当ページに含まれる広告と商品評価について
当ページには広告リンクが含まれており、当ページを経由して商品・サービスの申込みがあった場合、提携している各掲載企業から広告報酬を受け取ることがあります。ただし、当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無に一切関わらず、コンテンツポリシーに基づき、当サイト独自の調査と実際に使用したレビューをもとに掲載しております。当サイトで得た収益は、皆様により役立つコンテンツを提供するために、品質向上等に還元しております。
おすすめのBIツールを比較!機能や料金、選び方を徹底解説

BIツールのおすすめ15製品を比較!機能や料金、選び方を徹底解説【2024年7月最新】


当記事では、編集部がおすすめするBIツール15製品を比較して紹介します。

また、機能、価格、サポート体制などを一括で比較できる、おすすめのBIツール15製品の一覧比較表を作成しました。これを見れば自社に合うであろう製品を簡単に絞り込めるでしょう。

おすすめのBIツールの一覧比較表を見る

また、記事内では、BIツールの主な機能BIツールの選び方・比較ポイントについても解説しています。ぜひ最後までご覧ください。

無料で一括請求 BIツールの資料をまとめて請求する

当記事で比較するBIツール15製品
  • Tableau
  • Domo
  • Yellowfin
  • MotionBoard Cloud
  • Microsoft Power BI
  • Srush
  • FineReport
  • 軽技Web
  • Qlik Sense
  • LaKeel BI
  • MicroStrategy
  • Looker Studio
  • Actionista!
  • TEAL BI
  • Data Knowledge

目次

BIツール(データ分析ツール)とは?基本情報を解説

BIツール(データ分析ツール)とは?基本情報を解説 BIツールとは、企業に蓄積された膨大なデータを収集・分析し、分かりやすい形に変換するツールです。

BIツールは、売上データや顧客情報、Webサイトのアクセス状況など、様々なデータをグラフや表で可視化し、現状把握や課題発見をサポートします。

またBIツールを使うと、データを一元管理できるため、情報の散在を防げます。これにより、経営層から現場担当者まで、誰もがデータに基づいた判断が可能となります。

例えばBIツール導入により、売れ筋商品の特定、顧客ターゲティングの最適化、広告効果測定などが容易になり、企業の成長戦略を後押しするでしょう。

BIツールの導入形態には、導入コストを抑え手軽に利用できるクラウド型と、セキュリティレベルの高いオンプレミス型があります。どちらのBIツールにするかは、企業の規模やニーズに合わせて選択可能です。

BIツールは、一部の専門家だけが使うツールではなく、企業の競争力を高めるための必須ツールになりつつあります。

BIツールの主な機能

BIツールの主な機能 本章では、実際にBIツールに搭載される基本的な機能を紹介します。以下で、BIツールの代表的な4つの機能を確認しましょう。

レポーティング・ダッシュボード機能

BIツールのレポーティング・ダッシュボード機能は、企業内に蓄積された膨大なデータを視覚的に理解しやすい形で表示する機能です。

従来、手作業で行っていたデータ集計や分析もBIツールのレポーティング・ダッシュボード機能により自動化されるため、業務効率の改善が期待できるでしょう。

またBIツールにより、Webレポートや各種指標をリアルタイムで一覧表示できるため、経営状況や業務状況を常に把握できるようになります。

以上よりBIツールを導入すると、状況に応じた対応や意思決定を後押しし、データに基づいた課題の早期発見と解決にも貢献します。

OLAP(オンライン分析処理)機能

BIツールのOLAP(オンライン分析処理)機能は、データをリアルタイムかつ多次元的に分析する機能です。

OLAP機能の特徴として、スライシング、ドリルダウン、ドリルアップ、ドリルスローなどの高度な分析手法を用いて、データをさまざまな角度から掘り下げて分析できる点があります。

例えばBIツールを使って売上データを分析する際、日付、地域、商品カテゴリ、顧客属性など、複数の軸でデータを切り分け、詳細な分析が可能です。これにより、特定の時間帯や地域における売上パフォーマンスの差異や、顧客層ごとの購買行動を把握できます。

BIツールのOLAP機能は、データの因果関係を多角的に捉えやすく、ビジネス戦略の策定やマーケティング施策の改善に役立つ情報を抽出できます。

データマイニング機能

BIツールのデータマイニング機能は、統計学やAIを活用し、データに潜む規則性やパターンを明らかにする機能です。

例えば、クロス分析によるアンケート結果の多角的な比較、相関分析による2つのデータ間の関係性の数値化、回帰分析を用いた将来予測など、多岐にわたる分析がBIツールを使うことで可能です。

BIツールのデータマイニング機能を活用することで、顧客の購買傾向や市場トレンドを深く理解し、マーケティング施策や経営戦略の最適化に繋げられるでしょう。

プランニング機能

BIツールのプランニング機能は、過去の実績データを分析し、数値シミュレーションによって将来の予算計画や経営戦略の策定を支援する機能です。

BIツールのプランニング機能を活用することで、データに基づいた客観的な計画立案が可能になり、企業の意思決定プロセスを改善できます。

BIツールの基本的な機能がわかったところで、次章ではこれらの機能があることによるBIツールのメリットを詳細に確認してきます。

データ分析ツールを導入するメリットを紹介

データ分析ツールを導入するメリットを紹介 BIツール(データ分析ツール)の導入は、企業のデータ活用を飛躍的に向上させ、多くのメリットをもたらします。以下に、BIツールを導入する主なメリットを紹介します。

スキルがない人でも容易にデータ分析が可能

BIツールの大きなメリットの1つは、専門知識やスキルがない人でも、簡単にデータ分析を行える点です。

BIツールなら、直感的な操作性と分かりやすいユーザーインターフェースにより、データ分析に不慣れなユーザーでも、必要な情報を抽出し、簡単に分析できます。

またBIツールでは、売上データや在庫情報など、日常的に扱うデータを視覚的に分かりやすいグラフや表で表示するため、誰もが分析結果を理解しやすいでしょう。

BIツールを導入することで、データアナリストなどの専門家に頼ることなく、社内での高度な分析やレポーティングをサポートします。

データの集計・分析業務の効率化による時間・コストの削減

2つ目のBIツール導入のメリットは、データの集計・分析業務を効率化し、時間とコストを削減できる点です。

従来の手作業によるデータ処理は膨大な時間を要していましたが、BIツールを活用することで、データの収集から分析、レポート作成までを自動化できます。これにより、業務時間を短縮し、より付加価値の高い業務に注力できるでしょう。

また、BIツールの優れたデータ処理能力は、資料作成の工数削減にも効果的です。BIツールを使えば、手動でのデータ整理や図表作成が不要になるため、社員の生産性向上と業務効率の改善に貢献するでしょう。

データに基づいた意思決定を支援

BIツールの導入は、企業のデータに基づいた意思プロセスを支援します。

BIツールを活用し、膨大なデータを統合してリアルタイムで可視化することで、経営者や担当者は自社の現状を正確に把握可能です。また、BIツールのダッシュボード機能を通じて部門ごとの業績やKPIを一目で確認できるため、データに基づいた意思決定をサポートします。

以上よりBIツールを導入することで、感覚や主観に基づいた意思決定ではなく、根拠のある判断を下せるでしょう。

以上、BIツールの3つの導入メリットでした。

なお、BIツールの導入にあたっては、メリットだけでなくデメリットの把握もしておくことが重要です。デメリットを理解せずに導入するとBIツール導入にかかる費用やリソースが無駄になってしまうリスクがあります。

次章では、BIツールを導入する際に注意したい点・デメリットを解説します。

BIツールを導入する際の注意点

BIツールを導入する際の注意点 BIツールの導入にあたっては、明確な目的設定、事前のデータ整理、運営体制の整備など、さまざまな観点から準備を進める必要があります。

以下に、BIツールを導入する際の主な注意点を紹介します。

導入目的を明確にしておく

まずは、BIツールの導入目的を明確にしておく必要があります。「なぜBIツールを導入するのか」という目的を社内で共有するとよいでしょう。

具体的には、業務効率の向上、データの一元管理、状況に応じた経営判断の実現など、自社のニーズや目標に応じた明確なBIツール導入の目的設定が必要です。適切な機能を備えたBIツールを選定することで、より効果的な運用が実現できるでしょう。

また、BIツールの導入目的を関係者全員で共有することで、運用開始後のスムーズな活用にも繋がります。目的が不明確なままだと、導入したBIツールが十分に活用されない事態を招きかねません。

事前にデータの整理が必要

続いて解説するBIツール導入の注意点・デメリットは、データの重複排除やフォーマットの統一など、事前に必要なデータの整理をしておく必要があることです。

準備が不十分な場合、BIツールは十分に機能せず、正確な分析結果が得られなかったり、期待通りのグラフやレポートが表示されないといった問題が発生する可能性もあります。

特に営業データなどは複雑になりがちなので、SFAやCRMを活用して日頃からデータを蓄積しておくことで、BIツール導入前のデータ整理や導入後の分析がスムーズになるのでおすすめです。

導入後の運用体制の整備をしておく

BIツール導入後は、運用体制の整備も必要になります。

まず、BIツール使用者がスムーズに使いこなせるよう、操作性を事前に確認しましょう。無料トライアルを活用し、システム部門やデータに詳しいメンバーにBIツールを試用してもらうのもおすすめです。

また、BIツールを使ったデータ分析を自社で行うのか、専門部署を設置するのか、コンサルタントに依頼するのかといったBIツールの運用方針を事前に明確にしておくことも重要になります。

BIツールベンダーのサポートも視野に入れつつ、社員教育の期間を設けるなど、段階的にBIツールを導入することも効果的です。

これらの点に注意してBIツールの導入を進めましょう。次章では、具体的なBIツール選定時の選び方・比較ポイントを解説します。

導入に失敗しないためのBIツールの選び方・比較ポイントを解説

導入に失敗しないためのBIツールの選び方・比較ポイントを解説 適切なBIツールを選定しなければ、期待した効果を得られず、失敗に終わるリスクも伴います。

そこで本章では、導入に失敗しないために、BIツールの選び方・比較ポイントを詳しく解説します。

解決したい課題に合った機能を持っているか

最初に、解決したい課題に適した機能を備えているBIツールか確認が必要です。

BIツールの導入で、データの可視化を重視するのか、データ分析や予測を重視するのかによって、必要となる機能は異なります。BIツール導入前に自社のニーズを明確にし、機能面だけでなく、ユーザビリティや導入コストなども含めて総合的に比較検討しましょう。

専門知識がなくても活用できるか

専門知識がなくても活用できるBIツールかどうかの比較も、重要な選び方の1つです。

データ分析は、今やビジネスの現場で欠かせないスキルとなりつつあります。ITに詳しくない社員でも、直感的に操作できるBIツールを選べば、ビジネスの意思決定に役立つ情報を引き出し、次のアクションにつなげられます。

一方で、自社の状況に合わせてデータ処理や分析を細かくカスタマイズしたい場合は、ある程度の専門知識が必要なBIツールがおすすめです。

Excelや自社の既存システムとスムーズに連携できるか

BIツール導入にあたって、Excelや自社の既存システムとスムーズに連携できるか、事前に確認しておくとよいでしょう。

多くの企業では、基幹システムや販売管理システムなどに蓄積されたデータのフォーマットが統一されておらず、そのままではBIツールで利用できないケースが少なくありません。

ETL(Extract Transform Load)ツールを使用してデータを適切な形式に変換し、データウェアハウス(DWH)に統合することが必要です。一部のBIツールには、ETLやDWH機能が組み込まれており、データ整備を効率化できます。

また、Excelでデータの集計や分析を行っている企業も多いため、BIツールとExcelとの連携も重要です。BIツールがExcelデータを直接インポートできる機能を備えている場合、既存のデータを活用した分析が容易になります。

初期費用・ランニングコストを確認する

BIツールの導入費用を比較検討する際は、初期費用だけでなく、ランニングコストを含めた総合的なコストを考慮することが重要です。

BIツールの初期費用には、ソフトウェアのライセンス料や導入支援費用、場合によってはハードウェアの購入費用が必要です。一方、BIツールのランニングコストにはソフトウェアの保守料やクラウド利用料、運用に必要な人件費などが発生します。

また、初期費用が安くてもランニングコストが高額になるBIツールや、ライセンス体系によっては、ユーザー数や利用データ量に応じて費用が変動するBIツールもあるため注意しましょう。

サポート体制が充実しているか

BIツールベンダーによるサポート体制が充実していれば、データ移行やシステム設定、操作方法などの疑問点を解消できるだけではなく、不具合やエラー発生時にも対応を任せられます。

定期的なメンテナンス、オンラインの技術サポート、24時間対応のヘルプデスクの有無など、各BIツールのサポート体制を比較しておきましょう。

また、BIツールに関するFAQやチュートリアル、ウェビナーなどの学習コンテンツが充実しているかどうかも重要なポイントです。これらのコンテンツを活用することで、ユーザー自身で疑問点を解決し、BIツールの活用スキルを向上できるでしょう。

無料トライアルの有無を確認する

無料トライアルがあれば、実際にBIツールを使用し、自社のデータを取り込んで操作性や機能、パフォーマンスを事前に検証できます。社内から率直な意見を集めることで、BIツール導入後のスムーズな運用に繋がるでしょう。

また、資料請求を通じてBIツールの詳細を把握することや、製品のユーザーレビューを参考にするのもおすすめです。十分な情報収集を行った上で、自社に最適なBIツールを選択しましょう。

【2024年7月最新】おすすめのBIツール15製品の比較一覧表

おすすめのBIツールの比較一覧表 本章では、当サイトがおすすめするBIツール15製品の一覧比較表を掲載します。

この比較表では、導入形態、月額料金、機能などを一括で比較できるため、時間のないBIツール選定担当者の方でも、迅速かつ簡単に自社に合う可能性の高いBIツールを絞り込むことができます。

自社に合いそうなBIツールを5~6つくらいまで絞り込み資料請求をして、営業担当の方に詳しい話を聞きながら選定することで、自社の業務を最適化できるBIツールを選べる可能性が高まるでしょう。

BIツール Tableau Domo Yellowfin MotionBoard Cloud Microsoft Power BI Srush FineReport 軽技Web Qlik Sense LaKeel BI MicroStrategy Looker Studio Actionista! TEAL BI Data Knowledge
資料請求リスト
に追加する
クラウド版

デスクトップ版
導入形態 クラウド型
オンプレミス型
クラウド型 クラウド型
オンプレミス型
クラウド型 クラウド型 クラウド型 オンプレミス型 オンプレミス型 クラウド型
オンプレミス型
クラウド型
オンプレミス型
クラウド型
オンプレミス型
クラウド型 オンプレミス型 クラウド型 オンプレミス型
初期費用 クラウド型
0円

オンプレミス型
問い合わせ
問い合わせ 問い合わせ 問い合わせ 問い合わせ 問い合わせ 1,980,000円~ 問い合わせ 問い合わせ 問い合わせ 無料 問い合わせ 新規契約時
無料

店舗追加/新規出店時
無料

店舗追加/既存店
無料
500,000円(1サーバー)
月額料金 Tableau Viewer
1,800円(年間契約)

Tableau Explorer
5,040円(年間契約)

Tableau Creator
9,000円(年間契約)
プリペイド
問い合わせ

エンタープライズ
問い合わせ

プライベート
問い合わせ
問い合わせ Entry Edition
15,000円(10ユーザー)

Standard Edition
30,000円(10ユーザー)

Professional Edition
90,000円(10ユーザー)
Power BI Pro
1,499円

Power BI Premium Per User
2,998円

Power BI Embedded
問い合わせ
問い合わせ 問い合わせ 問い合わせ 問い合わせ 問い合わせ 無料 問い合わせ 8,000円(1店舗当たり)
機能 レポーティング・
ダッシュボード機能
OLAP機能
データマイニング機能
レポーティング・
ダッシュボード機能
OLAP機能
データマイニング機能
レポーティング・
ダッシュボード機能
OLAP機能
データマイニング機能
レポーティング・
ダッシュボード機能
OLAP機能
レポーティング・
ダッシュボード機能
OLAP機能
データマイニング機能
プランニング機能
レポーティング・
ダッシュボード機能
データマイニング機能
レポーティング・
ダッシュボード機能
OLAP機能
レポーティング・
ダッシュボード機能
OLAP機能
レポーティング・
ダッシュボード機能
OLAP機能
データマイニング機能
プランニング機能
レポーティング・
ダッシュボード機能
OLAP機能
レポーティング・
ダッシュボード機能
OLAP機能
レポーティング・
ダッシュボード機能
OLAP機能
レポーティング・
ダッシュボード機能
OLAP機能
データマイニング機能
プランニング機能
レポーティング・
ダッシュボード機能
OLAP機能
レポーティング・
ダッシュボード機能
OLAP機能
サポート体制
無料トライアル 14日間 30日間 30日間 30日間 無料アカウント有 90日間 30日間 製品体験・無料セミナー有 30日間 1ヶ月間 30日間
詳細 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ

次章では、各BIツールについて、より具体的な情報を紹介していきます。気になっているBIツールについて、より詳細な情報を確認しましょう。

おすすめのBIツール15製品を徹底比較!機能や価格を紹介

おすすめのBIツールを徹底比較!機能や価格を紹介 本章では各BIツールの詳しい情報を紹介します。価格や機能だけでなく、具体的にどんな企業におすすめかも解説しているので、ぜひ参考にしてください。

Tableau

Tableau
導入形態 クラウド型またはオンプレミス型
初期費用 クラウド型:0円
オンプレミス型:問い合わせ
月額料金(税別) Tableau Viewer:1,800円(年間契約)
Tableau Explorerプラン:5,040円(年間契約)
Tableau Creatorプラン:9,000円(年間契約)
機能 レポーティング・ダッシュボード機能
OLAP(オンライン分析処理)機能
データマイニング機能
サポート体制
無料トライアル 14日間
※出典:Tableau公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


Tableauのおすすめポイント
  • 誰でも短期間で習得可能な操作性
  • 直感的に理解できるユーザー体験
  • 分析結果を迅速かつ簡単に共有可能なBIツール

Tableauは、誰でも短期間で習得可能な操作性がおすすめのBIツールです。

Tableauの導入によって、導入初期から迅速にデータ分析を始められ、即座にビジネスインサイトを得られるでしょう。

データ分析の専門知識が少ない中小企業や、素早く市場動向を把握して意思決定を行いたいスタートアップは、Tableauの導入を検討してみてください。

Tableau Desktop

株式会社セールスフォース・ジャパン


Tableau Server

株式会社セールスフォース・ジャパン


BIツールの一覧比較表に戻る

Domo

Domo
導入形態 クラウド型
初期費用
月額料金(税別) プリペイドプラン:問い合わせ
エンタープライズプラン:問い合わせ
プライベートプラン:問い合わせ
機能 レポーティング・ダッシュボード機能
OLAP(オンライン分析処理)機能
データマイニング機能
サポート体制
無料トライアル 30日間
※出典:Domo公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


Domoのおすすめポイント
  • 直感的なデータ可視化とレポーティング機能
  • 様々なデータソースからのデータ収集・統合するBIツール
  • リアルタイムでのデータ更新と異常検知

Domoは、直感的なデータ可視化とレポーティング機能が特徴のBIツールです。

Domoの導入によって、誰でも簡単にデータを視覚的に理解し、迅速にレポートを作成できるため、データに基づいた意思決定が促進されるでしょう。

データに基づく迅速な意思決定が求められる営業部門やマーケティング部門を持つ会社は、Domoの導入を検討してみてください。

Domo

ドーモ株式会社(代理店:NDIソリューションズ株式会社)


BIツールの一覧比較表に戻る

Yellowfin

Yellowfin
導入形態 クラウド型またはオンプレミス型
初期費用 問い合わせ
月額料金(税別) 問い合わせ
機能 レポーティング・ダッシュボード機能
OLAP(オンライン分析処理)機能
データマイニング機能
サポート体制
無料トライアル 30日間
※出典:Yellowfin公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


Yellowfinのおすすめポイント
  • ワンクリックで大量データをロボットが自動解析
  • 分析はレポートを、誰でも簡単に作成可能
  • 100%WEBベースのサーバー集中管理のBIツールだから、各PCへのインストールも不要

Yellowfinは、ワンクリックで大量データをロボットが自動解析できるBIツールです。

Yellowfinの導入によって、労力をかけずに大量のデータを短時間で解析でき、重要なインサイトを素早く得られるでしょう。

大量のデータを扱う必要がある製造業や小売業、特にデータ解析に時間をかけられない企業は、Yellowfinの導入を検討してみてください。

Yellowfin

Yellowfin Japan株式会社


BIツールの一覧比較表に戻る

MotionBoard Cloud

MotionBoard Cloud
導入形態 クラウド型
初期費用 問い合わせ
月額料金(税別) Entry Edition:15,000円(10ユーザー)
Standard Edition:30,000円(10ユーザー)
Professional Edition:90,000円(10ユーザー)
機能 レポーティング・ダッシュボード機能
OLAP(オンライン分析処理)機能
サポート体制
無料トライアル 30日間
※出典:MotionBoard Cloud公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


MotionBoard Cloudのおすすめポイント
  • リアルタイムな現場状況を即座にダッシュボードに反映
  • データベースやファイル、各種クラウドサービス等、社内の様々なデータと接続し分析可能
  • 豊富なグラフ表現から最適なダッシュボードの作成で、見やすくわかりやすいレポートを自動作成するBIツール

MotionBoard Cloudは、リアルタイムな現場状況を即座にダッシュボードに反映できるBIツールです。

MotionBoard Cloudの導入によって、現場の最新状況を即座に把握でき、迅速な意思決定と対応が可能になるでしょう。

リアルタイムでの状況把握が重要な物流業、製造業、そして在庫管理が重要な小売業の会社は、MotionBoard Cloudの導入を検討してみてください。

MotionBoard

ウイングアーク1st株式会社


BIツールの一覧比較表に戻る

Microsoft Power BI

Microsoft Power BI
導入形態 クラウド型
初期費用 問い合わせ
月額料金(税別) Power BI Pro:1,499円
Power BI Premium Per User:2,998円
Power BI Embedded:問い合わせ
機能 レポーティング・ダッシュボード機能
OLAP(オンライン分析処理)機能
データマイニング機能
プランニング機能
サポート体制
無料トライアル 無料アカウント有
※出典:Microsoft Power BI公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


Microsoft Power BIのおすすめポイント
  • ドラッグ&ドロップなどの直感的な操作でデータ分析と可視化が簡単に行える
  • AIを活用した自動分析機能が搭載したBIツール
  • Microsoft 365やExcel、PowerPointなどのMicrosoft製品と連携しやすい

Microsoft Power BIは、ドラッグ&ドロップなどの直感的な操作でデータ分析と可視化が簡単に行えるBIツールです。

Microsoft Power BIの導入によって、技術的な知識がなくても誰でも簡単にデータ分析を行い、ビジュアルにデータを理解できるでしょう。

ITリソースが限られている中小企業やデータ分析に専門知識を持たないスタッフが多い会社は、Microsoft Power BIの導入を検討してみてください。

Microsoft Power BI 導入支援サービス

イースト株式会社


BIツールの一覧比較表に戻る

Srush

Srush
導入形態 クラウド型
初期費用 問い合わせ
月額料金(税別) 問い合わせ
機能 レポーティング・ダッシュボード機能
データマイニング機能
サポート体制
無料トライアル
※出典:Srush公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


Srushのおすすめポイント
  • ノーコード・スキル不要で社内のデータを抽出/連携
  • SQL不要で大量データの統合・加工が可能なBIツール
  • クリックだけの簡単BI機能!ダッシュボードで社内共有が随時可能

Srushは、ノーコード・スキル不要で社内のデータを抽出/連携できるBIツールです。

Srushの導入によって、専門的なプログラミング知識が不要で、簡単にデータの抽出や連携ができるため、素早くデータドリブンな意思決定が行えるでしょう。

IT部門のリソースが限られている中小企業や、部門横断的にデータを活用したい会社は、Srushの導入を検討してみてください。

Srush

株式会社Srush


BIツールの一覧比較表に戻る

FineReport

FineReport
導入形態 オンプレミス型
初期費用 問い合わせ
月額料金(税別) 問い合わせ
機能 レポーティング・ダッシュボード機能
OLAP(オンライン分析処理)機能
サポート体制
無料トライアル 90日間
※出典:FineReport公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


FineReportのおすすめポイント
  • 70種類以上の独自開発グラフを使ったデータ可視化
  • Excel/CSV、データベース、Webサービスなど様々なデータソースからデータを取り込みが可能
  • IoT可視化(稼働監視、品質管理など)にも対応したBIツール

FineReportは、70種類以上の独自開発グラフを使ったデータ可視化できるBIツールです。

FineReportの導入によって、多様な視点からデータを視覚化できるため、深い洞察が得られやすく、データ分析の幅が広がるでしょう。

複雑なデータ分析が必要な金融機関や研究機関、データドリブンなマーケティングを行う会社は、FineReportの導入を検討してみてください。

FineReport

バリューテクノロジー株式会社


BIツールの一覧比較表に戻る

軽技Web

軽技Web
導入形態 オンプレミス型
初期費用 1,980,000円~
月額料金(税別)
機能 レポーティング・ダッシュボード機能
OLAP(オンライン分析処理)機能
サポート体制
無料トライアル
※出典:軽技Web公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


軽技Webのおすすめポイント
  • 誰でも使いこなせるシンプル設計
  • 現場BIツールユーザーが直接使えるデータ検索機能
  • 多彩なシステムと連動した情報活用

軽技Webは、誰でも使いこなせるシンプル設計な特徴のBIツールです。

軽技Webの導入によって、社員全員が簡単に使いこなせるため、全社的にデータ活用が進み、意思決定が加速するでしょう。

データ活用を推進したいが、専門知識を持つ人材が少ない中小企業や、新しいツールの導入に対するハードルが高い会社は、軽技Webの導入を検討してみてください。

軽技Web

富士電機ITソリューション株式会社


BIツールの一覧比較表に戻る

Qlik Sense

Qlik Sense
導入形態 クラウド型またはオンプレミス型
初期費用 問い合わせ
月額料金(税別) 問い合わせ
機能 レポーティング・ダッシュボード機能
OLAP(オンライン分析処理)機能
データマイニング機能
プランニング機能
サポート体制
無料トライアル 30日間
※出典:Qlik Sense公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


Qlik Senseのおすすめポイント
  • 連想技術による高度なデータ分析が可能
  • セルフサービスでの直感的な操作性
  • マルチデバイス対応のBIツール

Qlik Senseは、連想技術による高度なデータ分析が可能なBIツールです。

Qlik Senseの導入によって、複雑なデータの関連性を簡単に発見し、深いインサイトを得ることができるため、より精度の高い意思決定が可能になるでしょう。

高度なデータ分析が求められる製造業や金融業、データに基づいた戦略的な意思決定が必要な会社は、Qlik Senseの導入を検討してみてください。

Qlik Senseの公式サイトはこちら

BIツールの一覧比較表に戻る

LaKeel BI

LaKeel BI
導入形態 クラウド型またはオンプレミス型
初期費用 問い合わせ
月額料金(税別) 問い合わせ
機能 レポーティング・ダッシュボード機能
OLAP(オンライン分析処理)機能
サポート体制
無料トライアル 製品体験・無料セミナー有
※出典:LaKeel BI公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


LaKeel BIのおすすめポイント
  • データ集計から分析・レポート出力までしやすいオールインワンパッケージ
  • 日本のビジネスパーソンが使いこなしやすいインターフェース
  • 多数の企業が導入済みのBIツール

LaKeel BIは、データ集計から分析・レポート出力までしやすいオールインワンパッケージのBIツールです。

LaKeel BIの導入によって、一貫したデータ処理が可能で、時間と手間を削減し、効率的にビジネスインサイトを得られるでしょう。

統合的なデータ管理が求められる企業、特にマーケティング部門や営業部門がデータ駆動型の意思決定を行う会社は、LaKeel BIの導入を検討してみてください。

LaKeel BIの公式サイトはこちら

BIツールの一覧比較表に戻る

MicroStrategy

MicroStrategy
導入形態 クラウド型またはオンプレミス型
初期費用 問い合わせ
月額料金(税別) 問い合わせ
機能 レポーティング・ダッシュボード機能
OLAP(オンライン分析処理)機能
サポート体制
無料トライアル 30日間
※出典:MicroStrategy公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


MicroStrategyのおすすめポイント
  • 複雑なタスクを簡素化したワークフロー
  • ビジョンを拡張する究極の柔軟性
  • 信頼に基づいて構築された最新のAI活用のBIツール

MicroStrategyは、複雑なタスクを簡素化したワークフローにできるBIツールです。

MicroStrategyの導入によって、効率的な業務プロセスを実現し、タスクの完了時間を短縮できるでしょう。

複雑な業務プロセスを持つ製造業や物流業、業務の効率化を図りたい会社は、MicroStrategyの導入を検討してみてください。

MicroStrategyの公式サイトはこちら

BIツールの一覧比較表に戻る

Looker Studio

Looker Studio
導入形態 クラウド型
初期費用 無料
月額料金(税別) 無料
機能 レポーティング・ダッシュボード機能
OLAP(オンライン分析処理)機能
サポート体制
無料トライアル
※出典:Looker Studio公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


Looker Studioのおすすめポイント
  • 800以上のデータソースに無料で接続可能
  • ドラッグ&ドロップで直感的なレポート作成
  • リアルタイムでのデータ可視化が可能なBIツール

Looker Studioは、800以上のデータソースに無料で接続可能なBIツールです。

Looker Studioの導入によって、多様なデータソースを活用して包括的な分析が可能となり、より精度の高いビジネスインサイトを得られるでしょう。

データの多様性が重要なマーケティング企業や、複数のデータソースを統合して分析する必要がある金融機関や大企業は、Looker Studioの導入を検討してみてください。

Looker Studioの公式サイトはこちら

BIツールの一覧比較表に戻る

Actionista!

Actionista!
導入形態 オンプレミス型
初期費用 問い合わせ
月額料金(税別) 問い合わせ
機能 レポーティング・ダッシュボード機能
OLAP(オンライン分析処理)機能
データマイニング機能
プランニング機能
サポート体制
無料トライアル 1ヶ月間
※出典:Actionista!公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


Actionista!のおすすめポイント
  • ノンプログラミングでWebブラウザ操作のみ
  • 1ライセンスの購入で企業内すべてのユーザーが利用可能
  • 国産BIツールでメーカーによる高い満足度のサポート

Actionista!は、ノンプログラミング、Webブラウザ操作のみで利用できるBIツールです。

Actionista!の導入によって、誰でも簡単にアクセスし、操作できるため、全社員がデータを活用できる環境が整うでしょう。

ITリソースが限られている企業や、全社員がデータ分析に参加することを推奨する会社は、Actionista!の導入を検討してみてください。

Actionista!の公式サイトはこちら

BIツールの一覧比較表に戻る

TEAL BI

TEAL BI
導入形態 クラウド型
初期費用 新規契約時:無料
店舗追加/新規出店時:無料
店舗追加/既存店:無料
月額料金(税別) 8,000円(1店舗当たり)
機能 レポーティング・ダッシュボード機能
OLAP(オンライン分析処理)機能
サポート体制
無料トライアル
※出典:TEAL BI公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


TEAL BIのおすすめポイント
  • 飲食店専用の経営分析ツール
  • 売上/コスト管理の自動化と一元化
  • 店舗現場の経営力向上を重視したBIツール

TEAL BIは、飲食店専用の経営分析ツールです。

TEAL BIの導入によって、飲食店特有の経営指標を簡単に分析でき、売上やコスト管理を効率的に行えるでしょう。

飲食業界全般、特に複数店舗を運営するチェーン店や、経営の効率化を図りたい中小規模の飲食店は、TEAL BIの導入を検討してみてください。

TEAL BIの公式サイトはこちら

BIツールの一覧比較表に戻る

Data Knowledge

Data Knowledge
導入形態 オンプレミス型
初期費用 500,000円(1サーバー)
月額料金(税別)
機能 レポーティング・ダッシュボード機能
OLAP(オンライン分析処理)機能
サポート体制
無料トライアル 30日間
※出典:Data Knowledge公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


Data Knowledgeのおすすめポイント
  • 多彩な分析レポートで「経営の見える化」を促進
  • 分析ノウハウ共有機能で全社の分析レベルをアップ
  • 顧客ニーズに基づく30年間の持続的な機能開発

Data Knowledgeは、多彩な分析レポートで「経営の見える化」を促進するBIツールです。

Data Knowledgeの導入によって、経営の現状を詳細に把握でき、迅速な意思決定と戦略的な経営が可能になるでしょう。

経営データを活用して戦略的な意思決定を行いたい企業、特に中小企業やスタートアップは、Data Knowledgeの導入を検討してみてください。

Data Knowledgeの公式サイトはこちら

BIツールの一覧比較表に戻る

まとめ|目的に合ったデータ分析ツールを導入しよう

まとめ|目的に合ったデータ分析ツールを導入しよう 本記事では、2024年最新のおすすめBIツール15選を徹底比較しました。

各BIツールにはさまざまな特徴とメリットがあるため、ビジネスニーズや目的に合わせて最適なBIツールを比較して選ぶことが重要です。BIツールは、膨大なデータを活用してビジネスの意思決定をサポートし、競争力を高める手段となります。

本記事を参考にBIツールを比較して、自社の目的に合ったBIツールを導入し、データ活用の効率化を図りましょう。最適なBIツールの選定によって、ビジネスの成長と成功への一歩を踏み出してみてください。

最後に現在資料請求が可能な、BIツール一覧を紹介します。

資料請求可能なBIツール一覧

Sactona

アウトルックコンサルティング株式会社


Yellowfin

Yellowfin Japan株式会社


Dr.Sum

ウイングアーク1st株式会社


MotionBoard

ウイングアーク1st株式会社


軽技Web

富士電機ITソリューション株式会社


Lark

株式会社グッドウェーブ『Lark Japanオフィシャルパートナー』


〜 データ分析ツール 〜 Linxgate

日本システム株式会社


《ナレコレBI》のポイント

SCSK株式会社


Tableau Desktop

株式会社セールスフォース・ジャパン


Tableau Server

株式会社セールスフォース・ジャパン


Srush

株式会社Srush


Domo

ドーモ株式会社(代理店:NDIソリューションズ株式会社)


FineReport

バリューテクノロジー株式会社


Microsoft Power BI 導入支援サービス

イースト株式会社


Power BI

ロボフィス株式会社


WebQuery

株式会社システムコンサルタント


Excellent

株式会社システムコンサルタント


Oracle Analytics Cloud

日本オラクル株式会社



この記事を書いた人
株式会社EXIDEA (HonNe編集部)
HonNeをはじめとした生活インフラ・重要購入品に関するメディアを運営する株式会社EXIDEA(HonNe編集部)が執筆をしています。HonNe編集部では、生活や仕事に関わる製品サービスを日々研究・利用し、本音でレビューしたコンテンツと比較ランキング・おすすめ品を紹介しています。