会計フリーの使い方や料金を徹底解説
最終更新日:2021.11.30

会計ソフトfreee(フリー)は30日間無料って本当?使い方・料金を徹底解説


クラウド会計ソフトのfreee(フリー)は、リーズナブルな料金と充実した機能で個人事業主はもちろんのこと、企業の経理担当者にも口コミなどで人気が高いサービスです。

法人向けのプランと個人事業主向けプランの大きく2種類があり、それぞれの事業規模や取引内容、従業員数などに合わせた料金プランが用意されています。

このページでは、freeeのサービス内容や料金をはじめ、無料お試し期間の利用方法などについてご紹介します。

ただし、次項ではまず会計ソフト全般に共通する特徴や注意点を解説していきます。「すぐにクラウド会計ソフトfreeeの詳細が知りたい!」という方は、以下のボタンより該当箇所をご覧ください。 会計ソフトの説明を飛ばして
「freee」の詳細を
確認したい方はこちら


会計ソフトの特徴は?導入メリットから注意点まで解説

会計の特徴や注意点は?クラウド型、インストール型の違いも解説 クラウド会計ソフトであるfreeeについて見ていく前に、まずは会計ソフト全般にいえるメリットや注意点を確認していきます。

というのも、そもそもクラウド会計ソフトではなく、デスクトップPCにインストールして利用するタイプの会計ソフトが適している方もいるためです。

そのため、ここでは会計ソフト全般の理解をし、その上で会計freeeについて詳しく見ていきましょう。

クラウド会計ソフトはいつでもどこでも経理ができる

会計ソフトは大きく分けて以下の2種類あります。

  • オンライン上のアプリを使ってオンラインデータで保存・共有する
    「クラウド会計ソフト」
  • デスクトップPCにインストールして利用する「インストール型会計ソフト」


近年、クラウド会計ソフトの中にはfreeeのように無料試用期間を設けているものがある一方で、完全無料で使えるソフトも登場しました。

インストール型会計ソフトの場合は、購入した会計ソフトをインストールしたパソコンでなければ使えません。そのため、インストール済みのパソコン以外では利用できず、万が一パソコンが故障した際には保存データが壊れるリスクがある、といったデメリットがあります。外出や出張が多い方にとっては柔軟性に欠ける部分が懸念点といえるでしょう。

短い間隔でデータを保存する習慣がない場合も、データ消失というまさかの可能性があります。また、パソコンのOS環境がWindowsのみでMacに対応していない製品も少なくありません。

しかし、freeeのようなクラウド会計ソフトなら、パソコンやスマホさえあれば、会社はもちろん営業先や外出先、自宅からでもログイン、アクセスして経理作業ができます。

また、データはクラウド上で保存・管理されるので、使っているパソコンやスマホに支障が起きてもデータは安全に保存されています。異なる場所から複数メンバーがアクセスしても同時に作業できるのも大きなポイントです。

そしてfreeeはMac対応なので、WindowsとMac両方を使っている会社ではより便利に会計処理ができます。

クラウド型、インストール型の違いを簡単にまとめると、以下のようになります。

クラウド型会計ソフト インストール型会計ソフト
データの保存方法 クラウド上に保存 インストールしたPCにのみ保存
データ消失の可能性 無し 有り
利用可能OS Windows・Macどちらも可能なことが多い Windowsのみの場合が多い
会計ソフトが利用できる場面 インターネットへの接続があればどこでもOK インストールしたPCのみ


インストール型と比較すると、会計ソフト利用時の自由度が高いのが、クラウド型の特徴です。

初期投資0円!本格会計ソフトが無料で試せる

クラウド会計ソフトが選ばれやすい大きな理由の1つとして、「コストの安さ」があります。

事業規模を問わずコスト削減が重要視される時代の中、買い切りのソフトを購入して使い心地が合わなかった場合、投資が無駄になってしまいます。そのため、まずは試用期間中に無料で機能や操作感を確認した上で、本格的な導入を検討しましょう。その点、クラウド会計ソフトはメリットが大きいです。

ミスマッチも防げて、無駄な出費もなく会計ソフトを利用できます。ちなみに、freeeは30日間の無料試用期間終了後、本格導入できるクラウド会計ソフトです。

完全無料タイプのクラウド会計ソフトの”罠”

クラウド会計ソフトの中には完全無料のタイプもあります。しかし、完全無料のソフトの場合には機能制限がある、サポートが受けられないものが多いのが実情です。

経理や会計作業で最低限の機能はあっても、データの出力数や仕訳件数に制限があるケースが少なくありません。また、チャットやメール、電話などによるサポートが受けられないため、会計の初心者だったり、専門的な会計知識を必要とする業務だったりすると、作業自体が行き詰まってしまいます。

機能制限の解除やサポートが必要になり、結局、より使いやすい有料タイプに乗り換えるケースも珍しくありません。

さまざまな規模の法人に対応するfreee

クラウド会計ソフトの中には、法人向け会計製品は人気が高くても、個人向けのものはそれほどユーザーが多くはないものもあります。

しかし、freee(フリー)の特徴は、個人事業主にも法人にも選ばれていること。

経理・会計担当までは必要ない従業員数が20名以下のスタートアップ企業や小規模企業、20名以上の法人や上場・IPO準備企業まで、経理の人間を雇わずにfreeeだけで十分に会計処理が完結します。経理や会計業務で発生する経費精算、領収書の処理、帳簿付けから確定申告書類の作成まで、あらゆる業務がfreee(フリー)で対応可能です。

また、フリーランスのライターやフォトグラファーから農業従事者まで、多彩なジャンルの個人事業主、幅広い規模のビジネスでも使用されています。売上台帳の入力や勘定科目の仕訳、クレジットカード払いの連携などシンプルな会計業務から、決算などの複雑な会計処理まで、様々な業務にfreeeが対応しているが故の人気です。

会計freeeの特徴・メリットは?使用感や便利なアプリについてご紹介

クラウド会計ソフトフリーの使用感や便利なスマホアプリをご紹介 前の章で、ある程度「会計ソフト」の特徴についてご理解いただけたかと思います。

ここからは、会計ソフトfreee(フリー)の機能や使用感を見ていきましょう。個人と法人、そしてそれぞれに共通する3つのケースでのメリットや特徴をまとめてご紹介します。

【共通】初心者からベテランまで満足できる優れた操作感

自動で経理

会計ソフトfreee(フリー)には、各方面で注目されているAIが搭載されていて、仕訳内容をAIが自動学習します。これにより、入力作業を大幅に削減できます。例えば、クレジットカードの明細をfreeeで仕訳する場合、過去に仕訳したデータがあれば、手作業の必要はなく、会計フリーのAIが過去のデータから推測して自動入力してくれます。

操作が簡単

デザイン設計がシンプルで、項目ごとに色づけもされているので見やすくなっています。入力欄が大きくわかりやすいのも会計フリーのポイント。ビジネスで表計算ソフトの基本機能を使える人なら、誰でも直感的に操作できるでしょう。取引先への振込、エアレジやキャンペーンの割引、クーポン発行や回収まで、経理で迷いがちな科目もわかりやすく扱えます。

セキュリティの高さ

freeeはクラウド会計ソフトのため、常に最新版を利用できます。インストール型のパッケージ版と違って、オンライン環境を通じて常時アップデートされるからです。ソフトにセキュリティ面での欠陥や脆弱性が見つかった場合でも安心です。

法改正などの変更にも即時対応可能

消費税率や軽減税率の変更をはじめ、税制改正や法令改正もオンライン上で自動アップデートされるので、いつも正確な会計処理が可能です。

リアルタイムで経営状況を把握、分析できる

会計フリーなら、経営状況が一目で把握できる帳簿やレポートを自動作成できます。数字やグラフで確認できるので、経営の実態を踏まえつつ、今後の経営判断に役立てられます

売掛や買掛のレポートをはじめ、収益や費用、損益、資金繰りなどの実績管理、月次推移や試算表、仕訳帳や総勘定元帳といった会計帳簿もスタンダードの機能としてサポートしています。月次推移はもちろんのこと、その場ですぐに日時推移も把握できるので、細かな期間内の経営状況をチェック可能です。

税理士連携でデータを共有できる

freeeには、税理士や会計士を自社のアカウントに招待する機能があります。また、freeeでは無料で税理士・会計士の紹介サービスを利用可能です。連携後、ログインすれば、アドバイザーとユーザーといった関係で情報共有が可能になります。税理士は常に最新の顧問先の仕分けを確認しながら、記帳のチェックから記帳の指導や記帳の代行、税務相談、そして決算申告の代行までサポートしてくれます。

スマホアプリで外出先から経理業務

freeeのスマホアプリは使いやすく、充実した機能で定評があります。スマートフォンに一度インストールすれば、外出時でもスマホから会計フリーで経理業務ができるように。パソコンのある職場に戻って経理作業をしなくていいので、時間を効率的に使えます。また、レシートをスマホやiPhoneのカメラで撮影してデータを取り込めるので、領収書の処理も簡単です。

【個人】個人事業主でも簡単に経理をこなせる

確定申告がラクになる

会社から給与を受け取りましたか?」など、〇×形式の質問に答えていけば、会計フリーで確定申告書類が自動で作成できます。白色申告はもちろん青色申告にも対応しています。e-Taxと連携すれば、電子申告も可能です。会計ソフトfreee(フリー)はクラウドサービスなので、税制の変更点も最新の状態で申告書類に反映されます。

【法人】業種や規模を問わず幅広い企業が導入可能

決算がラクになる

経理が複雑な法人でも、毎月コツコツと経理処理を積み重ねておけば、決算書作成のボタンを押すだけですぐに決算書ができあがります。自分で法人税申告までできるので、税理士と連携しながら決算時期の経理作業を大幅に軽減できると評判です。

無料期間があるのはどのプラン?料金や特徴を確認

どの料金プランなら無料期間があるの?法人向け・個人向けで解説 ここまで会計ソフトfreee(フリー)の特徴やメリットを見てきましたが、導入する場合、料金はどのくらいかかるのでしょうか。

freee(フリー)の無料プランでほぼ全機能が試せる

まず、会計ソフトfreee(フリー)には30日間無料お試し期間があります。公式サイトで社名や連絡先など簡単な情報を入力して無料のfreeeアカウントを登録。すると、そのまま会計ソフトfreeeの無料体験が始められます。もしfreee未体験の方は、ぜひ最初に無料お試しを使ってみてください。

30日間無料で利用できる
法人向けプラン

  • ミニマムプラン(月額1,980円)
  • ベーシックプラン(月額3,980円)
  • プロフェッショナルプラン(月額39,800円)
  • エンタープライズプラン(料金要問合せ)


無料試用期間中は、一部機能を除いて有料プランのほぼすべての機能をお試しできます。

ただし、無料プランの場合、有料プランで無制限に利用できる会計データの閲覧や編集、データなどの出力数には制限があること、サポート面ではチャットボットは利用できるものの、チャットサポートやメールサポート、電話サポートは基本的に利用できないことなど、が大きな違いです。

このほか、取引データのCSV出力ができない、確定申告書類の入力はできるが出力はできない、といった違いもあります。

お試し期間から正式利用までの流れ

会計フリーのお申込みは、まず公式サイトの[無料で30日間試す]をクリックして無料アカウントを作成。作成後は30日間無料でfreeeを試用できます。

料金無料のお試し期間中は、予約制の導入コンサルタントによる「使い方デモ」で、会社に合わせた使い方についてを約1時間説明が受けられます。このほか、AIチャットボットによる質疑応答や使い方を解説したYouTube動画、導入前の電話相談(予約制)も利用できるのでおすすめです。

なお、お試し期間の最大1ヶ月間が過ぎると、自動的に機能制限のある無料プランに切り替わります。このまま正式利用を開始したい場合、会計ソフトfreee(フリー)公式サイトからは、ログイン後、に[設定]メニューの[プラン・お支払い設定]画面からクレジットカードまたはPayPalで支払いすれば、会計フリーの有料プランに切り替わります。

わからないことがあれば、freeeの導入サポート窓口まで問い合わせてください。電話・チャット・メールの3つの手段で他社製品からの乗り換えや新規導入時のほか、もし退会したい場合の相談などもを受け付けています。

30日間でfreee(フリー)の良さを存分に体験しよう

1ヶ月料金無料の試用期間でfreeeの使い心地、操作感は十分に試せる内容になっています。「無料試用期間中に1年間の経理・会計業務をカバーしてやろう」といった使い方をしないかぎりは、freee製品の素晴らしさやメリットを知って、じっくり検討できることでしょう。

ちなみに、freeeでは法人向けの導入サポート窓口を用意しています。従業員数に合わせてfreeeのコンサルタントが電話で希望の番号に発信してくれますので、予約フォームから都合の良い時間帯を選択して送信しましょう。

料金プランの特徴とおすすめのユーザー

こちらの章では、会計ソフトfreeeの料金プランを、法人向け・個人事業主向けの2パターンにわけて解説していきます。それぞれ異なる点がありますので、しっかり確認していきましょう。

法人向けfreee(フリー)

法人向けのプランは全部で4種類有ります。まずは以下の表をご覧ください。それぞれの特徴は、表の後に1つずつ詳しく解説します。

会計ソフトfreeeには、法人向けに以下4つの料金プランが用意されています。

  • ミニマムプラン
  • ベーシックプラン
  • プロフェッショナルプラン
  • エンタープライズプラン


まずは料金から見ていきましょう。
月払い 年払い
ミニマムプラン 2,380円 年間23,760円
(1,980円/月)
ベーシックプラン 4,780円 年間47,760円
(3,980円/月)
プロフェッショナルプラン 47,760円 年間47,760円
(39,800円/月)
エンタープライズプラン 要問い合わせ
※法人ごとに必要な機能に合わせてfreee(フリー)が個別に見積もりを提案


それぞれのプランにおけるポイントとおすすめのユーザーを確認していきましょう。

ミニマムプラン
  • プラン内容のポイント
  • 決算書類の作成と効率的に記帳ができる必要最小限の内容です。ミニマムプランなら、一般的な会計ソフトの基本的機能は一通り入っています。見積書や請求書の作成も簡単。ネットバンキングやクレジットカードの明細からの仕分けの会計作業も楽にできます。
  • こんなユーザーにおすすめ
  • ・小規模な法人で会計ソフトを導入したい
    ・手軽に決算書類を作成したい
    ・会計ソフトで記帳をもっとラクに済ませたい


ベーシックプラン
  • プラン内容のポイント
  • 会計ソフトfreee(フリー)でもっとも利用者が多いプラン。会計ソフトのスタンダードな機能が使えるミニマムプランの全機能が使えます。さらに、請求書の定期・一括請求機能や従業員の経費精算機能、電話サポートなど、より効率的な会計処理が可能に。税理士が入っている法人なら、会計処理も効率ができるでしょう。

    対応のインターネットバンキングで振込をワンクリックにショートカット化も。freeeの会計ソフトなら経理をさらに効率よくこなせて、経営判断に役立つ数字の把握もしやすくなります。
  • こんなユーザーにおすすめ
  • ・小規模〜中規模の企業の経理部署
    ・会計ソフトで経理の効率化や見える化を図りたい経営者
    ・経理業務のスリム化を検討している経理担当者


プロフェッショナルプラン
  • プラン内容のポイント
  • ベーシックプランのすべての機能に加えて、リアルタイムで予実管理ができます。稟議(ワークフロー)機能や、より複雑な部門設定に申請経路の設定など、ペーパーレス化を推し進める会計ソフトfreee(フリー)のハイエンドのプランです。ユーザーは10名まで無料。一括消込やCRM(salesforce/kintone)とも連携できる、便利な内容となっています。
  • こんなユーザーにおすすめ
  • ・会計ソフトを通して経理の効率化を社内全体で取り組みたい
    ・抜本的な経営改革を考えている
    ・freeeプランの全機能で細かな業務も会計ソフトを使ってオンライン化したい


エンタープライズプラン
  • プラン内容のポイント
  • プロフェッショナルプランまでの会計ソフトとは性格が異なるプランで、内部統制やアクセスコントロールができる監査対応に適したプラン。権限設定できる機能は約50種類。担当者別に機能を選択して設定することで、不正ログインによる情報漏洩を防止します。
  • こんなユーザーにおすすめ
  • ・申請業務の効率化や経営分析をデータで確認したい大企業や上場準備中の企業
    ・監査対応が必要な法人
    ・外部からの不正ログイン対策をしたい


個人事業主向けfreee(フリー)

個人事業主向けの会計ソフトfreeeには、以下3つの料金プランが用意されています。

  • スタータープラン
  • スタンダードプラン
  • プレミアム・fプラン


こちらもまずは料金から見てきましょう。

月払い 年払い
スタータープラン 1,180円 年間11,760円
(980円/月)
スタンダードプラン 2,380円 年間23,760円
(1,980円/月)
プレミアムプラン なし 年間39,800円
(3,316円/月)


スタータープラン
  • プラン内容のポイント
  • freee有料プラン中、最安プランです。月額980円で個人事業主の経理に必要な会計ソフトの機能全般をカバーします。確定申告書類の作成や出力をはじめ、取引記録から帳簿作成や出力も可能。スモールビジネスで求められる記帳業務と確定申告の処理は会計フリーのスタータープランでほぼ完結します。
  • こんなユーザーにおすすめ
  • ・開業間もない個人事業主で会計ソフトを探している
    ・会計ソフトの初心者
    ・経理は確定申告と記帳業務がメインの方


スタンダードプラン
  • プラン内容のポイント
  • 個人事業主の経理を効率よく会計ソフトですべて行えるプランです。個人事業主向けにfreeeも公式に推奨しています。確定申告から記帳業務までスタータープランがあれば、カバーできるので安心です。従業員数名までのビジネスでの経理に適しています。
  • こんなユーザーにおすすめ
  • ・開業数年目の個人事業主
    ・取引品目数や売上が増えて経理をもっと効率化したい方
    ・スタータープランで一部制限のあった機能をすべて使いたい方


プレミアムプラン
  • プラン内容のポイント
  • 個人事業主向けfreeeのプランではハイエンド。年間払い39,800円(月額3,316円)のみで月払いはありません。スタータープランの全機能にくわえて、経費精算が可能に。従業員数名程度の雇用をしている個人事業主におすすめです。
  • こんなユーザーにおすすめ
  • ・法人化を検討している個人事業主
    ・従業員数が増えてきて会計ソフトを会計フリーで見直したい
    ・経費管理担当者を置いている


まとめ

クラウド会計ソフトfreee(フリー)は、30日間料金無料でお試しができるのが大きな魅力です。ただ、無料プランでは一部機能制限があるので、もし有料プランに乗り変える場合、会計作業でロスになる部分が発生する恐れも。

スムーズにfreeeを導入するには、無料試用期間中に導入コンサルタントによるデモンストレーションを活用して、フリーランスや法人の経営状況にマッチした使い方をしっかり確認しておきましょう。

お試しは公式サイトから簡単な入力ですぐに無料登録できるので、ぜひ手軽に使ってみてはいかがでしょうか。


freeeの公式サイトはこちら


PICKUP
CONTENTS

弥生会計とは?ソフトの種類や価格を徹底解説

経理会計業務において、必要不可欠ともいえる会計ソフト。 そんな会計ソフト業界の中で、22年連続売上実績No.1を誇っているのが「弥生会計」です。 しかし、「弥生会計は有名だけど価格や導入費用はどのくらいなの?」「プランが...
2021.11.18