当ページに含まれる広告と商品評価について
当ページには広告リンクが含まれており、当ページを経由して商品・サービスの申込みがあった場合、提携している各掲載企業から広告報酬を受け取ることがあります。ただし、当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無に一切関わらず、コンテンツポリシーに基づき、当サイト独自の調査と実際に使用したレビューをもとに掲載しております。当サイトで得た収益は、皆様により役立つコンテンツを提供するために、品質向上等に還元しております。
経費精算システムのおすすめを比較!機能・価格・選び方を徹底解説

経費精算システムのおすすめ22製品を比較!機能・料金・選び方を徹底解説【2024年7月最新】


当記事では、編集部がおすすめする経費精算システム22製品を比較して紹介します。

また、製品の料金、機能、連携できる会計ソフトなどを一括で比較できる、おすすめの経費精算システム22製品の一覧比較表を作成しました。これを見れば自社に合うであろう製品を簡単に絞り込めるでしょう。

おすすめの経費精算システムの
一覧比較表を見る


また、記事内では、そもそも経費精算システムとは何か経費精算システムの選び方・比較ポイントについても解説しています。ぜひ最後までご覧ください。

無料で一括請求 経費精算システムの資料をまとめて請求する

当記事で比較する経費精算システム22製品
  • 楽楽精算
  • Concur Expense
  • J’sNAVI NEO
  • ジョブカン経費精算
  • TOKIUM経費精算
  • マネーフォワードクラウド経費
  • HRMOS経費
  • freee支出管理 経費精算Plus
  • バクラク経費精算
  • Staple
  • Spendia
  • ジンジャー経費
  • 皆伝!ワークフロー
  • Traveler’sWAN SaaS
  • チムスピ経費
  • Ci*X Expense
  • WAVE225旅費・経費精算/稟議
  • kincone
  • ネクストICカード
  • rakumoケイヒ
  • MOT経費精算
  • ジュガール経費精算

目次

経費精算システムとは?

経費精算システムとは? 経費精算システムとは、企業の経費業務を効率化・自動化するためのサービスです。

従来、経費精算は紙ベースで行われ、多くの手間と時間を要しました。しかし、経費精算システムを導入することで、交通費や接待費などの各種経費の申請、承認、支払いが電子化され、一元管理が可能です。これにより、領収書の読み取りや仕訳、データ作成といった手作業が削減されます。

さらに、経費精算システムの導入により、キャッシュフローの透明化も実現するでしょう。経費データが一元管理されることで、リアルタイムでの経費状況の把握が可能となり、企業の財務状況の健全化が期待できます

経費精算システムの比較ポイント・選び方を解説

経費精算システムの比較ポイント・選び方を解説 本章では、経費精算システムの選び方・比較ポイントを解説します。自社に合った経費精算システムを導入できるように、ご一読ください。

自社の業務に適した入力補助機能があるか

経費精算システムを選ぶ際には、入力補助機能の確認が重要です

企業ごとに、経費の種類や申請頻度、入力にかかる手間などは異なります。そのため、まずは自社の課題やニーズを明確にし、それに対応する機能が備わっている経費精算システムを選びましょう

例えば、交通費の申請が頻繁に発生する企業は、交通系ICカードやタクシー配車アプリとの連携機能がある経費精算システムがおすすめです。

また、領収書の電子化が頻繁に行われる企業は、スマートフォンからの画像アップロードに対応したOCR機能がある経費精算システム良いでしょう。

このように、自社の業務に合った入力補助機能を持つ経費精算システムを選ぶことで、経費関連業務が効率化され、企業の生産性向上が期待できます。

経費精算システムのワークフロー機能を確認する

経費精算システムを比較する際には、ワークフロー機能の充実度も重要です。

基本的に経費精算システムには、Web上で経費の申請・承認を行うためのワークフロー機能が搭載されていますが、経費精算システムごとに設定の細かさが異なります。

例えば、条件分岐や承認方法(and・or)の設定が柔軟でない経費精算システムの場合、社内の複雑な承認フローと合わず、一部の承認をアナログで行わなければなりません。

そのため、複雑な社内規定を忠実に再現したい場合や、経費精算だけでなく一般的な稟議にも利用したい場合は、ワークフロー機能の確認が不可欠です。

特に大企業では、承認に関わる人数が多く、承認フローが複雑になりがちなため、複数の承認ルートを設定できる機能や、経費項目を自社仕様にカスタマイズできる機能が搭載された経費精算システムを選ぶと良いでしょう。

このように、ワークフロー機能の充実度は、経費精算システムの選定において重要な比較ポイントです。自社の申請・承認フローを振り返り、最適な経費精算システムを選びましょう。

電子帳簿保存法・インボイス制度に対応している経費精算システムか

電子帳簿保存法やインボイス制度に対応しているかも確認しましょう。

改正電子帳簿保存法では、国税関係書類のデータ保存要件が緩和されました。以前は、紙で受け取った請求書や領収書をデータ保存する際、専門事業者によるタイムスタンプの付与が必要でしたが、改正法に対応した経費精算システムを利用すれば、タイムスタンプを別途付与する必要はありません。

また、令和6年からは、法人・個人事業主を問わず、電子的に取引されたデータの保存が完全に義務化されます。これに対応している経費精算システムを導入することで、法律に準拠した運用が可能になるでしょう。

インボイス制度に関しても、対応していない経費精算システムを使用すると、取引の証拠として認められず税務上の問題が生じる可能性があります。

このように、経費精算システムを比較する際には、電子帳簿保存法やインボイス制度への対応状況を確認し、法的要件を満たす経費精算システムを導入しましょう。

自社で導入している会計ソフトとの連携性

経費精算システムの選び方として、自社で既に導入している会計ソフトとの連携性の確認が重要です。経費精算システムが会計ソフトや他の関連サービスと連携できる場合、バックオフィス業務全体の効率化が期待できるでしょう。

また、経費精算システムと会計ソフトの連携方法には、シリーズ連携API連携CSV連携などがあります。

シリーズ連携は同一メーカーの製品間でのシームレスな連携が可能で、API連携はリアルタイムでのデータ共有が可能です。一方、CSV連携は汎用性が高く、多くのサービスで利用できますが、手動でのデータインポートが必要な場合もあります。

一方で、自社で導入している会計ソフトと連携の取れない経費精算システムを導入してしまうと、逆に経費精算業務や会計業務が煩雑になり、生産性が落ちてしまうでしょう。

このように、自社で導入している会計ソフトとの連携性や連携方法を比較することで、経費精算業務にとどまらず、自社のバックオフィス業務全体の効率を向上させる経費精算システムを選ぶことができます。

経費精算システムの導入でかかる費用を比較する

経費精算システムの導入にかかる費用の比較も忘れていけません。また、経費精算システムの費用を比較する際は、単純な料金だけでなく、自社の利用状況やニーズに合わせた費用対効果を考慮しましょう。

経費精算システムの料金体系は製品ごとに異なり、固定の月額料金がかかるタイプや従量課金制のタイプがあります。自社にとって最適な経費精算システムを選ぶためには、どのように経費精算システムを利用するかを明確にし、それに基づいて導入を検討することが必要です

また、製品によっては、基本機能に加えてオプション機能を利用する場合に追加料金が発生することがあります。このため、複数の経費精算システムを比較する際には、基本料金だけでなく、必要なオプション機能の料金も含めた総費用を見積もることが重要です。

上記より、経費精算システムの費用を比較する際には、まず自社の経費精算業務の規模や頻度、必要な機能を明確にし、それに基づいて各経費精算システムの料金プランを比較しましょう。

導入の目的と基本機能を確認

導入の目的と基本機能を確認 本章では、経費精算システムを導入する目的と、その目的を達成するための基本機能についてみていきます。

入力業務の負担を軽減するため

経費精算システム導入の1つめの目的は、従業員の入力業務の負担を軽減できること。

従来の紙ベースの経費申請では、領収書の整理や手入力が必要で、申請業務に多くの時間と労力がかかっていました。しかし、経費精算システムを活用すれば、スマートフォンで撮影した領収書の写真やスキャンデータを、Web上で簡単に添付・申請できます

具体的には、経費精算システムに以下のような機能があると、経費関連の入力業務の負担を軽減できるでしょう。

  • 領収書のOCR読み取り
  • 領収書を撮影・アップロードするだけで、金額や項目を自動入力。
  • 乗換案内サービス連携
  • 目的地や経由地を選ぶだけで、交通費の入力を補助。
  • 交通系ICカード連携
  • ICカードをカードリーダーに通すだけで、自動的に交通費を申請可能。
  • 法人クレジットカード連携
  • 旅費などの立て替え負担を軽減し、従業員は限度額内で利用可能。
  • ECサイト連携
  • 購入履歴からそのまま経費として申請。

以上より、経費精算システム導入の際には、これらの入力補助機能の充実度を確認し、自社の目的が達成できる製品を導入しましょう。

スムーズな申請・承認のワークフローを確保するため

経費精算システムの導入において、スムーズな申請・承認のワークフローを確保するという目的も重要です

ワークフロー機能は、企業の経費管理において頻繁に使用される機能であり、各サービスごとに細かな違いが見られます。

例えば、特定の金額以上の経費申請は部長決裁、それ以下は課長決裁といった分岐設定を細かくできるかどうかは経費精算システムによって様々。

仮にこれまでの会社のルールが導入する製品に対応していない場合、ルールを変更するか、不便な運用を余儀なくされるため、自社のワークフローがその経費精算システムで実現可能かどうかを導入前に確認しましょう。

具体的には、経費精算システムの以下のような機能がスムーズなワークフローをサポートします。

  • いつでもどこでも申請・承認
  • Webブラウザやスマホアプリを介して簡単に経費申請・承認が可能。
  • コメント・データ添付
  • 申請や差し戻し時にコメントや画像を添付し、指示内容を分かりやすく伝達。
  • 自動分岐設定
  • 金額など申請内容に応じて承認ルートを自動で変更。
  • 規定違反チェック
  • 社内規定にそぐわない申請は自動で拒否・差し戻し。

このように、経費精算システムのワークフロー機能の充実度を確認することで、スムーズな申請・承認プロセスを実現し、企業全体の業務効率化に貢献します。

経理業務全体の負担を軽減するため

経理業務全体の負担軽減も、経費精算システム導入の目的の1つです。

もちろん経費を申請する側が簡単に申請できることも大切ですが、その申請を精査し承認する経理担当者の負担軽減にも、経費精算システムの導入は有効と言えます。

特に、以下のような機能のある経費精算システムが、経理業務全般の負担軽減に役立つでしょう。

  • 自動仕訳機能
  • 経費申請時に自動で勘定科目を仕訳。
  • ファームバンキング(FB)データの自動作成
  • 振り込み業務に必要なFBデータを自動的に作成可能。
  • 会計ソフトとの連携
  • 現在使用している会計ソフトと簡単に連携。

このように、経費精算システムを導入することで、経理業務の多くのプロセスを自動化・効率化し、担当者の負担を軽減できます。

導入前に理解しておきたいメリットを紹介

導入前に理解しておきたいメリットを紹介 本章では、経費精算システムを導入するメリットを紹介します。メリットをしっかりと理解しておくことで、経費精算システムの効果を最大化できるでしょう。

経費精算に関する業務の効率化

経費精算システムのメリット1つ目は、経費精算にかかる手間や時間を削減できる点です。

従来のエクセル管理や手書き申請では、申請書の手入力、領収書の転記、交通費の計算など、多くの面倒な作業が発生します。さらに、申請書に不備があれば差し戻しになり、再度作り直しが必要なため、決裁完了までに多くの時間がかかるでしょう。

しかし経費精算システムを導入すれば、領収書をスマートフォンで撮影し、その画像をアップロードするだけで、申請書が自動的に作成されます。また、ICカードの履歴を取り込むことで、交通費の申請も自動化可能。

さらに、経費精算システムにより、承認プロセスもシステム化されることで、さらに効率化が図れます

承認者には自動で通知が届き、そのまま画面上で申請内容を確認・承認できるため、書類の受け渡しが不要です。仮に差し戻しが発生した場合でも、全て経費精算システム上で完結するため、申請・承認フローがスムーズに進行します。

このように経費精算システムを導入することで、経費精算業務にかかる時間と労力を削減でき、従業員の負担が軽減されるため、企業全体の生産性が向上が期待できるでしょう

不正利用を防いだりコンプライアンスを強化したりできる

不正利用の防止やコンプライアンスの強化も、経費精算システムを導入するメリットの1つです。経費精算システムを活用することで、経費申請や承認のプロセスを透明化し、内部統制を強化できます。

まず、自社の違反規定に沿って設定をカスタマイズできる経費精算システムを利用することで、不正利用を未然に防ぐことが可能です。

具体的には、申請時に自動で規定違反をチェックし、規定に合わない経費申請を自動的に差し戻す機能が役立つでしょう。

また、承認ルートや分岐ルールを明確化し、申請や承認のログを保存する機能も重要です。

経費精算システムは、すべての申請・承認プロセスを記録し、ログとして保存します。これにより、不正やトラブルが発生した際に迅速に対応できるだけでなく、改ざんや不正の抑止力としても機能するでしょう。

このように、経費精算システムの導入を通じて内部統制を強化し、法令遵守を徹底することで、健全な経費管理体制の構築が期待できます。

経費精算業務に関するミスを減らせる

最後に紹介する経費精算システムの導入のメリットは、経費精算業務に関するミスを減らすことです。

手作業で行う従来の経費精算では、入力ミスや計算ミス等の人為的なミスが発生し、経理担当者や申請者にとって負担となっていました。

しかし、経費精算システムを利用することで、これらの人為的ミスを防止し、効率的かつ正確な経費管理が可能です。

例えば、スマートフォンアプリのOCR機能を活用することで、領収書の自動読み取りが可能になります。これにより、手入力の手間が省け、入力ミスのリスクも減少するでしょう。

また経費精算システムは、会計処理にも役立ちます。承認された経費申請の内容をそのまま会計ソフトに反映させる機能があるため、手作業での勘定科目の選択や金額入力で発生する誤りを防止できるでしょう。

このように、経費精算システムの導入により、経費精算業務に伴う様々なミスを減らすことができるため、経理担当者の負担が軽減され、バックオフィス業務全体の効率向上が期待できます。

【2024年7月最新】おすすめの経費精算システム22製品の一覧比較表|機能や料金をまとめて紹介

おすすめの経費精算システムの一覧比較表|機能や料金をまとめて紹介 本章では、当サイトがおすすめする経費精算システム22製品の一覧比較表を掲載します。

この比較表では料金、機能、連携できる会計ソフトなどを一括で比較できるため、時間のない経費精算システム選定担当者の方でも、迅速かつ簡単に自社に合う可能性の高い経費精算システムを絞り込むことができます。

自社に合いそうな経費精算システムを5つくらいまで絞り込み資料請求をして、営業担当の方に詳しい話を聞きながら選定することで、自社の業務を最適化できる経費精算システムを選べる可能性が高まるでしょう。

経費精算
システム
楽楽精算 Concur Expense J’sNAVI NEO ジョブカン経費精算 TOKIUM経費精算 マネーフォワードクラウド経費 HRMOS経費 freee支出管理
経費精算Plus
バクラク経費精算 Staple Spendia ジンジャー経費 皆伝!ワークフロー Traveler’sWAN SaaS チムスピ経費 Ci*X Expense WAVE225旅費・
経費精算/稟議
kincone ネクストICカード rakumoケイヒ MOT経費精算 ジュガール経費精算
資料請求リスト
に追加する
料金 基本プラン
初期費用:100,000
月額料金:30,000
お問い合わせ 基本利用料
3万円~/月

※ユーザー数:~50名の場合

オプション利用料
お問い合わせ
初期費用・サポート費用
無料

経費精算・ワークフローセットプラン:400円/月

大規模(500名目安)の企業:お問い合わせ
初期費用:お問い合わせ
基本利用料:1万円~/月
領収書の件数に基づく従量課金制
基本料金:お問い合わせ
人数などによる従量課金制
※50名以下の場合

初期費用+月額料金:お問い合わせ
※51名以上の場合
初期費用:無料
月額料金:29,000円~
※利用者数による
従量課金制
詳細はお問い合わせ
月額:20,000円~ 月額:600円~
※1ユーザーの場合
お問い合わせ 初期費用:お問い合わせ
月額:300円~
お問い合わせ 初期費用:400,000円~
月額:10,000円~
※SaaS型の場合

初期費用:1,650,000円~
※オンプレミス型の場合
月額:15,000円~ お問い合わせ 月額:200,000円~
※クラウド型の場合

ライセンス料:1,500,000円
年間保守料:100,000円
※オンプレミス型
月額:1,000円~
※200円×5名
基本利用料:お問い合わせ
月額:200円~
※利用者数による
月額:300円~
※1ユーザーあたり
20IDプラン
初期費用:30,000
月額料金:3,980
基本プラン
300円/人
機能 汎用ワークフロー
スマホアプリ対応
クレジットカード連携
交通費精算・ICカード連携
出張費・旅費精算
問い合わせ スマホアプリ対応
クレジットカード連携
交通費精算・ICカード連携
チケット手配
勘定科目の自動仕分け
スマホアプリ対応
クレジットカード連携
交通費精算・ICカード連携
代理申請・承認
外国語表示
汎用ワークフロー
スマホアプリ対応
交通費精算・ICカード連携
出張費・旅費精算
サポートチャット
汎用ワークフロー
スマホアプリ対応
クレジットカード連携
交通費精算・ICカード連携
日当計算
スマホアプリ対応
クレジットカード連携
交通費精算・ICカード連携
出張費・旅費精算
AI-OCR
スマホアプリ対応
給与情報の連携
勘定科目の自動仕分け
カード上限の設定
インボイス制度対応
スマホアプリ対応
交通費精算・ICカード連携
代理申請・承認
二重申請の自動検出
勘定科目の自動仕分け
スマホアプリ対応
クレジットカード連携
交通費精算・ICカード連携
専用クレジットカード
予算管理機能
汎用ワークフロー
スマホアプリ対応
インボイス制度対応
自動仕分け機能
スマホアプリ対応
有給管理
アラート機能
シフト管理
予実管理
汎用ワークフロー
クレジットカード連携
交通費精算・ICカード連携
AI-OCR
インボイス制度対応
クレジットカード連携
交通費精算・ICカード連携
出張費・旅費精算
QRコード承認
代理申請。承認
スマホアプリ対応
クレジットカード連携
交通費精算・ICカード連携
インボイス制度対応
事前申請
外貨精算
アラート機能
タイムスタンプ
人事システム連携
スマホアプリ対応
クレジットカード連携
交通費精算・ICカード連携
出張費・旅費精算
チケット手配
スマホアプリ対応
交通費精算・ICカード連携
アラート機能
豊富な休日設定
交通費精算・ICカード連携
勤怠管理機能
ガソリン代の算出
スマホアプリ対応
交通費精算・ICカード連携
インボイス制度対応
軽減税率の設定
汎用ワークフロー
クレジットカード連携
交通費精算・ICカード連携・「駅すぱあと」連携
出張費・旅費精算
交際費精算
チャット承認
MOT/Phoneアプリ連携
汎用ワークフロー
スマホアプリ対応
クレジットカード連携
交通費精算・ICカード連携
出張費・旅費精算
LINE WORKS/Microsoft Teams連携
連携できる
会計ソフト
弥生会計
勘定奉行
PCA
OBIC7
など
問い合わせ 勘定奉行
財務大将
OBIC7
SMILE
など
勘定奉行
SuperStream-NX
freee
弥生会計
など
マネーフォワード クラウド会計
など
勘定奉行
OBIC
SMILE
弥生会計
など
freee会計
など
freee会計
など
kintone
コラボフロー
など
勘定奉行
弥生会計
財務大将
など
CSV出力により、会計freeeをはじめ、あらゆる会計ソフトと連携可能
電子帳簿保存法への対応
詳細 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ

次章では、各経費精算システムの中でも、中小企業におすすめの経費精算システム12選について、詳しく紹介します。

中小企業におすすめの経費精算システム12選を比較

中小企業におすすめの経費精算システムを比較 本章では中小企業におすすめの経費精算システムの詳しい情報を紹介します。料金や機能だけでなく、具体的にどんな中小企業におすすめかも解説しているので、ぜひ参考にしてください。

楽楽精算

楽楽精算
料金 基本プラン
初期費用:100,000
月額料金:30,000
機能 汎用ワークフロー
スマホアプリ対応
クレジットカード連携
交通費精算・ICカード連携
出張費・旅費精算
連携できる
会計ソフト
弥生会計
勘定奉行
PCA
OBIC7
など
電子帳簿保存法への対応
※出典:楽楽精算公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


楽楽精算のおすすめポイント
  • 設定の自由度が抜群
  • 導入を成功させる、手厚いサポート体制
  • 法要件に対応し続ける経費精算システム

楽楽精算は、設定の自由度が抜群の経費精算システムです。

楽楽精算なら、様々な業務や組織構造に合わせてカスタマイズできます。そのため、独自の社内規定やルールに基づいて運用でき、経費精算のプロセスが効率化されるでしょう。

以上より、複雑な経費ルールや多様な承認フローが求められる中規模の企業は、楽楽精算の導入がおすすめです。

楽楽精算

株式会社ラクス


経費精算システムの一覧比較表に戻る

Concur Expense

Concur Expense
料金 お問い合わせ
機能 問い合わせ
連携できる
会計ソフト
問い合わせ
電子帳簿保存法への対応
※出典:Concur Expense公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


Concur Expenseのおすすめポイント
  • デジタルデータ活用による高度な請求書受取業務
  • ガバナンス強化を促進する経費精算システム
  • いつどこにいても経費精算業務を行うことが可能

Concur Expenseは、デジタルデータ活用による高度な請求書受取が可能な経費精算システムです。

Concur Expenseの導入によって、請求書の自動受領およびデータ入力が可能となり、手作業による入力ミスを削減します。そのため、経費処理の速度と精度が向上し、経理部門の効率がアップするでしょう。

以上より、請求書や領収書が多い製造業や小売業の会社は、Concur Expenseの導入がおすすめです。

Concur Expense

株式会社コンカー


経費精算システムの一覧比較表に戻る

J’sNAVI NEO

J’sNAVI NEO
料金 基本利用料
3万円~/月
※ユーザー数:~50名の場合
オプション利用料:お問い合わせ
機能 スマホアプリ対応
クレジットカード連携
交通費精算・ICカード連携
チケット手配
勘定科目の自動仕分け
連携できる
会計ソフト
勘定奉行
財務大将
OBIC7
SMILE
など
電子帳簿保存法への対応
※出典:J’sNAVI NEO公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


J’sNAVI NEOのおすすめポイント
  • 申請・承認から出張手配に至るまで対応できる
  • 法人割引価格でチケット手配可能な経費精算システム
  • カスタマイズ性が高く社内規定に合わせやすい

J’sNAVI NEOは、申請・承認から出張手配に至るまで対応できる経費精算システムです。

J’sNAVI NEOの導入によって、統合された情報管理が可能となります。そのため、出張関連のコミュニケーションや調整の手間が減少するでしょう。

以上より、コンサルティングファームや国際ビジネスを展開している頻繁に出張が発生する企業は、J’sNAVI NEOの導入がおすすめです。

J’s NAVI NEO

株式会社JTBビジネストラベルソリューションズ


経費精算システムの一覧比較表に戻る

ジョブカン経費精算

ジョブカン経費精算
料金 初期費用・サポート費用:無料
経費精算・ワークフローセットプラン:
400円/月
大規模(500名目安)の企業:お問い合わせ
機能 スマホアプリ対応
クレジットカード連携
交通費精算・ICカード連携
代理申請・承認
外国語表示
連携できる
会計ソフト
電子帳簿保存法への対応
※出典:ジョブカン経費精算公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


ジョブカン経費精算のおすすめポイント
  • シンプルで使いやすいデザイン
  • 業界最安クラスの経費精算システム
  • 承認が必要な申請があるとメールやチャットで通知が届く

ジョブカン経費精算は、シンプルで使いやすいデザインの経費精算システムです。

ジョブカン経費精算の導入によって、ユーザーは迅速かつ容易に操作を学ぶことができます。そのため、他の製品と比較して、早い段階で効果が出やすいでしょう。

以上より、限られたリソースを効率的に活用することが求められる中小企業やスタートアップは、ジョブカン経費精算の導入がおすすめです。

ジョブカン経費精算

株式会社DONUTS


経費精算システムの一覧比較表に戻る

TOKIUM経費精算

TOKIUM経費精算
料金 初期費用:お問い合わせ
基本利用料:1万円~/月
領収書の件数に基づく従量課金制
機能 汎用ワークフロー
スマホアプリ対応
交通費精算・ICカード連携
出張費・旅費精算
サポートチャット
連携できる
会計ソフト
勘定奉行
SuperStream-NX
freee
弥生会計
など
電子帳簿保存法への対応
※出典:TOKIUM経費精算公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


TOKIUM経費精算のおすすめポイント
  • データ化の精度が99%以上
  • サポート窓口は経理だけでなく全社員が利用可能
  • ISMS認証やPマークを取得している経費精算システム

TOKIUM経費精算は、データ化の精度が99%以上の経費精算システムです。

TOKIUM経費精算の導入によって、誤りによる再処理や修正の必要性が減少します。そのため、最終的な決算報告や税務申告において正確なデータを提供できるため、コンプライアンスリスクが軽減するでしょう。

以上より、データの正確性が特に重要視される金融業界や医療業界などの企業は、TOKIUM経費精算の導入がおすすめです。

TOKIUM経費精算

株式会社TOKIUM


経費精算システムの一覧比較表に戻る

マネーフォワードクラウド経費

マネーフォワードクラウド経費
料金 基本料金:お問い合わせ
人数などによる従量課金制
※50名以下の場合
初期費用+月額料金:お問い合わせ
※51名以上の場合
機能 汎用ワークフロー
スマホアプリ対応
クレジットカード連携
交通費精算・ICカード連携
日当計算
連携できる
会計ソフト
マネーフォワード クラウド会計
など
電子帳簿保存法への対応
※出典:マネーフォワードクラウド経費公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


マネーフォワードクラウド経費のおすすめポイント
  • 従業員への支払い、経理処理まで一気通貫で効率化
  • スマホアプリやWebで申請・承認が完結
  • マネーフォワード ビジネスカードと併用で立替精算も不要に

マネーフォワードクラウド経費は、従業員への支払い、経理処理まで一気通貫で効率化する経費精算システムです。

マネーフォワードクラウド経費の導入によって、経費管理のプロセスが一元化され、情報の透明性が向上します。そのため、経費関連のワークフロー全体がスムーズになり、全社的な生産性の向上が期待できるでしょう。

以上より、従業員への迅速な支払いと正確な経理処理が求められる企業には、マネーフォワードクラウド経費の導入がおすすめです。

マネーフォワード クラウド経費

株式会社マネーフォワード


経費精算システムの一覧比較表に戻る

HRMOS経費

HRMOS経費
料金 初期費用:無料
月額料金:29,000円~
※利用者数による
機能 スマホアプリ対応
クレジットカード連携
交通費精算・ICカード連携
出張費・旅費精算
AI-OCR
連携できる
会計ソフト
勘定奉行
OBIC
SMILE
弥生会計
など
電子帳簿保存法への対応
※出典:HRMOS経費公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


HRMOS経費のおすすめポイント
  • 企業の成長や、社会の変化に柔軟に対応できる設計
  • 必要な機能の多くを追加料金なしで利用可能
  • 経費精算システム初心者でも安心のフルサポート

HRMOS経費は、企業の成長や、社会の変化に柔軟に対応できる設計の経費精算システムです。

HRMOS経費なら、将来的な拡張や調整を行いやすいです。そのため、長期的に見て経済的なコストを削減し、ビジネスの機会を最大化するでしょう。

以上より、変化のペースが速く、柔軟性が重要なスタートアップや拡大を続ける中規模企業は、HRMOS経費の導入がおすすめです。

HRMOS(ハーモス)経費

イージーソフト株式会社



経費精算システムの一覧比較表に戻る

freee支出管理 経費精算Plus

freee支出管理 経費精算Plus
料金 従量課金制
詳細はお問い合わせ
機能 スマホアプリ対応
給与情報の連携
勘定科目の自動仕分け
カード上限の設定
インボイス制度対応
連携できる
会計ソフト
freee会計
など
電子帳簿保存法への対応
※出典:freee支出管理 経費精算Plus公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


freee支出管理 経費精算Plusのおすすめポイント
  • 料金は使った分だけの従量制
  • 意図しない支払を予防する業務を構築
  • 入力作業を極力ゼロに

freee支出管理 経費精算Plusは、料金は使った分だけの従量制の経費精算システムです。

freee支出管理 経費精算Plusの導入によって、企業は実際の使用量に応じたコストのみを支払うことができ、無駄な出費を抑えられます。そのため、利用規模が小さい企業や季節性の変動が大きい業種では、経済的な負担が軽減されるでしょう。

以上より、季節によるビジネスの波がある観光業や小売業など、変動が激しい業種の企業は、freee支出管理 経費精算Plusの導入がおすすめです。

freee支出管理 経費精算Plus

freee株式会社


経費精算システムの一覧比較表に戻る

バクラク

バクラク経費精算
料金 月額:20,000円~
機能 スマホアプリ対応
交通費精算・ICカード連携
代理申請・承認
二重申請の自動検出
勘定科目の自動仕分け
連携できる
会計ソフト
電子帳簿保存法への対応
※出典:バクラク経費精算公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


バクラク経費精算のおすすめポイント
  • ミスを防止して差し戻し数を削減可能
  • アプリやチャットツールからなめらかに承認が可能
  • スマホアプリから、複数枚の領収書を自動で読み取り、一括アップロードできる

バクラク経費精算は、ミスを防止して差し戻し数を削減可能な経費精算システムです。

バクラク経費精算の導入によって、経費申請の精度が向上し、承認プロセスがスムーズに進行します。そのため、経理部門の作業負担が軽減され、全体的な業務の効率が向上するでしょう。

以上より、経費申請の数が多く、申請の精度を高めたい企業には、バクラク経費精算の導入がおすすめです。

バクラク経費精算

株式会社LayerX


経費精算システムの一覧比較表に戻る

Staple

Staple
料金 月額:600円~
※1ユーザーの場合
機能 スマホアプリ対応
クレジットカード連携
交通費精算・ICカード連携
専用クレジットカード
予算管理機能
連携できる
会計ソフト
電子帳簿保存法への対応
※出典:Staple公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


Stapleのおすすめポイント
  • 国内初の経費精算サービスと一体型法人プリペイドカード
  • 会社の支出をリアルタイムで追跡可能な経費精算システム
  • データをエクスポートして、あっという間に経費報告書を作成

Stapleは、国内初の経費精算サービスと一体型法人プリペイドカードを持った経費精算システムです。

Stapleの導入によって、経費の支払いと記録が一元化され、管理が簡易化されます。そのため、即時処理と透明性の向上が期待できるでしょう。

以上より、経費の迅速かつ正確な管理が求められる多くの出張やイベントを扱う企業には、Stapleの導入がおすすめです。

経費精算システムの一覧比較表に戻る

MOT経費精算

MOT経費精算の基本情報
料金 20IDプラン
初期費用:30,000
月額料金:3,980
機能 汎用ワークフロー
クレジットカード連携
交通費精算・ICカード連携・「駅すぱあと」連携
出張費・旅費精算
交際費精算
チャット承認
MOT/Phoneアプリ連携
連携できる会計ソフト 勘定奉行
弥生会計
財務大将
など
電子帳簿保存法への対応
※出典:MOT経費精算公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


MOT経費精算のおすすめポイント
  • チャットで各申請を通知し、チャット内で決裁・差し戻しなど対応可能
  • テレワークや出先でも経費の申請や決済業務が可能
  • 20IDまで定額で社員の増加が見込まれるスタートアップに最適な経費精算システム

MOT経費精算は、チャットで各申請を通知し、チャット内で決裁・差し戻しなど対応可能な経費精算システムです。

MOT経費精算の導入によって、チャットにて申請を通知し、ログインなど手間なしでチャット内で決裁作業が可能なため、経費精算の承認・決裁が滞ることが少なくなるでしょう。

以上より、営業など外出機会が多い会社は、MOT経費精算の導入を検討してみてください。

MOT経費精算の公式サイトはこちら

ジュガール経費精算

ジュガール経費精算の基本情報
料金 基本プラン
300円/人
機能 汎用ワークフロー
クレジットカード連携
スマホアプリ対応
出張費・旅費精算
交通費精算・ICカード連携
LINE WORKS/Microsoft Teams連携
連携できる会計ソフト CSV出力により、会計freeeはじめ、あらゆる会計ソフトと連携可能
電子帳簿保存法への対応
※出典:ジュガール経費精算公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


ジュガール経費精算のおすすめポイント
  • AIとIT技術を活用し、入力作業やチェック、残高管理の労力を削減
  • 審査から支払い実行、会計処理に至るまでの全プロセスを包括的にサポート
  • 経理担当者の確認を組み込むことで、経費精算や支払依頼の業務フローを最適化

ジュガール経費精算は、AIとIT技術を活用して入力作業やチェック、残高管理を最適化し、全プロセスをサポートすることで業務の負担を軽減する経費精算システムです。

ジュガール経費精算の導入によって、経費精算業務や請求書処理業務をAIとIT技術を活用して最適化し、労力を削減できるでしょう。

以上より、領収書や請求書処理のある中小~大企業は、ジュガール経費精算の導入を検討してみてください。

ジュガール経費精算の公式サイトはこちら

以上が、中小企業におすすめの経費精算システムです。次章では、大企業におすすめの経費精算システム6選を紹介します。

大企業におすすめの経費精算システム6選を比較

大企業におすすめの経費精算システム6選を比較 本章では大企業におすすめの経費精算システムの詳しい情報を紹介します。料金や機能だけでなく、具体的にどんな企業におすすめかも解説しているので、ぜひ参考にしてください。

Spendia

Spendia
料金 お問い合わせ
機能 汎用ワークフロー
スマホアプリ対応
インボイス制度対応
自動仕分け機能
連携できる
会計ソフト
電子帳簿保存法への対応
※出典:Spendia公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


Spendiaのおすすめポイント
  • コマンド入力不要で簡単にカスタマイズ
  • スマートフォンでも簡単操作できる経費精算システム
  • 複雑な規定や承認プロセスに対応

Spendiaは、コマンド入力不要で簡単にカスタマイズ可能な経費精算システムです。

Spendiaの導入によって、技術的な知識が限られているユーザーでも直感的に操作ができるようになります。そのため、経費管理のデジタル化を迅速に推進し、組織全体の生産性を向上させるでしょう。

以上より、ITリソースが限られており、シンプルで直感的な操作が求められる企業には、Spendiaの導入がおすすめです。

Spendia

TIS株式会社


経費精算システムの一覧比較表に戻る

ジンジャー経費

ジンジャー経費
料金 初期費用:お問い合わせ
月額:300円~
機能 汎用ワークフロー
クレジットカード連携
交通費精算・ICカード連携
AI-OCR
インボイス制度対応
連携できる
会計ソフト
電子帳簿保存法への対応
※出典:ジンジャー経費公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


ジンジャー経費のおすすめポイント
  • サービス間の情報連携をスムーズにして、人事労務全体を効率化
  • 誰にでも使いやすい簡単操作
  • 安心サポートで導入も簡単な経費精算システム

ジンジャー経費は、サービス間の情報連携をスムーズにして、人事労務全体を効率化する経費精算システムです。

ジンジャー経費の導入によって、異なる部署やプラットフォーム間でのデータの一貫性が保たれ、情報の正確性が向上します。そのため、人事労務全体の効率化が実現し、経営資源の割り当てが最適化されるでしょう。

以上より、異なる部署が多く連携が必要な企業や多拠点を持つ大企業には、ジンジャー経費の導入がおすすめです。

ジンジャー経費

jinjer株式会社


経費精算システムの一覧比較表に戻る

皆伝!ワークフロー

皆伝!ワークフロー
料金 お問い合わせ
機能 クレジットカード連携
交通費精算・ICカード連携
出張費・旅費精算
QRコード承認
代理申請・承認
連携できる
会計ソフト
電子帳簿保存法への対応
※出典:皆伝!ワークフロー公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


皆伝!ワークフローのおすすめポイント
  • ローコード開発機能で自由にカスタマイズ可能
  • スマホで外出先から申請可能
  • 会計ソフトなどへの改修なしで導入できる

皆伝!ワークフローは、ローコード開発機能で自由にカスタマイズ可能な経費精算システムです。

皆伝!ワークフローの導入によって、企業は専門的なプログラミングスキルを必要とせずに、自由にカスタマイズできます。そのため、企業が特有のニーズに迅速に対応することが可能で、ビジネスの柔軟性が向上するでしょう。

以上より、変化の激しい業界に属する企業や、独自のビジネスプロセスを持つ企業には、皆伝!ワークフローの導入がおすすめです。

皆伝!ワークフロー

スミセイ情報システム株式会社(SLC)


経費精算システムの一覧比較表に戻る

Traveler’sWAN SaaS

Traveler’sWAN SaaS
料金 初期費用:400,000円~
月額:10,000円~
※SaaS型の場合
初期費用:1,650,000円~
※オンプレミス型の場合
機能 スマホアプリ対応
クレジットカード連携
交通費精算・ICカード連携
インボイス制度対応
事前申請
外貨精算
連携できる
会計ソフト
電子帳簿保存法への対応
※出典:Traveler’sWAN SaaS公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


Traveler’sWAN SaaSのおすすめポイント
  • 旅費精算・経費精算を専用として誕生した日本企業向け国産パッケージ
  • 提携旅行代理店を通じた手配やコーポレートカードとの連携により、不正請求防止
  • スマートデバイス/モバイル端末にも対応している経費精算システム

Traveler’sWAN SaaSは、旅費精算・経費精算を専用として誕生した日本企業向け国産パッケージの経費精算システムです。

Traveler’sWAN SaaSは、日本企業特有の複雑な規定や法令に精通しており、国内の経営環境に合わせて開発されています。そのため、法令遵守のリスクを最小限に抑えながら、経費精算の処理速度と精度を向上させることが可能です。

以上より、中小企業から大企業までの幅広い日本の企業には、Traveler’sWAN SaaSの導入がおすすめです。

Traveler’sWAN SaaS

株式会社日立システムズ


経費精算システムの一覧比較表に戻る

チムスピ経費

チムスピ経費
料金 お問い合わせ
機能 アラート機能
タイムスタンプ
人事システム連携
連携できる
会計ソフト
電子帳簿保存法への対応
※出典:チムスピ経費公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


チムスピ経費のおすすめポイント
  • 自社の経費利用状況を分析して支出の適正化を促進
  • 申請種別毎に柔軟なカスタマイズが可能
  • 毎日の経費精算入力を楽にするための工夫が盛り込まれてい

チムスピ経費は、自社の経費利用状況を分析して支出の適正化を促進する経費精算システムです。

チムスピ経費の導入によって、支出パターンを分析し、無駄な支出を削減するためのデータが提供されます。そのため、経費管理の透明性が高まり、より戦略的な財務意思決定が可能となるでしょう。

以上より、経費が高額になりがちな製造業や、複数プロジェクトを管理する建設業などの企業には、チムスピ経費の導入がおすすめです。

チムスピ経費

株式会社チームスピリット


経費精算システムの一覧比較表に戻る

Ci*X Expense

Ci*X Expense
料金 月額:200,000円~
※クラウド型の場合
ライセンス料:1,500,000円
年間保守料:100,000円
※オンプレミス型
機能 スマホアプリ対応
交通費精算・ICカード連携
アラート機能
豊富な休日設定
連携できる
会計ソフト
電子帳簿保存法への対応
※出典:Ci*X Expense公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


Ci*X Expenseのおすすめポイント
  • グループ経営での利用を前提としたエンタープライズ向け経費精算システム
  • 直感的に使用できるUX
  • 会社を横断する承認でも一括処理

Ci*X Expenseは、グループ経営での利用を前提としたエンタープライズ向け経費精算システムです。

Ci*X Expenseの導入によって、複数の子会社や関連会社間での経費データを一元管理し、経理プロセスを統合します。そのため、経費データの一元管理により、グループ全体の財務透明性が向上し、コストの削減と効率的な資源配分が可能となるでしょう。

以上より、複数の子会社や関連会社を持つ大規模企業や多国籍企業には、Ci*X Expenseの導入がおすすめです。

以上が大企業におすすめの経費精算システムです。次章では、交通費や旅費の精算に特化した経費精算システム4選を紹介します。

Ci*X Expense

株式会社電通総研


経費精算システムの一覧比較表に戻る

交通費や旅費の精算に特化したおすすめの経費精算システム4選を比較

交通費や旅費の精算に特化したおすすめの経費精算システム4選を比較 本章では交通費や旅費の精算に特化した経費精算システムの詳しい情報を紹介します。

WAVE225旅費・経費精算/稟議

WAVE225旅費・経費精算/稟議
料金 月額:1,000円~
※200円×5名
機能 交通費精算・ICカード連携
勤怠管理機能
ガソリン代の算出
連携できる
会計ソフト
電子帳簿保存法への対応
※出典:WAVE225旅費・経費精算/稟議公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


WAVE225旅費・経費精算/稟議のおすすめポイント
  • 旅費精算が得意な経費精算システム
  • 社内規程や業務にあわせて、 カスタマイズ・機能拡張できる
  • ライセンス型とクラウド型2種類の提供形態

WAVE225旅費・経費精算/稟議は、旅費精算が得意な経費精算システムです。

WAVE225旅費・経費精算/稟議の導入によって、出張に関連する費用の精算プロセスを特化しており、多種多様な出張費用に対応できるようになります。そのため、出張経費の精算時間が短縮され、効率化が図られるでしょう。

以上より、頻繁に出張を行う企業、特にコンサルティングファームや国際的な商取引を行う企業には、WAVE225旅費・経費精算/稟議の導入がおすすめです。

WAVE225旅費・経費精算/稟議

株式会社NTTデータ ウェーブ


経費精算システムの一覧比較表に戻る

kincone

kincone
料金 基本利用料:お問い合わせ
月額:200円~
※利用者数による
機能 スマホアプリ対応
交通費精算・ICカード連携
インボイス制度対応
軽減税率の設定
連携できる
会計ソフト
kintone
コラボフロー
など
電子帳簿保存法への対応
※出典:kincone公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


kinconeのおすすめポイント
  • 1ユーザー200円から導入可能
  • ICカードを端末にタッチするだけで交通費も同時に読み取り
  • 様々な外部サービスと連携可能

kinconeは、1ユーザー200円から導入可能な経費精算システムです。

kinconeの導入によって、コストを最小限に抑えつつ、効率的な経費管理ツールを利用することができます。そのため、初期投資の圧縮と運用コストの削減が可能となり、企業全体のコストパフォーマンスが向上するでしょう。

以上より、新設のスタートアップや、予算に制約がある中小企業には、kinconeの導入がおすすめです。

経費精算システムの一覧比較表に戻る

ネクストICカード

ネクストICカード
料金 月額:300円~
※1ユーザーあたり
機能 スマホアプリ対応
クレジットカード連携
交通費精算・ICカード連携
出張費・旅費精算
チケット手配
連携できる
会計ソフト
電子帳簿保存法への対応
※出典:ネクストICカード公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


ネクストICカードのおすすめポイント
  • ICカードを利用した経費精算に強い
  • 見やすく使いやすい経費精算システム
  • 専任コンサルタントが無料サポート

ネクストICカードは、ICカードを利用した経費精算に強い経費精算システムです。

ネクストICカードの導入によって、従業員が経費を簡単にかつリアルタイムで記録できるようになります。そのため、経費の記録と精算の自動化により、データの正確性が向上し、経理部門の効率がアップするでしょう。

以上より、頻繁に外出や出張が必要な企業、公共交通機関の利用が多い企業には、ネクストICカードの導入がおすすめです。

経費精算システムの一覧比較表に戻る

rakumoケイヒ

rakumoケイヒ
料金 お問い合わせ
機能 スマホアプリ対応
クレジットカード連携
交通費精算・ICカード連携
インボイス制度対応
連携できる
会計ソフト
電子帳簿保存法への対応
※出典:rakumoケイヒ公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


rakumoケイヒのおすすめポイント
  • 自社のルールに沿った費目や勘定科目を自由に設定
  • マニュアル不要で直感的に使える画面インターフェイス
  • Google Workspace と連携していることで、メンテナンス工数を大幅削減

rakumoケイヒは、自社のルールに沿った費目や勘定科目を自由に設定できる経費精算システムです。

rakumoケイヒの導入によって、企業の特定の会計基準やポリシーに対応するカスタマイズが可能となります。そのため、会計処理の精度が向上し、財務報告の正確性が保たれるでしょう。

以上より、独自の会計基準や複雑な財務ポリシーを持つ大企業や、特定業界に特化した企業には、rakumoケイヒの導入がおすすめです。

経費精算システムの一覧比較表に戻る

まとめ

まとめ 当記事では、そもそも経費精算システムとは何かから基本的な機能、経費精算システムの比較ポイントおすすめの経費精算システムまで、幅広く解説してきました。

経費精算システムは正しく比較し、自社に適切な製品を選べれば、経費精算業務だけでなく、経理業務、バックオフィス業務全体の効率を向上させることができます。

しかし、自社に合わない経費精算システムを導入してしまうと、経費精算業務が導入前より煩雑になり、逆にバックオフィス業務全体の効率が落ちてしまう可能性もあるでしょう。

当記事を読んで、自社におすすめの経費精算システムを正しく比較して選べるようにしてください。

最後に現在資料請求が可能な、経費精算システム一覧を紹介します。

資料請求可能な経費精算システム一覧

Ci*X Expense

株式会社電通総研


ジンジャー経費

jinjer株式会社


楽楽精算

株式会社ラクス


皆伝!ワークフロー

スミセイ情報システム株式会社(SLC)


WAVE225旅費・経費精算/稟議

株式会社NTTデータ ウェーブ


HRMOS(ハーモス)経費

イージーソフト株式会社


バクラク経費精算

株式会社LayerX


おまかせ はたラクサポート

東日本電信電話 株式会社


Traveler’sWAN SaaS

株式会社日立システムズ


TOKIUM経費精算

株式会社TOKIUM


ジョブカン経費精算

株式会社DONUTS


マネーフォワード クラウド経費

株式会社マネーフォワード


チムスピ経費

株式会社チームスピリット


Concur Expense

株式会社コンカー


J’s NAVI NEO

株式会社JTBビジネストラベルソリューションズ


freee支出管理 経費精算Plus

freee株式会社


Spendia

TIS株式会社



この記事を書いた人
株式会社EXIDEA (HonNe編集部)
HonNeをはじめとした生活インフラ・重要購入品に関するメディアを運営する株式会社EXIDEA(HonNe編集部)が執筆をしています。HonNe編集部では、生活や仕事に関わる製品サービスを日々研究・利用し、本音でレビューしたコンテンツと比較ランキング・おすすめ品を紹介しています。