EXIDEA
All articles
ドコモ光のおすすめ料金プラン・プロバイダ・キャンペーンについて

ドコモ光のおすすめ料金プラン・プロバイダ・キャンペーン解説

最終更新日:2021/8/1

大手通信会社NTTドコモが提供しているドコモ光。大手の安心感だけでなく、ドコモユーザーがお得に利用できる光回線として人気です。このページではそんな「ドコモ光」について解説しています。

いざドコモ光を申し込みしよう!と思っても、契約前に下記のようなことを決める必要がありなかなか面倒ですよね。

  • 料金プラン
  • プロバイダ
  • 申し込み先(キャンペーン)

色々なサイトでドコモ光を解説しているけれど、複雑で結局分からなかった、という方もいらっしゃるでしょう。

そんな方もご安心ください。このページを読んでいただくと、ドコモ光のおすすめなプラン・プロバイダ・申し込み先がまとめて分かります。

もちろん、あなたが納得して契約できるよう、他社光回線と料金・速度を比較しておすすめなのか?や、ドコモ光契約にあたっての注意点もお伝えしていきます。

忙しくて検討する暇がないという方は、ぜひこのページをご活用いただければ幸いです。

  • 結論、ドコモ光はドコモユーザーにおすすめの光回線
  • ドコモユーザーなら、ドコモ光をセットで契約することで毎月のスマホ料金がずっと割引されます!さらに、ご家族にドコモユーザーがいれば割引額が倍増するのでお得。


次のような流れでドコモ光を解説します。ぜひ必要な部分からご覧ください。(既にドコモ光がご自身に一番合う光回線と確認済みであれば、【光回線の選び方】は飛ばしてください)


目次

光回線の選び方とは?

ご自身に合った光回線を選ぶ時には、次の順序で絞り込むのがおすすめです。

    ①まず、お住まいのエリアに対応している光回線を知る

    ②快適な通信速度が出る光回線かを確認する

    料金は光回線の中でお得なのか、ご自身の予算内かを検討する

まず前提として押さえていただきたいのが、各光回線は対応しているエリアが異なっているということ。あなたのお住まいのエリアで対応している光回線を知ることが重要です。
主要な光回線の対応エリアマップ その上で、肝心の通信速度を確認しましょう。光回線は現状、最も通信速度が速いインターネット回線。どの光回線サービスを選んでも遅いと感じることは少ないですが、特に速いと評判の光回線サービスから検討していきましょう。

インターネット回線の速度は、回線利用者数に影響されます(利用者が増えると回線が混雑して、通信速度が遅くなる)。利用者が少ないNURO光やauひかり、地方光回線は、通信速度が速いためおすすめです!
光回線の通信速度の速さと、ユーザー数の関係性を示した図 光回線の通信速度を確認したら、最後に料金がお得かどうかをチェックしましょう。お得な光回線を見つけるポイントは、スマホとセットで考えること!

光回線は、スマホとセットで契約することでお得な割引が受けられることがあります。

下記表ではスマホキャリアごとに、お得になる光回線をまとめています。あなたが今お使いのスマホキャリアにあわせてご覧ください。

スマホキャリア スマホとセットで契約すると
お得な光回線
ドコモスマホ ドコモ光
ソフトバンクスマホ 戸建て:NURO光
マンション:ソフトバンク光
auスマホ 戸建て:auひかり
(四国エリアは
ピカラ光もおすすめ)

マンション:auひかり
その他(格安スマホ) 戸建て:NURO光
マンション:auひかり

以上のような手順で比較することで、光回線選びに迷わず、ご自身にぴったりの光回線が見つかるでしょう! もっと詳しく光回線を比較したい方は、下記ページもご覧ください。

光回線の選び方・エリア別おすすめ光回線をご紹介

ドコモ光の基本情報(料金・速度・エリア)

ドコモ光の料金プラン・通信速度・エリア等基本情報をチェック ドコモ光は、NTTドコモが提供する光回線サービス。まずは、ドコモ光対応エリア内ならどなたでも利用できる、通常プランについてみていきましょう。

ドコモ光 基本情報
費用 月額料金 戸建て:5,720円
マンション:4,400円
初期事務手数料 3,300円
工事費 戸建て:19,800円
マンョン:16,500円
スマホセット割引 ドコモスマホ
(新プランahamoは割引対象外)
キャンペーン 工事費無料キャンペーン
dポイントプレゼント
他社違約金負担
キャッシュバック特典
通信速度 最大速度1Gbps
ユーザー平均速度220Mbps※
オプションサービス 光電話・光テレビ
エリア 全国エリア
※光回線の最大速度は、あくまで理論上の速度。実際の通信速度は、光回線を契約したユーザーの平均速度が参考になります。 ユーザーの平均速度の数値は、速度レポートを集計しているサイト「みんなのネット回線速度」を参照しています。 (https://minsoku.net/speeds/optical/services/au-hikari)

ドコモ光からは、通常プランに加えて超高速プランも登場。ご興味があれば下記にて詳細をご確認ください。

東京・大阪・名古屋に
お住まいの方限定!
10Gプランについて

10Gプランは、通常プランの10倍にあたる10Gbpsもの速度で通信ができるプランです。(※10Gプランと一緒にドコモ光電話を契約することはできません)

下記エリアにお住まいの方限定で、ドコモ光の通常プランに加え、10Gプランも選択可能です。

<ドコモ光10Gプラン 対応エリア>
■東京
大田区・世田谷区・杉並区・練馬区・板橋区・足立区・葛飾区・江戸川区・目黒区・中野区・品川区・北区・狛江市・調布市・三鷹市の一部

■大阪府
大阪市

■愛知県
名古屋市

では、10Gプランは、料金・速度から見て通常プランよりおすすめできるプランなのでしょうか?結論としては、10Gプランはドコモ光の通常プランよりあまりおすすめできません。

まず気になる料金については、10Gプランの月額料金は6,930円。通常プランの月額料金と比較すると、1,210円も割高になってしまいます。

そもそも10Gbpsというスペックを活かすには、無線ルーターやパソコンなどの接続機器も、高スペックなものが必要。トータルの費用が高くついてしまうことが予想されるので、10Gプランはコストパフォーマンスの面ではおすすめできません。

10Gプランの通信速度については、Twitter上の口コミを参考にすると、およそ400~1,000Mbpsの速度が出ているようです。当然、通常プランよりも速い速度でインターネットが使えるのですが、理論値10Gbpsには程遠い速度ですよね。

日常でインターネットを利用するには30Mbpsほどあれば十分ですので、ドコモ光の通常プランでも快適にインターネットが使えるでしょう。

通常プランは10Gプランよりも料金が安く、通信速度も十分。そのため、コストパフォーマンスを求めるなら通常プランがおすすめです。

ドコモ光の大きな特徴は、大手光回線だからこそできる充実したキャンペーン。ドコモユーザーはどの光回線よりもお得に契約できます!

また、ドコモ光は全国エリアに対応した光回線なので、多くのご家庭で利用可能。ただし、非対応のエリアも少なからず存在するので、念のため、あなたのお住まいでドコモ光を契約できるかどうか確認していきましょう。

※ドコモ光がご自宅で契約できることを確認済みの方は、スキップして、ドコモ光料金プランの解説をご覧ください。

ドコモ光料金プラン解説へ
(エリア検索をスキップ)

エリア検索|あなたのお住まいで契約できる?

1分でできるドコモ光のエリア検索

ドコモ光のエリアは、フレッツ光・光コラボと同じです。もしあなたが現在フレッツ光・光コラボを契約されているのであれば、そのままドコモ光への乗り換えが可能です。(使用しているインターネット回線が同じため)

ドコモ光専用のエリア検索画面はないのですが、下記のフレッツ光のエリア検索画面にて「契約可能エリア」となればドコモ光も契約できます。

1分ですぐに確認できますのでまずはお試しください!

東日本にお住まいの方はこちら
ドコモ光のエリア検索(NTT東日本のサイト)


西日本にお住まいの方はこちら
ドコモ光のエリア検索(NTT西日本のサイト)


ドコモ光がエリア外だった方へ

残念ながらドコモ光のエリア外という結果が出てしまった方には、次におすすめしたいインターネット回線をご案内いたします。

ドコモ光は全国に対応している光回線なので、ドコモ光のエリア外であれば他の光回線も導入が難しいでしょう。ただし、地域密着型の光回線であればエリア対応している可能性があります。


各光回線の公式サイトでは、エリア検索であなたのお住まいで対応しているかどうかを確認できます。上記のエリアにお住まいの方は、ぜひご検討ください。

もし「光回線にこだわらない」という方であれば、モバイルルーター(ポケットWiFi)やホームルーターという選択肢も!

モバイルルーター・ホームルーターは、光回線と比較して広範囲のエリアに対応していることが魅力です。

光回線のように電柱からご自宅に光ファイバーを引き込まなくてもインターネットが利用できるので、お住まいの環境では光回線を引き込めないという場合でも大丈夫。また、携帯電話の電波にも使われている3大キャリア回線や、全国対応のWiMAX回線を使っていますので、ほとんどのエリアでお使いいただけるインターネット回線です。

あなたがお住まいのエリアにも対応している可能性が高いでしょう。モバイルルーターについて詳しくは下記ページで解説しています。

エリア外の方におすすめ!
モバイルルーターはこちら

ここから先は、ドコモ光を契約できるエリアにお住まいの方に向け、詳細な料金プランやサービスの全容をご紹介していきます。

ドコモ光の選べる料金プラン・その他費用を解説

契約におすすめのドコモ光料金プラン

ドコモ光では、選べる3つのプランが用意されています。プラン毎の特徴を比較して、おすすめの料金プランをチェックしていきましょう。

ドコモ光のプランは、選べるプロバイダの多さ・種類によって3つに分かれます。

ドコモ光
料金プラン
プロバイダの数/種類 月額料金
タイプA ドコモ光プロバイダ
18社から選択
戸建て:5,720円
マンション:4,400円
タイプB ドコモ光プロバイダ
6社から選択
戸建て:5,940円
マンション:4,620円
タイプC
※光回線の配線が難しいエリアの場合
各地域のケーブルテレビプロバイダ19社 戸建て:5,720円
マンション:4,400円

おすすめ料金プランは「タイプA」

では、上記の表のうちどの料金プランが契約におすすめなのででしょうか?

まずタイプCは、光回線の配線が難しい場合に代わりにケーブルテレビ配線を使うというものですので、現時点では選択肢から外してよいでしょう。

タイプA・Bに絞って比較していきましょう。

ドコモ光で契約できるプロバイダごとに大きく違うのは次の2点。

  • WiFiを飛ばすための無線ルーターが無料でレンタルできるか
  • 平均通信速度(ユーザーが計測した実測値)

上記2点について、タイプA・Bプランに含まれるプロバイダの比較表をご覧ください。

プロバイダ名 無線ルーター
無料レンタルの有無
速度の評判※
GMOとくとくBB 286Mbps
BIGLOBE 233Mbps
plala(ぷらら) 233Mbps
DTI 230Mbps
@nifty 217Mbps
andline 206Mbps
hi-ho 91Mbps
SIS
SYNAPSE × 295Mbps
ドコモnet × 270Mbps
ネスク × 266Mbps
BB.excite × 223Mbps
TikiTikiインターネット × 218Mbps
タイガースネット × 209Mbps
IC-net × 206Mbps
エディオンネット × 199Mbps
楽天ブロードバンド × 135Mbps
01光コアラ ×
※ユーザーが速度レポートを投稿するサイト「みんなのネット回線速度」を参照。2021年7月時点のユーザー平均速度(ダウンロード速度)を掲載しています。

プロバイダ名 無線ルーター
無料レンタルの有無
速度の評判※
OCN 244Mbps
Asahi Net × 299Mbps
TNC × 267Mbps
@TCOM × 233Mbps
WAKWAK × 188Mbps
@ちゃんぷる
ネット
1.7Mbps
※ユーザーが速度レポートを投稿するサイト「みんなのネット回線速度」を参照。2021年7月時点のユーザー平均速度(ダウンロード速度)を掲載しています。


タイプA・Bのプロバイダを比較したところ、無線ルーターが無料でレンタルでき、かつ通信速度が速いプロバイダが多いのは「タイプA」。

タイプAは月額料金が安く、その分プロバイダの質が悪いのでは?と思ってしまいますが、そういうわけではないようですね。

これからドコモ光の契約をお考えの方には、料金プラン「タイプA」がおすすめです。

    タイプAがおすすめの理由

  • 他のプランよりお得だから
  • *無線ルーターを無料でレンタルできるプロバイダが多い
    *月額料金が安い(タイプBより220円安い)

  • 他のプランより通信速度の評判がよいから
  • *通信速度の評判がよいプロバイダが多い
    *タイプAの中でも、GMOとくとくBBは最も速度が速く、おすすめのプロバイダとなっています。


ここまでおすすめの料金プランとその月額料金をご確認いただきましたが、光回線を利用する際に発生する費用は月額料金だけではありません。

月額料金以外に発生する、ドコモ光の導入費用(工事費用・初期手数料)についてもご案内いたします。

ドコモ光の初期費用(工事費用・初期手数料)について

毎月の利用料金以外に、ドコモ光契約時にかかってくる費用を確認しましょう。下記の表をご覧ください。
戸建て マンション
初期手数料 3,300円
開通工事費用 19,800円 16,500円

ドコモ光の初期費用は、他社光回線と比較しても標準的です。とはいえ、1万円以上の支払いはお財布が痛みますよね・・・。

しかし、今なら工事費無料キャンペーンによって、工事費用をかけずにドコモ光を契約することが可能! 本来かかるはずの工事費がないので、ドコモ光の契約時に発生する費用は、初期手数料3,300円のみです。契約のハードルがぐんと下がります。

なお、ドコモ光の工事費無料キャンペーンは期間限定。2021年8月現在はキャンペーン実施中なので、ドコモ光をお得に契約なら今がチャンスです!

ここまでドコモの料金についてお伝えしてきましたが、「ドコモ光が他社と比較してどれくらい安いの?」という疑問は残りますよね。

何年も使うインターネット回線だからこそ、料金が安いかどうかは非常に重要。そこで次に光回線の料金を比較してドコモ光が本当にお得なのかを見ていきましょう。

料金比較|ドコモユーザーにとってドコモ光は他社よりお得?

ドコモ光と他の光回線を料金で比較

長期的にみるとドコモ光が最安

ドコモ光は、スマホ割引が使えるドコモユーザーにとって安くてお得とお伝えしてきましたが、実際にどれほどお得なのでしょうか?

今回は、月額料金だけでなく、初期費用・キャンペーン全てを含んだ料金で比較していきましょう。

    光回線の料金比較ポイント

    ポイントは全ての費用・キャンペーンを考慮して、実質的な負担費用で比較すること!

  • 月額料金
  • 初期費用(工事費・手数料)
  • 割引
  • キャッシュバック

  • *料金の計算式*
    実質負担費用=
    {(月額料金×契約期間)+初期手数料+工事費–キャッシュバック}÷ 契約月数

さっそく、実質的な負担費用の比較結果を見ていきましょう。

戸建てプラン料金比較

光回線サービス 実質的な負担費用(月間)
※最初の契約期間のみ
NURO光 3,846円
ドコモ光 3,941円
※ドコモスマホとの
セット割引を適用後
auひかり 4,238円
ソフトバンク光 4,358円
ビッグローブ光 4,550円
@nifty光 4,814円
ぷらら光 4,858円
ソネット光プラス 4,983円
フレッツ光 6,271円

最初の契約期間(契約期間は光回線によって違いますがおおむね2~3年)だけを切り取って比較すると、ドコモ光よりもNURO光の方が戸建てプランは安いという結果になりました。

ただ、光回線は一度導入したら長期間利用することがほとんど。4年、5年と長期的にみたときには、やはりスマホセット割引がずっと続くドコモ光の方がお得になります

現在ドコモユーザーで、今後もドコモのスマホを利用していこうとお考えであれば、ドコモ光が最安でおすすめの光回線でしょう!

マンションプラン料金比較

光回線サービス 実質的な負担費用(月間)
※最初の契約期間のみ
auひかり 2,345円
ドコモ光 2,621円
※ドコモスマホとの
セット割引を適用後
ソフトバンク光 2,818円
ぷらら光 3,189円
ビッグローブ光 3,441円
@nifty光 3,508円
OCN光 3,734円
ソネット光プラス 3,736円
NURO光 3,846円
フレッツ光 4,330円

マンションプランを比較した結果も、戸建て同様に、ドコモ光よりも安い光回線はあります。しかし上記の比較は最初の契約期間(契約期間は光回線によって違うがおおむね2~3年)だけを切り取っています。

光回線は一度ご自宅に入れた後、数年間にわたって長く利用するものですので、長期的にみると毎月1,100円の割引がずっと続くドコモ光の方が最終的にお得です

  • 光回線サービスの料金比較結果・・・
  • 現在ドコモユーザーで、今後もドコモのスマホを利用していこうとお考えであれば、ドコモ光が最安でおすすめの光回線!

フレッツ光からの乗り換えなら、ドコモ光が断然お得!

現在フレッツ光を契約しているという方は、ドコモ光に乗り換えることによって、毎月のインターネット料金が格段に安くなります

フレッツ光からドコモ光への乗り換えは、「転用」といって、同じ回線のまま光回線サービスだけ乗り換えるというもの。 回線はそのままなので工事不要。さらに、フレッツ光の違約金が発生する場合は、その違約金が全額免除されます!

つまり、フレッツ光を契約してすぐの方でも、費用負担なしでドコモ光に乗り換え(転用)できてしまうんです。 実際に、お得なドコモ光へ乗り換えているユーザーも増えています。フレッツ光をお使いなら、あなたもぜひドコモ光への乗り換え(転用)を検討してみてくださいね。

繰り返しにはなりますが、光回線の料金を比較した結果、ドコモユーザーにとってはやはりドコモ光が一番お得。光回線を検討しているあなたに検討をおすすめしたい光回線サービスです。

次章では、お待ちかねのドコモ光キャンペーンを一挙にご紹介いたします!

ドコモユーザー必見!4つのお得なキャンペーン

それでは早速、ドコモ光のキャンペーンをご紹介しましょう。

    ドコモ光のキャンペーン

  • 工事費無料 ※
  • スマホセット割引 ※
  • dポイント2,000ptプレゼント ※
  • 新規契約で2万円キャッシュバック

※これらキャンペーンはドコモ光が公式で打ち出しているものですので、どこからお申し込みいただいても適用できます。

ドコモ光公式キャンペーン① 工事費無料

2021年8月現在、ドコモ光は工事費無料キャンペーンを実施中。今なら、本来かかるはずの1.6万円~1.9万円の工事費用をかけずにドコモ光を契約することが可能です!

ただし、こちらは期間限定のキャンペーン。期間外にお申し込みされた方は通常の工事費用が掛かってきてしまいますのでお早めのご検討をおすすめします。

    工事費無料キャンペーンの適用条件

    ドコモ光申し込みから、7ヶ月以内に開通工事が完了すること。
    (基本的に工事は1~2ヶ月で完了します)

上記以外の適用条件は特にありません。ドコモ光の戸建てプラン・マンションプランを新規契約した方全員がキャンペーン対象となります。

ドコモ光公式キャンペーン② スマホセット割引

ドコモのスマホをお使いの方なら、毎月のスマホ料金が最大1,100円割引に。この割引はドコモを利用している限りずっと続くので、長期的に見るとかなりお得になるキャンペーンです

ドコモ光契約の1年後には、13,200円割引。そして最初の契約が終了する2年後には、26,400円もの割引になっています。節約できたお金で趣味に使ったり、旅行でリフレッシュしたりもできるでしょう。

さらに、このキャンペーンの注目すべき点は、ご家族のスマホも割引対象になるということ! 一緒に住んでいるご家族はもちろんのこと、離れて暮らすご家族もOK。あなたからみて3親等(曽祖父、曾孫、伯父伯母(叔父叔母)、甥姪)まででしたら一緒に割引を受けることができるのです。

例えば、ご家族4人がドコモスマホをお使いの場合、1年間だけでも5万円以上、スマホ料金が安くなります。ご家族にドコモユーザーが多いという方は、ぜひセット割引を活用しましょう!

スマホプランごとの
割引額一覧

※ドコモの新プランahamoは本キャンペーン対象外です
※現在契約できるスマホプランでは、最大1,100円割引

ー 現在契約できるプラン ー

料金プラン ドコモ光
セット割
ギガホ 1,100円割引
ギガライト ステップ4(~7GB) 1,100円割引
ステップ3(~5GB) 1,100円割引
ステップ2(~3GB) 550円割引
ステップ1(~1GB)

ー 新規受付終了のプラン ー

料金プラン ドコモ光
セット割
ウルトラシェアパック100 3,190円割引
ウルトラシェアパック50 3,850円割引
ベーシック
シェアパック
ステップ4(~30GB) 1,980円割引
ステップ3(~15GB) 1,980円割引
ステップ2(~10GB) 1,320円割引
ステップ1(~5GB) 880円割引
ウルトラデータLLパック 1,760円割引
ウルトラデータLパック 1,540円割引
ベーシック
パック
ステップ4(~20GB) 880円割引
ステップ3(~5GB) 880円割引
ステップ2(~3GB) 220円割引
ステップ1(~1GB) 110円割引


ドコモ光公式キャンペーン③ 2,000ptプレゼント(dポイント)

ドコモ光を新規契約すると、もれなくdポイント2,000ptがプレゼントされます!

普段からdポイントを使っているユーザーは、何もせずにdポイントが増えるので嬉しいキャンペーンですね。

まだdポイントを使ったことがない方でも、アプリ(dポイントクラブアプリ)を入手して登録するだけでdポイントを入手できます。入手したdポイントはコンビニなど身近なお店でも利用可能です。

以上、ドコモ光の公式キャンペーンをご紹介しました。工事費無料によって初期費用が抑えられ、毎月の支払いもスマホセット割引で安くなることがお分かりいただけたのではないでしょうか?

最後にご紹介するキャンペーンは、当サイトがおすすめする申し込み窓口限定で開催しているキャンペーンとなっています。ドコモ光は公式サイトだけでなく、販売代理店など様々な窓口から申し込み可能ですが、これからご紹介する窓口が最もお得でおすすめです!

おすすめ申し込み窓口限定!2万円キャッシュバック

最後に、おすすめの申し込み先限定の、高額キャッシュバックキャンペーンをご紹介します!

こちらはドコモ光が公式で実施しているキャンペーンではなく、当メディアでおすすめする窓口(WEB)限定となっています。これからドコモ光を契約する方はぜひチェックしておきましょう。

どこから申し込みするかによってお得さが違う?

■ドコモ公式サイト・・・
ドコモ光公式キャンペーンしか適用できません。

■ドコモ光のプロバイダ・・・
ドコモ光をプロバイダ経由で申し込むことで、プロバイダ独自のキャンペーンが適用できます。
*プロバイダとは:光回線インターネットに接続する役割を担っているもの。ドコモ光を契約すると提携プロバイダから1社を選ぶことになります。

■ドコモ光の販売代理店・・・
販売代理店でも、独自のキャンペーンを実施しています。
*販売代理店とは:ドコモ光に代わって、WEB上や店舗でドコモ光を販売している。

お得なキャンペーンで最安!おすすめ申し込み先はGMOインターネット!

結論から申し上げると、ドコモ光を契約する際は「GMOインターネット」からの申し込みがおすすめです。こちらから申し込みするだけで、下記の豪華なキャンペーンが受けられます。

  • GMOインターネットのキャンペーン
  • 新規契約でもれなく2万円キャッシュバック


新規契約・開通するだけで、他の条件なく2万円のキャッシュバックを受け取れるのはGMOインターネットだけ。2021年8月現在、最もおすすめの申し込み窓口です。

(参考)ドコモ光申し込み先21社のキャンペーン比較表

”GMOインターネットがおすすめ”という結論に至った過程を知りたいという方は、こちらのキャンペーン比較表もご覧ください。
ドコモ光の申し込み先キャンペーン比較
申し込み先
(プロバイダ/代理店)
キャンペーン
内容
キャンペーンの
条件
GMOインターネット
(代理店)
20,000円
キャッシュバック
3か月以内に開通
ネットナビ
(代理店)
最大20,000円
キャッシュバック
・ひかりTVforドコモ加入
・ DAZNforドコモ加入
GMOとくとくBB 最大20,000円
キャッシュバック
テレビ/動画サービス加入
5か月以内に開通
@nifty 最大20,000円
キャッシュバック
テレビ/動画サービス加入
ディーナビ
(代理店)
15,000円
キャッシュバック
3か月以内に開通
その他15社の
プロバイダ
dポイント
10,000ptプレゼント
各プロバイダによる

上記表をご覧の通り、期間内に開通する以外の条件なく、最高額のキャッシュバックをもらえるのはGMOインターネット!

同様に高額キャッシュバック(2万円)を実施している申し込み窓口はいくつかありますが、どれもオプション加入が条件になっています。オプション料金が発生するので、実際のキャッシュバック金額は目減りしていまいますよね。

条件もしっかり比較すると、今最もおすすめの申し込み先は、オプション条件なしで2万円キャッシュバックがもらえるGMOインターネットといえるでしょう。

以上、ドコモ光のお得なキャンペーン4つをご紹介しました。キャンペーンをご活用いただくことでインターネット費用が節約でき、あなたが好きなことに使えるお金が増えます。ぜひ活用していきましょう。

ここまで、料金・キャンペーンのお得さにフォーカスしてドコモ光を解説してきましたが、インターネット回線を契約するときには通信速度も気になりますよね。

せっかくインターネット回線を引いても、「繋がらない」「遅い」と感じてしまうほどの通信速度では使い物になりません。そこで次に、ドコモ光の速度評判を確認していきましょう。

通信速度の評判と、ドコモ光の速度を速くするコツ

ドコモ光の通信速度についての口コミ・評判 ここでは、ユーザーの平均速度や生の口コミから、ドコモ光が速度の面からもおすすめできるのか解説していきます。 ドコモ光の速度を速める裏技も紹介していますのでぜひご覧ください。

ドコモ光の通信速度は十分快適(平均速度220Mbps)

ユーザーの速度レポートを集計しているサイト「みんなのネット回線速度」では、過去 3か月分の速度口コミをもとに、光回線の平均速度を公表しています。

そしてこのサイトによると、ドコモ光のユーザー平均速度は220Mbps。

私たちが日常でインターネットを使う際に必要な速度は30Mbpsほどなので、ドコモ光の回線でも、通信速度にストレスを感じず、インターネットを使うことができるでしょう

IPoE IPv6対応プロバイダなら、インターネット速度がサクサク快適に!

「少しでも通信速度についての不安をなくしたい」
「回線が混雑している時でも安定した速度でインターネットが使いたい」

このようにお考えであれば、ドコモ光と一緒に契約するプロバイダにこだわっていきましょう。実は、どのプロバイダを選ぶかによって通信速度が速くも遅くもなるのです。

通信速度を速くしたいとお考えであれば、IPoE IPv6対応のプロバイダを選びましょう!

IPoE IPv6というのは、簡単にいうと「回線の混雑を避けてインターネットに接続する方法」。これによって、たくさんのユーザーがインターネットを使っている時でも、速度が低下せず、遅いと感じることが少なくなります。

IPv6対応&速度が速いプロバイダは、GMOとくとくBB

ドコモ光のプロバイダ(24社)の中には、すでにIPoE IPv6に対応しているプロバイダがほとんどですが、一番のおすすめはGMOとくとくBB!

おすすめの理由は下記の通りです。

    ドコモ光×GMOとくとくBBがなぜおすすめ?

  • IPoE IPv6対応のプロバイダで速度が安定しているから
  • 実際にユーザーの速度評判が高いから
  • 無線ルーターが無料で付いてくるから

「GMOとくとくBB」を選択したユーザーの評判・口コミ

実際に、ドコモ光のプロバイダを「GMOとくとくBB」にしたユーザーは、通信速度に満足しているのでしょうか?

Twitter上での評判を調査したところ、「IPoE IPv6対応なので速度が安定している」と満足している口コミが多く見受けられました。

プロバイダをGMOとくとくBBに乗り換えて、速度が改善したユーザーも。


ドコモ光ユーザーの平均速度は220Mbps。そして、特にGMOとくとくBBをプロバイダに選んだユーザーは平均270Mbpsもの速度でインターネットが使えているということからも、評判が高いことがうかがえます(みんなのネット回線速度参照)。

以上、速度の面からみておすすめプロバイダをご紹介しました。インターネット回線の速度は、ご利用の環境によって左右されることが多々あり、このプロバイダを選べば必ず速い速度が出る、と言い切ることはできません。

ただ速度の評判がよいプロバイダは失敗するリスクが低いので、手堅く契約するならGMOとくとくBBを選択するのがおすすめです。

もしGMOとくとくBBに満足できない場合でも、下記の手続きで簡単にプロバイダを変更できます。

速度が遅いと感じたら。プロバイダ変更が可能

「一度選択したプロバイダをやっぱり変更したい…」ということも出てくるでしょう。乗り換えは面倒なイメージがありますが、ドコモ光プロバイダは簡単に乗り換えできますのでご安心ください。

なお、プロバイダ変更には事務手数料3,300円がかかります。

<お問い合わせ先>
ドコモ光のプロバイダを変更したい場合は、下記の窓口にご連絡ください。

■一般電話から:0120-800-000
■ドコモの携帯から:(局番なし)151(無料)

受付:午前9時~午後8時
(https://www.nttdocomo.co.jp/support/
inquiry/index.html)

ここまでお読みいただいた方は、ドコモ光の重要なポイント(料金・キャンペーン・速度)を全て抑えていただけているでしょう。

最後に、ドコモ光を積極的に検討していただいている方に向け、契約前に確認すべき2つの注意点をお伝えしていきます。

  • 開通工事までの期間はどれくらいかかるのか?
  • 解約や引越しにかかる手数料は?

これさえ抑えておけば、ドコモ光の契約時に困ることはないでしょう。

開通工事(利用開始)までどれくらい期間がかかる?

新規なら1~2か月、転用・事業者変更なら最短2週間

ドコモ光申し込みから、開通工事までの期間の目安は下記の通り。
申し込みから、開通工事までの目安
新規でNTT回線を
引き込む場合
1~2か月
フレッツ光・光コラボ
からの乗り換え
(既にNTT回線導入済み)
最短2週間

他社光回線と比較しても、ドコモ光の開通工事までの期間は標準的。ドコモ光が取り立てて遅いということはありません。

  • 参考:他社光回線サービスの開通工事までの目安
  • ソフトバンク光/auひかり/フレッツ光:1~2ヶ月
    NURO光:2~3ヶ月

新規でドコモ光の回線を引き込むという場合は、インターネット利用を開始できるまでに数か月かかります。これを見込んで早めにお申し込みを済ませておくのがおすすめです。

一方、フレッツ光からの乗り換え(転用という)、光コラボからの乗り換え(事業者変更という)なら、最短2週間で工事が完了。すぐにインターネットが利用できるようになります。

なぜ転用・事業者変更だけ早いかというと、フレッツ光・光コラボは同じNTT回線を使っているから。光コラボの1つであるドコモ光も、NTT回線を使うので、大規模な工事が要らないのです。

いずれにせよ、上記の開通期間を見越して、余裕をもって早めにお申し込みしておくことをおすすめします。

「開通工事まで数か月も待てない!」という方もいらっしゃるでしょう。数日後に引越しをする等で、すぐにネット環境が必要な場合もありますよね。 そこで次に、ドコモ光の開通工事までインターネット環境がない場合に、つなぎとしておすすめのネット回線をご紹介します。

開通工事までネット環境が無いなら、WiFiルーターレンタルがおすすめ

まずドコモ光では、残念ながらWiFiルーターのレンタルをしていません。ネット環境がない場合は、ご自身で代替のネット回線を用意する必要があるでしょう。

当メディアがおすすめする代替手段は、いつでも解約できるWiFiルーターを使うということ。おすすめのWiFiルーターを見ていきましょう。

ドコモ光開通前のつなぎとしておすすめのWiFiルーター

ドコモ光の開通前だけ使いたいものなので、いつでも解約できるWiFiルーターがいいですよね。また、通信速度も、日常で使うのに問題ないレベルのWiFiルーターをお探しでしょう。

当メディアが国内WiFiルーターを比較した結果、現在おすすめできるWiFiルーターは次の3つ!

    回線開通までにおすすめのWiFiルーター

  • クラウドWiFi東京
  • ChatWiFi
  • 楽天モバイル

サービス内容と料金については、下記の表をご覧ください。

クラウドWiFi東京 ChatWiFi 楽天モバイル*
月額料金 3,718円 3,680円 ~1GB:0円

~3GB:
1,078円

~20GB:
2,178円

20GB以上:
3,278円
初期費用 3,300円 3,980円 無料
解約金
データ容量
(月間)
100GB 90GB 楽天エリア
無制限
パートナー回線
5GB
通信速度 最大150Mbps 最大150Mbps 最大150Mbps
ポケットWiFi
端末の発送
当日~翌日 翌日 約1週間ほど
(*)別途、端末料金が8,800円かかります。

上記3つのWiFiルーターなら、ドコモ光が開通したタイミングで無料で解約できます。

ドコモ光が開通するまで(~2か月間)、代わりのインターネット環境がないと日常に支障が出てしまうという方はぜひご活用ください。

最後にお伝えするのは、ドコモ光の解約・引越し費用について。こちらも契約前にしっかりとご確認いただきたいことですので、一緒にチェックしていきましょう。

解約・引越しに伴う手数料について

ドコモ光の解約費用は手数料のみでシンプル

ドコモ光は2年契約で、2年毎の自動更新というプランでしたね。

もし、この契約更新以外のタイミングで解約してしまった場合、下記の解約手数料が発生します(光回線の解約手数料としては標準的な金額)。
ドコモ光の解約手数料
戸建てタイプ(2年自動更新) 14,300円
マンションタイプ(2年自動更新) 8,800円
※解約金が発生しないプラン(契約期間縛りのないプラン)もありますが、月額料金が+1,100円高くなってしまいます。特別な理由がない限りは、2年契約をおすすめします。

なお、ドコモ光回線を撤去する必要があれば、撤去工事費というものも発生します。こちらはドコモ光から強制することはありません。

マンションの場合は、マンションオーナーから求められれば撤去工事をする必要があります。しかし、ほとんどのマンションではあなたが入居する前からドコモ光回線(NTT回線)が引かれており、撤去工事を求められるケースは少ないでしょう。

ドコモ光の解約費用は高い?

他の光回線と比較し、解約手数料は標準的

なお、他の光回線では、工事費を分割払いしている場合に残額を支払う必要があったり、撤去工事が必須であることもあるので、ドコモ光より解約費用がかかります。

ドコモ光は解約手数料のみで解約可能なので良心的といえます。 ただ、費用がかからない状態での解約が一番ですので、できるだけ満了(更新月)に解約できるとよいでしょう。

引越し先でも、それまでの契約を引き継げる

ドコモ光は、引越し先でも契約を継続することができます。

また全国対応の光回線サービスということもあり、「引越し先でドコモ光回線を導入できない」ということは比較的少なく、継続して利用できるケースが多いでしょう。

光回線を選び直さなくてよい点は、転勤・転職などで引越しが多い方にとっても安心ですね。

ただし、引越し費用はかかります。下記をご覧ください。
ドコモ光引越し時の費用
移転事務手数料 2,200円
派遣工事費 ※引越し先にドコモ光回線が導入されていない場合のみ 8,250円~19,800円

引越し先の建物(主に賃貸マンション)に、ドコモ光の回線が引いてあれば、移転事務手数料2,200円のみで、引越し先でもドコモ光が使えます。 他の光回線では、引越し時に一度解約して解約料金を支払わなければいけないこともありますので、費用負担が少ないのはドコモ光のメリットでしょう。

以上、ドコモ光契約前に確認しておくべき開通期間や解約料金についてお伝えしました。

まとめ

ここまでドコモ光をあらゆる角度から解説してきましたが、改めて整理していただくため、良い点と悪い点をまとめました。

    ドコモ光のおすすめポイント   
  • ドコモユーザーによって一番料金が安い光回線
  • 光回線は長く利用するものなので、毎月ずっとスマホ割引があるドコモ光がおすすめ

  • IPv6対応のプロバイダなら通信速度も速くて快適
  • 特にプロバイダがGMOとくとくBBなら通信速度が速くなる可能性が高い

  • フレッツ光、光コラボからの乗り換えなら最短2週間で開通
  • さらにフレッツ光からの転用なら乗り換え費用免除



    ドコモ光の注意点
  • ドコモ光開通前のWiFiルーター貸し出しサービスがない
  • ネット環境が必要な場合は、ご自身で用意いただく(本記事でご紹介しているポケットWiFiなど)


ドコモ光は全国エリアに対応しているので、どのエリアにお住まいのドコモユーザーにとっても最適な光回線サービススマホ割引や2万円キャッシュバックなど、豊富なキャンペーンでお得にドコモ光をご契約ください。

なお、お申し込みいただいた順に、工事可能な日時が埋まってしまいます。もしご契約をお考えであればお早めの申し込みが吉!ドコモ光の申し込みはこちらから。

おすすめNo.1窓口から
ドコモ光を申し込みする

ここから先は、おすすめ窓口からのドコモ光お申し込み方法をご案内します。契約時にぜひ参考にしていただければと思います。

申し込みガイド|ドコモ光を一番安く契約する方法は?

おすすめ申し込み先はGMOインターネット(代理店)

本記事前半のキャンペーン紹介でもご案内した通り、GMOインターネットという代理店からの申し込みが一番おすすめ。最高額・かつ確実にキャッシュバックがもらえるキャンペーンとなっています。

  • GMOインターネットの特典
  • 開通翌月に20,000円キャッシュバック!
    さらに、公式キャンペーンでdポイント2,000ptプレゼント!

  • キャンペーン適用条件
  • ・申し込みから3か月以内に開通
    ・キャッシュバック振り込みまでにドコモ光を解約しないこと

  • キャッシュバック振込口座の登録について
  • GMOインターネットより、キャッシュバック振込口座の登録案内メールが届きます。この案内にしたがって、振込口座の申請を必ず行ってください。

  • キャッシュバック受け取り時期
  • キャッシュバックは、回線開通の翌月末に振り込みされます。


キャンペーン内容はGMOインターネット公式サイトでもご案内しています。

ドコモ光おすすめNo.1
申し込み窓口
GMOインターネット

WEB申し込みの流れ

ドコモ光(GMOインターネット経由)のWEB申し込みは、1分で完了します。実際に選択するプラン・オプションなどは、申し込み後にオペレーターに相談しながら決められますのでご安心ください。
ドコモ光の申し込み手順

WEB申し込み手順

当ページ掲載の「GMOインターネット公式サイト」へのリンクをクリック。下記のような画面が出ますので右上の「お申込み」をクリックして申請フォームに移ります。 GMOインターネット公式サイトのイメージ図 申請フォームにて、申し込みする方の情報・オペレーター折り返し時間など、簡単な情報を入力したら送信ください。

これで申請は完了です!オペレーターからの折り返しをお待ちください。

光電話・光テレビオプションについて

ここからは、ドコモ光の光電話・光テレビオプションをご検討されている方に向けた内容になります。もしご興味があれば、こちらで料金やサービス内容の詳細・おすすめポイントをご確認ください。

まずはドコモ光電話について解説していきます。

ドコモ光電話オプションについて

ドコモ光電話は、光回線を使った固定電話サービスです。固定電話を利用するなら、光回線とまとめて契約するのがお得。詳しい利用料金を見ていきましょう。

ドコモ光電話 利用料金

ドコモ光電話を利用するにあたって、固定でかかる料金がこちら。
初期手数料・
工事費
初期手数料は無料

工事費は1,100円~3,300円
(作業内容による)
月額利用料金 月額550円

NTT固定電話サービス(月額料金1,595円~1,870円)と比較すると、ドコモ光電話の利用料金は半額以下。NTT固定電話からお乗り換えの方もお得です。

ドコモ光電話の通話料

次にドコモ光電話の通話料を見ていきましょう。こちらもNTT固定電話サービスと比較してご覧ください。
ドコモ光電話 NTT東日本 NTT西日本
加入電話/
市内電話
8円/3分 8円/3分 9円/3分
市外電話 8円/3分 22~44円/3分
IP電話 11~12円/3分 12円/3分
携帯電話 ドコモ:
17円/1分

au:
19円/1分

ソフトバンク:
17円/1分
ドコモ:
17円/1分

au:
19円/1分

ソフトバンク:
17円/1分
ドコモ:
18円/1分

au:
19円/1分

ソフトバンク:
22円/1分
海外
(アメリカ)
10円/1分

通話料で比較しても、ドコモ光電話はNTT固定電話サービスよりお得。

NTT固定電話だと、電話をかける相手との距離によって通話料が変わってきてしまいまいます。長距離の電話では通話料が高くつくこともしばしば(県外100km以上離れた相手に電話した場合、3分間で704円の通話料がかかります)。

一方、ドコモ光は国内電話なら一律の料金なので安心。通話料金の体系も分かりやすいですね。

なお、NTT固定電話サービスからドコモ光に切り替える方は、電話番号をそのまま引き継ぐことができます(番号ポータビリティ)。この場合、NTT固定電話の利用休止工事料2,200円がかかります。

以上、ドコモ光の電話オプションについて解説いたしました。オプション加入をご検討される方はその旨を申し込み担当オペレーターにお伝えください。

ドコモ光テレビオプションについて

続いて、ドコモ光が提供するテレビサービスについて解説します。

そもそも、テレビアンテナ設置と比較して、光回線を利用したテレビサービスのメリットは大きく3つあります。

    光回線を利用したテレビサービスのメリット

  • 自然災害(落雷や豪雨)の影響を受けにくく、映像品質が安定している
  • (アンテナは自然災害の影響で映像が乱れたり故障することがある)

  • アンテナが要らないので、家の外観がすっきりする
  • 地上波だけでなく専門番組も豊富

台風などが多い地域や、新築のお家の外観をよりスマートに魅せたい方は、光回線のテレビサービスがおすすめ。

さて、ドコモ光が提供しているテレビサービスは2種類。あなたに合ったテレビサービスを選んでいきましょう。

    ドコモ光のテレビサービス

  • フレッツ・テレビ
  • 地上波・BSといった一般的なテレビ番組を視聴したい方におすすめ

  • ひかりTV for ドコモ光
  • 地上波・BSに加え、豊富な専門番組を楽しみたい方におすすめ


※テレビサービス名をクリックすると、詳細までスキップします。

フレッツ・テレビの詳細

こちらのテレビサービスは、「フレッツ・テレビ」をドコモ光が提供しているもの。光回線を使って地上波/BSといった一般的なテレビ番組を視聴したい方におすすめです。

視聴できる番組
ドコモのテレビサービス(フレッツ・テレビ)は、地上波+BSが視聴できます。BS番組としては、BS日テレ・BS朝日・BSテレ東・BSフジ・NHK BS1などが視聴可能。

地上波の番組だと物足りないと感じている方、BS限定のエンタメ番組やスポーツ解説番組などコアな番組を楽しみたい方におすすめです。

さらに、オプションとしてスカパー!も楽しむことができます。スカパー!はスポーツ専門番組が充実しているので、海外サッカーリーグ・国内Jリーグ、野球12球団の全試合、バスケBリーグなどを視聴可能。

スポーツ観戦で盛り上がりたい方におすすめです。

その他、映画やアニメ・エンタメなどの番組も豊富に取り揃えられています。お好きな5チャンネルを選ぶプランから、50チャンネルが見放題となるプランまでありますので観たい番組数に合わせてプランを選びましょう。

料金体系
ドコモ光のテレビサービス(フレッツ・テレビ)の利用料金は下記の通り。
初期費用  計13,530円~
テレビ伝送サービス
工事費
3,300円
テレビ視聴サービス
登録料
3,080円
屋内同軸配管工事費(各部屋でテレビを視聴するための接続工事) テレビ1台だけの場合:7,150円
テレビ2~4台の場合:21,870円
月額料金 計825円
テレビ伝送サービス
利用料
495円
視聴サービス利用料 330円
※ドコモ光(光回線)と同時申し込みでも、テレビ工事費はかかります。

スカパー!を利用する場合の、追加料金がこちら。
月額料金 計2,409円~
スカパー!基本料 429円
チャンネルの
パック料金
5ch選択:1,980円
10ch選択:2,860円
50ch見放題:3,960円

ドコモ光のテレビサービス(フレッツ・テレビ)の番組詳細はこちら

ひかりTV for ドコモ光の詳細

ひかりTV for ドコモ光では、視聴番組数がかなり充実しています。まずはテレビ番組について紹介しましょう。

視聴できる番組
ひかりTV for ドコモ光は、4つのプランからお選びいただけます。各プランの特徴を比較してご覧ください。
ひかりTV for ドコモ光の料金プラン
基本放送プラン
(月額1,100円)
・地デジとBSが視聴可能
ビデオざんまいプラン
(月額1,650円)
・地デジとBSが視聴可能
約3万本のビデオが見放題
10チャンネル視聴可能
テレビおすすめプラン
(月額1,650円)
・地デジとBSが視聴可能
50チャンネル視聴可能
お値うちプラン
(月額2,750円)
・地デジとBSが視聴可能
約3万本のビデオが見放題
50チャンネル視聴可能
一番人気の「お値うちプラン」では、地上波・BSに加え、3万本の映画と50チャンネルが見放題。お気に入りの番組が見つかること間違いなしです!

料金体系
ひかりTV for ドコモ光の利用料金は下記の通り。初期費用は無料で、さらに今なら月額料金も2か月無料の特典付きです!
初期費用 無料
月額料金 計2,200円~3,630円
利用プラン
【最大2カ月無料】
基本放送プラン:1,100円
基本放送プラン:1,650円
テレビおすすめプラン:1,650円
お値うちプラン:2,750円
ひかりTVチューナーレンタル※
【最大2カ月無料】
550円~770円
※ひかりTVを利用するには、専用チューナーをレンタルもしくは購入する必要があります。

ひかりTV for ドコモ光の番組詳細はこちら

以上、ドコモ光のテレビオプションについて解説いたしました。オプション加入をご検討される方はその旨を申し込み担当オペレーターにお伝えください。

ドコモ光のまとめまで戻る
  • GMOワイマックスのメリット・デメリットを解説
    GMOとくとくBBのWiMAXはおすすめ?基本情報から注意点まで解説
    2021.03.03
  • カシモワイマックスはおすすめ?メリット・デメリットを解説
    カシモWiMAXは本当におすすめ?メリット・デメリットを解説
    2021.02.15
  • 光回線を簡単な基準で徹底比較!2020年のおすすめはこちら
    光回線を簡単な基準で徹底比較!2021年のおすすめはこちら
    2021.01.06
  • au光のおすすめ料金プラン・プロバイダから、お得なキャンペーンまで紹介
    auひかりの評判は?本当におすすめできる光回線か徹底解説!
    2021.07.30
  • 楽天モバイルのポケットWiFi「Aterm」について
    【2021年8月最新】楽天モバイルのポケットWiFiはおすすめ?
    2021.03.11
  • wimax(ワイマックス)比較の方法について
    WiMAXのプロバイダを徹底比較!最新おすすめランキング2021年8月版
    2021.04.01