学生に人気・おすすめのクレジットカード比較ランキング
最終更新日:2022.05.02

学生向けクレジットカード13選を徹底比較!2022年最新おすすめランキング


クレジットカードは、日々の買い物や公共料金、スマホの支払いなどに利用するだけで、ポイントが貯まるお得な決済サービス。現金を持たずに済むので銀行から預金を引き出す手間が省け、さらにクレジットカードを登録するだけで簡単にネットショッピングができるなど、初めてお申し込みする学生にも様々なメリットがあります。

この記事では、そんなクレジットカードの申し込みを考えている学生に向けて、おすすめのクレジットカードを徹底比較。おすすめクレジットカードをランキング形式で紹介しています。

また、目的・用途別のおすすめクレジットカードも紹介しているので、最後までお読みいただければ、学生がクレジットカードを持つ上での基礎知識を理解し、自分にどのカードが最適なのか選べるようになるでしょう。

学生で初めてクレジットカードを発行する方も、追加で新規発行したいとお考えの方も必見の内容です。

Contents

学生に人気のクレジットカード比較・おすすめランキング13選

学生に人気のクレジットカード比較・おすすめランキング それではさっそく、学生に人気の高いおすすめクレジットカードを一覧で比較していきましょう。比較一覧表の後には、学生におすすめのクレジットカードをランキング形式で紹介します。

カード名 三井住友カード デビュープラス(学生) セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード エポスカード 楽天カード アカデミー JCB カード W JCB カード W Plus L 三井住友カード(NL) イオンカードセレクト ソラチカ一般カード JALカード navi(学生専用) dカード VIASOカード 学生専用ライフカード
券面 三井住友カード デビュープラス(学生)
詳細はこちら
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
詳細はこちら
エポスカード
詳細はこちら
楽天カードアカデミー詳細はこちら JCBカードW詳細はこちら JCBカードW plusL詳細はこちら 三井住友カード(NL)
詳細はこちら
イオンカードセレクト
詳細はこちら
ソラチカ一般カード
詳細はこちら
JALカード navi(学生専用)
詳細はこちら
dカード
詳細はこちら
VIASOカード
詳細はこちら
学生専用ライフカード
詳細はこちら
国際ブランド VISA American Express VISA VISA/JCB JCB JCB VISA/Mastercard VISA/Mastercard/JCB JCB VISA/Mastercard/JCB VISA/Mastercard Mastercard VISA/Mastercard/JCB
申し込み対象 満18歳~25歳までの学生(高校生を除く) 18歳以上の連絡可能な方(高校生を除く) 満18歳以上(高校生を除く) 18歳以上28歳以下の学生(高校生を除く) 18歳以上39歳以下で、ご本人もしくは配偶者に安定継続収入のある方、または18歳以上39歳以下の学生(高校生を除く)
※一部申し込みできない学校あり
18歳以上39歳以下で、ご本人もしくは配偶者に安定継続収入のある方、または18歳以上39歳以下の学生(高校生を除く)
※一部申し込みできない学校あり
満18歳以上(高校生を除く) 18歳以上の連絡可能な方(高校生を除く)
※ただし、高校卒業年度の1月1日以降は申し込み可能
18歳以上39歳以下で、ご本人もしくは配偶者に安定継続収入のある方、または18歳以上39歳以下の学生(高校生を除く)
※一部申し込みできない学校あり
18歳以上30歳未満の学生(大学院、大学、短大、専門学校、高専4・5年生)の方で、日本に生活基盤があり、日本国内でのお支払いが可能な方。(高校生を除く) 満18歳以上の方(高校生を除く) 18歳以上で安定した収入のある方、または18歳以上で学生の方(高校生を除く) 満18歳以上満25歳以下で、大学・大学院・短期大学・専門学校に現在在学中の方(高校生を除く)
年会費(税込) 初年度無料
2年目以降1,375円
※前年1回以上の利用で無料
26歳になるまで無料
通常3,300円
無料 無料 無料 無料 永年無料 無料 初年度無料
2年目以降2,200円
在学中は年会費無料 無料 無料 無料
家族カード年会費(税込) 440円 26歳になるまで無料
通常3,300円
発行不可 発行不可 無料
※本会員が学生の場合は発行不可
無料
※本会員が学生の場合は発行不可
永年無料
※本会員が学生の場合は発行不可
無料 1,100円
※本会員と同時申し込みなら初年度無料
発行不可 無料 無料 発行不可
ETCカード年会費(税込) 初年度無料
2年目以降550円
※前年1回以上の利用で無料
無料 無料 550円
※楽天プラチナ会員以上は無料
無料 無料 初年度無料
2年目以降550円
※前年1回以上の利用で無料
無料 無料 VISA/Mastercard:無料(新規発行手数料1,100円)
JCB:無料
初年度無料
2年目以降550円
※前年1回以上の利用で無料
無料
※新規発行手数料1,100円
無料
限度額 〜30万円 審査により個別に決定 審査により個別に決定 〜30万円 記載なし 記載なし 〜100万円 記載なし 記載なし 10万円〜30万円 記載なし 一般:10万円〜100万円
学生:10万円〜30万円
〜30万円
還元率 1.0%~3.0% 0.5%~1.0% 0.5% 1.0%~3.0% 1.0%~10.0% 1.0%~10.0% 0.5%~5.0% 0.5%~1.0% 0.5%~1.0% 1.0%~2.0% 1.0%~5.0% 0.5%~1.0% 0.5%~1.5%
旅行保険 なし 海外:最高3,000万円
国内:最高3,000万円
海外:最高500万円
国内:なし
海外:最高2,000万円
国内:なし
海外:最高2,000万円
国内:なし
海外:最高2,000万円
国内:なし
海外:最高2,000万円
国内:なし
なし 海外:最高1,000万円
国内:なし
海外:最高1,000万円
国内:最高1,000万円
海外:最高2,000万円
国内:最高1,000万円
※旅行保険は29歳以下限定で付帯
海外:最高2,000万円
国内:なし
海外:最高2,000万円
国内:なし
※旅行保険は在学中のみ付帯
キャンペーン ・新規入会&利用で最大5,000円相当プレゼント ・新規入会&利用で最大8,000円相当のポイントプレゼント ・新規入会で2,000円相当のポイントプレゼント ・新規入会&利用で最大5,000円相当のポイントプレゼント ・Amazon.co.jp利用で最大30,000円キャッシュバックキャンペーン(キャンペーン期間:2022年6月30日まで)
・【18~24歳限定】新規入会&MyJCBアプリ ログインでもれなくApple Gift Card(1,000円分)プレゼントキャンペーン(キャンペーン期間:2022年6月30日まで)
・Amazon.co.jp利用で最大30,000円キャッシュバックキャンペーン(キャンペーン期間:2022年6月30日まで)
・【18~24歳限定】新規入会&MyJCBアプリ ログインでもれなくApple Gift Card(1,000円分)プレゼントキャンペーン(キャンペーン期間:2022年6月30日まで)
・新規入会&利用で最大5,000円相当プレゼント
・マイペイすリボ登録&利用で最大1,000ポイントプレゼント(キャンペーン期間:8月31日まで)
新規入会&利用で最大11,000円相当のポイントプレゼント(キャンペーン期間:5月10日まで) ・新規入会&利用で最大35,800マイル相当のプレゼント(キャンペーン期間:6月30日まで) 新規入会&利用で最大5,500マイルプレゼント(キャンペーン期間:9月30日まで) ・新規入会&利用で最大6,000ポイントプレゼント ・こえたらリボ設定で1,000ポイントプレゼント
・ご入会~入会翌月末・翌々月のご利用金額に対して25%ポイント還元
・家族カード入会&利用で500ポイントプレゼント
・ETCカード入会&利用で550ポイントプレゼント
新規入会&利用で最大10,000円キャッシュバック 新規入会&利用で最大10,000円相当のポイントプレゼント

上記の13種類は、いずれも学生が使用することで多数のメリットがあるおすすめのクレジットカードです。ここからは、それぞれのクレジットカードにどのような特徴があるのか、どのような点が学生にメリットとなるのかについておすすめする順番で解説します。

三井住友カード デビュープラス(学生)

三井住友カード デビュープラス(学生)
券面 三井住友カード デビュープラス(学生)
国際ブランド VISA
年会費
(税込)
初年度無料
2年目以降1,375円
※前年1回以上の利用で無料
家族カード
年会費(税込)
440円
ETCカード
年会費(税込)
初年度無料
2年目以降550円
※前年1回以上の利用で無料
限度額 〜30万円
ポイント還元率 1.0%~3.0%
旅行保険 なし

三井住友カード デビュープラス(学生)は、銀行系カードとして有名な「三井住友カード」が発行する、学生専用クレジットカード。申し込み対象は満18歳〜25歳までの学生となっており、一般的な三井住友カードよりもポイント還元率が高いのが特徴です。

通常の三井住友カードでは、クレジットカードを200円利用するごとに1ポイントが貯まる仕組み。一方の三井住友カード デビュープラス(学生)なら、200円ごとに2ポイントが貯まり、2倍ものポイント還元が得られます。

対象コンビニとマクドナルドでポイント還元率アップ

対象のコンビニとマクドナルド(下記)では、利用金額に対してさらに+2%のボーナスポイントが受け取れます。(※)

【ポイント+2%の対象店舗】
  • セブン-イレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • マクドナルド

貯めたポイントは「1ポイント=1円」の価値でキャッシュバック(利用代金への充当)に交換できるほか、多彩な使い道が用意されています。毎日の買い物がお得になる、学生におすすめのクレジットカードです。

※一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元にならない場合があります。ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合がございます。

※一部Visaのタッチ決済/Mastercard®コンタクトレスがご利用いただけない店舗がございます。また、一定金額(原則 税込1万円)を超えるとタッチ決済でなく、決済端末にカードを挿してお支払いいただく場合がございます。その場合のお支払い分は、+2.5%還元の対象となりませんのでご了承ください。 上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。


お申し込みはこちら
このカードについての詳細は、別記事「三井住友カードデビュープラスのメリットは?審査情報や還元率など徹底解説」も参考にしてください。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
券面 セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
国際ブランド American Express
年会費
(税込)
26歳になるまで無料
通常3,300円
家族カード
年会費(税込)
1,100円
ETCカード
年会費(税込)
無料
限度額 審査により個別に決定
ポイント還元率 0.5%~1.0%
旅行保険 海外:最高3,000万円
国内:最高3,000万円

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは、通常なら3,300円(税込)の年会費が必要なところ、26歳になるまでは無料で使い続けられる学生向けクレジットカードです。

セゾンのアメックスカードは、様々な割引優待や特典が付いていることで人気。例えばこのクレジットカードには、対象日限定でロフトの買い物代金が5%割引になる優待や、西友・リヴィン・サニーという3つのスーパーでの5%割引優待などが用意されています。

ロフトで買い物をすることが多い学生や、普段のスーパーに西友・リヴィン・サニーをお使いの学生であれば、非常にお得なクレジットカードです。

海外・国内旅行保険や、旅行に役立つ特典が多彩

割引優待以外にも、旅行に役立つ特典や保険が付いている点もおすすめ。例えば対象ホテルでの割引優待サービスや、「アーリーチェックイン」や「レイトチェックアウト」といった、特別待遇が受けられる場合もあります。

旅行保険は海外と国内を対象に、どちらも最高3,000万円の補償が用意されています。特に海外旅行の際は、ケガや病気の際の医療費が高額になるため、保険に加入する方は多いです。このクレジットカードを持っていれば、保険の役割も兼ねてくれるため、よく海外旅行などをする方にもおすすめです。

お申し込みはこちら

エポスカード

エポスカード
券面 エポスカード
国際ブランド VISA
年会費
(税込)
無料
家族カード
年会費(税込)
発行不可
ETCカード
年会費(税込)
無料
限度額 審査により個別に決定
ポイント還元率 0.5%
旅行保険 海外:最高500万円
国内:なし

エポスカードは、何歳になっても年会費無料で使い続けられる学生向けクレジットカードです。日常的に使いやすい特典や優待が豊富な点が学生におすすめ。特典や優待が使えるお店やサービスの例は、下記の通りです。

  • 居酒屋・カフェ・ファミレスなどの飲食店
  • 映画館・遊園地・水族館・カラオケなどのレジャー施設
  • 温泉・ホテル・レンタカーなどのトラベル関連
  • 美容院・ネイル・コスメなどの美容関連

このように、学生ライフを送る上で活用しやすい実用的な特典が盛り沢山。年会費無料なのにこれだけたくさんの特典が利用できるのは、エポスカードならではの特徴です。

安心の海外旅行保険が自動付帯

こちらのクレジットカードには、最高500万円までの補償受けられる、海外旅行保険が自動付帯しています。海外旅行への備えとして持っておくにもおすすめのクレジットカードです。

他社のクレジットカードの旅行保険には「旅費の一部をカードで支払うこと」といった条件がある場合も多いです。一方、エポスカードなら自動付帯であるため、支払い条件などの面倒ごとを考えなくても、カードを所有しているだけで保険が適用されるメリットがあります。

お申し込みはこちら
※このカードについての詳細は、別記事「エポスカードの口コミ・評判やメリット・デメリットを解説」も参考にしてください。

詳細はこちら

楽天カードアカデミー

楽天カードアカデミー
券面 楽天カードアカデミー
国際ブランド VISA/JCB
年会費
(税込)
無料
家族カード
年会費(税込)
発行不可
ETCカード
年会費(税込)
550円
※楽天プラチナ会員以上は無料
限度額 〜30万円
ポイント還元率 1.0%~3.0%
旅行保険 海外:最高2,000万円
国内:なし

楽天カードアカデミーは、楽天市場をよく利用する人におすすめの学生専用クレジットカードです。通常の楽天カードと違って18歳〜28歳の学生のみ申し込みが可能で、若者に嬉しい特典が用意されています。

例えば、楽天ブックスで本やDVDを購入すると、ポイントが通常時の最大4倍貯まり、ダウンロード購入の場合は3倍のポイントがもらえます。さらに楽天トラベルの高速バス予約では、通常時の最大3倍のポイントが受け取りが可能です。

また楽天カードアカデミーに加入すると、楽天グループサービスをよりお得に使える「楽天学割」にも自動的に登録されます。楽天カードアカデミーの限定特典と楽天学割を活用すれば、よりお得で充実した学生生活を送れるようになるでしょう。

通常の楽天カードと同様のポイント還元率1.0%

学生向けの楽天カードアカデミーとはいっても、通常の楽天カードとしての機能は健在であり、楽天以外のどのお店で使っても1.0%の還元率でポイントが貯まります。クレジットカードのポイント還元率は0.5%程度が一般的ですが、1.0%の還元率ならザクザクとポイントが貯められるでしょう。

お申し込みはこちら
※このカードについての詳細は、別記事「楽天カードの口コミ・評判やポイント還元率・キャンペーン情報を解説」も参考にしてください。

詳細はこちら

JCBカードW

JCBカードW
券面 JCBカードW
国際ブランド JCB
年会費
(税込)
無料
家族カード
年会費(税込)
無料
※本会員が学生の場合は発行不可
ETCカード
年会費(税込)
無料
限度額 記載なし
ポイント還元率 1.0%~10.0%
旅行保険 海外:最高2,000万円
国内:なし

JCBカードWは、18歳以上39歳以下の方が限定で申し込める若者向けクレジットカードです。申し込み年齢には制限がありますが、40歳になってからもそのまま使い続けられるため、長きにわたり愛用できます。

JCBカードWは信頼性とステータスの高いJCBカードが発行する高還元なクレジットカードで、1.0%の還元率でポイントが貯まります。年会費が無料であり、どのお店で使っても高い還元率でポイントが貯まるため、便利で使い勝手のいい1枚です。

JCBオリジナルシリーズパートナーでポイント還元率アップ

JCBカードWは、「JCBオリジナルシリーズパートナー」と呼ばれる対象店舗で、ポイントが最大10倍にアップするのが特徴。

例えばスターバックスカードにオンラインチャージすると、通常時の10倍のポイントが貯まります。その他の対象店舗の例としては、Amazonやセブン-イレブン、メルカリなど有名な店舗やサービスばかり。多くのお店で得するクレジットカードとなっています。

最高2,000万円の手厚い海外旅行保険が利用付帯

さらにJCB カード Wには、最高2,000万円と手厚い海外旅行保険が付いている点も特徴。保険の適用には「対象となる旅費の一部をカードで支払う」などの条件(利用付帯)がありますので、保険を利用の際は事前に支払いを忘れないようにしましょう。

お申し込みはこちら
このカードについての詳細は、別記事「JCB CARD Wの評判・口コミ、ポイント還元率やキャンペーンを解説」も参考にしてください。

詳細はこちら

JCBカードW Plus L

JCBカードW Plus L
券面 JCBカードW plusL
国際ブランド JCB
年会費
(税込)
無料
家族カード
年会費(税込)
無料
※本会員が学生の場合は発行不可
ETCカード
年会費(税込)
無料
限度額 記載なし
ポイント還元率 1.0%~10.0%
旅行保険 海外:最高2,000万円
国内:なし

JCBカードW Plus Lは、先ほど紹介した「JCBカードW」に女性向けの特典を追加した、女子学生におすすめのクレジットカードです。年会費やその他の基本スペックは通常のJCB カード Wと変わらず、女性向けの特典が追加されているため、何かしらのスペックで劣る心配はありません。

女性向け特典やサービスが豊富な学生向けクレジットカード

JCBカードW Plus Lで具体的に追加されている女性向け特典の例は下記の通り。

  • LINDAの日
  • 毎月10日と30日に、2,000円分のJCBギフトカードが当たるキャンペーンに挑戦できます。
  • LINDAリーグ
  • JCBの協賛企業が実施している、会員限定の優待や特典、抽選キャンペーンなどを利用できます。協賛企業の例は、「@cosme」や「ロクシタン」、「BUYMA」など多数あります。
  • 毎月の優待とプレゼント企画
  • 毎月変わる特別優待や、お得なプレゼント企画が実施されています。

このようにJCBカードW Plus Lには、女性に嬉しい優待や企画が多彩です。さらに、リーズナブルな年会費で女性特有の病気に備える任意保険に加入できます。乳がんや子宮がん、妊娠の合併症などが補償対象の保険なので、女性特有の病気に備えられる点もメリットです。

お申し込みはこちら

三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)
券面 三井住友カード(NL)
国際ブランド VISA/Mastercard
年会費
(税込)
永年無料
家族カード
年会費(税込)
永年無料
※本会員が学生の場合は発行不可
ETCカード
年会費(税込)
初年度無料
2年目以降550円
※前年1回以上の利用で無料
限度額 〜100万円
ポイント還元率 0.5%~5.0%
旅行保険 海外:最高2,000万円
国内:なし

三井住友カード(NL)は、満18歳から申し込み可能な年会費無料のクレジットカードです。多彩なポイントアップ制度が用意されていて毎日の支払いがお得になるため、学生に非常におすすめの1枚です。

コンビニやスーパー、レストランなど多彩なポイントアップ制度でお得

三井住友カード(NL)は対象コンビニとマクドナルドで、VISAのタッチ決済またはMastercard®コンタクトレスを使って支払うと、最大5%のポイントが還元される(※)のが特徴。

ポイントは「1ポイント=1円」の価値でキャッシュバックできるため、実質的には5%割引と捉えてよいでしょう。このポイントアップ特典の対象店舗は、下記の通り。

ポイントアップ特典対象店舗
  • セブン-イレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • マクドナルド

学生であれば、上記の店舗を利用する機会も多いでしょう。年会費無料なので、コンビニ決済のためだけに持っておいてもお得なクレジットカードです。

他にも「自分で選んだ3店舗でポイント+0.5%」のボーナス制度も用意されています。こちらは「すき家」や「モスバーガー」、「マツモトキヨシ」など様々なジャンルのお店が対象。学生にとっても非常に使い勝手の良いクレジットカードとなっています。

※一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元にならない場合があります。ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合がございます。

※一部Visaのタッチ決済/Mastercard®コンタクトレスがご利用いただけない店舗がございます。また、一定金額(原則 税込1万円)を超えるとタッチ決済でなく、決済端末にカードを挿してお支払いいただく場合がございます。その場合のお支払い分は、+2.5%還元の対象となりませんのでご了承ください。 上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。


お申し込みはこちら
このカードについての詳細は、別記事「三井住友カード(NL)の口コミ評判やキャンペーンなどの基本情報」も参考にしてください。

詳細はこちら

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト
券面 イオンカードセレクト
国際ブランド VISA/Mastercard/JCB
年会費
(税込)
無料
家族カード
年会費(税込)
無料
ETCカード
年会費(税込)
無料
限度額 記載なし
ポイント還元率 0.5%~1.0%
旅行保険 なし

イオンカードセレクトは、イオングループでの利用がお得になるクレジットカードです。18歳以上なら、高校卒業年度の1月1日以降であればいつでも申し込みが可能です。(ただし高校生は除く)

イオンカードセレクトの通常時のポイント還元率は0.5%と平均的ですが、イオングループの対象店舗ならいつでも2倍のポイントが貯まります。さらに、毎月20日と30日の「お客さま感謝デー」には、イオンカードセレクトで支払うと買い物代金が5%割引になり、生活費を安く抑えられるのもメリットです。

イオンシネマの映画鑑賞チケットを割引価格で購入可能

イオンカードセレクトは、イオンシネマでの映画鑑賞チケットが割引になる点も学生におすすめの理由。イオンカードセレクトにおけるイオンシネマの映画優待の内容は、下記の通りです。

  • いつでも一般料金から300円割引
  • お客さま感謝デー(毎月20日・30日)は一般料金から700円割引
  • 同伴者も1名まで割引

イオンシネマは、大学生の学割料金が1,500円(税込)なので、学生にとっては通常時の割引は特にお得ではないです。しかしお客さま感謝デーは一般料金から700円割引で1,100円(税込)になるので、大学生料金よりも安くなります。

年間決済金額に応じてゴールドカードにランクアップ

イオンカードセレクトは、年間100万円以上を決済すると、年会費無料でゴールドカードにアップグレードできる可能性があります。ゴールドカードにアップグレードすると豪華な特典が増えるので、無料でゴールドカードを持ちたい学生にもおすすめです。

映画やUSJが好きなら、イオンカードセレクトのミニオンズデザインもおすすめ

イオンカードセレクトには、ミニオンズデザインのクレジットカードも存在します。イオンカードセレクト(ミニオンズ)の場合、イオンシネマの映画料金がいつでも1,000円(税込)に割引され、テーマパークUSJで利用すると通常時の10倍のポイントが貯まるのもメリット。

ただしイオンカードセレクト(ミニオンズ)は、通常デザインのものと違ってゴールドカードへのアップグレード特典がありません。映画・USJ特典を優先するのか、ゴールドカードへのアップグレード特典を優先するのか、という基準で選ぶのがおすすめです。

お申し込みはこちら
このカードについての詳細は、別記事「イオンカードの評判・口コミやお得なポイントの貯め方を解説」も参考にしてください。

詳細はこちら

ソラチカ一般カード(ANA To Me CARD PASMO JCB)

ソラチカ一般カード(ANA To Me CARD PASMO JCB)
券面 ソラチカ一般カード(ANA To Me CARD PASMO JCB)
国際ブランド JCB
年会費
(税込)
初年度無料
2年目以降2,200円
家族カード
年会費(税込)
1,100円
※本会員と同時申し込みなら初年度無料
ETCカード
年会費(税込)
無料
限度額 記載なし
ANAマイル還元率 0.5%〜1.0%
旅行保険 海外:最高1,000万円
国内:なし

ソラチカ一般カードは、別名をANA To Me CARD PASMO JCBと呼び、東京メトロをよく利用する学生におすすめのクレジットカードです。カードの概要を解説すると、通常のショッピング利用や東京メトロへの乗車、東京メトロの定期券購入でANAマイルがお得に貯まるクレジットカードとなっています。

ANAマイルとは、簡単に言えば航空会社「全日空」の独自ポイントです。一定のANAマイルを貯めると特典航空券と交換でき、無料で飛行機に乗れるなどのメリットがあります。

還元はANAマイルまたはOki Dokiポイントを選べる

ソラチカ一般カードでは、カードの利用額に応じて「Oki Dokiポイント」または「ANAマイル」の好きな方を選んでポイントを貯めることができます。さらに、ANAマイルを貯める場合は下記どちらかのコースを選ぶことができ、加算マイル数とマイル移行手数料が変わります。

コース 加算マイル数 マイル移行手数料(税込)
5マイルコース 1,000円=5マイル(0.5%) 無料
10マイルコース 1,000円=10マイル(1.0%) 5,500円/年

2つのコースを比較すると、10マイルコースのマイル移行手数料は5,500円(税込)と高い料金設定。しかし、1マイルにはおよそ2円の価値があり(※)年間55万円以上を決済すれば元が取れるので加入をおすすめします。

※1マイルの価値は交換商品により変わります。

交通系電子マネーPASMOを搭載しており、定期券の購入で還元率がアップ

ソラチカ一般カードは交通系電子マネーのPASMOを搭載しており、このクレジットカード1枚で電車に乗れる便利さも魅力。PASMO定期券も搭載可能です。

ソラチカ一般カードを使って東京メトロのPASMO定期券を購入すれば、通常のマイル還元に加えて1,000円ごとに5メトロポイントが貯まります。メトロポイントは「100ポイント=90マイル」のレートでANAマイルに移行でき(ソラチカ一般カードの場合)、定期券購入時の合計マイル還元率は1.45%と圧倒的です。

このようにソラチカ一般カードは、東京メトロを利用する学生にとって、最強のおすすめクレジットカードとなっています。

お申し込みはこちら

JALカードnavi(学生専用)

JALカードnavi(学生専用)
券面 JALカード navi(学生専用)
国際ブランド VISA/Mastercard/JCB
年会費
(税込)
在学中は年会費無料
家族カード
年会費(税込)
発行不可
ETCカード
年会費(税込)
VISA/Mastercard:無料(新規発行手数料1,100円)
JCB:無料
限度額 10万円〜30万円
JALマイル還元率 1.0%~2.0%
旅行保険 海外:最高1,000万円
国内:最高1,000万円

JALカードnavi(学生専用)は、「年会費無料でJALマイルを貯めたい」とお考えの学生におすすめのクレジットカード。在学中なら年会費が無料になるので、お得かつ気軽にJALマイルを貯められます。

クレジットカードでの決済額100円ごとに1マイルが貯まり、年会費無料ながら1.0%のマイル還元率を実現しています。

一般向けのJALカードの場合、ショッピングで1.0%の還元率を実現するには、最低でも5,500円(税込)(※)の年会費が必要。つまりJALカードnaviには、学生ならではの手厚い待遇が用意されているのです。

※JALカード年会費2,200円(税込)とショッピングマイル・プレミアム年会費3,300円(税込)

JALカード特約店なら2.0%の還元率でマイルが貯まるなどの特典も

イオンやENEOSなどの「JALカード特約店」なら、還元率2.0%でJALマイルが貯まります。そのほかJALカードnavi(学生専用)会員限定で、「語学検定ボーナスマイル」や各種フライトマイルなど、多彩なボーナス特典がある点も魅力です。

お申し込みはこちら

dカード

dカード
券面 dカード
国際ブランド VISA/Mastercard
年会費
(税込)
無料
家族カード
年会費(税込)
無料
ETCカード
年会費(税込)
初年度無料
2年目以降550円
※前年1回以上の利用で無料
限度額 記載なし
ポイント還元率 1.0%~5.0%
旅行保険 海外:最高2,000万円
国内:最高1,000万円
※旅行保険は29歳以下限定で付帯

dカードは、年会費無料で1.0%のポイント還元率が魅力の学生におすすめのクレジットカードです。カード決済に応じて、様々な使い道に利用できるdポイントが貯まります。

dカードはNTTドコモが発行しているクレジットカードですが、ドコモユーザーでなくとも作成でき、かつお得。しかし、特典の内容をフル活用するには、ドコモやahamoユーザーの方がメリットは大きいため、特にドコモユーザーにおすすめです。

スマホの故障・紛失・盗難に備えられる「dカードケータイ補償」

dカードには、「dカードケータイ補償」と呼ばれる補償制度があります。ドコモやahamoで購入したスマホが故障・紛失・盗難などの損害を受けた場合に、同一機種の購入費用を最大10,000円(税込)まで補償してもらえます。ドコモやahamoでスマホを購入する際は、ぜひ持っておきたいクレジットカードです。

29歳以下限定で海外・国内旅行保険が付帯

dカードには、29歳以下限定で海外旅行保険と国内旅行保険が付帯する特徴もあります。旅行保険の適用は利用付帯となっており、旅費の支払いなど条件があるためカード発行後に確認するとよいでしょう。

お申し込みはこちら

VIASOカード

VIASOカード
券面 VIASOカード
国際ブランド Mastercard
年会費
(税込)
無料
家族カード
年会費(税込)
無料
ETCカード
年会費(税込)
無料
※新規発行手数料1,100円
限度額 一般:10万円〜100万円
学生:10万円〜30万円
キャッシュバック還元率 0.5%~1.0%
旅行保険 海外:最高2,000万円
国内:なし

VIASOカードは、オートキャッシュバック機能が備わった、三菱UFJニコスが発行するクレジットカードです。面倒な手続きをしなくても、一定以上のポイントが貯まると自動的にキャッシュバックしてもらえます。

VIASOカードのポイントは、クレジットカード決済1,000円ごとに5ポイントが貯まります。キャッシュバックは1年に1度、1,000ポイント以上が貯まっている場合に実行されます。

スマホやネット、ETCカードの支払いはポイント2倍

VIASOカードは、対象となるスマホ料金やインターネット料金、ETCカードの支払いなどで2倍のポイントが貯まる点もおすすめ。さらに「POINT名人.com」と呼ばれるモールサイトを経由してネットショッピングすれば、最大25倍のポイントがもらえる特典もあります。

大人気のアニメやキャラクターとコラボデザインのクレジットカードも

VIASOカードには、「けいおん!」や「ラブライブ!」、「コウペンちゃん」といった人気アニメ・キャラクターとコラボしたオリジナルデザインのクレジットカードも用意されています。毎日の買い物でも大好きな作品の世界に浸りたい学生には、非常におすすめのクレジットカードです。

お申し込みはこちら

学生専用ライフカード

学生専用ライフカード
券面 学生専用ライフカード
国際ブランド VISA/Mastercard/JCB
年会費
(税込)
無料
家族カード
年会費(税込)
発行不可
ETCカード
年会費(税込)
無料
限度額 〜30万円
ポイント還元率 0.5%~1.5%
旅行保険 海外:最高2,000万円
国内:なし
※旅行保険は在学中のみ付帯

学生専用ライフカードは、年会費が無料で海外利用がお得な学生におすすめのクレジットカードです。

海外での決済時には、利用金額の3.0%(年間10万円まで)がキャッシュバックされます。在学中であれば海外旅行保険が自動付帯しているので、海外旅行や留学予定の学生におすすめの1枚です。

年間クレジットカード決済額に応じて最高1.0%まで還元率アップ

学生専用ライフカードは、年間のカード決済金額に応じてポイント還元率がアップする特徴もあります。通常時のポイント還元率は0.5%と平均的ですが、年間100万円以上を決済すると0.9%に、年間200万円以上は1.0%にアップします。

さらに、入会初年度はポイントが1.5倍になるほか、誕生月はポイント3倍になる点もメリット。高還元で使いやすい学生向けクレジットカードです。

お申し込みはこちら

初めての1枚で失敗しないための選び方!用途・目的別のおすすめも紹介

クレジットカードの選び方と比較ポイント 学生がクレジットカードを作る際は、下記のように様々な選び方があります。

  • ポイント還元率で選ぶ
  • マイル還元率で選ぶ
  • よく使うお店やサービスで選ぶ
  • 年会費無料で選ぶ
  • 海外旅行に役立つカードを選ぶ
  • 電子マネーで選ぶ
  • 即日発行で選ぶ

それぞれの選び方やおすすめのカードについて、詳しく解説していきます。

お得に使うならポイント還元率を重視

学生がクレジットカードを作る際の王道の選び方が、ポイント還元率で選ぶ方法です。ポイント還元率とは、カードの支払いに対して何パーセント相当の還元が得られるのかを表す数値のこと。

クレジットカードごとに、決済金額に応じて得られるポイント数や1ポイントの価値、ポイントの使い道は変わってきます。それらを計算して、最終的にどの程度の還元が得られているのかを測るために、ポイント還元率を利用します。

ポイント還元率が高いクレジットカードを選びたい学生なら、還元率が1.0%以上のカードを選ぶのがおすすめ。クレジットカードの平均的な還元率は0.5%程度ですので、1.0%の還元率があれば比較的高いポイント還元率と判断できます。

ポイント還元率が1.0%を超えるおすすめのクレジットカード

カード名・券面 おすすめポイント
三井住友カード デビュープラス(学生)
三井住友カード デビュープラス(学生)
詳細はこちら
どのお店で使っても還元率1.0%を実現できます。コンビニなどでは還元率が最大3.0%にアップするおすすめカードです。
楽天カード アカデミー
楽天カードアカデミー詳細はこちら
1.0%の還元率でポイントが貯まり、貯めたポイントは楽天市場などで利用できます。ポイントの使い道に困らない点もメリットです。
JCB カード W
JCB カード W
詳細はこちら
1.0%のポイント還元率が実現され、さらに最高2,000万円の海外旅行保険も付帯しています。ETCカードの年会費も無料です。

旅行好きならマイル還元率も確認

学生がクレジットカードを選ぶなら、マイルが貯まるカードを検討するのもおすすめ。マイルとは、簡単にいえば航空会社の独自ポイントです。日本で代表的なマイルはANAマイルとJALマイルの2種類です。

マイルを貯めると、飛行機の搭乗券(特典航空券)と交換できたり、無料でビジネスクラスやファーストクラスへアップグレードできたりします。旅行が好きな学生にこそ、マイルが貯まるクレジットカードがおすすめです。

航空券などに交換できるマイルが貯まりやすいカード

カード名・券面 おすすめポイント
ソラチカ一般カード
ソラチカ一般カード
詳細はこちら
カードの利用金額が多いなら、ANAマイルが2倍貯まる「10マイルコース」がおすすめ。東京メトロを利用する学生に最適なカードです。
JALカード navi(学生専用)
JALカード navi(学生専用)
詳細はこちら
年会費無料でありながら、1.0%の還元率でJALマイルが貯まります。イオンやENEOSなどの特約店では2倍のマイルが貯まるおすすめの1枚です。

よく使うお店やサービスで選ぶ

普段からよく使うお店やサービスが決まっている学生なら、そのお店やサービスでの利用がお得になるクレジットカードがおすすめ。買い物代金が割引になったりポイント還元率がアップしたりと、クレジットカードで料金を支払うだけで生活費の節約になります。

コンビニ・スーパーの買い物におすすめのクレカ

カード名・券面 おすすめポイント
三井住友カード デビュープラス(学生)
三井住友カード デビュープラス(学生)
詳細はこちら
セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルドでは最高3.0%の還元率でポイントが貯まります。貯めたポイントはキャッシュバックでき、使いやすいです。
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
詳細はこちら
対象日限定で、ロフトや西友、リヴィンやサニーでの買い物が5%割引になります。他にも多彩なサービスの優待があるおすすめカードです。
イオンカードセレクト
イオンカードセレクト
詳細はこちら
イオンではポイント還元率が1.0%にアップするほか、電子マネーWAONチャージでもポイントが貯まります。20日・30日の「お客さま感謝デー」には買い物代金が5%割引になり、イオンシネマも700円引きで利用できます。

ネットショッピングにおすすめのカード

カード名・券面 おすすめポイント
楽天カード アカデミー
楽天カードアカデミー詳細はこちら
楽天市場ではポイント還元率が最高3.0%になります。それ以外にも、多数の楽天グループの利用がお得になります。
JCB カード W
「JCBオリジナルシリーズ」の優待により、Amazonではポイント還元率が最高2.5%にアップします。そのほか、スタバカードへのオンラインチャージもお得です。
詳細はこちら
「JCBオリジナルシリーズ」の優待により、Amazonではポイント還元率が最高2.5%にアップします。そのほか、スタバカードへのオンラインチャージもお得です。

年会費無料のクレジットカードから選ぶのもおすすめ

学生が初めてのクレジットカードを作るなら、年会費が無料のカードから選ぶのもおすすめです。クレジットカードによっては数千円から数万円の年会費が必要なカードもありますが、できれば無駄な出費は避けたいですよね。

年会費無料のクレジットカードでも、ポイント還元率が高かったり割引サービスが充実していたり、十分に使えるためご安心ください。

なおクレジットカードによっては「初年度無料」と書かれているものもあります。この場合は1年目の年会費だけが無料であり、2年目以降は有料になるため注意が必要です。

年会費無料の学生向けクレジットカード

カード名・券面 おすすめポイント
エポスカード
エポスカード
詳細はこちら
カラオケや居酒屋など様々な店舗の特典や優待が利用できます。海外旅行保険が自動付帯なので、カードを持っておくだけで安心をプラスできます。
楽天カード アカデミー
楽天カードアカデミー詳細はこちら
年会費無料でありながら、ポイント還元率が1.0%と高い学生専用クレジットカードです。卒業後は自動的に一般の楽天カードに切り替わりますが、ずっと年会費無料で使えます。
JCB カード W
JCB カード W
詳細はこちら
ずっと年会費無料で使えて、ポイント還元率が1.0%と高いクレジットカードです。Amazonで2.5%の還元率が実現されていて、ネットショッピングにもおすすめです。

海外旅行や留学で役立つカードを選ぶ

海外旅行や留学の予定がある学生なら、海外で役立つクレジットカードを選ぶとよいでしょう。海外旅行保険が付帯しているカードや、世界でも支払いに使えるカード、海外利用でポイント還元率がアップするカードなどがおすすめです。

クレジットカードを作る時には、「国際ブランド」を選択します。選ぶ国際ブランドによっては海外に加盟店が少なく、店側が支払いに対応していないことがあるため注意が必要です。海外利用なら、特にシェアの高いVISAまたはMastercardを選ぶとよいでしょう。

また旅行保険については、保険の適用条件である「自動付帯」と「利用付帯」に注目しましょう。自動付帯とは、カードの会員になるだけで自動的に保険が適用されることを意味します。

一方の利用付帯は、「対象となる旅費の一部をクレジットカードで支払った場合のみ保険が適用される」といった条件付きであることを意味します。自動付帯の方が簡単なので、できれば海外旅行保険が自動付帯のクレジットカードを選ぶのがおすすめです。

海外旅行に役立つ学生向けクレカ!保険や国際ブランドを重視

カード名・券面 おすすめポイント
エポスカード
エポスカード
詳細はこちら
最高500万円の海外旅行保険が自動付帯しています。国際ブランドがVISAのため、世界中どこでも決済できるでしょう。
JALカード navi(学生専用)
JALカード navi(学生専用)
詳細はこちら
国際ブランドを3種類(VISA/Mastercard/JCB)から選べ、さらに最高1,000万円の海外旅行保険が自動付帯。JALマイルを貯めれば海外旅行の航空券が無料で手に入る可能性もあります。
学生専用ライフカード
学生専用ライフカード
詳細はこちら
国際ブランドを3種類(VISA/Mastercard/JCB)から選べ、さらに在学中は最高2,000万円の海外旅行保険が自動付帯。海外での決済金額の3.0%がキャッシュバック(年間10万円まで)されるお得なカードです。

電子マネーで選ぶ

学生がクレジットカードを作る際に、利用できる電子マネーから選ぶ方法もあります。電子マネーの例としては、QUICPayやiD、Apple PayやGoogle Pay、SuicaやWAONなどです。

電子マネーを利用できるクレジットカードを選ぶと、コンビニやスーパー、ドラッグストアなどでよりスピーディーな決済が可能。さらにApple PayやGoogle Payを使えば、スマホ1つで買い物ができて便利です。

Apple Payなどが使える電子マネー利用が便利なカード

カード名・券面 おすすめポイント
三井住友カード デビュープラス(学生)
三井住友カード デビュープラス(学生)
詳細はこちら
iDやWAON、Apple PayやGoogle Payなど多彩な電子マネーが使えます。他社カードより利用できる電子マネーが豊富な特徴があります。
イオンカードセレクト
イオンカードセレクト
詳細はこちら
電子マネーWAON搭載型であり、さらにイオン銀行のキャッシュカード機能もある便利な1枚です。WAONへのチャージでもポイントが貯まってお得です。
ソラチカ一般カード
ソラチカ一般カード
詳細はこちら
PASMO一体型であり、定期券も搭載できます。PASMOオートチャージに対応していて、チャージでもポイントやマイルが貯まってお得です。

すぐに必要なら即日発行できるカードを選ぶ

クレジットカードを作る際に、最短即日発行に対応しているカードから選ぶ方法もあります。「海外旅行が来週に控えているのに、クレジットカードを作り忘れた」「今週末にレンタカーで出かけるのに、ETCカードを用意していない」といった時でも、即日発行のクレジットカードなら間に合う可能性があります。

クレジットカードを即日発行するためには、「WEBで引き落とし口座を設定すること」「店頭で受け取ること」などの条件がある場合もあります。即日発行を希望する場合は、条件をよく確認してから申し込むようにしましょう。

最短即日発行に対応のクレジットカード!急いでETCカードを作りたいときにもおすすめ

カード名・券面 おすすめポイント
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
詳細はこちら
WEB申し込み、セゾンカウンター(店頭)での受け取りなら最短即日発行に対応しています。さらに、ETCカードも最短即日発行できる希少なカードです。
エポスカード
エポスカード
詳細はこちら
WEBで申し込み、エポスカードセンター(店頭)で受け取れば、最短即日発行できるクレジットカードです。海外旅行保険が自動付帯のため、海外旅行にも役立ちます。
三井住友カード(NL)
三井住友カード(NL)
詳細はこちら
最短5分でデジタルカードが発行(※)され、ネットショップやホテル・航空券の予約などに利用できます。最高2,000万円の海外旅行保険が付いているため、保険重視の学生にもおすすめです。
“※最短5分発行受付時間:9:00~19:30
※ご入会には、ご連絡が可能な電話番号をご用意ください。

学生がクレジットカードを作るメリット

学生がクレカを使用するメリット 学生でクレジットカードを作ることにどんなメリットがあるのか疑問の方もいらっしゃるかもしれません。そこで、学生がクレジットカードを作るメリットについて詳しく紹介します。

買い物するだけでポイントが貯まる

学生がクレジットカードを作る最大のメリットは、日々の買い物をカード払いにするだけで、ポイントが貯まってお得になる点です。

貯めたポイントは様々な使い道に利用でき、クレジットカードの利用代金に充当できるキャッシュバックや、Amazonギフト券との交換、マイル移行などがあります。

生活必需品の購入や食料品に使うのもいいですし、たっぷりとポイントを貯めて無料で旅行に出かけるのもいいでしょう。現金での支払いをクレジットカードに変えるだけで、ポイントを獲得できるので、非常にお得です。

ネットショッピングがさらに便利に

学生の多くは、ネットショッピングを活用しているのではないでしょうか。ネットショッピングは、クレジットカードを1枚持っておくだけで、圧倒的に便利になります。

なぜなら、クレジットカード払いなら一瞬で決済が完了するためです。コンビニに行って支払ったり、銀行振り込みをしたりする手間がなく、クレジットカード払いには手数料もかかりません。

また、サブスクやスマホの支払いには支払い方法がクレジットカードに限定されているものもあります。クレジットカードがなければ、そういったサービスを利用することすらできないため、持っておいて損はないでしょう。

付帯サービスや特典、優待が使える

学生がクレジットカードを作るメリットとして、カード会員限定の特典や割引優待などを利用できる点が挙げられます。具体的な特典の内容はカードによって様々ですが、いくつか例を挙げると、次のような特典が用意されています。

  • レストランやカラオケ、居酒屋の割引優待
  • スーパーやコンビニなど、対象店舗での割引優待やポイントアップ
  • 映画チケット料金の割引優待
  • 対象ホテルの朝食無料やレイトチェックアウトなどの特典

クレジットカードを作る際は、カードにどのような特典があるのかチェックしてみるとよいでしょう。

出費を把握できるため、お金の管理が簡単に

学生がクレジットカードを作るメリットとして、お金の管理がしやすくなる点もあります。クレジットカードの支払いは、カード会社が利用明細にまとめてくれます。利用明細はクレジットカードの会員サイトなどで確認でき、いつどこでお金を使ったのか簡単に把握できます。

さらに一部の高性能な家計簿アプリは、クレジットカードの利用明細を自動で取り込んで、ジャンルごとに見やすく振り分けてくれる機能があります。そういった家計簿アプリとクレジットカードを連携すれば、学生にとってのお金の管理が非常に楽になることでしょう。

ETCカードを発行できる

学生がクレジットカードを作るメリットに、高速道路の通行に使えるETCカードを発行できる点があります。ETCカードが1枚あればどの車でも使いまわせるので、レンタカーでも利用できます。

学生であれば、レンタカーで友達と旅行する機会も多いのではないでしょうか。高速道路の料金所で現金払いをするのは時間も手間もかかりますが、クレジットカードとETCカードを持っておけばスムーズに通行できて便利です。

学生からクレヒスを積める

学生がクレジットカードを作るメリットに、早い段階からクレヒスを積んでいける点があります。クレヒスとは「クレジットヒストリー」の略称で、個人のクレジットカードやローンの利用履歴のことです。

クレヒスは、「信用情報機関」と呼ばれる専門機関で共有されていて、クレジットカードやローンなど金融商品の申し込み時に審査の一環として活用されます。

クレジットカードの利用代金を、遅延なく毎月きちんと支払っていれば、良好なクレヒスが積み上がっていきます。良好なクレヒスを積んでいると、将来のクレジットカードやローンの審査に通りやすくなるメリットも。

社会人になってからクレヒスを積み始めるよりも、学生のうちから積んでいくほうが将来の金融審査がスムーズになるのは大きなメリットです。

発行にあたっての注意点とデメリットを確認

覚えておきたい注意点とデメリット 学生がクレジットカードを発行する際は、いくつか覚えておきたい注意点やデメリットがあります。今後数年にわたり悪影響を及ぼす注意点もあるので、事前に確認しておきましょう。

未成年(20歳未満)の場合は親権者の同意が必要

現在20歳未満の未成年の学生である場合、クレジットカードを作成するためには、親権者の同意が必要です。親権者の同意が必要な理由は、クレジットカードの作成は法律で定められる契約行為にあたるため。

第五条 (未成年者の法律行為)
未成年者が法律行為をするには、その法定代理人の同意を得なければならない。ただし、単に権利を得、又は義務を免れる法律行為については、この限りでない。

引用:民法(e-Gov)

2022年4月1日の民法改正により同意なしで作れる

2022年4月1日から民放が改正され、成人年齢が18歳に引き下げられました。これにより18歳・19歳の大学生であれば、親権者の同意がなくても自由にクレジットカードを作れるようになります。

限度額(カードの上限額)は低い可能性がある

学生がクレジットカードを作る注意点として、カードの限度額(利用可能枠)は低い可能性がある点です。具体的には、限度額の上限が30万円などに設定されているパターンもあり、それ以上の支払いは基本的にできません。

クレジットカードは無制限に支払えるわけではなく、カード会社が決定した限度額の範囲で使用できます。限度額に到達すると、利用代金の引き落としが完了するまで、クレジットカードでの支払いができなくなります。

クレジットカードの限度額は一時的に増枠できる

もし海外旅行や高額な買い物など、クレジットカードの決済額が増えることが事前にわかっている場合、手続きをすれば一時的に限度額を増枠できる場合があります。一時的な増枠の可否はクレジットカードによって変わるため、カード会社に確認しましょう。

年齢を重ねるとカードが自動的に切り替わる場合がある

学生向けのクレジットカードの中には、年齢を重ねると自動的にカードが一般用のものに切り替わる券種も存在します。例えば「JALカード navi(学生専用)」は、学校を卒業すると自動的に一般向けのJALカードに切り替わる仕組みです。

学生専用のクレジットカードは安くて使いやすいですが、いつまでも使い続けられるものではない点に注意しましょう。

支払いが遅れると将来に悪影響を及ぼす

学生がクレジットカードを利用する上で特に注意しなければならないのは、カード利用代金の支払い遅延です。クレジットカードによる支払いは、1ヶ月分をまとめて、後日に銀行口座から自動的に引き落とされます。

銀行口座の残高が不足していると引き落としができず、クレジットカードの支払いに遅れてしまいます。クレジットカードの支払いが遅れると「信用事故」という扱いになり、信用情報機関に支払い遅延の事実が記録されてしまいます。この状態は、俗に言う「ブラックリスト」となります。

支払いを遅滞した事実は、利用しているクレジット会社から、個人信用情報機関に登録されます。個人信用情報機関に登録された情報は、他のクレジット会社の審査の参考にされます。

引用:一般社団法人 日本クレジット協会

信用情報機関の1つであるCICでは、クレジットカードの支払い遅延の記録は、5年間にわたり記録されます。つまり支払い遅延を起こすと、5年が経過して記録が消えるまで、クレジットカードやローンの審査で不利になりやすいのです。

まだ学生だからと油断せず、クレジットカードの支払いには絶対に遅れないよう注意しましょう。

分割払い・リボ払い・キャッシングには手数料がかかる

クレジットカードには、分割払い・リボ払い・キャッシングという機能が用意されています。これらはいずれも所定の利率で手数料が発生する機能であり、安易に利用すると生活が苦しくなる可能性があるため、注意が必要です。

クレジットカードの分割払い・リボ払い・キャッシングの概要は、下記の通りです。

分割払い 2回や3回、それ以上など、指定の回数に分割して支払う方法です。分割回数が増えるほど手数料は高額になります。
リボ払い 毎月の引き落とし額が「5,000円」や「10,000円」など一定になる支払い方法です。リボ払いの買い物をすればするほど、支払い残金は増えていきます。
キャッシング ATMなどでお金を借りられる機能です。海外旅行の際や生活費に困った時に役立ちますが、手数料が発生します。

簡単にいえば、上記の機能は借金をしているのと同じ状態と捉えられます。上手に活用すれば便利ですが、無計画に利用すると後から大変なことになるため気をつけましょう。

リボルビング契約では、契約で決められた最低支払額さえ返済していれば返済遅延にはなりませんが、毎回の返済額が少ないほど完済するまでの期間が長引くことになります。返済期間が長くなればなるほど、利息の支払が増大し、元本と合わせた支払総額の負担は大きくなります。

引用:金融庁

なおクレジットカードによっては、リボ払い専用のカードも存在します。また申し込み時には「自動リボ」を選択する項目もあるため、誤ってチェックを入れないよう、内容をよく確認して申し込みましょう。

在学中でもクレカは作れる?審査があるって本当?

申し込み時の審査について 結論から申し上げると、在学中の学生であってもクレジットカードを発行することは可能です。ただし高校生の場合は発行できないので、クレジットカードを作れるのは大学生からとなります。また未成年の場合は親権者の同意が必要です。

クレジットカードの審査とは

クレジットカードは申し込んだら誰でも作れるものではなく、審査に通過して初めて発行できます。クレジットカードの審査とは、カード会社による利用者の支払い能力の確認です。

クレジットを利用するためには、クレジット会社(2者間契約では販売会社)の審査を経なければなりません。クレジットの代金は後払いですので、この審査は消費者の「支払いをする能力=後日、クレジットの代金を支払ってくれるかどうか」を見極めるために行われます。

引用:一般社団法人 日本クレジット協会

クレジットカードは後払いができるからこそ、カード会社としては代金が支払わなければ困ってしまいます。どんなクレジットカードでも審査は必要であり、審査不要のクレジットカードは存在しません。

クレジットカードの審査では個人信用情報(クレヒス)や年収が確認される

カード会社はクレジットカードの審査基準を公開していませんが、主な確認項目の例としては次のものがあります。

  • 個人信用情報
  • 年収
  • 勤務先
  • 勤続年数
  • 家族構成
  • 家賃の支払いの有無
  • ローンの有無

上記のように、様々な要素を総合的に踏まえて、クレジットカード審査は行われます。

「自分はクレジットカードの審査に通らないんじゃないか…」と心配になる学生もいるでしょう。しかし、学生用のクレジットカードはもともとの審査ハードルがそれほど高くないため、過度に審査を心配する必要はありません。まずはお気軽に気になるカードへ申し込んでみるのがおすすめです。

学生とクレジットカードにまつわるQ&A

よくある質問とQ&A こちらでは、学生がクレジットカードを作成するにあたり、よくある質問に対する回答を紹介します。

決済などカード利用について

まずはクレジットカード決済など、学生がカードを利用する上でのよくある質問を紹介します。

お店でのクレジットカード決済の流れは?

お店でクレジットカード払いをする流れは、次のとおりです。

  1. レジに行く
  2. 店員に「クレジットカード払いで」と伝える
  3. 暗証番号を入力する(省略される場合あり)
  4. クレジットカード利用票を受け取る
  5. 支払い完了

コンビニやスーパーなど、一部の店舗では「サインレス」に対応しており、暗証番号を入力しなくてもカード決済が可能です。

クレジットカードのセキュリティは大丈夫?不正利用の心配は?

クレジットカードには「ICチップ」や「3Dセキュア」など、様々なセキュリティ対策が施されているため、不正利用のリスクは低くなっています。さらに、カード会社は高度な不正検知システムを使用して、不正利用がないかモニタリングしている点も安心です。

また、万が一クレジットカードが不正利用された場合、カード会社によって損害が全額補償される制度も用意されています。日本国内で発行されるクレジットカードには、まず全額補償の規定が用意されているので、安心してご利用いただけます。

締め日・支払日とは?

どんなクレジットカードにも必ず存在するのが、「締め日」と「支払日」です。締め日まで利用したクレジットカードの代金が、支払日に銀行口座から引き落とされます。

例えば「月末締め翌月26日払い」のカードであれば、毎月月末までのカード決済の合計金額が、翌月の26日に引き落とされる仕組みです。

支払日が土日祝の場合の引き落としはどうなる?

支払日が土日祝など金融機関の休業日の場合は、翌営業日の引き落としとなります。

カードの申し込みや発行について

次に、学生がクレジットカードに申し込む際や、発行のタイミングでのQ&Aを紹介します。

クレジットカードの作り方は?申し込みの流れは?

クレジットカードを作るには、まずはインターネットから申し込みを行いましょう。インターネットで申し込む場合の一般的な流れは、下記のとおりです。

  • WEBで申し込み
  • オンラインで支払い用の銀行口座を設定
  • 入会審査
  • メールで審査結果を受け取り
  • カード発送
  • 郵送でカードを受け取り

なお申し込み手続きの流れはクレジットカードによって違うため、上記はあくまで一般的な例とお考えください。

申し込みの必要書類は?

クレジットカードへ申し込みの際の必要書類は、基本的に本人確認書類のみとなります。また引き落とし先の銀行口座の情報が必要になるため、通帳やキャッシュカードなどを用意しておくとスムーズです。

また、クレジットカードのキャッシング枠を設定する場合は、収入証明書の提出が必要なパターンがあります。収入証明書を提出する場合は、カード会社からの指示に従って必要書類を用意しましょう。

なお未成年者の場合は、親権者による同意書も提出することになります。

申し込みフォームの年収欄はどうやって書けばいい?

クレジットカードの申し込みを進めていると、年収を入力する欄が設けられている場合があります。アルバイトをしている場合はその年収を記載し、収入がない場合は「0円」と入力しましょう。

すでに内定を受けている場合も、前年度の年収を求められることが多いため、基本は収入0円で申告します。不明な場合は申し込み前にカード会社へ電話して確認してみるとよいでしょう。

なお年収を偽ると詐欺罪に問われる可能性もあるため、嘘をつかず正直な金額を申告する必要があります。

国際ブランドとは?VISA/Mastercard/JCBとは

国際ブランドとは、クレジットカードの決済に対応している加盟店ネットワークを構築している企業、及びブランドのことです。例えばクレジットカードに「VISA」のマークが記載されている場合、VISAの支払いに対応している加盟店で、クレジットカード決済が可能です。

国際ブランドのうち、特にシェアの大きいものを「5大ブランド」と呼び、下記の5種類があります。

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express(アメリカン・エキスプレス)
  • Diners Club

日本国内では、ほとんどのお店で全ての国際ブランドのクレジットカードが使えます。しかし、海外では「VISAしか使えない」「Mastercardしか使えない」といったパターンも多いです。そのため海外旅行の際は、渡航先で決済できる店舗が多い国際ブランドを持っていくことが重要です。

クレジットカードは何枚まで作れる?

1人が所有できるクレジットカードの枚数に上限はありません。ただし審査に通過しなければクレジットカードを発行できない点のみ注意が必要です。

個人信用情報とは?信用情報機関とは?

個人信用情報は、クレジットカードやローンなどに関する個人の記録です。クレジットカードやローンの審査を受ける際にチェックされ、支払い遅延や自己破産などのネガティブな履歴があると、審査で不利になってしまいます。

信用情報とは、クレジットやローンの契約や申し込みに関する情報のことで、客観的な取引事実を登録した個人の情報です。そして、この信用情報は、クレジット会社が顧客の「信用」を判断するための参考資料として利用されます。そのため、信用情報には人種や思想、保健医療、犯罪歴などの項目は、一切含まれません。

引用:CIC(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)

個人信用情報は永遠に記録されるわけではなく、一定期間が経過すれば抹消されます。しかし5年など長期にわたり保存される記録もあるため、信用情報に傷をつけないよう、日々の支払いは適切に行うことが重要です。

クレジットカードを作れない場合はどうすればいい?

クレジットカードの審査に落ちて発行できない場合や、「クレジットカードが自分には合わない」と感じる場合は、デビットカードやプリペイドカードといった選択肢もあります。

デビットカードは、銀行口座の預金の範囲で使用できる支払い用のカードです。審査なしで発行でき、現金と同じような感覚で使えるメリットがあります。

プリペイドカードは、事前にチャージ(入金)した金額の範囲で使用できる支払い用のカードや電子マネーです。こちらも審査なしで発行でき、必要な金額だけ入金できるため、使いすぎの心配も軽減できます。

ただしデビットカードやプリペイドカードは、サブスクやガソリンスタンドなど、一部で使えない場合がある点に注意が必要です。

まとめ

まずは気軽にWEB申し込みを この記事では、学生におすすめのクレジットカードや、初めてカードを発行する上で覚えておきたい基礎知識などを解説しました。学生向けのクレジットカードは、年会費が無料に設定されていたり、通常よりも多くのポイントが付いたり、お得感が満載のカードです。

クレジットカードは、青春を思いっきり楽しむための心強い味方になってくれます。気に入ったカードが見つかったら、お気軽にインターネットから申し込んでみてくださいね。

学生におすすめのクレジットカード比較一覧へ戻る


当ページ利用上のご注意


  1. 当ページで掲載している情報は、各金融機関の公表している情報を元に作成しておりますが、情報の更新等により閲覧時点で最新情報と異なる場合があり、正確性や安全性を保証するものではありません。各種商品に関する最新の情報やキャンペーンについての詳細は公式サイトをご確認ください。
  2. 当ページで掲載しているポイント還元率は、公表されている公式サイトの情報を元に独自に算出したものとなっています。より正確な情報は各カード会社のホームページをご確認ください。
PICKUP
CONTENTS

人気クレジットカード徹底比較!2022年5月最新おすすめランキング

キャッシュレス社会となった今、クレジットカードは生活に欠かせない存在となりました。 しかし、発行されているクレジットカードの種類はなんと数百種類以上もあります。その中から自分に合ったおすすめの1枚を選ぶのは、手間がかかり...
2021.01.06

女性におすすめのクレジットカードを年代・目的別で紹介【2022年最新】

現在発行されているクレジットカードの数は、少なくとも1,000種類以上。その中から自分に合ったおすすめの1枚を見つけるのは大変ですよね。 ですが、ご安心ください。女性がクレジットカードを選ぶ際には、以下のポイントを比較す...
2021.10.11

JCBカードWの評判・口コミ、ポイント還元率やキャンペーンを解説

JCBカードWは、年会費無料にもかかわらずポイント還元率が高いことで人気のクレジットカードです。基本のポイント還元率は1.0%ですが、特定の店舗での利用で、なんと最高5.5%の還元率に! ただし、JCBカードWは30代ま...
2021.07.30

2022年最新!人気ゴールドクレジットカードおすすめ比較ランキング

空港ラウンジが利用できたり、優待価格でホテルに泊まれたりと、一般カードに比べて手厚いサービスが魅力のゴールドカード。ゴールドカードに憧れはあるけれど、どのクレジットカードが自分に合っているのかわからないという方も多いので...
2021.10.21

三井住友カード(NL)の口コミ評判やキャンペーンなどの基本情報

「セキュリティ面が安心で、さらにお得にポイントも貯めたい!」三井住友カード(NL) は、そんな要望にお答えできる、人気のクレジットカードです。 カード名の通り、三井住友カード(NL)の券面にはカード番号の記載がなく、セキ...
2021.08.18

2022年5月最新比較!プラチナカードおすすめランキング

充実した付帯サービスや優待特典が利用可能なプラチナカード。プラチナカードはステータス性重視の方におすすめのクレジットカードです。 当記事では、以下3つのポイントで比較した2022年5月最新のおすすめプラチナカードランキン...
2021.11.16

ポイント還元率が高いクレジットカード10選の比較一覧とおすすめランキング

日々の支払いなどでクレジットカード決済が増え、これまでより重要度が増しているポイント還元率。日々の買い物や公共料金の支払いを高い還元率のクレジットカードにまとめるだけで、年間で数万円以上もお得になる可能性もあります。 一...
2021.12.09