドソーシングに特にこだわりがなければ、まずはクラウドワークスを利用してみるのが良いでしょう。

クラウドワークスの公式サイトはこちら

ランサーズ

ランサーズ
ランサーズの基本情報
運営会社 ランサーズ
料金プラン 契約するライターに因る
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


ランサーズの特徴
  • 60万社以上の導入実績
  • 文字単価0.5円~発注可能
  • 24時間365日のサポート体制がある

続いて紹介するのはランサーズです。

ランサーズはクラウドワークスに続いて、国内トップレベルのシェアを誇るクラウドソーシングサービスです。

記事作成代行は、文字単価0.5円から依頼可能なため、他のサービスに比べて格安で利用できます。

また、24時間365日のサポート体制があるため、利用に際して困りごとがあればすぐに解決してもらえるでしょう。

ランサーズの公式サイトはこちら

BizSeek

BizSeek
BizSeekの基本情報
運営会社 ビズシーク
料金プラン 契約するライターに因る
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


BizSeekの特徴
  • 業界最安級の手数料を採用しており依頼費用を抑えられる
  • もともと実名制を採用していたため、実名登録のライターが多い

BizSeekもおすすめの記事作成代行に使える外注サービスです。

BizSeekの特徴は手数料の安さ実名制

業界最安級の手数料を採用しているため、クラウドソーシングの中でも、格安で依頼できるでしょう。

また、もともと実名制を採用していた名残があり、今でも実名登録のワーカーが多く在籍しており、透明性の高いサービスです。

BizSeekの公式サイトはこちら

シュフティ

シュフティ
シュフティの基本情報
運営会社 うるる
料金プラン 契約するライターに因る
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


シュフティの特徴
  • 働きたい主婦を支援するクラウドソーシングのため、女性目線や主婦目線の記事を依頼しやすい
  • 文字単価0.4円~可能

続いてはシュフティを紹介します。

シュフティは、働きたい主婦を支援するクラウドソーシングサービスのため、多くの主婦や女性が登録している特徴があります。そのため、主婦目線や女性目線の記事作成を代行してほしい企業にはピッタリでしょう。

また、単価も文字単価0.4円~と、格安で記事作成を依頼することができます。

シュフティの公式サイトはこちら

Shinobiライティング

Shinobiライティング
Shinobiライティングの基本情報
運営会社 CROCO株式会社
料金プラン 文字単価1円
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


Shinobiライティングの特徴
  • ライティング特化型のクラウドソーシングサービス
  • 業界最高水準のコピペチェックシステムを採用している
  • 登録ライター数は30万人を超えている

最後に紹介する格安で記事作成代行を依頼できる外注サービスは、Shinobiライティングです。

Shinobiライティングは、ライティング特化型のクラウドソーシングサービスで、登録ライターは30万人を超えています。

また、業界最高水準のコピペチェックシステムを採用しているため、記事がコピーコンテンツとして低評価を受ける可能性は低いでしょう。

Shinobiライティングの公式サイトはこちら

次章では、記事作成代行サービスに依頼できる具体的な業務を紹介します。

具体的に依頼・外注できる業務を紹介

具体的に依頼・外注できる業務を紹介 記事作成代行サービスに依頼できる主な業務は以下の4つです。

  • 記事制作・執筆
  • 編集・リライト
  • LP(ランディングページ)の作成
  • SEO対策

まずは記事作成・執筆から解説します。

記事作成・執筆

記事作成代行サービスの業務1つ目は、記事の制作・執筆です。

クライアントの要望に合わせて、KW調査から構成の決定、ライティング、画像作成まで行い、納品してくれます。

また、インタビュー記事の執筆や企画立案までやってくれるところもあるので、自社のニーズに合わせて利用するサービスを選びましょう。

編集・リライト

既存記事の編集・リライトも行います。

編集・リライトの具体的な内容は、記事内の情報の最新性を担保したり、離脱率やCVRのデータを見て改善したりすることです。

また、リライトをして、アップしたコンテンツを定期的に更新することは、SEO的な観点から見ても有効と言えます。

さらに、編集・リライトは、新規作成と比べて、安価であることが多いです。そのため、自社でリライトの知見がない場合は、記事作成代行サービスへの依頼がおすすめです。

LP(ランディングページ)の作成

記事作成代行サービスによっては、LP(ランディングページ)も作成できます。

そもそもLPとは、ユーザーに商品の購入や会員登録などの何かしらのアクションを起こさせるためのページですが、こちらは普通の記事作成とは異なり、コピーライティングやセールスライティングの知識が必要です。

記事作成代行サービスでは、専門のコピーライターが、ターゲットとプロダクトから適切な訴求文を立案し、より効果の高いLPを作成してくれます。

SEO対策

SEO対策の代行も可能な場合があります。

具体的には、クライアントのコンテンツを分析し、KW戦略や内部リンクの構築、重要タグの設定などを行います。

SEO対策には、専門的な知識・ノウハウが不可欠です。例え記事を作成してもにユーザーが入ってこなくては意味がないですよね。

そのため、記事作成代行サービスのSEO実績を確認したうえで、SEO対策も任せてしまうのがおすすめです。

次章では記事作成代行サービスに依頼するメリットを解説します。

記事作成代行サービスを利用するメリットを解説

記事作成代行サービスを利用するメリットを解説 本章では、記事作成代行サービスに依頼するメリットを紹介します。

記事作成の工数を削減できる

記事作成代行サービスを利用するメリット1つ目は、工数削減です。

自社で記事作成を行う場合、企画立案からKW調査、構成決定、ライティング、画像作成、リライト、情報の最新性担保まで、相当な工数がかかります。

そのため、自社のより重要な業務に時間を割くことが難しくなる場合があるでしょう。

しかし、記事作成代行サービスに依頼すれば、プロが上記のような業務を一括で担当し、クオリティの高いコンテンツを納品してくれます。

以上より、自社のやらなければならない最も重要な業務に効率的に時間を割くことができるでしょう。

短期間でも多くの記事作成が可能

2つ目のメリットは、短期間で多くの記事を作成できることです。

社内のリソースを使ったとしても、制作できるコンテンツ量には限界があるでしょう。また、そもそもリソースを割くこと自体、難しい会社もあると思います。

しかし、記事作成代行サービスには、大量のプロライターとノウハウがあるため、短期間で多くのコンテンツを作成可能です。

そのため、短期間でWebサイトのコンテンツを充実させ、より早い段階で目的を達成できるでしょう。

安定したコンテンツ制作の体制がある

先述した、短期間で多くの記事作成ができること以外に、安定したコンテンツ制作体制もメリットしてあげられます。

仮に、社内で一時的にリソースを確保し短期間で多くのコンテンツを作成できたとしても、その後あまりコンテンツを投稿できなかったり、アップした記事をリライトできなかったりしては、Webメディア運営の効果は期待できないでしょう。

そのため、記事作成代行サービスに依頼し、定期的なコンテンツ供給と更新をしてもらうことをおすすめします。

自社で記事作成するより外注したほうが安価であることが多い

自社で記事作成をまかなうと、意外と工数も費用もかかります。特に、社内にノウハウがない場合はなおさらでしょう。

しかし、長年の経験と、知識・ノウハウを持っている記事作成代行サービスでは、その費用を抑えることができます。

一見、外注単価が高く見えるかもしれませんが、それを自社で行うことと比べると、安い場合が多いです。

そのため、コストを抑えつつ効果的なWebメディア運営をしたい場合は、記事作成代行サービスを利用するのが良いでしょう。

知識・ノウハウがなくてもWebメディア運営が可能

メリット5つ目は、知識・ノウハウがなくてもWebメディア運営が可能であることです。

Webメディアの運営には、記事のクオリティ担保やSEOノウハウ、Webサイト運用ツールの知識など、専門的な知識やノウハウが不可欠です。

そのため、社内に全く知識・ノウハウがない状態で、効果的なWebメディア運営をすることはほぼ不可能に近いでしょう。

しかし、記事作成代行サービスを利用すれば、社内に上記のような知識・ノウハウがなくても、Webメディア運営を一括で任せることができます。

以上より、Webメディア運営の知見がなくても効果的なWebマーケティング施策を打てるでしょう。

次章では、記事作成代行サービスに依頼するデメリット・注意点まとめたので、ぜひご覧ください。

依頼・外注前に確認したい記事作成代行を活用するデメリット・注意点

依頼・外注前に確認したい記事制作代行を活用するデメリット・注意点 本章では、記事作成代行サービスに依頼するデメリットや注意点を解説します。

実際に依頼してみないと分からない

実際に依頼してみないと分からないというのは、記事作成代行サービスを利用するデメリットの1つでしょう。

確かに、事前に実績やポートフォリオを確認することで、ある程度のイメージを持っておくことはできます。

しかし、記事作成の際のコミュニケーションの取りやすさや実際にどんなライターが担当になるかは、実際に試してみないとわかりません。

そのため、最初からすべての記事作成やWebメディア運営を任せてしまうのではなく、数記事からの依頼やトライアルから始めてみましょう。

外注費用がかかる

当然ですが、外注費用がかかることもデメリットとして挙げられます。

記事作成やWebメディア運営、SEO対策には専門的な知識と経験が必要なため、その分の外注する際のコストはかかってしまいます。

ただ、先述した通り、それらの業務を自社で行う場合と比べると、安価であることが多いです。

また、費用ばかりを気にして、できるだけ安いところを選んだり、クラウドソーシングで格安のライターと契約したりすると、記事のクオリティが担保されず、最終的に期待していた結果が出なくなる可能性が高いでしょう。

そのため、予算と相談する必要はありますが、ある程度の外注費用をかけてでも確かなクオリティが担保されるサービスを選ぶのがおすすめです。

指示や管理に意外と手間がかかることもある

記事作成代行を活用するデメリットとして、指示や管理に意外と手間がかかることがあります。

自社での工数削減のために依頼をしても、指示や管理に工数がかかりすぎてしまっては本末転倒ですよね。

そのため、仕事内容や要望は事前に明確に言語化したうえで指示を出すようにしましょう。

また、指示や管理の工数を減らす対策として、事前に十分なヒアリングをしてくれるところを選ぶのも1つの手です。

再委託している可能性がある

最後に解説する注意点は、再委託している可能性があることです。

そもそも再委託とは、記事作成代行サービスが受けた仕事をクラウドソーシングなどを使って、さらに安い単価で発注することを言います。

再委託が行われると、発注金額よりも安い単価のライターが記事を作成するので、かけたコストに対してクオリティが担保されない可能性が高いです。

そのため、依頼しようとしている記事作成代行会社が再委託を行っていないかは、事前に調べておきましょう。

まとめ|結局内製と外注どちらがおすすめなの?

まとめ|結局内製と外注どちらがおすすめなの? 当ページでは、記事作成代行の選び方から、おすすめの記事作成代行サービスやそのメリット・デメリットまで詳しく紹介しました。

先述した通り、記事作成代行サービスへの依頼は様々なメリット・デメリットがあります。そのため、内製するか外注するかは企業によるでしょう。

参考として、自社内にライティングやSEOに関するノウハウと記事作成をできるリソースがある場合は内製がおすすめです。逆にそれらがない場合は、外注しましょう。

外注する場合は、当ページを読んで正しく選び、自社におすすめの記事作成代行サービスに依頼しましょう。

この記事を書いた人
株式会社EXIDEA (HonNe編集部)
HonNeをはじめとした生活インフラ・重要購入品に関するメディアを運営する株式会社EXIDEA(HonNe編集部)が執筆をしています。HonNe編集部では、生活や仕事に関わる製品サービスを日々研究・利用し、本音でレビューしたコンテンツと比較ランキング・おすすめ品を紹介しています。