光コラボレーション・ドコモ光。料金プランやプロバイダ、キャンペーン特典まで解説
最終更新日:2022.05.01

ドコモ光のおすすめ料金プラン・プロバイダ・キャンペーン解説


NTTドコモが提供する光回線・ドコモ光は、大手通信会社の安心感とドコモユーザーにお得なキャンペーンで人気。

本記事ではドコモ光契約前に確認すべき下記4点を詳しく解説します。


ドコモ光のことはある程度知っていて、お得なキャンペーン窓口やおすすめの契約プロバイダのみ知りたい方は下記をご覧ください。

ドコモ光のおすすめキャンペーン・プロバイダ情報
とくとくBB×ドコモ光 20,000円還元と高性能WiFiルーター無料レンタル ドコモ光の公式プロバイダ・GMOとくとくBBは、20,000円キャッシュバックキャンペーンを実施中!2022年5月現在どこよりお得にドコモ光を契約できる、おすすめキャンペーンです。

GMOとくとくBBは高額キャンペーンだけでなく、速度の速いWi-Fiルーターを無料レンタルできる点でもおすすめの契約先。ドコモ光の公式プロバイダ・GMOとくとくBBからの契約方法は下記を確認ください!

GMOとくとくBBの限定キャンペーン申込み方法

Contents

光回線の選び方・比較方法

光回線の選び方・おすすめの比較方法を解説します。光回線は次の順序で選ぶのがおすすめ。

    居住エリアに対応した光回線を確認

    通信速度を比較して快適に利用できるかを確認

    料金・キャンペーンを比較してお得に契約できる光回線を確認

光回線は対応エリアが違います。まず居住エリア対応の光回線を確認しましょう。
光回線の対応エリア エリア確認後に通信速度を比較。速度が速いと評判の光回線サービスから検討するのがおすすめです。

回線速度はサービス利用者数に影響され、利用者が増えると回線混雑で通信速度が遅くなります。比較的利用者が少ないNURO光・auひかり・地方光回線は通信速度が速いと評判です。
光回線の通信速度と利用者数の関係図 通信速度を確認したら、最後に料金・キャンペーンを比較。安い光回線を探すコツはスマホとセットで考えること。

光回線はスマホとのセット契約で割引が適用されます。下記表で、利用中のスマホキャリアごとにおすすめの光回線を確認ください。

スマホ スマホとセット契約でお得な光回線
ドコモスマホ ドコモ光
ソフトバンクスマホ 戸建て:NURO光
マンション:ソフトバンク光
auスマホ 戸建て:auひかり
(四国エリアは
ピカラ光もおすすめ)

マンション:auひかり
格安スマホ 戸建て:NURO光
マンション:auひかり

以上、光回線の選び方・比較方法を解説しました。より詳細に光回線を比較したい方は光回線徹底比較ページを確認ください。

ドコモ光のサービス情報~料金・速度・エリア・データ容量

エリアや速度は?ドコモ光のサービス基本情報 NTTドコモ提供の光回線・ドコモ光について、料金・速度・エリア・データ容量などサービス情報を確認します。

ドコモ光のサービス情報
料金 月額料金 戸建て:5,720円
マンション:4,400円
契約手数料 3,300円
工事費 戸建て:19,800円
マンョン:16,500円
→キャンペーンで工事費無料
スマホセット割引 ドコモスマホ
(ahamoは割引キャンペーン対象外)
キャンペーン
  • 工事費無料キャンペーン
  • ドコモスマホとのセット割引
  • dポイント2,000ptプレゼント
  • 以下、おすすめプロバイダ限定
  • 20,000円キャッシュバック特典
  • 高性能ルーター無料レンタル
  • 他社違約金還元
通信速度 下り最大通信速度1Gbps
オプションサービス 光電話・光テレビ
対応エリア 全国エリア
データ容量 無制限

東京・大阪・名古屋エリア限定の
10Gプランについて

ドコモ光は最大通信速度10Gbpsの超高速プラン「10Gプラン」を下記エリア限定で提供。

ドコモ光10Gプランの対応エリア
  • 東京
  • 大田区・世田谷区・杉並区・練馬区・板橋区・足立区・葛飾区・江戸川区・目黒区・中野区・品川区・北区・狛江市・調布市・三鷹市の一部

  • 大阪府大阪市
  • 愛知県名古屋市

ドコモ光の10Gプランの月額料金は6,930円。ドコモ通常プランより月額1,200円以上料金が高いです。通信速度は最大10Gbps、契約ユーザーの実測値は400~1,000Mbps(Twitter口コミ参照)とドコモ通常プランより高速。

料金よりも通信速度を重視する方にドコモ10Gプランはおすすめ。ただドコモ通常プランも十分快適な速度で利用できるため、基本的には通常プランがおすすめです。

ドコモ光は割引キャンペーンなどで、他社と比較しお得に契約できると評判の光回線。フレッツ光から光コラボレーションへの乗り換え(転用)にもドコモ光はおすすめです。

docomo回線対応エリアを確認しよう

光コラボレーション・ドコモ光の対応エリア確認 ドコモ光はフレッツ光と同じ通信回線を使う光コラボレーション(※)。そのためフレッツ光と同じく全国エリアで利用可能です。

※光コラボレーション(光コラボ)とは
フレッツ光の通信回線を利用して光回線を提供するサービスを光コラボレーション(光コラボ)といい、ドコモ光・ソフトバンク光・OCN光・So-net光などが代表的な光コラボレーション。光コラボレーションは、フレッツ光と同じエリアに対応しています。

フレッツ光・光コラボを契約できると確認済みならドコモ光も利用可能です。

新規で光回線を自宅に入れる場合は下記より対応エリアを確認ください(ドコモ光公式サイトではエリア検索画面がないため、フレッツ光のエリア検索画面で確認しましょう)。

東日本にお住まいの方はこちら
ドコモ光のエリア検索(NTT東日本のサイト)


フレッツ光・光コラボを契約されているのであれば、そのままドコモ光への乗り換えが可能

西日本にお住まいの方はこちら
ドコモ光のエリア検索(NTT西日本のサイト)


ドコモ光がエリア外だった方へ

ドコモ光の対応エリア外でも、地域密着で展開している光回線サービスなら導入可能な場合があります。下記エリアにお住まいなら回線エリアを確認ください。

限定エリアで展開する光回線サービス
  • 関西エリア:eo光
  • 東海エリア:コミュファ光
  • 四国エリア:ピカラ光
  • 中国エリア:メガ・エッグ光
  • 九州エリア:BBIQ光(ビビック光)

上記エリア外にお住まいなら、光回線ではなくホームルーターの契約がおすすめ。ホームルーターはドコモ光より広いエリアに対応した自宅用Wi-Fiサービスです。

現在は5G対応・最大通信速度2Gbps超とドコモ光並みに速いホームルーターが複数発売され、ドコモ光エリア外の方におすすめ!ホームルーターの比較・おすすめサービスは下記より確認ください。 →広いエリア対応の自宅用Wi-Fiルーター・ホームルーター徹底解説

ホームルーターより持ち運び可能なポケット型WiFiに興味があれば下記のおすすめ解説ページをご覧ください。 →2022年5月最新のおすすめポケット型WiFi解説

ドコモ光の料金プランを詳しく解説

おすすめプランはどれ?ドコモ光の料金プラン解説 ドコモ光の料金プランは「タイプA・B・C」の3つがあります。料金プランの違いを比較し、契約におすすめのプランを詳しく解説します。

3つの料金プランの違いを比較

ドコモ光のプラン「タイプA・B・C」の違いはプロバイダの種類。下記の比較表のとおり、ドコモ光のタイプAプランは選べるプロバイダ数が多いです。

ドコモ光
料金プラン
プロバイダの数/種類 月額料金
タイプA ドコモ光プロバイダ
18社から選択
戸建て:5,720円
マンション:4,400円
タイプB ドコモ光プロバイダ
6社から選択
戸建て:5,940円
マンション:4,620円
タイプC
※光回線の配線が難しいエリアの場合
各地域のケーブルテレビプロバイダ19社 戸建て:5,720円
マンション:4,400円

プロバイダとは
光回線をWEBネットワークに繋げて、インターネットを利用できるように設定する事業者をプロバイダといい、光回線サービス利用時には光回線(ドコモ光)とプロバイダを契約します。

ドコモ光契約時にプロバイダを選択すれば、別途プロバイダ契約は必要ありません。

Cプランは光回線の配線が難しい場合にテレビケーブル配線するプランなので基本的には選びません。そのため料金プランはA・Bプランから選びましょう。

A・Bプランのプロバイダ情報を詳しく比較したのが下記の表です。ドコモ光のプロバイダは「無線ルーターを無料でレンタルできるか」「速度の評判」の2点に違いがあるので比較してご覧ください。

プロバイダ名 無線ルーター
無料レンタルの有無
速度の評判※
GMOとくとくBB 286Mbps
BIGLOBE 233Mbps
plala(ぷらら) 233Mbps
DTI 230Mbps
@nifty 217Mbps
andline 206Mbps
hi-ho 91Mbps
SIS
SYNAPSE × 295Mbps
ドコモnet × 270Mbps
ネスク × 266Mbps
BB.excite × 223Mbps
TikiTikiインターネット × 218Mbps
タイガースネット × 209Mbps
IC-net × 206Mbps
エディオンネット × 199Mbps
楽天ブロードバンド × 135Mbps
01光コアラ ×
※ユーザーが速度レポートを投稿するサイト「みんなのネット回線速度」を参照。2021年7月時点のユーザー平均速度(ダウンロード速度)を掲載しています。

プロバイダ名 無線ルーター
無料レンタルの有無
速度の評判※
OCN 244Mbps
Asahi Net × 299Mbps
TNC × 267Mbps
@TCOM × 233Mbps
WAKWAK × 188Mbps
@ちゃんぷる
ネット
1.7Mbps
※ユーザーが速度レポートを投稿するサイト「みんなのネット回線速度」を参照。2021年7月時点のユーザー平均速度(ダウンロード速度)を掲載しています。


料金プランはタイプA、プロバイダはGMOとくとくBBがおすすめ

ドコモ光の料金プランを比較した結果、料金プランはタイプA、プロバイダはGMOとくとくBBを選ぶのが最もおすすめ。その理由は下記の通り。

タイプAプラン・GMOとくとくBBがおすすめの理由
  • GMOとくとくBBは高性能Wi-Fiルーターを無料でレンタルでき、通信速度の評判がいいプロバイダ
  • Aプランは他のプランより料金が安い

GMOとくとくBBはWi-Fiルーター無料レンタル以外にも、お得なキャンペーンを実施中!GMOとくとくBBのキャンペーン詳細やお得なドコモ光の申込み方法は以下から確認ください。

ドコモ光をお得なキャンペーンで申込みする方法

ドコモ光の初期費用(契約手数料・工事費)

次にドコモ光契約時にかかる初期費用を確認します。ドコモ光契約時には契約手数料・工事費の2つの料金が発生します。

戸建てプラン マンションプラン
初期手数料 3,300円
回線工事費 19,800円
→キャンペーンで工事費無料
16,500円
→キャンペーンで工事費無料

ご覧のとおり、ドコモ光は工事費無料キャンペーンが適用でき、初期費用は契約手数料3,300円のみ!契約のハードルがぐんと下がります。

工事費無料キャンペーンは、ドコモ光公式プロバイダ経由で契約した場合も適用可能。2022年5月現在はお得なキャンペーンで安くドコモ光を契約できる、GMOとくとくBB経由での契約がおすすめです。

以上、ドコモ光の料金プランや初期費用を解説しました。次にドコモ光のキャンペーンを確認します。

ドコモユーザー必見!お得なキャンペーン特典

2022年最新情報、ドコモ光のキャンペーン特典 2022年5月最新のドコモ光のキャンペーン特典がこちら!

    ドコモ光のキャンペーン特典

  • docomo回線工事費無料キャンペーン
  • ドコモ光とスマホのセット割引
  • dポイント2,000ptプレゼント特典
  • –以下おすすめプロバイダ限定–
  • 20,000円キャッシュバック特典
  • 高性能ルーター無料レンタル
  • 他社回線の解約違約金キャッシュバック

ドコモ光のキャンペーンを1つずつ確認します。

docomo回線工事費無料キャンペーン

回線工事費が無料 ドコモ光は工事費無料キャンペーンを実施中。約1.5万円の工事費をかけずにdocomo回線工事が可能です。

ドコモ光の工事費無料キャンペーンは、新規契約・7ヶ月以内に工事が完了した全員が適用でき、他社のようにオプション加入が必要ない点でもおすすめです。

ドコモ光とスマホのセット割引

ドコモスマホとのセット契約でスマホ料金がずっと1,100円割引 ドコモのスマホ利用中のドコモユーザーなら、ドコモ光とセット契約することで割引キャンペーンが適用できます。セット割引適用後は、スマホ月額料金が毎月最大1,100円割引でドコモユーザーである限りずっと割引されます。

また家族もドコモユーザーの場合、割引キャンペーン対象。離れて暮らす家族でも3親等以内なら一緒に割引キャンペーンを利用可能です。例えば家族4人がドコモユーザーの場合、1年で5万円以上スマホ料金の節約に!長期的にみてかなりお得なキャンペーンでしょう。

ドコモ光とのセット割引金額は、スマホプランごとに違います。下記を確認ください。

スマホプランごとの
割引額一覧

ー 現在契約できるプラン ー

料金プラン ドコモ光
セット割
ギガホ 1,100円割引
ギガライト ステップ4(~7GB) 1,100円割引
ステップ3(~5GB) 1,100円割引
ステップ2(~3GB) 550円割引
ステップ1(~1GB)
※ahamoはドコモ光セット割引対象外

ー 新規受付終了のプラン ー

料金プラン ドコモ光
セット割
ウルトラシェアパック100 3,190円割引
ウルトラシェアパック50 3,850円割引
ベーシック
シェアパック
ステップ4(~30GB) 1,980円割引
ステップ3(~15GB) 1,980円割引
ステップ2(~10GB) 1,320円割引
ステップ1(~5GB) 880円割引
ウルトラデータLLパック 1,760円割引
ウルトラデータLパック 1,540円割引
ベーシック
パック
ステップ4(~20GB) 880円割引
ステップ3(~5GB) 880円割引
ステップ2(~3GB) 220円割引
ステップ1(~1GB) 110円割引

dポイント2,000ptプレゼント特典

dポイント2,000ptプレゼント ドコモ光のキャンペーン3つ目は、dポイント2,000ptプレゼント特典!dポイント利用ユーザーに嬉しいキャンペーンです。

dポイントはdポイントクラブアプリに登録し利用可能。コンビニなど身近なお店でも利用できるのでドコモ光契約後に手続きしましょう。

新規契約で2万円キャッシュバックキャンペーン【限定プロバイダ】

20,000円還元 こちらはドコモ光のおすすめプロバイダ・GMOとくとくBBのキャンペーン。GMOとくとくBBの専用サイトからドコモ光を契約すると、2万円キャッシュバックキャンペーンが適用できます。

ドコモ光公式サイトでは適用できないキャンペーン。本案内をご覧の方はGMOとくとくBBのキャンペーンをぜひ利用ください。

(参考)ドコモ公式プロバイダのキャンペーン比較表

ドコモ光の公式プロバイダは独自のキャンペーンを実施しています。参考にキャンペーン比較表をご覧ください。
ドコモ光公式プロバイダのキャンペーン比較
ドコモ光申込み窓口 キャンペーン
内容
キャンペーン
条件
GMOとくとくBB
(プロバイダ)
20,000円
キャッシュバック
5か月以内に開通
ネットナビ
(代理店)
最大20,000円
キャッシュバック
・ひかりTVforドコモ加入
・ DAZNforドコモ加入
@nifty
(プロバイダ)
最大20,000円
キャッシュバック
テレビ/動画サービス加入
ディーナビ
(代理店)
20,000円
キャッシュバック
3か月以内に開通
その他15社の
プロバイダ
dポイント
10,000ptプレゼント
各プロバイダによる

ドコモ光プロバイダのキャンペーンを比較数と、GMOとくとくBBの他にもネットナビとディーナビが20,000円キャッシュバックを実施。

3社のキャンペーン条件を比較すると、ネットナビはオプション加入が条件となりキャンペーン金額が目減りするため損。GMOとくとくBBとディーナビは開通工事期限がありますが、GMOとくとくBBのほうが2ヶ月も期限が長いです。

条件まで比較し最もおすすめの申込み窓口は、オプション条件なし・20,000円キャンペーンのGMOとくとくBB。キャンペーン詳細やドコモ光申込みはこちらから!

ドコモ光×GMOとくとくBB
キャンペーン特設サイトへ


どこから申込みするかで料金に違いがある?

ドコモ光は公式サイトで契約すると限られたキャンペーンしか適用できません。一方、ドコモ光のプロバイダ・販売代理店では独自のキャンペーンがあり、公式サイトより安い料金でドコモ光を契約可能。ドコモ光契約にあたって申込み窓口を比較するのも重要です。

プロバイダとは:光回線をWEBネットワークに接続し、インターネットを利用できるようにする業者。ドコモ光契約時にプロバイダも一緒に契約します。

販売代理店とは:ドコモ光に代わって、WEB・店舗でドコモ光を販売する業者。

高性能ルーター無料レンタル【限定プロバイダ】

高性能Wi-Fiルーターが0円 公式プロバイダ・GMOとくとくBBのドコモ光契約限定で、高性能ルーターを無料でレンタルできます。本キャンペーンでレンタルできるWi-Fiルーターは、通信速度が遅くなりにくい通信技術IPoE IPv6接続対応で、口コミでも速度が速いと評判。

ドコモ光を契約するならぜひWi-Fiルーター無料レンタルキャンペーンを利用しましょう。

他社回線の解約違約金キャッシュバック【プロバイダ限定】

解約違約金をキャッシュバック こちらも公式プロバイダ・GMOとくとくBBのドコモ光契約限定で利用できるキャンペーン。他社回線を解約しドコモ光に乗り換えた場合、解約違約金20,000円まで還元されます。

利用中の回線サービスがまだ契約更新時期でないなど解約金が発生するなら、本キャンペーン利用がおすすめ。

以上、ドコモ光のキャンペーン特典を紹介しました。改めてキャンペーンを確認します。

ドコモ光のキャンペーン特典
  • docomo回線工事費無料キャンペーン
  • ドコモ光とスマホのセット割引
  • dポイント2,000ptプレゼント特典
  • –以下おすすめプロバイダ・GMOとくとくBB限定–
  • 20,000円キャッシュバック特典
  • 高性能ルーター無料レンタル
  • 他社回線の解約違約金キャッシュバック

GMOとくとくBBのキャンペーンでドコモ光を申込み

通信速度の評判と、ドコモ光の速度を速くするコツ

IPv6接続対応で速い!ドコモ光の通信速度の評判 続いてドコモ光の通信速度について解説。回線速度の評判やドコモ光を速い速度で利用するコツを知りたい方は確認ください。

docomo回線の通信速度は速いと評判~平均速度は20Mbps超

ドコモ光の通信速度の評判を、速度レポート集計サイト「みんなのネット回線速度」で確認します。このサイトでは直近3ヶ月のドコモ光の速度レポート591,921件から平均速度を公開(2022年3月時点)。

ドコモ光の契約者から寄せられた速度の平均値がこちら。
  • 平均ダウンロード速度:268Mbps
  • 平均アップロード速度:206Mbps
  • 平均Ping値:22ms

動画視聴やゲームプレイに必要な通信速度は30Mbps程なので、docomo回線は快適な速度で通信可能です。

ドコモ光の速度を上げるコツ~IPoE IPv6接続対応すること!

「少しでも通信速度の不安をなくしたい」
「回線混雑時も安定した速度が出るの?」

とドコモ光の速度に対して不安を抱える方もいるでしょう。ドコモ光の速度を上げるコツを解説します。

ドコモ光は選ぶプロバイダで通信速度に違いが出ます。比較するとIPoE IPv6接続対応のプロバイダのほうが速度が速いためおすすめ。IPoE IPv6接続とは回線混雑を避ける通信方法で、速度低下で遅いと感じることが少なくなります。

IPv6接続対応のGMOとくとくBBをプロバイダに設定するのがおすすめ

ドコモ光のプロバイダの多くはIPoE IPv6接続対応済みですが、中でもおすすめはGMOとくとくBB。GMOとくとくBB公式サイトに平均下り速度350Mbpsと掲載されている通り、速度に自信があるプロバイダです。 GMOとくとくBBは速度に自信あり!全国平均下り速度350.51Mbps、上り速度306.43Mbps ドコモ光をプロバイダ・GMOとくとくBBで契約したユーザーの口コミも確認ください。下記のTwitterの口コミのように「IPoE IPv6接続対応のため速度が安定している」と評判です。

ドコモ光のプロバイダをGMOとくとくBBに乗り換えて、速度が改善したユーザーの口コミがこちら。


GMOとくとくBBは、プロバイダ乗り換えにもドコモ光新規契約にもおすすめ。高速Wi-Fiルーターを無料レンタルして快適にドコモ光を利用しましょう。

速度が遅いと感じたら。プロバイダ変更が可能

「GMOとくとくBBに満足できない・契約プロバイダを変更したい」という場合は、ドコモ光のお客さまサポートに問い合わせて変更手続き・プロバイダ乗り換えできます。(変更手数料は3,300円)
ドコモ光のお客さまサポート問い合わせ
  • 一般電話から:0120-800-000
  • ドコモの携帯から:151(局番なし・無料)

以上、ドコモ光の通信速度を解説しました。最後にドコモ光の工事期間・解約料金を確認しましょう。

工事完了・Wi-Fi利用までの期間

回線工事期間~光コラボレーションの乗り換えなら工事不要! ドコモ光の回線工事完了・Wi-Fi利用までの期間を解説します。ドコモ光はフレッツ光回線を使った光コラボレーションなので、既に自宅にフレッツ光回線がある場合・ない場合で工事期間が違います。フレッツ光回線の導入状況に合わせて確認ください。


フレッツ光や光コラボレーションからの乗り換え(転用・事業者変更)は工事の必要なし

ドコモ光申込みから工事完了までの期間は最短2週間です。フレッツ光から乗り換え(転用)・光コラボレーションから乗り換え(事業者変更)の場合、そのままフレッツ光回線を利用するため工事が必要ありません。

Wi-Fi利用に必要なルーターが到着したら、インターネット接続設定をしてすぐ利用開始できます。

初めて自宅に光回線を導入する場合、工事まで1~2か月

ドコモ光申込みから工事完了までの期間は1~2ヶ月です。初めて自宅に光回線を導入する場合、ドコモ光と工事日を調整する必要があり、工事作業の混雑状況によって1~2ヶ月ほど待つことになります。

どの光回線サービスも工事完了まで1~2ヶ月が目安で、ドコモ光だけ遅いことはありません。工事期間を見越して早めにドコモ光に申込みするのがおすすめ(開通までキャンセル可能)。

工事まで数ヶ月も待てない方も安心!Wi-Fiルーター無料レンタル
GMOとくとくBBのモバイルWi-Fiレンタル ドコモ光のプロバイダ・GMOとくとくBBは、ドコモ光開通前の3ヶ月間、Wi-Fiルーターを無料でレンタルできるサービスを提供。ドコモ光の工事まで自宅で使えるWi-Fiがない場合は、本サポートを利用ください。

※ドコモ光公式のWi-Fiルーターレンタルサポートはありません

解約料金・引越し手数料について

契約内容もしっかりチェック!解約料金・引越し手数料 ドコモ光の解約料金・回線引越し手数料について解説します。細かい契約内容ではありますがドコモ光契約前に確認するのがおすすめ。

ドコモ光の解約料金~2年契約更新時は無料

ドコモ光は2年自動更新契約です。つまり2年後の契約更新時期のみ無料解約ができる契約内容。

ドコモ光契約更新時期以外の解約料金がこちら。
ドコモ光の解約料金
戸建てプラン 14,300円
(ドコモ光契約更新時は無料)
マンションプラン 8,800円
(ドコモ光契約更新時は無料)

ドコモ光には契約期間縛りなし(解約料金なし)のプランもありますが、月額料金が1,100円高くなるため基本は2年契約がおすすめ。

なお、ドコモ光解約時に回線撤去が必要な場合は撤去工事費がかかります。撤去工事はドコモ光から強制されることはありません。マンションの場合は大家さんから求められる可能性がありますが、長年フレッツ光回線(NTT回線)を利用する多くのマンションでは撤去工事は不要でしょう。

ドコモ光の引越し手数料~引越し先でも契約を引き継げる

ドコモ光契約中に引越しした場合、引越し先でも契約を引き継げます。引越し先もドコモ光対応エリア内である必要はありますが、全国エリア対応のサービスなので継続してドコモ光を利用できる可能性が高いでしょう。

転勤・転職で引越しが多い方も、契約し直しが必要ないドコモ光がおすすめです。ただ回線引越しには手数料がかかるので確認しましょう。

ドコモ光の回線引越し手数料
移転事務手数料 2,200円
派遣工事費
※引越し先にドコモ光(フレッツ光)回線がない場合のみ
8,250円~19,800円

引越し先にドコモ光(フレッツ光)回線があれば移転事務手数料のみでドコモ光を利用できます。以上、ドコモ光の工事期間・解約料金について解説しました。

まとめ~フレッツ光や光コラボレーションからの乗り換えにおすすめ

今回は、人気の光コラボ・ドコモ光のサービス内容を解説しました。ドコモ光はWi-Fi乗り換えにお得なキャンペーンが豊富なため、フレッツ光や光コラボレーションからの乗り換えにおすすめです。

改めてドコモ光のおすすめポイントを確認しましょう。

ドコモ光のおすすめポイント
  • フレッツ光や光コラボレーションからの乗り換えがお得
  • フレッツ光からの乗り換え(転用)や光コラボからの乗り換え(事業者変更)なら工事なし・最短2週間でドコモ光が開通。解約違約金も無料です。

  • ドコモ光はドコモユーザーに最もおすすめの光回線
  • ドコモ光とスマホのセット割引で、ずっと月額料金が1,100円割引でドコモユーザーにおすすめ!

  • IPv6接続対応プロバイダなら通信速度が速い
  • ドコモ光のプロバイダ・GMOとくとくBBのIPv6対応ルーターは速度が速いと評判

ドコモ光のおすすめ契約窓口は、公式プロバイダ・GMOとくとくBB。ドコモ光公式サイトにはない、20,000円現金還元・ルーター無料レンタルなどのキャンペーンでお得にドコモ光を契約できます!

GMOとくとくBBのキャンペーン詳細
ドコモ光申込みサイトはこちら


ドコモ光の申込み案内~公式プロバイダGMOとくとくBB経由の契約がおすすめ

選べる特典、オプション申込不要!限定20,000円キャッシュバック ドコモ光をお得なキャンペーンで申込みする方法を案内。2022年5月現在、公式プロバイダGMOとくとくBBB経由でのドコモ光契約がおすすめです。

GMOとくとくBB×ドコモ光限定キャンペーンの申込み手続き方法

GMOとくとくBB×ドコモ光限定キャンペーン特典は3つ!
  • 20,000円キャッシュバック特典
  • 高性能ルーター無料レンタル
  • 他社回線の解約違約金キャッシュバック

  • もちろん、下記のドコモ光公式キャンペーンも適用可能
  • docomo回線工事費無料キャンペーン
  • ドコモ光とスマホのセット割引
  • dポイント2,000ptプレゼント特典

上記キャンペーンを適用してドコモ光を申込みする手続き方法を案内します。


20,000円還元キャンペーン
ドコモ光申し込み特設サイトへ


問い合わせはNTTドコモチャットサポート

ドコモ光の料金プランや特典・オプションについての問い合わせは、NTTドコモチャットサポートで対応します。チャットサポートは土日祝日も無休で9時~20時まで対応。

NTTドコモチャットサポートは、ドコモ光契約後も契約内容や手続き方法の確認に対応しているため、不明点があればこちらに問い合わせしましょう。

光電話・光テレビオプションについて

電話・テレビサービス ここからは、ドコモ光の光電話・光テレビオプションをご検討されている方に向けた内容になります。もしご興味があれば、こちらで料金やサービス内容の詳細・おすすめポイントをご確認ください。

まずはドコモ光電話について解説していきます。

電話オプションについて

ドコモ光電話は、光回線を使った固定電話サービスです。固定電話を利用するなら、光回線とまとめて契約するのがお得。詳しい利用料金を見ていきましょう。

ドコモ光電話の月額利用料金

ドコモ光電話を利用するにあたって、固定でかかる料金がこちら。

初期手数料・
工事費
初期手数料は無料

工事費は1,100円~3,300円
(作業内容による)
月額利用料金 月額550円

NTT固定電話サービス(月額料金1,595円~1,870円)と比較すると、ドコモ光電話の利用料金は半額以下。NTT固定電話からお乗り換えの方もお得です。

ドコモ光電話の通話料金

次にドコモ光電話の通話料を見ていきましょう。こちらもNTT固定電話サービスと比較してご覧ください。

ドコモ光電話 NTT東日本 NTT西日本
加入電話/
市内電話
8円/3分 8円/3分 9円/3分
市外電話 8円/3分 22~44円/3分
IP電話 11~12円/3分 12円/3分
携帯電話 ドコモ:
17円/1分

au:
19円/1分

ソフトバンク:
17円/1分
ドコモ:
17円/1分

au:
19円/1分

ソフトバンク:
17円/1分
ドコモ:
18円/1分

au:
19円/1分

ソフトバンク:
22円/1分
海外
(アメリカ)
10円/1分

通話料で比較しても、ドコモ光電話はNTT固定電話サービスよりお得。

NTT固定電話だと、電話をかける相手との距離によって通話料が変わってきてしまいまいます。長距離の電話では通話料が高くつくこともしばしば(県外100km以上離れた相手に電話した場合、3分間で704円の通話料がかかります)。

一方、ドコモ光は国内電話なら一律の料金なので安心。通話料金の体系も分かりやすいですね。

なお、NTT固定電話サービスからドコモ光に切り替える方は、電話番号をそのまま引き継ぐことができます(番号ポータビリティ)。この場合、NTT固定電話の利用休止工事料2,200円がかかります。

以上、ドコモ光の電話オプションについて解説いたしました。オプション加入をご検討される方はその旨を申し込み担当オペレーターにお伝えください。

光テレビオプションについて

続いて、ドコモ光が提供するテレビサービスについて解説します。

そもそも、テレビアンテナ設置と比較して、光回線を利用したテレビサービスのメリットは大きく3つあります。

    光回線を利用したテレビサービスのメリット

  • 自然災害(落雷や豪雨)の影響を受けにくく、映像品質が安定している
  • (アンテナは自然災害の影響で映像が乱れたり故障することがある)

  • アンテナが要らないので、家の外観がすっきりする
  • 地上波だけでなく専門番組も豊富

台風などが多い地域や、新築のお家の外観をよりスマートに魅せたい方は、光回線のテレビサービスがおすすめ。

さて、ドコモ光が提供しているテレビサービスは2種類。あなたに合ったテレビサービスを選んでいきましょう。

    ドコモ光のテレビサービス

  • フレッツ・テレビ
  • 地上波・BSといった一般的なテレビ番組を視聴したい方におすすめ


  • ひかりTV for ドコモ光
  • 地上波・BSに加え、豊富な専門番組を楽しみたい方におすすめ


※テレビサービス名をクリックすると、詳細までスキップします。

フレッツ・テレビのサービス内容

こちらのテレビサービスは、「フレッツ・テレビ」をドコモ光が提供しているもの。光回線を使って地上波/BSといった一般的なテレビ番組を視聴したい方におすすめです。

視聴できる番組 ドコモのテレビサービス(フレッツ・テレビ)は、地上波+BSが視聴できます。BS番組としては、BS日テレ・BS朝日・BSテレ東・BSフジ・NHK BS1などが視聴可能。

地上波の番組だと物足りないと感じている方、BS限定のエンタメ番組やスポーツ解説番組などコアな番組を楽しみたい方におすすめです。

さらに、オプションとしてスカパー!も楽しむことができます。スカパー!はスポーツ専門番組が充実しているので、海外サッカーリーグ・国内Jリーグ、野球12球団の全試合、バスケBリーグなどを視聴可能。

スポーツ観戦で盛り上がりたい方におすすめです。

その他、映画やアニメ・エンタメなどの番組も豊富に取り揃えられています。お好きな5チャンネルを選ぶプランから、50チャンネルが見放題となるプランまでありますので観たい番組数に合わせてプランを選びましょう。

料金体系 ドコモ光のテレビサービス(フレッツ・テレビ)の利用料金は下記の通り。
初期費用  計13,530円~
テレビ伝送サービス
工事費
3,300円
テレビ視聴サービス
登録料
3,080円
屋内同軸配管工事費(各部屋でテレビを視聴するための接続工事) テレビ1台だけの場合:7,150円
テレビ2~4台の場合:21,870円
月額料金 計825円
テレビ伝送サービス
利用料
495円
視聴サービス利用料 330円
※ドコモ光(光回線)と同時申し込みでも、テレビ工事費はかかります。

スカパー!を利用する場合の、追加料金がこちら。

月額料金 計2,409円~
スカパー!基本料 429円
チャンネルの
パック料金
5ch選択:1,980円
10ch選択:2,860円
50ch見放題:3,960円

ドコモ光のテレビサービス(フレッツ・テレビ)の番組詳細はこちら

ひかりTV for ドコモのサービス内容

ひかりTV for ドコモ光では、視聴番組数がかなり充実しています。まずはテレビ番組について紹介しましょう。

視聴できる番組 ひかりTV for ドコモ光は、4つのプランからお選びいただけます。各プランの特徴を比較してご覧ください。
ひかりTV for ドコモ光の料金プラン
基本放送プラン
(月額1,100円)
・地デジとBSが視聴可能
ビデオざんまいプラン
(月額1,650円)
・地デジとBSが視聴可能
約3万本のビデオが見放題
10チャンネル視聴可能
テレビおすすめプラン
(月額1,650円)
・地デジとBSが視聴可能
50チャンネル視聴可能
お値うちプラン
(月額2,750円)
・地デジとBSが視聴可能
約3万本のビデオが見放題
50チャンネル視聴可能

一番人気の「お値うちプラン」では、地上波・BSに加え、3万本の映画と50チャンネルが見放題。お気に入りの番組が見つかること間違いなしです!

料金体系 ひかりTV for ドコモ光の利用料金は下記の通り。初期費用は無料で、さらに今なら月額料金も2か月無料の特典付きです!
初期費用 無料
月額料金 計2,200円~3,630円
利用プラン
【最大2カ月無料】
基本放送プラン:1,100円
基本放送プラン:1,650円
テレビおすすめプラン:1,650円
お値うちプラン:2,750円
ひかりTVチューナーレンタル※
【最大2カ月無料】
550円~770円
※ひかりTVを利用するには、専用チューナーをレンタルもしくは購入する必要があります。

ひかりTV for ドコモ光の番組詳細はこちら


以上、ドコモ光のテレビオプションについて解説いたしました。オプション加入をご検討される方はその旨を申し込み担当オペレーターにお伝えください。

【コラム】他の光コラボと比較しておすすめ?

光コラボを比較し、ドコモ光がおすすめの光回線サービスか解説。戸建てプラン・マンションプランごとの料金比較をご覧ください。

光コラボの料金プラン(戸建て・マンション)を比較

ドコモ光は、スマホ割引が使えるドコモユーザーにとって安くてお得とお伝えしてきましたが、実際にどれほどお得なのでしょうか?

今回は、月額料金だけでなく、初期費用・キャンペーン全てを含んだ料金で比較していきましょう。

    光回線の料金比較ポイント

    ポイントは全ての費用・キャンペーンを考慮して、実質的な負担費用で比較すること!

  • 月額料金
  • 初期費用(工事費・手数料)
  • 割引
  • キャッシュバック

  • *料金の計算式*
    実質負担費用=
    {(月額料金×契約期間)+初期手数料+工事費–キャッシュバック}÷ 契約月数

さっそく、実質的な負担費用の比較結果を見ていきましょう。

戸建てプラン料金比較

光回線サービス 実質的な負担費用(月間)
※最初の契約期間のみ
NURO光 3,963円
ドコモ光 5,024円
※ドコモスマホ割で
さらに1,100円割引
auひかり 4,238円
ソフトバンク光 4,316円
ビッグローブ光 4,459円
@nifty光 4,814円
ぷらら光 4,858円
ソネット光プラス 4,440円
フレッツ光 6,271円

最初の契約期間(契約期間は光回線によって違いますがおおむね2~3年)だけを切り取って比較すると、ドコモ光よりもNURO光の方が戸建てプランは安いという結果になりました。

ただ、光回線は一度導入したら長期間利用することがほとんど。4年、5年と長期的にみたときには、やはりスマホセット割引がずっと続くドコモ光の方がお得になります

現在ドコモユーザーで、今後もドコモのスマホを利用していこうとお考えであれば、ドコモ光が最安でおすすめの光回線でしょう!

マンションプラン料金比較

光回線サービス 実質的な負担費用(月間)
※最初の契約期間のみ
auひかり 2,105円
ドコモ光 3,704円
※ドコモスマホ割で
さらに1,100円割引
ソフトバンク光 2,776円
ぷらら光 3,189円
ビッグローブ光 3,441円
@nifty光 3,508円
OCN光 3,658円
ソネット光プラス 3,262円
NURO光 1,875円
フレッツ光 4,330円

マンションプランを比較した結果も、戸建て同様に、ドコモ光よりも安い光回線はあります。しかし上記の比較は最初の契約期間(契約期間は光回線によって違うがおおむね2~3年)だけを切り取っています。

光回線は一度ご自宅に入れた後、数年間にわたって長く利用するものですので、長期的にみると毎月1,100円の割引がずっと続くドコモ光の方が最終的にお得です

  • 光回線サービスの料金比較結果・・・
  • 現在ドコモユーザーで、今後もドコモのスマホを利用していこうとお考えであれば、ドコモ光が最安でおすすめの光回線!

ドコモ光はドコモユーザーに1番おすすめの光コラボ

現在フレッツ光を契約しているという方は、ドコモ光に乗り換えることによって、毎月のインターネット料金が格段に安くなります

フレッツ光からドコモ光への乗り換えは、「転用」といって、同じ回線のまま光回線サービスだけ乗り換えるというもの。 回線はそのままなので工事不要。さらに、フレッツ光の違約金が発生する場合は、その違約金が全額免除されます!

つまり、フレッツ光を契約してすぐの方でも、費用負担なしでドコモ光に乗り換え(転用)できてしまうんです。 実際に、お得なドコモ光へ乗り換えているユーザーも増えています。フレッツ光をお使いなら、あなたもぜひドコモ光への乗り換え(転用)を検討してみてくださいね。

繰り返しにはなりますが、光回線の料金を比較した結果、ドコモユーザーにとってはやはりドコモ光が一番お得。光回線を検討しているあなたに検討をおすすめしたい光回線サービスです。

より詳細にドコモ光と他の光コラボを比較したい方は、光コラボを比較した下記ページをご覧ください。

おすすめのフレッツ光プロバイダ・光コラボ

PICKUP
CONTENTS

光回線の料金・速度を徹底比較!2022年のおすすめサービスの選び方

在宅ワークが非常に多くなってきた今日。自宅のネット環境は、プライベートだけでなく仕事にも大きく関わってきているという方もいらっしゃるのではないでしょうか? こういった状況を機に、インターネット回線の契約見直しをお考えの方...
2021.01.06

auひかりの評判・口コミは?本当におすすめの光回線か解説!

こちらのページでは、国内でも人気の光回線である「auひかり」について解説しています。 auひかりをご検討いただいている方の中には、下記のような不安をお持ちの方も多いのではないでしょうか。 「本当に安い料金で利用できるの?...
2021.07.30

ドコモ光のおすすめ料金プラン・プロバイダ・キャンペーン解説

NTTドコモが提供する光回線・ドコモ光は、大手通信会社の安心感とドコモユーザーにお得なキャンペーンで人気。 本記事ではドコモ光契約前に確認すべき下記4点を詳しく解説します。 ドコモ光の料金プラン ドコモ光のキャンペーン特...
2021.07.06