実印とは?効力や使用場面を解説
最終更新日:2022.06.21

実印とは?効力や使用場面について解説


実印とは、住民登録している地域の市区町村の役所や役場に印鑑登録をして、認められた法的な効力を持つ印鑑のことを言います。

実印は、戸籍上の姓名を刻印してあることが必要となります。なぜなら日本においては、実印は1人1つの印鑑で、「自分自身の分身」ともいえる大切な印鑑だからです。

実印を使う場面とは、人生において比較的重要な決断をするときです。例えば、以下のような重要な契約をする際に使います。

  • 家を買う
  • 家を借りる
  • 車を買う


実印を押すことで、その契約は私が自ら希望して契約するという意思表示になります。つまり、印鑑登録してある実印は、その印を押した人物が本人であることを証明するための重要な印鑑だということです。

当記事ではそんな実印と銀行印、認印の違いから使用上の注意点まで解説します。実印がどのようなものか理解したい方は必見の内容なのでぜひご一読ください。

銀行印や認印との違いとは?

銀行印鑑や認印との違いとは

ハンコには実印以外にもさまざまな種類があります。下記で、個人で最低限持っておきたい実印・銀行印・認印の3つの印鑑のうち、実印以外の2つのはんこを紹介します。

認印とは?基本情報を紹介

認印とは、市区町村の役所や役場が発行する印鑑証明が不要な書類に使う、私達に1番身近なハンコのことをいいます。

姓のみを刻印しているので、100円ショップや文房具屋さんでも、日本人に多い苗字であれば簡単に手に入れられます。

認印を使用する場面は、会社の伝票や資料等、あるいは宅配便の荷物の受け取りなどが挙げられます。

日常的に使用する機会の多い認印は、様々なデザインものが増えていて、どこでも使える可愛らしい見た目の認印から、男性向けの無骨でクールなデザインの認印まで幅広く販売されています。

銀行印とは?作成には申請・登録が必要

銀行印とは、認印より重要度の高い印鑑です。

最近ではキャッシュカードがあるため、銀行の窓口で手続きをする機会は少ないかと思います。

しかし、銀行印は金融機関で口座を作成する際に必要になるはんこです。自身の財産を管理する銀行印は、偽造を防ぐためにも書体素材の選び方が重要です。

銀行印は認印とは異なり、口座を開設する金融機関に印鑑を申請し、登録する必要があります。

口座から大きな金額を動かす際や、住宅ローンを組むようなときに使用する、実印とともに必要な重要な印鑑のひとつです。

ここまで説明した3つの印鑑の役割をまとめているので以下をご覧ください。

  • 実印:住民登録している市区町村で印鑑登録し、重要な契約の際に用いる印鑑
  • 銀行印:口座開設・高額の取引に使用し、金融機関に登録する印鑑
  • 認印:日常的に使用し、100円ショップなどの三文判で代用できる印鑑


上記から、実印は個人が使用する印鑑の中でも、人生に関わる大きな契約に使用する、自分自身の分身とも言える重要な印鑑であるとわかります。

いつ使うの?実印の使用場面を紹介

実印の使用場面を紹介

先ほども説明したとおり、実印とは自分の人生を左右するような大きな買い物・契約に使用するものです。

とはいえ、具体的にはどんな場面で実印を使用するのでしょうか?ここでは、気になる実印の使用場面を具体例を用いて説明します。

使用例1 不動産の取引

マイホームの購入土地の売買など、不動産の取引を行う際に実印が必要になります。

物件を購入する際には、所有権を自分の住所に移転登記しなくてはなりません。実印は、移転登記の際、売買契約などの不動産取引に関する書類に押印します。

また、実印の押印時には印鑑証明書も一緒に提出する必要があるため、事前に役場で発行しましょう。

使用例2 金融機関から融資を受ける場合

銀行から融資を受ける場合にも実印が必要。住宅を購入会社を起業して創業資金を借りるなど、多額のローンを組む際には、実印が必要なります。

金融機関での手続きになるため、同時に登録済の銀行印が必要になる場合もあります。

使用例3 高額な買物・遺産相続などの契約

などの高額な買物や遺産の相続を行う際の契約書にも実印を押印します。

以上のように、人生でそう何度もない高額な取引には実印が必要になる場合があります。このような重要な契約、高額な契約に使用し、自分の権利や財産を守る大切なはんこが実印なのです。

実印の使用方法、印鑑証明書とセットで効力を発揮

実印の使用方法、印鑑証明書とセットで効力を発揮

印鑑大国である日本の社会おいて、実印の持つ効力は絶大です。しかし、実は実印を持っているだけではその効力は発揮されません。

というのも、その実印を契約書類などに押印したところで、その実印が実際に住民登録された市区町村に登録した印鑑なのかどうか、そしてさらに、契約する本人が実際に所持使用しているものなのかどうかは、印鑑を見ただけではわからないためです。

そのため、その印鑑が印鑑登録された実印であり、その本人と結び付けられた印鑑であることを証明する必要があります。

それが、印鑑登録証明書です。

大抵の契約時には、実印と印鑑登録証明書(通称は印鑑証明書)を一緒に提出することがほとんどだと思います。実印と印鑑証明書がセットになることで、初めてその法的効力を発揮するのです。

また、住民登録している市区町村の役所にて印鑑登録を行い、実印として認められると、印鑑登録カードが発行されます。印鑑証明書は、この印鑑登録カードを窓口に持参することで、発行してもらうことができます。

印鑑登録カードは印鑑登録されている人が持つカードです。そのため、基本的には本人しか印鑑登録証明書は発行できないようになっています。

上記の通り、実印は印鑑登録証明書と合わせることで効力を発揮します。

実印の印影と印鑑証明書を照らし合わせ、2つが同一のものであることを示し、本人が所有する実印に間違いないと証明されるのです。そのため、強力な法的効力を持つ印鑑である実印には、その証明をする「印鑑登録証明書」が常に必要となります。

悪用のリスク〜作成から管理までの注意点〜

悪用のリスクや注意点

先出の通り、実印は非常に強い法的な効力を持つ印鑑です。そのため、偽造盗難などのトラブルに巻き込まれないように注意をする必要があります。

印鑑を作成するお店選び

実印を作るお店を選ぶ際には、いくつかのポイントがあります。最も大切なのは、「そのお店が信頼できるかどうか」ということ。

実印は大切なものですから、同じ印影のはんこがたくさん出回っているようでは安心して使えません。可能であれば1つ1つの印鑑を手彫りで作成できるお店で実印を作成することをおすすめします。

最近では、印鑑のネット通販ショップでも手彫りの実印を作成することが可能です。通販サイトですので、営業時間を気にせず、書体や印材も視覚的にスムーズに選べるため、印鑑ショップの営業時間中に時間の取れない方や、注文前に完成品のイメージを確認したい方におすすめです。

しかし、注意したいのはそのネット上のお店が「ハンコ専門店」であるかどうかということ。

また、いつ頃創業したのか、利用者の評価をきちんと確認して、いくつかのネットショップの中からご自分が納得するお店を選択しましょう。

実印は素材や書体も大切ですから、豊富な素材や書体を用意している店舗であると安心です。

そこで当サイトでは、どの印鑑通販ショップで実印を作成・購入すべきか悩まれているあなたのために、多くの印鑑通販サイトの中から信頼と実績安さと品質品揃えと技術といった基準を満たした3つのサイトを厳選しました。

それぞれの印鑑通販サイトごとに特徴は異なりますが、3つとも多くの方々が実印を購入しているお店です。全ての印鑑通販ショップを比較する余裕がないという方は、こちらの3つの中から選ばれると良いかと思います。

実印作成で印鑑通販ショップを
考えている方はこちらへ


印鑑作成時の注意

実印となる印鑑を作成する際には、1人1つの印鑑であることを意識して、その書体にもこだわって作成しましょう。

まず大切なのは、フルネームで作成すること。1人1つの印鑑であるため、姓名を刻印することが悪用されるリスクを回避することにつながります。

そして、書体。具体的には以下のような書体があります。

  • 篆書体(てんしょたい)
  • 吉相体(きっそうたい)
  • 隷書体(れいしょたい)
  • 古印体(こいんたい)


一般的には実印では篆書体を使います。現代の漢字とは形が少し違い、複雑な絵の様な形式になっているので、偽造されにくく安全です。

また、篆書体以外にも印相体という書体もあります。篆書体をもう少しデザイン性を強くしたもので、こちらも偽造されにくい書体として人気です。

印鑑の管理

印鑑登録をして実印となると、役所から「印鑑登録カード」が発行されます。この「印鑑登録カード」と「実印」が1つのセットです。

印鑑登録カードは、印鑑証明書を役所で請求するときに役所の窓口に提出するものです。そのため、「印鑑登録カード」と実印がそろっていると、悪用されるリスクも高まります。

「印鑑登録カード」と実印は、ばらばらに保管するようにしましょう。また両方とも、できればカギのかかる場所に保管しておくようにしましょう。

保管場所

印鑑はその素材によっては、乾燥や湿度によって割れやすかったり、かけてしまうこともあります。

実印となる印鑑を作成する際には、一緒にケースの購入をすることをお勧めします。はんこショップに印鑑とともに販売されているケースは、乾燥や湿度に耐えられるものが多くあります。

ご自分のお住いの室内温度、乾燥状態、湿度などに合わせて、適したケースを購入されるといいでしょう。そして、ケースに入れたらできるだけ湿度、乾燥度合いのバランスのいい場所に保管してください。

実印は、法的に最も効力のある印鑑です。使用するときだけでなく、作成するときや保管する場所にも気を付けて、悪用されるリスクを回避して下さいね。

以上、実印の注意点でした。実印作成時には上記の点に気をつけて取扱しましょう。
PICKUP
CONTENTS

印鑑作成おすすめネット通販ランキング!21社を比較【2022年7月】

日本では必要不可欠な印鑑・はんこ。印鑑やはんこを知識がない状態で、購入・作成する予定でないでしょうか? 印鑑には、実印や認印、銀行印などの種類があり、適したサイズや書体は異なるため、何となく印鑑作成するのは危険です。 当...
2021.10.24

実印作成のポイントと購入におすすめのネット印鑑通販サイト厳選5社

実印作成を検討中に、「実印作成におすすめのネット通販サイトは?」「そもそも実印はどう作成するの?」とお悩みではないですか? そんな方に向けて、当ページでは男性・女性で異なる実印作成で決めるべき4つのポイントから、おすすめ...
2021.10.29