当ページに含まれる広告と商品評価について
当ページには広告リンクが含まれており、当ページを経由して商品・サービスの申込みがあった場合、提携している各掲載企業から広告報酬を受け取ることがあります。ただし、当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無に一切関わらず、コンテンツポリシーに基づき、当サイト独自の調査と実際に使用したレビューをもとに掲載しております。当サイトで得た収益は、皆様により役立つコンテンツを提供するために、品質向上等に還元しております。
おすすめのCMS12製品を比較!機能や価格やセキュリティを一覧で紹介

CMSのおすすめ13製品を比較!機能や価格やセキュリティを一覧で紹介【2024年7月最新】


当記事では、編集部がおすすめするCMS13製品を比較して紹介します。

また、製品の機能、価格、セキュリティ対策などを一括で比較できる、おすすめのCMS13製品の一覧比較表を作成しました。これを見れば自社に合うであろう製品を簡単に絞り込めるでしょう。

おすすめのCMSの
一覧比較表を見る


また、記事内では、CMSのメリット・デメリットCMSの選び方・比較ポイントについても解説しています。ぜひ最後までご覧ください。

無料で一括請求 CMSの資料をまとめて請求する

当記事で比較するCMSのおすすめ13製品
  • ShareWith
  • Connecty CMS on Demand
  • SHANON vibit CMS Neo
  • オークCMS
  • WEBまるっとサービス
  • Experience Cloud
  • WordPress
  • Movable Type
  • ferret One
  • HeartCore
  • Company Cloud
  • a-blog cms
  • SITEMANAGE

CMS(コンテンツ管理システム)とは?

CMS(コンテンツ管理システム)とは? CMS(コンテンツ管理システム)は、Webサイトの作成、管理、運用を効率的に行うためのシステムです。

従来のWebサイト作成ではHTMLやCSSなどのプログラミング言語による専門的な知識が必要でしたが、CMSを利用することで、専門知識がなくても簡単にWebサイトの作成・更新が可能になります

また、CMSを使うと、テキスト、画像、デザイン、レイアウトなどのコンテンツを一元的に保存・管理し、更新や運用を手軽に行えます。個人法人を問わず、情報の更新頻度が高いwebサイトなどでCMSが利用されています。

さまざまな種類や機能のCMSがあるため、選定の際は運用目的やWebサイトの規模を考慮して選択しましょう。

次章では、CMSの3つのタイプを紹介します。それぞれのCMSのタイプの特徴を理解しておくことで、CMSの導入に失敗しにくくなるので、ぜひご覧下さい。

CMSの種類は3つある

コンテンツ管理システムの種類は3つある CMSはその構築・提供のされ方によって、3種類に分けることができます。それぞれのCMSのメリット・デメリットがあるため、自社のCMS導入目的と照らし合わせて、選定の際の参考にして下さい。

オープンソース型

オープンソース型CMSは、プログラムの設計図であるソースコードが公開されているCMSです。

オープンソース型CMSのメリットは、ライセンス費用が無料で、高度なカスタマイズが可能であることです。ユーザーは、公開されたソースコードを基に、自分のニーズに合わせてWebサイトを構築できます。

オープンソース型CMSは、ライセンス料のコストを削減できる一方で、セキュリティやサポート面において注意が必要です。他のCMSと比較して、セキュリティリスクが高く、トラブル発生時サポートが手薄なことが多いことを覚えておきましょう。

専門的な知識がある企業や完全自社仕様にカスタマイズしたい企業にはオープンソース型CMSをおすすめします。

パッケージ・オンプレミス型

パッケージ・オンプレミス型CMSは、ベンダーが開発したCMSソフトウェアのライセンスを購入し、自社サーバーにインストールして利用するタイプのCMSです。

パッケージ・オンプレミス型CMSは、初期投資やライセンス費用が発生しますが、ベンダーからの手厚いサポートを受けられるメリットがあります。

また、パッケージ・オンプレミス型CMSなら、自社で具体的な機能やデザインのカスタマイズが可能であり、理想とするWebサイトを作成しやすいです。しかし、パッケージ・オンプレミス型CMSはオープンソース型CMSと比較して、コストや開発にかかる時間がかかることに注意しましょう。

以上より、パッケージ・オンプレミス型CMSは、多少コストと時間をかけてでも、高いセキュリティを担保し、カスタマイズ性を求める企業におすすめです。

クラウド型

クラウド型CMSは、インターネット接続があればどこからでもアクセスできるCMSです。

クラウド型CMSは、サービス提供者が管理・運用するサーバー上で稼働しているため、サーバーやソフトウェアの準備が不要で、CMS導入の際の負担が軽減されます。

クラウド型CMSは、機能やデザインのカスタマイズには制限がありますが、CMSベンダーが提供する豊富なテンプレートやツールを利用することで、専門知識がなくても高い完成度のWebサイトを容易に作成できるメリットがあります。

また、法改正への対応やバージョンの更新はベンダー側が行うため、常に最新状態のCMSを利用できるメリットもあります。

以上より、プログラミング等の専門知識はないが、コストを抑えつつ拡張性やカスタマイズ性のあるWebサイト構築をしたい企業には、クラウド型CMSがおすすめです。

ここまでで、CMSの基本知識については理解できたでしょう。それではCMSを導入すると具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?

次章では、CMSの導入メリットを解説します。

Webサイト制作だけじゃない?導入メリットを解説

Webサイト制作だけじゃない?導入メリットを解説 本章では、CMSを導入することのメリットを解説します。

しっかりとCMSのメリットを理解しておくことで、CMS導入の効果を最大化できる可能性が高まるので、ぜひご覧下さい。

プログラミングなどの専門知識がなくても簡単にWebサイトを作成できる

CMSを導入するメリットの一つは、プログラミング知識がほとんどなくても、直感的な操作で簡単にWebサイトを作成できる点です。

CMSなら、使いやすいインターフェースと、テンプレートやドラッグ&ドロップ機能を活用して、デザイン性の高いWebサイトを作成できます。そのため、HTMLやCSSなどのプログラミング言語に精通していない担当者でも、CMSを活用して、容易にコンテンツの作成・更新・管理が可能です。

また、社内で部門を超えてWebページを管理する場合でも、CMSを用いることでデザインの一貫性が保たれるというメリットもあります。

以上より、プログラミングなどに不安があっても、CMSを導入して、自由にWebサイトをデザインし、理想的なコンテンツマーケティングに活かしましょう。

SEO対策も効果的かつ効率的に行えるのはCMSのメリット

SEO対策を効果的かつ効率的に行えることもCMS導入のメリットです。特に、SEO対策における内部構造の最適化とユーザビリティの向上に役立ちます。

まず、CMSを導入することで、SEOに重要な内部構造の最適化を初心者でもわかりやすく実践できるようになっています。また、CMSのテンプレートを用いた、完成度の高い統一されたデザインは、Webサイト内のユーザービリティを高めてくれることでしょう。

さらに、CMSの多くはWebサイトのレスポンシブデザインに対応しており、スマートフォンやタブレットなど、様々なデバイスでの表示が最適化されています。これはモバイルファーストの現代において、SEO対策として重要です。

ただ、CMSを導入したからと言って、必ずしも上位表示するわけではありません。CMS導入によって、効果的かつ効率的にSEO対策が行えるといった具合で捉えておきましょう。

CMS導入で社内での分業が可能になる

最後に紹介するCMS導入のメリットは、社内での分業を可能にすることです。

CMSで業務を一括管理することで、コンテンツ作成、デザインの編集、コンテンツ管理、承認プロセスなどを複数人で分担して行えます。これにより、担当者の負担軽減や業務の効率化が期待できるでしょう。

また、CMSではアカウントごとに編集や承認の権限を細かく設定できるため、効率的かつ迅速なWebサイト運用やセキュリティを担保した運用が可能になります。

CMSを導入することで、企業内のリソースを最適化し、Webサイト運用の品質と効率を同時に向上させられるでしょう。

CMS導入にはメリットだけではなく、デメリットや注意点もあります。次章ではCMSのデメリットや注意点を確認します。

導入前に確認しておきたいデメリット・注意点

導入前に確認しておきたいデメリット・注意点 本章で解説するCMSのデメリットや注意点を理解しておかないと、CMSの導入が、コンテンツ管理業務に支障をきたす可能性もあります。

本章の内容を理解して、正しく安全なCMSの管理・運用を心がけましょう。

CMS導入後はセキュリティの脆弱性に注意する

CMS導入前に確認しておきたいデメリット・注意点として、CMS導入後のセキュリティの脆弱性があげられます。インターネット経由での不正アクセスやサイバー攻撃のリスクは完全には排除できません。

特に、オープンソース型CMSはそのソースコードが公開されているため、攻撃を受けやすいという特性があります。また、CMSに特化した攻撃手法も存在し、重要な顧客情報や機密情報を扱うWebサイトでは、特にセキュリティ対策を万全にする必要があります。

以上より、CMSを選定する際に、セキュリティ対策を確認することも大切ですが、CMS導入後もセキュリティの脆弱性には注意をして、徹底した対策を取っていきましょう。

ローカルデータが残らないためバックアップを取る必要がある

ローカルデータが残らないためバックアップを取る必要があることも、CMS導入前に確認しておきたいデメリット・注意点の1つです。

従来のWeb制作プロセスでは、ローカル環境で作成したデータをサーバーにアップロードすることで、PC上にデータのバックアップが残り、問題が発生した際にはすぐに元の状態に戻すことが可能でした。しかし、CMSを利用する場合、更新されるコンテンツはインターネット上で直接編集されるため、ローカル環境にはデータが残りません。

そのため、サーバーデータに問題が生じた場合、従来のようにローカルのバックアップから簡単に復旧することがCMSでは不可能です。

以上より、CMSを利用している場合は、万が一のコンテンツの消失に備えて定期的なバックアップを取るよう心がけましょう。

柔軟性の低さはCMSのデメリットの1つ

CMSを導入する際のデメリットとして、柔軟性の低さがあります。CMSはコンテンツ管理を一元化することを目的としているため、ユーザーが独自のデザインや特別な機能を実現したい場合に対応できないことがあります。

確かに、多くのCMSでは豊富なデザインテンプレートや多種多様な機能があります。しかし、CMSのテンプレートの枠を超えるカスタマイズや提供されていない機能を追加することは不可能なため、イメージのままWebサイトを構築したい場合には不便に感じることもあるかもしれません。

そのため、CMSはコンテンツの効率的な管理と運用を容易にする反面、ユーザーの具体的な要望に柔軟に応えることには限界があるというデメリットを覚えておきましょう。

CMSのメリット・デメリットを理解できたところで、次章では、CMSの選び方・比較ポイントを解説します。

導入に失敗しないためのCMSの比較ポイント・選び方

導入に失敗しないための比較ポイント・選び方 CMSは種類が多くその機能も多種多様なため、選び方を知らないと、逆にコンテンツ管理業務が煩雑化してしまうこともあるでしょう。

本章では、導入に失敗しないためのCMSの選び方・比較ポイントを解説するので、最後まで読み、自社に合ったCMSを絞り込めるようにしましょう。

導入目的に合った機能を持つCMSを選ぶ

CMSを選ぶ際、最も重要なのは、導入目的に合った機能を持つCMSを選ぶことです。業務内容や運用体制は多種多様であるため、企業によってCMSの導入目的も異なるでしょう。

たとえば、広報部門がWebサイトで情報発信する目的でCMSを導入する場合と、マーケティング部門がランディングページ(LP)運用やオウンドメディアの作成を目的としてCMSを導入する場合とでは、必要な機能が違うことは明白でしょう。

そのため、まずはCMS導入によって解決したい課題を明確にし、その課題を解決するために必要な機能をもつCMSを選ぶことで、導入に失敗する確率を下げられるでしょう。

サポート体制の充実度を比較する

CMSの選定において、サポート体制の充実度は重要な比較ポイントの一つです。トラブル発生時の対応やCMS導入時のサポート、操作方法に関するレクチャーなど、サポート体制の充実度は各製品によって異なります。

具体的には、操作マニュアルやQ&AサイトしかサポートがないCMSもあれば、電話やチャット、対面サポートまで提供しているCMSもあります。また、サポートが無料で提供されるCMSもあれば、オプションとして有料で提供されるCMSもあります。

特に専門的な知識のない企業は、充実したサポート体制を持つCMSを選択することで、運用中のトラブルに迅速に対応できるでしょう。

構築するWebサイトの規模を確認する

最後に紹介するCMSの選び方は、構築するWebサイトの規模の確認です。Webサイトの規模によって、CMSの必要な機能は変わってきます。

例えば、小規模なWebサイトであれば、網羅的な機能を持つCMSを必要としませんが、大規模でアクセス数の多いWebサイトであれば、機能が多くセキュリティやサーバーの強いCMSを採用する必要があります。

まずはどの規模のWebサイトを構築するのかを確認して、そのWebサイト構築に必要な機能を持つCMSを選ぶのがおすすめです。

次章では上記のCMSの選び方・比較ポイントを基に、おすすめのCMS13製品を一覧比較表にして紹介します。

【2024年7月最新情報】CMS13製品の一覧比較表

コンテンツ管理システム13製品の一覧比較表 以下が、当サイトがおすすめするCMS13製品の一覧比較表です。

この比較表では価格、機能、サポート体制、セキュリティ対策を一括で比較できるため、時間のないCMS選定担当者の方でも、迅速かつ簡単に自社に合う可能性の高いCMSを絞り込むことができます。

自社に合いそうなCMSを5つくらいまで絞り込み資料請求をして、営業担当の方に詳しい話を聞きながら選定することで、自社の業務を最適化できるCMSを選べる可能性が高まるでしょう。

CMS ShareWith Connecty CMS
on Demand
SHANON vibit CMS Neo オークCMS WEBまるっとサービス Experience Cloud WordPress Movable Type ferret One HeartCore Company Cloud a-blog cms SITEMANAGE
資料請求リスト
に追加する
価格 初期費用:750,000円~
月額費用:120,000円~
※コンパクトプランの場合
初期費用:300,000円~
月額費用:60,000円~
※Lightプランの場合
初期費用:600,000円~
年額費用:400,000円~
※ライトプランの場合
初期費用:200,000円~
月額費用:15,000円~
※標準プランの場合
問い合わせ 問い合わせ 無料プラン有
月額費用:564円~
クラウド:月額5,000円~
ソフトウェア:99,000円~
初期費用:100,000円~
月額費用:100,000円~
問い合わせ 初期費用:30,000円~
月額費用:50,000円~
無料プラン有
買い切り:60,000円~
サブスク:1,500円~
初期費用
基本ライセンス50万円
+各プラグイン利用料
+その他制作費

月額費用:無料
(保守・運用サポートなしの場合)
種類 クラウド クラウド クラウド/パッケージ クラウド/パッケージ クラウド クラウド オープンソース クラウド/パッケージ パッケージ クラウド/パッケージ クラウド パッケージ パッケージ
セキュリティ DDos攻撃対策
データセンター分散
自動バックアップ
24時間365日監視
WAF
SSLサーバー証明書
不正侵入検知
Web改ざん検知
管理権限による機能制限
アクセス制限
細かな権限設定
認証ロックアウト機能
DoS攻撃対策
WAF
不正侵入検知
SSLによる暗号化
2段階認証
CSRF・XSS対策
ログイン許可端末の指定
パスワード強度チェッカー
IP制限
ベーシック認証
文字認証
XSS対策
SQLインジェクション対策
機能 詳細 詳細 詳細 詳細 詳細 詳細 詳細 詳細 詳細 詳細 詳細はこちら
サポート 初期導入サービス
電話・メール・サイト
マニュアル Q&Aサイト Q&Aサイト
マニュアル
電話
動画
電話・チャット
Q&Aサイト 導入支援
電話・メール
定期MTG
動画
問い合わせ 問題解決までのサポート
対面サポート
ビデオ通話
SEアサイン
定期訪問
ヘルプデスク
ページ・バナー作成
無料
トライアル
無料デモ ◯(30日間) 無料デモ ◯(30日間) 無料デモ ◯(30日間) 無料デモ
詳細 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ

次章では、各CMSについて、より具体的な情報を紹介していきます。気になっているCMSについて、より詳細な情報を確認しましょう。

おすすめのCMS13製品を紹介!特徴や機能や価格を比較【無料もあり】

おすすめのコンテンツ管理システム13製品を紹介!特徴や機能や価格を比較【無料もあり】 本章では各CMS製品の詳しい情報を紹介します。価格や機能だけでなく、具体的にどんな企業におすすめかも解説しているので、ぜひ参考にしてください。

ShareWith

ShareWithの基本情報
価格初期費用:750,000円~
月額費用:120,000円~
※コンパクトプランの場合
種類クラウド
セキュリティDDos攻撃対策
データセンター分散
自動バックアップ
24時間365日監視
機能詳細
サポート初期導入サービス
電話・メール・サイト
無料トライアル
※出典:ShareWith公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


ShareWithのおすすめポイント
  • マーケティングツールとのスムーズな連携機能
  • アクセシビリティ対策でAA準拠
  • DDoS対策や24/365監視など高いセキュリティ対策

ShareWithは、各マーケティングツールとのスムーズな連携が可能なCMSです。

ShareWithの導入によって、データ連携を活用した統合的で効率的なマーケティングが可能になるため、マーケティング施策の精度が上がり、効率的にCMS導入の目的を達成できる可能性が高いでしょう

以上より、MAやCRMなどのデータも活用したコンテンツマーケティングをしたい会社は、ShareWithの導入を検討してみましょう。

ShareWith

野村インベスター・リレーションズ株式会社



CMSの一覧比較表に戻る

Connecty CMS on Demand

Connecty CMS on Demandの基本情報
価格初期費用:300,000円~
月額費用:60,000円~
※Lightプランの場合
種類クラウド
セキュリティ
機能詳細
サポートマニュアル
無料トライアル無料デモ
※出典:Connecty CMS on Demand公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


Connecty CMS on Demandのおすすめポイント
  • 静的・動的どちらのWebサイト運用にも対応可能な機能
  • 純国産の大企業向けCMS
  • 大企業のWebサイト運用に必要な機能を網羅的に提供

Connecty CMS on Demandは、静的・動的どちらのWebサイト運用にも対応可能な機能を持つCMSです。

Connecty CMS on Demandの導入によって、多種類のWebサイトを1つのCMSで一括管理・運用できるため、各Webサイト単位での細かい管理運用業務から解放され、一元管理が可能になります

以上より、多くの種類のWebサイトを運用している大企業は、Connecty CMS on Demandの導入を検討してみましょう。

Connecty CMS on Demand

株式会社コネクティ



CMSの一覧比較表に戻る

SHANON vibit CMS Neo

SHANON vibit CMS Neoの基本情報
価格初期費用:600,000円~
年額費用:400,000円~
※ライトプランの場合
種類クラウド/パッケージ
セキュリティWAF
SSLサーバー証明書
不正侵入検知
Web改ざん検知
機能詳細
サポートQ&Aサイト
無料トライアル
※出典:SHANON vibit CMS Neo公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


SHANON vibit CMS Neoのおすすめポイント
  • WISYWIG操作が可能なので専門知識がいらない
  • 見たままヘッドレスCMS機能
  • 1つのライセンスで複数Webサイト作成

SHANON vibit CMS Neoは、WYSIWYG操作が可能なCMSです。

SHANON vibit CMS Neoの導入によって、プログラミングに関する専門知識がなくても直感的な操作でWebサイト運用が可能なため、自由な発想で幅広いWebサイト構築が実現できるでしょう

以上より、プログラミング等の知識はないがデザイン性の優れたコンテンツを作成したい企業は、SHANON vibit CMS Neoの導入を検討してみましょう。

SHANON vibit CMS Neo

株式会社シャノン



CMSの一覧比較表に戻る

オークCMS

オークCMSの基本情報
価格初期費用:200,000円~
月額費用:15,000円~
※標準プランの場合
種類クラウド/パッケージ
セキュリティ管理権限による機能制限
アクセス制限
機能詳細
サポートQ&Aサイト
マニュアル
電話
無料トライアル◯(30日間)
※出典:オークCMS公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


オークCMSのおすすめポイント
  • フルスクラッチ開発で各顧客にあったオーダーメイドのシステム構築が可能
  • 大手金融機関のセキュリティ診断をクリア
  • リピート率8割以上に裏付けされた高い信頼

オークCMSは、フルスクラッチ開発が強みのCMSです。

オークCMSの導入によって、各顧客に合ったオーダーメイドのCMS構築が可能なため、自社の欲しい機能がそろったCMSをプロが開発してくれるでしょう

以上より、できるだけオーダーメイドに近い形でWebサイトを作成したい企業は、オークCMSの導入を検討してみましょう。

オークCMS

株式会社オーク



CMSの一覧比較表に戻る

WEBまるっとサービス

WEBまるっとサービスの基本情報
価格問い合わせ
種類クラウド
セキュリティ
機能
サポート
無料トライアル
※出典:WEBまるっとサービス公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


WEBまるっとサービスのおすすめポイント
  • 表示速度の改善
  • マルチデバイス対応のWebサイト構築
  • HTTPS化によるセキュリティ対策

WEBまるっとサービスは、マルチデバイス対応のWebサイト構築が可能なCMSです。

WEBまるっとサービスの導入によって、スマートフォンでのWebサイト閲覧が増えている時代に対応できるため、専門的な知識なしでレスポンシブデザインが実現します

以上より、労力をかけずにWebサイトをレスポンシブデザイン対応したい企業は、WEBまるっとサービスの導入を検討してみましょう。

WEBまるっとサービス

株式会社大崎コンピュータエンヂニアリング



CMSの一覧比較表に戻る

Experience Cloud

Experience Cloudの基本情報
価格問い合わせ
種類クラウド
セキュリティ
機能詳細
サポート動画
電話・チャット
無料トライアル無料デモ
※出典:Experience Cloud公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


Experience Cloudのおすすめポイント
  • あらゆるソースのデータを統合して包括的なマーケティングが可能
  • CRMデータを活用したパーソナライズされたコンテンツ
  • あらゆるデバイスに合わせたデザインができる機能

Experience Cloudは、あらゆるソースのデータを統合できるCMSです。

Experience Cloudの導入によって、MAやCRMなどのデータも統合した包括的なマーケティングが可能になるため、高い精度のマーケティングでユーザーインサイトを掴んだクオリティの高いコンテンツの作成ができる可能性が高いでしょう

以上より、すでにMAやCRMを導入していて、それらを活用したWebサイト設計やコンテンツマーケティングがしたい企業は、Experience Cloudの導入を検討してみましょう。

株式会社セールスフォース・ジャパン

Experience Cloud



CMSの一覧比較表に戻る

WordPress

WordPressの基本情報
価格無料プラン有
月額費用:564円~
種類オープンソース
セキュリティ
機能詳細
サポートQ&Aサイト
無料トライアル
※出典:WordPress公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


WordPressのおすすめポイント
  • 5万以上のプラグインによる高い拡張性
  • 世界的に最も利用されているCMS
  • エキスパートによる24時間365日のサポート

WordPressは、5万以上のプラグインをもつCMSです。

WordPressの導入によって、拡張性が高く、コストを抑えながら、自社の目的に合わせてWebサイトをカスタマイズしていけるため、費用対効果の高いコンテンツマーケティングやWebサイト構築が可能になります

以上より、できるだけ費用を抑えつつも、高い拡張性で自社仕様のWebサイト構築がしたい企業は、WordPressの導入を検討してみましょう。

WordPressの公式サイトはこちら

CMSの一覧比較表に戻る

Movable Type

Movable Typeの基本情報
価格クラウド:月額5,000円~
ソフトウェア:99,000円~
種類クラウド/パッケージ
セキュリティ細かな権限設定
認証ロックアウト機能
機能詳細
サポート
無料トライアル◯(30日間)
※出典:Movable Type公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


Movable Typeのおすすめポイント
  • 入力フィールドを設計できるコンテンツタイプ
  • 独自のテンプレートタグでプログラミングの知識不要
  • 分かりやすい編集画面

Movable Typeは、入力フィールドを設計できるコンテンツタイプのCMSです。

Movable Typeの導入によって、カテゴリごとに蓄積されたコンテンツの管理を効率的かつ楽にできるため、コンテンツの管理に時間がとられず、コアな業務にリソースを割けるでしょう

以上より、煩雑なコンテンツ管理に飽き飽きしている企業は、Movable Typeの導入を検討してみましょう。

Movable Typeの公式サイトはこちら

CMSの一覧比較表に戻る

ferret One

ferret Oneの基本情報
価格初期費用:100,000円~
月額費用:100,000円~
種類パッケージ
セキュリティDoS攻撃対策
WAF
不正侵入検知
SSLによる暗号化
機能詳細
サポート導入支援
電話・メール
定期MTG
動画
無料トライアル無料デモ
※出典:ferret One公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


ferret Oneのおすすめポイント
  • BtoBマーケティングに強い機能を持ったCMS
  • 顧客のリテラシーに沿った伴奏型のサポート体制
  • AI機能により業務効率化が図れる

ferret Oneは、BtoBマーケティングに強いCMSです。

ferret Oneの導入によって、BtoBマーケティングサポートやそれに付随する機能が豊富なため、BtoBマーケティングの成功確率を高めてくれるCMSといえます

以上より、BtoBマーケティングに力を入れていきたい企業は、ferret Oneの導入を検討してみましょう。

ferret Oneの公式サイトはこちら

CMSの一覧比較表に戻る

HeartCore

HeartCoreの基本情報
価格問い合わせ
種類クラウド/パッケージ
セキュリティ
機能
サポート
無料トライアル
※出典:HeartCore公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


HeartCoreのおすすめポイント
  • さまざまなチャネルにシームレスにプロモーション展開が可能
  • 高性能な自動翻訳機能によってグローバルサイトも手間要らず
  • 顧客管理・メールマーケティング機能付き

HeartCoreは、さまざまなチャネルにシームレスにプロモーション展開が可能なCMSです。

HeartCoreの導入によって、チャネルごとに細かくコンテンツを管理・運用する手間がないため、多チャネル展開をサポートし事業のスピードを上げてくれるでしょう

以上より、多チャネルでのコンテンツマーケティングを展開している企業は、HeartCoreの導入を検討してみましょう。

HeartCoreの公式サイトはこちら

CMSの一覧比較表に戻る

Company Cloud

Company Cloudの基本情報
価格初期費用:30,000円~
月額費用:50,000円~
種類クラウド
セキュリティ
機能詳細
サポート問い合わせ
無料トライアル
※出典:Company Cloud公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


Company Cloudのおすすめポイント
  • 直感的な操作で誰でも簡単にコンテンツ作成可能
  • マーケティングに必要な機能も搭載
  • 国内産のCMSの高いセキュリティ

Company Cloudは、直感的な操作で誰でも簡単にWebサイト作成が可能なCMSです。

Company Cloudの導入によって、プログラミングの専門知識がなくてもWebサイト構築やコンテンツ作成ができるため、理想のWebサイト・コンテンツイメージを再現できる可能性が高いでしょう

以上より、CMSの導入を検討しているが使いこなすことに不安がある企業は、Company Cloudの導入を検討してみましょう。

Company Cloudの公式サイトはこちら

CMSの一覧比較表に戻る

a-blog cms

a-blog cmsの基本情報
価格無料プラン有
買い切り:60,000円~
種類パッケージ
セキュリティ2段階認証
CSRF・XSS対策
ログイン許可端末の指定
パスワード強度チェッカー
機能詳細
サポート問題解決までのサポート
対面サポート
ビデオ通話
無料トライアル◯(30日間)
※出典:a-blog cms公式サイト
※上記の情報は2024年7月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


a-blog cmsのおすすめポイント
  • PHP不要だが柔軟なカスタマイズ可能
  • 閲覧ページから修正したい箇所を変更できる「ダイレクト編集機能」
  • 管理画面も自由にレイアウトできる

a-blog cmsは、PHP不要だが柔軟なカスタマイズが可能なCMSです。

a-blog cmsの導入によって、PHPの専門知識はいらないが、自社のイメージに沿ったWebサイト作成が実現するため、使いやすさとカスタマイズ性が両立したCMSといえます

以上より、PHPの専門知識はないが、カスタマイズ性や拡張性は譲れない企業は、a-blog cmsの導入を検討してみましょう。

a-blog cmsの公式サイトはこちら

CMSの一覧比較表に戻る

SITEMANAGE

SITEMANAGEの基本情報
価格 初期費用:基本ライセンス50万円+各プラグイン利用料+その他制作費
月額費用:無料(保守・運用サポートなしの場合)
種類 パッケージ
セキュリティ IP制限
ベーシック認証
文字認証
XSS対策
SQLインジェクション対策
機能 詳細はこちら
サポート SEアサイン
定期訪問
ヘルプデスク
ページ・バナー作成
無料トライアル 無料デモあり
※出典:SITEMANAGE公式サイト
※上記の情報は2024年6月の情報です。
※情報が確認できなかったものは – としています。


SITEMANAGEのおすすめポイント
  • 高度なカスタマイズや外部連携で、「やりたいこと」を実現
  • 都度必要な機能を追加し、段階的なサイト構築が可能
  • 「誰でも楽しく使える」直感的な操作性

SITEMANAGEは、高度なカスタマイズや外部連携で、「やりたいこと」を実現するCMSです。

SITEMANAGEの導入によって、ユーザーの実現したい運用方法にあわせてCMSをカスタマイズできるので、業務効率化につながるでしょう。

以上より、自社が行いたいサイト運用が実現できていない会社や、CMSの乗り換えや既存システムに課題を抱えている企業は、SITEMANAGEの導入を検討してみてください。

SITEMANAGEの公式サイトはこちら

CMSの一覧比較表に戻る

以上が当サイトがおすすめする13つのCMSです。

まとめ|正しく比較して自社に合ったCMSを導入しましょう

まとめ|正しく比較して自社に合ったCMSを導入しましょう 当記事では、そもそもCMSとは何か3つのタイプなどの基本情報から、CMSの比較ポイントメリット・デメリット具体的なおすすめCMS製品の比較まで、詳しく解説してきました。

また、CMS選定の担当者の方が、自社に合いそうなCMSを絞り込むために、各サービスの価格・機能・セキュリティ・サポート体制が一括で比較できる、おすすめCMS13製品の一覧比較表も紹介しました。

CMSは種類や機能が豊富な分、自社に合ったものを選べないと、逆にコンテンツ管理業務が煩雑化することもあります。正しく比較して、導入目的を達成できるCMSを選びましょう。

最後に現在資料請求が可能な、CMS一覧を紹介します。

資料請求可能なCMS一覧

ShareWith

野村インベスター・リレーションズ株式会社


Experience Cloud

株式会社セールスフォース・ジャパン


Connecty CMS on Demand

株式会社コネクティ


オークCMS

株式会社オーク


AtoZ portal

株式会社エイジング


vibit CMS Neo

株式会社シャノン


WEBまるっとサービス

株式会社大崎コンピュータエンヂニアリング



この記事を書いた人
株式会社EXIDEA (HonNe編集部)
HonNeをはじめとした生活インフラ・重要購入品に関するメディアを運営する株式会社EXIDEA(HonNe編集部)が執筆をしています。HonNe編集部では、生活や仕事に関わる製品サービスを日々研究・利用し、本音でレビューしたコンテンツと比較ランキング・おすすめ品を紹介しています。