当ページに含まれる広告と商品評価について
当ページには広告リンクが含まれており、当ページを経由して商品・サービスの申込みがあった場合、提携している各掲載企業から広告報酬を受け取ることがあります。ただし、当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無に一切関わらず、コンテンツポリシーに基づき、当サイト独自の調査と実際に使用したレビューをもとに掲載しております。当サイトで得た収益は、皆様により役立つコンテンツを提供するために、品質向上等に還元しております。
HDD復旧サービスの料金や安い業者を紹介

HDD(ハードディスク)データ復旧・復元の料金相場と格安業者を紹介


「故障したHDDのデータ復元にかかる料金相場が知りたい」
「料金・金額によってHDDデータ復元業者の質は変わる?」

ハードディスク(HDD・SSD)のデータ復旧にかかる費用相場はあいまいで、ある復元業者で40万円と高額な見積り価格が他社で5万円以内になる場合も。不当な高額請求をする復元業者もいるので、HDDデータ復元費用の料金相場は事前に理解したいところです。

当記事では、HDDデータ復旧業者の利用でかかるデータ復元の費用相場を紹介します。HDDデータ復元業者の料金相場を知りたい方や、料金の見積り金額が高いと感じた方は必見です!

当記事の重要ポイント
相場より格安料金かつHDDのデータ復旧力も高い業者サービスはあります。一方、見積り時に高額料金を請求する復元業者など、相場より格安のHDDデータ復旧業者に悪質サービスが多いのも事実

よって、料金だけで業者サービスを選ぶのは危険です。相場より安い費用でHDDのデータ復旧がしたい方も、業者のデータ復旧力・対応の丁寧さ・利用者の評判などの特徴は確認しましょう。

当記事では、安い金額か相場料金でHDDデータ復旧ができ、サービスの質も高い業者を4つ紹介します。早くHDDデータ復旧を依頼したい方は、業者比較を先にご覧ください!


料金やサービスを徹底比較!
おすすめHDDデータ復旧業者を見る


Contents

HDDデータ復旧の料金相場はいくら?論理障害・物理障害などで金額を徹底比較

徹底比較!HDDデータ復旧の料金相場はいくら?
データ復旧がどの金額で安い・高いか、相場を知らないと料金ではデータ復旧業者を選べません。よって、データ復旧業者の料金を比較する場合、まずHDDデータ復旧にかかる費用の相場を知るのが大切です。

そこでまずは、HDDのデータ復旧にかかる料金相場を、価格が変動しやすい以下の視点から解説します。

HDDデータ復旧の料金相場が変わる3つの視点
  • ハードディスクの故障(論理障害・物理障害)の度合い
  • パソコンHDD・外付けHDD等ハードディスクの種類
  • HDDのデータ復旧・復元を依頼する業者サービス


データ復旧にかかる料金の相場を理解できるので、ぜひご覧ください!

故障の度合い別!データ復旧の相場金額を論理障害・物理障害ごとに解説

HDDの障害・故障内容によってHDDデータ復元にかかる費用相場は変わります

料金相場が変わる!HDDのデータ障害の種類
HDD(ハードディスク)の故障の種類は、論理障害と物理障害の2つ。論理障害とは、HDD自体に故障はなくHDDのデータのみに異常がある障害のこと。一方で物理障害とは、HDD本体の故障がデータ異常を引き起こす障害のこと。


以下は、論理障害と物理障害の重さ別でまとめた料金相場の一覧表です。

障害度合い 費用相場 費用相場
軽度障害 10,000~60,000円 70,000~130,000円
中度 30,000~100,000円 150,000~400,000円
重度 100,000~250,000円 200,000~700,000円


この表から、論理障害より物理障害のデータ復旧費用の方が高額と分かります。物理障害のデータ復旧費用が高額な理由は、論理障害にはないHDD本体の分解やHDD内部の修理・修復が必要なため。

精密機器であるHDDの解体は、故障悪化の可能性が高いです。その分、HDDの解体を伴う物理障害のデータ復旧には高い技術が必要になり、料金相場も論理障害のデータ復旧と比較して高額になります。

ハードディスクの種類別データ復旧費用の相場は?PC・SSD・外付けHDD・NASなど複数紹介

データ復旧にかかる相場料金は、故障の他HDD(ハードディスク)の種類でも違います。ハードディスクが複数あるRAIDや、データ復旧の難易度が高いSSD・スマホ等は、PC(パソコン)のHDDと比較してデータ復旧の料金相場は高いです。

以下に、国内で実績や評判が多いデータ復旧業者8社の、ハードディスク別データ復旧料金を一覧表にまとめました。

ハードディスクの種類別!データ復旧価格を業者ごとに紹介

パソコンHDD 外付けHDD USBメモリ・SDカード SSD RAID NAS カメラ スマホ CD・DVD
PCエコサービス 43,780円 43,780円 43,780円 43,780円 43,780円
(HDD×1)
43,780円 43,780円 43,780円 43,780円
LIVEDATA 44,000円~ 44,000円~ 22,000円~ 99,000円~ 220,000円~
(HDD×4)
99,000円~ 66,000円~
(~120GB)
アドバンスデザイン 33,000円 33,000円~ 33,000円~ 33,000円~ 88,000円~
(HDD×2)
88,000円~
(HDD×2)
165,000円~ 33,000円~
DATAOK 10,800円
~148,000円
10,800円
~148,000円
28,000円
~98,000円
10,800円
~218,000円
88,000円
~238,000円
(HDD×2~4)
88,000円
~238,000円
25,000円
~148,000円
18,000円
A1データ 29,700円~ 29,700円~ 33,000円~ 29,700円~ 29,700円~
(HDD×1)
29,700円~ 33,000円~ 44,000円
DATASMART 50,000円~ 50,000円~ 40,000円~ 50,000円~ 50,000円~
オントラック
データリカバリー
50,000円~ 50,000円~ 50,000円~ 50,000円~ 50,000円~ 50,000円~ 50,000円~ 50,000円~ 50,000円~
デジタルデータ
リカバリー
5,000円~
(5GB未満)
5,000円~
(5GB未満)
5,000円~
(5GB未満)
5,000円~
(5GB未満)
5,000円~
(5GB未満)
5,000円~
(5GB未満)
5,000円~
(5GB未満)
5,000円~
(5GB未満)
5,000円~
(5GB未満)
デイサポート 9,000円~
(5GB未満)
9,000円~
(5GB未満)
9,000円~
(5GB未満)
9,000円~
(5GB未満)
9,000円~
(HDD×1)
9,000円~
(5GB未満)
※上記の費用は2024年2月時点の情報です。(-は対応不可または要相談)

この料金はデータ復旧にかかる最低金額です。データ復旧にかかる費用は、ハードディスクの容量や障害により異なります。よって、データ復旧が定額料金であるPCエコサービス等の業者以外、実際のデータ復旧価格は料金表より高い場合が多いです。

主要8社で徹底比較!HDDデータ復旧業者ごとの相場費用を紹介

HDD(ハードディスク)の種類や故障が同じでも、依頼するデータ復旧業者で料金が数倍変わる場合もあります。以下は、先ほど解説した主要データ復旧業者のデータ復旧金額から、最も安い料金と高い料金をハードディスク別にまとめた表です。

主要データ復旧業者で比較!機器別ハードディスクの最安価格と最高価格を紹介

料金相場
まとめ
最安料金 最高料金
パソコンHDD 10,800円~ 50,000円~
外付けHDD 29,700円~ 50,000円~
USBメモリ・SDカード 10,800円~ 43,780円
SSD 10,800円~ 99,000円~
RAID 29,700円~
(HDD×1)
220,000円~
(HDD×4)
NAS 29,700円~ 99,000円~
カメラ 25,000円~ 66,000円~
(~120GB)
スマホ 50,000円~ 165,000円~
CD・DVD 18,000円~ 40,000円~
※価格が安すぎる・料金の変動が大きい業者は除外

データ復旧業者でHDDの復旧価格が異なる理由は以下の3点です。

  • データ復旧に対応する技術者やデータ復旧設備の質が違う
  • データ復旧業者ごとにサービスの無料・有料の範囲が異なる
  • 同じデータ復旧・復元作業でも料金設定が業者ごとに異なる


広告や設備等の費用で、同じサービスでも相場より価格が高いデータ復旧業者もあります。よって、相場より金額が安い=復旧力がない・相場より金額が高い=サービスの質が高いとは言えません。

知識差を利用し不当に高額費用を請求する悪質業者もいるため、事前にHDD(ハードディスク)やデータ復旧の知識を持つことが大切です。以下でデータ復旧料金を相場より安くする方法も解説するので、あわせてご覧ください!

格安費用でハードディスクの復元を行う3つの方法

ハードディスク復元安い料金で行う方法
故障後のHDDへの対応やデータ復旧の依頼方法を工夫すれば、データ復旧にかかる料金は相場より安くできます

次は、データ復旧にかかる費用を相場より安い金額にする方法を3つ解説します。質の高いデータ復旧業者を見分ける方法も理解できるので、格安料金でデータ復旧を成功させたい方はご覧ください!

故障後はすぐ電源を切る!ソフト等で復元すると料金が高額になる可能性が高い

相場より安い料金でデータ復旧をするには、HDD(ハードディスク)の故障を悪化させないことが重要。特に、データ復元ソフト等を用いてHDDを自力でデータ復旧するのは、故障悪化の可能性が高いためおすすめしません。

復元ソフトでのデータ復旧のリスク
  • 正常なデータに論理障害や物理障害が広がる
  • 本来は復旧できるデータも破損し復元できなくなる
  • すぐデータ復旧業者に依頼するより料金が高額に


料金を安くしようとソフトでデータ復旧を試す方は多いです。ただ、故障悪化で料金が高額になる場合を考えると、まずはデータ復旧業者に相談するのがおすすめです。

質の高いデータ復旧業者なら、HDDの無料診断にて、ソフトでデータ復旧できるかも教えてくれます。ソフトでデータ復旧がしたい方も、プロの無料診断後にデータ復旧を試すのがおすすめです。

注意!HDDのデータ障害への間違った対応
パソコンに電源が入っている限りHDD(ハードディスク)は稼働・データ上書きを行います。よって、パソコンの電源を切らないと操作せずともHDD(ハードディスク)の故障が悪化する可能性が高いです。物理障害や論理障害などの故障をHDDに確認した場合、速やかにパソコンの電源を切りましょう。


復元できた分のみ料金が請求される「成果報酬」のデータ復旧業者を選ぶ

安い費用でデータ復旧をしたい方は、データ復旧が成功した分のみ料金が請求される「成果報酬」のデータ復旧業者がおすすめです。

データ復旧業者の料金請求における注意
データ復旧業者には、データ復旧の成功に関わらず診断料・調査料として復旧作業や故障診断の費用を請求する会社があります。作業・診断費用で数万円と請求される場合もあるので、安くデータ復旧したい方は成果報酬型の業者サービスを積極的に利用しましょう。



データ復旧業者の中には、スマホ等データ復旧の難易度が高いHDD(ハードディスク)の場合のみ作業・調査費用を請求する業者もあります。よって、成果報酬がない業者が悪質だとは断定できません

ただ、成果報酬サービスは相場より安くデータ復旧ができる上、データ復旧業者の技術を見分ける大切な点です。基本的な料金体系が成果報酬かは必ず確認しましょう。

複数の業者に相談する!初期診断・見積り・キャンセルが無料のサービスを選ぼう

同じHDD(ハードディスク)の種類やサービス内容でも、選ぶデータ復旧業者で料金は異なります。

HDDのデータ復旧を複数の業者に依頼し料金を調査
  • 業者A:「データ復旧に対応できない」と診断
  • 業者B:70,000円〜130,000円。HDD復旧を急かす対応を受ける
  • 業者C:650,000円。HDDの故障理由は物理障害と診断


相場より安くデータ復旧力も高い業者を利用できるよう、複数のデータ復旧業者と料金見積りをし、依頼する業者を選ぶのがおすすめです

質の高いデータ復旧業者の多くはHDD(ハードディスク)の初期診断・見積り・キャンセルが無料なので、気軽に複数社で料金の見積りができます。相場より安い料金で復旧がしたい方は、データ復旧業者の無料サービスも利用しつつ複数社で見積りを依頼しましょう。

注意!診断は「HDDの解体なし」で依頼しよう
精密機器のハードディスクを解体すると、高い確率で故障が悪化しデータ復旧率が低下します。データ復旧業者の無料診断の依頼時はHDDを解体しないよう申請しましょう。


以下、HDD(ハードディスク)診断等の無料サービスが充実したデータ復旧業者を紹介するのでご参照ください。

安い金額・相場料金でデータ復旧がしたい方におすすめの業者サービスを4つ紹介

コスパが高い!おすすめ復旧業者4選
論理障害・物理障害などの故障や、HDD(ハードディスク)のデータ容量に加え、依頼するHDDデータ復旧業者でも復旧金額は異なります。中には、ある業者で40万円以上請求されたHDDのデータ復旧が、他業者で5万円以下でデータ復旧が成功する場合も。

業者選びは相場より安い料金でHDDデータ復旧を行うために最重要です。ただ、データ復旧業者は国内に百社以上あり、1社ずつ比較するのも現実的ではありません。

そこで次は、当メディアの徹底調査で厳選した、特におすすめのデータ復旧業者を紹介します。相場より料金が安いデータ復旧業者をお探しの方や、コスパが良い業者サービスをお探しの方は必見です!

紹介するデータ復旧業者の選定基準
  • 相場と比較し料金が安い復旧サービスができるか
  • 復旧力があり高い確率でデータ復旧成功ができるか
  • HDDのデータ復旧にかかる料金・費用体系は明確か


コスパが高い!論理障害・物理障害ともに料金が一律39,800円のPCエコサービス

ピーシーエコサービス
出典:https://www.pceco.info/
業者名 費用 無料サービス 実績 評判 作業時間
PCエコサービス 定額39,800円(税抜)
成果報酬
初期診断・見積り無料
キャンセル無料
大企業との取引実績
TV番組での取材実績
Googleの口コミ 4.7
※381件のレビュー
最短3日
※上記の各情報は2024年2月時点の情報です。

安い料金かつ高い確率でHDDデータ復旧を成功させたい方に、特におすすめな業者がPCエコサービスです。PCエコサービス最大の特徴は、全HDDのデータ復旧を一律料金39,800円(税抜)の低費用で行う点。

比較で分かるPCエコサービスの一律料金の魅力
データ復旧業者には、PCエコサービスの料金よりデータ復旧金額が安い格安業者もいます。ただ、この料金はデータ復旧の最低金額で、多くの場合見積り価格は紹介される金額より高いです。

一方PCエコサービスは、当社でデータ復旧ができるHDDなら、障害・データ容量・HDDの種類問わず全てのデータ復旧が業界最安値レベルの価格でできます。


格安料金に加え、PCエコサービスは高いデータ復旧技術も期待できます。その理由は、当業者のデータ復旧・復元には、警察庁や官公庁で利用される高度なデータ復旧機器PC-3000を利用するためです。

相場より安いHDDデータ復元料金と、高いデータ復旧技術が実現したPCエコサービス。相談依頼も増え続け、2014年度で1,812件だった依頼数は、2021年で7,243件と約4倍に増えています。

業界最安値レベルの価格で復旧力があるデータ復旧サービスを利用したい方は、PCエコサービスをご確認ください。

PCエコサービスでのデータ復旧料金の相場

ハードディスク別
料金表
料金(税込)
パソコンHDD・SSD 43,780円
外付けHDD 43,780円
NAS・RAID 43,780円
カメラ 43,780円
SDカード・USBメモリ等 43,780円
HDDレコーダー 43,780円


高いデータ復旧力を
業界最安レベルの料金で!
PCエコサービス
公式サイトを見る


故障に応じた適切なHDD復元料金と上限金額の設定が魅力のLIVEDATA

ライブデータ
出典:https://www.livedata.jp/
業者名 費用 無料サービス 実績 評判 作業時間
LIVEDATA 障害により料金は変動
成果報酬
初期診断・見積り無料
キャンセル無料
サービス満足度94.8% Googleの口コミ 4.9
※40件のレビュー
「平均」13.84時間で作業が完了
※上記の各情報は2024年2月時点の情報です。

HDDデータ復旧業者には、ネットで格安料金をうたい対面の見積りで高額な料金を請求する業者もいます。

そんな強引な営業や不当なサービスが気になる方は、的確なデータ復旧料金の提案や丁寧なサービス対応で高い満足度を持つLIVEDATAがおすすめです。

料金の不安も徹底して削減!LIVEDATAの特徴
  • HDD(ハードディスク)データ復旧にかかる料金に上限金額がある
  • 無料の電話相談だけでHDDのデータ復旧料金をほぼ絞り込める
  • 無理に業者サービスを勧めず可能なら復旧ソフトの利用も提案


このような利用者に寄り添うサービス対応から、LIVEDATAは利用者の20%が紹介・リピーターです。利用頻度が少ないHDDデータ復旧業界でこの数値は、高い満足度の証拠と言えます。

データ復旧の料金・価格面でも利用者の費用に応じた柔軟な見積りができるでしょう。料金やサービス対応で不安の少ないデータ復旧業者をお探しの方は、LIVEDATAをご確認ください。

LIVEDATAでのデータ復旧料金の相場

ハードディスク別
料金表
料金(税込)
パソコンHDD・外付けHDD 44,000円~275,000円(2TBまで)
SSD 99,000円~
RAID 220,000円~(HDD×4)
カメラ 66,000円~(120GBまで)
USBメモリ 22,000円(8GBまで)
ブルーレイ 176,000円~


利用者に寄り添った
良質なサービス対応!
LIVEDATA
公式サイトを見る


業界で特に高い復元技術を33,000円から提供するアドバンスデザイン

アドバンスデザイン
出典:https://www.a-d.co.jp/
業者名 費用 無料サービス 実績 評判 作業時間
アドバンス
デザイン
障害により料金は変動
成果報酬
初期診断・見積り無料
キャンセル無料
Buffaloへの技術提供
日本データ復旧協会の常任理事
Googleの口コミ 3.7
※6件のレビュー
最短1日
※上記の各情報は2024年2月時点の情報です。

少し料金をかけて高いデータ復旧力と信頼性が高い業者に依頼したい方は、アドバンスデザインがおすすめ。

当業者は、創業から20年以上HDDデータ復旧・復元に対応する日本初のデータ復旧専門業者です。その分高いデータ復旧技術があり、実際に外付けHDD売上1位のBuffalo(※)への技術提供、米国のHDDデータ復旧企業Seagateとの業務提携などの実績があります。


また当業者は、データ復旧業界の健全化を理念とする日本データ復旧協会の常任理事企業です。健全なサービス基準を満たすデータ復旧業者なので、高額な費用の請求や強引な営業への心配も少ないです。

高いデータ復旧技術と信頼性から、幅広い種類のHDDデータ復旧を相場価格で受けられるでしょう。

アドバンスデザインでのデータ復旧料金の相場

ハードディスク別
料金表
料金(税込)
パソコンHDD・外付けHDD・SSD 33,000円~
NAS・RAID(HDD×2の場合) 88,000円~
SDカード・USBメモリ等 33,000円~
CD・DVD等 33,000円~
スマホ 165,000円~
(初期調査費用含む)


日本屈指の高いデータ復旧力
を33,000円から提供!
アドバンスデザイン
公式サイトを見る


710社以上のPC関連企業と提携!明確かつ安い値段でデータ復元に対応するDATAOK

DATAOK
出典:https://www.dataok.jp/

業者名 費用 無料サービス 実績 評判 作業時間
DATAOK 症状ごとに上限金額あり
成果報酬型
診断・送料無料
キャンセル無料
710社以上のPC関連企業と提携 Googleの口コミ 5.0
※11件のレビュー
最短6時間~3日
※上記の各情報は2024年2月時点の情報です。

ハードディスクの種類と症状(論理障害・物理障害)の種類とレベルで値段が設定されています。症状ごとに最大料金が設定されているため、悪質業者に見られる診断時の高額な費用の値上げの心配もありません

またDATAOKは、外注せず自社完結でデータ復旧を行うため、相場と比較し格安料金でデータ復旧ができます。

例えば論理障害の場合、業界のデータ復旧料金の相場は軽度10,000円~重度250,000円です。一方DATAOKなら、論理障害のデータ復旧は軽度10,800円~重度148,000円と、相場料金と比較して安い費用で復元を行います。

格安な料金の一方、DATAOKは高度なデータ復旧技術を保有する点も特徴です。実際DATAOKは、710社以上のパソコン関連企業と、データ復旧業務の請負・セキュリティ施策等を提供する業務提携を行っています。

以上から、DATAOKは格安・明確な料金と、高い技術が両立したデータ復旧業者です。出張復旧や定額でのNAS復旧等も提供する業者なので、サービス全体の利便性を求める方にもおすすめできます。

DATAOKでのデータ復旧料金の相場

ハードディスク別
料金表
料金(税込)
パソコンHDD・外付けHDD 10,800円~148,000円
SSD 10,800円~218,000円
NAS・RAID(HDD×2~4の場合) 88,000円~238,000円
SDカード・USBメモリ等 28,000円~98,000円
CD・DVD等 18,000円


定額・上限金額で
高度なデータ復元技術を提供!
DATAOK
公式サイトを見る


以上、相場料金や格安価格でデータ復旧ができる業者サービス4選でした。以下では、主要なデータ復旧業者の料金以外の特徴も解説しています。紹介したデータ復旧業者をより詳しく理解したい方は、あわせてご覧ください!

HDDデータ復旧業者
料金以外の特徴から見る


相場の金額よりHDDの復旧にかかる費用が高くなるケースを解説

HDDの復旧が相場より高くなる事例
業者へのデータ復旧の依頼方法によっては、相場金額より復旧にかかる料金が高くなります。思いがけず高額な料金を請求されないよう、HDD(ハードディスク)のデータ復旧が相場より高額になる場合について理解しましょう。

以下、HDD(ハードディスク)のデータ復旧料金が高額になる事例を3つ解説します。



大型ハードディスクほど金額が相場費用より高い!容量が大きいHDDの復元を依頼する場合

基本的に、データ容量が大きいHDD(ハードディスク)の場合、データ復旧にかかる料金は相場より高いです。

実際、データ復旧料金に上限がある業者でも、データ容量が大きいHDDのデータ復旧は例外で高額料金になる場合が多いです。逆に、SDカード等の外付けHDDの復旧費用が相場金額より安いのも、HDDのデータ容量が理由です。

また、料金見積りで復旧できるデータ一覧が掲示される際、必要なデータだけ復旧を依頼すれば料金を安くできる場合があります。HDDのデータ容量で料金が異なる点を踏まえ、サービス利用時は復旧するデータを絞れないか相談しましょう。

専門的な復元は価格が高い!技術が必要なHDDのデータ復旧を依頼する場合

高い技術が必要なHDDのデータ復旧は、対応できるデータ復旧業者が少ない分料金相場も高額になります。中でも、以下のHDD(ハードディスク)のデータ復旧は、パソコンのHDDと比較して高いデータ復旧技術が必要です。

データ復旧の難易度が高いハードディスク
  • HDDよりデータ復旧方法が複雑なSSD
  • 複数のハードディスクで構築されたNAS
  • データ復旧方法が確立していないスマホ


特に法人利用の大型ハードディスク(HDD・SSD)は、復旧の難易度が高い上データ容量も大きい場合が多いです。よって、PCのデータ復旧相場と比較し費用がさらに高額になります。

追加料金で相場金額より高くなる!特急対応などのサービスを利用する場合

多くのデータ復旧業者は、HDD(ハードディスク)のデータ復旧に加え以下のような追加サービスを行います。

データ復旧業者が行う追加サービス
  • 特急(緊急)対応
  • HDDの診断やデータ復旧を通常のデータ復旧サービスより早く対応
  • 出張サービス
  • 技術者が会社等に出向き現地でHDDのデータ復旧・復元に対応する
  • バックアップサービス
  • 故障によるデータ障害に備えHDDのバックアップを定期的に行う


以上は、仕事でPC(パソコン)を使う方や、HDDのデータを持ち出せない方には便利なサービスです。ただ、通常のデータ復旧サービスより費用がかかる分、料金相場より高い価格となる点にご注意ください。

データ復旧料金を相場より安くしたい方は、できる限り通常の復旧サービスに留めるのがおすすめです。

価格・料金体系が曖昧なデータ復旧業者に注意!
料金をあいまいにし格安に見せ、追加料金を請求する悪質なデータ復旧業者もいます。HDD(ハードディスク)のデータ復旧はメール相談や費用見積りで料金を明確にした上で依頼しましょう。

中でも以下は、データ復旧を依頼する前に明確にしましょう。

  • どんな故障・種類のハードディスクでも診断が無料か
  • データ復旧の失敗時に何らかの費用・料金が請求されるか
  • 「成功した場合のみ料金が請求」の成功の定義は何か



料金以外も注意!復元力がある業者と悪質サービスを見分ける3つの方法

復元技術が高い業者サービスを見分ける3つのポイント
データ復旧にかかる料金は業者選びで注目しやすい点。ただ、料金だけでデータ復旧業者を選ぶと、悪質な業者と質の高い業者を判別しきれません

実際、WEBで格安価格をうたい、対面の見積りで高額料金を請求する悪質なデータ復旧業者もいます。不満のないHDDデータ復旧を行うため、料金以外も見てデータ復旧業者は選びましょう

次は、データ復旧業者のサービス選びで悪質データ復旧業者を見分ける方法を3つ解説します。

復旧技術を見る!明らかに高いデータ復旧確率を示すサービスは注意

データ復旧業者の技術は、HDDデータ復元の成功のため料金より優先して見ましょう。

HDD(ハードディスク)はデータ復旧をくり返す度、故障の悪化やデータの上書き等でデータ復旧率が低下します。よって、相場費用より多少料金をかけても、技術あるデータ復旧業者に依頼する方が大切です。

データ復旧業者の技術を見る際の注意
HDD(ハードディスク)のデータ復旧率は、業者ごとに算出基準があいまいなので過信しないよう注意。特に、データ復旧率90%以上など異常に高い場合、復旧率の計算方法を一度確認しましょう。


データ復旧業者のデータ復旧技術は、以下の客観的な情報から見るのがおすすめです。

  • データ復旧を行う技術者やHDDデータ復元設備の充実度
  • 大手企業・機関へのデータ復旧対応やメーカーとの連携
  • データ復旧ができない場合など業者側に不利な点の記載もあるか


依頼から結果報告までにかかる時間に注目!対応スピードを見る

データ復旧業者がHDDのデータ復旧にかかる時間も、料金のほか業者選びで大切です。データ復旧は、依頼からデータ復旧までの工数が多くあります。

業者がデータ復旧を行う流れ
  • HDDの故障相談を電話・メールで対応
  • 郵送・来店でパソコンやHDDを預かる
  • パソコンやHDDの診断・費用見積もり
  • 依頼を受け次第データ復旧を開始
  • 費用見積り分の料金を請求
  • データ復旧をしたパソコン・HDDの返送


HDD(ハードディスク)の故障内容やデータ容量でも変わりますが、データ復旧にかかる時間は平均で3日~11日が相場です。このデータ復旧にかかる時間に、業者のデータ復旧技術や効率、サービス対応の丁寧さが現れます。

特にデータ復旧スピードにこだわる方は、上記の時間相場も参考にデータ復旧スピードを確認しましょう。その他、出張サービスや緊急対応を行うデータ復旧も要チェックです(追加料金あり)。

利用者の口コミを見る!料金・技術・対応に悪い評判が多いHDD復元業者には注意

データ復旧業者の広告は、基本的にHDDデータ復旧業者に有利な情報が多いです。広告だけでHDDデータ復旧を依頼するデータ復旧業者を選ぶと、サービスが異なる・予想より費用が高い等のトラブルに繋がる場合も。

依頼するデータ復旧業者は、複数の情報源を見て選ぶのがおすすめです。特に、データ復旧業者の利用者の評判は、サービスの質を見る上で役立ちます。口コミサイトやTwitter等を活用し、データ復旧業者の評判を見てみましょう。

HDDデータ復旧業者のサービス利用者の評判例

review
yukiさん
★★★☆☆3
800GB近いデータが入っているNASが故障し全くアクセスできなくなってしまいました。重度の障害と診断され、復旧をお願いし、復旧率80%とのことでしたが、実際開けないファイルが多数ありました。データ量が膨大で、必ずこれが必要で開けるかどうか、と確認して欲しいものを指定することは難しく、期待していただけに少し残念な感じでした。重度の障害とデータ量から考えれば仕方がないのかもしれません。
引用:GoogleMap

review
Daiki Mさん
★★★☆☆3
SDカードの論理破損でデータのサルベージを依頼した。
大切なデータだったのでお金がかかっても良いので復旧ができてよかった。
26万円かかった。金額自体は妥当だと思うが、法人でなく個人だとかなり厳しい値段。
引用:GoogleMap

review
David Colmanさん
★★★☆☆3
自分の場合、96000円払ってデータファイル数万点は確かにほぼ全て復旧できた。この会社の技術力もあるし、HDDの破損が重篤でなく運がよかったのだろう。
しかし、二度のこんな大金をつぎ込むことはしたくない。
データを本当に急ぎで復旧させる必要があるのか、自分でよく考えてから結論を下すこと。
引用:GoogleMap

HDDデータ復旧業者の評判を見る時の注意

データ復旧業者の評判は参考にできます。ただ、「口コミを書けば料金が割引」等でデータ復旧業者が評判を促す場合や、他業者の嫌がらせの場合もあります。よって、データ復旧業者への評判が必ず信用できるとは限りません。

大切なのは、1つの情報だけで依頼するデータ復旧業者を選ばないこと。広告や利用者の評判、実際の相談など、複数の情報からデータ復旧業者は選びましょう。

なお、悪質業者を避けるための注意点や、トラブルの対処方法に関する情報は、以下で詳しく解説しています。

HDD復元でのトラブル
予防策と対処方法を紹介


まとめ|安い費用かつ復元技術が高いHDDデータ復元業者は見つかる

まとめ
当記事ではデータ復旧の料金相場を、HDDの症状やデータ復旧業者などで比較し徹底解説しました。以下、当記事で解説したデータ復旧成功で大切な点のまとめです。

格安料金でデータ復旧を行う重要ポイント
  • データ復旧の料金相場はHDDの種類・障害・選ぶ業者で異なる
  • 復旧料金が高額になるため故障後はすぐパソコンの電源を切る
  • 不自然なほど安い料金や高い復旧率を表すデータ復旧業者は注意


料金の他、今回解説した業者の選び方なども理解すれば、格安料金で高いデータ復旧力があるデータ復旧業者は選べます。業者が行う無料のHDD診断・見積りを受けつつ、あなたの需要に合ったデータ復旧業者を見つけましょう!

安い料金でデータ復旧を
成功させる方法をもう一度見る


なお、料金とデータ復旧技術のコスパで選ぶ場合、PCエコサービスは特におすすめのデータ復旧業者です。

多くの場合でWEB掲載の金額よりデータ復旧料金が高額になる一方、PCエコサービスは種類・容量・障害を問わず全HDDのデータ復旧が一律料金43,760円(税込)です。

また警察庁や官公庁でも利用されるPC-3000でデータ復旧をするため、データ復旧力も高いと言えます。高額な価格値上げが不安…格安サービスは質が不安…という方も、一度PCエコサービスをご覧ください!

コスパを求める全ての方におすすめ! PCエコサービス
公式サイトを見る


Q&A よくある質問

Q&A よくある質問

相場より安い費用・金額でHDDデータ復旧をする方法は?

データ復旧にかかる費用を相場より安くするには、故障したHDDの電源を切り障害を悪化させないことが大切

その他、データ復旧業者の選び方を工夫すれば、金額を相場より安く抑えられます。例えば、復旧が成功した分だけ料金を支払う「成果報酬型」や、見積りなど復旧周りのサービスが無料の業者はおすすめです。

HDDの復旧・復元にかかる料金相場は?

以下は、HDDの障害の種類(論理障害・物理障害)と故障の重さ別の、データ復旧の料金相場です。

論理障害の程度別データ復旧料金の相場
  • 軽度論理障害:10,000~60,000円
  • 中度論理障害:30,000~100,000円
  • 重度論理障害:100,000~250,000円


物理障害の程度別データ復旧料金の相場
  • 軽度物理障害:70,000~130,000円
  • 中度物理障害:150,000~400,000円
  • 重度物理障害:200,000~700,000円


その他、HDDの種類やデータ容量でも料金は変わります。依頼するデータ復旧業者によっても金額は異なるので、複数の業者にHDDの見積りを依頼するのがおすすめです。

HDDのデータ復旧費用に差がある理由はなぜ?

HDDのデータ復元にかかる費用が異なる主な理由は以下の3つ。

  • 故障の種類(論理障害・物理障害)と障害の重さで料金が異なる
  • ハードディスクのデータ容量・復旧の難易度で料金が異なる
  • HDDの復元を依頼するデータ復旧業者によって料金が異なる


HDDのデータ復元を依頼する業者選びは特に大切です。利用する業者によって、同じサービスでも費用が高額になる場合もあります。複数社に料金の見積もりを取り、安くて質の良いサービスを受けられる業者を探しましょう。

なお、データ復旧ではなく、本体の故障を直すHDD修理を行う場合、当記事の内容と料金相場が異なる可能性があります。修理とデータ復旧の違いの詳細は、HDD(ハードディスク)の修理方法の紹介記事をご覧ください。

パソコン・SDカード・スマホ等、ハードディスクの種類別の料金相場は?

以下は、主要データ復旧業者8社で比較したHDDデータ復旧の最低料金です。

  • パソコンの復旧相場:29,700円~
  • 外付けHDDの復旧相場:29,700円~
  • USBメモリ・SDカード:22,000円~
  • SSDの復旧相場:29,700円~
  • スマホの復旧相場:50,000円~


中にはデータ復旧料金が数千円台のデータ復旧業者もいます。ただデータ復旧料金はHDDの故障内容やデータ容量でも異なるので、多くの場合最低金額より料金は高額になります

料金の値上げが不安な方は、HDDの見積りのほかPCエコサービス等の料金が固定されたデータ復旧業者を利用するのもおすすめです。

格安料金でデータを復元!
おすすめデータ復旧業者をもう一度見る


PICKUP
CONTENTS

HDD(ハードディスク)データ復旧におすすめの業者と自力での復元方法を解説

大切なデータを損失してしまった場合には、おおまかに以下2つの復旧・復元方法があります。 データ復元ソフトを使った自力での復旧 データ復旧専門業者への依頼 各方法にはメリット・デメリットがあり、選択を間違えるとデータ消える...
           
最終更新日:2024年2月11日

HDD(ハードディスク)が故障した際の修理/修復方法は?データ復旧との違いも解説

繊細で故障しやすく、1つの障害が幅広い症状を引き起こすHDD(ハードディスク)。大切なデータを損失しないためにも、HDD(ハードディスク)の修理・データ修復について正しく理解する必要があります。 ただ、HDD(ハードディ...
           
最終更新日:2023年6月29日

HDD(ハードディスク)を認識しない原因や対処・復旧方法を解説

「大切なデータがあるドライブを開けない」「PCが外付けHDD(ハードディスク)を認識しない」 パソコン等のデバイスがHDD(ハードディスク)を認識しない原因は、HDD(ハードディスク)の接続不良や、ディスク・データの破損...
           
最終更新日:2023年6月29日

外付けHDD(ハードディスク)データ復旧・復元方法のまとめ

外付けHDDにデータ障害が起きた場合、正しい対応を取ればデータ復旧・復元はできます。ただ、外付けHDDのデータ復旧方法は、PC操作やサービス依頼が必要で複雑なのも事実。よって、データ障害の悪化や、高いデータ復元料金に不安...
           
最終更新日:2023年8月12日

PCエコサービスの評判・口コミは?HDD復旧にかかる料金も紹介

おすすめポイント 独自の料金システム!データ復旧が一律39,800円 HDDデータ復旧率80%以上の高い技術実績 複数サイトの口コミ評価で平均★4.7~5を獲得 格安の料金設定と高いデータ復旧技術で絶大な人気を誇るPCエ...
           
最終更新日:2023年11月30日