当ページに含まれる広告と商品評価について
当ページには広告リンクが含まれており、当ページを経由して商品・サービスの申込みがあった場合、提携している各掲載企業から広告報酬を受け取ることがあります。ただし、当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無に一切関わらず、コンテンツポリシーに基づき、当サイト独自の調査と実際に使用したレビューをもとに掲載しております。当サイトで得た収益は、皆様により役立つコンテンツを提供するために、品質向上等に還元しております。
おすすめの名刺管理アプリ比較!無料プランや安全性も解説

名刺管理アプリのおすすめ8製品を比較!個人向けサービスや無料プランも解説【2024年7月最新】


当ページではおすすめの名刺管理アプリ8製品を比較して紹介します4つは完全無料で利用でき、残り4つは無料で試せるサービスです。

また、製品の料金体系や登録枚数、セキュリティ面などを一括で比較できる、おすすめの名刺管理アプリ8製品の一覧比較表を作成しました。これを見れば自社に合うであろう製品を簡単に絞り込めるでしょう。

おすすめの名刺管理アプリの
一覧比較表を見る


また、記事内では、名刺管理アプリの選び方やメリット・デメリットついても解説しています。ぜひ最後までご覧ください。

無料で一括請求 名刺管理アプリの資料をまとめて請求する


目次

名刺管理アプリの選び方・比較ポイントを解説

名刺管理アプリの選び方・比較ポイントを解説 本章では、名刺管理アプリの7つの選び方・比較ポイントを解説します。

安全な情報管理のために名刺管理アプリのセキュリティを確認しよう

名刺管理アプリを選ぶ際は、個人情報を安全に保護するためにセキュリティを最優先に考えましょう。無料名刺管理アプリでもセキュリティレベルには大きな差があるため、安全に管理するためには、以下のポイントを基準に比較することが重要です。

  • プライバシーマークやISO認証など、第三者認証を取得しているか
  • 名刺データが暗号化されているか
  • アプリがパスワード保護やアクセス制限機能を備えているか

セキュリティ認証の取得状況、データの暗号化、アクセス制限機能の有無を基準に選ぶことで、個人情報を守りながら効率的な名刺管理が可能になります。

データ化の方法やスキャンの精度

名刺管理アプリを選択する際、名刺のデータ化方法とスキャン精度も重要な比較ポイントです。データ化の方法には、主に「OCR機能による自動入力」と「オペレーターによる手動入力」の2つの方法があります。

まず、OCR機能による自動入力は迅速なデータ化を可能にしますが、スキャンの精度によっては読み取りにばらつきがある場合もあります。

一方で、オペレーターによる手動入力は精度が高いですが、データの反映に時間とコストがかかります。

そのため、ニーズに応じて、迅速さを優先するか精度を重視するかで適切な名刺管理アプリを選びましょう。

名刺の登録可能枚数をチェック【無制限がおすすめ】

名刺管理アプリを比較する際、登録可能な名刺の枚数もチェックしておくべきです。無料名刺管理アプリの多くは、利用可能な名刺枚数やユーザー数に制限があるため、現在の名刺枚数に加えて、将来的に増加する可能性を考慮して選ぶ必要があります。

仮に、現在は登録したい名刺枚数が少ない場合、無料名刺管理アプリでも問題なく対応できるかもしれません。しかし、今後の登録名刺枚数の増加が予想される場合は、制限のない無料アプリを選択するか有料の無制限プランへのアップグレードが可能なアプリを選びましょう。

パソコン・スマホや既存システム、他ツールとの連携が可能か

名刺管理アプリを選ぶ際、PCや既存のツールやシステムとの連携が可能かどうかは、業務の効率化を図る上で大切な要素です。連携可能な名刺管理アプリを選択することで、名刺情報を効率的に営業やマーケティング活動に活用できます。

具体的には以下のような連携が出来るかどうかを見ておきましょう。

  • スマートフォンやパソコンとの連携
  • 名刺情報をスマートフォンの電話帳やパソコン上のシステムと共有できる名刺管理アプリは多く、日常業務の中で直接情報を活用できるため便利です。
  • SFAやCRMとの連携
  • これらの管理ツールと連携できる名刺管理アプリを選ぶことで、顧客情報の管理が容易になり、営業プロセスの効率化に繋がります。
  • 外部ツールからのデータインポート
  • SNSやメモアプリ、連絡帳といった外部ツールから名刺データをインポートできる機能を持つ名刺管理アプリもあり、乗り換えや新たなツール導入時のデータ移行をスムーズに行えます。

比較する際は、現在利用しているツールや将来導入を検討しているツールとの連携が可能かどうかを事前に確認しましょう。また、連携機能が有料オプションとなっている場合もあるため、コストも含めて検討することが大切です。

オフライン状態でも利用できる名刺管理アプリかどうか

オフラインでも名刺管理アプリを使用したい場合、アプリがデータをクラウドだけでなく、端末内に保存する機能を持っているかがを確認しておく必要があります

多くの名刺管理アプリはクラウドサーバーにデータを保存するため、インターネット接続がない状況ではクラウドに管理している名刺データにアクセスできなくなります。

ただ、端末にデータを保存すればオフラインでも情報を参照できますが、デバイスのストレージを圧迫する可能性があるので注意しましょう

名刺管理アプリの操作性も確認しておこう

名刺管理アプリを選び方・比較ポイント6つ目は、アプリの操作性です。具体的には、アプリのレイアウトの見やすさや、名刺情報の表示方式、さらには実際の操作感を事前にチェック出来れば良いでしょう。

操作性が良くないアプリは、使用者にとってストレスとなり、結果的にアプリの活用度が低下する可能性があります。

そのため、実際に名刺管理アプリをインストールしてみて、操作感を試すか、アプリの評判やレビュー、口コミを参考にしましょう。

自社のニーズにマッチした機能があるか

名刺管理アプリを比較する際には、アプリが提供する機能と自社のニーズがマッチしているかを確認することが不可欠です。名刺管理アプリによっては、一般的な名刺管理機能に加え、書類保存、商談履歴管理、名刺交換相手の情報収集、多言語対応など様々な追加機能が提供されています。自社で特に必要とする機能がアプリに備わっているかをチェックしましょう。

ただ、名刺管理アプリの機能が多いほど良いとは限りません。使わない機能が多く含まれていると、アプリの操作が複雑になり、結果的にユーザビリティを低下させる可能性があるからです。

さらに、PCでのデータ閲覧やExcelデータのダウンロード、外部ツールとの連携能力など、利用シーンに合わせた機能の有無も確認が必要です。有料プランでは追加機能が利用できる場合が多いので、プランによる機能の違いも事前にチェックすると良いでしょう。

以上が、自社におすすめの名刺管理アプリを見つけるための、選び方・比較ポイントです。上記の選び方・比較ポイントを参考にすれば、導入後に後悔する可能性は低いでしょう。

次章では、上記の選び方・比較ポイントをもとに、おすすめの名刺管理アプリ8選を一覧比較表にして紹介します。

ぜひ参考にしてください。

【2024年7月最新版】おすすめの名刺管理アプリ8選の一覧比較表

おすすめの名刺管理アプリ8選の一覧比較表 それでは、早速ですがおすすめの名刺管理アプリ8社の比較をしていきましょう。今回は名刺管理アプリを選ぶ際に知っておきたい以下の情報をまとめて表にしていきます。

  • 無料期間
  • 料金体系
  • 登録枚数
  • 対応OS
  • PC連携
  • セキュリティ面
  • バックアップ
  • オフライン利用


では、以下の表をご覧ください。

名刺管理アプリ Eight myBridge Wantedly
People
Evernote
Scannable
SanSan CAMCARD トーニチ・
ネクスタ・
メイシ
名刺
ファイリング
CLOUD
資料請求リスト
に追加する
無料期間 ずっと無料 ずっと無料 ずっと無料 ずっと無料 1ヵ月 10日間 1ヵ月 登録枚数100枚まで
料金体系 月額600円
年額6,000円
プレミアム
990円/人/月
(1~10人まで)

490円/人/月(11人以上)

プレミアムプラス
1,490円/人/月
要問合せ STANDARD:1,700円/月~
PROFESSIONAL:2,500円/月~
660円/1人~ 登録枚数による従量課金制
登録枚数 無制限 無制限 無制限 無制限 無制限
※無料期間は100枚まで
無制限 無制限 無制限
対応OS iOS/Android iOS/Android iOS/Android iOS iOS/Android iOS/Android iOS/Android iOS/Android
PC連携
セキュリティ面 ISO27001/プライバシーマーク ISO27001 ISO27001 ISO27001/プライバシーマーク ISO27001 ISO27001
バックアップ クラウド保存 Excel CSV/Excel PDF/JPG クラウド保存
オフライン利用
※テキストのみ

※テキストのみ
詳細 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ

おすすめの名刺管理アプリ8選をご紹介しました。次項では、各おすすめ名刺管理アプリの詳細情報を解説します。

個人で使える無料のものから、法人向けのものまでご紹介していますので、順番に確認していきましょう。

無料で使えるおすすめの名刺管理アプリ4選を比較!個人向けも紹介

おすすめの無料名刺管理アプリ4選を比較!個人向けも紹介 本章では、無料で利用できるおすすめの名刺管理アプリ4選を紹介します。

無料で利用できるおすすめの名刺管理アプリ4選
  • Eight
  • myBridge
  • Wantedly People
  • Evernote Scannable


Eight(エイト)

Eight(エイト)の基本情報
無料期間 ずっと無料
有料プランの
料金体系
月額600円
年額6,000円
登録枚数 無制限
対応OS iOS/Android
PC連携
セキュリティ面 ISO27001/プライバシーマーク
バックアップ クラウド
オフライン利用
※テキストのみ
※出典:Eight公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。


Eight(エイト)のおすすめポイント
  • 無制限の名刺データ化とクラウド保存
  • 名刺交換した相手の昇進・異動・転職などの情報更新をリアルタイムで通知
  • 暗号化されたネットワークと二段階認証、プライバシーマーク取得による高いセキュリティを実現

「Eight(エイト)」はSansan株式会社が提供する、保存容量や名刺データ化枚数を無制限で利用できる無料のおすすめ名刺管理アプリです。

Eightは、オペレーターの手入力とAIを活用したOCRスキャンを組み合わせて、名刺を正確かつ迅速にデータ化し、クラウド上に保存します。利用者はスマートフォンやパソコンから、いつでもどこでも名刺情報にアクセスでき、SNS機能を活用してオンラインで名刺交換した相手と継続的にコミュニケーションを取ることが可能です。

Eightの特徴は、名刺情報が自動で更新されることです。相手が昇進、異動、または転職した場合、その変更情報をリアルタイムで受け取れます。また、名刺交換はQRコードやURLを通じてオンラインで簡単に行え、タッチ名刺交換機能によって、物理的な名刺がなくてもオンライン上での名刺交換が可能になっています。

セキュリティ面においても、暗号化されたネットワークと二段階認証に対応しており、プライバシーマーク取得によるセキュリティ保護が施されているため、セキュリティが気になる方にもおすすめの名刺管理アプリです。

Eightは基本的な機能を無料プランで提供していますが、より高度な機能を求めるユーザーには「Eightプレミアム」と呼ばれる有料プランや、中小企業向けの「Eight Team」プランも用意されています。これらの有料プランでは、名刺データのダウンロードや法人での一元管理など、追加の便利機能が利用可能です。

Eight Team

Sansan株式会社



Eightの詳細は、下記記事で解説しているのでそちらをご覧ください。


名刺管理アプリの一覧比較表に戻る

myBridge

myBridgeの基本情報
無料期間 ずっと無料
有料プランの
料金体系
プレミアム
990円/人/月
(1~10人まで)

490円/人/月(11人以上)

プレミアムプラス
1,490円/人/月
登録枚数 無制限
対応OS iOS/Android
PC連携
セキュリティ面 ISO27001
バックアップ Excel
オフライン利用
※出典:myBridge公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。


myBridgeのおすすめポイント
  • 広告非表示で全機能無料
  • LINEとの高い連携性
  • 共有名刺帳による効率的な社内管理

「myBridge」はマイブリッジ株式会社とLINE Corporationが共同で提供する、iPhone・Androidに対応したおすすめの無料名刺管理アプリです。このアプリは、ユーザーが快適に利用できるよう、広告表示が一切なく、すべての機能を無料で利用できます。

名刺情報は、OCRスキャンと人の手によるデータ化作業を経てアプリ内に登録され、最大100枚まで名刺共有が可能です。また、LINEとの高い連携性を活かし、トーク上で簡単に名刺データを共有できます。

共有名刺帳機能を使って、社内名刺データの一元管理が可能になり、属人化を防ぎつつ、効率的な情報共有を実現します。営業担当が変わっても、共有名刺帳を確認することで新たな担当者が迅速に顧客対応を行えるでしょう。

さらに、名刺情報はスマートフォンの撮影だけで簡単に登録可能で、Googleの連絡帳への保存やExcelファイルでのダウンロード、LINEやメールを通じた共有も可能です。

「myBridge」は、広告が表示されず、名刺データ化の枚数上限や入力項目数に制限がないため、多くのユーザーがストレスフリーでアプリを利用できるでしょう

myBridgeの公式サイトはこちら

名刺管理アプリの一覧比較表に戻る

Wantedly People

Wantedly Peopleの基本情報
無料期間 ずっと無料
有料プランの
料金体系
登録枚数 無制限
対応OS iOS/Android
PC連携
セキュリティ面 ISO27001
バックアップ CSV/Excel
オフライン利用
※テキストのみ
※出典:Wantedly People公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。


Wantedly Peopleのおすすめポイント
  • 一度に最大10枚の名刺を撮影してデータ化できる高速スキャン機能
  • 関連情報の検索とプロフィール更新通知
  • 高いセキュリティと全機能無料

「Wantedly People」はウォンテッドリー株式会社が提供する、名刺管理を簡単かつ効率的に行えるおすすめアプリです。

Wantedly Peopleの最大の特徴は、一度に最大10枚の名刺を撮影し、即座にデータ化できる点にあります。この高速スキャン機能は、名刺交換が頻繁に行われるビジネスシーンにおいて大きなメリットでしょう。

セキュリティ面でも、通信はTLSプロトコル v1.2(SSL)を用いて暗号化されており、情報の安全性が高く保たれています。また、名刺交換相手がプロフィールを更新した場合は、その変更がリアルタイムでアプリ上に反映されるため、常に最新の情報を手に入れるのもおすすめポイントの1つ。

Wantedly Peopleは、その全ての機能を無料で提供しており、スマートフォンの連絡先との同期や、連絡先の共有、Excelへの連絡先書き出しも無料で行えます。ビジネスシーンでの効率的な名刺管理を求める人にとって、高機能かつコストパフォーマンスに優れた無料のおすすめ名刺管理アプリと言えるでしょう。

Wantedly Peopleの公式サイトはこちら

名刺管理アプリの一覧比較表に戻る

Evernote Scannable

Evernote Scannableの基本情報
無料期間 ずっと無料
有料プランの
料金体系
登録枚数 無制限
対応OS iOS
PC連携
セキュリティ面
バックアップ PDF/JPG
オフライン利用
※出典:Evernote Scannable公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。


Evernote Scannableのおすすめポイント
  • 最大10枚の名刺を同時に撮影し、即座にデータ化可能
  • Evernoteとの連携
  • 無料で無制限にスキャン可能

「Evernote Scannable」は、Evernoteが提供する文書スキャン専用アプリで、名刺や文書、領収書などを簡単にデジタル化できるツールです。このアプリの特徴は、シャッターボタンの操作なしで自動的に名刺を撮影し、スキャンしたデータを即座にEvernoteに保存できる点にあります。

Evernote Scannableは無料で利用でき、スキャン枚数は無制限です。また、自動連続スキャン機能により、複数の名刺を迅速にデジタル化し、iPhoneやiPadの連絡先に直接登録できます。

そして、Evernoteとの連携により、スキャンした名刺から作成された連絡先ノートを活用して、Evernoteから直接電話をかけたり、メールを送ったり、地図アプリで住所を検索したりできます。

Evernote Scannableは、名刺管理だけでなく、文書管理の効率化を求めるユーザーにとっても便利なツールです。名刺以外の文書もまとめてEvernoteに保存しておくことで、情報の検索とアクセスが容易になり、ビジネスシーンでの活用範囲が広がるでしょう。

Evernote Scannableの公式サイトはこちら

名刺管理アプリの一覧比較表に戻る

有料だが無料トライアルで試せるおすすめの名刺管理アプリ4選を比較!安全性を重視したサービスを紹介

有料だが無料トライアルで試せるおすすめの名刺管理アプリ4選を比較!安全性を重視したサービスを紹介 本章では、トライアル期間などで無料で試せるおすすめの名刺管理アプリ4選を紹介します。

有料だが無料トライアル期間のあるおすすめの名刺管理アプリ4選
  • SanSan
  • CAMCARD
  • トーニチ・ネクスタ・メイシ
  • 名刺ファイリングCLOUD


SanSan

SanSanの基本情報
無料期間 1ヵ月
有料プランの
料金体系
要問合せ
登録枚数 無制限
※無料期間は100枚まで
対応OS iOS/Android
PC連携
セキュリティ面 ISO27001/プライバシーマーク
バックアップ
オフライン利用
※出典:SanSan公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。


SanSanのおすすめポイント
  • 高度なセキュリティと信頼性
  • AIを活用したOCR技術とオペレーターによる精密なデータ化
  • 効率的な名刺管理と営業支援

「Sansan」はSansan株式会社が提供する法人向けのおすすめ名刺管理サービスで、メガバンクや官公庁を含む8,000社以上の企業に導入されている高い信頼度を誇ります。

このサービスは、AIを活用したOCR技術とオペレーターが名刺のデータを完了させます。スマートフォンアプリを通じてのスキャンも可能なため、社外で即座にデータ化することで、見込み客への迅速なアプローチも可能です。

また、Sansanの使用により、名刺の情報はもちろん、社内の従業員の連絡先も同期し一元管理できます。これにより、連絡帳をひとつにまとめることが可能となり、社内コミュニケーションの効率化が図れます。

さらに、高度なセキュリティ水準を満たしており、情報漏洩の心配が比較的少ない点もSansanの大きなメリットです。

加えて、AIによる分析機能を活用すると、過去の名刺交換データから「次に会うべき人物」を提案し、営業戦略の立案に役立てることができます。

Sansanは、トライアル期間中はほぼ全ての機能を1か月間無料で利用できるため、導入前にサービスの使い勝手を体験可能です。ご興味のある方は、まず無料トライアルに申し込むことをおすすめします。

Sansan

Sansan株式会社



名刺管理アプリの一覧比較表に戻る

CAMCARD

CAMCARDの基本情報
無料期間 10日間
有料プランの
料金体系
STANDARD:1,700円/月~
PROFESSIONAL:2,500円/月~
登録枚数 無制限
対応OS iOS/Android
PC連携
セキュリティ面 ISO27001
バックアップ クラウド保存
オフライン利用
※出典:CAMCARD公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。


CAMCARDのおすすめポイント
  • 特許取得の高精度スキャン機能により名刺をわずか5秒でデータ化
  • 17カ国語の多言語対応
  • シンプルな操作性と安全性の高い管理

「CAMCARD」は、国際的なビジネスシーンに対応したおすすめの名刺管理アプリです。このアプリは、iPhoneやAndroidデバイスに対応し、特許取得の高精度スキャン機能を活用して、名刺をわずか5秒でデータ化できます。

また、17カ国語に対応しているため、グローバルな業務を行っている企業や、多言語の名刺管理が必要なビジネスパーソンにおすすめです。

加えて、名刺情報は自動保存され、名刺入れ、メッセージ機能、名刺交換機能、プロフィールといった必要最小限の機能に絞られています。これにより、アプリの操作がシンプルかつ直感的で、誰でも使いやすいでしょう。

そして、CAMCARDには個人版と法人版があり、個人版は無料で利用可能です。そのため、無料の名刺管理アプリを利用したい個人のユーザーにもおすすめできます。

さらに、CAMCARDにはSNS機能ないため、アプリ上で予期せずつながってしまうリスクがありません。そのため、「アプリ上でつながりたくない」「個人で管理を進めたい」と考えるユーザーにもおすすめです。

CAMCARDの公式サイトはこちら

名刺管理アプリの一覧比較表に戻る

トーニチ・ネクスタ・メイシ

トーニチ・ネクスタ・メイシの基本情報
無料期間 1ヵ月
有料プランの
料金体系
660円/1人~
登録枚数 無制限
対応OS iOS/Android
PC連携
セキュリティ面 ISO27001
バックアップ
オフライン利用
※出典:トーニチ・ネクスタ・メイシ公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。


トーニチ・ネクスタ・メイシのおすすめポイント
  • AIによる高精度の名刺スキャン
  • オンライン名刺交換機能でリモートワークに対応
  • 営業サポート機能が充実

「トーニチ・ネクスタ・メイシ」は、東日印刷株式会社が提供する名刺管理アプリで、世界最高峰のエンジニアによって開発されました。このアプリは、社員一人ひとりが持つ貴重な人脈を効率的に可視化し、共有することを目的として作られています。

また、AIによる機械学習機能を搭載しているため、名刺のスキャン精度が高く、使いやすい画面設計もメリットの一つです。

さらに、オンライン名刺交換機能が標準で搭載されているため、テレワークやリモートワークなどの働き方をしている方にもおすすめできます

2ヶ月間の無料トライアル期間中は、最大100名までの利用が可能で、名刺管理だけでなく、営業をサポートする機能も充実しています。名刺データからタスク管理やコンタクト履歴を確認でき、営業活動をより効率的に進められるでしょう。

トーニチ・ネクスタ・メイシ

東日印刷株式会社



名刺管理アプリの一覧比較表に戻る

名刺ファイリングCLOUD

名刺ファイリングCLOUDの基本情報
無料期間 登録枚数100枚まで
有料プランの
料金体系
登録枚数による従量課金制
登録枚数 無制限
対応OS iOS/Android
PC連携
セキュリティ面
バックアップ
オフライン利用
※出典:名刺ファイリングCLOUD公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。


名刺ファイリングCLOUDのおすすめポイント
  • 金融機関向けのシステムと同等のセキュリティ基準
  • 業務効率化に役立つ便利な機能が豊富
  • 柔軟な料金プラン設定

「名刺ファイリングCLOUD」は、株式会社NTTデータNJKが提供するおすすめの名刺管理アプリです。特徴として、金融機関向けのシステムと同等の高品質なセキュリティ基準を満たしているため、情報漏洩のリスクを極力抑えながら、名刺データの安全な管理を可能にします

また、名刺情報からのワンタッチでの電話発信や地図検索機能により、日々の業務をより効率的に進められるでしょう。

そして、基本機能は無料で利用でき、名刺100枚までの管理が可能です。さらに、多くの名刺を管理したい場合には、有料プランを選択することで、より多くの名刺管理やデータベースの複数ユーザーによる共有など、拡張機能を利用できます。

「名刺ファイリングCLOUD」は、セキュリティを重視しつつ、名刺管理の効率化を図りたい企業や個人におすすめな名刺管理アプリといえます。

名刺ファイリングCLOUDの公式サイトはこちら

名刺管理アプリの一覧比較表に戻る

導入前に確認したいデメリットを解説

導入前に確認したいデメリットを解説 当記事では、無料の名刺管理アプリのデメリットを解説します。「無料だとセキュリティが不安」や「有料版に比べて制限が多そう」と思っている方はぜひご覧ください。

クラウド保存の場合は名刺データが漏洩するリスクがある

名刺管理アプリを利用する際の主なデメリットとして、情報漏洩のリスクが挙げられます。名刺には重要な個人情報が含まれており、これらの情報が外部に漏れることは、企業の信頼を失う原因になり得るでしょう。特に無料の名刺管理アプリを検討している場合、セキュリティ面での不安を持たれる方も多いと思います。

具体的なセキュリティ対策としては、通信の暗号化、二重のログイン認証などが挙げられますが、これらの機能が提供されているかどうか事前に確認することが重要です。信頼性の高いベンダーが提供していたり、高度なセキュリティ水準をクリアしていたりする名刺管理アプリを選びましょう。

また、クラウド型の名刺管理アプリでは、名刺データをインターネット上に保存するため、データが外部に抜き取られる可能性があります。便利な機能を提供しているアプリであっても、セキュリティ対策が十分に施されていなければ、リスクを高めることになります。

以上より、無料の名刺管理アプリでも、セキュリティ対策が整っているものを選び、情報漏洩やデータ抜き取りのリスクを可能な限り抑えておくことが大切です。

無料の名刺管理アプリは有料のものと比較して機能が制限されていることが多い

無料の名刺管理アプリを利用する際には、有料版に比べて利用できる機能に制限があることを理解しておく必要があります

具体的には、登録できる名刺の枚数、利用可能なユーザー数、情報共有の範囲、名刺情報の出力方法、そして外部ツールとの連携に制限がかかることが多いです。

個人利用であれば、無料アプリの機能制限内で事足りることも多いでしょう。しかし、法人での長期的な利用を考える場合などは、有料アプリの検討がおすすめです。

仮に無料名刺管理アプリを選択する場合は、将来的な業務も考慮し、必要な機能を提供するかどうかを事前に確認しておきましょう。

プライベートでつながりたくない人とつながってしまう可能性がある

名刺管理アプリを利用する際、仕事上の繋がりがプライベートな関係にも影響を及ぼす可能性があります

例えば、名刺交換した相手との間で自動的に個人情報やSNSアカウントが共有されてしまい、ビジネス上の関係の人とプライベートでも繋がってしまうかもしれません。また、社員間でのインターネットリテラシーの差がある場合、不注意からSNSを通じて重要な情報が外部に流出する危険性もあるでしょう。

これらを防ぐためには、名刺管理ツールを導入する際に、SNS機能の有無を確認し、仮に搭載されている場合は、どのように情報が共有されるのかを理解し、適切な運用ルールやガイドラインを設けることをおすすめします。

以上が無料名刺管理アプリのデメリットになります。

上記のように無料管理アプリにはデメリットもあるので、それらを理解したうえで導入や有料プランの検討をしてください。

次章では、名刺管理アプリのメリットを解説します。

名刺管理アプリのメリットを解説

名刺管理アプリのメリットを解説 本章では、名刺管理アプリのメリットを解説します。デメリットとメリットを両方理解したうえで、導入に進みましょう。

名刺管理アプリを導入すると社内で簡単に名刺データの共有ができる

名刺管理アプリのメリット1つ目は、社内で簡単に名刺データの共有できることです。紙の名刺の場合、その名刺を持っている従業員にしか名刺の情報にアクセスできず、情報の属人化が発生していました。

しかし、名刺管理アプリを導入することで、名刺交換の度にその情報をアプリに取り込み、社内のメンバー全員とリアルタイムで共有できます。これにより、社内での情報共有がスムーズに行われ、営業や顧客管理などの業務効率が上がる可能性があります。

名刺管理アプリの導入により、社内での情報共有が容易になるだけでなく、業務の効率化、顧客情報の迅速な更新、そして会社全体のパフォーマンス向上が期待できます。

データの管理・活用がしやすくなり作業が効率化する

名刺データの管理がしやすくなることも、名刺管理アプリ導入のメリットです。

紙の名刺の場合、ファイリング作業やExcelへの手動入力にかなりの時間がかかるでしょう。しかし、名刺管理アプリでは、OCR機能やオペレーターサービスを活用して、手間をかけずに名刺の情報をデジタル化し、簡単に管理できます。

また、アプリを利用することで名刺情報にどこからでもアクセス可能になり、必要な情報を素早く検索できようになります。さらに社外であっても、名刺交換後すぐに情報をアプリに登録できるので、名刺を紛失するリスクも軽減されます。加えて、スマートフォンの電話帳との連携により、着信時にすぐに誰からの連絡なのかを把握できる機能も便利です。

このように、名刺管理アプリの導入は、データ管理の簡易化と効率化、そして情報へのアクセス性を高めることで、ビジネスシーンにおいて大きなメリットを提供するでしょう。

まとめ

当記事では、無料のおすすめ名刺管理アプリ4選と無料で試せるおすすめの名刺管理アプリ4選の、合計8サービスを比較して紹介しました

それぞれの会社の規模やニーズによって、おすすめの名刺管理アプリは異なります。

そのため、名刺管理アプリのメリット・デメリットや選び方などを理解し、自社状態を把握したうえで、導入に進むのがおすすめです。

また、当記事で解説した通り、無料名刺管理アプリでも、セキュリティ面が保護されていたり、制限が少なく利用できるものも存在します。

「無料だから」というだけで選択肢から外すのではなく、機能・性能を比較して、自社におすすめの名刺管理アプリを選びましょう。

最後に現在資料請求が可能な、名刺管理アプリ一覧を紹介します。

資料請求可能な名刺管理アプリ一覧

Sansan

Sansan株式会社


名刺de商売繁盛

ヤマトシステム開発株式会社


ホットプロファイル

株式会社ハンモック


メイシー

株式会社もぐら


トーニチ・ネクスタ・メイシ

東日印刷株式会社


SKYPCE

Sky株式会社


mソナー

ユーソナー株式会社


PRINT BAHN PLUS

東京オフィスサービス株式会社


Knowledge Suite

ブルーテック株式会社


Eight Team

Sansan株式会社



この記事を書いた人
株式会社EXIDEA (HonNe編集部)
HonNeをはじめとした生活インフラ・重要購入品に関するメディアを運営する株式会社EXIDEA(HonNe編集部)が執筆をしています。HonNe編集部では、生活や仕事に関わる製品サービスを日々研究・利用し、本音でレビューしたコンテンツと比較ランキング・おすすめ品を紹介しています。