ネット銀行おすすめ人気ランキング~金利や振込手数料を一覧で比較【2021年最新】
最終更新日:2021.12.13

ネット銀行おすすめ人気ランキング~金利や振込手数料を一覧で比較【2021年最新】


ネット上だけで口座開設や取引でき、対面型の銀行と比較して金利や手数料などがお得で人気のネット銀行。その独自のメリットや手軽さにひかれて利用する方も増えています。

しかしネット銀行は全20社以上あり、どの会社が自分におすすめかわからない方も多いでしょう。ネット銀行は普通預金・定期預金の金利、入出金・ATM手数料の金額・無料回数など各社それぞれのメリットがあるため、それぞれ比較した上で自分にぴったりの1社を選ぶ必要があります

そこで当ページでは、ネット銀行を選ぶ際の比較ポイントを解説した後、各社の特色や強みを踏まえたおすすめランキングを紹介します。最後までお読みいただくことで、あなたに最もおすすめのネット銀行を選ぶことができるでしょう。


この記事を書いた人
伊東 玲那
HonNe編集部メンバー
新卒で埼玉りそな銀行に入社。銀行員時代は個人資産家の運用相談や経営者の相続相談など、幅広く金融相談業務に携わる。顧客のお金に関する悩みをや不安を解決したいとの思いから、国家資格であるFP1級を取得。 銀行員時代に得た金融知識を活かし、1人でも多くの方に役立つ情報を届けるべく、現在HonNe金融ジャンルの執筆を担当。
>>詳しいプロフィールはこちら

Contents

ネット銀行とは?メガバンクなど対面型との違いやメリット・デメリット

ネット銀行とは?メガバンクなど対面型との違いやメリット・デメリット ネット銀行とは「インターネット専業銀行」の略で、インターネットを使った取引を中心として営業する銀行の総称です。銀行法では、主に預金を原資として貸出をする「普通銀行」に分類されます。ここではそんなネット銀行の特徴を知るため、対面型の銀行と比較したメリット・デメリットを解説します。

預金金利が高い点やATMの入出金・振込手数料を抑えられるのがネット銀行のメリット

まずは、ネット銀行のメリットについて見ていきます。メガバンクやその他対面の店舗を持つ銀行と比較した、ネット銀行を利用するメリットは以下の4つです。

  • 普通預金・定期預金の金利が高めに設定されている
  • ATMでの入金や出金手数料が無料か安く設定されている
  • 振込手数料無料か安く設定されている
  • 口座開設や振込手続きなどがネット上で完了する

ネット銀行の大きなメリットとしては、普通預金・定期預金共に高い金利で貯金できること。さらに、ATMでの入金や出金手数料・振込手数料などの各種手数料が対面型の銀行と比較して安いこともおすすめの理由です。また口座開設や振込がネット上で完結する点も、平日銀行に行けない社会人や学生から人気の理由となっています。

普通預金や定期預金の金利が歴史的にも低いと言われる今だからこそ、「少しで高い金利で貯金したい」「手数料を抑えたい」という方にネット銀行はおすすめです。

店舗がなく、口座開設目的によっては不便になるのがデメリット

次にネット銀行のデメリット・注意点を見ていきます。主なデメリットは以下の2点です。

  • 店舗がなく、手続きやサービスなどの問い合わせは電話かメールで対応
  • 利用目的や生活スタイルによっては不便になる可能性がある

店舗がなく、手続きやサービスなどの問い合わせは電話かメールで対応

ネット銀行は対面型の銀行と違い、店舗がない会社が多い点は注意が必要。銀行窓口がない場合、手続きやサービスなどの不明点を電話かメールで問い合わせる必要があります。対面ならすぐ解決できることも電話やメールでは時間がかかってしまうことがある点は、ネット銀行のデメリットです。

利用目的や生活スタイルによっては不便になる可能性がある

ネット銀行は手数料の金額や、手数料が発生する条件、利用可能なATMなどがサービスによって様々。そのため利用目的や生活スタイルによっては不便に感じる場合があります。

あおぞら銀行を例に具体的に説明します。あおぞら銀行が使える提携ATMは、ゆうちょ銀行・セブンATMの2種類。自宅の近くや普段の生活動線・通勤動線に、どちらかのATMが無い場合は、ATM利用のためだけに遠出する事になりかねません。他にも、銀行によっては給与の振込口座や公共料金などの引落口座に指定できない場合もあります。

そのためネット銀行を選ぶ際は、まず自分の生活スタイルや目的をしっかりと認識した上で各ネット銀行の特徴やメリットを比較・確認することが重要です。

家賃など毎月決まった振込が発生する場合、月の手数料無料回数が設定されているネット銀行や、特定の銀行への手数料が無料になるネット銀行を選ぶのがおすすめ。他にもコンビニATMでの現金引き出しが多い方や、夜間などの手数料が高い時間の利用が多い方であれば、それぞれの手数料が無料か安いネット銀行を選ぶようにしましょう。
ネット銀行には金利や手数料などのメリットがある反面、デメリットもあります。自分にあったネット銀行を選ぶには、数あるネット銀行の特徴やメリットを比較することが重要です。そこで次章ではネット銀行を選ぶ際に比較すべきポイントについて見ていきます。

初心者でも安心!ネット銀行を選ぶ方法・比較ポイントを解説

初心者でも安心!ネット銀行を選ぶ方法・比較ポイントを解説 では、実際にネット銀行を選ぶにはどのようなポイントを押さえるべきなのでしょうか。ここでは初心者の方でも安心してネット銀行を選べる方法を知ってもらうべく、選ぶ際の主な比較ポイントについて解説します。主な比較ポイントは以下の5点です。

  • 普通預金の金利
  • ATMの入出金手数料や振込手数料の金額・無料回数
  • 口座開設の早さ
  • 証券口座との連携
  • その他のサービス

貯金に重要な普通預金・定期預金の金利

比較ポイントの1つ目は、貯金をする際に重要な普通預金・定期預金金利です。当然、金利がより高いネット銀行がおすすめ。ネット銀行における普通預金の金利は平均で0.001%~0.02%ほど、定期預金の金利は平均で0.01%~0.05%ほどとなっているため、それ以上の金利で預金できる会社を選ぶことをおすすめします。

ただし、ネット銀行によっては「0.0.1%~0.2%」などと金利に幅があり、比較が難しい場合もあるので注意が必要。条件によって金利が変動するため、口座開設前に公式サイトで条件を事前確認することをおすすめします。
あおぞら銀行の普通預金金利は0.2%、定期預金金利も0.15%~0.2%と、平均と比較しても高いため金利面では最もおすすめのネット銀行です。SBJ銀行も普通預金金利の最大は0.2%、定期預金金利の最大は0.25%と比較的高い水準。しかし、あおぞら銀行の普通預金金利は条件なしで0.2%固定となるため、金利を重視して選びたい方はあおぞら銀行が最もおすすめです。

ATMの入出金手数料や振込手数料の金額・無料回数

ネット銀行を選ぶための比較ポイント2つ目は、ATM手数料や振込手数料の金額・無料で利用できる回数。手数料金額や無料の回数は、ネット銀行によって大きく異なるポイントです。ATM手数料・振込手数料とそれぞれ分けて見ていきましょう。

ATMの入出金手数料の金額と無料回数

ネット銀行のATM手数料は入金・出金共に110円の会社が最も多いです。もちろん会社によって、110円より高かったり、入金は無料だったりという場合もあります。また、ATM手数料の無料回数もネット銀行によって様々。最大で無制限の銀行もあれば、数回程度に限定されている銀行もあります。各社の手数料金額や無料回数の条件などをしっかりと確認し、ネット銀行を選ぶことが重要です。
ATM手数料の無料回数については、SBJ銀行が10回、東京スター銀行が8回、ソニー銀行が4回~無制限となっています。現金引き出しや入金の回数が比較的多い方は、SBJ銀行・東京スター銀行・ソニー銀行の3社がおすすめです。

振込手数料の金額と無料回数

ネット銀行の振込手数料は最も安い会社で157円となっており、3万円未満の振込で176円~220円、3万円以上で220円~440円という会社がほとんどです。ATMの入出金と同じく、振込手数料の無料回数も銀行によって異なるため、振込回数が比較的多い方は無料回数と手数料のどちらも比較して選ぶことをおすすめします。
ATM手数料と違い、振込手数料の無料回数が無制限のネット銀行はありません。そんな中でも特に無料の回数が多いのが、SBJ銀行(7回)・ソニー銀行(最大11回)・住信SBIネット銀行(最大15回)の3社。振込手数料の無料回数を重視してネット銀行を選びたい方は、ぜひ口座開設先を選ぶ際のご参考にしてみてください。

早い日数で口座開設ができるか

とにかく1日でも早くネット銀行を利用したい場合は、口座開設にかかる日数も比較のポイント。口座開設までの期間は1週間程度のネット銀行が比較的多くみられます。最も短期間となるのは、GMOあおぞらネット銀行の4日~7日です。期間が長いと2週間~3週間かかる場合もあるため、なるべく早くネット銀行を利用したい方は、どれだけ早く口座開設できるかも確認しておきましょう。

投資をする方は証券口座と連携ができるネット銀行がおすすめ

投資のために証券口座を利用している、または投資用の証券口座もあわせて開設したい方はネット銀行と証券口座との連携の有無の確認も重要です。基本的には別々の会社でネット銀行口座と証券口座を開設しても問題はありません。しかし同一グループ内で開設することで両口座を連携させることができ、手数料や金利面での優遇措置、スムーズな入出金、まとめて資金管理ができるといった様々なメリットがあります。

手数料負担や資金管理の手間などを軽減したい場合は、ネット銀行と証券口座が連携しているサービスを選ぶのがおすすめです。

その他の比較ポイント~利用可能ATMやセキュリティ、優遇サービス・キャンペーンについて

これまでの内容以外にも、優遇サービスや利用可能ATM、セキュリティなど人によっては重視したい比較ポイントがあるかもしれません。ここではその他の比較ポイントとして、事前に確認しておきたい3点についてご紹介します。

ネット銀行が提携している利用可能ATM

事前に確認しておきたいのが、ネット銀行が提携しているATMです。ネット銀行によっては利用可能なATMがかなり限定的な場合もあります。特に主婦の方など、自分の生活動線上に提携ATMが無い場合は不便になる可能性も。口座開設しようとしているネット銀行がどのATMと提携しているのかは事前に確認しておきましょう。

銀行口座のセキュリティ対策

セキュリティ対策も確認ポイントの1つとしてあげられます。ネット銀行に限らず、口座のセキュリティ対策は財産や資産を守るために大事な要素。最近では入力が簡単なワンタイムパスワードが主流となっていますが、生体認証などを使ったセキュリティ対策など、多くのネット銀行がセキュリティ対策に力を入れています。口座開設前に各金融機関のセキュリティ対策が万全かについても確認することをおすすめします。

預金金利などの優遇サービスやキャンペーン

ネット銀行によって、様々な優遇サービスやキャンペーンが用意されています。具体的には新規口座開設で特別金利がつく金利優遇サービスや、キャッシュバックキャンペーンなどがあります。期間限定で行われている場合もあるため、キャンペーン開催中のネット銀行で口座開設を検討するのもおすすめです。

人気ネット銀行の比較一覧とおすすめ総合ランキング【2021年12月最新】

人気ネット銀行の比較一覧とおすすめ総合ランキング これまでお伝えした比較ポイントを踏まえ、実際に人気のネット銀行を一覧で比較していきます。その後に、おすすめのネット銀行をランキング形式で紹介しますので、口座開設を検討されている方はぜひご覧ください。

口座開設に人気のネット銀行比較一覧表

※縦・横スクロールできます
ネット銀行 普通預金金利 定期預金金利 ATM入出金手数料の
無料回数
振込手数料の
無料回数
ATM入出金手数料 振込手数料 優遇サービスの内容 最短の
口座開設日
おすすめNo.1
あおぞら銀行
0.2% 0.15%~0.2% 0回 0回〜3回 入金: 0円
出金:110円
3万円未満:157円
3万円以上:157円
ATM入出金の無料回数、振込手数料の無料回数 10日
おすすめNo.2
SBJ銀行
0.02%~0.2% 0.03%~0.25% 10回 7回 入金: 110円
出金:110円
3万円未満:220円
3万円以上:220円
金利、ATM入出金の無料回数、振込手数料の無料回数、 外貨送金の無料回数 14日
おすすめNo.3
ソニー銀行
0.001% 0.01%~0.13% 4回〜無制限 1回〜11回 入金:0円
出金:110円
3万円未満:110円
3万円以上:110円
金利、ATM入出金の無料回数、振込手数料の無料回数、各種カードのキャッシュバック率優遇
海外ATM手数料の無料回数、外貨送金の無料回数、為替コスト
10日
auじぶん銀行 0.001%~0.1% 0.03%~0.5% 0回〜11回 0回〜15回 入金: 220円
出金:220円
3万円未満:178円
3万円以上:283円
ATM入出金無料回数、振込手数料の無料回数 7日~14日
楽天銀行 0.02%~0.1% 0.02%~0.1% 0回〜7回 0回〜3回 入金: 275円
出金:275円
3万円未満:168円
3万円以上:262円
ATM入出金無料回数、振込手数料の無料回数、楽天ポイント還元率 7日
住信SBIネット銀行 0.001%~0.01% 0.02%~0.02% 2回〜15回 1回〜15回 入金: 0円
出金:110円
3万円未満:157円
3万円以上:157円
ATM入出金無料回数、振込手数料の無料回数 7日~10日
東京スター銀行 0.001%~0.1% 0.015%~0.25% 8回 3回 入金:0円
出金:110円
5万円未満:330円
5万円以上:330円
金利、ATM入出金無料回数、振込手数料の無料回数、外貨送金の無料回数 7日
イオン銀行 0.001%~0.1% 0.01% 0回〜5回 0回〜5回 入金: 110円
出金:110円
3万円未満:220円
3万円以上:220円
金利、ATM入出金無料回数、振込手数料の無料回数 7日~14日
PayPay銀行 0.001% 0.02%~0.03% 1回〜無制限 0回〜5回 入金: 330円
出金:330円
3万円未満:176円
3万円以上:275円
ATM入出金無料回数、振込手数料の無料回数 7日
GMO
あおぞらネット銀行
0.001%~0.11% 0.02%~0.03% 2回〜15回 1回〜15回 入金: 0円
出金:110円
3万円未満:157円
3万円以上:157円
ATM入出金無料回数、振込手数料の無料回数、各種カードのキャッシュバック率 4日~7日
セブン銀行 0.001% 0.01% 0回 0回 入金: 110円
出金:220円
3万円未満:220円
3万円以上:220円
7日
大和ネクスト銀行 0.005% 0.05% 0回 3回 入出金は全て振込 3万円未満:220円
3万円以上:220円
7日
ローソン銀行 0.001%~0.15% 0.03% 無制限(自行ATMのみ) 0回 入金: 0円
出金:0円
3万円未満:220円
3万円以上:220円
7日~10日
三菱UFJ銀行 0.001% 0.002% 0回〜3回 0回〜3回 入金: 220円
出金:220円
3万円未満:220円
3万円以上:330円
ATM入出金無料回数、振込手数料の無料回数 7日~10日
三井住友銀行 0.001% 0.002% 0回〜3回 0回 入金:110円
出金:110円
3万円未満:220円
3万円以上:440円
ATM入出金無料回数、金利 7日~10日
みずほ銀行 0.001% 0.002% 0回〜3回 0回〜3回 入金: 110円
出金:110円
3万円未満:220円
3万円以上:440円
ATM入出金無料回数、金利、振込手数料の無料回数 21日
りそな銀行 0.001% 0.002% 0回〜3回 0回〜3回 入金: 110円
出金:110円
3万円未満:220円
3万円以上:220円
ATM入出金無料回数、振込手数料の無料回数 14日
新生銀行 0.001%~0.003% 0.01%~0.02% 0回〜無制限 1回〜10回 入金: 0円
出金:110円
3万円未満:314円
3万円以上:314円
金利、ATM入出金無料回数、振込手数料の無料回数、外貨送金の無料回数 7日
オリックス銀行 0.01% 0.06~0.25% 0回 2回 入出金は全て振込 3万円未満:440円
3万円以上:440円
7日~10日
ゆうちょ銀行 0.001% 0.002% 0回 0回 入金: 110円
出金:110円
5万円未満:220円
5万円以上:440円
14日

1位 あおぞら銀行

あおぞら銀行のロゴ
あおぞら銀行
普通預金金利 0.2%
定期預金金利 0.15%~0.2%
ATM入出金手数料 入金: 0円
出金:110円
ATM入出金手数料の
無料回数
0回
(ゆうちょ銀行ATMなら常に無料)
振込手数料 3万円未満:157円
3万円以上:157円
振込手数料の
無料回数
0回〜3回
優遇サービス 振込手数料の無料回数
キャンペーン 給与振込口座に指定で現金1,000円プレゼント
最短の口座開設日 10日
入出金のできる提携ATM ゆうちょ銀行、セブンATM
取扱金融商品 キャッシュカード、デビットカード、投資信託
セキュリティ
対策
ワンタイムパスワード、合言葉認証、ソフトウェアキーボード、自動ログアウト
対応
キャッシュレス決済
メルペイ

あおぞら銀行がおすすめな理由
  • 普通預金の金利が高い(0.2%)
  • 定期預金の金利が高い(0.15%~0.2%)
  • ATM入出金手数料・振込手数料が安い
ネット銀行の総合おすすめランキング1位はあおぞら銀行です。

他のネット銀行と比較しても普通預金金利・定期預金金利ともに高い水準で、日常用としても貯蓄用としてもお得に使える点がおすすめする最大の理由です。加えてATMの入出金手数料や振込手数料も安く、普段から出入金や振込が多い方でも手数料を抑えて利用できるのもメリット。

デメリットとしては、利用可能な提携ATMがゆうちょ銀行とセブンATMの2種類のみという点があります。ただ、どちらのATMも全国的に使われており比較的見つけやすいATMですので、提携ATMの種類の少なさも特に問題にはならないでしょう。

貯金を考えてネットバンクを選ぶ場合、ほぼ一択になるほどの金利水準であること、そして日常用としても手数料が安く利用できることを考えると、総合的に最もおすすめできるのがあおぞら銀行です。

あおぞら銀行の公式サイトはこちら

2位 SBJ銀行

SBJ銀行のロゴ
SBJ銀行
普通預金金利 0.02%~0.2%
定期預金金利 0.03%~0.25%
ATM手数料 入金: 110円
出金:110円
ATM入出金手数料の
無料回数
10回
振込手数料 3万円未満:220円
3万円以上:220円
振込手数料の
無料回数
7回
優遇サービス 金利、ATM入出金手数料の無料回数、
振込手数料の無料回数、外貨送金の無料回数
キャンペーン
最短の口座開設日 14日
入出金のできる提携ATM みずほ銀行、ゆうちょ銀行、セブンATM、イーネットATM、イオンATM
取扱金融商品 キャッシュカード、クレジットカード、住宅ローン、
カードローン、自動車ローン、外貨預金
セキュリティ
対策
トークン
対応
キャッシュレス決済
LINEPay、J-Coin Pay、メルペイ

SBJ銀行がおすすめな理由
  • 普通預金の金利が高い(0.02%~0.2%)
  • 定期預金の金利が高い(0.03%~0.25%)
  • 手数料の無料回数が多い
  • 提携ATMが比較的多い
おすすめ総合ランキング2位はSBJ銀行です。SBJ銀行は、あおぞら銀行に次ぐ預金金利の高さ。さらにATM入出金手数料が10回、振込手数料が7回と、他のネット銀行と比較してATM入出金手数料・振込手数料の無料回数が多いのがおすすめ理由です。

入出金や振込の手数料自体も安いため、無料回数を超えてしまっても安心。また提携ATMも比較的多く、みずほ銀行やゆうちょ銀行を始めとした5種類のATMで利用できるのもメリットの1つです。

SBJ銀行は普段からATMの利用が多い方で、高い水準の金利も確保したい方におすすめのネット銀行と言えます。

SBJ銀行の公式サイトはこちら

3位 ソニー銀行

ソニー銀行のロゴ
ソニー銀行
普通預金金利 0.001%
定期預金金利 0.01%~0.13%
ATM入出金手数料 入金:0円
出金:110円
ATM入出金手数料の
無料回数
4回(※1)/無制限(※2)
振込手数料 3万円未満:110円
3万円以上:110円
振込手数料の
無料回数
1回〜11回(※3)
優遇サービス 金利、ATMの無料回数、振込手数料の無料回数、各種カードのキャッシュバック率、海外ATM手数料の無料回数、外貨送金の無料回数、為替コスト
キャンペーン
最短の口座開設日 10日
入出金のできる提携ATM 三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、
セブンATM、イーネットATM、ローソンATM、イオンATM
取扱金融商品 キャッシュカード、クレジットカード、デビットカード、
住宅ローン、カードローン、外貨預金、仕組預金、保険、投資信託
セキュリティ対策 ログイン認証、トークン、ソフトウェアキーボード、
自動ログアウト、スマートフォン認証、合言葉認証
対応
キャッシュレス決済
PayPay、LINEPay、d払い、メルペイ
※1.出金・カードローンの借入を合わせた利用回数が月4回まで無料
※2.優遇プログラム Club S プラチナで無制限無料
※3.振込手数料は毎月1回目は無料。Sony Bank WALLETをお持ちの方は毎月2回目まで無料。優遇プログラム Club Sの対象の方は、ステージに応じてお振り込み手数料が最大で11回無料。

ソニー銀行がおすすめな理由
  • 手数料が安い
  • 手数料の無料回数が多い
  • 対応ATMが豊富
総合ランキング3位はソニー銀行ソニー銀行は手数料の安さ、手数料の無料回数の多さに特徴があるおすすめのネット銀行です。条件次第にはなりますがATM手数料は最大無制限、振込手数料も最大11回までと無料回数の多さは魅力で、手数料そのものも入金0円というのは嬉しいポイントでしょう。

またソニー銀行は、あおぞら銀行・SBJ銀行と比較して提携ATMが多いのも特徴。三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、セブンATM、イーネットATM、ローソンATM、イオンATMと主要なATMが揃っており、ほとんどの場合生活圏内にATMがあるという点も大きなメリットです。

金利面では上位2行に劣りますが、提携ATMが多いネット銀行を選びたい方にソニー銀行はおすすめです。

ソニー銀行の公式サイトはこちら

用途・目的別で比較した人気のネット銀行おすすめランキング

用途・目的別で比較した人気のネット銀行おすすめランキング 様々な比較ポイントがあるネット銀行ですが、最後に用途や目的別の「2021年最新おすすめネット銀行」をランキング形式で紹介します。自分のスタイルや用途と照らし合わせて、最もお得なネット銀行を選ぶ参考にしてください。

普通預金・定期預金の金利が高いネット銀行比較ランキング

ネット銀行 普通預金金利 定期預金金利
第1位
あおぞら銀行
0.2% 0.15%~0.2%
第2位
SBJ銀行
0.02%~0.2% 0.03%~0.25%
第3位
auじぶん銀行
0.001%~0.1% 0.03%~0.5%
楽天銀行 0.02%~0.1% 0.02%~0.1%
東京スター銀行 0.001~0.1% 0.015%~0.25%

以降のランキング

ネット銀行 普通預金金利 定期預金金利
オリックス銀行 0.001% 0.06%~0.25%
ローソン銀行 0.001%~0.15% 0.03%
ソニー銀行 0.001% 0.01%~0.13%
GMOあおぞらネット銀行 0.001%~0.11% 0.02%~0.03%
イオン銀行 0.001%~0.1% 0.01%
住信SBIネット銀行 0.001%~0.01% 0.02%
PayPay銀行 0.001% 0.02%~0.03%
新生銀行 0.001%~0.003% 0.01%~0.02%
大和ネクスト銀行 0.005% 0.05%
セブン銀行 0.001% 0.01%
三菱UFJ銀行 0.001% 0.002%
ゆうちょ銀行 0.001% 0.002%
三井住友銀行 0.001% 0.002%
みずほ銀行 0.001% 0.002%
りそな銀行 0.001% 0.002%
2021年12月現在、普通預金・定期預金いずれの金利もあおぞら銀行が最も高い水準となっています。2位のSBJ銀行も最大値ではあおぞら銀行より高い水準ですが、上下幅があるため安定的に高い金利で貯金したい方はあおぞら銀行がおすすめです。

3位のauじぶん銀行は、定期預金の最大金利が全ネット銀行の中で最も高い水準。しばらく使わない資金を定期預金として預けたい方に特におすすめのネット銀行となっています。

>>ネット銀行のおすすめランキングへ戻る

ATM入出金・振込手数料が安いネット銀行おすすめランキング

ネット銀行 ATM手数料 振込手数料
第1位
ソニー銀行
入金: 0円 出金:110円 3万円未満:110円 3万円以上:110円
第2位
あおぞら銀行
入金: 0円 出金:110円 3万円未満:157円 3万円以上:157円
第2位
住信SBIネット銀行
入金: 0円 出金:110円 3万円未満:157円 3万円以上:157円
第2位
GMOあおぞらネット銀行
入金: 0円 出金:110円 3万円未満:157円 3万円以上:157円
SBJ銀行 入金: 110円 出金:110円 3万円未満:220円 3万円以上:220円
イオン銀行 入金: 110円 出金:110円 3万円未満:220円 3万円以上:220円

以降のランキング

ネット銀行 ATM手数料 振込手数料
新生銀行 入金: 0円 出金:110円 3万円未満:314円 3万円以上:314円
東京スター銀行 入金: 0円 出金:110円 5万円未満:330円 5万円以上:330円
りそな銀行 入金: 110円 出金:110円 3万円未満:220円 3万円以上:220円
セブン銀行 入金: 110円 出金:220円 3万円未満:220円 3万円以上:220円
auじぶん銀行 入金: 220円 出金:220円 3万円未満:178円 3万円以上:283円
楽天銀行 入金: 275円 出金:275円 3万円未満:168円 3万円以上:262円
ゆうちょ銀行 入金: 110円 出金:110円 5万円未満:220円 5万円以上:440円
三井住友銀行 入金: 110円 出金:110円 3万円未満:220円 3万円以上:440円
みずほ銀行 入金: 110円 出金:110円 3万円未満:220円 3万円以上:440円
三菱UFJ銀行 入金: 220円 出金:220円 3万円未満:220円 3万円以上:330円
PayPay銀行 入金: 330円 出金:330円 3万円未満:176円 3万円以上:275円
ローソン銀行 入金: 0円 出金:0円
※ローソンATMのみ対応
3万円未満:220円 3万円以上:220円
大和ネクスト銀行 入出金は全て振込 3万円未満:220円 3万円以上:220円
オリックス銀行 入出金は全て振込 3万円未満:440円 3万円以上:440円

手数料に関しては入金・出金・振込の3軸で比較しました。手数料が安いネット銀行ランキングでは、1位がソニー銀行という結果に。入金は無料で、出金・振込手数料も業界最安のネット銀行です。2位は、なんと3行が同じ手数料となりました。特にあおぞら銀行は金利ランキングでも1位で、貯蓄用・日常用とどちらでもお得に使えるネット銀行としておすすめです。

ちなみに手数料の金額だけを比較すると、ローソン銀行は入金・出金共に0円、振込手数料が220円と最安。ただし提携ATMがローソンATMのみと限定的なため、ランキング外となりました。

結果的に、ネット銀行を手数料で選びたい方には、ソニー銀行が最もおすすめといえます。

>>ネット銀行のおすすめランキングへ戻る

入出金や振込手数料無料の回数が多いネット銀行ランキング

ネット銀行 ATM手数料が
無料の回数(1ヶ月)
振込手数料が
無料の回数(1ヶ月)
第1位
SBJ銀行
10回 7回
第2位
東京スター銀行
8回 3回
第3位
ソニー銀行
4回〜無制限 1回〜11回
住信SBIネット銀行 2回〜15回 1回〜15回
GMOあおぞらネット銀行 2回〜15回 1回〜15回

以降のランキング

ネット銀行 ATM入出金手数料が無料の回数(1ヶ月) 振込手数料が無料の回数(1ヶ月)
新生銀行 0回〜無制限 1回〜10回
PayPay銀行 1回〜無制限 0回〜5回
auじぶん銀行 0回〜11回 0回〜15回
楽天銀行 0回〜7回 0回〜3回
イオン銀行 0回〜5回 0回〜5回
三菱UFJ銀行 0回〜3回 0回〜3回
みずほ銀行 0回〜3回 0回〜3回
りそな銀行 0回〜3回 0回〜3回
大和ネクスト銀行 0回 3回
あおぞら銀行 0回 0回〜3回
三井住友銀行 0回〜3回 0回
オリックス銀行 0回 2回
ローソン銀行 無制限(自行ATMのみ利用可能) 0回
セブン銀行 0回 0回
ゆうちょ銀行 0回 0回

ATMでの入出金や振込の回数が多くない方におすすめなのが、手数料無料の回数が多いネット銀行です。場合によっては、1ヶ月で1回も手数料を支払わないで済むこともあり得るため、非常にお得なネット銀行となっています。

そんな手数料無料の回数が多いお得なネット銀行ランキング1位は、SBJ銀行です。SBJ銀行なら、入出金手数料が月10回まで無料。振込手数料も7回まで無料となっています。約3日に1回以下のペースでしか入出金・振込を行わない方であれば1ヶ月でかかる手数料は0円となる、非常におすすめのネット銀行です。

他にもソニー銀行はATM入出金手数料が最大無制限で無料となります。ただし無制限となる条件は、外貨預金・投資信託などの運用資産残高が1,000万円以上などハードルが高いので注意が必要。そのため当サイトでは、条件なしで無料回数が多いSBJ銀行をおすすめします。

>>ネット銀行のおすすめランキングへ戻る

最短4日!口座開設までの期間が短いネット銀行

ネット銀行 口座開設までの日数目安
第1位
GMOあおぞらネット銀行
4日~7日
第2位
楽天銀行
7日
第3位
東京スター銀行
7日
PayPay銀行 7日
セブン銀行 7日
大和ネクスト銀行 7日
新生銀行 7日

以降のランキング

ネット銀行 口座開設までの日数目安
住信SBIネット銀行 7日~10日
ローソン銀行 7日~10日
オリックス銀行 7日~10日
三菱UFJ銀行 7日~10日
三井住友銀行 7日~10日
auじぶん銀行 7日~14日
イオン銀行 7日~14日
あおぞら銀行 10日
ソニー銀行 10日
SBJ銀行 14日
りそな銀行 14日
ゆうちょ銀行 14日
みずほ銀行 21日

口座開設までの早さはGMOあおぞらネット銀行が最も早く、最短4日で開設可能です。それ以外の会社では、7日~10日ほどで開設できるネット銀行が多く、約1週間ほどが一般的な水準といえます。

とにかくスピード重視で口座開設したいのであれば、GMOあおぞらネット銀行がおすすめ。しかしネット銀行を選ぶにあたって、金利や手数料など他にも重視したいポイントがある方もいらっしゃるでしょう。

2位以降の楽天銀行などでも最短7日で口座開設が可能となっていることを考えると、余裕をもってネット銀行の口座を開設することを前提に金利など他のポイントも比較して選ぶことをおすすめします。

>>ネット銀行のおすすめランキングへ戻る

投資する方におすすめの証券口座と連携できる会社3選

ネット銀行 提携ネット証券
楽天銀行 楽天証券
GMOあおぞらネット銀行 GMOクリック証券
住信SBIネット銀行 SBI証券

最後にご紹介するのが、株式や投資信託へ投資をされる方におすすめの証券口座と連携できるネット銀行です。ネット証券と連携できるネット銀行は、楽天銀行・GMOあおぞらネット銀行・住信SBIネット銀行の3社。証券口座と連携することで、金利やポイントなどの優遇サービスを受けられるメリットがあります。

特に楽天銀行とGMOあおぞらネット銀行は、証券口座との連携で預金金利が上がるため、より効率よく資金の運用が可能。また、楽天銀行なら取引に応じてポイントがもらえるという他社にはない特典もあり非常にお得となっています。ネット証券と提携できるネット銀行に関しては、高い預金金利で貯金ができ、証券取引額に応じてポイントまでもらえる楽天銀行が最もおすすめです。

>>ネット銀行のおすすめランキングへ戻る

まとめ

まとめ 以上、ネット銀行の特徴や強みを踏まえたおすすめやランキングの紹介でした。

ネット銀行では金利の高さや手数料の安さが全体的な特徴となっており、初心者や学生の方でも安心、お得に使えるネット銀行が多くなっています。また証券口座との連携により、投資や貯蓄目的でも運用できるという幅の広さも大きなメリットです。

インターネットの普及により様々な選択肢を選べるようになった今、自分に用途や生活スタイルに適したネット銀行を見つけ、お得にお金を管理・運用してみてはいかがでしょうか。


ネット証券会社のおすすめランキングへ戻る

当ページ利用上のご注意
  1. 当ページで掲載している情報は、各金融機関の公表している情報を元に作成しておりますが、情報の更新等により閲覧時点で最新情報と異なる場合があり、正確性や安全性を保証するものではありません。各種商品に関する最新の情報やキャンペーンについての詳細は公式サイトをご確認ください。
  2. 当ページで掲載している情報は、公表されている公式サイトを参考に作成しております。より正確な情報は各金融機関の公式サイトをご確認ください。
PICKUP
CONTENTS

ネット銀行おすすめ人気ランキング~金利や振込手数料を一覧で比較【2021年最新】

ネット上だけで口座開設や取引でき、対面型の銀行と比較して金利や手数料などがお得で人気のネット銀行。その独自のメリットや手軽さにひかれて利用する方も増えています。 しかしネット銀行は全20社以上あり、どの会社が自分におすす...
2021.10.27