エリア別のおすすめのガス会社を紹介
最終更新日:2021.10.20

エリア別でおすすめのガス会社を最新比較ランキングでご紹介


このページでは、ガス会社を選ぶ際の比較ポイントと、全国25社の中から厳選したおすすめのガス会社をエリア別にランキング形式で紹介しています。

2017年のガス自由化以降、様々な会社がガスの販売を開始しました。その数なんと80社以上。各社の料金プランが違うのはもちろん、電気とのセット割引などプランが複雑化しており、ガス会社の選び方に悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、ガス会社の選び方はいたってシンプル。3つのポイントを比較することで、あなたにおすすめのガス会社を簡単に選ぶことができます。

そこで今回は、ガス会社の比較ポイントからエリアごとの料金ランキング、そしておすすめの会社を解説します。「ガス料金を少しでも安く抑えたい」「今のガス会社のままでいいのか不安…」という方は、ぜひ最後までご覧ください。

今すぐ料金が安いおすすめの
ガス会社を確認したい方はこちら

Contents

おすすめのガス会社紹介の前に!そもそもガス自由化とは?

ガス自由化について解説 おすすめのガス会社を紹介する前に、まずはガス自由化によって何が変わったのかを簡単に解説します。自分に合ったおすすめのガス会社を選ぶための基礎知識となる部分ですので、是非ご確認ください。

ガス自由化とは?

ガス自由化とは、エネルギー革命という国策の1つで、これによりどの企業でも都市ガスを自由に販売できるようになりました。

ガス自由化前までは、地域ごとに大手のガス会社(東京ガス、大阪ガス、東邦ガス)が、ガスの独占販売をしていました。今では、ガス自由化により独占販売が解除され、複数の企業がガスを販売することや、地域をまたいで販売することが許可されています。新しくガスの販売を始めた会社は、電力会社や石油会社など様々です。

ガス自由化により、各社の料金やサービスの中から自分に合ったガス会社を選択し、自由に契約・乗り換えができるようになっています。

ガス自由化後もガスの質や緊急時の問題はない

「安いガス会社にしたら、ガスが止まった…」など、ガス会社を切り替えた結果、不具合が生じるのは困りますよね。

しかし、心配は不要です。ガス会社を切り替えてもガスの質やガス漏れなどの緊急時の対応に差はありません。なぜなら、ガスの供給や導管のメンテナンスは全て「ガス事業法」のもと、一般ガス導管事業者が管理をしているため。

ガス自由化で変わったのは、製造から販売・供給までの会社の仕組みだけです。ガスの質はどの会社でも違いはないため、安心してガス会社の切り替えができます。ガス自由化前後の詳しい違いは、下記表をご覧ください。

ガス
自由化前
ガスの輸入・製造から小売販売まで一貫して1つの会社が行っていた
ガス
自由化後
・既存のガス会社は、ガス製造事業者(製造)一般ガス導管事業者(管理)ガス小売事業者(販売)の3つに切り離して事業を行うことが義務付けられた
・新規参入のガス会社は、ガスの販売のみ許可されている

ここまでのまとめ
  • ガス自由化によって、自分に合ったガス会社を選び、自由に契約・乗り換えできるようになった
  • ガス会社を切り替えても、ガスの質や緊急時の対応に影響はない


ガス自由化により、私たちはガス会社を自由に選べるようになりました。ただし、ガス会社ごとに、ガスの種類・エリアが異なるため、契約できるガス会社も限られる点は注意が必要です。おすすめのガス会社を確認する前に、契約可能なガス会社を選ぶ際の注意点を確認していきましょう。

新規契約・切り替えをする際の注意点

会社を選ぶ際の注意点を紹介 ガス自由化になったからといって、全員が全てのガス会社を選べるわけではありません。せっかく気になるガス会社を見つけても「申し込めない…」とならないように、2つの注意点を確認していきましょう。

確認ポイント
  • ガスの種類:プロパンガス(LPガス)ではなく、都市ガスであるか
  • お住まいの地域:ガス会社を10社以上から自由に選べる地域は、関東・関西・中部のみ
    ※北海道・九州(福岡県)もガス会社を選べますが、ガス会社の数は多くありません

ガスの種類がプロパンガス(LPガス)ではなく都市ガスであるか

まず1つ目の確認ポイントは、ガスの種類です。「都市ガス」と「プロパンガス(LPガス)」のうち、ガス自由化の対象となったのは「都市ガス」のみ。プロパンガスは元々自由料金制での販売だったため、ガス自由化によるメリットはありません。つまり、ガス会社をお得に乗り換えるためには、都市ガスを利用していることが前提となります。

もちろん、プロパンガスから都市ガスへの切り替えも可能ですが、ガスの種類が異なるため、ガス管の導入工事とガス機器の買い替えが必要です。プロパンガスから都市ガスへの切り替え費用は10万円~50万円ほど。そのため、プロパンガスから都市ガスへの切り替えはあまりおすすめしません。おすすめのガス会社を契約する際は、都市ガスであることをまずは確認しましょう。

今回は、ガス自由化によるメリットが大きい「都市ガス」を販売するおすすめのガス会社をエリアごとにランキング形式で紹介していきます。プロパンガスのガス会社の切り替えを検討されている方は、プロパンガス(LPガス)料金比較サイトでシミュレーションするのがおすすめです。

都市ガスとプロパンガス(LPガス)の見分け方
  • ガス会社との契約書を見る
  • マンションの管理会社に聞く
  • ガス警報機の位置を確認(天井付近:都市ガス、床付近:プロパンガス)
  • 建物の外にガスボンベがあるかないか(※)
    ※ガスボンベがあればプロパンガスですが、ガスボンベがないからと言って都市ガスとは言い切れません。そのため、ガスボンベがない場合は、他の見分け方と組み合わせての確認が必要です。

ガス会社を自由に選べる地域は限定されている

2つ目の確認ポイントは、お住まいの地域です。都市ガス対象地域でも、ガス会社を自由に選べる地域は関東、関西、中部、北海道、福岡と限られています。なかでも、北海道で都市ガスを扱っているガス会社は4社、福岡のガス会社は2社と限られています。

東北や中国・四国地方や九州のその他の県や沖縄県など、その他の地域でも都市ガスを利用することはできますが、都市ガスを扱っているガス会社は1社のみ。そのため自由にガス会社を選び、新規契約・切り替えをすることはできません。

当ページでは、関東・関西・中部エリアのおすすめガス会社をランキング形式でお伝えし、その後に北海道、福岡でのおすすめのガス会社をご紹介します。北海道、福岡にお住まいの方で、おすすめガス会社を今すぐ知りたい方は北海道、福岡のおすすめのガス会社をご覧ください。

<注意>
対象エリア(関東・関西・中部・北海道・福岡県)でも、都市ガス対象外の地域もあります。県庁所在地であれば、都市ガス対象エリアの可能性が高いですが、不安な方は各ガス会社の公式サイトでご確認ください。

ガス会社を選ぶための確認事項として、ガスの種類(都市ガスであるか)」「お住まいの地域がガス会社を選べるエリアかどうか(関東・関西・中部・北海道・福岡県であるかどうか)をお伝えしました。

ここまで確認できたら、次にガス会社の比較ポイントを確認していきます。エリアによっては、契約可能なガス会社は10社以上もあります。ご自身にあったおすすめのガス会社を選ぶにあたって、見るべきポイントを押さえた上で比較することが重要です。そのため、次章ではガス会社の比較ポイントを大きく3つに分けてご紹介します。

おすすめの都市ガス会社を選ぶための比較ポイント

おすすめの会社の選び方を3つの視点から解説します ここからは、実際におすすめの都市ガス会社を選ぶ際に比較しておきたいポイントをご紹介します。都市ガス会社を選ぶ際の比較ポイントは、以下の3つ。

ガス会社を選ぶ際の比較ポイント
  • ガスの月額料金
  • サポート力・ブランド力などの安心感
  • セット割などのお得感

それぞれの比較ポイントについて見ていきましょう。

最大の比較ポイント!ガス料金は安いかどうか

1つ目の比較ポイントは、ガス会社の料金です。ガス自由化による最大のメリットはガス料金が安くなることと言っても過言ではありません。そのため、ガス料金を比較し、安いガス会社での契約がおすすめ。

ただし、ガスの月額料金は「基本料金」だけではなく、ガス単価と使用量に応じて変化する「従量料金」の2種類あり、どちらも含めて比較する必要がある点は注意しましょう。

ガスの月額料金=
基本料金+従量料金
(ガス単価※×ガスの使用量)

※ガス単価はガスの原料とガス会社の輸送コストでガス単価の料金を調整する「原料費調整制度」を取り入れているため変動します。

どの都市ガス会社も、1ヶ月のガス使用量によって基本料金、ガス単価が変わるため、毎月どれくらいガスを使っているのかを把握した上で、料金を比較することがおすすめです。

ガス月額料金の平均金額と使用量について

お伝えした通り、ガスの月額料金は基本料金に加えて、従量料金があります。実際にどのように計算されているのか、ガスの平均金額と平均使用量を見ていきましょう。
※ガスの月額料金はガスの使用量に応じて変わります。可能であればお手元に契約中のガス会社の検針票をご準備することをおすすめします。

世帯別:ガスの平均金額と平均使用量(全国)
世帯別 平均金額 基本料金(※1) ガス単価(※2) ガス使用量(※3)
一人暮らし 2,908円 759.00円 145.31円 15m3
二人暮らし 4,488円 1,056.00円 130.46円 25m3
四人家族 5,129円 40m3
参照:総務省統計局「家計調査年報(家計収支編)2020年」
※1.2 東京ガスの一般契約料金(東京地区)の基準単位料金です。
※3 平均ガス料金をもとに、東京ガスの一般契約料金(上記の※1.2)から算出しています。

検針票でのガス使用量の確認方法
赤枠の左側の「ガスご使用量」をご確認ください。
検針票の見方を解説
<注意> ガスの使用量は、寒い時期のほうが使用量は多くなります。そのため、検針票で確認する場合は、年間の平均使用量をご確認されることをおすすめします。

生活・暮らしのサポート力や会社のブランド力などの安心感

比較ポイントの2つ目は、普段の生活に便利な暮らしサポートの内容ガス会社のブランド力などの安心感です。それぞれ見ていきましょう。

生活・暮らしサポート

まずは、暮らしサポートから解説します。暮らしサポートとは、ガスだけではなく身の回りのトラブルに対して、出張して対応してくれるガス会社特有のサービスのこと。

マンションでは管理会社に相談すれば解決しますが、マイホームだと相談先が分かりづらいなんてこともありますよね。そんな時に暮らしサポートがあれば、困ったらとりあえずガス会社に相談することができます。万が一のために、登録しておきたいという方におすすめのサービスです。

暮らしサポートの例
  • ガス器具の故障
  • 水道まわりのトラブル
  • 電気トラブル
  • 窓ガラスが割れた時の対応
  • 鍵の紛失のトラブル
  • 子ども/高齢者の見守りサービス(警報機お知らせサービス)

ガス会社のブランド力

安心感につながるポイントの2つ目は、ガス会社のブランド力です。ガス自由化によるデメリットともいえるのが、知名度が高くないガス会社も多いということ。サポート力なども考えると、「知らないガス会社では少し不安…」という方も多いと思います。

そのため、本当に安心できるガス会社かを見極めるためにも、ガス会社の契約者数など信頼できるか判断できる指標を見ておくことをおすすめします。

ガス・電気をまとめるセット割などのお得な特典

ガス料金だけでなく、電気料金などとまとめてお得に使いたいという方は、セット割など特典の比較も必要です。既に契約している電力会社がガスの販売をしていれば、ガス料金や電気料金の割引を受けられることがあります。

ただし、ガスや電気をまとめたからといって、必ずしも最安料金になるとは限らないので注意が必要。なかにはガス料金が安く電気料金は高いガス会社や、逆のパターンのガス会社もあります。そのため、ご自身のガスと電気の使用量に合った、ガス・電気のセットプランに申し込まないと割高になることも。

電力会社も2016年の電力自由化以降、お得な料金プランを出していることもあり、ガス料金・電気料金の支払いをまとめたい以外の目的であれば、ガス・電気と別々で最安料金の会社と契約することをおすすめします。

以上、ガス会社の比較ポイントについて解説しました。ここからはいよいよ、上記の比較ポイントを基に選んだ、エリア別のおすすめガス会社のランキングを見ていきましょう。

一人暮らし・家族住まいの最安値は?エリア別の料金が安いガス会社比較ランキング

ガス代の安いオススメの会社のランキング紹介(関東エリア・関東エリア・中部エリア) 関東・関西・中部エリアのガス会社、料金ランキングを紹介します。お伝えした通り、ガス料金は、使用量に応じて基本料金やガス単価が変動します。さらに関東エリア、関西エリア、中部エリアでも料金設定が異なるため、多くのガス会社が取り入れている使用量の基準で計算し、ランキングをご紹介します。

各世帯のガス使用量は、平均ガス料金をもとに、東京ガスの一般契約料金から算出しています。
一人暮らし:15m3 二人暮らし:25m3 四人家族:40m3
※基本料金とガス単価には「銭」まで設定されているため、小数点の表記があります。
※ガス単価は、毎月「原料費調整制度」のため変動しますので、各ガス会社が定める基準料金を掲載しています。


それでは関東・関西・中部エリアでのそれぞれの料金比較一覧表と安いガス会社ランキングを見ていきましょう。また、おすすめガス会社の全エリア(関東・関西・中部)の料金をお伝えしますので、県をまたいだ転勤が多い方は各エリアの料金もご参考ください。

関東エリアで料金が安いおすすめガス会社比較ランキング

順位 会社名 月額料金 基本料金 ガス単価
1 エフビットガス 2,792円 721.05円 138.04円
2 ENEOS都市ガス 2,821円 728.64円 139.49円
3 サイサン 2,821円 728.64円 139.49円
4 レモンガス 2,830円 759.00円 138.04円
5 ミツウロコグリーンエネルギー 2,845円 734.71円 140.66円
6 CDエナジーダイレクト 2,847円 735.46円 140.76円
7 PinT 2,850円 736.23円 140.94円
8 TEPCO東京電力エナジーパートナー 2,850円 736.23円 140.94円
9 グローバルエンジニアリング 2,850円 736.23円 140.94円
10 NITTOH都市ガス 2,850円 736.23円 140.95円
11 エルピオ都市ガス 2,852円 975.00円 125.11円
12 河原実業 2,862円 1,023.00円 122.61円
13 ニチガス 2,866円 795.30円 138.05円
14 イーエムアイ 2,901円 721.05円 145.31円
15 アースインフィニティ 2,923円 743.82円 145.31円
16 ガスパル 2,939円 759.00円 145.31円
17 ファミリーネット・ジャパン 2,939円 759.00円 145.31円
18 東京ガス
(一般料金)
2,939円 759.00円 145.31円

※15m3のガスの使用量で計算しています。(ガスの使用量0-20m3までは同じ基本料金・ガス単価です。)

順位 会社名 月額料金 基本料金 ガス単価
1 エフビットガス 4,101円 960.96円 118.71円
2 エルピオ都市ガス 4,115円 1,024.32円 126.54円
3 レモンガス 4,140円 1,013.76円 125.23円
4 ENEOS都市ガス 4,145円 1,015.00円 124.00円
5 サイサン 4,145円 1,041.13円 123.94円
6 ニチガス 4,176円 1,003.20円 130.46円
7 ミツウロコグリーンエネルギー 4,179円 1,013.76円 125.23円
8 CDエナジーダイレクト 4,183円 1,077.57円 123.93円
9 PinT 4,188円 1,022.20円 126.28円
10 TEPCO東京電力エナジーパートナー 4,188円 1,022.38円 126.42円
11 グローバルエンジニアリング 4,188円 1,024.32円 126.54円
12 NITTOH都市ガス 4,188円 1,024.32円 126.54円
13 河原実業 4,202円 1,188.44円 120.54円
14 イーエムアイ 4,265円 1,034.88円 130.64円
15 アースインフィニティ 4,301円 1,056.00円 130.46円
16 ガスパル 4,318円 1,056.00円 130.46円
17 ファミリーネット・ジャパン 4,318円 1,056.00円 130.46円
18 東京ガス
(一般料金)
4,318円 1,056.00円 130.46円
※25m3のガスの使用量で計算しています。(ガスの使用量20-80m3までは同じ基本料金・ガス単価です。)
順位 会社名 月額料金 基本料金 ガス単価
1 エフビットガス 5,960円 960.96円 118.71円
2 エルピオ都市ガス 5,975円 1,024.32円 126.54円
3 レモンガス 5,999円 1,013.76円 125.23円
4 ENEOS都市ガス 6,023円 1,015.00円 124.00円
5 サイサン 6,023円 1,041.13円 123.94円
6 ニチガス 6,035円 1,003.20円 130.46円
7 ミツウロコグリーンエネルギー 6,073円 1,013.76円 125.23円
8 CDエナジーダイレクト 6,079円 1,077.57円 123.93円
9 PinT 6,086円 1,022.20円 126.28円
10 TEPCO東京電力エナジーパートナー 6,086円 1,022.38円 126.42円
11 グローバルエンジニアリング 6,086円 1,024.32円 126.54円
12 NITTOH都市ガス 6,086円 1,024.32円 126.54円
13 河原実業 6,010円 1,188.44円 120.54円
14 イーエムアイ 6,222円 1,034.88円 130.64円
15 アースインフィニティ 6,260円 1,056.00円 130.46円
16 ガスパル 6,274円 1,056.00円 130.46円
17 ファミリーネット・ジャパン 6,274円 1,056.00円 130.46円
18 東京ガス
(一般料金)
6,274円 1,056.00円 130.46円
※40m3のガスの使用量で計算しています。(ガスの使用量20-80m3までは同じ基本料金・ガス単価です。)


関東エリアで最安値のガス会社┃エフビットガス
対象エリア:関東・関西・中部
関東エリアで最安のガス会社はエフビットガスです。エフビットガスは、通信事業をメインで行っていながら、電気も販売している会社です。電気セットの場合、ガス料金から7%割引を受けられるのもおすすめポイントの1つ。 シンプルにガス代を安くしたい方におすすめのガス会社です。

関東エリアの料金表
使用量 0~20m3 20~80m3
基本料金 721.05円 1003.2円
ガス単価※ 138.04円 123.93円
月額のガス料金 ガスのみ契約した場合 電気とセットの場合
1人暮らし
(使用量15m3)
2,792円 2,733円
2人暮らし
(使用量25m3)
4,101円 4,015円
4人家族
(使用量40m3)
5,960円 5,835円
対象エリア 東京ガスエリア(東京・神奈川・千葉・埼玉・茨木・栃木・群馬)
関西エリアの料金表
使用量 0~20m3 20~50m3
基本料金 721.05円 1,296.56円
ガス単価※ 166.06円 137.29円
月額のガス料金 ガスのみ契約した場合 電気とセットの場合
1人暮らし
(使用量15m3)
3,212円 3,144円
2人暮らし
(使用量25m3)
4,729円 4,629円
4人家族
(使用量40m3)
6,788円 6,645円
対象エリア 大阪ガスエリア(大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山・滋賀・岡山)
関西エリアの料金表
使用量 0~20m3 20~50m3
基本料金 721.05円 1,509.43円
ガス単価※ 199.99円 160.57円
月額のガス料金 ガスのみ契約した場合 電気とセットの場合
1人暮らし
(使用量15m3)
3,721円 3,643円
2人暮らし
(使用量25m3)
5,524円 5,407円
4人家族
(使用量40m3)
7,932円 7,765円
対象エリア 東邦ガスエリア(愛知・岐阜・三重)

関東エリアで最安値のガス会社
エフビットガス公式サイトはこちら


関西エリアで料金が安いおすすめガス会社比較ランキング

順位 会社名 月額料金 基本料金 ガス単価
1 ミツウロコグリーンエネルギー 3,117円 699.79円 161.17円
2 エフビットガス 3,212円 721.05円 166.06円
3 サイサン 3,246円 728.64円 167.81円
4 TEPCO東京電力エナジーパートナー 3,280円 736.23円 169.57円
5 グローバルエンジニアリング 3,280円 736.23円 169.57円
6 イーエムアイ 3,343円 721.05円 174.81円
7 アースインフィニティ 3,366円 743.82円 174.81円
8 PinT 3,381円 759.00円 174.81円
9 ガスパル 3,381円 759.00円 174.81円
10 大阪ガス 3,381円 759.00円 174.81円
※15m3のガスの使用量で計算しています。(ガスの使用量0-20m3までは同じ基本料金・ガス単価です。)
順位 会社名 月額料金 基本料金 ガス単価
1 ミツウロコグリーンエネルギー 4,589円 1,258.35円 133.24円
2 エフビットガス 4,729円 1,296.56円 137.29円
3 サイサン 4,779円 1,310.21円 138.77円
4 TEPCO東京電力エナジーパートナー 4,828円 1,323.87円 140.18円
5 グローバルエンジニアリング 4,829円 1,323.87円 140.19円
6 イーエムアイ 4,910円 1,296.57円 144.52円
7 アースインフィニティ 4,951円 1,337.51円 144.52円
8 PinT 4,978円 1,364.81円 144.52円
9 ガスパル 4,978円 1,364.81円 144.52円
10 大阪ガス 4,978円 1,364.81円 144.52円
※25mのガスの使用量で計算しています。(ガスの使用量20-50mまでは同じ基本料金・ガス単価です。)
順位 会社名 月額料金 基本料金 ガス単価
1 ミツウロコグリーンエネルギー 6,588円 1,258.35円 133.24円
2 エフビットガス 6,788円 1,296.56円 137.29円
3 サイサン 6,861円 1,310.21円 138.77円
4 TEPCO東京電力エナジーパートナー 6,931円 1,323.87円 140.18円
5 グローバルエンジニアリング 6,931円 1,323.87円 140.19円
6 イーエムアイ 7,077円 1,296.57円 144.52円
7 アースインフィニティ 7,118円 1,337.51円 144.52円
8 PinT 7,146円 1,364.81円 144.52円
9 ガスパル 7,146円 1,364.81円 144.52円
10 大阪ガス 7,146円 1,364.81円 144.52円
※40mのガスの使用量で計算しています。(ガスの使用量20-50mまでは同じ基本料金・ガス単価です。)


関西エリアで最安値のガス会社┃ミツウロコグリーンエネルギー
対象エリア:関東・関西・中部
関西エリアで最も安いガス会社はミツウロコグリーンエネルギーです。ミツウロコグリーンエネルギーは、電気の販売で再生可能エネルギーを積極的に取り入れている会社です。料金が安いだけでなく、環境に配慮している点でも評判となっています。

また、床暖プランも取り扱っているガス会社なので、床暖を利用している方にもおすすめ。ミツウロコグリーンエネルギーはガス以外にも、電気・インターネットセットで販売しており、電気セットの場合、ガス月額料金から110円割引を受けることができます。光熱費の支払いをまとめたいという方にはおすすめです。

関東の料金表
使用量 0~20m3 20~80m3
基本料金 734.71円 1,022.20円
ガス単価※ 140.66円 126.28円
月額のガス料金 ガスのみ契約した場合 電気とセットの場合
1人暮らし
(使用量15m3)
2,845円 2,735円
2人暮らし
(使用量25m3)
4,179円 4,069円
4人家族
(使用量40m3)
6,073円 5,963円
対象エリア 東京ガスエリア(東京・神奈川・千葉・埼玉・茨木・栃木・群馬)
関東の料金表
使用量 0~20m3 20~50m3
基本料金 699.79円 1,258.35円
ガス単価※ 161.17円 133.24円
月額のガス料金 ガスのみ契約した場合 電気とセットの場合
1人暮らし
(使用量15m3)
3,117円 3,007円
2人暮らし
(使用量25m3)
4,589円 4,479円
4人家族
(使用量40m3)
6,588円 6,478円
対象エリア 大阪ガスエリア(大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山・滋賀・岡山)
関東の料金表
使用量 0~20m3 20~50m3
基本料金 736.23円 1,541.21円
ガス単価※ 204.20円 163.95円
月額のガス料金 ガスのみ契約した場合 電気とセットの場合
1人暮らし
(使用量15m3)
3,799円 3,689円
2人暮らし
(使用量25m3)
5,640円 5,530円
4人家族
(使用量40m3)
8,099円 7,989円
対象エリア 東邦ガスエリア(愛知・岐阜・三重)

関西エリアで最安値のガス会社
ミツウロコグリーンエネルギー公式サイトはこちら


中部エリアで料金が安いおすすめガス会社比較ランキング

順位 会社名 月額料金 基本料金 ガス単価
1 エルピオ都市ガス 3,684円 714.00円 198.00円
2 サイサン 3,702円 717.25円 198.95円
3 中部電力ミライズ 3,827円 759.00円 204.52円
4 エフビットガス 3,721円 721.05円 199.99円
5 ミツウロコグリーンエネルギー 3,799円 736.23円 204.20円
6 T&Tエナジー 3,799円 736.23円 204.20円
7 TEPCO東京電力エナジーパートナー 3,799円 736.23円 204.20円
8 TOKAI都市ガス 3,799円 736.23円 204.20円
9 グローバルエンジニアリング 3,799円 736.23円 204.21円
10 サーラエナジー株式会社 3,814円 902.00円 194.13円
11 イーエムアイ 3,879円 721.05円 210.52円
12 PinT 3,917円 759.00円 210.52円
13 ガスパル 3,917円 759.00円 210.52円
14 東邦ガス 3,917円 759.00円 210.52円
※15m3のガスの使用量で計算しています。(ガスの使用量0-20m3までは同じ基本料金・ガス単価です。)
順位 会社名 月額料金 基本料金 ガス単価
1 エルピオ都市ガス 5,470円 1,495.00円 159.00円
2 サイサン 5,495円 1,501.50円 159.74円
3 中部電力ミライズ 5,524円 1,616.39円 156.29円
4 エフビットコミュニケーションズ 5,524円 1,509.43円 160.57円
5 ミツウロコグリーンエネルギー 5,640円 1,541.21円 163.95円
6 T&Tエナジー 5,640円 1,541.21円 163.96円
7 TEPCO東京電力エナジーパートナー 5,640円 1,541.21円 163.96円
8 TOKAI都市ガス 5,640円 1,541.21円 163.96円
9 グローバルエンジニアリング 5,640円 1,541.22円 163.96円
10 サーラエナジー株式会社 5,725円 1,119.80円 184.21円
11 イーエムアイ 5,735円 1,509.44円 169.03円
12 PinT 5,815円 1,588.88円 169.03円
13 ガスパル 5,815円 1,588.88円 169.03円
14 東邦ガス 5,815円 1,588.88円 169.03円
※25m3のガスの使用量で計算しています。(ガスの使用量20-50m3までは同じ基本料金・ガス単価です。)
順位 会社名 月額料金 基本料金 ガス単価
1 エルピオ都市ガス 7,855円 1,495.00円 159.00円
2 サイサン 7,891円 1,501.50円 159.74円
3 中部電力ミライズ 7,868円 1,616.39円 156.29円
4 エフビットコミュニケーションズ 7,932円 1,509.43円 160.57円
5 ミツウロコグリーンエネルギー 8,099円 1,541.21円 163.95円
6 T&Tエナジー 8,100円 1,541.21円 163.96円
7 TEPCO東京電力エナジーパートナー 8,100円 1,541.21円 163.96円
8 TOKAI都市ガス 8,100円 1,541.21円 163.96円
9 グローバルエンジニアリング 8,100円 1,541.22円 163.96円
10 サーラエナジー株式会社 8,488円 1,119.80円 184.21円
11 イーエムアイ 8,271円 1,509.44円 169.03円
12 PinT 8,350円 1,588.88円 169.03円
13 ガスパル 8,350円 1,588.88円 169.03円
14 東邦ガス 8,350円 1,588.88円 169.03円
※40m3のガスの使用量で計算しています。(ガスの使用量20-50m3までは同じ基本料金・ガス単価です。)


中部エリアで最安値のガス会社┃エルピオ都市ガス
対象エリア:関東・中部
中部エリアで最もガス料金が安いのは、エルピオ都市ガスです。エルピオ都市ガスは、もともとプロパンガス(LPガス)を販売しているガス会社。通常のガス料金プランの他にも、電気セット、床暖プランにも対応しています。電気セットの場合、ガス料金から毎月定額で100円の割引を受けることができます。

そんなエルピオ都市ガスは、料金の安さに加えて、月額550円でガス・電気以外の暮らしサポートもつけることができるのがおすすめポイント。安さに加えて安心感も兼ね備えた中部エリアでおすすめのガス会社です。

期間限定のおすすめキャンペーン10月31日までにエルピオ都市ガスを申し込むと、1年後に10,000円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンが適用されます!ガス会社では珍しいお得なキャンペーンとなっておりますので、ご契約検討中の方は是非この機会にお申し込みください。


関東の料金表
使用量 0~20m3 20~80m3
基本料金 975.00円 1,015.00円
ガス単価※ 125.11円 124.00円
月額のガス料金 ガスのみ契約した場合 電気とセットの場合
1人暮らし
(使用量15m3)
2,852円 2,752円
2人暮らし
(使用量25m3)
4,735円 4,015円
4人家族
(使用量40m3)
5,975円 5,370円
対象エリア 東京ガスエリア(東京・神奈川・千葉・埼玉・茨木・栃木・群馬)
中部の料金表
使用量 0~20m3 20~50m3
基本料金 714.00円 1,495.00円
ガス単価※ 198.00円 159.00円
月額のガス料金 ガスのみ契約した場合 電気とセットの場合
1人暮らし
(使用量15m3)
3,684円 3,584円
2人暮らし
(使用量25m3)
5,470円 5,370円
4人家族
(使用量40m3)
7,855円 7,755円
対象エリア 東邦ガスエリア(愛知・岐阜・三重)


中部エリアで最安値のガス会社
エルピオ都市ガス公式サイトはこちら

※エルピオ都市ガスでのプランの選び方については、別記事「エルピオ都市ガスの評判は?ガスと電気プランから総合検証」で紹介しています。



料金が安いガス会社のおすすめランキングを紹介しました。どのエリアも世帯問わず、最安値のガス会社は同じであることが分かりますね。

  • 関東で最安値のガス会社:エフビットガス
  • 関西で最安値のガス会社:ミツウロコグリーンエナジー
  • 中部で最安値のガス会社:エルピオ都市ガス


料金の安さを重視してガス会社を選びたいという方は、上記のおすすめガス会社を是非ご検討ください。次は、ガス会社には安心感・サポート力を求めたいという方におすすめのガス会社を紹介します。

サポートの充実さがおすすめ!エリアごとの大手ガス会社・電力会社を比較

各エリアごとで大手ガス会社と大手電力会社を比較します 「毎日使うガスだからこそ、安心して利用したい」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。ただ、安心感とはいっても、何を基準に比較するのか分からない方も多いはず。そこで今回はガス会社の「利用者数」「サポートの充実さ」という点から、おすすめのガス会社を紹介します。

利用者数とサポート力のどちらも兼ね備えているガス販売会社は、主に大手ガス会社と大手電力会社。各エリアで大手ガス会社と大手電力会社は1社ずつしかありませんので、それぞれ比較表でまとめて見ていきましょう。



関東エリア┃東京ガスとTEPCO東京電力エナジーパートナーを比較

関東エリアの大手のガス会社は東京ガス、大手電力会社はTEPCO東京電力エナジーパートナーです。早速、比較表で確認しましょう。
東京ガス TEPCO東京電力エナジーパートナー
利用者数 881万人 127万人
暮らしサポート料金 都度払い 該当プランのため無料(通常:月330円)
サポート内容 ガス機器、電気、水回り、リフォーム、安全対策 ガス機器、水回り、鍵、電気、窓
ガス料金 一人暮らし 二人暮らし 四人家族 一人暮らし 二人暮らし 四人家族
2,939円 4,318円 6,274円 2,850円 4,188円 6,086円
※利用者数は、2021年6月のガス供給件数(参照:IR情報)

ご覧の通り、利用者数では東京ガスが圧倒的に多く、東京電力の7倍以上です。利用者数だけで比較すると大手ガス会社の東京ガスがおすすめです。

では、暮らしサポートはどうでしょうか。東京ガスの暮らしサポートは、電話で相談後、実際に来てもらう場合は出張費や作業料、修理代が必要です。具体的な金額は居住地によって変わりますが、出張費だけで5,000円以上かかるという口コミもあります。

一方、東京電力は、ガスか電気のどちらかの申込で、月額330円の暮らしサポート「生活かけつけサービス」が無料出張費や作業費も90分まで無料で、さらには部品交換代も2万円まで無料となります。さらに、ガス機器の保証も最大50万円までとサポート力は抜群です。

料金の比較では、東京電力のほうが安いガス料金となります。 そのため、大手ガス会社の安心感を保ちつつ、料金も安く抑えたいという方には東京電力でガスを契約するのがおすすめです。

こんな方におすすめ
東京ガス(大手ガス会社)
  • 利用者数が多いガス会社で安心したい方

TEPCO東京電力エナジーパートナー(大手電力会社)
  • ブランド力のある会社でガス料金を節約したい方
  • 無料で暮らしサポートを受けたい方



関西エリア┃大阪ガスと関西電力を比較

関西エリアの大手ガス会社は大阪ガスで、大手電力会社は関西電力です。それぞれ比較していきましょう。
大阪ガス 関西電力
利用者数 525万人 150万人
暮らしサポート料金 220円 110円
サポート内容 ガス機器、水まわり、電気、鍵、窓、エアコン、床下 無償:水まわり、鍵、窓
有償:給湯設備、電気設備、屋内建具
ガス料金 一人暮らし 二人暮らし 四人家族 一人暮らし 二人暮らし 四人家族
3,752円 4,978円 7,140円 3,250円 4,604円 6,719円
※利用者数は、大阪ガス2021年3月、関西電力は2021年6月のガス供給件数(参照:IR情報)

利用者数では大手ガス会社の大阪ガスのほうが多く、関西電力の3倍以上です。利用者で比較すると大手ガス会社の大阪ガスがおすすめです。

次に、各ガス会社の暮らしサポートについてです。大阪ガスの暮らしサポートサービス「住ミカタ・プラス」はガス機器から電気、水回り、床下など7箇所もサポートしてくれるという充実さ。ガス栓や水栓の締め直しが無料のサービス対象となっています。

一方で、関西電力の「はぴe暮らしサポート」は、大阪ガスに比べると無料サポートが「水まわり、鍵、窓」と限られおり、作業対応時間も30分間です。ただ、サポートだけではなく、ホテルやレストランなどの優待サービスがついてくるところがおすすめポイント。旅行や外食が多い方には関西電力がおすすめといえます。

最後にガス料金を比較すると、大阪ガスよりも関西電力のほうが毎月300~500円ほど安いという結果に。安心感がありながら料金を安くしたい方には、関西電力がおすすめです。

こんな方におすすめ
大阪ガス(大手ガス会社)
  • 利用者数が多いところに申し込み、安心したい方
  • ガス機器、電気、水回り、床下など、生活周りの細かいサポートがほしい方

関西電力(大手電力会社)
  • 安心感を持ちつつガス料金を抑えたい方
  • 優待券も使いながら生活全般をお得にしたい方



中部エリア┃東邦ガスと中部電力ミライズを比較

中部エリアの大手ガス会社は東邦ガスで、大手電力会社は中部電力ミライズです。それぞれのガス販売会社を比較していきましょう。
※中部電力ミライズは、電気とセットでしかガスを申し込めません。
東邦ガス 中部電力ミライズ
※ガスのみでの申込不可
利用者数 253万人 43.9万人
暮らしサポート料金 305円 300円
サポート内容 ガス機器、水まわり、鍵、電気設備(エアコン・電子レンジ) 電気、水回り、カギ、ガラス、在宅確認
ガス料金 一人暮らし 二人暮らし 四人家族 一人暮らし 二人暮らし 四人家族
3,917円 5,815円 8,350円 3,827円 5,524円 7,868円


関東・関西エリアと同様に、利用者数は大手ガス会社の東邦ガスが中部電力ミライズの7倍以上と圧倒的。利用者数が多いガス会社のほうが安心するという方は、東邦ガスがおすすめです。

暮らしサポートにおいてはどうでしょうか。東邦ガスの「緊急駆けつけサービス」はガス機器から水回り、鍵、電気設備の対応料金が30分間無料となります。また、1年間暮らしサポートのサービス料が無料になる優待サービスがあるのもおすすめポイント。2022年3月までに緊急駆けつけサービスと電気をセットに申し込むだけの条件で、優待サービスを受けられるおすすめのキャンペーンとなっています。

一方で、中部電力ミライズの「暮らしサポートセット」は、年2回まで同居していないご家族の安否を確認する在宅確認サポートがあるので、高齢のご家族と別で暮らしている方におすすめ。出張料・作業時間は、東邦ガスよりも長く60分以内が無料です。

ガス料金の比較では、東邦ガスよりも中部電力ミライズのほうが100~500円ほど安いことがわかります。大手の会社でガス料金を節約したい方は中部電力ミライズがおすすめです。

こんな方におすすめ
東邦ガス(大手ガス会社)
  • 利用者数の多いところで申し込みたい方
  • ガス機器や生活周りをサポートしてほしい方
  • 優待券を利用したい方

中部電力ミライズ(大手電力会社)
  • 大手の安心感を持ちながら安い料金でガスを利用したい方
  • 電気とセットで申し込みを検討している方
  • 高齢のご家族と別で暮らしている方


北海道/九州(福岡県)のおすすめランキング

北海道と九州(福岡県)のおすすめ会社ランキング

北海道と福岡もガス会社を自由に選べる地域です。ガス会社の数は、北海道は4社、九州は福岡の2社と多くはなく、地域独自のガス会社が都市ガスを販売しています。それぞれの地域のおすすめガス会社ランキングを紹介しますので、該当地域の方はご確認ください。


電気とガスのセット割引で安く利用するなら、おすすめは北海道電力

北海道のガス会社ランキング
順位 会社名 1人暮らし
(使用量15m3)
4人以上
(使用量40m3)
暮らしサポート
1 北海道電力 ¥3,875 ¥7,958 なし
2 北海道ガス ¥3,884 ¥7,979 なし
3 いちたかガスワン ¥3,956 ¥8,127 なし
4 auガス ¥3,875 ¥8,150 なし

北海道エリアでおすすめのガス会社は、大手電力会社の北海道電力です。北海道ガスと比較すると、北海道電力は基本料金とガス単価が安いのが特徴。さらに、ガスと電気をまとめるとガス料金から3%割引されるのもおすすめポイントです。

ただし、北海道電力の申し込みには注意店があります。北海道電力は、新規開栓の申し込みができず、1度北海道ガスに契約してから北海道電力に切り替える必要があります。また、ガスのみの契約もできず、ガスを申し込む場合は電気とセットで申し込む必要があります。注意点を確認した上で契約するようにしましょう。

九州電力と西部ガスでは、九州電力がおすすめ

福岡のガス会社ランキング
会社名 1人暮らし
(使用量15m3)
4人以上
(使用量40m3)
暮らしサポート サポート内容
九州電力 ¥4,614 ¥10,417 330円 水道、電気、窓
西部ガス ¥4,614 ¥10,417 無料 ガス器具、水道

九州でガス会社を自由に選べるのは、福岡県のみです。福岡エリアで都市ガスを供給しているガス会社は、西部ガスと九州電力。西部ガスは大手ガス会社、九州電力は大手電力会社です。

この2社は基本料金もガス単価も全く同じ料金設定となっていますが、九州電力ならガスと電気をセットにすると、電気の契約電流数に応じて100円~700円の割引があります。電気とガスをまとめたい方には、九州電力がおすすめです。

ただし、九州電力にも注意点があります。それは、新規開栓手続きができないこと。つまり、九州電力のガスを利用する場合は、西部ガスに申し込んでから九州電力に切り替える必要があります。また、ガスのみの契約もできないため、電気とセットで申し込むことが条件となります。そのため、ガスのみを契約したい方には、西部ガスがおすすめです。

申し込み・切り替え(変更)は、簡単3ステップで完結!

ガス会社への申込・切替方法を紹介 ガス会社の選び方から、おすすめのガス会社までお伝えしました。気になるガス会社を見つけても、「ガス会社の切り替えってめんどくさそう…」なんて思っていませんか? しかし、ガス会社の申し込みや切り替えはとても簡単。検針票(または契約中のガス会社のマイページ)を準備して、契約したいガス会社の公式サイトから必要情報を入力するだけです。

しかも契約中のガス会社への解約手続きは不要。ガス代を節約したい方は、申し込み方法を確認し、すぐにでもガス会社の切り替えをおすすめします。それでは、申し込み・切り替え方法を確認していきましょう。

STEP1┃申し込みに必要な情報を用意する

ガス会社を切り替える場合と、転居などで新しくガスを利用する場合で申し込みに必要な準備物は異なります。それぞれ必要な情報は下記の通りです。
新規申込でガスを利用する場合 ガス会社の切り替え(変更)の場合
支払方法が分かるもの(引き落とし銀行口座もしくはクレジットカード)
引っ越し先の住所  契約中のガス会社の検針票
(ご契約名義、お客様番号、供給地点特定番号が必要)
※引っ越す前の閉栓手続きは、契約中のガス会社に連絡をしましょう。
※電気とセットで申し込む場合は、電気の検針票情報も必要です。

STEP2┃公式サイトから申し込む

次にガス会社の公式サイトから申し込み、必要情報を入力しましょう。申し込みでは下記の情報を入力します。

新規申込でガスを利用する場合 ガス会社の切り替え(変更)の場合
氏名、住所、連絡先、支払先の登録(※1)
開栓手続きの希望日時(※2) 検針票情報
※1ガス会社にもよりますが、支払い方法はクレジットカード、口座振替、振込の3種類。
※2ガス会社の方が引っ越し先の自宅に来て開栓作業をします。立ち合いが必要ですので、日程調整をしましょう。

STEP3┃新規申込の場合は開栓手続き、切り替え(変更)の場合は供給開始

必要情報を入力さえすれば、手続きが終わったも同然です。最後にガス供給までの流れを確認しましょう。
新規申込でガスを利用する場合 ガス会社の切り替え(変更)の場合
ガス会社の方がご自宅に来て開栓作業を行います。時間は15分~30分くらいなので、必ず立ち合いましょう。 追加で必要な手続きはありません。
切り替え完了後、供給開始日、緊急連絡先などの案内が切り替え後のガス会社から郵送で来ます。
5営業日以降から使用可能 切り替え完了には3~6週間かかります(※)
※電気の切り替えは4日~2週間と、ガスに比べて切り替え期間が短いです。そのため、ガスと電気をセットで申し込んだ場合、先に電気の切り替え完了連絡が来ます。

引っ越しの場合┃ガス会社に連絡後、閉栓作業の立ち合いが必要

引っ越しの場合は、ガスを止める必要があるため事前にガス会社に必ず連絡が必要。閉栓作業の立ち合いが必要な場合もありますので、余裕をもってガス会社に引っ越しの旨を連絡しましょう。ガス会社と引っ越し先によっては、継続して契約中のガス会社の利用も可能です。

まとめ

ガス自由化などの基本情報からお伝えし、ガス会社を選ぶための比較ポイント、おすすめのガス会社までご紹介しました。最後に、ここまでの内容をまとめます。

ガス会社を選ぶための確認事項
  • ガスの種類はプロパンガスではなく都市ガスか
  • ガスの販売が自由化されたのは都市ガスのみ。プロパンガスの場合、都市ガスへの切り替えに工事が必要。
  • お住まいの地域
  • エリアによってガス会社を選べなかったり、おすすめのガス会社が異なったりする。
    ※都市ガスのガス会社を自由に選び、切り替えができる地域は関東・関西・中部・北海道・福岡です。

ガス会社を選ぶための比較ポイント
  • 最大の比較ポイントは、ガス料金の安さ
  • ガスの質は、どのガス会社も同じ。とにかく安い料金にしたい方におすすめ。
  • 生活・暮らしサポートなどの安心サービス
  • ガスだけではなく、身の回りのトラブルに対して出張対応してくれるガス会社特有のサービス。万が一に備えておきたい方におすすめ。
  • ガス・電気をまとめるセット割などのお得な特典
  • 全ての契約・解約・請求を1つにまとめたい方におすすめ.。

関東のおすすめガス会社
  • 料金の安さ
  • エフビットガス
    使用量問わず、月額料金が安いガス会社。電気セットの場合、ガス料金から7%OFFもおすすめポイント!
  • サポートの充実さ
  • 東京ガス(大手ガス会社)
    利用者数が多いガス会社で安心したい方におすすめ!

    TEPCO東京電力エナジーパートナー(大手電力会社)
    東京ガスに比べてガス料金が安く、無料で暮らしサポートを受けられるのがおすすめ!

関西のおすすめガス会社
  • 料金の安さ
  • ミツウロコグリーンエネルギー
    使用量問わず、月額料金が安いガス会社。電気セットの場合、月額料金から110円割引されるのもおすすめポイント!
  • サポートの充実さ
  • 大阪ガス(大手ガス会社)
    利用者数が多いところに申し込み、安心したい方、ガス機器、電気、水回り、床下など、生活周りの細かいサポートがほしい方におすすめ!

    関西電力(大手電力会社)
    大阪ガスに比べてガス料金が安く、優待券も使いながら生活全般をお得にしたい方におすすめ!

中部のおすすめガス会社
  • 料金の安さ
  • エルピオ都市ガス
    使用量問わず、月額料金が安いガス会社。電気セットの場合、 電気セットの場合、ガス料金から毎月定額の100円の割引。さらに10月31日までのお申し込みで10,000のキャッシュバックキャンペーン中!
  • サポートの充実さ
  • 東邦ガス(大手ガス会社)
    利用者数の多いところで申し込みたい方、ガス機器や生活周りをサポートしてほしい方、優待券を利用したい方におすすめ!

    中部電力ミライズ(大手電力会社)
    在宅確認サポートがあるため、高齢のご家族と別で暮らしている方におすすめ!
    ※中部電力ミライズは、ガスと電気のセットプランでないと、ガスの契約はできません。

北海道でのおすすめのガス会社
北海道は、選べるガス会社が4社です。その中で、料金が安いのは北海道電力ですが、ガスと電気のセットプランでしかガスを利用できません。ガスのみの契約を検討中の方は、北海道ガスがおすすめです。

福岡でのおすすめのガス会社
福岡で選べるガス会社は「西部ガス」か「九州電力」です。その中で、料金が安いのは九州電力ですが、ガスと電気のセットプランでしかガスを利用できません。ガスのみの契約を検討中の方は、西部ガスがおすすめです。

このページがあなたのガス会社選びにお役に立てると幸いです。最後までご覧いただきありがとうございました。

Q&A

ガス会社によってガスの質は変わらない?

ガス事業法で定められているため、どのガス会社でも違いはありません。

賃貸でもガス会社は切り替えできる?

都市ガスの場合は、賃貸でもガス会社を切り替えられます。プロパンガス(LPガス)の場合は同じガスボンベを1つの建物で共有利用するため切り替えられません。

ガス会社を切り替える時に解約金はかかる?

基本的にはガス会社の切り替えに伴う解約金は掛かりません。例外として、キャンペーンプランなど契約期間があるプランに申し込んだ場合は、解約金が掛かることがあります。

プロパンガス(LPガス)から都市ガスに切り替えは可能?

プロパンガス(LPガス)から都市ガスに乗り換えるには、ガス器具の買い替えや工事が必要です。切り替える場合の費用は10~50万円掛かるため、LPガス利用中の方には、都市ガスへの切り替えはおすすめしません。LPガス料金を抑えたい場合は、プロパンガス会社料金比較サイトでシミュレーションを利用し、プロパンガス会社を切り替えるのをおすすめします。

ガスと電気はセットプランで申し込んだほうが安い?

ご自身のガスと電気の使用量に合わせた適切なガス会社を選べば、ガス代・電気代が安くなりおすすめです。合っていないガス会社を選ぶと割高になるので気を付けましょう。

PICKUP
CONTENTS

エリア別でおすすめのガス会社を最新比較ランキングでご紹介

このページでは、ガス会社を選ぶ際の比較ポイントと、全国25社の中から厳選したおすすめのガス会社をエリア別にランキング形式で紹介しています。 2017年のガス自由化以降、様々な会社がガスの販売を開始しました。その数なんと8...
2021.09.15

レモンガスの評判についてガスと電気プランの料金から検証

レモンガスは、東京都・神奈川県・埼玉県で、都市ガスを販売しているガス会社です。 ガス料金が安いのが特徴で、東京ガスから切り替えることで、年間1,000円~3,000円ほどガス代を節約できます。さらに、レモンガスは期間限定...
2021.09.22

エルピオ都市ガスの評判は?ガスと電気プランから総合検証

エルピオ都市ガスは、関東エリア・中部エリアにガスの販売・供給をしているガス会社です。ガス料金が安いのが特徴で、一人暮らしの場合は年間で約1,000円、4人家族の場合は4,000円ほどガス料金を節約できます。 しかもキャン...
2021.09.22

東急パワーサプライがおすすめなのか口コミと料金から検証

東急グループ利用者からの評判が良い都市ガス・電気供給サービスの東急パワーサプライについてご紹介します。 東急ガスと東急でんきに申し込むと、東急利用者にはメリットがいくつかあります。例えば、定期券割であったり、TOKYU ...
2021.09.28