当ページに含まれる広告と商品評価について
当ページには広告リンクが含まれており、当ページを経由して商品・サービスの申込みがあった場合、提携している各掲載企業から広告報酬を受け取ることがあります。ただし、当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無に一切関わらず、コンテンツポリシーに基づき、当サイト独自の調査と実際に使用したレビューをもとに掲載しております。当サイトで得た収益は、皆様により役立つコンテンツを提供するために、品質向上等に還元しております。
人事評価システムのおすすめを比較!選び方や安いサービスも紹介

人事評価システムのおすすめ19製品を比較!選び方や価格の安いサービスも紹介【2024年7月最新】


当記事では、編集部がおすすめする人事評価システム19製品を比較して紹介します。

また、機能、サポート体制、価格などを一括で比較できる、おすすめの人事評価システム19製品の一覧比較表を作成しました。これを見れば自社に合うであろう製品を簡単に絞り込めるでしょう。

おすすめの人事評価システムの一覧比較表を見る

また、記事内では、そもそも人事評価システムとは何か人事評価システムの選び方・比較ポイントについても解説しています。ぜひ最後までご覧ください。

無料で一括請求 人事評価システムの資料をまとめて請求する

当記事で比較する人事評価システム19製品
  • HRBrain
  • あしたのクラウドHR
  • 人事評価ナビゲーター
  • ヒョーカクラウド/評価ポイント
  • WiMS/SaaS人事考課システム
  • ざんまいクラウド
  • MONJU
  • ジンジャー人事評価
  • CYDAS
  • HRMOSタレントマネジメント
  • One人事
  • sai*reco
  • カオナビ
  • JOB Scope
  • タレントパレット
  • SmartHR
  • スキルナビ
  • ヒトマワリ
  • MINAGINE

目次

人事評価システムとは

人事評価システムとは 人事評価システムとは、従業員の評価に関わるデータを一元管理し、評価業務を効率化するためのシステムです。目標設定、自己評価、上司や同僚からのフィードバックなど、さまざまな評価要素を統合し、管理する機能を備えています。

従来、人事評価シートは、エクセルや紙を使って作成・管理しており、しており、配布や回収の手間がかかるうえに、評価の正確性や公平性にも課題がありました。

評価プロセス全体をシステム上で管理できる人事評価システムならば、回収・管理の手間を省き、より精密で公平な評価が実現するでしょう。

また、360度評価やコンピテンシー評価、個人目標制度(MBO)など、さまざまな評価方法に対応した人事評価システムが提供されており、各社が採用している人事評価方法をそのまま使用できます。

加えて、人事評価システムの導入によって評価内容の見える化を実現し、納得感のある人事評価を実現することで、社員の満足度向上や離職率の改善が実現可能です。

これらの理由から、人事評価システムは人事評価業務の効率化と公平性の向上を手助けする、企業の人材マネジメントにおいて欠かせないツールになりつつあります。

本章では、人事評価システムの基本知識を解説しました。次章では、上記の内容を踏まえて、人事評価システムの比較ポイントを紹介します。

自社に適した人事評価システムの選び方を知るためにもぜひご一読ください。

人事評価システムの比較ポイント

人事評価システムの比較ポイント 本章では、人事評価システムの比較ポイントを紹介します。自社に合わないサービスを選んでしまい、導入に失敗しないためにもぜひご覧ください。

自社の人事評価制度にそのまま対応できるか

人事評価システムを比較する際、自社の既存の人事評価制度にそのまま対応できるかどうかを確認しましょう

たとえば、コンピテンシー評価、目標管理制度(MBO)、360度評価など評価制度には、多様な方法があります。

コンピテンシー評価には対応しているが360度評価には対応していないといったように、人事評価システムによって対応している評価制度にばらつきがあります。加えて、特殊な評価基準を設けている企業では、評価項目を自由にカスタマイズできるかどうかも重要なチェックポイントです。

人事評価システム導入後も従来の評価制度を継続して使用するために、評価テンプレートが自社の評価項目やフローに合致するかを確認し、必要に応じてカスタマイズ機能がある人事評価システムを選びましょう

企業規模や業種に適しているか

人事評価システムの比較において、企業規模や業種に応じた適切な機能が備わっているかを確認してください。従業員の規模によって、求められる機能やシステムの柔軟性は異なります。

たとえば、大企業では従業員数が多く、評価シートの管理が煩雑になるため、評価シートの進捗を確認する機能や提出を督促する機能が必要です。また、グループ企業間での人材情報を一元管理し、横断的な人材検索や管理が可能な人事評価システムが求められます。

一方、中小企業では、従業員個々のスキルや成長を重視する傾向が強いため、個人の目標管理や振り返りをサポートする機能を備えた人事評価システムが有用です。たとえば1on1のテンプレート機能や個人の成長を促進するためのコンピテンシー評価機能などが重宝されます。

また、自治体など特定の業種では、政府のセキュリティ要件(LGWANやISMAP)を満たす製品が必要になるケースもあるため注意が必要です。

企業の現状の人事評価フローを整理し、現行の問題点や改善点を把握することで、人事評価システム導入の際に必要な機能を明確にしておくことが重要です。

既存のシステムと連携可能か

給与システムや勤怠管理システムなど、自社がすでに導入しているシステムと連携可能かどうかも人事評価システムを比較する上で重要です。システム間の連携がスムーズに行われないと、業務効率が低下し、せっかくの導入効果が十分に発揮されない可能性があります。

たとえば、既存の給与システムや勤怠管理システムと連携できれば、従業員の遅刻回数と人事評価を関連付けることができ、より正確な評価ができます。連携方法としては、以下の2つが一般的です。

  • CSVデータのエクスポート/インポート
  • 手動の作業が必要ですが、多くのシステムで対応できます。
  • API連携(自動同期)
  • 高い互換性を持つシステム同士であれば、自動でデータを同期可能です。データの更新や管理が自動化され、作業効率が向上します。

既存のシステムと連携することで、人事評価システムで収集したデータを他の業務にも活用できます。また、データを一元管理することで、入力ミスの防止や管理の徹底が可能です。

人事業務の効率化と精度向上を実現するためにも、人事評価システム選定時には、連携性を確認しましょう

運営会社によるサポートが充実しているか

人事評価システムを効果的に活用するためには、操作方法や運用方法に関するサポートが必要になることが多くあります。ただし、サポート内容は運営会社によって異なるため、自社が必要とするサポートを提供している人事評価システムを選びましょう

たとえば、人事評価システム導入の目的が「人事評価制度の構築」や「既存の人事評価の改善」である場合、人事評価制度の構築からサポートする機能や、専門のコンサルタントによる見直しアドバイスを提供している人事評価システムがおすすめです。

また、サポートの手段も大切です。メールだけでなく電話での相談も可能なのか、操作方法に関するトレーニングを提供しているか、オンラインのヘルプセンターやFAQが用意されているのかなどを確認しましょう。

運営会社のサポートが充実していることで、人事評価システムの導入・運用が円滑に進むだけでなく、従業員の評価業務に対する理解も深まり、評価制度の効果が最大限に発揮されるでしょう。

本章では、人事評価システムの比較ポイントを解説しました。次章では、人事評価システムの基本的な機能を紹介します。

自社に必要な機能を知るためにもぜひご一読ください。

基本的な機能を解説

基本的な機能を解説 人事評価システムには、製品ごとにさまざまな機能が搭載されています。基本的な機能は以下の通りです。

  • 従業員情報管理
  • 従業員の基本的な個人情報、職歴、異動の履歴、人事評価結果などを一元管理する機能です。個々の従業員の詳細な情報を簡単に参照でき、評価プロセスや人材管理が効率化されます。
  • 評価シートの作成・配布・回収
  • 評価制度に対応したテンプレートを利用して評価シートを作成し、配布から回収までを一貫してシステム上で行える機能です。手作業での管理が不要になり、評価プロセスの効率が向上します。
  • 評価シート収集の進捗管理やリマインド
  • 評価シートの提出状況を確認し、必要に応じて催促メールを送信するなどのリマインドが可能です。評価プロセスの滞りを防ぎ、運用がスムーズになります。
  • データ集計・分析・調整
  • 回収した評価データを自動で集計し、評価のバラつきを確認する機能です。評価の甘辛調整を行うこともでき、公平で正確な評価が実現します。
  • 評価ワークフロー
  • 評価プロセスにおける記入項目ごとに閲覧・編集制限をかけ、スムーズに各所からの評価を集計できるようにする機能です。進捗の可視化やアラート機能も搭載されています。
  • スキル管理
  • 従業員のスキルや保有資格、研修履歴などの情報を登録・管理する機能です。スキルマップを作成したり、キャリア分析に活用できます。
  • 組織図作成
  • 会社の組織図を簡単に作成できる機能です。誰がどの部署に所属しているのかを把握しやすくなります。
  • 異動シミュレーション
  • 組織図に表示された顔写真や名前を動かし、さまざまな人材配置をシミュレーションする機能です。最適な人材配置を検討できます。
  • CSV出力
  • 集計・分析したデータを紙やデータに出力できる機能です。給与システムなど各種ツールと連携し、フィードバックの面談や人事異動の際の資料として活用できます。

上記以外にも、各人事評価システムには特有の追加機能があります。搭載されている機能を事前に確認し、自社のニーズに合った人事評価システムを選びましょう。

本章では、人事評価システムの基本機能について解説しました。次章では、人事評価システムの3つの種類を紹介します。

人事評価システムには、どのような種類があるのか理解しましょう。

3種類の人事評価システムの特徴をそれぞれ解説

3種類の人事評価システムの特徴をそれぞれ解説 人事評価システムには、3つのタイプがあります。本章では、3つのタイプの特徴をそれぞれ紹介します。自社にはどの人事評価システムの型が向いているか確認しておきましょう。

人事評価特化型

人事評価特化型は、主に人事評価業務を効率化するための基本機能を搭載した人事評価システムです。製品ごとに多少の違いはありますが、以下のような機能が一般的に含まれます。

  • 従業員情報管理
  • 評価シートの作成・配布・回収
  • 評価シート収集の進捗管理やリマインド
  • データ集計・分析・調整
  • 評価ワークフロー

人事評価特化型の人事評価システムは評価プロセスの効率化に強みを持ちます。エクセルや紙ベースの運用に課題を感じている企業や、従業員数が少なく、多機能を必要としない企業におすすめです。

タレントマネジメント型

タレントマネジメント型は、従業員のスキルや能力に関する情報を幅広く収集し、収集した情報を基に戦略的な人材配置や人材育成を行うための人事評価システムです。

人事評価に留まらず、総合的な人材マネジメントに役立つ多機能な製品が多いのが特徴です。主に以下のような機能を備えています。

  • 人事評価
  • スキル管理組織図作成
  • 異動シミュレーション
  • アンケート・サーベイ機能

タレントマネジメント型の人事評価システムは、従業員一人ひとりの能力を最大限に引き出し、企業全体のパフォーマンス向上を目的としています。人事評価だけでなく、人材のスキルや経験を活用して戦略的な人材マネジメントを実現可能です。

そのため、組織全体の効率化や従業員のモチベーション向上、離職率の低減など、多くのメリットを享受でき、人材マネジメントにも注力したい企業に向いています。

複合型

複合型の人事評価システムは、人事評価機能に加えて、採用管理や労務管理などの多岐にわたる業務をカバーするシステムです。

このタイプの人事評価システムは、主に人事システムや労務管理システムとして提供され、多機能であるため、人事担当者の業務負担を軽減できます。具体的には以下のような機能を備えたシステムがあります。

  • 採用管理
  • 労務管理
  • 人事評価

複合型人事評価システムの最大の特徴は、多機能性です。人事評価だけでなく、採用管理や労務管理もカバーすることで、人事業務全体を一つのシステムで完結できます。

さらに、システム間の連携が不要になり、データの一貫性を保てることがメリットです。また、各機能が相互に連携することで、採用から評価、労務管理までのプロセスがシームレスにつながり、効率的な人材マネジメントが実現できるでしょう。

複合型の人事評価システムは、企業の規模や業種を問わず、多様なニーズに対応できる柔軟性が特徴です。そのため多機能なシステムを必要とする企業におすすめできます。

本章では、人事評価システムの3つの種類を紹介しました。次章では、人事評価システムを導入するメリットを紹介します。

メリットを知り、人事評価システム導入後の効果を最大化するためにもぜひご一読ください。

人事評価システム導入のメリット

人事評価システム導入のメリット 人事評価システムを導入するメリットを紹介します。自社が抱えている課題が解決できるかどうか、人事評価システムで実現できることを理解し、システムを最大限に活用しましょう。

人事評価業務が効率化する

人事評価システムのメリットの一つは、人事評価業務の効率化です。従来、エクセルや紙ベースで行われていた人事評価は、配布や回収、集計といった作業に手間がかかり、時間と労力を要していました。

しかし、人事評価システムを導入することで、評価シートの作成・配布・回収がシステム上で完結できるため、紙の印刷や配布作業が不要です。

また、評価シートの提出状況をリアルタイムで確認でき、必要に応じてリマインドメールを送信する機能も備えています。その結果、提出漏れや遅延を防ぎ、評価プロセスをスムーズに進行可能です。

さらに、人事評価システムは評価データの自動集計機能を持っており、評価結果の分析や報告書の作成を迅速に行えます。そのため、人事担当者は評価データの集計や分析を手作業でする必要がありません

加えて、評価のバラつきを確認し、必要に応じて調整する機能もあるため、公平で正確な評価が実現します。

人事評価システムの導入により、人事評価業務の効率化ができれば、より重要な業務に専念できるようになり、企業の利益に直結する業務の強化が可能です。

公平な人事評価が実現する

人事評価システムの導入は、公平で透明性の高い人事評価を実現するための重要な手段です

従来の評価プロセスでは、評価基準が曖昧であったり、評価者の主観や先入観が入り込むことが多く、公平性に欠けることがありました。その結果、従業員が不満を抱き、離職につながってしまうこともあるでしょう。

人事評価システムは、360度評価や目標達成度(MBO)、コンピテンシー評価など、客観的な評価方法を取り入れることで、評価者の主観を排除し、公平な評価を可能にします

たとえば、複数の評価者からの多面的なフィードバックを収集する360度評価は、一人の評価者の偏見を防ぎ、よりバランスの取れた評価を提供可能です。

また、評価の過程や基準が明確になることで、評価者も評価される側も評価の根拠を理解しやすくなり、フィードバックや面談を通じて具体的な改善点や成果を共有できます。従業員は自身の評価に納得しやすくなり、エンゲージメントの向上に貢献可能です。

人事情報を管理しやすくなる

人事評価システムを導入することで、人事情報の管理が容易になります。

従来、従業員の個人情報や経歴データ、スキルなどは担当部署ごとに管理され、評価結果も個別にエクセルなどで保管されることが一般的でした。情報が分散している状態では、必要な情報を探し出すのに多くの手間がかかり、運用ミスの原因になります。

人事評価システムは、評価シートや名簿、給与システムなど複数の場所に散在していたデータを一つのシステムにまとめることで、必要な情報に素早くアクセスできるようになり、管理の効率が向上します。

加えて、分散していた情報を一元化することで、アクセスする情報の最新性も担保できます。「情報が古かったためにミスが発生した」といったトラブルを避けられるようになり、最新の情報を基にした、より正確で信頼性の高い人事評価や配置が実現するでしょう

適した場所に人材を配置できる

人事評価システムで、従業員のスキル、過去の評価、実績などのデータを一元管理することで、適切な部署やプロジェクトへの配置が容易になります。

たとえば、人事異動の際に、単にスキルだけでなく、これまでの仕事ぶりや実績も考慮して最適な配置を行うことが可能です。各従業員がその能力を最大限に発揮できる環境を整えられます。

また、人事評価システムは、企業全体の従業員データを横断的に管理できるため、グループ各社を含めた全体の人材把握が可能です。特に大企業においてグループ企業間での適材適所の配置が可能となり、企業全体の競争力が向上します。

また、人事担当者が変わってもシステム上に最新情報が記録されているため、記憶に依存しない運用が可能です。

本章では、人事評価システムを導入するメリットについて解説しました。次章では、上記の内容を踏まえて、人事評価システムを導入するデメリットを紹介します。

デメリットを知らず、導入を後悔してしまうようなことがないよう、ぜひご一読ください。

導入前にデメリットも確認しておこう

導入前にデメリットも確認しておこう 人事評価システムの導入には多くのメリットがありますが、デメリットや注意点も確認しておかなければなりません

まず、人事評価システムを導入する際には、初期の導入から運用に乗せるまでに一定の工数が必要です。これまでの人事評価制度を見直し、システムに反映させるための改善作業が求められます。

たとえば、従来のExcelや紙ベースでの評価をデジタルシステムに移行する際、既存のデータを正確に移行し、新しい評価基準やプロセスを設定する必要があります。時間と労力がかかる作業ですが、中長期的には業務効率化につながるため、事前に計画を立てて進めましょう。

また、人事評価システムを導入するだけでは、その効果を十分に発揮できません。実際にシステムを利用する人事担当者や評価者がその機能を使いこなすことが必要です。

操作レクチャーやトレーニングの時間を確保し、担当者がシステムの機能を最大限に活用できるようにしましょう。不安がある場合は、フォローアップやサポートが充実している製品を選ぶことをおすすめします。

人事評価システムの導入には初期コストだけでなく、運用開始後もランニングコストが発生します。導入の費用が無駄になってしまわないよう、導入前の事前準備を怠らないようにしましょう。

本章では、人事評価システムを導入するデメリットについて解説しました。次章では、上記の内容を踏まえて、おすすめの人事評価システム19選を一覧比較表で紹介します。

一覧比較表を確認して、各人事評価システムの特徴を掴みましょう。

【2024年7月最新】おすすめの人事評価システム19選の一覧比較表!各製品の価格や機能を紹介

おすすめの人事評価システムの一覧比較表 本章では、当サイトがおすすめする人事評価システム19製品の一覧比較表を掲載します。

この比較表では機能やサポート体制、価格などを一括で比較できるため、時間のない人事評価システム選定担当者の方でも、迅速かつ簡単に自社に合う可能性の高い人事評価システムを絞り込むことができます。

自社に合いそうな人事評価システムを5~6つくらいまで絞り込み資料請求をして、営業担当の方に詳しい話を聞きながら選定することで、自社の業務を最適化できる人事評価システムを選べる可能性が高まるでしょう。

人事評価
システム
HRBrain あしたのクラウドHR 人事評価ナビゲーター ヒョーカクラウド
/評価ポイント
WiMS/SaaS
人事考課システム
ざんまいクラウド MONJU ジンジャー人事評価 CYDAS HRMOS
タレントマネジメント
One人事 sai*reco カオナビ JOB Scope タレントパレット SmartHR スキルナビ ヒトマワリ MINAGINE
資料請求リスト
に追加する
提供形態 クラウド クラウド クラウド クラウド SaaS クラウド クラウド クラウド クラウド クラウド SaaS クラウド クラウド SaaS クラウド クラウド クラウド クラウド クラウド
機能 評価テンプレート
シートカスタマイズ
ワークフロー設定など
360度評価
甘辛分析
目標履歴など
経営者向けの報告書の
自動生成
フィードバック面談や行動観察メモを記録など
評価管理
エクセル出力
360度評価など
ワークフロー機能
パーソナライズ機能
通知メッセージなど
進捗管理
権限設定
進捗督促など
評価シート設定
一括リマインド設定
評価フロー設定
人材データ
MBO・コンピテンシー評価
評価フィードバックなど
360度フィードバック
スキル管理
目標・評価管理
目標管理
人事評価
スキル管理など
アラート機能
評価機能
組織図
人材データベース
スキル管理
ポジション管理など
採用管理
適職性診断
人材配置
1on1面談
パルスサーベイやエンゲージメントサーベイ
人事評価結果と賃金テーブルとの連動で昇降給
キャリアマネジメント
人的資本経営情報(ISO30414)
360度評価
コンピテンシー評価
甘辛調整
人事評価
スキル管理
配置シミュレーション
スキル管理
育成施策管理
従業員サーベイなど
人材データベース機能
評価・ワークフロー・アンケートなど
進捗管理
評価結果のCSV出力など
サポート体制 専任担当によるサポート
オンランセミナー
チャット
電話
専任のカスタマーサクセスチームによるサポート サポートセンター 電話
メール
Web 電話
オンライン
メール
電話
Web相談
専任担当者のサポート
ヘルプサイト
電話
メール
オンライン
メール
Webミーティング
チャットボット
専任サポート
サポートツール
専任サポート
サポートツール
人事コンサルや社労士によるコンサルティング ヘルプセンター
チャットサポート
オンライン運用サポート
専属CSサポート
オンラインサポート
専用マニュアル作成
導入サポート 初期設定代行
運用コンサルティング
評価シート作成支援
価格 問い合わせ 問い合わせ 月額5,500円〜 問い合わせ 問い合わせ 月額基本料金100円 月額240,000円〜 月額300円〜 問い合わせ 問い合わせ 問い合わせ 月額220円〜 問い合わせ 初期費用:30万円
1アカウント:800円/月
※アカウント数に応じた割引有り
問い合わせ 問い合わせ 問い合わせ 月額20,000円〜 月額10,000円〜
無料トライアル・デモ ◯(デモ) ◯(デモ) ◯(デモ) ◯(90日間) ◯(1ヶ月) ◯(デモ) ◯(デモ) ◯(14日間) ◯(デモ) ◯(デモ) ◯(15日間) ◯(デモ)
既存システムとの連携 SmartHR
給与奉行クラウド
LINE WORKSなど
Slack
キングオブタイムなど
HRMOS採用 Slack Slack
マネフォ給与
SmartHR
可能 Chatwork
マネフォ給与
カオナビなど
詳細 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ

次章では、各人事評価システムについて、より具体的な情報を紹介していきます。気になっている人事評価システムについて、より詳細な情報を確認しましょう。

人事評価特化型のおすすめの人事評価システムを比較

人事評価特化型のおすすめの人事評価システムを比較 本章では各人事評価特化型の人事評価システムの詳しい情報を紹介します。価格や機能だけでなく、具体的にどんな企業におすすめかも解説しているので、ぜひ参考にしてください。

HRBrain

HRBrain
提供形態 クラウド
機能 評価テンプレート、シートカスタマイズ、ワークフロー設定など
サポート体制 あり
価格 問い合わせ
無料トライアル・デモ あり
既存システムとの連携 SmartHR、給与奉行クラウド、LINE WORKSなど
※出典:HRBrain公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


HRBrainのおすすめポイント
  • OKR・MBOなど制度・目的に合わせた評価テンプレートが充実しているため、初期導入がスムーズ
  • 企業の評価制度に合わせて評価シートやワークフローを自由にカスタマイズ可能
  • 使いやすさを重視しており、シンプルな操作性で初心者の方でも安心して導入できる

HRBrainは、OKR・MBOなど制度・目的に合わせた評価テンプレートが充実しているため、初期導入がスムーズな人事評価システムです。

HRBrainの導入によって、企業は、短期間で効果的な評価制度を導入でき、従業員のパフォーマンスを早期に向上させられるでしょう。

以上より、急成長中で新たな評価制度を迅速に整えたいスタートアップの会社は、HRBrainの導入を検討してみてください。

HRBrain

株式会社HRBrain


人事評価システムの一覧比較表に戻る

あしたのクラウドHR

あしたのクラウドHR
提供形態 クラウド
機能 360度評価、甘辛分析、目標履歴など
サポート体制 あり
価格 問い合わせ
無料トライアル・デモ あり
既存システムとの連携 Slack、キングオブタイムなど
※出典:あしたのクラウドHR公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


あしたのクラウドHRのおすすめポイント
  • AI による「目標添削機能」・「評価者モニタリング機能」など他社にはない独自の技術
  • 創業12年で培ったノウハウでサービス導入企業4000社の確かな実績がある
  • 厳しい認定試験をクリアした「評価マイスター」による万全なサポート体制

あしたのクラウドHRは、AI による「目標添削機能」・「評価者モニタリング機能」など他社にはない独自の技術を持つ人事評価システムです。

あしたのクラウドHRの導入によって、目標設定と評価の精度を高め、偏りのない公正な評価を実現できるでしょう。

以上より、多様なバックグラウンドを持つ従業員が多い大手グローバル企業は、あしたのクラウドHRの導入を検討してみてください。

あしたのクラウドHR

株式会社あしたのチーム


人事評価システムの一覧比較表に戻る

人事評価ナビゲーター
提供形態 クラウド
機能 経営者向けの報告書の自動生成、
フィードバック面談や行動観察メモを記録など
サポート体制 あり
価格 月額5,500円〜
無料トライアル・デモ あり
既存システムとの連携
※出典:人事評価ナビゲーター公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


人事評価ナビゲーターのおすすめポイント
  • 月額料金5,500円からと業界トップクラスの低価格で提供するため、長期的な運用が可能
  • 必要な機能だけを揃え、現場の使いやすさを意識したシステム設計
  • 人事制度構築コンサルティングの実績がある会社が運営

人事評価ナビゲーターは、月額料金5,500円からと業界トップクラスの低価格で提供するため、長期的な運用が可能な人事評価システムです。

人事評価ナビゲーターの導入によって、低コストで高品質な人事評価システムを長期間運用でき、予算を他の重要な業務に振り分けられるでしょう。

以上より、コスト効率を重視する中小企業やベンチャー企業は、人事評価ナビゲーターの導入を検討してみてください。

人事評価ナビゲーター

株式会社日本経営


人事評価システムの一覧比較表に戻る

ヒョーカクラウド/評価ポイント

ヒョーカクラウド/評価ポイント
提供形態 クラウド
機能 評価管理、エクセル出力、360度評価など
サポート体制 あり
価格 問い合わせ
無料トライアル・デモ あり
既存システムとの連携
※出典:ヒョーカクラウド/評価ポイント公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


ヒョーカクラウド/評価ポイントのおすすめポイント
  • IT導入補助金の対象サービスで最大50%導入費用がオフ
  • スキルマップ機能で従業員のスキルを把握でき、適切な指導が可能
  • 閲覧者の権限を細かく設定できるため複雑な組織での利用にも向いている

ヒョーカクラウド/評価ポイントは、IT導入補助金の対象サービスで最大50%導入費用がオフになる人事評価システムです。

ヒョーカクラウド/評価ポイントの導入によって、異なる役職や部署に応じて情報のアクセス権を柔軟に管理でき、情報セキュリティを強化しつつ円滑な運用が可能になるでしょう。

以上より、多層的な組織構造を持つ大企業や多国籍企業は、ヒョーカクラウド/評価ポイントの導入を検討してみてください。

ヒョーカクラウド/評価ポイント

株式会社シーグリーン


人事評価システムの一覧比較表に戻る

WiMS/SaaS 人事考課システム

WiMS/SaaS 人事考課システム
提供形態 SaaS
機能 ワークフロー機能、パーソナライズ機能、通知メッセージなど
サポート体制 あり
価格 問い合わせ
無料トライアル・デモ
既存システムとの連携
※出典:WiMS/SaaS 人事考課システム公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


WiMS/SaaS 人事考課システムのおすすめポイント
  • ジョブ型雇用の人事評価や、コンピテンシー評価、 MBO 評価など、企業の要件に柔軟に対応
  • 既存の人事給与管理システムとの連携が可能
  • 大手企業への導入実績を活かした豊富な人事評価シートのテンプレートあり

WiMS/SaaS 人事考課システムは、ジョブ型雇用の人事評価や、コンピテンシー評価、 MBO 評価など、企業の要件に柔軟に対応する人事評価システムです。

WiMS/SaaS 人事考課システムの導入によって、自社の雇用形態や評価基準に合わせたカスタマイズが可能で、従業員の成果を正確に反映した評価ができるでしょう。

以上より、多様な評価基準を持つ先進的な大手企業や人事制度改革を進める企業は、WiMS/SaaS 人事考課システムの導入を検討してみてください。

WiMS/SaaS 人事考課システムの公式サイトはこちら

人事評価システムの一覧比較表に戻る

ざんまいクラウド

ざんまいクラウド
提供形態 クラウド
機能 進捗管理、権限設定、進捗督促など
サポート体制
価格 月額基本料金100円
無料トライアル・デモ あり
既存システムとの連携
※出典:ざんまいクラウド公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


ざんまいクラウドのおすすめポイント
  • 利用料金は使った評価イベントだけなので、無駄な費用がかからない
  • 正式申込から最短5営業日で利用開始可能
  • 能力評価シート・多面評価シートのテンプレートには、厚生労働省の「職業能力評価基準」を採用

ざんまいクラウドは、利用料金は使った評価イベントだけで、無駄な費用がかからない人事評価システムです。

ざんまいクラウドの導入によって、必要な時に必要なだけ評価イベントを実施でき、コストを最適化しながら効率的に人事評価を行うことができるでしょう。

以上より、評価イベントの頻度が変動する中小企業やプロジェクトベースで運営される企業は、ざんまいクラウドの導入を検討してみてください。

ざんまいクラウド

株式会社K2インフィニティーズ


人事評価システムの一覧比較表に戻る

MONJU

MONJU
提供形態 クラウド
機能
サポート体制
価格 月額240,000円〜
無料トライアル・デモ あり
既存システムとの連携
※出典:MONJU公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


MONJUのおすすめポイント
  • 従業員20人から100人の中小企業に適したツール
  • 評価を数値化して曖昧な評価をなくし、従業員が納得する評価制度を確立
  • 「期待リレー」機能で上司から部下へ期待していることを届けられる

MONJUは、従業員20人から100人の中小企業に適したツールです。

MONJUの導入によって、透明性の高い評価制度を構築でき、従業員のモチベーションとエンゲージメントを向上させられるでしょう。

以上より、従業員の士気向上や公平な評価制度を重視する企業文化を持つ企業は、MONJUの導入を検討してみてください。

MONJU

コムネット株式会社


人事評価システムの一覧比較表に戻る

ジンジャー人事評価

ジンジャー人事評価
提供形態 クラウド
機能 評価シート設定、一括リマインド設定、評価フロー設定
サポート体制 あり
価格 月額300円〜
無料トライアル・デモ あり
既存システムとの連携
※出典:ジンジャー人事評価公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


ジンジャー人事評価のおすすめポイント
  • 他の人事労務サービスとの連携で人事労務業務をまとめて管理可能
  • セキュリティ体制も万全で安心して利用可能
  • 評価未対応者への催促の連絡や修正依頼は一括でメッセージ送信可能

ジンジャー人事評価は、他の人事労務サービスとの連携で人事労務業務をまとめて管理可能な人事評価システムです。

ジンジャー人事評価の導入によって、複数の人事労務業務を一元化して管理し、業務効率を大幅に向上させ、ミスの削減や業務負担の軽減が実現できるでしょう。

以上より、人事労務業務が多岐にわたる大企業や業務効率化を図りたい企業は、ジンジャー人事評価の導入を検討してみてください。

ジンジャー人事評価

jinjer株式会社


人事評価システムの一覧比較表に戻る

本章では、人事評価特化型のおすすめ人事評価システムを紹介しました。次章では、タレントマネジメント型のおすすめ人事評価システムを紹介します。

タレントマネジメント型の人事評価システムの導入を検討している方は、自社のシステム選定の参考にしてください。

おすすめのタレントマネジメント型人事評価システム5選を比較

おすすめのタレントマネジメント型人事評価システムを比較 本章では各タレントマネジメント型人事評価システムの詳しい情報を紹介します。価格や機能だけでなく、具体的にどんな企業におすすめかも解説しているので、ぜひ参考にしてください。

CYDAS

CYDAS
提供形態 クラウド
機能 人材データ、MBO・コンピテンシー評価、評価フィードバックなど
サポート体制 あり
価格 問い合わせ
無料トライアル・デモ あり
既存システムとの連携
※出典:CYDAS公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


CYDASのおすすめポイント
  • MBO・コンピテンシー評価や360度評価など幅広い機能が搭載
  • すべての働き手が使いやすいシステム設計で分析対象となるデータをしっかり収集
  • 社員の働きがいを作るための機能を揃えたツールで組織の成長につなげられる

CYDASは、MBO・コンピテンシー評価や360度評価など幅広い機能が搭載された人事評価システムです。

CYDASの導入によって、従業員のモチベーションと満足度を高め、組織全体の生産性と成長を促進できるでしょう。

以上より、従業員のエンゲージメント向上や働きがいを重視する企業文化を持つ企業は、CYDASの導入を検討してみてください。

サイダス

株式会社サイダス


人事評価システムの一覧比較表に戻る

HRMOSタレントマネジメント

HRMOSタレントマネジメント
提供形態 クラウド
機能 360度フィードバック、スキル管理、目標・評価管理
サポート体制 あり
価格 問い合わせ
無料トライアル・デモ あり
既存システムとの連携 HRMOS採用
※出典:HRMOSタレントマネジメント公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


HRMOSタレントマネジメントのおすすめポイント
  • すべての人が使いやすいデザインでグッドデザイン賞などを受賞
  • 培ったノウハウをもとに課題解決の提案から実行までサポート
  • 採用管理システム「HRMOS採用」と連携すれば内定承諾者のデータを自動同期

HRMOSタレントマネジメントは、すべての人が使いやすいデザインでグッドデザイン賞などを受賞した人事評価システムです。

HRMOSタレントマネジメントの導入によって、直感的な使いやすさから、従業員の操作ミスを減らし、システムの定着率を向上させられるでしょう。

以上より、UI/UXを重視し、従業員の業務効率を高めたい企業は、HRMOSタレントマネジメントの導入を検討してみてください。

HRMOSタレントマネジメント

株式会社ビズリーチ


人事評価システムの一覧比較表に戻る

One人事

One人事
提供形態 SaaS
機能 目標管理、人事評価、スキル管理など
サポート体制 あり
価格 問い合わせ
無料トライアル・デモ
既存システムとの連携 Slack
※出典:One人事公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


One人事のおすすめポイント
  • 中小企業から大手企業だけでなく官公庁へ導入実績あり
  • 人事評価だけでなく労務管理や人材育成など入社から退社までの業務をワンストップで可能
  • 自社の課題に合わせて必要な機能だけを導入可能

One人事は、中小企業から大手企業だけでなく官公庁へ導入実績のある人事評価システムです。

One人事の導入によって、一つのシステムで人事評価から労務管理、人材育成までを包括的に管理でき、業務の一貫性と効率性を大幅に向上させられるでしょう。

以上より、人事関連業務を統合して効率化したい中規模から大規模の企業は、One人事の導入を検討してみてください。

One人事[タレントマネジメント]

One人事株式会社


人事評価システムの一覧比較表に戻る

sai*reco(サイレコ)

sai*reco
提供形態 クラウド
機能 アラート機能、評価機能、組織図
サポート体制 あり
価格 月額220円〜
無料トライアル・デモ あり
既存システムとの連携
※出典:sai*reco公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


sai*recoのおすすめポイント
  • 評価シートの作成から配布・回収までをツールで完結し、業務担当者の負担を軽減
  • 定型業務を自動化し、人事戦略を考える時間を確保
  • 高いセキュリティ対策で大手金融機関も導入

sai*recoは、評価シートの作成から配布・回収までをツールで完結し、業務担当者の負担を軽減する人事評価システムです。

sai*recoの導入によって、評価シート関連の業務を自動化でき、人事担当者の作業負担を減らして、効率的な評価運営が可能になるでしょう。

以上より、人事部門の業務効率化を目指す企業は、sai*recoの導入を検討してみてください。

sai*reco(サイレコ)

株式会社アクティブアンドカンパニー


人事評価システムの一覧比較表に戻る

カオナビ

カオナビ
提供形態 クラウド
機能 人材データベース、スキル管理、ポジション管理など
サポート体制 あり
価格 問い合わせ
無料トライアル・デモ あり
既存システムとの連携 Slack、マネーフォワード クラウド給与、SmartHR
※出典:カオナビ公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


カオナビのおすすめポイント
  • 人事に関する深い知見を持った人事出身者が作ったツール
  • カスタマイズ性が高く、複雑な評価制度にも柔軟に対応できる
  • 充実したサポート体制で継続率99パーセント

カオナビは、人事に関する深い知見を持った人事出身者が作ったツールです。

カオナビの導入によって、導入後のサポートを十分に活用し、安心して長期的にシステムを利用し続けられるでしょう。

以上より、初めて人事評価システムを導入する企業や、サポート体制を重視する企業は、カオナビの導入を検討してみてください。

カオナビ

株式会社カオナビ


人事評価システムの一覧比較表に戻る

本章では、タレントマネジメント型のおすすめ人事評価システムを紹介しました。次章では、おすすめの複合型人事評価システムを紹介します。 複合型人事評価システムの導入を検討している方は、自社のシステム選定の参考になるためぜひご一読ください。

おすすめの複合型人事評価システム4選を比較

おすすめの複合型人事評価システムを比較 本章では各複合型人事評価システムの詳しい情報を紹介します。価格や機能だけでなく、具体的にどんな企業におすすめかも解説しているので、ぜひ参考にしてください。

JOB Scope

JOB Scope
提供形態 SaaS
機能 採用管理、適職性診断、人材配置、1on1面談、パルスサーベイやエンゲージメントサーベイ、人事評価結果と賃金テーブルとの連動で昇降給、キャリアマネジメント、人的資本経営情報(ISO30414)
サポート体制 人事コンサルや社労士によるコンサルティング
価格 初期費用:30万円
1アカウント:800円/月
※アカウント数に応じた割引有り
無料トライアル・デモ ◯(デモ)
既存システムとの連携
※出典:JOB Scope公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


JOB Scopeのおすすめポイント
  • ジョブ型職務の形式知化とデータに基づくタレントマネジメントによる人の成長を仕組み化
  • 人的資本の定量的な測定による組織の成長の見える化
  • 人の才能にフォーカスした能力開発

JOB Scopeは、社員のキャリアアップ、成長を支援する仕組み作りを実現可能な人事評価システムです。

JOB Scopeの導入によって、社員の個人目標が、経営理念や戦略からブレークダウンして設定されるため、自社が目指すあるべき組織作りに向けて、社員の行動変容を促せるでしょう。

以上より、評価の不満を無くし自律型人材の育成を求める企業や経営理念実現の為に成長する組織を実現したい企業は、JOB Scopeの導入を検討してみてください。

JOB Scope

デフィデ株式会社


JOB Scopeの公式サイトはこちら

人事評価システムの一覧比較表に戻る

タレントパレット

タレントパレット
提供形態 クラウド
機能 360度評価、コンピテンシー評価、甘辛調整
サポート体制 あり
価格 問い合わせ
無料トライアル・デモ あり
既存システムとの連携 可能
※出典:タレントパレット公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


タレントパレットのおすすめポイント
  • チャットでの問い合わせや、システム活用の勉強会、個別相談会などサポートが充実
  • 人事に必要な機能を豊富に搭載し、あらゆる人材データを一元管理して人事戦略に活用できる
  • 1枚の評価シートに複数のテンプレートを設定でき、社員情報を元にテンプレートを出し分けられる

タレントパレットは、チャットでの問い合わせや、ツール活用の勉強会、個別相談会などサポートが充実した人事評価システムです。

タレントパレットの導入によって、迅速かつ多様なサポートを受けられるため、システムの利用に関する問題を即座に解決し、効果的にツールを活用できるでしょう。

以上より、システム導入後のサポート体制を重視する中小企業や新規導入を検討する企業は、タレントパレットの導入を検討してみてください。

タレントパレット

株式会社プラスアルファ・コンサルティング  東証プライム上場


人事評価システムの一覧比較表に戻る

SmartHR

SmartHR
提供形態 クラウド
機能 人事評価、スキル管理、配置シミュレーション
サポート体制 あり
価格 問い合わせ
無料トライアル・デモ あり
既存システムとの連携 Chatwork、MoneyForward クラウド給与、カオナビなど
※出典:SmartHR公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


SmartHRのおすすめポイント
  • 現在使用している評価フォームをそのまま再現可能
  • 評価者や評価確定の期日など評価プロセスを可視化し、社員の納得感を向上
  • 評価シートはスマートフォンからでも記入ができるため、場所と時間を選ばない

SmartHRは、現在使用している評価フォームをそのまま再現可能な人事評価システムです。

SmartHRの導入によって、透明性の高い評価プロセスを提供でき、従業員の信頼を獲得して納得感を高められるでしょう。

以上より、評価プロセスの透明性と従業員満足度を重視する企業は、SmartHRの導入を検討してみてください。

SmartHR

株式会社SmartHR


人事評価システムの一覧比較表に戻る

スキルナビ

スキルナビ
提供形態 クラウド
機能 スキル管理、育成施策管理、従業員サーベイなど
サポート体制 あり
価格 問い合わせ
無料トライアル・デモ
既存システムとの連携
※出典:スキルナビ公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


スキルナビのおすすめポイント
  • 専属の担当者が設定を代行してくれるため、導入後すぐに利用をスタートできる
  • ジョブ型人事雇用にも対応したツール
  • 初期費用0円、手厚い導入サポートも無料で受けられる

スキルナビは、専属の担当者が設定を代行してくれるため、導入後すぐに利用をスタートできる人事評価システムです。

スキルナビの導入によって、操作が簡単で導入がスムーズなため、評価システムの利用率が高まり、効率的な評価運営が可能になるでしょう。

以上より、複雑なシステムを避けたい中小企業や初めて人事評価システムを導入する企業は、スキルナビの導入を検討してみてください。

スキルナビの公式サイトはこちら

人事評価システムの一覧比較表に戻る

本章では、おすすめの複合型人事評価システムを紹介しました。次章では、無料~安い価格で使えるおすすめの人事評価システムを紹介します。 費用が安いシステムをお探しの方は、ぜひご一読ください。

無料~安い価格で使えるおすすめの人事評価システムを比較

無料~低価格で使えるおすすめの人事評価システムを比較 本章では無料~安い価格で使える人事評価システムの詳しい情報を紹介します。安い人事評価システムでもよいサービスはあるので、ぜひ参考にしてください。

ヒトマワリ

ヒトマワリ
提供形態 クラウド
機能 人材データベース機能、評価・ワークフロー・アンケートなど
サポート体制 あり
価格 月額20,000円〜
無料トライアル・デモ あり
既存システムとの連携
※出典:ヒトマワリ公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


ヒトマワリのおすすめポイント
  • 人事評価のワークフローを承認フローごとに作成・管理
  • 分析・比較に強いツールで数値化されたデータをさまざまなグラフパターンで表示
  • 評価シートの作成サポートもしてくれるため、自社に評価制度がなくても安心

ヒトマワリは、人事評価のワークフローを承認フローごとに作成・管理できる人事評価システムです。

ヒトマワリの導入によって、評価プロセスの各段階を明確に管理でき、承認の遅延やミスを防ぎ、スムーズな評価運営が実現できるでしょう。

以上より、複数の承認ステップが必要な大企業や組織の階層が多い企業は、ヒトマワリの導入を検討してみてください。

ヒトマワリ

株式会社Touch&Links


人事評価システムの一覧比較表に戻る

MINAGINE

MINAGINE
提供形態 クラウド
機能 進捗管理、評価結果のCSV出力など
サポート体制 あり
価格 月額10,000円〜
無料トライアル・デモ あり
既存システムとの連携
※出典:MINAGINE公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


MINAGINEのおすすめポイント
  • リーズナブルな価格で従業員が100名以下の企業におすすめ
  • 人事評価の機能に絞ったシンプルさが特徴
  • サポート体制が充実し、継続利用がしやすい

MINAGINEは、リーズナブルな価格で従業員が100名以下の企業におすすめの人事評価システムです。

MINAGINEの導入によって、操作が簡単で導入がスムーズなため、評価システムの利用率が高まり、効率的な評価運営が可能になるでしょう。

以上より、複雑なシステムを避けたい中小企業や初めて人事評価システムを導入する企業は、MINAGINEの導入を検討してみてください。

MINAGINEの公式サイトはこちら

人事評価システムの一覧比較表に戻る

本章では、価格が比較的安い人事評価システムを紹介しました

まとめ|自社に適した製品を導入しよう

まとめ|自社に適した製品を導入しよう 当記事では、そもそも人事評価システムとは何かから、人事評価システムの比較ポイントおすすめの人事評価システムまで幅広く解説ました。

先述したように、人事評価システムは導入しただけで効果を発揮するものではありません。自社の評価方法に合った機能を持った製品を選び、導入後の会社全体で使いこなす必要があります。

そのため、当記事で解説した人事評価システムの比較ポイントや導入の際の注意点などをしっかりと確認し、自社に合ったおすすめの人事評価システムを選べるようにしてください

最後に現在資料請求が可能な、人事評価システム一覧を紹介します。

資料請求可能な人事評価システム一覧

人事評価ナビゲーター

株式会社日本経営


HRMOSタレントマネジメント

株式会社ビズリーチ


サイダス

株式会社サイダス


カオナビ

株式会社カオナビ


ジンジャー人事評価

jinjer株式会社


One人事[タレントマネジメント]

One人事株式会社


SmartHR

株式会社SmartHR


ざんまいクラウド

株式会社K2インフィニティーズ


MONJU

コムネット株式会社


JOB Scope

デフィデ株式会社


ヒトマワリ

株式会社Touch&Links


タレントパレット

株式会社プラスアルファ・コンサルティング  東証プライム上場


ヒョーカクラウド/評価ポイント

株式会社シーグリーン


sai*reco(サイレコ)

株式会社アクティブアンドカンパニー


あしたのクラウドHR

株式会社あしたのチーム


HRBrain

株式会社HRBrain



この記事を書いた人
株式会社EXIDEA (HonNe編集部)
HonNeをはじめとした生活インフラ・重要購入品に関するメディアを運営する株式会社EXIDEA(HonNe編集部)が執筆をしています。HonNe編集部では、生活や仕事に関わる製品サービスを日々研究・利用し、本音でレビューしたコンテンツと比較ランキング・おすすめ品を紹介しています。