ワイマックスのルーターはどれがおすすめ?歴代の端末を全比較!
最終更新日:2022.01.01

WiMAXのルーターはどれがおすすめ?歴代の端末を全比較!


WiMAXの契約をお考えの際に悩むのが、どのルーター(機種)を選ぶかという点ではないでしょうか。 私も昔WiMAXを契約する際、ルーターが豊富にあるので正直どの機種がおすすめなのか全く分からないまま契約してしまいました。

「どのルーター(機種)がおすすめ?」
「ルーターの選択肢が多くて、どれを選ぶべきかわからない」
「どうやって比較したらいいの?」

WiMAXのルーターを選択する方法は至ってシンプルであり、最新機種の中からあなたにあった端末を選ぶだけです。

また、WiMAXでは2~3年契約が一般的です。機種変更するとしても約3年後なので、できるだけ最新機種を選ばないと、途中で変えたいと思っても違約金の支払いが必要です。

今回は、そんなWiMAXルーター比較のポイント紹介するとともに、あなたに最適なルーターが見つかるよう徹底的に端末を比較しました。

なぜ、最新機種がおすすめなのか必ずお分かりいただけるはずです。こちらを読んで、あなたにとって最適なWiMAXルーターを手に入れちゃいましょう!

それでは、まず最新機種を含めたルーターの一覧を確認していきます。

おすすめは?WiMAX全てのルーターを比較!

おすすめは?ワイマックス全てのルーターを比較! 初めに、WiMAXには20社を越える販売店(以下プロバイダ)がありますが、どこで契約してもエリア、速度に違いはありません。

その理由は、WiMAXの回線はすべてUQコミュニケーションズが提供する回線を借りた(MVNO)だから。 つまり、速度を決めるのはWiMAX端末の性能になります。

またおすすめしているWiMAXプロバイダでは、基本的に端末価格も0円!WEB限定だから、店舗や人件費を減らすことでお得なキャンペーンを実施しています。 スマホなどだと中古端末を購入される方もいらっしゃるかと思いますが、WiMAXルーターは基本無料で手に入るためおすすめできません。

上記の通り、WiMAX端末は価格が0円なので、性能の高い最新機種の中から、あなたにあったルーターを選べます。

歴代発売されていた全ての端末を、モバイル端末・ホームルーター分けて確認していきます!

【2022年最新版】WiMAXの全ルーター比較表

今まで発売されたWiMAXの端末一覧で確認していきます!モバイルルーターとホームルーターを分けた表となっています。

モバイルルーター

                                                    
ルーター名 X11 SCR01 WX06 W06 WX05 W05 WX04 W04 WX03 W03 WX02 W02 WX01 W01
イメージ モバイルルーター新機種Speed Wi-Fi 5G X11 モバイルルーター新機種Galaxy 5G Mobile Wi-Fi モバイルルーターWX06 モバイルルーターW06 WX05 W05 WX04 W04 WX03 W03 WX02 W02 WX01 W01
発売日 2021年10月15日 2021年4月8日 2020年1月30日 2019年1月25日 2018年11月8日 2018年1月19日 2017年11月1日 2017年2月17日 2016年12月2日 2016年6月4日 2016年11月20日 2016年2月19日 2015年3月5日 2015年1月30日
下り最大速度 2.7Gbps
(2,700Mbps)
2.2Gbps
(2,200Mbps)
440Mbps 1,237Mbps 440Mbps 758Mbps 440Mbps 758Mbps 440Mbps 370Mbps 220Mbps 220Mbps 220Mbps 220Mbps
上り最大速度 183Mbps 183Mbps 75Mbps 75Mbps 75Mbps 37.5Mbps 75Mbps 30Mbps 30Mbps 25Mbps 10Mbps 12.5Mbps 10Mbps 25Mbps
5G対応 × × × × × × × × × × × ×
4GLTE × × × × ×
WiMAX2+ × ×
バッテリー持ち時間 約8時間 約16時間 約14時間 約9時間 約10.5時間 約9時間 約10.5時間 約6.5時間 約10時間 約7時間 約7時間 約6.5時間 約6.5時間 約8時間

ホームルーター

                                                    
ルーター名 L12 L11 HOME 02 L02 HOME 01 L01s L01 novasHOME+CA
イメージ ホームルーター最新機種Speed Wi-Fi HOME 5G L12 ホームルーター最新機種Speed Wi-Fi HOME 5G L11 home02 L02 home01 L01s L01 novasHOME+CA
発売日 2021年11月5日 2021年6月4日 2020年1月30日 2019年1月25日 2018年12月7日 2018年1月19日 2017年2月17日 2016年10月7日
下り最大速度 2.7Gbps
(2,700Mbps)
2.7Gbps
(2,700Mbps)
1.7Gbps
(1,700Mbps)
1,237Mbps 440Mbps 440Mbps 440Mbps 220Mbps
上り最大速度 183Mbps 183Mbps 75Mbps 75Mbps 75Mbps 75Mbps 75Mbps 10Mbps
5G対応 × × × × × ×
4GLTE
WiMAX2+

現在取り扱いがある端末から選択する必要があります。

重要なのは何を重視するかでおすすめの端末が変わるということ。 比較するのがめんどくさいから、どれか1つ選んで欲しいという場合はバランスの良いSCR01をおすすめしています。

すぐにおすすめのプロバイダが知りたい方はこちらから

しかし、まだまだ端末の選び方、おすすめのポイントなど知っておきたいことがあります。

次から、現在販売中の端末について、見るべきポイントを整理してあなたにおすすめの端末を確認していきましょう。

WiMAXルーター比較する際に確認すべきこと

WiMAXルーター比較する際に確認すべきこと 初めにWiMAXの端末を比較するポイントから確認していきましょう。 どの端末があなたにとっておすすめなのか、WiMAX端末を比較するべきポイントを知るのが大切です。

比較すべきは以下の4ポイントです。

4つのポイントに絞って、ルーターの性能を比較していきましょう。

5G対応か4G専用か

WiMAXでは、5G対応か4G専用のルーターなのかで、料金・通信量・通信速度などが大きく変わります。

WiMAX現在の主流は5G対応のルーターですが、4G回線しか利用できない端末も契約することができます。 まずは、5G対応か4G専用どちらで契約すべきなのか、確認しましょう。

5G対応か4G専用の端末の違いを下記でまとめました。

        
5G対応か4G専用ルーターの違い
プラン名 ギガ放題プラス ギガ放題
通信量 3日で15GB 3日で7GB
au回線の通信量 月15GB 月7GB
最高速度 2,700Mbps 1,237Mbps
実際の速度※ 370.8Mbps(4Gエリア:64.02Mbps) 50.6Mbps
月額料金
UQWiMAX
4,818円
(キャンペーン価格:4,268円)
4,268円
端末の種類 X11,SCR01 WX06,W06
※1 筆者が江東区蔵前で計測
このとおり、WiMAXでは5G対応の端末が通信量・速度など、性能が圧倒的に高いことが分かります。 4G専用ルーターは、5G専用と比較すると倍以上も遅いです。

WiMAXでが、4G専用のルーターに関しては、料金はやや安いものの、あまりおすすめできません。

それでも5G未対応(4G回線のみ対応)のルーターで契約したい方は、のちほど解説しますのでご確認ください。

モバイルルーターかホームルーターか

まずWiMAXの端末には2つのタイプがあります。

  • モバイルルーター:家でも外でも使える
  • ホームルーター:家の中だけ

WiMAXでは、上記2つの端末どちらがおすすめなのでしょうか。

WiMAXの特徴の1つに持ち運びできるという点が挙げられます。 当サイトではWiMAXの魅力を最大限に知ってもらうために、モバイルルーターをおすすめしています。

今はapple musicや、amazon musicなどの定額音楽サービス、またNetflixなどの動画サービスなどが増えて、生活が変わったかと思います。 休日にカフェで音楽を聞きながら読書、仕事したり、待ち合わせまでの時間に動画を見たり。場所や容量を気にせずに容量無制限で利用できるのがWiMAXの強み。

反対に、家でしか利用しないという方は、ホームルーターがおすすめです。 室内でのWiFi電波の安定性はホームルーターが勝っています。

WiMAXを固定回線のように使いたいけど、工事はしたくないという場合にWiMAXホームルーターを活用するのもよいでしょう。

ルーターの速度比較

​​ WiMAXのルーターを選ぶ上で重要なのが、速度です。 WiMAXで、現在取り扱いのあるルーターの速度を比較していきます。

端末の最高速度
ルーター名 X11 SCR01 WX06 W06
下り最高速度 2,700Mbps 2,200Mbps 440Mbps 1,237Mbps
上り最高速度 183Mbps 183Mbps 75Mbps 75Mbps
5G対応 ⚪︎ ⚪︎ × ×


最大速度で比較すると、5Gに対応している人気端末、X11及びSCR01がダントツ。

しかし、これはあくまでも「理論値」なのです。

WiMAXを始めとするほとんどの個人向けインターネット通信サービスは、ベストエフォート型サービスです。これは、「理想的な環境であれば、理論上このスピードがでる」という意味であり、この速度が出ると保証してくれるものではありません。

つまり、WiMAXの通信エリアや電波状況などに応じて、実際の速度は最大通信速度より遅くなります。

しかしながら、5G対応のルーター(SCR01やX11)と5G未対応のルーター(W06やWX06)の実際に使ったときに出る速度には大きな差があります。

実際に両者を計測してみましたので、速度の差を確認していきましょう。

実際の速度
ルーター名 X11 SCR01 WX06 W06
実際の下り速度 356.6Mbps(4Gエリア:118.56Mbps) 370.8Mbps(4Gエリア:64.02Mbps) 19.7Mbps 50.6Mbps
実際の上り速度 48.6Mbps(4Gエリア:32.1Mbps) 50.42Mbps(4Gエリア:11.13Mbps) 6.32Mbps 5.152Mbps


このとおり、5G対応の端末(SCR01やX11)と5G未対応の端末(W06やWX06)の差は大きいです。

WiMAXは環境にもよりますが、SCR01の実際に出る速度は平均20-100Mbpsくらいで大きな違いはありません。最大速度と比較すると低く感じるかもしれませんが、下記の表を見ると問題ないことが分かります。

                 
作業内容 必要な通信速度
SNSアプリ 1Mbps
Webサイト閲覧 3Mbps
YouTube(HD画質) 5Mbps
YouTube(4K画質) 20Mbps


以上のように、WiMAXでは、YouTubeのHD画質でも平均5Mbpsの通信速度があれば快適に閲覧できます。

次は、ルーターのバッテリー持ち時間について解説します。

バッテリーの持ち時間

モバイル端末限定ですが、バッテリーの持ちを確認しましょう。
バッテリーの持ち時間比較
ルーター名 X11 SCR01 WX06 W06
バッテリー時間 約8時間 約16時間 約14時間 約9時間


ご覧の通り、最新機種のSCR01が一番長く利用できるという結果になりました。 外でそんな長く使わないとお考えかもしれませんが、スマホでもそうであるようにワイマックス端末の劣化とともに連続使用時間は短くなる傾向にあります。

また毎日家に帰ってWiMAXルーターを充電できればよいのですが、出張など泊まりの際や、充電を忘れてしまいWiFiが使えなくなってしまうという事態を避けるために、連続使用時間は長ければ長いほど安心です。

WiMAXのモバイルルーターを外で利用することが多い人は、バッテリー持ちのよいSCR01がおすすめです。

以上、WiMAX端末比較のポイントを確認しました。

改めて、当サイトではWiMAXライフを最大限に活用していただくためには5G対応のモバイルルーターをおすすめしています。

続いては、WiMAX5G対応のモバイル端末2種類からどちらを選べばよいのか、詳しく確認していきましょう。

5G対応モバイルルーター2つを比較

5G対応モバイルルーター2つを比較 ここからはWiMAXで5Gに対応している2つのモバイル端末(SCR01とX11)のどちらで契約すべきなのか確認をしていきます。

簡単に比較できる表を用意しましたので、確認していきましょう!

5G対応しているモバイル端末の比較表

Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01 Speed Wi-Fi
5G X11
端末
イメージ
モバイルルーター新機種Galaxy 5G Mobile Wi-Fi モバイルルーター新機種Speed Wi-Fi 5G X11
利用可能
回線
WiMAX2+
au5G
4G LTE
WiMAX2+
au5G
4G LTE
下り最大
通信速度
2.2Gbps 2.2Gbps
上り最大
通信速度
183Mbps 183Mbps
同時接続
台数
無線WiFi:10台
USB接続:1台
無線WiFi:16台
USB接続:1台
(2.4GHz/5GHz同時利用可能)
連続通信時間
(バッテリー持ち)
約16時間 約8時間
製造元 Samsung NECプラットフォームズ
大きさ 147×76×11㎜
(ディスプレイ5.3インチ)
136×68×15mm
(ディスプレイ2.4インチ)
重量 約203g 約174g
本体色 ホワイト グレー / ホワイト

このとおり、WiMAXでは最高速度・接続台数で優位なのがX11であり、SCR01はバッテリーの持ち時間が16時間と約2倍になっています。

スペックがあまり変わらない2つのルーターですが、どちらで契約すべきなのでしょうか?

筆者おすすめはSCR01

WiMAXで現在発売されている5G対応のモバイル端末で契約すべきはSCR01になります。

その理由は以下の3つです。

  • 端末起動が瞬時にできる
  • ディスプレイに、データ通信量の使用状況や電波の強さを表示している
  • バッテリーの持ち時間が、2倍以上も長い


SCR01の特徴としては、とにかく使い勝手が良いことです。瞬時に起動し、データ残量も確認でき、バッテリーも長いです。

使い心地にメリットがあるのでSCR01をおすすめとしました。

反対にX11は、最高通信速度や接続台数にメリットがあります。 スペックだけみればX11がおすすめですので、スペック重視の方はX11でいいでしょう。

両者のルーターに大きな違いは特にありませんので、どちらも快適に利用できるルーターとなっています。

ここまでは、モバイル端末の解説でしたが、次にホームルーターに関して解説をしていきます。

ホームルーターの比較をスキップする

5G対応おすすめのホームルーターは?2つを比較

5G対応おすすめのホームルーターは?2つを比較 ここからはモバイル端末ではなく、WiMAXのホームルーターに焦点をあてた解説をしていきます。

まずは、WiMAXホームルーターのメリットに関して簡単におさらいしていきましょう。

ホームルーターのメリットとは?

モバイル端末が主流のWiMAXですが、ホームルーターをあえて契約する必要はあるのでしょうか?

モバイル端末と比較したホームルーターのメリットは以下の3つです。

  • コンセントに挿すだけで利用できる(充電不要)
  • 家の中でインターネットに接続しやすい
  • 同時接続台数が多い


WiMAXのホームルーターはモバイル端末にはない、以上のメリットがあります。

「固定回線を契約して工事するのは面倒だけど、家の中でしか利用しない方」「外出時に利用しない方」は、ホームルーターの契約をおすすめします。

次に現在発売中のホームルーターを確認していきましょう。

ホームルーター比較表

WiMAXのホームルーターもモバイル端末同様に、5G対応の端末(L11とL12)がおすすめとなっています。

現在発売中の、L11とL12のスペックの違いを確認していきましょう!

Speed WiFi
HOME 5G L11
Speed WiFi
HOME 5G L12
端末
イメージ
ホームルーター最新機種Speed Wi-Fi HOME 5G L11 ホームルーター最新機種Speed Wi-Fi HOME 5G L12
利用可能
回線
WiMAX2+
au5G
4G LTE
WiMAX2+
au5G
4G LTE
下り最大
通信速度
2.7Gbps 2.2Gbps
上り最大
通信速度
183Mbps 183Mbps
同時接続
台数
無線WiFi:30台
USB接続:2台
無線WiFi:38台
USB接続:2台
製造元 ZTE NECプラットフォームズ
大きさ 70×182×124㎜ 101×179×99mm
重量 約599g 約446g
本体色 ホワイト ホワイト

このような内容になっています。 L11とL12に大きな違いはありませんが、どちらで契約すべきでしょうか?

おすすめはL12

結論から言いますと、WiMAXおすすめのホームルーターはL12になります。

両者ともスペックには差はあまりありませんが、接続台数が38台と上回っています。 大人数・様々な端末に接続した場合でも、より安定した通信を楽しむことができるでしょう。

ただ、L11とL12の比較表を見たとおり、両者のスペックに大した違いはありません。 L12の在庫がなくL11しか契約できない場合でも、特に問題はないでしょう。

以上が、WiMAXモバイル端末及びホームルーターのおすすめ端末の解説となります。

ここまでは、WiMAXのルーターに焦点を当てて解説をしていきましたが、次にWiMAXの契約に関する注意点を解説していきます。 WiMAXでは、契約するプロバイダによっては、数万円損をしてしまう場合もありますので確認必須となっています。

契約に関する注意点

契約に関する注意点 WiMAXのルーターについてこのページでは詳細にお話してきました。 あなたにとっておすすめのWiMAXルーターが見つかったのではないでしょうか?

ここからはWiMAXを契約する際に確認して欲しい3つの注意点に関して確認をしていきます。WiMAXを契約する際の注意点は以下の3つとなっています!


それでは順に確認していきます!

料金が最も安いWiMAXプロバイダで契約すべき!

WiMAXを販売するプロバイダは、約20社程度があり、それぞれの料金プランやキャンペーンで販売しています。

しかしながら、どこで契約しようとWiMAX端末の種類・スペック・エリア・速度などに違いはありません。 同じ商品でも、スーパーマーケットによって値段が違うのと同様です。

つまり、WiMAXおすすめの契約方法は、最安のプロバイダで契約することです。

どうせならWiMAXを最安値で利用したいですよね。

しかしながら各社が独自の料金プランや、毎月変わるキャンペーンをおこなっているので、 WiMAX各プロバイダを比較するのは大変です。 別ページでは、 WiMAX各プロバイダの最新キャンペーンを踏まえて、最もお得なWiMAX契約方法に関して解説をしています。

WiMAXでは高額なプロバイダで契約してしまった場合、最安のプロバイダと比較して3万円以上も損をしてしまう場合も?

最安のプロバイダで契約したい方は、以下のボタンより確認してみてください!

最安のプロバイダを探したい方はこちら!

全WiMAXプロバイダ比較・おすすめ

次に、端末購入に関する注意点を確認していきましょう!

WiMAXのルーター端末は基本的にキャンペーンで無料

WiMAXのルーターは基本的にキャンペーンで無料になります。ほとんどのプロバイダで端末代が無料ですので、安心してください。

契約期間の短いWiMAXプロバイダの中には、端末代が有料の場合ありますので注意しましょう。

WiMAXでは端末代が有料でも無料でも、スペックの違いはありません。より安く契約するためにも、端末代が無料のWiMAXプロバイダを選択することをおすすめします。

エリアが不安な方は、お試ししてみよう

WiMAXを契約する際に、「エリアは対応しているのか」「速度に満足できるのか」など心配な方も多いと思います。

そんな方におすすめなのが、UQWiMAXで実施されている、「TRYWiMAX」です。 「TRYWiMAX」は、実際に端末を15日間無料でレンタルできるサービスとなっています。

WiMAXのルーターは、自身にとって満足できるものなのかを確認したい方は利用してみましょう。

5G対応か5G未対応のルーターどちらで契約するか悩んでいる方でも、両者をお試しできますのでおすすめです。 また、自分の利用するエリアがWiMAXの対応エリアなのかどうか、30秒で住所確認できます。

自身の利用するエリアが、WiMAXの対応エリアか確認したい方は、以下のリンクより確認してみてください。

WiMAXのエリアを確認する


以上、WiMAXを契約する際の注意点の解説になります。

ここまでは5G対応ルーターをおすすめとして解説していきましたが、WiMAXでは5G未対応(4G専用)のルーターも契約できる状況です。 5G未対応(4G専用)のルーターで契約したい方向けにおすすめを確認していきましょう!

4G専用の端末一覧!

4G専用の端末一覧! WiMAXでは、5G対応のルーターが主流ではありますが、4G専用の端末でも契約することができます。 ここからは、WiMAX4G専用のルーターに焦点を当てて解説をしていきます。

5G対応と4G専用の違いとは?

WiMAXの5G対応と4G専用のモバイルルーターにはどのような違いがあるのでしょうか?

繰り返しになりますが、表にまとめました。

        
5G対応か4G専用ルーターの違い
プラン名 ギガ放題プラス ギガ放題
通信量 3日で15GB 3日で7GB
au回線の通信量 月15GB 月7GB
最高速度 2,700Mbps 1,237Mbps
実際の速度※ 370.8Mbps(4Gエリア:64.02Mbps) 50.6Mbps
月額料金
UQWiMAX
4,818円
(キャンペーン価格:4,268円)
4,268円
端末の種類 X11,SCR01 WX06,W06
※1 筆者が江東区蔵前で計測

このとおり、WiMAXの4G専用のメリットとしてはやや料金が安いことです。基本的には5G対応のルーターがおすすめです。

ただ、少しでも安くWiMAXを利用したい方や、通信量や速度があまり必要ない方は4G専用ルーターを考慮してもいいでしょう。次に、現在発売されている4G専用ルーターを比較していきます。

4G専用端末の比較

それでは現在発売されている4G専用WiMAXモバイルルーターの2種類を確認していきましょう。

WX06 Speed Wi-Fi
W06
端末
イメージ
モバイルルーターWX06 モバイルルーターW06
利用可能
回線
WiMAX2+
4G LTE
WiMAX2+
4G LTE
下り最大
通信速度
440Mbps 1.237Gbps
上り最大
通信速度
75Mbps 75Mbps
同時接続
台数
16台 16台
連続通信時間
(バッテリー持ち)
約14時間 約9時間
製造元 NEC HUAWEI(ファーウェイ)
大きさ 128×64×11.9mm 111×62×13.3mm
重量 約127g 約125g
本体色 ホワイト / グリーン ホワイト / ブラック

4G専用ルーターのスペックは以上のようになります。最高速度やバッテリー時間にやや差があります。

おすすめはWX06

WiMAXで現在発売されている両者にあまりスペックに変わりはないですが、4G専用ルーターのおすすめはWX06となります。 理由としては、速度・電波・バッテリーの3つです。

速度

前述の通り、W06は無線通信時で比較しても理論値では867Mbpsという最高速度を誇っており、WX06よりも速い機種です。 しかし、あくまでも理論値で、実際の利用時の速度はW06もWX06も20~40Mbpsでほぼ同じです。

YouTubeのHD画質でも平均5Mbpsの通信速度があれば快適に閲覧できるほどなので、WiMAXは環境にもよりますが、W06もWX06も20Mbpsは出ていますので、動画視聴や通話、インターネットは快適に利用できることが分かります。

電波

WiMAXの機種で繋がりやすくおすすめなのは「WX06」。WiMAXのモバイルWiFiルーターとして初めて2.4GHzと5GHzのWiFi同時通信というバンドステアリング機能により、周囲の電波環境を判断して自動で最適な接続先を選択し繋がりやすくなっています。

バッテリー

バッテリーを比較するとWX06が2.5時間も長持ち。

通常モード(スマート)で9時間持つW06ですが、WX06は同じモード(スタンダード)で11.5時間となっています。 充電を気にせず、安心してWiMAXを外で利用したい方はWX06がおすすめ

比較した結果、おすすめの4G専用WiMAXモバイルルーターは、W06より繋がりやすく電池持ちも良いWX06です!

以上、4G専用WiMAXルーターのおすすめを解説していきました!

しかしながら、WiMAXでは、4G専用よりも5G専用ルーターの方が、通信量も多く速度も高速であることがお分かりいただけたかと思います。 次に、現在4G専用ルーターを利用している方が乗り換えをしたい場合の手続き方法などに関して解説していきます。

機種変更する方法!

ここからはWiMAXの機種変更に関して解説をしていきます。

5G対応ルーターの発売によって、端末のスペックや通信量などが大幅にアップデートされたWiMAX。

よりお得に、WiMAXを機種変更をする方法について解説していきます。

まずはWiMAXで機種変更をするメリットから見ていきましょう。

WiMAXの機種変更メリットとは

WiMAXを機種変更するメリットを解説していきます!WiMAX機種変更のメリットは以下の2つです。

  • 機種変更をすると通信速度が速くなる
  • 機種変更をすると端末自体の電池寿命が復活


それでは順に見ていきます。

機種変更をすると通信速度が速くなる

これは誰もが望む項目かと思います。 5G対応のWiMAXルーター「SCR01・X11」では、下り最大2,200Mbps超えと固定の光回線に迫る勢いです。

さらに、下りのみならず上りの最大速度も183Mbpsと従来の機種より性能が高くなっています。ちなみに上りの速度は、あなたが画像や動画をアップロードする際の速度です。

WiMAXでは5G対応ルーターの登場により、今までとはレベルの違う高速通信を利用できるようになりました。

また、WiMAXは他社ポケットWiFiと比較しても圧倒的な速さです。 WiMAXルーターを最新の端末に機種変更することで通信速度が速くなり、より快適なインターネット生活を送れるのです!

機種変更をすると端末自体の電池寿命が復活

あなたのお使いのスマホは、購入した時よりも、電池の持ちが悪くなっていませんか?モバイル端末であるWiMAXルーターも同じなのです。

毎日のように使うものですから当然経年劣化により、バッテリーの寿命は日々縮んでいくもの。しかし、この問題も機種変更で新品の端末を手に入れてしまえば解決!

WiMAXの「SCR01」なら、約16時間の連続利用を可能にします!外出時にいちいちルーターの充電を気にすることはなくなります!

ここまでWiMAXを機種変更をするメリット紹介しました。次は、機種変更の方法について解説していきます。

機種変更の方法は2つ

ここからは、どうすればWiMAXルーターを安く・お得に機種変更ができるのかを解説していきます。以下の通り、機種変更の方法は大きく分けて2つあります。

  • 今のWiMAXプロバイダを解約して別のプロバイダに乗り換える
  • WiMAXを一旦解約して再度はじめから契約し直す

それぞれ解説していきます。

今のプロバイダを解約して別のプロバイダに乗り換える

現在のWiMAXプロバイダで「機種変更」するのではなく、別のWiMAXプロバイダと「新規契約」をして最新端末をゲットする方法、いわゆる乗り換えです。

WiMAXのプロバイダ各社は新規顧客の獲得が至上命題。その為、「他社からの乗り換えで違約金負担!」「キャッシュバックキャンペーン」など様々な施策を打ち出しているのです。

結果的には、最新のWiMAXルーターをゲットするのはもちろんのこと、キャッシュバックや月々の料金の割引までをも手に入れられます!

一旦解約して再度はじめから契約し直す

WiMAXプロバイダは新規契約をすることで最大限のメリットが得られます。その為に、一旦今のWiMAXプロバイダを解約して再度契約し直す事で新規契約と同じメリットを受ける方法です。

乗り換えは、乗り換えキャンペーンや解約手数料負担などお得そうなプランが多くありますが、実質料金を出してみると契約し直した方がお得の方が多いです。

1番良いのは、WiMAXプロバイダを切り替えずに現在契約しているWiMAXを更新月で解約すること。新規でも解約手数料を払わずに済みます。

手続きの方法

ここではWiMAX機種変更の手続き方法ついて解説いたします。

「現在のプロバイダを使い続ける場合」と「その他プロバイダに乗り換える場合」に分けて確認していきましょう。

現在のプロバイダを使い続ける方

各プロバイダによって手続き方法が異なります。契約しているプロバイダの公式ホームページなどから確認をしましょう。

その他プロバイダに乗り換える方

今のプロバイダからその他のプロバイダに乗り換えて機種変更する方は、まずは各プロバイダの公式ページから解約手続きを進めましょう。

解約による違約金のかからない月であれば問題はありませんが、その他の月には違約金の支払いが発生するのが基本。

それを差し引いても、別のプロバイダのキャッシュバックや乗り換えキャンペーンをすぐに適応させたほうが安くなる場合もあります。

タイミングや契約状況は皆さま次第になりますので、機種変更で乗り換えを行う場合には慎重に。

以上で機種変更の解説を終わります。

おすすめは、新しいプロバイダに乗り換えて割引・キャッシュバックキャンペーンを受けることです。

最安のプロバイダを知りたい方は、以下より確認してみてください!

乗り換えに最適なプロバイダまで戻る

続いては、WiMAXのクレードルに関して解説をしていきます!それでは確認していきましょう!

WiMAXのクレードルとは?必要?

ここからはWiMAXのクレードルに関して解説をしていきます。

そもそも、クレードルの必要性はWiMAXを契約する人によっても分かれるので、知らないままでも困らない方もいますが、知っていると色々と便利なこともあります。例えば、クレードルで有線接続ができたり、Wi-Fiルーター代わりに使える事など。

WiMAXのクレードルを購入する必要があるのかメリットや使い方なども含めて解説しています!

それでは、まずはWiMAXの「クレードル」とは何なのかを見ていきましょう。

クレードルとは?

WiMAXの「クレードル」というものが全くイメージできないという方のために、どういうものなのか最初に確認しておきましょう。

上記の画像のとおり、WiMAXのクレードルとは、昔のガラケーの充電器のような見た目です。もちろん、こちらにWiMAXルーターを置くだけで充電が可能です。また、WiMAXのクレードルには本体に有線接続用のLANポートが備わっているため、LANケーブルを繋ぐ事ができるのが大きな特徴です。

さらに、後述しますが、一部のWiMAXルーターのクレードルには、電波の受信感度を上げるアンテナが備わっている機種もあります。

このように、WiMAXのクレードルとは置くだけで充電ができたり、有線接続ができる装置を指します。

次に具体的にWiMAXのクレードルを購入するメリットをご紹介致します。

クレードルのメリット

クレードルは、Amazonでも3,000円前後の価格相場で購入できますが、まず大前提として、WiMAXを有線接続する予定がない方はクレードルを購入する必要性はありません。

メリットは以下で解説する3つです。

メリット1:クレードル経由で有線接続ができる

WiMAXルーターとクレードルを組み合わせることで、有線接続が可能になります。このメリットは、以下のパターンの方に当てはまります。

  • WiMAXやWi-Fiよりもクレードルによる有線接続で通信を安定させたい方

意外と知られていないのですが、WiMAXなどの無線通信は家の中でもちょっとした場所の変化で繋がり具合が変わったり、周辺の電波状況によって通信が安定しなかったりということがあります。

また、WiMAXは電子レンジ等と同じ2.4GHz帯を使用しているため電波が干渉してしまうことも。しかし、クレードル経由での有線接続なら、こういった問題とはおさらば!

「自宅にいるのに通信が不安定なのは嫌だ!」「オンラインでゲームをするから通信を安定させたい!」という方にもクレードル経由での有線接続がおすすめです。

メリット2:WiMAXルーターをWi-Fiルーター代わりに使える

このメリットは下記のような方が対象となります。

  • 1.自宅に固定回線はあるが、Wi-Fiルーターは所有していない
  • 2.Wi-Fiルーター側の接続台数制限を超えて接続したい機器がある

1に関しては、固定回線からの通信をWi-Fiルーター(クレードル)につなぐことで、Wi-Fiルーターとして使用が可能です。これにより、わざわざWi-Fiルーターを買う必要はありませんし、自宅ではWiMAX自体の通信量を0にすることできます!

2のケースはそれほど多くはないと思いますが、上記でご説明したように、固定回線の通信を使用するため、クレードルを購入することでWiMAXルーター側の制限を受けることなく、無制限での接続が実現できます。

あまり使用頻度は多くはないかと思いますが、覚えておいて損はないでしょう。

WiMAXルーターの充電が楽になる

こちらは上記2つのメリットと比較してしまうと、ちょっとした変化にすぎないのですが、下記のような方にはおすすめです。

「WiMAXルーターにケーブルをさして充電するのが面倒」

「ケーブルがすぐに劣化してしまい充電ができなくなる」 こういった方はクレードルを購入して充電して頂くことで、充電に関するストレス問題がなくなるのではないでしょうか?

以上がWiMAXのクレードルを購入すると得られる3つのメリットです。次の章では、番外編として、一部のWiMAXルーターをご利用中の方のみが使用可能なクレードルについてご説明します。

SCR01ではクレードル未対応

この記事でおすすめしている5G対応ルーターであるSCR01は、クレードルに対応していません。

しかしながら、どうしても有線接続をしたい方は、アマゾンや家電量販店などでケーブルを購入することで有線接続が可能になります。 ケーブルの種類は、USB Typte-C 接続端子です。誤ったケーブルを契約しないように注意しましょう。

ネットを接続してのゲームなど、ラグが少ない通信をより求めている方は検討してもいいでしょう。

また、同じくWiMAXの5G対応ルーターであるX11には専用のクレードルがあります。興味がある方は、アマゾンなどで探してみてください。

以上クレードルに関する解説を終了します。

最後にこの記事をまとめていきます!

この記事のまとめ

WiMAXのルーターに関して解説をしていきましたが、最後にこの記事をまとめていきます!

WiMAXルーターに関しておさらいをしていきましょう!

  • 現在おすすめのルーターは、5G対応のSCR01
  • ルーターを選択する時は、「5G対応の有無」・「モバイルルーターかホームルーターか」・「速度」・「バッテリーの持ち時間」で判断しよう。
  • 4G専用ルーターは、料金がやや安いけどあまりおすすめできない!
  • 機種変更は、最安のプロバイダに乗り換えしよう!


WiMAXのルーターは、速度や通信量などお幅にアップデートされた、5G対応の「SCR01・X11」が圧倒的におすすめです!

しかしながら、誤ったプロバイダで契約をしてしまうと数万円損をしてしまう場合も?

WiMAXのおすすめルーターをより最安で契約したい方は、以下のリンクより確認してください!

料金最安のプロバイダまで戻る

PICKUP
CONTENTS

WiMAXプロバイダ15社比較!2022年1月のおすすめランキング3選

WiMAXは累計契約者数が2,000万人を超える人気のWiFiサービス。自宅でも外出先でも手軽にインターネットを利用できるのが特徴です。 WiMAXを契約する際に重要なポイントは次の3つ。 プラン選び(高速通信プラン o...
2021.04.01

カシモWiMAXは本当におすすめ?評判からメリット・デメリットを解説

今回ご紹介するのが、WiMAXプロバイダの中で最安級を謳うカシモWiMAXです。 カシモWiMAXは、高速通信・データ容量が大きいWiMAXを提供するプロバイダ。月額料金割引と条件なしのキャッシュバックキャンペーンで、確...
2021.02.15

BroadWiMAX(ブロードワイマックス)の評判は?口コミやキャンペーン情報を徹底解説

大容量かつ高速通信が利用できるWiMAX。販売代理店であるプロバイダの中でも特に高い評判で人気を誇っているのがBroadWiMAX(ブロードワイマックス)です。 結論、BroadWiMAXは数あるプロバイダの中でも、当サ...
2021.01.27