当ページに含まれる広告と商品評価について
当ページには広告リンクが含まれており、当ページを経由して商品・サービスの申込みがあった場合、提携している各掲載企業から広告報酬を受け取ることがあります。ただし、当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無に一切関わらず、コンテンツポリシーに基づき、当サイト独自の調査と実際に使用したレビューをもとに掲載しております。当サイトで得た収益は、皆様により役立つコンテンツを提供するために、品質向上等に還元しております。
おすすめのCRMツールを比較!選び方や機能を徹底解説

CRMツールのおすすめ17選を比較!選び方や料金・機能を徹底解説【2024年7月最新】


当記事では、編集部がおすすめするCRMツール17製品を比較して紹介します。

また、製品の料金、機能、サポート体制などを一括で比較できる、おすすめのCRMツール17製品の一覧比較表を作成しました。これを見れば自社に合うであろう製品を簡単に絞り込めるでしょう。

おすすめのCRMツールの
一覧比較表を見る


また、記事内では、MAやSFAとの違いやCRMツールの比較ポイントについても解説しています。ぜひ最後までご覧ください。

無料で一括請求 CRMツールの資料をまとめて請求する

当記事で比較するCRMツールのおすすめ17製品
  • salesforce Sales Cloud
  • eセールスマネージャー Remix CLOUD
  • Knowledge Suite
  • Sansan
  • kintone
  • Zoho CRM
  • Hubspot CRM
  • Synergy!
  • カスタマーリングス
  • Mazrica Sales
  • Sales Force Assistant
  • GENIEE SFA/CRM
  • ホットプロファイル
  • SHANON MARKETING PLATFORM
  • Microsoft Dynamics 365
  • Oracle Sales Cloud
  • Beerfroth

目次

CRMツール(顧客管理システム)とは?

CRMツール(顧客管理システム)とは? CRMツールとは、顧客関係管理システム(Customer Relationship Management)の略で、企業が顧客との関係を効率的に管理し、関係性を向上させるツールです。

CRMツールは、顧客データを一元化し、顧客とのやり取りの履歴や購入履歴などの情報を管理することで、企業がより戦略的な意思決定を行えるように支援します。

CRMツールの導入により、企業は顧客との関係を深め、業務の効率化や施策の効果の最大化を図れます。さらに、異なる部門間での情報共有がスムーズに行えるため、組織全体がシームレスにつながるでしょう。

次章では、CRMツールのタイプ・種類を解説します。CRMツールを比較する際に必要になるので、ご一読ください。

CRMツールのタイプ・種類を紹介

CRMツールのタイプ・種類を紹介 ここではCRMツールのタイプや種類を紹介します。CRMツールにはさまざまなタイプ・種類があるので、自社の課題に合うタイプ・種類をチェックしてください。

大企業・グローバル企業向け

大企業やグローバル企業向けのCRMツールは、その規模と運営の複雑さを支える機能を備えています

これらの企業は、異なる国や地域での業務を統一的に管理する必要があり、多言語対応や多様な営業管理方法への対応が必須です。

グローバル企業が一貫した顧客管理を実現するためには、各地の法規制や文化的な違いを考慮しながらも、一元化されたデータ管理が求められます。

また、大企業やグローバル企業向けのCRMツールは通常、高度なセキュリティ機能を備え、企業の貴重な顧客データを保護します。

SFA機能を搭載

SFA機能を搭載したCRMツールは、特に営業部門にメリットがあります

SFA機能を搭載したCRMツールを導入すると、顧客データと営業活動データがシームレスに連携し、より精密な顧客管理が行えます。例えば、顧客の過去の購入履歴やコミュニケーションの記録を基に、営業戦略を立てられれば、商談の成功率を高められるでしょう。

また、SFA機能が搭載されているCRMツールは、営業プロセスの効率化だけでなく、コスト削減や管理の簡易化といったメリットもあります

別々のツールを導入するよりも、統合されたシステムを利用することで、データの一貫性を保ちながら、企業全体の業務効率向上が期待できるでしょう。

MAや名刺管理などその他の機能を搭載

MA機能や名刺管理機能などを搭載したCRMツールもあります。

MA機能では、マーケティング活動を自動化し、顧客に対するアプローチの設定を最適化することで、ターゲットのニーズに合わせたキャンペーンの効率的な展開が可能です。

また、名刺管理機能は、名刺情報をデジタルデータに変換し、顧客データベースに自動で追加できます。これにより、顧客情報の入力と更新の手間が削減され、常に最新の情報を保持できるでしょう。

MAや名刺管理などの機能を搭載したCRMツールは、顧客情報の収集から分析、マーケティングの実行までをシームレスにつなげ、顧客関係の構築を効果的にサポートします。

次章では、CRMツールの基本的な機能を解説します。基本機能の理解を深めることで、CRMツール導入の効果を高められるのでぜひご覧ください。

基本的な3つの機能とそれによってできることを解説

基本的な3つの機能とそれによってできることを解説 ここではCRMツールの3つの基本機能とその機能によってできることを解説します。

顧客情報管理機能

顧客情報管理は、CRMツールの中核機能であり、企業が顧客との関係を効果的に管理し、強化するために不可欠です。

具体的には、顧客の名前、部署、担当者情報、住所、連絡先などの基本情報をはじめ、訪問日、面談者、商談内容、進捗状況の商談管理など、顧客とのやり取りのすべてを記録します。

そして顧客との接点を一元的に管理することで、次のアクションの計画やタスクの割り当てを効率的に実施できるでしょう

顧客情報管理機能の活用により、企業は顧客との関係をより深く理解し、顧客満足度を高めるための戦略的なアクションを取れるといえます。

営業支援機能

CRMツールに搭載されている営業支援機能は、営業活動の効率化と成功率の向上をサポートする機能です。

この機能には、AIによるアドバイスから見積書の作成、カレンダー連携まで、多岐にわたる機能が含まれています。

まずAIによる自動アドバイスは、過去の案件データを基にして、受注につながる可能性の高い情報や推奨アクションを提案してくれる機能です。これにより営業担当者はより戦略的なアプローチが可能となり、商談の成功率の向上が期待できます。

次に見積書作成機能は、見積書の作成を自動化することで、手作業による時間とコスト、ヒューマンエラーを削減可能です。

さらにGoogleカレンダーやMicrosoft 365カレンダーとの連携機能で、商談予定や会議などのスケジュールを自動で登録し、日々の管理をスムーズにします。

営業支援機能により、顧客と営業のやり取りが可視化されることで、営業プロセスの透明性が向上し、チーム全体の営業戦略の最適化が図れるでしょう。

マーケティング支援機能

CRMツールにおけるマーケティング支援機能とは、デジタルマーケティングの効率と効果を最大化させるための機能です。

具体的には、メール一斉配信、ステップメール配信、Webフォーム作成、名刺情報のOCR取り込み、Web行動履歴の把握、スコアリングなどが含まれます。

例えばメールマーケティングでは、開封率やクリック率などを把握可能です。これにより、顧客の関心度合いを可視化し、効果的なフォローアップが可能となるでしょう。

また、顧客に適したタイミングでパーソナライズされたメッセージを送るためのステップメール配信も可能です。

上記のような機能により、企業は効果的なマーケティング戦略を展開できるでしょう。

次章では、CRMツールとSFA、MAとの違いを解説します。この違いを理解していることで、CRMツールを比較する際に、自社に必要な機能を絞り込みや少なります。

CRMツールとMA・SFAの違い

CRMツールとMA・SFAの違い CRMツールとMA、SFAの違いを理解すると、CRMツールの導入において効果的な選択ができます。それぞれの特徴や目的について解説します。

MAツール(マーケティングオートメーション)の特徴とCRMツールとの違い

MAツール(マーケティングオートメーション)は、見込み客の獲得から育成に至るまでのマーケティングプロセスを自動化するツールです。

CRMツールが顧客が確立した後の関係維持に焦点を当てるのに対し、MAツールは見込み客を商談可能な状態まで育成することを目的としています。

MAツールとCRMツールの連携は、マーケティング活動の自動化だけでなく、戦略的なデータ活用による顧客理解の深化にもつながり、結果として商談の成立率や顧客満足度の向上が期待できるでしょう。

SFAツール(セールスフォースオートメーション)の特徴とCRMツールとの違い

SFAツール(セールスフォースオートメーション)は、営業活動の効率化と管理を目的とした営業支援ツールです。

SFAツールの役割は、顧客管理、案件管理、活動管理、予実管理など、営業活動で得た情報の一元管理です。CRMツールにある顧客データと商談や受注の進捗データを連携させると、より効果的な営業戦略を策定できます。

SFAツールとCRMツールの連携により、属人的になりがちな営業活動を部門を越えて共有し、全社的な営業効率の向上が期待できるでしょう。

次章では、CRMツールの導入メリットを紹介します。ご興味ある方はご覧ください。

CRMツール導入のメリット

CRMツール導入のメリット CRMツールを導入すると、さまざまなメリットがあります。ひとつずつ見ていきましょう。

顧客満足度の向上につながる

CRMツールの導入により、顧客満足度の向上が期待できます。なぜならCRMツールを活用することで、営業担当者が顧客から聞き取った悩みや要望を社内で共有し、顧客対応を効率的かつ効果的に行えるからです。

例えば、過去に発生したトラブルや会話の内容を記録しそれを活用することで、顧客の問い合わせに迅速かつ適切に対応できるでしょう。これにより、顧客一人ひとりに適したサービスを提供し、顧客の期待を上回る体験の実現が期待できます。

さらに、CRMツールは多様化する顧客ニーズに柔軟に対応可能です。

インターネットの普及により、消費者の行動や期待はより複雑化しています。CRMツールを導入することで、様々な顧客データを効果的に活用し、それぞれの顧客に最適なサービスや製品を提供できる可能性が高まるでしょう。

部門間や企業全体で情報共有がしやすくなる

CRMツール導入のメリットとして、部門間での情報共有の効率化があります。従来、顧客情報の共有はメールやビジネスチャットを通じて行われていましたが、CRMツールでの一元管理により、これらの手間が削減されるでしょう。

また、CRMツールを導入すれば、顧客管理部門だけでなく、営業部門やマーケティング部門など他の部署も顧客に関する様々な情報を利用可能です。

例えば、担当者が不在時でも、他のスタッフがトラブル対応や顧客対応を素早くに行えます。また、異動や退職時の引継ぎもスムーズに行えるでしょう。

さらに、CRMツールは情報を部門間だけでなく、企業全体で共有できます。これにより、それまで顧客情報にアクセスできなかった部署も顧客情報に基づいて意思決定できるでしょう。

業務効率化が図れる

業務効率化もCRMツールの導入によるメリットの一つです

例えばCRMツールは、顧客との商談日程の自動調整や顧客分析など、時間を要する作業の自動化を可能にします。これにより、従業員はその他の重要な業務に集中でき、全体としての生産性が向上するでしょう。

またCRMツールとSFAツール・MAツールを連携させることで、さらなる業務効率化が見込めます。

顧客情報の一元管理はもちろんのこと、営業・マーケティングロセス全体の最適化が実現し、企業はコストを抑えつつ顧客満足度向上を図れるでしょう。

本章では、CRMツール導入のメリットを紹介しました。ただ、CRMツールにはデメリットも存在します。

デメリットも理解しておくことで、CRMツールの導入に失敗する可能性を抑えられるので、読んでおくのがおすすめです。

導入前に確認しておきたいデメリット・注意点

導入前に確認しておきたいデメリット・注意点 CRMツールの導入は、顧客関係の管理と強化に多くのメリットがありますが、デメリットや注意点を認識しておくことも重要です。

例えば、CRMツールは導入後すぐに成果が現れるわけではありません。顧客情報を蓄積し、部署間での情報共有と活用が進むにつれて、徐々にその効果が表れます。

そのため、CRMツールは短期間での成果を期待するよりも、長期的な視点で顧客満足度を最大化する施策と捉えましょう。

また、CRMツールの導入には、初期費用だけでなく、継続的なランニングコストや社員研修のための時間とリソースが必要です。特にカスタマイズや統合が必要な場合、これらのコストはさらに増加する可能性があります。

さらに、オープンソースのCRMツールを利用する際には、サポートやセキュリティの面での限界も理解しなければなりません

これらのデメリットを理解し計画的に導入することで、CRMツールの効果を最大化できます。

次章では、これまで解説してきた情報を踏まえて、CRMツールの比較ポイントを紹介します。

比較ポイントへの理解を深めておくことで、自社に適したCRMツールを選定することができるでしょう。

CRMツールの比較ポイント・選び方を解説

CRMツールの比較ポイント・選び方を解説 CRMツールはたくさんありますが、何を基準に比較すれば良いか分からないといった方は多いでしょう。ここではCRMツールの比較ポイントや選び方を解説します。

次の章で一覧比較表にポイントをまとめていますので、ぜひ一覧表で比較検討してみてください。

自社の課題解決に必要な機能を備えているか

CRMツールを比較する際にはまず、自社の抱えている課題を解決するCRMツールであるかを確認しましょう

そのためには最初に、解決すべき課題を明確にする必要があります。例えば、顧客情報が部署間でうまく共有されていない、顧客情報管理が一元化されておらず顧客のフォローアップが遅れがちであるなどです。

次に、明確にした課題を解決するために必要なCRMツールの機能を特定しましょう。SFA機能が必要なのか、名刺管理機能が必要なのかなど、具体的な機能を明確にします。

最後に必要な機能も全て備えたCRMツールに絞り込み、これから解説する他の観点も含めながら比較しましょう。

また、機能が多ければ多いほどコストがかかる傾向があるため、本当に必要な機能を持つCRMツールの選定が重要です。もしくは、必要な機能だけを選択してカスタマイズできるCRMツールを選ぶことも一つの方法でしょう。

CRMツールの使いやすさを比較する

CRMツールの使いやすさの比較は、導入の成功につながる重要な要素です。

まず、CRMツールが組織内で定着するためには、情報入力が簡単でなければなりません。そのためには、営業担当者が顧客情報や活動記録を容易に入力できる入力支援機能や自動データ取り込み機能が付帯したCRMツールが求められます。

また、複雑なUIは、使い勝手が悪いため、シンプルで直感的なデザインの方が導入に成功しやすいでしょう。実際にCRMツールを使用する前に、無料デモやトライアルを利用して操作性を体験してみるのがおすすめです。

月額料金を含めたCRMツールの価格は適切か

CRMツールの価格も重要な比較ポイントです。適切なCRMツールを選ぶには、初期費用や月額料金その他のコストを確認し、自社の予算と照らし合わせる必要があります。

まず、CRMツールの価格比較においては、単純な価格の確認ではなく、提供される機能とのバランスが重要です。

例えば、基本プランの価格が魅力的でも、実際には初期設定費用、カスタマイズ費用、追加サポート費用など、隠れたコストが発生する可能性があります。全ての潜在的な費用を加味した上で、トータルのコストが予算内に収まるかを確認しましょう。

また、多くのCRMツールはアカウントごとの従量制プランを採用してるので、組織が拡大すると必然的にコストも増加するのが一般的です。そのため、CRMツールの価格を比較する際は、将来のスケールも考えたうえで検討しましょう。

既存の他システムとの連携性が高いCRMツールか

他システムとの連携性も、CRMツールの比較において重要といえます。なぜなら、効率的な業務フローを構築するためには、既存のシステムや今後導入を検討しているツールとのスムーズな連携が不可欠だからです。

基本的には、CRMツールが、組織で既に使用しているSFAツールやMAツールと簡単に連携できるかを確認しましょう。そうすることで、各業務フローごとではなく、営業から顧客管理、マーケティングまで、業務全体として効率化を図れます

また、企業が成長し新たなシステムを導入する可能性を考慮すると、拡張性の高いCRMツールが良いでしょう。

新しい技術やシステムとの連携をスムーズにする、APIの提供やカスタマイズの容易さを兼ね備えたCRMツールは、スケールを見込んでいる企業におすすめできます。

サポート体制の充実度を比較する

CRMツールの導入と運用において、充実したサポート体制の比較も大切です。

CRMツールの導入は、初期の混乱やトラブルが発生しやすいため、ベンダーからの素早く質の高いサポートが導入の成功を左右します。

まずはサポートの提供時間や異なる言語でのサポートを確認しましょう。特にCRMツールを日本以外の国のオフィスで使用する場合、時間や場所に依存しないサポートが求められます。

また、サポートの方法も重要なポイントです。電話、メール、チャット、FAQ、コミュニティフォーラムなど、多様なチャネルを通じて提供される方がサポートを受けやすいでしょう。

さらに、ベンダーからの初期トレーニングや導入後の定期的なフォローアップなどがあると尚良いです。これらのサポートはCRMツールの導入成功確率を上げるだけでなく、効果が出始めるまでの期間を短くしてくれます。

【2024年7月最新】おすすめのCRMツール17選を一覧比較表で紹介

おすすめのCRMツールを一覧比較表で紹介 本章では、当サイトがおすすめするCRMツール17製品の一覧比較表を掲載します。

この一覧比較表では月額料金を含めた価格や機能、サポート体制などを一括で比較できるため、時間のないCRMツール選定担当者の方でも、迅速かつ簡単に自社に合う可能性の高いCRMツールを絞り込むことができます。

一覧比較表の中から自社に合いそうなCRMツールを5~6つくらいまで絞り込み資料請求をして、営業担当の方に詳しい話を聞きながら選定することで、自社の業務を最適化できるCRMツールを選べる可能性が高まるでしょう。

CRMツール salesforce
Sales Cloud
eセールスマネージャー
Remix CLOUD
Knowledge Suite Sansan kintone Zoho CRM Hubspot CRM Synergy! カスタマーリングス Mazrica Sales Sales Force Assistant GENIEE SFA/CRM ホットプロファイル SHANON
MARKETING
PLATFORM
Microsoft
Dynamics 365
Oracle Sales Cloud Beerfroth
資料請求リスト
に追加する
月額料金を
含めた価格
1ユーザー
月額3,000円~
1ユーザー
月額3,000円~
月額55,000円~
(ID数:無制限/容量:5GB)
1ユーザー
月額1,500円~~

最小契約ユーザー数は
5名から
1ユーザー
月額1,680円~
3シート
月額96,000円~
月額15,000円~

初期費用:118,000円
5ユーザー
月額27,500円~
クラウド版は
月額3,500円~

オンプレミス版は
ライセンス購入が必要
10ユーザー月額34,800円~

ユーザー追加費用
1ユーザーあたり
月額3,480円~
月額費用120,000円~ 1ユーザー
月額10,494円~
Basic
4,500円/月~
※CRM

Standard
19,500円/月~
※CRM+MA

Professional
36,000円/月~
※CRM+MA+SFA
サポート体制 エキスパートの
ガイダンス
運用が安定するまで
4つのサポート体制で
フォローアップ
各機能のFAQ
管理者様向けの
E-ラーニング
お客様無料サポート窓口
名刺取込サービス
活用セミナー
電話サポート
無料セミナー
豊富な学習コンテンツ
スキルアップサポート
トラブル対応窓口
日本語サポート
ナレッジベース
開発者向けドキュメント
カスタマーサポート
無料セミナー
代行サービスあり
サポートサイト
導入前支援・初期設定
操作トレーニング
専任担当支援
導入前コンサル
導入後フォロー
ヘルプサイト
チャットやメール等での質問受付
定期的なフォローMTG
専任スタッフサポート
管理者用初期設定ガイド
営業現場責任者向け
セミナー
FAQサイト
導入・構築支援サービス
定着支援サービス
無償カスタマーサポート
無償トレーニング
都度運用サポート
機能 見込み客の管理
商談管理
予実管理
売上予測管理
パイプライン管理
営業情報・活動の可視化
マネジメント機能
営業支援機能
顧客管理機能
商談管理機能
名刺デジタル化サービス
営業支援メール配信
グループウェア
名刺管理による
人脈の一元管理
接点情報の共有
役職者情報の搭載
マーケティング機能
ノーコードで
業務アプリの作成
拡張機能を利用した
カスタマイズ
AIによる顧客行動予測
フルカスタマイズ
(ノーコード)
カスタマージャーニーの自動追跡
AI搭載のカスタマー
プラットフォーム
顧客データベース
レスポンシブデザイン
対応フォーム
顧客のニーズを
可視化するアンケート
メール配信
顧客1人1人の
行動や感情を見える化
詳細な顧客分析
データ統合
MA機能
営業活動支援
カスタムレポート作成
AIによるリスク分析
類似案件アドバイス
営業支援ツール
AI秘書
カスタマーシート
コンタクトマップ
顧客情報共有
商談状況のグラフ化
商談のステータス別管理
AIアシスタント
顧客データベース作成
新規開拓支援
名刺管理
営業支援
顧客の検討再開を
キャッチ
興味フェーズ顧客管理
名刺情報自動取り込み
MA機能
セグメントメール配信
AIを活用したデータ分析
顧客のニーズ可視化
AIアシスタント
直感的な操作が可能なUI
MA
CRM
SFA
メール配信
アクション分析
会員管理
提供形態 クラウド型 クラウド型 クラウド型 クラウド型 クラウド型 クラウド型 クラウド型 クラウド型 クラウド型 クラウド型 クラウド型
オンプレミス型
クラウド型 クラウド型 クラウド型 クラウド型
オンプレミス型
クラウド型
オンプレミス型
クラウド型
無料トライアル 〇(30日間) 〇(30日間) 〇(30日間) 〇(15日間) 〇(14日間) 〇(30日間) 無料デモあり 〇(30日間) 無料デモあり 〇(2週間)
詳細 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ

次章では、各CRMツールについて、より具体的な情報を紹介していきます。気になっているCRMツールについて、より詳細な情報を確認しましょう。

おすすめのCRMツール17選を比較!料金や機能を詳しく解説

おすすめのCRMツールを比較!料金や機能を詳しく解説 本章では各CRMツールの詳しい情報を紹介します。価格や機能だけでなく、具体的にどんな企業におすすめかも解説しているので、ぜひ参考にしてください。

salesforce Sales Cloud

salesforce Sales Cloud
月額料金を含めた価格 1ユーザー月額3,000円(税抜)~
サポート体制 エキスパートのガイダンス
機能 見込み客の管理
商談管理
予実管理
売上予測管理
パイプライン管理
レポート&ダッシュボード
提供形態(オンプレミス型orクラウド型) クラウド型
無料トライアル 〇(30日間)
※出典:salesforce Sales Cloud公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


salesforce Sales Cloudのおすすめポイント
  • AIと自動化の機能を標準搭載し、企業の成長に合わせて簡単に拡張可能
  • 世界No.1のCRMプラットフォームを基盤とし、顧客ライフサイクル全体をカバー
  • すべての顧客情報を一つのシステムにまとめて管理し、各顧客の詳細なプロファイルを作成

salesforce Sales Cloudは、AIと自動化の機能を標準搭載し、企業の成長に合わせて簡単に拡張可能なCRMツールです。

salesforce Sales Cloudの導入によって、企業の業務効率を向上させることで、成長に応じた柔軟な運用が可能でしょう。

以上より、急成長中のスタートアップや、業務の効率化とスケーラビリティを重視する中小企業は、salesforce Sales Cloudの導入がおすすめです。

Sales Cloud

株式会社セールスフォース・ジャパン



CRMツールの一覧比較表に戻る

eセールスマネージャーRemix CLOUD

eセールスマネージャーRemix CLOUD
月額料金を含めた価格 1ユーザー月額3,000円~
サポート体制 運用が安定するまで4つのサポート体制でフォローアップ
機能 営業情報・活動の可視化
マネジメント機能
営業支援機能
提供形態(オンプレミス型orクラウド型) クラウド型
無料トライアル 〇(30日間)
※出典:eセールスマネージャーRemix CLOUD公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


eセールスマネージャーRemix CLOUDのおすすめポイント
  • 一度の情報入力で、様々なアウトプットに自動反映
  • シーンを選ばず、瞬時に営業情報を把握:リアルタイムな情報把握が営業活動をフォローアップ
  • 直感的に使える便利な機能が多数搭載

eセールスマネージャーRemix CLOUDは、一度の情報入力で、様々なアウトプットに自動反映するCRMツールです。

eセールスマネージャーRemix CLOUDの導入によって、重複作業の削減とデータ整合性の向上により、業務効率の改善が期待できるでしょう。

以上より、データ管理に時間を取られがちな企業、特に多くの部門やプロジェクトが絡む大規模な組織や、多数のクライアントを扱うサービス業の会社は、eセールスマネージャーRemix CLOUDの導入がおすすめです。

eセールスマネージャーRemix Cloud

ソフトブレーン株式会社



CRMツールの一覧比較表に戻る

Knowledge Suite

Knowledge Suite
月額料金を含めた価格 月額55,000円(ID数:無制限/容量:5GB) ~
サポート体制 各機能のFAQ
管理者様向けのE-ラーニング
お客様無料サポート窓口
機能 顧客管理機能
商談管理機能
名刺デジタル化サービス
営業支援メール配信
グループウェア
提供形態(オンプレミス型orクラウド型) クラウド型
無料トライアル
※出典:Knowledge Suite公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


Knowledge Suiteのおすすめポイント
  • グループウェア、SFA、CRM機能を搭載したオールインワンのシステム
  • ユーザー数無制限で利用した分だけのコストしかかからない
  • PC、スマートフォン、タブレット、いつでもどこでも使える

Knowledge Suiteは、グループウェア、SFA、CRM機能を搭載したオールインワンのCRMツールです。

Knowledge Suiteの導入によって、一元管理による情報の可視化と、各機能の統合による業務プロセスの最適化が実現するでしょう。

以上より、多機能ツールを活用して業務の一元管理を図りたい中規模から大規模の企業、特に部門間の連携が重要な企業の会社は、Knowledge Suiteの導入がおすすめです。

Knowledge Suite

ブルーテック株式会社



CRMツールの一覧比較表に戻る

Sansan

Sansan
月額料金を含めた価格
サポート体制 名刺取込サービス
活用セミナー
電話サポート
機能 名刺管理による人脈の一元管理
接点情報の共有
企業情報・役職者情報の搭載
マーケティング機能
提供形態(オンプレミス型orクラウド型) クラウド型
無料トライアル
※出典:Sansan公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


Sansanのおすすめポイント
  • 名刺情報をデジタル化し、全社での情報共有を可能にする
  • 顧客情報を一元管理し、営業機会の創出を支援
  • 接点情報を可視化し、戦略的な営業活動を実現

Sansanは、名刺情報をデジタル化し、全社での情報共有を可能にするCRMツールです。

Sansanの導入によって、ネットワーキングと顧客関係の強化により、営業活動の効率化と新規ビジネス機会の創出が可能になるでしょう。

以上より、営業担当者が多く、ネットワーキングや人脈の活用が重要な企業、特にB2Bビジネスを展開する企業は、Sansanの導入がおすすめです。

Sansan

Sansan株式会社



CRMツールの一覧比較表に戻る

kintone

kintone
月額料金を含めた価格 1ユーザー月額1,500円(税別)~、最小契約ユーザー数は5名から
サポート体制 無料セミナー
豊富な学習コンテンツ
機能 ノーコードで業務アプリの作成
拡張機能を利用したカスタマイズ
提供形態(オンプレミス型orクラウド型) クラウド型
無料トライアル 〇(30日間)
※出典:kintone公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


kintoneのおすすめポイント
  • 自分たちで業務アプリがつくれるノーコード・ローコードツール
  • 専門知識がないユーザーからも選ばれている
  • 思いついた業務改善をすぐに形にでき、導入も改善も早い

kintoneは、現場の業務にフィットする業務アプリがつくれるノーコードのCRMツールです。

kintoneの導入によって、現場のニーズに即したアプリを迅速に開発・展開でき、業務の柔軟性と効率性が向上するでしょう。

以上より、ITリソースが限られている中小企業や、現場の要求に応じたソリューション展開が求められる企業は、kintoneの導入がおすすめです。

kintone

サイボウズ株式会社



CRMツールの一覧比較表に戻る

Zoho CRM

Zoho CRM
月額料金を含めた価格 1ユーザー月額1,680円~
サポート体制 スキルアップサポート
トラブル対応窓口
機能 AIによる顧客行動予測
フルカスタマイズ(ノーコード)
提供形態(オンプレミス型orクラウド型) クラウド型
無料トライアル 〇(15日間)
※出典:Zoho CRM公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


Zoho CRMのおすすめポイント
  • 世界25万社が利用しCRM/SFA利用者レビューNo.1
  • ワークフロー、プロセス管理、キャンペーン、そしてカスタマージャーニーなどを自動化
  • AIを駆使して正確な予測や次のアクションを導き出し業務をサポート

Zoho CRMは、AIを駆使して正確な予測や次のアクションを導き出し業務をサポートするCRMツールです。

Zoho CRMの導入によって、データに基づいた効率性の高いアクションが取れるため、業務の生産性が向上するでしょう。

以上より、顧客データを基にしてネクストアクションを設定したい会社は、Zoho CRMの導入がおすすめです。

Zoho CRMの公式サイトはこちら

CRMツールの一覧比較表に戻る

Hubspot CRM

Hubspot CRM
月額料金を含めた価格 3シート月額96,000円~
サポート体制 日本語カスタマーサポート
ナレッジベース
開発者向けドキュメント
機能 カスタマージャーニーの自動追跡
AI搭載のカスタマープラットフォーム
提供形態(オンプレミス型orクラウド型) クラウド型
無料トライアル 無料プランあり
※出典:Hubspot CRM公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


Hubspot CRMのおすすめポイント
  • CRMの基本的な機能は無料で使える
  • マーケティングから営業、コンテンツ管理、カスタマーサービス、オペレーションに至る業務を支援
  • 多くのHubシリーズとシームレスな連携が可能

Hubspot CRMは、CRMの基本的な機能は無料で使えるCRMツールです。

Hubspot CRMの導入によって、初期コストを抑えつつCRMの導入と活用が可能になり、リスクを最小限に抑えながら業務効率化を図れるでしょう。

以上より、予算が限られているスタートアップや小規模企業、CRM導入を試験的に導入したい会社は、Hubspot CRMの導入がおすすめです。

Hubspot CRMの公式サイトはこちら

CRMツールの一覧比較表に戻る

Synergy!

Synergy!
月額料金を含めた価格 月額15,000円(税別)〜、初期費用 118,000円(税別)
サポート体制 カスタマーサポート
無料セミナー
代行サービスあり
サポートサイト
機能 顧客データベース
レスポンシブデザイン対応フォーム
顧客のニーズを可視化するアンケート
メール配信
提供形態(オンプレミス型orクラウド型) クラウド型
無料トライアル 〇(14日間)
※出典:Synergy!公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


Synergy!のおすすめポイント
  • 使いやすさを徹底的に考えた画面デザイン
  • 集客、顧客情報の統合・一元化、クロスチャネル・メッセージング、分析まで、CRMのあらゆる活動を支える
  • 個人情報を安心して扱える堅牢なセキュリティ

Synergy!は、使いやすさを徹底的に考えた画面デザインのCRMツールです。

Synergy!の導入によって、ユーザーの直感的な操作が可能になり、導入後のトレーニングコストと操作ミスを削減できるでしょう。

以上より、ITリテラシーが高くない従業員がいる企業や、素早い導入と短期間での効果を求める会社は、Synergy!の導入がおすすめです。

Synergy!

シナジーマーケティング株式会社



CRMツールの一覧比較表に戻る

カスタマーリングス

カスタマーリングス
月額料金を含めた価格
サポート体制 導入前支援・初期設定
操作トレーニング
専任担当支援
機能 顧客1人1人の行動や感情を見える化
詳細な顧客分析
データ統合
MA機能
提供形態(オンプレミス型orクラウド型) クラウド型
無料トライアル
※出典:カスタマーリングス公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


カスタマーリングスのおすすめポイント
  • 顧客データを徹底分析し、データに基づいたアクションをとれる
  • 顧客の動きを分析して施策を打つことでリピート率を上げてLTV向上
  • セグメント作成も顧客データを駆使、ターゲットに合わせたパーソナライズな配信

カスタマーリングスは、顧客データを徹底分析し、データに基づいたアクションをとれるCRMツールです。

カスタマーリングスの導入によって、データドリブンな意思決定が可能となり、顧客対応の精度と効果が向上するでしょう。

以上より、データ分析を重視し、顧客対応の質を高めたい企業、特にマーケティングやカスタマーサクセス部門がある会社は、カスタマーリングスの導入がおすすめです。

カスタマーリングス

株式会社プラスアルファ・コンサルティング  東証プライム上場



CRMツールの一覧比較表に戻る

Mazrica Sales

Mazrica Sales
月額料金を含めた価格 5ユーザー月額27,500円~
サポート体制
機能 営業活動支援
カスタムレポート作成
AIによるリスク分析
類似案件アドバイス
提供形態(オンプレミス型orクラウド型) クラウド型
無料トライアル
※出典:Mazrica Sales公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


Mazrica Salesのおすすめポイント
  • AIが案件のリスク分析や類似案件を直接アドバイス
  • 営業×リモートワークを支える案件ボード
  • 面倒なデータ入力もモバイルアプリからワンクリック

Mazrica Salesは、AIが案件のリスク分析や類似案件を直接アドバイスするCRMツールです。

Mazrica Salesの導入によって、リスク管理と案件の成功確率が向上し、意思決定の精度が高まるでしょう。

以上より、複雑な案件管理が求められる企業、特にプロジェクトベースの業務を行うコンサルティング会社や大規模なプロジェクトを扱う企業は、Mazrica Salesの導入がおすすめです。

Mazrica Sales

株式会社マツリカ



CRMツールの一覧比較表に戻る

Sales Force Assistant

Sales Force Assistant
月額料金を含めた価格 クラウド版は月額3,500円~、オンプレミス版はライセンス購入が必要
サポート体制 導入前コンサル
導入後フォロー
機能 営業支援・情報共有ツール
AI秘書
カスタマーシート
コンタクトマップ
提供形態(オンプレミス型orクラウド型) クラウド型、オンプレミス型
無料トライアル 〇(30日間)
※出典:UPWARD公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


Sales Force Assistantのおすすめポイント
  • 営業マンを管理するのではなく営業マンを支援する
  • 電子秘書機能に人工知能「SAI」(Sales Assist Intelligence)を搭載
  • 14,000社超に及ぶ導入実績で培った実績とノウハウで

Sales Force Assistantは、営業マンを管理するのではなく営業マンを支援するCRMツールです。

Sales Force Assistantの導入によって、営業マンの業務効率と成約率が向上するだけでなく、営業マンのモチベーションの維持・向上にも繋がるでしょう。

以上より、営業担当者のパフォーマンスを最大化したい企業、特に営業チームの成績を重視する中小企業や大企業の営業部門は、Sales Force Assistantの導入がおすすめです。

Sales Force Assistantの公式サイトはこちら

CRMツールの一覧比較表に戻る

GENIEE SFA/CRM

GENIEE SFA/CRM
月額料金を含めた価格 10ユーザー月額34,800円~、ユーザー追加費用1ユーザーあたり月額3,480円~
サポート体制 ヘルプサイト
チャットやメール等での質問受付
定期的なフォローMTG
機能 顧客情報共有
商談状況のグラフ化
商談のステータス別管理
AIアシスタント
提供形態(オンプレミス型orクラウド型) クラウド型
無料トライアル
※出典:GENIEE SFA/CRM公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


GENIEE SFA/CRMのおすすめポイント
  • 高機能かつ手厚く柔軟な個社対応で、定着率99%
  • GPT-4を活用した「AIアシスタント」
  • 誰でも使えるシンプルな管理画面、入力も分析も直感的に可能

GENIEE SFA/CRMは、高機能かつ手厚く柔軟な個社対応で、定着率99%を誇るCRMツールです。

GENIEE SFA/CRMの導入によって、コストパフォーマンスに優れ、かつ導入後のサポートが充実しているため、導入後のリスクを最小限に抑えられるでしょう。

以上より、コスト効率を重視しつつも高機能なツールを求め、アフターサポートを重視する中小企業や、予算に制約のある成長企業は、GENIEE SFA/CRMの導入がおすすめです。

GENIEE SFA/CRMの公式サイトはこちら

CRMツールの一覧比較表に戻る

ホットプロファイル

ホットプロファイル
月額料金を含めた価格
サポート体制 専任スタッフサポート
管理者向けの初期設定ガイド
営業現場責任者向けセミナー
FAQサイト
機能 顧客データベース自動作成
新規開拓支援
名刺管理
営業支援
提供形態(オンプレミス型orクラウド型) クラウド型
無料トライアル
※出典:ホットプロファイル公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


ホットプロファイルのおすすめポイント
  • 「新規開拓」「名刺管理」「営業支援」をすべて1つに集約した
  • 複数の機能を利用することなくまずは必要な機能だけでコストを抑えて始められる
  • データ移行のサポートを始め、移行にまつわる作業負担が、最小で済む

ホットプロファイルは、「新規開拓」「名刺管理」「営業支援」をすべて1つに集約したCRMツールです。

ホットプロファイルの導入によって、営業活動全体を一元管理でき、効率的かつ効果的な営業活動を支援することで、営業成果を最大化できるでしょう。

以上より、営業活動を強化したい企業、特に新規顧客開拓や営業プロセスの効率化を重視する中小企業や大企業の営業部門は、ホットプロファイルの導入がおすすめです。

ホットプロファイル

株式会社ハンモック



CRMツールの一覧比較表に戻る

SHANON MARKETING PLATFORM

SHANON MARKETING PLATFORM
月額料金を含めた価格 月額費用120,000円~(税別)
サポート体制 導入・構築支援サービス
定着支援サービス
無償カスタマーサポート
無償トレーニング
機能 顧客の検討再開をキャッチ
興味フェーズ顧客管理
名刺情報自動取り込み
MA機能
セグメントメール配信
提供形態(オンプレミス型orクラウド型) クラウド型
無料トライアル 無料デモあり
※出典:SHANON MARKETING PLATFORM公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


SHANON MARKETING PLATFORMのおすすめポイント
  • 多様で複雑なマーケティングチャネルに幅広く対応が可能
  • リードの履歴情報をもとに細かなパーソナライズが可能
  • 導入前後の充実したサポートで再現性のあるマーケティングが可能

SHANON MARKETING PLATFORMは、多様で複雑なマーケティングチャネルに幅広く対応が可能なCRMツールです。

SHANON MARKETING PLATFORMの導入によって、マルチチャネル戦略を効果的に展開でき、ターゲット顧客へのリーチとエンゲージメントを最大化できるでしょう。

以上より、複数のマーケティングチャネルを活用する企業、特にマーケティングキャンペーンの複雑性が高い大規模企業やデジタルマーケティングに注力する会社は、SHANON MARKETING PLATFORMの導入がおすすめです。

SHANON MARKETING PLATFORMの公式サイトはこちら

CRMツールの一覧比較表に戻る

Microsoft Dynamics 365

Microsoft Dynamics 365
月額料金を含めた価格 B1 ユーザー月額 10,494円~
サポート体制
機能 AIを活用したデータ分析
顧客のニーズ可視化
提供形態(オンプレミス型orクラウド型) クラウド型、オンプレミス型
無料トライアル 〇(30日間)
※出典:Microsoft Dynamics 365公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


Microsoft Dynamics 365のおすすめポイント
  • Copilotの新機能を使用して、マーケティングキャンペーンを迅速に開始し、ワークフローを簡素化する
  • AIとリアルタイムの分析情報を活用して顧客を理解して収益拡大
  • ビジネス全体で人、プロセス、データを結び付けることで、パフォーマンスを向上

Microsoft Dynamics 365は、Copilotの新機能を使用して、マーケティングキャンペーンを迅速に開始し、ワークフローを簡素化するCRMツールです。

Microsoft Dynamics 365の導入によって、マーケティングキャンペーンの立ち上げ速度が向上し、業務プロセスが効率化されるため、マーケティングチームの生産性が高まるでしょう。

以上より、迅速なキャンペーン展開と効率的なワークフロー管理が求められる企業、特に短期間での市場投入が重要なスタートアップやダイナミックな市場で競争する会社は、Microsoft Dynamics 365の導入がおすすめです。

Microsoft Dynamics 365の公式サイトはこちら

CRMツールの一覧比較表に戻る

Oracle Sales Cloud

Oracle Sales Cloud
月額料金を含めた価格
サポート体制
機能 AIアシスタント
直感的な操作が可能なUI
提供形態(オンプレミス型orクラウド型) クラウド型、オンプレミス型
無料トライアル 無料デモあり
※出典:Oracle Sales Cloud公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


Oracle Sales Cloudのおすすめポイント
  • 重要なデータを使用してより優れた販売計画を構築する
  • 包括的なカスタマー・プロファイルを提供する
  • 営業担当者をガイドし、取引を成立させる

Oracle Sales Cloudは、重要なデータを使用してより優れた販売計画を構築するCRMツールです。

Oracle Sales Cloudの導入によって、データに基づいた精度の高い販売計画が策定できるため、売上予測の精度が向上し、リソースの最適配分が可能になるでしょう。

以上より、販売計画の精度を重視し、データドリブンなアプローチを求める企業、特に販売戦略が業績に直結する小売業や製造業の会社は、Oracle Sales Cloudの導入がおすすめです。

Oracle Sales Cloudの公式サイトはこちら

CRMツールの一覧比較表に戻る

Beerfroth

Beerfroth
月額料金を含めた価格 Basic:4,500円/月~
※CRM
Standard:19,500円/月~
※CRM+MA
Professional:36,000円/月~
※CRM+MA+SFA
サポート体制 都度運用サポート
機能 MA
CRM
SFA
メール配信
アクション分析
会員管理
提供形態(オンプレミス型orクラウド型) クラウド型
無料トライアル 〇(2週間)
※出典:Beerfroth公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


Beerfrothのおすすめポイント
  • 実際の営業活動とウェブサイトからの営業活動、両面の営業を統合し相乗効果を生み出し売上に結び付ける
  • AI が抽出した受注確率の高い顧客に提案を実施
  • 新規顧客開拓からリピートオーダーまでを一元管理する多彩な機能

Beerfrothは、実際の営業活動とウェブサイトからの営業活動、両面の営業を統合し相乗効果を生み出し売上に結び付けるCRMツールです。

Beerfrothの導入によって、オンラインとオフラインの営業活動の良いとこどりで、売り上げを最大化できるでしょう。

以上より、営業活動の最適化を図るだけでなく、MA/CRM/SFA機能で売上向上を図りたい企業は、Beerfrothの導入がおすすめです。

Beerfrothの公式サイトはこちら

CRMツールの一覧比較表に戻る

まとめ|一覧比較表をチェックして自社に合った顧客管理システムを選択しよう

まとめ|一覧比較表をチェックして自社に合った顧客管理システムを選択しよう 当記事では、そもそもCRMツールとは何かから、比較ポイントや導入時の注意点、おすすめのCRMツールまで幅広く解説しました。

CRMツールは自社に合った製品を選び、導入に成功すれば、顧客管理から営業活動、マーケティング施策まで、業務プロセス全体を効率化できる強力なツールです。

一方で、自社に合う機能がない製品を選んでしまったり、既存のシステムとの連携がうまくいかなかったりすると、逆に業務全体の効率を下げかねません。

そのため、当記事を読み込み、CRMツールに関する理解を深めたうえで資料請求に移り、導入の失敗確率を下げましょう。

最後に現在資料請求が可能な、CRMツール一覧を紹介します。

資料請求可能なCRMツール一覧

GEOCRM.com

ブルーテック株式会社


ホットプロファイル

株式会社ハンモック


Synergy!

シナジーマーケティング株式会社


Sales Cloud

株式会社セールスフォース・ジャパン


Sansan

Sansan株式会社


eセールスマネージャーRemix Cloud

ソフトブレーン株式会社


Knowledge Suite

ブルーテック株式会社


monday sales CRM

株式会社ギャプライズ


Mazrica Sales

株式会社マツリカ


SKYPCE

Sky株式会社


プロワン

株式会社ミツモア


トーニチ・ネクスタ・メイシ

東日印刷株式会社


Liny

ソーシャルデータバンク株式会社


kintone

サイボウズ株式会社


Salesforce Starter

株式会社セールスフォース・ジャパン


カスタマーリングス

株式会社プラスアルファ・コンサルティング  東証プライム上場



この記事を書いた人
株式会社EXIDEA (HonNe編集部)
HonNeをはじめとした生活インフラ・重要購入品に関するメディアを運営する株式会社EXIDEA(HonNe編集部)が執筆をしています。HonNe編集部では、生活や仕事に関わる製品サービスを日々研究・利用し、本音でレビューしたコンテンツと比較ランキング・おすすめ品を紹介しています。