当ページに含まれる広告と商品評価について
当ページには広告リンクが含まれており、当ページを経由して商品・サービスの申込みがあった場合、提携している各掲載企業から広告報酬を受け取ることがあります。ただし、当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無に一切関わらず、コンテンツポリシーに基づき、当サイト独自の調査と実際に使用したレビューをもとに掲載しております。当サイトで得た収益は、皆様により役立つコンテンツを提供するために、品質向上等に還元しております。
2024年最新!教育訓練給付金制度対象のプログラミングスクールおすすめ16選

教育訓練給付金制度対象のプログラミングスクールおすすめ16選【2024年6月最新】


安い料金でプログラミングスクールを受講したい社会人におすすめが教育訓練給付制度の利用。働きながら学びたい方の受講料金を国が支援する給付金制度で、プログラミングスクールなどの対象講座修了後、受講料金の一部が給付金(助成金)として支給される口コミでも評判の制度です。

教育訓練給付制度の概要 教育訓練給付制度とは、働く方々の主体的な能力開発やキャリア形成を支援し、雇用の安定と就職の促進を図ることを目的として、厚生労働大臣が指定する教育訓練を修了した際に、受講費用の一部が支給されるものです。
出典:教育訓練給付制度とは(厚生労働省)

専門スキルの習得が対象の専門実践教育訓練給付金は受講料金の最大70%が助成金として支給され、安い料金でプログラミングなどを学べる制度。プログラミングスクールの受講料金は数十万円の場合もあり、安い料金でプログラミングスクールを受講したい方は教育訓練給付金制度の確認がおすすめです!

給付金の受給対象者なら、教育訓練給付金制度対象の講座があるプログラミングスクールの確認がおすすめですが、教育訓練給付金制度が複雑で、どのプログラミングスクールの講座が給付金制度対象か分からないとの口コミも。

この記事では、教育訓練給付金制度を利用できるプログラミングスクールの選び方や受給資格・申請方法を徹底解説。特徴や学習カリキュラムに加え、転職支援付きのスクールや転職保証付きなど、教育訓練給付金制度を利用可能なおすすめのプログラミングスクール16選として2024年6月の最新情報で比較・紹介します。

教育訓練給付金制度の対象講座がおすすめのプログラミングスクール

給付金や助成金を利用してプログラミングスクールを受講したい方におすすめが、教育訓練給付金制度の対象講座があるプログラミングスクール。受講料金の最大70%が支給される専門実践教育訓練給付金の対象講座や、最大20%が支給される一般教育訓練給付金の対象講座の受講がおすすめです!

現役のプロに無料相談・TechAcademy
累計受講者数3万人以上の人気オンラインプログラミングスクールで、プログラミング未経験でも基礎から実践スキルまで学べる上、現役エンジニア講師の学習サポートも充実/専門実践教育訓練給付金制度の対象講座であるAI・Python関連コースのほか補助金対象講座が多数 詳細へ
インターネットアカデミー・AIコース
他のプログラミングスクールと比較してプログラミングやWEBデザインなど多くの講座が専門実践教育訓練給付金や一般教育訓練給付金の対象講座で、受講前の無料相談がおすすめ/オンラインや教室学習など選べる受講スタイルも評判のITスクール 詳細へ
未経験者向けプログラミングスクール・DMM WEBCAMPエンジニア転職
IT・WEB業界大手DMMグループのプログラミングスクールで紹介可能な求人が多く就職支援が充実と評判/専門実践教育訓練給付金の対象講座でAIやクラウドの専門技術まで学べる専門技術コースのほか、働きながらエンジニア転職を目指す社会人におすすめの就業両立コースも 詳細へ
テックキャンプ
最短10週間でITエンジニア転職可能なプログラミングスクールで、転職できない場合の返金保証が評判/専門実践教育訓練給付金制度で受講料金の最大70%が支給される上、転職活動支援やキャリアサポートも充実 詳細へ

目次

一部プログラミングスクールが給付金(助成金)対象~教育訓練給付制度とは

一部プログラミングスクールが給付金(助成金)の対象!教育訓練給付制度とは?

教育訓練給付制度は厚生労働大臣が指定したプログラミングスクールの対象講座などを受講し、受給条件を満たした場合に給付金(助成金)が支給される制度。教育訓練給付金制度には3種類の給付金があり、対象講座や給付率が違います。

教育訓練給付金制度の種類と給付率
専門実践教育訓練給付金 受講料金の最大70%(上限56万円)
特定一般教育訓練給付金 受講料金の40%(上限20万円)
一般教育訓練給付金 受講料金の20%(上限10万円)
出典:教育訓練給付制度(ハローワーク)

専門実践教育訓練給付金の場合は受講料金の最大70%を給付金として受給でき、給付率が小さい一般教育訓練給付金は受講料金の20%、上限10万円の給付金を受け取れます。プログラミングスクールの受講料金は安くないため、プログラミングスクールで学習したい方なら教育訓練給付制度の確認がおすすめです。

以下、給付率や受給条件など3つの給付金の違いを解説します。

専門実践教育訓練給付金~受講料金の最大70%(上限56万円)を支給

教育訓練給付金制度の中で給付率が高い専門実践教育訓練給付金は、プログラミングスクールなどの受講料金の50%(上限は年間40万円まで)がハローワークから支給される給付金制度。さらに受講修了後1年以内に雇用保険の被保険者として雇用や資格取得の条件を満たした場合、受講料金の20%(上限は年間16万円)の追加給付金が支給され、最大で受講料金の70%(上限56万円)の給付金を受けられます。

特定一般教育訓練や一般教育訓練給付金と比較して専門実践教育訓練給付金は中長期間のキャリア形成が目的で、専門的な職業訓練・資格取得が可能なプログラミングスクールの講座や専門学校・専門職大学院の教育課程が対象。専門実践教育訓練給付金対象のプログラミングスクールの講座やコースの受講期間は原則1~3年です。

プログラミングスクールの対象講座はAIやデータサイエンスを学べる講座やWEBアプリ開発のスキルを習得でき、転職先の紹介などの転職支援付きのプログラミング講座。専門実践教育訓練給付金対象のプログラミングスクールは未経験でもITスキルを習得し、エンジニアとして転職・キャリアアップしたい方におすすめです。

また、経済産業省認定の第四次産業革命スキル習得講座(Reスキル講座)も専門実践教育訓練給付金の対象で、一部プログラミングスクールの講座がReスキルの認定講座です。

●プログラミングスクールの第四次産業革命スキル習得講座(Reスキル講座)とは
Reスキル講座のロゴ

第四次産業革命スキル習得講座(Reスキル講座)とは将来、雇用増大の可能性があるIT・データの専門知識を習得しキャリアアップ目指すプログラミングスクールなど、専門的・実践的な教育訓練講座を経済産業大臣が認定する制度。

第四次産業革命スキル習得講座(Reスキル講座)も専門実践教育訓練給付金の対象講座で、条件を満たせばプログラミングスクールの受講料金の最大70%(上限56万円)を給付金として受給可能。第四次産業革命スキル習得講座の対象はAIアプリ開発に必要なスキルを学べる講座や機械学習やAIで利用の多いプログラミング言語Pythonを習得できる講座などプログラミングスクールのAI関連講座が認定されています。

未経験からAIや機械学習のエンジニアになりたい方は専門実践教育訓練給付金対象のプログラミングスクールやReスキル認定講座・コースの比較・確認がおすすめです。

専門実践教育訓練給付金制度対象のおすすめプログラミングスクールへ

特定一般教育訓練給付金~受講料金の最大40%(上限20万円)を支給

受講料金の最大40%(上限20万円)が支給される特定一般教育訓練給付金は専門実践教育訓練給付金と比較して、受講期間は1年と短期間。短期間でITエンジニアなどへキャリア形成可能なプログラミングスクールなどの講座が特定一般教育訓練給付金の対象講座として認定されています。

給付金受給前に訓練前キャリアコンサルティングが必要で、給付金支給額は最大40%。特定一般教育訓練給付金対象のコース・講座があるプログラミングスクールは通学する学習スタイルの講座はある一方、オンラインで学習できる講座は少ないため、オンラインでのプログラミング学習を検討中の方は専門実践教育訓練給付金制度対象のプログラミングスクールの講座・コースの検討がおすすめです。

一般教育訓練給付金~受講料金の最大20%(上限10万円)を支給

教育訓練給付金制度の中で仕事に役立つスキルや資格を取得可能な講座が対象の一般教育訓練給付金は情報通信技術などプログラミングスクールを含む幅広い分野の講座が対象で、受講料金の最大20%(上限10万円)が支給されます。

AI・機械学習など専門性の高い学習・スキル習得が必要な専門実践教育訓練給付金と比較して、一般教育訓練給付金は給付金支給額が少ない一方、プログラミングスクールの講座で、短期間でIT関連の資格取得やWEBデザインなどのスキルを習得したい方向けの給付金です。

一般教育訓練給付金は専門実践教育訓練給付金のような訓練前キャリアコンサルティングやハローワークでの受給資格確認が必要なく、一般教育訓練給付金の対象講座・コースがあるプログラミングスクールやWEBデザインスクールの確認がおすすめです。

一般教育訓練給付金制度対象のおすすめプログラミングスクールへ

教育訓練給付金制度の受給条件~雇用保険の加入期間の確認が必要

教育訓練給付金には雇用保険の加入期間などの受給条件があり、プログラミングスクール・講座の受講で教育訓練給付金制度を利用したい場合は条件や受給資格の確認が必要。教育訓練給付金制度の受給資格・条件で確認が必要な情報はプログラミングスクールの講座の受講開始予定日に在職中か、雇用保険の加入期間、過去の教育訓練給付金制度の利用有無です。

現在は離職中の方も教育訓練給付金の支給対象ですが、離職期間の確認も必要。以下で教育訓練給付金制度の受給条件・資格を紹介します。

教育訓練給付金制度受給条件
引用元:教育訓練給付制度のご案内(厚生労働省)

過去にプログラミングスクールの受講などで教育訓練給付金の支給を受けた方も対象ですが、前回の受講開始日以降に被保険者としての雇用保険加入期間が3年以上の場合が支給対象です。

必要な雇用保険の加入期間を満たす場合に教育訓練給付金の支給を受けられ、専門実践教育訓練給付金の支給対象は雇用保険の加入期間2年以上、一般教育訓練給付金・特定一般教育訓練給付金の場合は雇用保険の加入期間1年以上が支給条件です。

なお、下記条件に該当する場合は教育訓練給付金の受給資格がなく、プログラミングスクールの受講などで補助を受けられません。

  • 離職後1年以上
  • 雇用保険の加入期間が1年未満
  • 前回の教育訓練給付から雇用保険の加入期間が3年未満

プログラミングスクール受講開始前の自分が給付金の支給対象かの確認や受講後の申請はハローワークへ

教育訓練給付金の受給条件を紹介しましたが、雇用保険の加入期間や過去の教育訓練給付金の利用が分からない場合は、プログラミングスクールの対象講座の受講開始日の1ヶ月前までにハローワークで自分が給付金の支給対象か、受給資格を確認できます。

また受講前にキャリアコンサルティングも必要で、教育訓練給付金制度対象の講座・コースを受講したい方はまず相談がおすすめ。プログラミングスクールの講座受講修了後、教育訓練給付金の支給にはハローワークでの支給申請も必要です。

教育訓練給付制度は、下記で紹介する給付金を受給可能なプログラミングスクールの無料相談でも確認可能!気になる教育訓練給付制度対象のプログラミングスクールや講座があれば無料相談で詳細の確認がおすすめです。

【解説】受給条件の確認からプログラミングスクールの受講、給付金の支給までの流れ
  1. ハローワークで受給資格や支給要件の確認
  2. ハローワークで訓練前キャリアコンサルティングの受講とジョブカードの作成
  3. プログラミングスクール受講前の申請手続き(書類提出)
  4. プログラミングスクールの受講
  5. 給付金の支給申請手続き(書類提出)

専門実践教育訓練給付金制度対象のおすすめプログラミングスクール12選

専門実践教育訓練給付金対象のおすすめプログラミングスクール

以上、教育訓練給付制度の概要や受給資格・条件を紹介しましたが、当記事のおすすめは未経験でもプログラミングの基礎から実践スキルまで習得でき、エンジニアへの就職・転職も可能な専門実践教育訓練給付金制度対象のプログラミングスクール

企業紹介などの就職・転職支援や、オンライン学習・教室学習が可能なプログラミングスクールもあり、学習内容や受講期間もコースや講座で違います。以下、受講料金の最大70%の補助を受けられる専門実践教育訓練給付金制度対象のおすすめプログラミングスクールを紹介します。

専門実践教育訓練給付金対象のプログラミングスクールのコース・講座一覧

下記は当記事がおすすめする専門実践教育訓練給付金対象の各プログラミングスクールのコース・講座の通常受講料金と実質受講料金の比較一覧表。実質受講料金はプログラミングスクールの受講料金の最大70%(上限56万円)を専門実践教育訓練給付金として受給した場合の自己負担額です。

専門実践教育訓練給付金対象のおすすめのプログラミングスクール・講座12校の比較
プログラミングスクール/コース・講座 受講形式 受講期間 受講料金(税込) 実質料金(税込)
テックアカデミー/AIコースなど オンライン 2ヶ月~ 240,900円~ 87,600円~
インターネットアカデミー/AIエンジニア育成コース オンライン/教室 最大1年 456,500円 136,950円
DMM WEBCAMP/エンジニア転職・専門技術コース オンライン 4ヶ月 910,800円 350,800円
テックキャンプ/エンジニア転職コース オンライン/教室 10週間~ 657,800円~ 197,340円~
RUNTEQのWEBエンジニア転職コース・Ruby on Rails専攻 オンライン 5~9ヶ月 550,000円 165,000円
テックアイエス/長期PROスキルコース オンライン/教室 6ヶ月 686,400円 205,920円
テックブースト/Ruby・PHP・Javaコース オンライン 6ヶ月~ 625,020円~ 187,506円~
Aidemy Premium/AIアプリ開発・データ分析・自然言語処理講座 オンライン 3ヶ月 528,000円 158,400円
キカガク/AI人材育成長期コース オンライン 6ヶ月 792,000円 237,600円
ディープロ/4ヶ月短期集中コース オンライン 4ヶ月 797,800円 239,340円
ジーズアカデミー/週末集中コース・フルタイム総合コース オンライン 6ヶ月 429,000円~ 112,200円~
データミックス/データサイエンティスト育成講座 オンライン 9ヶ月 940,500円 282,150円

以下、専門実践教育訓練給付金対象の各プログラミングスクール・講座の特徴やおすすめ理由を比較・紹介します。

テックアカデミー~給付金・補助金対象コースが豊富なオンラインプログラミングスクール

受講料最大70%キャッシュバック(TechAcademy)

累計3万人以上が受講するプログラミングスクール・テックアカデミーでは、AI・データサイエンスコースやPythonとのセットコースが専門実践教育訓練給付金の対象講座。現役エンジニア講師の学習サポートで効率的に学習できると口コミでも評判のオンラインプログラミングスクールです。

テックアカデミーの給付金対象講座は、AIやPython、データサイエンスの基礎から実践スキルまで習得したい方や、未経験からAIエンジニアやデータサイエンティストとして転職したい方におすすめで、他のプログラミングスクールと比較して受講期間が短い上、給付金を受給した場合は実質料金10万円以下と安い点もおすすめ。現役エンジニアのメンター(講師)の学習サポートや無料の就職・転職支援も受講生から良い評判です。

テックアカデミーの教育訓練給付金対象コースは以下の通りで、いずれもオンラインで受講可能です。

テックアカデミーの教育訓練給付金対象コース・講座 受講料金(税込) 実質料金(税込) 受講期間 他のプログラミングスクールと比較した特徴・おすすめ理由
AIコース 240,900円 87,600円 8週間(2ヶ月) AIの基礎から機械学習・ディープラーニングの実践スキルまでオンラインで学習可能(12週間・16週間プランも)
データサイエンスコース 240,900円 87,600円 8週間(2ヶ月) Pythonや統計学の基礎から学習可能でデータサイエンティストになりたい方におすすめ(12週間・16週間プランも)
Python+AIセット 338,800円 123,200円 8週間(2ヶ月) AIや機械学習に必要な知識やスキルを習得でき、Pythonのプログラミングまで学習したい方におすすめ(12週間・16週間・24週間プランも)
またテックアカデミーはリスキリングを通じたキャリアアップ支援事業の対象プログラミングスクールで、専門実践教育訓練給付金と同様、受講料金の最大70%の補助を受けられるコース・講座が豊富。給付金・補助金を利用して安く学習したい方に、おすすめのプログラミングスクールです。

以下、キャリアアップ支援事業の給付金を利用可能なコースと最大70%の補助を受けた場合の実質料金の一覧です。

テックアカデミーのキャリアアップ支援事業対象コース 8週間プランの受講料金(税込) 補助金利用時の実質料金
Ruby on Railsコース/Javaコース/フロントエンドコースなど 240,900円 87,600円
はじめての副業コース/WEBデザインコース 372,900円 135,600円

最短受講期間8週間で給付金を利用でき、他のプログラミングスクールと比較して料金が安い

給付金の利用で他のプログラミングスクールと比較して安い料金で受講でき、最短受講期間8週間でAI・Python・データサイエンスなどの知識やスキルをオンラインで習得可能な点もテックアカデミーのおすすめ理由。給付金を利用しても受講料金10万円以上のプログラミングスクールも多く、安い費用でAIやPythonを学習したい方におすすめのオンラインプログラミングスクールです。

またテックアカデミーのPythonコースは給付金対象講座でない一方、AIコースやデータサイエンスコースとのセット受講が給付金対象講座で、安い受講料金でPythonやAIのスキルを習得できると口コミで評判のプログラミングスクールです。

メンター(講師)の質問対応などオンラインの学習サポートも充実したプログラミングスクール

テックアカデミーは教育訓練給付金制度の対象講座やキャリアアップ支援事業の対象講座など給付金や補助金を利用できるコースが多く、他のプログラミングスクールと比較して安い受講費用に加え、オンラインの学習サポートも充実と評判のプログラミングスクール。

受講期間中は毎日オンラインで現役エンジニアのメンター(講師)が質問対応や課題のレビューで学習をサポートし、エンジニアとしての仕事やキャリアについても質問可能。プログラミング未経験者でも学びやすいと口コミでも良い評判のプログラミングスクールです。

プログラミングスクール受講前にオンラインで1週間の無料体験や無料相談も可能

テックアカデミーの給付金・補助金対象講座を受講したい場合は、1週間の無料体験やメンターへの無料相談の利用がおすすめ。オンラインのプログラミング学習を無料で経験できる上、現役エンジニア講師に学習方法やコース選びを無料で相談できると口コミでも評判のプログラミングスクールです。

無料体験ができるプログラミングスクールは少なく、オンラインの無料体験でテックアカデミーと他の給付金対象のプログラミングスクールの比較もでき、給付金・補助金の詳細を確認したい方も公式サイトから無料体験や無料相談の利用がおすすめです。

給付金・補助金対象講座が多く、安い料金で学習できるプログラミングスクール!テックアカデミー公式サイトへ
オンラインプログラミングスクール・テックアカデミーの給付金・補助金対象講座の詳細は、別記事「テックアカデミーの評判・口コミと2024年最新料金」でも解説中です。

インターネットアカデミーのAIエンジニア育成コース

給付金最大支給額56万円・Internet Academy

AIエンジニア育成コースが専門実践教育訓練給付金制度対象のインターネットアカデミーは1995年創業・卒業生3万人以上でプログラミングだけでなく、WEBデザインやWEBマーケティングのスキルを学べるコースも。大手企業に転職する卒業生が多いと口コミでも評判のプログラミングスクールです。

専門実践教育訓練給付金を利用したい方におすすめのAIエンジニア育成コースは、受講料金の最大70%(上限56万円)が給付金として支給されて安い料金で受講でき、AIエンジニアに必要なプログラミング言語Pythonを学習し、AI・機械学習のスキルも習得可能。またWEBサイト制作に必要な知識も学習でき、プログラミングスクール受講修了後にAIを利用したサービス開発をしたい方などにおすすめの講座です。

インターネットアカデミーで教育訓練給付金制度対象のコース・講座は上記で紹介した専門実践教育訓練給付金が受給できるコース以外に、WEBデザイナー総合コースやプログラマー入門コース+PHP講座も受講料金の最大20%(上限10万円)を受給可能な一般教育訓練給付金の対象コースに認定され、AI以外の知識・スキルも習得したい方に口コミで評判のプログラミングスクールです(インターネットアカデミーの一般教育訓練給付金制度の対象講座へ)。
インターネットアカデミーの教育訓練給付金対象コース・講座 受講料金(税込) 実質料金(税込) 受講期間 他のプログラミングスクールと比較した特徴・おすすめ理由
AIエンジニア育成コース 456,500円 136,950円 12ヶ月 未経験でもプログラミング言語Pythonを利用したAIプログラミングの基礎から実践スキルまで習得可能/機械学習や深層学習を利用したシステム開発が可能でAIエンジニアになりたい方やAIのスキルを習得してキャリアアップしたい方におすすめ
IoTエンジニア育成Bコース 688,160円 206,448円 12ヶ月 プログラミングに加えサーバーなどのスキルも学べ、IoT関連のアプリ開発に必要なスキルを習得したい方におすすめのコース
AI×IoTエンジニア育成コース 902,990円 342,990円 12ヶ月 AIエンジニア育成コースとIoTエンジニア育成Bコース両講座のスキルを習得できる/Pythonを利用したAIプログラミングとIoTのサービス開発を学べるおすすめコース

オンライン・教室など豊富な受講スタイルもおすすめのプログラミングスクール

インターネットアカデミーは受講スタイルが豊富なプログラミングスクールでオンラインで受講可能な授業や講師とのマンツーマン授業などが口コミでも評判。受講期間内は授業の受け直しも可能で、オンラインで質問可能な点もおすすめのプログラミングスクールです。

また、東京の渋谷・新宿のインターネットアカデミーの教室では講師に直接質問でき、対面で学びたい未経験・初心者にもおすすめ。教室学習が可能なプログラミングスクールは多くないため、教室で質問もできるインターネットアカデミーは口コミでも評判で、校舎で集中して学習したい方にもおすすめのプログラミングスクールです。

受講可能期間が12ヶ月と長く、社会人でも受講しやすいと口コミで評判

社会人におすすめのインターネットアカデミーのAIエンジニア育成コースの特徴は受講可能期間が12ヶ月と長く、働きながら学習しやすい点。学習カリキュラムが早く終った場合は開発などをして、分からない点を講師に質問できたり、忙しい時は学習時間を減らせると口コミでも評判のプログラミングスクールです。

またインターネットアカデミーの受講生の80%が未経験から学習を開始し、AIで利用の多いプログラミング言語Pythonの基礎から実践スキルまで学べると評判のプログラミングスクール。マンツーマン授業で質問可能な点もプログラミング未経験者にインターネットアカデミーをおすすめする理由です。

インターネットアカデミーのAIエンジニア育成コースは未経験からAIエンジニアになりたい方におすすめで、専門実践教育訓練給付金の詳細や学習カリキュラムについてはプログラミングスクール・インターネットアカデミーの無料カウンセリングがおすすめです!

教育訓練給付金対象講座が豊富なプログラミングスクール!インターネットアカデミーの無料カウンセリングは公式サイトへ
運営実績25年以上と未経験者向けのサポートが評判のプログラミングスクール・インターネットアカデミーの詳細は、別記事「インターネットアカデミーの評判・口コミと2024年最新料金」でも解説中です。

DMM WEBCAMPエンジニア転職~オンラインの学習・転職支援がおすすめのプログラミングスクール

DMM WEBCAMP エンジニア転職

オンラインで学習サポートや転職支援を受けられ、未経験からITエンジニアに転職成功する卒業生も多いDMM WEBCAMPは、転職目的の方におすすめのプログラミングスクール。DMM WEBCAMPには第四次産業革命スキル習得講座の認定講座で、専門実践教育訓練給付金制度対象の専門技術コースと就業両立コースがあります。

フルタイムで未経験からAIやクラウドの専門技術まで学習し、最短受講期間4ヶ月でエンジニアに転職したい方には専門技術コース、働きながらエンジニア転職を目指す方には就業両立コースが給付金対象のプログラミングスクールとしておすすめ。専門実践教育訓練給付金対象の社会人なら専門技術コースを実質350,800円、就業両立コースを実質329,350円で受講できます。

専門実践教育訓練給付金を利用できる専門技術コースは、チーム開発やポートフォリオ作成も含み、AIまたはクラウドの専門スキルまで学べる学習内容が他のプログラミングスクールと比較した特徴で、フルタイムで学習が可能な退職済みの社会人におすすめのコースです。

一方、給付金を利用して働きながら学びたい方におすすめが受講期間6ヶ月の就業両立コースで、ポートフォリオを作成できる個人開発を含むカリキュラムがおすすめ。オンラインでプログラミング学習のサポートや転職活動支援を受けられ、未経験からITエンジニアに転職したい方におすすめのプログラミングスクールです。

DMM WEBCAMPエンジニア転職は毎日13~22時に講師に質問可能なオンラインの学習サポートも評判で、他のプログラミングスクールと比較して課題レビューも回数無制限。スキルが習得できるまで受けられる学習サポートもおすすめの給付金対象プログラミングスクールです。

DMM WEBCAMPエンジニア転職の教育訓練給付金対象コース・講座 受講料金(税込) 実質料金(税込) 受講期間 他のプログラミングスクールと比較した特徴・おすすめ理由
専門技術コース 910,800円 350,800円 4ヶ月 最短4ヶ月で未経験でもエンジニア転職が可能で、1ヶ月目にWEB開発やプログラミング言語の基礎スキル、2ヶ月目でチーム開発、3ヶ月目でポートフォリオ作成、最後の1ヶ月でAIまたはクラウドの専門スキルまで学べる実践的なカリキュラムが特徴
就業両立コース 889,350円 329,350円 6ヶ月 働きながら6ヶ月でエンジニアとして転職可能なレベルのスキルを習得可能で、WEB開発に必要なHTML・CSS・Rubyなどのプログラミング言語に加えて、転職活動向けのポートフォリオも作成可能/挫折しないための学習サポートもおすすめ

求人紹介などの就職支援・転職サポートが口コミでも評判のプログラミングスクール

DMM WEBCAMPはWEB業界大手・DMMグループが運営のプログラミングスクールで紹介可能な求人が多く、転職先として600社以上を紹介可能で、就職支援・転職サポートも手厚く、給付金を利用してWEBサービス開発会社に転職したい方におすすめのプログラミングスクールです。

プログラミングスクール・DMM WEBCAMPの卒業生の転職先や給付金(補助金)について詳しく知りたい方は公式サイトから無料カウンセリングがおすすめです!

最短期間4ヶ月でエンジニア転職可能なプログラミングスクール!DMM WEBCAMPエンジニア転職コース公式サイトへ
転職サポートがおすすめのプログラミングスクール・DMM WEBCAMPの詳細は、別記事「DMM WEBCAMP(ウェブキャンプ)の評判・口コミと2024年最新料金」でも解説中です。

テックキャンプ~エンジニア転職保証付きのプログラミングスクール

給付金活用で最大70%支給(テックキャンプ)

第四次産業革命スキル習得講座に認定され、専門実践教育訓練給付金対象のテックキャンプ・エンジニア転職は、未経験でも最短10週間でエンジニア転職を目指せるプログラミングスクール。転職できない場合は受講料金が全額返金される転職保証付きで高い転職成功率も未経験からのITエンジニア転職におすすめと口コミで評判です。

専門実践教育訓練給付金を利用して、安い費用で未経験から早くエンジニアとして就職・転職したい方にテックキャンプはおすすめのプログラミングスクールです。

テックキャンプの短期集中スタイルコースは終日学習できる方が対象、夜間・休日スタイルコースは働きながら学習したい方が対象で、選べる学習スタイルもおすすめのプログラミングスクールです。

テックキャンプ・エンジニア転職の教育訓練給付金対象コース・講座 受講料金(税込) 実質料金(税込) 受講期間 他のプログラミングスクールと比較した特徴・おすすめ理由
短期集中スタイルコース(オンラインプラン) 657,800円 197,340円 10週間 未経験でも最短10週間でエンジニア転職を目指せる短期集中スタイルコースと、働きながらエンジニア転職に向けて学習できる夜間・休日スタイルコースを選べる/両コースとも専門実践教育訓練給付金の対象講座で転職保証付き
夜間・休日スタイルコース(オンラインプラン) 877,800円 317,800円 6ヶ月

短期集中スタイルなら未経験でも最短10週間でエンジニアに必要なスキルを学習可能

未経験から最短でITエンジニア転職・テックキャンプ

他の給付金対象のプログラミングスクールと比較して、テックキャンプ・エンジニア転職の短期集中スタイルコースなら最短10週間でプログラミング言語Rubyを学習し、WEBエンジニアに必要なスキルを学習可能。アプリ開発を含む600時間の学習カリキュラムで、未経験でも実践的な開発スキルまで習得できる点がおすすめと口コミでも評判のプログラミングスクールです。

またテックキャンプ・エンジニア転職は講師にオンラインで質問可能な上、学習の進捗確認サポートもあり、受講生の転職成功率が高い点もおすすめのプログラミングスクールです。

企業紹介などの就職支援やキャリアサポートも充実した転職保証付きプログラミングスクール

他のプログラミングスクールと比較してテックキャンプが口コミでも評判の理由が転職保証で、受講修了後6ヶ月の就職支援・キャリアサポートで転職できなかった場合は受講料金が全額返金されます。

無料で受けられる転職活動サポートには企業紹介や面接対策、書類添削を含み、未経験でもITエンジニアとして就職・転職に成功する受講生が多い点も評判のプログラミングスクールです!

給付金(助成金)や給付金対象の各コースの学習内容、就職・転職支援の内容を知りたい方はテックキャンプ・エンジニア転職の公式サイトから無料カウンセリングがおすすめで、実際に参加して他の給付金制度対象のプログラミングスクールと比較してみましょう!

最短10週間でエンジニア転職可能なプログラミングスクール!テックキャンプ(TECH CAMP)エンジニア転職の公式サイトへ
転職・就職支援が評判のプログラミングスクール・テックキャンプの詳細は、別記事「テックキャンプの評判・口コミと2024年最新料金」でも解説中です。

RUNTEQのWEBエンジニア転職コース・Ruby on Rails専攻

給付金対象講座に認定されました!(RUNTEQ)

RUNTEQ(ランテック)は未経験でもプログラミング言語RubyやRuby on Railsのシステム開発の実践スキルまで学べると口コミでも評判のオンラインプログラミングスクールで、WEBエンジニア転職コース・Ruby on Rails専攻は第四次産業革命スキル習得講座に認定され、専門実践教育訓練給付金制度の対象講座。

受講料金の最大70%が教育訓練給付金として支給され、実質165,000円(税込)と安い料金でWEB開発を学べる上、現役エンジニア講師のポートフォリオ作成支援や質問対応などの学習サポートもおすすめのプログラミングスクール。卒業生のWEB系開発企業への転職実績も多く、自社開発企業やWEB系開発企業を紹介可能で、給付金制度を利用して未経験からITエンジニアとして就職・転職したい方におすすめのオンラインプログラミングスクールです。

RUNTEQの教育訓練給付金対象コース・講座 受講料金(税込) 実質料金(税込) 受講期間 他のプログラミングスクールと比較した特徴・おすすめ理由
WEBエンジニア転職コース・Ruby on Rails専攻 550,000円 165,000円 5~9ヶ月 受講期間9ヶ月で高いレベルのWEB開発スキルを学べる上、自社開発企業やWEB系開発企業への転職支援も評判/未経験から給付金制度を利用してWEBエンジニアに就職・転職したい方におすすめのプログラミングスクール

1,000時間の学習カリキュラムで高いレベルのWEB開発スキルをオンラインで習得可能

WEBエンジニア養成プログラミングスクール・RUNTEQ

専門実践教育訓練給付金制度の対象講座であるRUNTEQのWEBエンジニア転職コース・Ruby on Rails専攻は、他のプログラミングスクールと比較して受講期間9ヶ月・1,000時間の学習カリキュラムと現役エンジニア講師のサポートで、高いレベルのWEB開発スキルを習得可能なオンラインプログラミングスクール。

受講期間中に開発するWEBサービスはポートフォリオとして就職・転職に利用でき、他のプログラミングスクールと比較して卒業生の技術レベルが高いとの就職・転職先企業の良い評判もRUNTEQのおすすめ理由。働きながらの場合は受講期間9ヶ月、終日学習できる場合は最短5ヶ月で受講可能な点もおすすめのプログラミングスクールです。

専門実践教育訓練給付金制度を利用して、WEBエンジニアに必要な開発スキルを習得したい方にRUNTEQはおすすめのプログラミングスクールで、給付金(助成金)支給の条件や給付金対象講座の学習内容を知りたい方はRUNTEQ公式サイトから無料キャリア相談がおすすめです!

自社開発企業を紹介可能な就職・転職支援がおすすめのプログラミングスクール!RUNTEQの公式サイトへ

テックアイエスの長期PROスキルコース

テックアイエス

専門実践教育訓練給付金の対象プログラミングスクールで最大480,480円の補助金を受給でき、実質205,920円(税込)で受講できるテックアイエスの長期PROスキルコースは、6ヶ月の学習期間と6ヶ月のキャリアサポートがおすすめのプログラミングスクール。プログラミング言語PHPを利用したWEB開発の実践スキルまで習得できると口コミでも評判のスクールで、受講期間中にポートフォリオ制作も可能で、転職先企業の紹介を含むキャリアサポートも受けられます。

長期PROスキルコースのほかにデータサイエンティストコースも第四次産業革命スキル習得講座に認定された専門実践教育訓練給付金の対象講座で、テックアイエスは給付金を利用して未経験からITエンジニアやデータサイエンティストとして就職・転職したい方におすすめのプログラミングスクール。WEB開発スキルやデータ分析スキルを習得可能な上、スクールのキャリアサポートで転職活動もでき、おすすめです。

テックアイエスの教育訓練給付金対象コース・講座 受講料金(税込) 実質料金(税込) 受講期間 他のプログラミングスクールと比較した特徴・おすすめ理由
長期PROスキルコース 686,400円 205,920円 6ヶ月 学習カリキュラムにチーム開発を含み、6ヶ月で未経験でもPHPを利用したWEB開発の実践スキルまで習得可能と口コミでも評判/受講修了後、長期間6ヶ月の就職・転職サポート付きでWEBエンジニアになりたい方におすすめ
データサイエンティストコース 987,800円 427,800円 6ヶ月 プログラミング言語Pythonの基礎からデータ分析まで、幅広いAIのスキルを学習可能なコース/AIエンジニアやデータサイエンティストになりたい方におすすめ

基礎からWEB開発を学び、未経験からエンジニアとして転職を目指せるプログラミングスクール

テックアイエス・長期PROスキルコースは未経験でもWEBシステム開発の基礎から学び、充実のキャリアサポートでWEBエンジニアを目指せるプログラミングスクール。オンラインの質問に現役エンジニア講師が5分以内に回答するサポートも評判で、未経験者にもおすすめの給付金対象のプログラミングスクールです。

他のプログラミングスクールと比較して、受講修了後の最大6ヶ月の就職・転職サポート期間も特徴で、就職先の紹介や面接練習などで転職活動をサポート。卒業生の就職・転職先企業にはIT・WEB業界の大手企業も多く、給付金を利用して未経験からIT・WEBエンジニアとして就職・転職したい方におすすめのプログラミングスクールです!

テックアイエスではオンラインと広島・名古屋などの教室でプログラミング体験とキャリア相談ができる無料体験会に参加でき、公式サイトから予約可能。専門実践教育訓練給付金の詳細や料金の最新情報も無料体験会での確認がおすすめです!

質問対応やキャリアサポートが評判のプログラミングスクール!テックアイエスの無料体験は公式サイトへ

テックブーストのRuby・PHP・Javaコース

テックブースト

他の専門実践教育訓練給付金制度対象のプログラミングスクールと比較して、テックブースト(tech boost)は転職やフリーランスのエンジニアとして独立したい方におすすめのプログラミングスクール。運営会社はITエンジニア向けの転職エージェントやフリーランスエンジニア向けのサービスも提供、キャリア支援やサポートが口コミで良い評判です。

専門実践教育訓練給付金制度対象のブーストコース (Ruby・PHP)は料金の最大70%が支給され実質187,506円で受講でき、未経験でもWEB開発を基礎から学べ、企画から開発まで自分で行い、実践スキルを習得できるWEBアプリ制作もおすすめ。エンジニア転職向けのポートフォリオとしても利用でき、口コミでも評判のプログラミングスクールです。

テックブーストの教育訓練給付金対象コース・講座 受講料金(税込) 実質料金(税込) 受講期間 他のプログラミングスクールと比較した特徴・おすすめ理由
ブーストコース(Ruby・PHP) 625,020円 187,506円 6ヶ月 未経験でもWEBアプリ開発の実践スキルを習得できる/エンジニア転職やフリーランスエンジニア向けのキャリア支援・サポートが評判のプログラミングスクール
ブーストコース(Java) 1,083,720円 523,720円 10ヶ月

またオンラインの質問対応など現役エンジニア講師のサポートやオーダーメイドの学習プランもおすすめのプログラミングスクール。テックブーストの給付金(助成金)の内容や給付金対象コースについては公式サイトから無料カウンセリングがおすすめです!

キャリア支援・サポートが評判のプログラミングスクール!テックブースト(tech boost)の公式サイトへ

Aidemy PremiumのAIアプリ開発・データ分析・自然言語処理講座

Aidemy Premium(アイデミープレミアム)

AIで利用の多いプログラミング言語Python専門のプログラミングスクールAidemy Premium(アイデミープレミアム)はAIアプリ開発・データ分析・自然言語処理の各講座が第四次産業革命スキル習得講座の認定講座で専門実践教育訓練給付金の受給が可能。受講期間3ヶ月、実質158,400円でAIや機械学習のスキルを習得できると口コミでも評判のオンラインプログラミングスクールです。

機械学習を利用したWEBアプリの開発スキルを学べるAIアプリ開発講座やデータ分析スキルを習得可能なデータ分析講座、機械学習や自然言語処理を学べる自然言語処理講座などAidemy Premiumの給付金対象講座では、教育訓練給付金制度対象の他のプログラミングスクールと比較して実践的なAIスキルを学べると口コミでも評判です。

Aidemy Premiumの教育訓練給付金対象コース・講座 受講料金(税込) 実質料金(税込) 受講期間 他のプログラミングスクールと比較した特徴・おすすめ理由
AIアプリ開発講座 528,000円 158,400円 3ヶ月 未経験でもプログラミング言語Pythonを利用したWEBアプリ開発で実践スキルの習得が可能/WEBアプリ開発に必要な知識を学び、AIエンジニアとして転職したい方におすすめ
データ分析講座 528,000円 158,400円 3ヶ月 未経験でもプログラミング言語Pythonや機械学習を学べ、データ分析スキルも習得可能/データアナリストやデータサイエンティストになりたい方におすすめ
自然言語処理講座 528,000円 158,400円 3ヶ月 プログラミング言語Python・機械学習に加え、自然言語処理の応用スキルまで習得可能/機械学習エンジニアやAIエンジニアになりたい方におすすめ

未経験でも3ヶ月でAI開発やPythonを学べる人気のオンラインプログラミングスクール

上記で紹介した第四次産業革命スキル習得講座認定のAidemy Premiumの各講座は、未経験でも3ヶ月でAI開発に必要な知識やプログラミング言語Pythonの基礎から応用スキルを習得可能な学習カリキュラム。給付金を利用して未経験からAIエンジニア・機械学習エンジニアになりたい方におすすめのプログラミングスクールです。

Aidemy Premiumはオンライン学習で、働きながらでも受講しやすいと口コミでも評判のプログラミングスクール。教室での学習はないものの、オンラインで他の受講生と交流可能で、講師に質問できる点もAidemy Premiumの特徴です。

また、Aidemy Premiumは他のプログラミングスクールと比較して受講修了後1年間のキャリアサポートも口コミで評判。キャリアカウンセリングや求人紹介などのキャリアサポートを受けられ、受講後に転職したい方にもおすすめのプログラミングスクールです。

JDLA認定・E資格取得講座も専門実践教育訓練給付金制度の対象

Aidemy PremiumはAIエンジニアの技能認定資格JDLA認定・E資格取得講座も専門実践教育訓練給付金制度の対象講座。給付金を利用して安い受講料金でE資格を取得したい方にもAidemyはおすすめのプログラミングスクールです。

Aidemy PremiumのE資格対策講座は合格保証付きでE資格試験のサポートが受けられる点もおすすめ。E資格取得向けの学習カリキュラムは100時間以上、講師への質問は回数無制限で、給付金の利用で実質98,340円で受講できます。

Aidemy Premiumの専門実践教育訓練給付金の内容や学習カリキュラムについてはプログラミングスクールAidemy Premium公式サイトでの確認がおすすめです!

無料オンライン相談がおすすめ!Python特化型プログラミングスクールAidemy Premium公式サイトへ
PythonやAIを学べる人気プログラミングスクールAidemy Premiumの詳細は、別記事「アイデミー(Aidemy Premium)の評判・口コミや最新料金」でも紹介中です。

キカガクのAI人材育成長期コース

キカガク

プログラミングスクール・キカガクのAI人材育成長期コースは経済産業省認定の第四次産業革命スキル習得講座に認定され、専門実践教育訓練給付金制度が利用可能。給付金の受給条件を満たすと受講料金の最大70%(約55万円)が給付金として支給され、安い料金でPythonやAIを学習可能なおすすめのオンラインプログラミングスクールです。

初心者向けの講義動画と学習サポートで、実践的なAI技術まで学習可能なオンラインプログラミングスクールで、PythonやAIを基礎から学べる講座やE資格対策講座に加えて、スクール修了後の転職サポートや、全コースの講義動画が見放題もキカガク・AI人材育成長期コースのメリット。

キカガクの教育訓練給付金対象コース・講座 受講料金(税込) 実質料金(税込) 受講期間 他のプログラミングスクールと比較した特徴・おすすめ理由
AI人材育成長期コース 792,000円 237,600円 6ヶ月 全コースの講義動画が見放題で、未経験でも6ヶ月でAI技術の基礎から実践スキルまで習得可能/IT専門のキャリアアドバイザーの転職支援もおすすめ
DXを推進するAI・データサイエンス人材育成コース 792,000円 237,600円 6ヶ月 データサイエンスのスキルを習得し、プログラミング言語Pythonで機械学習アルゴリズムの実装が可能/演習課題で実践スキルを習得できる点もおすすめ

AI専門のオンラインプログラミングスクールで数学やデータサイエンスも学べる

キカガクはAI専門のオンラインプログラミングスクールでPythonやAIだけでなく、数学やデータサイエンスも学べ、AIエンジニア向けのE資格の受験が可能な点もメリット。給付金を利用してAIモデル構築やAIのWEBアプリ開発などを学び、幅広いスキルを持ったAIエンジニアになりたい方におすすめのプログラミングスクールです。

オンライン学習可能なキカガクは転職サービス・dodaの転職サポートも口コミで評判のプログラミングスクールで、IT専門のキャリアアドバイザーがプログラミング未経験でも転職できるようサポート。他のプログラミングスクールと比較して、受講生が転職活動しやすいとの良い評判もキカガクのおすすめ理由です。

キカガクの教育訓練給付金対象コース・講座の学習カリキュラムや転職サポートについてはプログラミングスクール・キカガクの公式サイトから無料相談会がおすすめです!

AI人材を目指す方におすすめのプログラミングスクール!キカガク公式サイトへ

ディープロの4ヶ月短期集中コース

ディープロ

専門実践教育訓練給付金制度対象のディープロ(旧DIVE INTO CODE)の4ヶ月短期集中コースは、他のプログラミングスクールと比較して平日10~19時までのオンライン学習が必要で、学習時間を確保でき、未経験からエンジニアになりたい方におすすめ。受講期間中に実務を経験でき、就職・転職活動に役立つと口コミで評判のプログラミングスクールです。

ディープロは給付金の利用で実質344,340円で受講でき、企業の社員教育も行うプロの講師の学習支援も特徴のプログラミングスクール。他のプログラミングスクールと比較してディープロの転職・就職支援は受講期間中も含めて10ヶ月と長く、求人紹介・就職セミナーなどの支援もおすすめです。

ディープロの教育訓練給付金対象コース・講座 受講料金(税込) 実質料金(税込) 受講期間 他のプログラミングスクールと比較した特徴・おすすめ理由
4ヶ月短期集中コース 797,800円 239,340円 4ヶ月 未経験でも受講期間中に実務を経験可能/求人紹介・就職セミナーなどの転職・就職支援もおすすめのプログラミングスクール

他のプログラミングスクールの転職・就職支援と比較して、ディープロは転職・就職支援に年齢制限がなく、30代以上でも約9割の卒業生がエンジニア転職・就職に成功するおすすめのプログラミングスクール。専門実践教育訓練給付金の受給条件や転職先などの詳しい情報は、ディープロ公式サイトから無料相談会がおすすめです!

実務を経験でき、長期間の転職・就職支援が評判のプログラミングスクール!ディープロの公式サイトへ

ジーズアカデミーの週末集中コース・フルタイム総合コース

エンジニアになるための全てを学ぶ・給付金で最大52万円戻ってくる。(ジーズアカデミー)

週末集中コースとフルタイム総合コースが専門実践教育訓練給付金対象のジーズアカデミーは、他のスクールと比較して、プログラミングスキルを習得して起業したい方や転職したい方向けのプログラミングスクール。起業家やエンジニアのコミュニティへ参加可能な点もおすすめです。

受講料金の最大70%が支給される専門実践教育訓練給付金の利用で、働きながら学習できる週末集中コースは実質112,200円、1日学習できる方向けのフルタイム総合コースは実質231,000円で受講可能。ジーズアカデミーはプログラミング未経験の受講生が93%で、未経験でも学習しやすく、実践的なWEBサイトの制作スキルを習得できるプログラミングスクールです。

ジーズアカデミーの教育訓練給付金対象コース・講座 受講料金(税込) 実質料金(税込) 受講期間 他のプログラミングスクールと比較した特徴・おすすめ理由
週末集中コース 429,000円 112,200円 6ヶ月 未経験でもプログラミングスキルを習得して起業したい方におすすめのプログラミングスクール/エンジニアのコミュニティが口コミでも評判
フルタイム総合コース 770,000円 231,000円 6ヶ月

またジーズアカデミーは東京・札幌などに教室があり、東京では24時間利用可能な教室で学習できると口コミで評判。ジーズアカデミーの給付金(助成金)対象の各コースや卒業生の起業情報についてはプログラミングスクール・ジーズアカデミー公式サイトから無料説明会がおすすめです!

自分で起業したい方におすすめのプログラミングスクール!ジーズアカデミー公式サイト

データミックスのデータサイエンティスト育成講座

専門実践教育訓練給付金制度の対象で実質282,150円で受講可能なデータミックスのデータサイエンティスト育成講座は、未経験でもプログラミングスキルに加えて統計学や機械学習も学べると口コミでも評判のプログラミングスクールです。

データサイエンティスト育成講座は受講開始2ヶ月前から学習可能で、少人数授業で講師に質問しやすい点も未経験からデータサイエンティストになりたい方におすすめのプログラミングスクール。

データミックスの教育訓練給付金対象コース・講座 受講料金(税込) 実質料金(税込) 受講期間 他のプログラミングスクールと比較した特徴・おすすめ理由
データサイエンティスト育成講座 940,500円 282,150円 9ヶ月 少人数授業で学習しやすく、未経験でもデータサイエンティストを目指せる/副業支援もおすすめのプログラミングスクール

実践的な学習カリキュラムや副業支援が特徴のオンラインプログラミングスクール

専門実践教育訓練給付金制度対象のデータミックスのデータサイエンティスト育成講座は実践的な学習カリキュラムも特徴で、データサイエンティストに必要な実践スキルまで習得できると口コミでも評判の講座です。

またデータ分析やデータサイエンスの実務を経験できる副業支援もあり、給付金を利用して安い受講料金で副業を経験したい方にもおすすめのオンラインプログラミングスクールです。

データミックスの専門実践教育訓練給付金制度対象のデータサイエンティスト育成講座の学習カリキュラムや副業支援についてはプログラミングスクール・データミックスの公式サイトから無料相談がおすすめです!

給付金を使ってデータサイエンティストを目指せるプログラミングスクール!データミックス公式サイトへ

一般教育訓練給付金制度対象のおすすめプログラミングスクール4選

一般教育訓練給付金対象のおすすめプログラミングスクール

AIやデータサイエンスなどの専門スキルの習得が対象の専門実践教育訓練給付金と比較して、一般教育訓練給付金はプログラミング言語やWEBデザインを学ぶプログラミングスクールの講座も対象。専門実践教育訓練給付金と比較して受講料金の最大20%(上限10万円)と給付率が低い一方、IT関連の資格取得やWEBデザインスキルの習得にはプログラミングスクールの一般教育訓練給付金制度対象講座の受講もおすすめです。

一般教育訓練給付金対象のプログラミングスクールのコース・講座一覧

下記は当記事がおすすめする一般教育訓練給付金対象の各プログラミングスクールのコース・講座の通常の受講料金と実質の受講料金の比較一覧表です。実質の受講料金はプログラミングスクールの受講料金の最大20%(上限10万円)を一般教育訓練給付金として受給した場合の負担金額です。

一般教育訓練給付金対象のおすすめのプログラミングスクール・講座4校の比較
プログラミングスクール/コース・講座 受講期間 受講料金(税込) 実質料金(税込)
インターネットアカデミー/プログラマー入門コース+Python講座 6ヶ月 403,040円 322,432円
インターネットアカデミー/WEBデザイナー総合コース 12ヶ月 760,760円 660,760円
ヒューマンアカデミー/プログラマー総合コース 12ヶ月 756,278円 656,278円
ヒューマンアカデミー/WEBデザイナーコース 6ヶ月 599,500円 499,500円
Winスクール/Javaライセンス(Silver)コース 6ヶ月 349,800円 279,840円
Winスクール/WEBデザイナーPlus 9ヶ月 410,300円 328,240円
KENスクール/WEB実践就転職総合コース 6ヶ月 410,300円 328,240円
KENスクール/Javaプログラマー養成コース 6ヶ月 434,500円 347,600円

以下、一般教育訓練給付金対象の各プログラミングスクール・講座の特徴やおすすめ理由を比較・紹介します。

インターネットアカデミーのプログラミング・WEBデザイン関連講座

インターネットアカデミー

1995年創業・卒業生3万人以上のインターネットアカデミーは、プログラミング・WEBデザイン関連講座が一般教育訓練給付金対象。卒業生の転職・キャリアアップ実績も豊富で、WEBデザイナーやITエンジニアとして働くインターネットアカデミー卒業生が多いと口コミでも評判プログラミングスクールです。

インターネットアカデミーは東京の教室でも学習可能で、講師とのマンツーマン授業やオンライン授業など選べる学習スタイルもおすすめのプログラミングスクール。インターネットアカデミーはWEB制作会社が運営し、最新情報や実践スキルを学べ、プロのITエンジニア講師の授業がわかりやすいプログラミングスクールと口コミでも良い評判です。下記は一般教育訓練給付金対象講座の例です。

インターネットアカデミーの教育訓練給付金対象コース・講座 受講料金(税込) 実質料金(税込) 受講期間 他のプログラミングスクールと比較した特徴・おすすめ理由
プログラマー入門コース+Python講座 403,040円 322,432円 6ヶ月 WEBサイト制作に必要なスキルとプログラミング言語Pythonを利用したWEBアプリの開発スキルを習得可能な講座
WEBデザイナー総合コース 760,760円 660,760円 12ヶ月 WEBデザインに必要なスキルを習得でき、WEBデザイナーになりたい方におすすめ

一般教育訓練給付金対象のインターネットアカデミーの「プログラマー入門コース+Python講座」はWEBサイト制作に必要なスキルやプログラミング言語Pythonを未経験でも習得可能と口コミでも評判の講座。PythonでWEBアプリの開発までできる実践的な学習内容で、給付金の利用で他のプログラミングスクールより安く受講できる点もおすすめです。

「WEBデザイナー総合コース」は一般教育訓練給付金の利用で安い料金で受講でき、WEBデザイナーとして必要な基礎スキルを習得できる上、WEBサイト開発に必要なプログラミング言語JavaScriptまで習得可能な講座。

インターネットアカデミーは上記コース以外にも給付金対象の講座が豊富なプログラミングスクール。各コース・講座の情報や教育訓練給付制度については、インターネットアカデミーの無料カウンセリングの利用がおすすめです!

卒業生の就職・転職成功実績多数のプログラミングスクール!インターネットアカデミーの無料カウンセリングは公式サイトへ

ヒューマンアカデミーのプログラミング・WEBデザイン関連講座

ヒューマンアカデミーのバナー

資格取得や就職・転職向けの総合スクール・ヒューマンアカデミーにも一般教育訓練給付金制度対象の講座があり、安い受講料金でプログラミングやWEBデザインを学べると口コミで評判。ヒューマンアカデミーはオンライン教材と全国24校舎で学習可能で、地方在住者にもおすすめのプログラミングスクールです。

卒業生の高い就職成功率もITエンジニアやWEBデザイナーになりたい方にヒューマンアカデミーをおすすめする理由。他のプログラミングスクールと比較してヒューマンアカデミーは紹介可能な企業が多いと評判で、給付金を利用して就職・転職したい方にもおすすめのプログラミングスクールです。

ヒューマンアカデミーの教育訓練給付金対象コース・講座 受講料金(税込) 実質料金(税込) 受講期間 他のプログラミングスクールと比較した特徴・おすすめ理由
プログラマー総合コース 756,278円 656,278円 12ヶ月 プログラミング言語Pythonの基礎からアプリ開発まで学習可能/AIやデータサイエンスも学べるおすすめの講座
WEBデザイナーコース 599,500円 499,500円 6ヶ月 受講期間6ヶ月で未経験でもWEBデザインの基礎からWEB制作スキルまで習得できる

上記はヒューマンアカデミーの一般教育訓練給付金対象講座の例で、プログラマー総合コースはプログラミング言語Pythonの基礎からアプリ開発まで学習できる上、AIやデータサイエンスのスキルも習得できると口コミでも評判。給付金を利用してITエンジニアになりたい方におすすめのプログラミングスクールです。

WEBデザイナーコースも給付金対象で、未経験でも受講期間6ヶ月でWEBデザインの基礎から実践スキルまでを学ぶコースで、WEBデザイナーとして就職・転職したい方におすすめ。ヒューマンアカデミーは上記以外にも給付金対象のコース・講座が多いプログラミングスクールで、気になる方はヒューマンアカデミー公式サイトまたは無料説明会での確認がおすすめです!

教育訓練給付金対象講座が豊富なプログラミングスクール!ヒューマンアカデミーの無料カウンセリングは公式サイトへ

Winスクールのプログラミング・WEBデザイン関連講座

Winスクールのバナー

プログラミング・WEBデザイン関連講座が一般教育訓練給付金制度対象のWinスクールは、他のプログラミングスクールと比較して東京や大阪など全国55ヶ所の教室を利用できる点が特徴。通学してプログラミングやWEBデザインを学びたい方におすすめのプログラミングスクールで、Winスクールの教室受講は講師から直接学べると口コミでも良い評判です。

Winスクールはオンラインでも受講や質問が可能と口コミでも良い評判のプログラミングスクール。給付金を利用してプログラミングやWEBデザインの知識・スキルを学習したい方におすすめで、一般教育訓練給付金対象のおすすめ講座が下記です。

Winスクールの教育訓練給付金対象コース・講座 受講料金(税込) 実質料金(税込) 受講期間 他のプログラミングスクールと比較した特徴・おすすめ理由
Javaライセンス(Silver)コース 349,800円 279,840円 6ヶ月 プログラミング言語Javaの基礎から学べ、就職や転職に役立つ資格取得も可能な点がおすすめ
WEBデザイナーPlus 410,300円 328,240円 9ヶ月 未経験でもWEBデザインの基礎から実践スキルまで習得でき、WEBデザイナーになりたい方におすすめ

WinスクールのJavaライセンス(Silver)コースは、プログラミング言語Javaを基礎から学べ、Java認定資格対策講座も含むコースで、一般教育訓練給付金を利用して安い料金で受講でき、就職や転職に役立つ資格取得も可能と口コミでも評判の講座です。

給付金を利用して、未経験からWEBデザイナーになりたい方におすすめの講座がWEBデザイナーPlusで、WEBデザインの基礎からWEBサイトまで制作可能な学習内容が特徴。Winスクールには、上記以外にも一般教育訓練給付金対象のコースがあり、他のプログラミングスクールスクールと比較や学習カリキュラム・給付金についてはWinスクールの無料体験または個別カウンセリングがおすすめです!

給付金対象で全国の教室を利用できるプログラミングスクール!Winスクールの無料カウンセリングは公式サイトへ

KENスクールのプログラミング・WEBデザイン関連講座

KENスクールのバナー

WEB・ITスキルを学べるスクール・KENスクールでは一部のプログラミング・WEBデザイン関連講座が一般教育訓練給付金対象講座で、比較的安い受講料金がおすすめのプログラミングスクール。教室での講師の個別指導が口コミでも良い評判で、校舎のパソコンを利用できる点もメリットのプログラミングスクールです。

他のプログラミングスクールと比較して、KENスクールは希望の時間に授業を受けられると口コミでも良い評判のプログラミングスクール。マンツーマンで質問しやすく、卒業生7,000人以上をサポートしたKENスクールのキャリアアドバイザーの就職・転職サポートもあり、給付金を利用してITスキルやWEBデザインスキルを習得したい方におすすめです。

KENスクールの教育訓練給付金対象コース・講座 受講料金(税込) 実質料金(税込) 受講期間 他のプログラミングスクールと比較した特徴・おすすめ理由
WEB実践就転職総合コース 410,300円 328,240円 6ヶ月 WEBデザインの基礎から実践スキルまで習得でき、受講期間中にWEBクリエイターの資格も取得可能
Javaプログラマー養成コース 434,500円 347,600円 6ヶ月 Javaの基礎からWEBアプリ開発可能な実践スキルまで学習でき、Javaの資格取得も目指せる

上記はKENスクールの一般教育訓練給付金対象講座の一部で、WEB実践就転職総合コースはWEBデザインに必要な基礎からWEBサイト制作の実践スキルまで学べる講座。他のプログラミングスクールやWEBデザインスクールと比較して、受講期間中にWEBクリエイター能力認定試験の資格取得までできる点がおすすめです。

Javaプログラマー養成コースはプログラミング言語Javaの基礎からWEBアプリ開発スキルまで学べるおすすめのコース。一般教育訓練給付金を利用して安い料金で受講でき、受講期間中にJavaの資格取得も目指せると口コミでも評判のプログラミングスクールです。

KENスクールは上記講座以外にも複数の講座が一般教育訓練給付金対象のプログラミングスクール。他の給付金対象講座や教育訓練給付制度についてはKENスクールの無料カウンセリングの利用がおすすめです!

講師の個別指導で未経験でも学習しやすいプログラミングスクール!KENスクールの無料カウンセリングは公式サイトへ

プログラミングスクールの給付金・補助金の利用についてよくある質問

教育訓練給付金の種類と対象講座の例

以上、教育訓練給付金制度の中でも、受講料金の70%が支給される専門実践教育訓練給付金または受講料金の20%が支給される一般教育訓練給付金の対象で、当記事がおすすめするプログラミングスクールのコース・講座の2024年6月最新情報を紹介しました。助成金や補助金の支給には条件や資格がある一方、安い受講料金で未経験からエンジニアへの転職成功実績も多く、まずは気になるプログラミングスクールの無料説明会がおすすめ。理想のキャリアへ一歩踏み出しましょう!

最後にこの記事のまとめとして、教育訓練給付金制度対象のプログラミングスクールのコース・講座についてよくある質問を紹介します。

どのプログラミングスクールでも給付金は使える?

教育訓練給付金制度は厚生労働省認定のプログラミングスクールのコース・講座を受講した場合にのみ、給付金が支給されます。教育訓練給付金は一部のプログラミングスクールでしか使えないため、気になるスクールがある場合は、プログラミングスクール公式サイトでの確認がおすすめです。

また教育訓練給付金制度対象のプログラミングスクールのコース・講座を受講した場合でも、給付金の受給には一定の条件があります。受講予定のプログラミングスクールの講座の開始予定日に在職中か、雇用保険の加入期間、過去の教育訓練給付金制度の利用の有無が受給条件で確認が必要な情報です。

教育訓練給付金制度の利用は正社員だけでなくパートや離職中も対象ですが、離職期間も給付金受給資格の条件に含むため確認が必要。教育訓練給付金制度対象のプログラミングスクールの受講を検討中の方は、受給資格の条件などハローワークでの確認がおすすめです。

教育訓練給付金制度の受給や支給申請に必要な書類は?

専門実践教育訓練給付金制度は受講前に受給資格確認のための書類提出が必要。また講座修了後に支給される他の教育訓練給付金と違い、6ヶ月ごとに給付金の支給申請も必要です。支給申請は、プログラミングスクールが発行する支給申請書などの書類とともにハローワークで申請します。

プログラミングスクールの受講修了後1年以内に雇用保険の被保険者として雇用や資格取得の条件を満たし、受講料金の20%(上限は年間16万円)が支給される専門実践教育訓練給付金の追加給付金を受給したい場合は、専門実践教育訓練給付追加給付申請時報告と資格取得の証明書などの書類提出が必要です。

●プログラミングスクール受講前の給付金の受給資格確認に必要な書類
  • 教育訓練給付金受給資格確認票
  • ジョブ・カード(ハローワークなどで発行)
  • マイナンバーカード(または本人・住居所確認書類と個人番号確認書類)
  • 写真
  • 払渡希望金融機関の通帳またはキャッシュカード
●プログラミングスクール受講後の給付金支給申請に必要な書類
  • 教育訓練給付の受給資格者証
  • 教育訓練給付金支給申請書(プログラミングスクールが発行)
  • 受講証明書または専門実践教育訓練修了証明書
  • 領収書
  • 教育訓練経費等確認書
  • 専門実践教育訓練給付最終受給時報告(最終時のみ)
  • 専門実践教育訓練給付追加給付申請時報告・資格取得の証明書(資格取得により追加支給を申請する場合)
出典:専門実践教育訓練給付金・提出書類チェックリスト

雇用保険受給中でもプログラミングスクールの教育訓練給付金制度の利用や申請はできる?

雇用保険(失業保険)受給中でもプログラミングスクールでの教育訓練給付金制度の利用や申請は可能ですが、退職後の期間が1年以内の方が対象で、雇用保険と教育訓練給付金は同時支給されず、雇用保険の受給終了後に教育訓練給付金を受給可能です。

雇用保険受給中のプログラミングスクールでの教育訓練給付金制度の利用や申請方法はハローワークで確認がおすすめです。

プログラミングスクール受講修了後、給付金の支給開始はいつ?

教育訓練給付金の支給開始時期は、給付金の種類で違います。専門実践教育訓練給付金はプログラミングスクールの受講開始から6ヶ月ごとにハローワークに支給申請が必要で、申請1週間後に給付金が銀行振込されます。

一方、特定一般教育訓練給付金と一般教育訓練給付金はプログラミングスクール受講修了後1ヶ月以内にハローワークで支給申請が必要で、申請1週間後に給付金が銀行振込されます。

教育訓練給付制度とリスキリングを通じたキャリアアップ支援事業の補助金の違いは?

教育訓練給付金制度もリスキリングを通じたキャリアアップ支援事業も対象のプログラミングスクールの受講料金を給付金として補助する制度で、キャリアアップ支援事業は専門実践教育訓練給付金制度と同様、対象のプログラミングスクールの受講修了で受講料金の50%を支給、転職成功の場合はさらに20%が追加支給され、受講料金の最大70%(上限56万円)の給付金を受給できる点が共通点。

一方、教育訓練給付制度は雇用保険の被保険者または被保険者であった方が対象ですが、キャリアアップ支援事業は在職中で転職を目指す社会人が対象。また過去にプログラミングスクールなどで教育訓練給付金を受給された方は前回の支給から3年以上の経過が必要です。

プログラミングスクールで利用可能な教育訓練給付金制度(専門実践教育訓練給付金の場合)とリスキリングを通じたキャリアアップ支援事業の補助金の比較表が以下です。

プログラミングスクールで利用可能な給付制度の比較 教育訓練給付金制度(専門実践教育訓練給付金) リスキリングを通じたキャリアアップ支援事業
給付金の最大支給額 対象プログラミングスクールの受講料金の最大70%(上限56万円) 対象プログラミングスクールの受講料金の最大70%(上限56万円)
受給対象 受講開始時点で在職中で雇用保険に加入中または離職後1年以内
教育訓練給付金の受給経験がなく雇用保険の加入期間2年以上、または過去の教育訓練給付金の受給から3年以上経過など
受講開始時点で在職中で、転職などキャリアアップを目指す方
受給条件 50%受給:対象のプログラミングスクールの講座やコースを受講修了した場合
20%追加受給:資格取得などし、かつ受講修了後1年以内に雇用保険の被保険者として雇用された場合
50%受給:対象のプログラミングスクールの講座やコースを受講修了した場合
20%追加受給:転職して1年以上就業継続の場合
申請方法 ハローワークで申請 プログラミングスクールで申請
出典:リスキリングを通じたキャリアアップ支援事業(経済産業省)

青木 綾
この記事を書いた人
HonNe編集部・EXIDEAアメリカ支社代表
IT・WEB業界歴約20年で、事業会社での大規模WEBサイトの開発・運用経験があり、自分でもプログラミング言語Pythonを学習中。自身の仕事経験やスクールへの取材経験を活かし、ITエンジニアやWEBデザイナーを目指す方向けにプログラミングスクール・WEBデザインスクール関連記事を担当。
PICKUP
CONTENTS

プログラミングスクールおすすめ31選【2024年6月最新比較】

小学生のプログラミング教育の必修化や社会人のリスキリングを支援する事業も始まり、今後必要なスキルとなりつつあるプログラミング。プログラミングスクールでプログラミングやWEBデザインを学び、未経験からITエンジニアとして就...
           
最終更新日:2024年6月8日

WEBデザインスクール・講座おすすめ20選【2024年6月最新比較】

在宅・リモート案件も多く、人気のWEBデザインの仕事。2024年に電通が発表した「日本の広告費」によると過去5年でインターネット広告費は増加を続け、WEBデザイナーやWEBデザインスキルの需要も高まっています。 ※画像は...
           
最終更新日:2024年6月14日

2024年6月最新比較!WEBマーケティングスクール・講座おすすめ20選

2024年に株式会社電通が発表した「日本の広告費」によると2023年のインターネット広告費は3兆3,330億円と過去最高を記録、オンライン広告市場が拡大中でWEBマーケティング(ウェブマーケティング)スキルの重要性も増し...
           
最終更新日:2024年6月14日

2024年6月最新!映像制作・動画編集スクール比較~おすすめ講座20選

YoutubeやSNSでの企業の動画広告も増え、動画編集や映像制作スキルの需要が増加。今後も動画利用は増加傾向で、未経験から動画編集スクールの講座や映像制作の学校でプロのスキルを学ぶ人や動画クリエイターを目指す人が増えて...
           
最終更新日:2024年6月8日

教育訓練給付金制度対象のプログラミングスクールおすすめ16選【2024年6月最新】

安い料金でプログラミングスクールを受講したい社会人におすすめが教育訓練給付制度の利用。働きながら学びたい方の受講料金を国が支援する給付金制度で、プログラミングスクールなどの対象講座修了後、受講料金の一部が給付金(助成金)...
           
最終更新日:2024年6月7日

小学生や中学生の子供におすすめのプログラミング教室・スクール12校【2024年6月最新】

「プログラミング教室に行きたい」「スクールでプログラミングを勉強したい」との子供の思いはできるだけ尊重したいもの。 小学校のプログラミング教育必修化で、子供が小学生や中学生でもパソコンやITに触れ、論理的思考や問題解決能...
           
最終更新日:2024年6月1日

SHElikes(シーライクス)の評判・口コミと料金~女性向けキャリアスクール

SHElikes(シーライクス)は未経験からIT・WEB系にキャリアチェンジしたい女性向けのキャリアスクール。WEBデザインを学べるコースが人気のSHElikesはWEBデザインスクールとしてもおすすめで、口コミの評判も...
           
最終更新日:2024年6月1日

2024年に学習をおすすめしたい人気プログラミング言語ランキング

数百種類と言われるプログラミング言語ですが、IT技術のトレンドや新しい言語の登場で人気プログラミング言語のランキングは年々変化します。またWEBサイトやスマホアプリ、ゲーム、業務システムなどシステムの種類や開発目的でも利...
           
最終更新日:2024年6月15日