JCB法人カードはおすすめ?審査や入会キャンペーン情報も紹介
最終更新日:2021.10.20

JCB法人カードはおすすめ?審査や入会キャンペーン情報も紹介


日本発祥の国際クレジットカードブランドのJCB。今回は、法人向けのプロパーカード(国際ブランドが直接発行するカード)である、JCB法人カードをご紹介いたします。

JCB法人カードは「一般カード・ゴールド・プラチナ」の3種類ありますが、一般カードの年会費はたったの1,375円、さらに初年度の年会費は一般カード・ゴールドカードともに無料でご利用いただけます。

JCB法人カードは、お得な年会費により導入ハードルが低いだけでなく、ポイントアッププログラムやビジネスに役立つ付帯サービス・特典が充実しており、高い人気を誇るおすすめの法人カードです。

当記事では、JCB法人カードのお申し込みを検討中の方に向けて、JCB法人カードのメリットやおすすめ付帯サービス・特典、口コミや評判、キャンペーンなど、おすすめポイントを余すことなくお伝えしていたします。

まずは、3種類あるJCB法人カードの基本スペックの違いを見てまいりましょう。

Contents

ゴールドカード・プラチナカードと比較!JCB法人カードの基本スペックを確認

JCB法人カード基本情報について まずはJCB法人カードの基本情報を確認していきましょう。冒頭でお伝えしたとおり、JCB法人カードには一般・ゴールド・プラチナの3種類あり、年会費や特典などに違いがあります。以下の比較表にまとめましたので、スペックの違いを見ていきましょう。

JCB一般法人カード JCBゴールドカード JCBプラチナ法人カード
JCB法人カード券面画像 JCB一般法人カード JCBゴールド法人カード JCBプラチナ法人カード
お申し込み対象 法人または
個人事業主

カード使用者は18歳以上の方が対象
初年度年会費 無料
※オンライン入会が対象
33,000円
(税込)
2年目以降年会費 1,375円
(税込)
11,000円
(税込)
33,000円
(税込)
ETCカード年会費 無料
ETCカード発行可能枚数 制限なし
追加カード年会費 1,375円
(税込)
1枚目のカードの年会費が無料の場合、追加のカードも無料
3,300円
(税込)
1枚目のカードの年会費が無料の場合、追加のカードも無料
6,600円
(税込)
追加カード発行可能枚数 制限なし 制限なし 制限なし
基本ポイント還元率 0.50%
国内旅行損害保険 最高3,000万円 最高5,000万円 最高1億円
(家族特約付)
海外旅行損害保険 最高3,000万円 最高1億円 最高1億円
(家族特約付)
国内・海外航空機遅延保険
ショッピングガード保険 海外:最高100万円
(1事故につき自己負担額10,000円)

国内:なし
海外:最高500万円
(1事故につき自己負担額3,000円)

国内:最高500万円
(1事故につき自己負担額3,000円)
海外:最高500万円
(1事故につき自己負担額3,000円)

国内:最高500万円
(1事故につき自己負担額3,000円)
利用可能枠 10万~100万円 50万円~250万円 150万円~
おすすめ付帯サービス・特典 JCB de JAL ONLINE(航空券予約サービス)/ freee初年度年会費割引/ JCB.ANA@desk(出張手配サービス)/ ポイントアッププログラム 国内空港ラウンジサービス/ 国内外空港ラウンジサービス「ラウンジ・キー」/ ゴールド会員専用デスク/ グルメ優待サービス プラチナ・コンシェルジュデスク/ 国内外空港ラウンジサービス「プライオリティ・パス」


上記の比較表をご覧いただくと、JCB一般法人カード・JCBゴールド法人カード・JCBプラチナ法人カードの特徴がお分かりいただけるかと思います。

特に大きな違いはカード年会費です。JCB一般法人カードはオンライン入会であれば初年度無料、2年目以降の年会費も1,375円(税込)と、比較的低い年会費となっています。

また、JCBゴールド法人カードも、オンライン入会により初年度の年会費が無料となり、ご利用ハードルが低いのが特徴です。

一方で、JCB法人プラチナカードは初年度から33,000円(税込)の年会費となり、その差は31,625円。

JCBゴールド法人カードの年会費も1万円を超えてくるので、まずは年会費の予算でご利用カードを決めることがおすすめです。

ただし、JCBゴールド法人カードやJCB法人プラチナカードの年会費が高いことにはもちろん理由があります。それは、年会費が高額なだけあって、充実したカードスペックであることです。

具体的には、国内・海外旅行損害保険の補償額が最大1億円や、国内・海外航空機遅延保険の付帯、空港ラウンジサービスなどです。

年会費と付帯サービス・特典を比較して、個人事業主・法人でのご利用方法に応じてカードを選ぶことが重要です。

一般・ゴールド・プラチナの3枚のJCB法人カードを比較いたしましたが、ここからは、年会費が初年度無料、2年目以降も1,375円(税込)と一際お得な価格設定が目立つJCB一般法人カードをご紹介していきます。

JCB一般法人カードをおすすめできる方は以下の通りです。

JCB一般法人カードがおすすめの方
  • JCBプロパーカードのステータス性を求める方
  • 年会費を極力抑えたいが、ビジネスに役立つ付帯サービス・特典も求めている方
  • 国内・海外出張が多い方

JCB一般法人カードは、お手頃な年会費にも関わらず、ビジネスに役立つ付帯サービス・特典が盛りだくさん。続いては、お得な年会費に対してサービスが充実していてコスパが良いと言われるJCB一般法人カードのメリットについてお伝えしていきます。

※ゴールドカードやプラチナカードなど他の法人カードとも比較検討したい方は、別記事「人気の法人・ビジネスカード2021年最新ランキング」の記事も参考にしてください。

3つのメリット~JCB法人カードの人気の理由とは?

JCB法人カードのメリットを紹介 ここからは、JCB法人カードのメリットを3つお伝えしていきます。JCB法人カードには、どのような特徴があり、なぜ人気があるのかがお分かりいただける内容となっておりますので、ぜひご覧ください。

気になる項目をクリックしてご覧ください。(クリックいただくと該当部分までスクロールします。)

ETCカード複数枚発行可能で上限なし!年会費も無料

1つ目のJCB法人カードのメリットは、ETCカードの発行上限がなく、無料で利用できることです。

法人カードの中には、ETCカードの発行手数料に1,000円程かかったり、ETCカードの年会費に500円程かかったりするものもあります。

たかが500円のETC年会費と思う方も多いかもしれません。しかし、法人で社用車を10台保有していた場合、年間で5,000円の出費となり、10年で50,000円もの出費となるので、無視はできませんよね。

ETCカードの利用にかかる費用が一切発生しないという点で、JCB法人カードはおすすめです。

社用車を複数台保有しており、交通費の経費精算に時間がかかって大変な思いをしている方も多いのではないでしょうか。

JCB法人カードならETCカードの発行上限がなく、しかも年会費無料でご利用いただけるので、経費精算の手間がかかりません。

従業員の方にとっても、交通費の建て替えや精算するための申請の手間が省けるため、業務効率化にも繋がるでしょう。

最大0.75%の高いポイント還元率!Oki Dokiポイントを貯めやすい

Oki Dokiランド 続いてのJCB法人カードのメリットは、最大で0.75%の高いポイント還元率でポイントが貯まることです。

JCB法人カードの利用で貯まるポイントは、Oki Dokiポイントと呼ばれ、通常1,000円で1ポイント(0.5%のポイント還元率)が貯まります。

JCB法人カードには、年間のカード利用額に応じてポイントアップができる「JCB STAR MEMBERS(スターメンバーズ)」という制度があり、条件をクリアすることで最大0.75%の還元率でポイントを貯めることが可能です。

具体的な内容は以下の表をご覧ください。

JCB STAR MEMBERS(スターメンバーズ)
「JCB STAR MEMBERS(スターメンバーズ)」とは、年間でJCBカードを一定金額以上利用された方だけに、特別にご提供するメンバーシップサービスです(登録不要)
年間100万円以上
利用
ポイント50%UP⇒
0.75%のポイント還元率
年間50万円以上
利用
ポイント20%UP⇒
0.6%のポイント還元率
年間30万円以上
利用
ポイント10%UP⇒
0.55%のポイント還元率


年間100万円以上の利用で、ポイント還元率が50%UPとなります。月額利用額に換算すると、84,000円ほど。法人での利用額としてはそこまで大きくない金額ではないでしょうか。

JCB法人カードの基本の還元率は他の法人カードと比較しても平均的です。しかし、比較的簡単にポイントアップが狙えるという点でJCB法人カードはおすすめです。

海外でさらにお得にポイントが貯まる!
WEB明細サービスMyJチェックにご登録のうえ、JCB海外加盟店でカードを利用すると、なんとポイント還元率が通常の2倍に!1.0%の高還元率でポイントを貯めることができます。

JCB法人カードは海外でクレジットカードを利用する機会が多い方にもおすすめの法人カードです。

JCB法人カードはプロパーカードならではのステータス性と安心の付帯サービス・特典

最後にご紹介するJCB法人カードのメリットは、プロパーカードならではのステータス性と安心の付帯サービス・特典があることです。

JCBは日本発祥の唯一の国際ブランドであるが故のステータス性が、他の法人カードと一線を画す人気を呼んでいます。

接待などの人前で利用することも多い法人カードですが、どんな法人カードを利用しているかは意外と見られているもの。

信頼性の高いカードを利用していることで、会社の信用力を示すことにも繋がるでしょう。

以上、JCB法人カードのメリットをご紹介いたしました。



JCB法人カードはステータス性の高さもさることながら、ビジネスに役立つ充実の付帯サービス・特典も魅力です。おすすめの付帯サービス・特典は、次章でご紹介していきます。

ビジネスに役立つサポートが充実!おすすめの付帯サービス・優待特典をご紹介

JCB法人カードのおすすめの付帯サービス・特典 ここまで、JCB法人カードのメリットをお伝えしてきましたが、続いてJCB法人カードのおすすめ付帯サービス・特典をご紹介していきます。

「ご自身のビジネスにどのように利用できるか」という視点でご覧いただくと、JCB法人カードの申し込みをすべきかどうかの判断に役立つことでしょう。

今回ご紹介するJCB法人カードのおすすめ付帯サービス・特典は以下の4つです。(クリックいただくと該当部分までスクロールします。)

国内・海外旅行損害保険が最大3,000万円付帯

最初にご紹介するのが、JCB法人カードの国内・海外旅行損害保険です。最高で3,000万円の補償が付帯しています。

当ページをご覧頂いている個人事業主・経営者様の中にも、出張などで国内や海外に行く機会が多い方もいらっしゃるのではないでしょうか。毎回旅行損害保険に加入していると、年間では相当な金額になりますし、忙しい中で手間も増えてしまいます。

JCB法人カードなら、年会費1,375円のみで国内・海外の旅行損害保険を利用可能です。ただし、旅行損害保険を利用するためには2つの条件がありますので、ご説明いたします。(ご利用前には詳細な条件を公式サイトをご確認ください。)

(1)旅行代金等をJCB法人カードで決済
JCB法人カードの旅行損害保険は利用付帯の保険となりますので、旅行代金や交通費等をカード支払いすることが条件となります。

国内・海外旅行損害保険の
”利用付帯”とは…
旅行前に、旅行代金などの支払いを該当カードで決済することで利用できる保険のこと


(2)MyJチェックの登録
2つ目の条件は、MyJチェックに登録をすることです。MyJチェックとは、JCBカードのWEB明細サービスのこと。

紙での明細ではなく、WEBで明細を確認する登録をすることで、旅行損害保険が利用できます。登録方法はたったの3ステップで、とても簡単です。

MyJチェック登録方法
  • MyJCB(利用者専用サイト)にログイン
  • 「お客様情報の照会・変更」のメニューを選択
  • 「WEB明細の設定(MyJチェック)」を選択

⇒1分ほどで簡単に登録完了!

条件とお伝えいたしましたが、MyJチェックの登録は初回のみ1分程で完了します。あとは旅行代金等をJCB法人カードで支払うだけですので、大きな負担とはならないはず。JCB法人カードの国内・海外旅行保険を活用することで、安心かつお得な旅となることでしょう。

福利厚生倶楽部

続いてご紹介するJCB法人カードのおすすめ付帯サービス・特典は「福利厚生倶楽部」です。

株式会社リロクラブが運営する福利厚生サービスに、JCB法人会員限定の特別料金で入会できます。利用できるサービスの例は以下の通りです。

福利厚生倶楽部サービス例
  • 全国各地の宿泊施設・スポーツクラブの格安料金でのご利用
  • スキルアップのための資格取得講座割引
  • 育児・介護サービス
  • 飲食店での割引

多大な費用や手間のかかる福利厚生制度を整えるのは一苦労ですよね。忙しい毎日の中で、つい後回しにしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、福利厚生制度を整えることのメリットは想像以上に大きいもの。在籍している社員の方の満足度が上がることはもちろん、福利厚生制度が整充実していることで、求職者の目に止まりやすくなるというメリットもあります。

福利厚生倶楽部は様々なサービスを割引価格でお得に利用でき、福利厚生制度をアウトソーシングすることでのコスト削減にも繋がるため、おすすめの付帯サービスです。

出張に便利!JR東海「エクスプレス予約」サービス

express予約サービス 続いては、東海道・山陽新幹線(東京~博多間)のネット予約&チケットレス乗車サービス「エクスプレス予約サービス(プラスEX会員)」をご利用いただけるサービスのご紹介です。

たった1,100円の年会費で利用でき、サービス入会後の2ヵ月間は無料で利用することができます。エクスプレス予約サービスを利用するメリットは以下の5つです。

エクスプレス予約サービスのメリット5つ
  • スマートフォンから簡単に予約可能
  • お好みの座席のリクエストが可能
  • 予約の変更は何度でも手数料無料
  • 365日会員価格で利用可能
  • ICカードでスムーズな乗車ができる

上記の通り、出張などに役立つメリットが多くあります。スマートフォンから簡単に新幹線の予約ができ、何度でも無料で予約内容の変更が可能です。新幹線での移動が多い方に特におすすめの付帯サービスです。

会計・経理作業を効率化できるサービス|弥生会計・freee

最後にご紹介するJCB法人カードのおすすめ付帯サービス・特典は、会計・経理作業を効率化できるサービスです。「弥生会計」「freee」の2つのサービスをそれぞれご紹介していきます。

専門知識が必要な会計・経理作業でも、簡単に処理することができるため、おすすめのサービスです。

弥生会計

おすすめ付帯サービス弥生会計 「弥生会計」は、初めてでも利用しやすいクラウド会計ソフトです。簿記や会計の知識がなくても分かりやすい機能と画面設定ですので、日々の記帳から、確定申告や決算書作成までのサポートに役立つことでしょう。

今なら「弥生会計 オンライン」と「やよいの青色申告 オンライン」を初年度0円で利用できるキャンペーン実施中です。(2022年3月31日まで)

freee

おすすめ付帯サービス「会計freee」 クラウド会計ソフトfreeeでは、MyJCB外部接続サービスを利用し、JCBカードの利用明細データの自動取り込みが可能です。

手入力していた手間もデータを取り込むために不要となり、業務効率化に役立つでしょう。困ったときには電話での問い合わせもでき安心です。

今ならクラウド会計ソフトfreeeの「法人ベーシックプラン」「個人スタンダードプラン」の初年度年会費が15%offで利用できるキャンペーン実施中です。(2022年3月31日まで)

以上、JCB法人カードのおすすめ付帯サービス・特典を4つご紹介いたしました。改めてご紹介したおすすめ付帯サービス・特典をまとめます。


ご自身の利用イメージにあった付帯サービス・特典はございましたでしょうか?よりコスパ良く利用するためにも、年間日に対してお得な付帯サービスの内容とあわせてJCB法人カードのご活用を検討するのがおすすめです。

続いてはJCB法人カードの期間限定のキャンペーンをご紹介いたします。通常よりもお得にご入会いただけるお得なキャンペーンですので、JCB法人カードの入会をご検討中の方はぜひご確認ください。

【2021年最新】期間限定キャンペーン情報をご紹介

JCB法人カードのキャンペーンを紹介 2021年10月現在、JCB法人カードの期間限定キャンペーンが2つ開催されています。通常でもお得なJCB法人カードですが、キャンペーンを利用することでさらにお得にご利用いただけます。早速JCB法人カードの2つのキャンペーンを確認していきましょう。

JCB法人カード期間限定キャンペーン
  • インターネット限定!新規入会・ご利用で最大23,000円分のギフトカードプレゼント
  • JCB法人カード追加カード発行で最大9,000円分のギフトカードプレゼント

インターネット限定!新規入会・ご利用で最大23,000円分のギフトカードプレゼント

最初にご紹介するのが、JCB法人カードの新規入会キャンペーンです。JCB法人カードへの入会とクレジットカードの利用でそれぞれ特典が用意されています。JCB法人カード入会キャンペーン詳細を確認していきましょう。

JCB法人カード入会キャンペーン詳細
【1】インターネット限定 新規入会キャンペーンでもれなくJCBギフトカードプレゼント
申し込み期間 2021年10月1日(金)~2022年3月31日(木)お申し込み受付分
条件 申し込み期間中にJCB法人カードに新規入会すること
特典 JCBギフトカード 6,000円分プレゼント
【2】10万円(税込)以上の利用でさらにJCBギフトカードプレゼント
申し込み期間 2021年10月1日(金)~2022年3月31日(木)お申し込み受付分
条件 キャンペーン期間中にJCB法人カードを申し込み、
カード入会翌々月末までに10万円(税込)以上利用すること
特典 JCBギフトカード17,000円分プレゼント


最大で23,000円分のJCBギフトカードがもらえる入会キャンペーンは、比較的簡単な条件で達成できます。

申し込み期間中にJCB法人カードに新規で申し込み、カード入会翌々月末までに10万円(税込)以上利用するだけで23,000円分のJCBギフトカードがもらえます。

しかも、インターネットで申し込みをすることで、JCB法人カードの初年度年会費も無料。2022年3月31日までの限定キャンペーンとなりますので、JCB法人カードの申し込みをお考えの方は、こちらのキャンペーンを利用してお申し込みすることをおすすめいたします。

期間限定キャンペーン中!
JCB法人カードのお申し込みはこちら

JCB法人カード追加カード発行で最大9,000円分のギフトカードプレゼント

2つ目のJCB法人カードのキャンペーンは、JCB法人カードの追加カード発行で最大9,000円分のJCBギフトカードがもらえるキャンペーンです。さっそくキャンペーン詳細を確認していきましょう。

JCB法人カード追加カード発行キャンペーン詳細
追加カード申し込み期間 2021年10月1日(金)~2022年3月31日(木)
条件 追加カード申し込み期間中に追加カードを発行し、キャンペーン参加登録をすること
キャンペーン登録期間 2021年10月1日(金)~2022年4月30日(土)
※電話orインターネットでキャンペーン参加登録
特典 使用者入会1名様につき3,000円分のJCBギフトカードをプレゼント

※JCBギフトカードプレゼントの対象となる使用者追加の人数は最大3名様まで
※新規入会時に使用者カードを入会いただいた場合も対象


こちらのキャンペーンは、追加カード発行でJCBギフトカードがもらえるキャンペーンです。最大3名分の追加カードまでギフトカードプレゼントの対象ですので、最大で9,000円分のギフトカードがプレゼントされます。

JCB法人カードの入会と利用キャンペーンだけでも最大23,000円分のJCBギフトカードがもらえ、2つのキャンペーンを合わせるともらえるギフトカードは最大で32,000円分に!

お得な年会費かつ付帯サービスも充実しており、プロパーカードのステータスもあるJCB法人カードをさらにお得にご利用するチャンスので、以下の公式サイトを見て是非ご検討してみてくださいませ。

期間限定キャンペーン中!
JCB法人カードのお申し込みはこちら



以上、JCB法人カードの2つのお得なキャンペーンをご紹介いたしました。プロパーカードのステータスに、多くの付帯サービスをお得な年会費で利用できるため、コスパよく充実した利用をしたい個人事業主・法人様にJCB法人カードはおすすめです。

しかし、いざお申し込みをするとなると、申し込みに必要な書類や審査についても情報収集が必要ですよね。次章で詳細な審査や申し込み方法についてお伝えしてまいります。

審査難易度や申し込みに必要な書類は?

ここからは、JCB法人カードの審査難易度や申し込みに必要な書類をお伝えしていきます。

JCB法人カードの審査難易度は?

まずはJCB法人カードの審査難易度についてです。残念ながら、クレジットカード会社は審査基準を公開していないため、審査難易度についてお伝えすることはできかねます。

しかし、ゴールドカードやプラチナカードとの比較であれば、一般カードであるJCB法人カードの審査難易度は高くないといえます。

実際に、この後口コミ・評判でもご紹介しますが、設立間もない法人様でも申し込みができたという方もいらっしゃいますので、1つの審査のないんどとして参考になるかと思います。

クレジットカードの利用をするということは、クレジットカード会社と信用取引をしているということです。つまり、審査において「利用者を信用できるか否か」ということが重要となります。

そのため、普段からクレジットヒストリーに傷を付けることのないようにすることが大切です。

個人事業主として申し込みの場合の必要書類

個人事業主としてJCB法人カードにお申し込みをする場合の必要書類は、「本人確認書類(免許証のコピーなど)」のみです。個人事業主の方は法人格を持たないので、個人の確認書類のみで簡単にお申し込みいただけます。

個人事業主として申し込みの場合の
必要書類
本人確認書類(免許証のコピーなど)

法人として申し込みの場合の必要書類

続いて法人としてJCB法人カードにお申し込みする場合の必要書類についてです。

法人として申し込む場合は、発行日から半年以内の「現在事項全部証明書」または「履歴事項全部証明書」(原本あるいはコピー)、法人代表者の運転免許証などが必要です。

さらに、必要に応じて実質的支配者の確認を求められることもあるようです。組織体制によっても確認事項は異なりますので、お申し込みの際に不明な点がある場合はJCBに問い合わせをすることがおすすめです。

法人として申し込みの場合の必要書類
  • 発行日から半年以内の「現在事項全部証明書」または「履歴事項全部証明書」(原本あるいはコピー)
  • 本人確認書類(免許証のコピーなど)

★必要に応じて実質的支配者の確認を求められる場合もあります。

以上、JCB法人カードの審査難易度や申し込みに必要な書類についてお伝えいたしました。

次章では、JCB法人カード利用者の口コミ・評判を確認していきます。JCB法人カードは、利用者からどのような評価を得ているのでしょうか?審査やデメリットになるポイントなど、利用者の声をご紹介いたします。

利用者の口コミ・評判は?デメリットもあわせて確認しましょう

利用者の口コミ・評判を確認 ここからはJCB法人カードの口コミ・評判を確認していきます。実際のJCB法人カード利用者のリアルな声を確認して、申し込みをするかどうかの判断にお役立ていただければ幸いです。

法人設立間もないタイミングでJCB法人カードが作れた


こちらの口コミは、法人を設立して3ヵ月目のタイミングでJCB法人カードを作ることができたというものです。

JCB法人カードの審査基準は公開されておりませんが、法人設立間もない時期でもJCB法人カードの発行ができたという口コミは複数確認することができました。

JCB法人カードの審査に必ず通る方法はございませんが、1つの参考としていただければ幸いです。

JCB法人カードはApple Pay(アップルペイ)非対応


JCB法人カードは現時点ではApple Pay(アップルペイ)非対応となっています。Apple WatchやiPhoneでの決済をしたい方にとってはデメリットとなります。

しかし、QUICPay(クイックペイ)には対応しておりますので、こちらもあわせて活用してみてはいかがでしょうか。

ポイントが貯めづらい


続いてご紹介する口コミは、JCB法人カードのポイントが貯めづらいというものです。JCB法人カードの基本のポイント還元率は0.5%ですので、他のクレジットカードと比較しても平均的な水準となります。

しかし、JCB法人カードにはポイントアップを狙える「JCB STAR MEMBERS(スターメンバーズ)」というポイントアップを狙えるサービスがあり、最大で0.75%のポイント還元率でお得にポイントを貯めていくことができます。

ただし、ポイントアップが狙える年間カード利用額は、最低30万円。毎月の利用額が25,000円以下の方ですと、基本還元率である0.5%の水準となってしまいますのでご注意ください。

まとめ|JCB法人カードは年会費以上にお得なおすすめ法人カード

ここまでお読みいただきありがとうございます。JCB法人カードのお申し込みを検討いただければ幸いです。最後に、当記事でお伝えした内容を振り返っていきます。

JCB一般法人カードがおすすめの方
  • JCBプロパーカードのステータス性を求める方
  • 年会費を極力抑えたいが、ビジネスに役立つ付帯サービス・特典も求めている方
  • 国内・海外出張が多い方



JCB一般法人カードは、初年度の年会費が無料(インターネット申し込みの場合)、2年目以降でも1,375円(税込)とお得に利用できるおすすめ法人カードです。

お手頃な年会費でも、付帯サービス・特典は充実しているので、ビジネスにお役立ていただけることでしょう。

そんなJCB一般法人カードですが、今ならお得な期間限定のキャンペーンを開催しています。お申し込みを検討している方は、キャンペーン期間中の申し込みがおすすめです。

期間限定キャンペーン中!
JCB法人カードのお申し込みはこちら



※ゴールドカードやプラチナカードなど他の法人カードとも比較検討したい方は、別記事「人気の法人・ビジネスカード2021年最新ランキング」の記事も参考にしてください。

FAQ

ここからは、JCB法人カードの気になる疑問にお答えしていきます。

個人事業主でも発行できますか?

JCB法人カードは、個人事業主でも発行可能です。JCB法人カードの申し込み資格は「個人事業主または経営者の方(学生、未成年を除く)」と定められています。

追加クレジットカードは何枚まで発行可能ですか?

JCB法人カードの追加カードの発行枚数には制限がありません。会員専用WEBサービス「MyJCB」・JCBホームページ・お電話(自動音声)にて追加カードのお申し込みが可能です。

年会費は経費で落とせますか?

基本的に法人カードの年会費は経費として計上することが可能であり、JCB法人カードも例外ではありません。勘定科目は諸会費と支払手数料のどちらかとなります。(詳しい計上方法は税理士にご相談ください。)

JCB法人カードの締め日・支払い日はいつですか?

JCB法人カードの締め日は毎月15日、支払い日は翌月10日です。(支払い日が土・日・祝日の場合は翌営業日となります。)

分割払いは対応していますか?

JCB法人カードは1回払いもしくは2回の分割払いの選択が可能です。

キャッシング機能は付帯していますか?

JCB法人カードはキャッシングに対応していません。

期間限定キャンペーン中!
JCB法人カードのお申し込みはこちら



以上、最後までお読みいただきありがとうございました。
PICKUP
CONTENTS

年会費無料の法人カード6選を徹底比較【最新おすすめランキング】

ビジネスに役立つ機能が人気の法人カードですが、できるだけ年会費などのコストをかけずに利用ができたら嬉しいですよね。しかし、法人カードは年会費がかかるものが多く、完全に年会費無料の法人カードは少ないのが現状です。 一方で年...
2021.09.14

アメックスビジネスゴールドの特典・キャンペーンや審査について解説

高いステータス性で人気を誇るアメリカン・エキスプレスカード。信用力が大事な経営において、どんな法人カードを利用するかは重要です。 今回ご紹介するのは、経営者様に人気のアメックスビジネスゴールドカード。特典や付帯サービスが...
2021.09.13

人気のおすすめ法人クレジットカード徹底比較!2021年最新ランキング

「法人カードは種類が多くて比較が大変」「どのビジネスカードがおすすめ?」とお悩みの経営者様も多いのではないでしょうか。法人カードは、少なくとも全100種類以上。これだけカードの種類が多いと、全てのクレジットカードを比較し...
2021.01.05