当ページに含まれる広告と商品評価について
当ページには広告リンクが含まれており、当ページを経由して商品・サービスの申込みがあった場合、提携している各掲載企業から広告報酬を受け取ることがあります。ただし、当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無に一切関わらず、コンテンツポリシーに基づき、当サイト独自の調査と実際に使用したレビューをもとに掲載しております。当サイトで得た収益は、皆様により役立つコンテンツを提供するために、品質向上等に還元しております。
中国地方のおすすめ電力会社を紹介!

中国エリアのおすすめ新電力会社を比較!電気料金が安いランキング【2024年】


電気料金の高さが気になるこの頃、電気代を節約したいと思っている方は多いでしょう。実は電気代の節約には、日常の細かい節電よりも、新電力会社への切り替えが効果が高いものです。

この記事では、膨大な数の新電力会社の中から、中国エリアで選べるおすすめ新電力会社を選び、家庭の人数や生活スタイルに合わせたおすすめの電力会社を紹介します。

2024年3月の時点では、国際状況の影響で一部の電力会社が新規契約の受付を中断していることもありますが、その点も考慮し、情報を提供します。中国電力エリア在住、もしくは中国エリアに引っ越す皆さんはぜひ最後まで目を通してみてください。

この記事を書いた人
株式会社EXIDEA (HonNe編集部)
電力会社比較.comやWiMAX比較.comなどの生活インフラメディアを運営する株式会社EXIDEA(HonNe編集部)が執筆をしています。 HonNe編集部では、生活や仕事に関わる製品サービスを日々研究・利用し、本音でレビューしたコンテンツと比較ランキングを配信しています。

HonNe編集部の詳細はこちら

中国電力エリアでは新電力会社に乗り換えがおすすめ

電力会社値上げのタイミングと取るべき対策
まず、そもそも電力会社を乗り換えるべきかと言う点に関して解説します。

結論、中国電力エリアにお住まい、もしくは引っ越す方は新電力会社に乗り換えることがおすすめです。理由は、中国電力が2023年6月より電気料金の値上げを行い、電気代が平均で29%上昇したため。

逆に言ってしまえば、そのまま中国電力と契約をしていては年間で数万円単位で損をすることになります。当記事では、乗り換えて安くなる電力会社を紹介していますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

電気料金の値上げに関しての詳細はこちらの記事を参考にしてください。

2023年6月の電気料金値上げに関してまとめた記事

中国地方でおすすめの安い電気会社ランキング

基本料金0円のLooopでんき「スマートタイムONE」

Looopでんきのロゴ
市場連動型 解約金なし
電力供給エリア
全国
  • 基本料金が0円
  • 市場連動プランで安い時にはとことん安く
  • アプリで電気料金を確認可能
詳細をみる
Looopでんきは、特に基本料金が掛からない革新的な電力会社です。

彼らの独特なシステムは、30分毎に電気料金が変動するもので、料金が低い時間帯に電気使用を最適化することで、コストを削減することが可能です。この料金変動はアプリを通してリアルタイムで確認できるため、節電活動がまるでゲームのように楽しく行えます。

料金は市場の動きに連動していますので、高騰する場合も考えられますが、現在のところ、Looopでんきの料金は大手の電力会社や他の新電力会社と比べてかなりお得です。

契約期間の制限や解約時の手数料がかからないため、電気代の節約を目指す方々には、特におすすめの選択となるでしょう。

Looopでんきの
詳細や申し込みはこちら


電気代が安いJapan電力

ジャパン電力
基本料金無料
電力供給エリア
沖縄を除く全国
  • 基本料金が無料なので、使った分だけの支払いでOK
  • 全国トップクラスに電気代が安い
詳細をみる
Japan電力は電気代がとにかく安い電力会社です。電気代を安くしたい全ての方やに加え、基本料金がないため、出張が多い方など電気を使った分だけ支払いたい方には特におすすめです。

唯一のデメリットは、1年間の縛りがあること。12か月目の末日までに電力需給契約が終了する場合、契約解除料3,000円(税抜)が発生します。

ただ、電気料金がトップクラスに安いため、例え契約解除料を支払ってもトータルで見れば損をすることは考えにくく、市場連動型の電気代が急騰するリスクを取りたくない方はJapan電力は非常におすすめです。

Japan電力の
詳細や申し込みはこちら

楽天ポイントが貯まるTERASELでんき

テラセル電気のロゴ
全国で利用可能 単身向けのプランあり
電力供給エリア
全国(沖縄県・離島を除く)
  • 電気の使用量が多いご家庭は超TERASELプランがお得
  • 200円で1ポイントの楽天ポイントが貯まる
詳細をみる
TERASELでんきは、中国電力に比べてお手頃な料金プランを提供しています。特に、電気の使用量が増えるほど、さらに経済的に電気を利用することが可能です。

その上、電気料金200円ごとに楽天ポイントが1ポイントたまるというメリットも。そして、今の時期に新規契約を行うと、楽天ポイントがなんと4000ポイントもプレゼントされます。

楽天のサービスを頻繁に活用する方々にとって、このオファーは非常に魅力的ですね。一度、この機会に考慮してみるのはどうでしょうか。

TERASELでんきの
詳細や申し込みはこちら

オール電化におすすめ!ガソリン代も安くなる「idemitsuでんき」

出光電気のロゴ
オール電化プラン ガソリン割あり
電力供給エリア
全国(沖縄・離島を除く)
  • オール電化プランがあるため、オール電化の家庭も安心して使える
  • ガソリン車・EV車共に割引になる特典有り
  • 実質再エネが選べるプランもあり
詳細をみる
idemitsuでんきが選ばれる理由
  • 毎月の電気代が安くなるため
  • ガソリン代やEVの維持費が安くなる

idemitsuでんきの「オール電化プラン」は、オール電化住宅におすすめの新電力会社。

その特徴は、中国電力のオール電化プランと比較して、基本料金が安く設定されていること。大手電力会社よりも電気代が安くなるためおすすめです。

また、idemitsuでんきには車を利用する方に嬉しい下記の「クルマ特割」で年間2,400円値引きされます。

  • ガソリン車
  • 給油の際に登録したカードにて出光興産のサービスステーションでお支払いすると2円/ℓ割引
  • EV車
  • 電気自動車を所有し、ご自宅などに充電器が設置されていれば、毎月の電気料金から200円引き

車をお使いに方にはもちろん、電気代を安くしたいオール電化住宅の方にidemitsuでんき「オール電化プラン」はおすすめです。

オール電化や車持ちにおすすめ!idemitsuでんきの
公式サイトはこちら


基本料金0円のONEでんき「スタンダードプラン」

ワン電気のスタンダードプラン
基本料金ゼロ
電力供給エリア
沖縄を除く全国
  • 基本料金0円
  • 沖縄・離島以外の全国各地で利用可能
詳細をみる
ONEでんきは、電気・ガス・インターネットなどの幅広いサービスを展開する株式会社グランデータが手がける電気供給サービスです。

このサービスの特色は、基本料金が0円でありながら、使用量に応じた従量料金が一定の金額であること。この仕組みのおかげで、電気の消費量が増えるほど、料金が実質的にお得に感じられます。

さらに、ONEでんきにはスタート時の初期費用や、契約の解約時にかかる手数料が存在しないため、安心してサービスを試すことができます。ぜひ一度、体験してみてください。

ONEでんきの
詳細や申し込みはこちら

中国エリアの家族構成ごとに安い新電力会社ランキング

中国エリアの1人暮らしで安いおすすめ新電力ランキング

中国エリアで1人暮らしの方は以下の2つをチェックしましょう。

  • 30Aの基本料金
  • 120~150kWh(夏冬は150~250kWh)使用時の電気量料金


上記2点を基にシミュレーションした電気料金は以下です。

一人暮らし
平均月額電気代
年間節約額(※1) 公式サイト
(比較)中国電力「スマートコース」 4,299円 -円 公式へ
1位:Looopでんき 3837円 -8,504円(※2) 公式へ
2位:Japan電力 3,704円 -7,144 公式へ
3位:TERASELでんき 4,100円 -2,384 公式へ
※2024年3月時点の価格
※燃料費調整額を含んだ金額です
(※1) Looopでんきの電力料金実績比較における各月の電気使用量の平均値で算出しております。
(※2) Looopでんきの電気料金比較表(中国電力エリア)における各月の電気料金を加算して算出しております。


Looopでんきは、基本料金が無料の新電力会社で、中国地方での1人暮らしの方に特におすすめの電力サービスです。

Looopでんきの特徴は、30分ごとに電気料金が変わる市場連動型を採用していること。電気料金が安い時間帯に電気を使用することで、月々の電気代を削減することが可能です。電気料金の変動はアプリでリアルタイムでチェックできるため、節電をゲームのように楽しむことができます。

市場連動型の料金体系の場合、高騰する可能性もありますが、今のところ他の大手電力会社や新電力会社と比較して、電気料金が大幅に安い状態が続いています。

契約の期間制限や、解約金がないため、電気代を抑えたいと思っている方は一度試してみてはいかがでしょうか?

Looopでんきの
詳細や申し込みはこちら


中国エリアの2~3人暮らしで安いおすすめ新電力ランキング

中国エリアで2~3人暮らしの方は以下の2つをチェックしましょう。

  • 40Aの基本料金
  • 200~300kWh(夏冬は300~450kWh)使用時の電気量料金


上記2点を基にシミュレーションした電気料金は以下です。

2~3人暮らし
平均月額電気代
年間節約額(※1) 公式サイト
(比較)中国電力「スマートコース」 8,154円 -円 公式へ
1位:Looopでんき 7039円 -20,071円(※2) 公式へ
2位:Japan電力 6,891円 -15,157 公式へ
3位:TERASELでんき 7,768円 -4,631 公式へ
※2024年3月時点の価格
※燃料費調整額を含んだ金額です
(※1) Looopでんきの電力料金実績比較における各月の電気使用量の平均値で算出しております。
(※2) Looopでんきの電気料金比較表(中国電力エリア)における各月の電気料金を加算して算出しております。


Looopでんきは、基本料金が無料の新電力会社で、中国地方での2~3人暮らしの方に特におすすめの電力サービスです。

Looopでんきの特徴は、30分ごとに電気料金が変わる市場連動型を採用していること。電気料金が安い時間帯に電気を使用することで、月々の電気代を削減することが可能です。電気料金の変動はアプリでリアルタイムでチェックできるため、節電をゲームのように楽しむことができます。

市場連動型の料金体系の場合、高騰する可能性もありますが、今のところ他の大手電力会社や新電力会社と比較して、電気料金が大幅に安い状態が続いています。

契約の期間制限や、解約金がないため、電気代を抑えたいと思っている方は一度試してみてはいかがでしょうか?

Looopでんきの
詳細や申し込みはこちら


中国エリアで4人以上のファミリー暮らしにおすすめの新電力会社ランキング

中国エリアで4人以上のファミリー暮らしをしている場合、電気料金を比較するためには以下の2点をチェックしましょう。

  • 40A~50Aの基本料金
  • 450~600kWh使用した際の電気量料金


では、電力会社の安さランキングを見ていきます。

4人以上暮らし
平均月額電気代
年間節約額(※1) 公式サイト
(比較)中国電力「スマートコース」 11,157円 -円 公式へ
1位:Looopでんき 9297円 -29,635円(※2) 公式へ
2位:Japan電力 9,212円 -23,342 公式へ
3位:TERASELでんき 10,625円 -6,389 公式へ
※2024年3月時点の価格
※燃料費調整額を含んだ金額です
(※1) Looopでんきの電力料金実績比較における各月の電気使用量の平均値で算出しております。
(※2) Looopでんきの電気料金比較表(中国電力エリア)における各月の電気料金を加算して算出しております。


Looopでんきは、基本料金が無料の新電力会社で、中国地方でのファミリー暮らしに特におすすめの電力サービスです。

Looopでんきの特徴は、30分ごとに電気料金が変わる市場連動型を採用していること。電気料金が安い時間帯に電気を使用することで、月々の電気代を削減することが可能です。電気料金の変動はアプリでリアルタイムでチェックできるため、節電をゲームのように楽しむことができます。

市場連動型の料金体系の場合、高騰する可能性もありますが、今のところ他の大手電力会社や新電力会社と比較して、電気料金が大幅に安い状態が続いています。

契約の期間制限や、解約金がないため、電気代を抑えたいと思っている方は一度試してみてはいかがでしょうか?

Looopでんきの
詳細や申し込みはこちら


電気料金・新電力会社に関してよくある質問

電気料金の計算方法はどうなりますか?

電気料金の算出には、以下の2つの要素が影響します。

  • 基本料金を決める契約アンペア数
  • 従量料金を決める電気の使用量(kWh)
アンペア数は、同時にどれだけの電気を利用できるかを示す数値です。アンペアの数は住居の広さや家族の大きさにより異なります。多くの場合、アンペア数と家庭の人数は以下のように対応します。

対象人数 アンペア数
1-2人暮らし向け 30A
2-3人暮らし向け 40A
4-5人暮らし向け 50~60A

そして、従量料金は大体3つの区分があり、使用電力量に応じて単価が変わる構造となっています。

対象人数 電力使用量
1-2人暮らし向け 120~150kWh
2-3人暮らし向け 200~300kWh
4-5人暮らし向け 350kWh~450kWh


電気代を安くするには、どのように電力会社を選べばいいですか?

コストを抑えるためのエネルギーサプライヤーの選び方は以下の3つのステップで決定できます。

  1. 現在のアンペア数と電気使用量を知る
  2. ①で各社の電気料金をシミュレーション比較する
  3. シミュレーションの中から電気料金が安い電力会社を選ぶ


新電力に乗り換えても停電しないですか?

新電力会社に切り替えても停電の心配はありません。

電気が消費者に供給されるまでのプロセスは「発電→送電→販売」の3つのステップから成り立っています。新電力会社が関与するのは「販売」の部分だけです。

このため、サプライヤーを変更しても発電や送電に関わる部分は変わらず、電気の供給に問題が生じることはありません。安心して新電力サービスを試してみてください。

PICKUP
CONTENTS

おすすめ電力会社を徹底比較!料金が安い新電力ランキング【2024年4月最新】

「電気代を安くしたいけど、どの電力会社に乗り換えればいいかわからない。」 「電気料金の仕組みが複雑なので、とりあえずおすすめの電力会社・新電力を教えて欲しい。」 2022年から電気代の高騰が続く中、上記の悩みを持つ方も多...
           
最終更新日:2024年4月8日

電気代が安い!一人暮らしにおすすめの電力会社ランキング【2024年4月】

このページでは、一人暮らし向けの安い電力会社を紹介しています。 2016年の電力自由化に伴い、従来は大手地域電力会社としか契約できなかった電気が、自由に電力会社を選べるようになりました。 しかし、自由に選べるとなると、結...
           
最終更新日:2024年4月1日

【2024年4月最新】東京ガスの電気のメリット・デメリットと評判・口コミ

「関東・東京電力エリアでおすすめの新電力はどこ?」 「ガスとセットでお得な電力会社はないかな?」 そんな方に、おすすめな電力会社は、「東京ガスの電気」。 東証一部上場の企業である東京ガスが提供する電力サービスは、安心感が...
           
最終更新日:2024年4月1日

【2024年4月最新】太陽光発電のメリット・デメリットを徹底解説!

太陽光発電を導入する前にメリット・デメリットを理解しておかないと不安ではないでしょうか? 太陽光パネルは決して安い買い物ではないので、「とりあえず試して後悔した」なんてことだけは避けたいはずです。 当記事では、太陽光発電...
           
最終更新日:2024年4月3日

【2024年】太陽光発電の設置費用は?太陽光パネルの価格相場と費用対効果を解説!

太陽光発電の設置費用を考えずに導入をすると大きく損をする可能性があります。 というのも、太陽光パネルを設置する際に検討すべき費用は、単純なパネル自体の価格だけを考えれば良いわけではないからです。 当記事では、太陽光発電の...
           
最終更新日:2024年4月10日

ソーラーカーポートの価格相場は?メリット・デメリットも紹介【2024年】

ソーラーカーポートの設置において価格を気にされる方は多いでしょう。 当記事では、カーポートに太陽光発電システムを導入するソーラーカーポートの費用について補助金制度を踏まえて解説します。 また、ソーラーカーポートを設置する...
           
最終更新日:2024年4月2日