クリクラFitのレビュー記事
最終更新日:2022.03.17

クリクラFitを徹底レビュー!実際に使ってわかったメリット・デメリット


2020年1月から取り扱いが開始されたクリクラFit(クリクラフィット)は、 「居住空間に設置した際、暮らしの中に自然になじむ」を基本コンセプトに、開発されたウォーターサーバー。

従来のクリクラサーバーと比較すると、デザイン性が高いことに加え、再加熱機能や水受けトレイが引き出しできるなど、より日常生活になじむ設計が魅力的です。

この記事では、「実際にクリクラFitを使っている人の口コミや評判が知りたい」という方に、クリクラのクリクラFitサーバーを実際に使ってみた感想を詳しく紹介します。

これまで20社以上のウォーターサーバーを比較してきた当編集部が、使い方や機能性、メリットやデメリットについて感じたことを包み隠さずお伝えしていきますので、クリクラFitを検討中の方はぜひ参考にしてください。
クリクラFitの評価ポイント
  • スリム設計で場所を取らないサーバーデザイン
  • ボトルカバーを付けることで生活感を消せる
  • スライド式のトレーで、大きな容器にも注水しやすい
  • まろやかで癖のないおいしいお水
早速見ていきましょう。

「クリクラFit」はどんなウォーターサーバー?

クリクラのウォーターサーバーの中でも、デザイン性の高さが人気の「クリクラFit」。

レビュー結果についてはこのあと詳しく紹介しますが、まずは機能やお水の特徴などの、基本情報を押さえておきましょう。

クリクラFitはデザイン性に優れたウォーターサーバー

クリクラFit白のイメージ写真

出典:https://www.crecla.jp/lineup/fit/


クリクラの中でも、デザイン性の高いウォーターサーバーのクリクラFit。専用カバーを付けることでボトルが隠れ、すっきりとスタイリッシュな印象になります。

サイズは幅245mm×奥行383mm×高さ987mmのスリム設計。幅はボックスティッシュ約1箱分で、狭いスペースにもすっきりと収まります。

カラーは白と黒の2色展開。お部屋の雰囲気に合わせて選べるのもうれしいポイントです。 クリクラFitの黒のイメージ画像

出典:https://www.crecla.jp/lineup/fit/


冷水と温水が使えるシンプルな機能のサーバー

クリクラFitは、冷水と温水が使えるシンプルな機能が備わったウォーターサーバー。温水側にのみ、チャイルドロックがついていますが、希望すれば無料で冷水側にもつけてくれます。

再加熱機能付きを選べる

ウォーターサーバーの温水の温度は、80~85℃くらいが一般的。沸騰したお湯ほど熱くはないので、例えば熱々のカップラーメンを作りたい時などに、物足りなさを感じることがあります。

その点クリクラFitは、再加熱機能を搭載できるサーバー。再加熱機能とは、最短約30秒で90℃以上のお湯に温めることができる機能です。インスタント食品やフリーズドライ食品の調理など、忙しいママ達の時短をサポートしてくれます。
クリクラFitの商品仕様まとめ
初回金2,200円(税込)
再加熱機能付き4,400円(税込)(※)
サイズ(幅)245mm×(奥)383mm×(高)987mm
水の温度冷水4~10℃ /温水80~90℃
水の容量冷水:2.3リットル、温水:2.0リットル
消費電力冷水:95W、温水:350W
※カバーありの場合、別途 1,320円/台(税込)がかかります。※「保証金」「預かり金」ではないため、解約時の返金はありません。

品質管理の徹底されたクリクラの水

品質管理の徹底されたクリクラ水 クリクラの水は、RO膜(逆浸透膜)と呼ばれる超微細なフィルターでろ過して、味とミネラルバランスを整えたお水。

原水には世界最高レベルの水質基準をクリアした日本の水道水を採用するなど、品質へのこだわりがうかがえます。 

「クリクラ水」は検査基準が高い

さらにクリクラのお水は、食品衛生法で定められた45項目の基準に加え、さらに独自の厳しい自主検査基準を設定することで、常によりよい品質を追求しています。また、出荷前には、ボトル1本1本の汚れの確認や内部の検査を、専任の検査員が丁寧に実施するなど、品質管理の徹底されたお水です。

地球環境に配慮したウォーターサーバー

クリクラの水ボトルは、使用後に回収・洗浄して再利用するサステナブルなボトルを採用し、ゴミの排出を抑制しています。

また、製造工場が全国48ヶ所にあることで配達の輸送エネルギーを極限まで抑えるなど、地球環境に配慮したウォーターサーバーです。

上記がクリクラFitの特徴となりますが、実際にウォーターサーバーを設置した時のサイズ感や、お湯の温度や冷水の温度の実測値も気になるところ。また、ウォーターサーバーの中にはサーバーを通すと水の味が変化してしまうこともありますが、クリクラの水は私たち消費者が飲む時までおいしいお水なのでしょうか。

この点についても、しっかりとレビューしていきます。

クリクラFitをレビュー・水の交換方法や使い勝手を検証

ここまで紹介してきた内容を踏まえて、クリクラFitのレビュー結果を見ていきましょう。

サーバー到着~開封まで

クリクラは、専門スタッフの方がサーバーの設置を行ってくれます。設置場所までサーバーや水を運んだり、説明書を読みながら立ち上げ作業をする手間がかからないのは嬉しいポイント。 サーバー到着時の様子

モデル身長:165cm


クリクラFitの設置が終了しました。高さは身長165cmの胸くらいまであります。幅がコンパクトなので、他のウォーターサーバーよりもすっきりとした印象がありました。

サーバーの温水・冷水のLEDライトが優しく光っていてかわいらしい印象です。 ボトルカバーの両サイドにはスリットが入っており、カバーをしたまま水の残量が確認できます。 ボトルカバースリット部分の拡大画像

使い方をチェック!ボトルの交換方法や注水方法

ここからは実際に使い方についてレビューをしていきます。まず、クリクラFitの水受けトレイは3段階に引き出しが可能で、コップや大きめの容器を置くことができます。 3段階の引き出しトレイ 水受けトレイに容器が置けないサーバーの場合、片手で容器を持ちながら片手で注水しなくてはなりません。

不安定であることに加え、たくさんの水を入れる場合は重たくて腕がプルプルと震えてしまうこともあるので、水受けトレイに容器を置けるかどうかは重要なポイントです。

注水口はコックタイプで、冷水側はレバーを押すことで注水ができます。 冷水側の注水方法
さらに冷水コックを上に立てることで、出しっぱなしの状態にもなります。料理や麦茶など作るときなど、冷水を一度にたくさん使いたいときにもレバーを押し続けなくていいのはとても便利です。

温水側はチャイルドロックがついており、強めの力で一度レバーを奥に押し、そのまま手前に引くことで注水ができます。力強く押す必要があるので、小さなお子さまには開けづらくなっています。 フィット・温水側の注水方法

水の勢いは?

重力を利用して水が出てくるクリクラFitは、水の勢いも強く、一度にたくさんの水を使うときにもストレスを感じることはありませんでした。

実測:冷水の温度や温水の温度

クリクラFitの温度は、仕様を見ると冷水4~10℃ /温水80~90℃となっています。実際にこの温度がでるのか、実測してみました

クリクラFitの冷水の温度

冷水の温度:14.4℃

仕様よりも少し高めの温度となりました。夏場の暑い時期に測定したことが影響しているのかもしれません。とはいえ、実際に飲んでみるとしっかり冷えていて「冷たい!」と感じる温度でした。

クリクラFitの温水の温度

温水の温度 温水の温度:82.2℃

注水された温水は82.2℃の高温。コーヒーやカップラーメンも問題なく作ることができました。

水の味は?

他社のウォーターサーバーでは、水に容器の匂いが移ってしまったなどの口コミも見受けられます。品質にこだわりのあるクリクラの水は、実際に私たち消費者に届くまでおいしいお水なのでしょうか。

結論からいうと、クリクラの水はまろやかな優しい味で、体にすーっと染み込むような感覚がありました。ほのかな甘みも感じられ、ごくごくと飲める美味しいお水です。

品質管理が徹底されているだけあり、水の味については満足度が高い結果となりました。

サーバーの音は?

クリクラFitの音量を専用アプリを使って測定してみました。結果は以下の通り。 クリクラFitの音量を測定 39dBという結果になりました。図書館の騒音が約40dBなので、それと同等の静かさということになります。少し機械音はしますが、ほぼ気になりませんでした。

料金・費用について解説!
クリクラは安いのか

ここまでクリクラFitのレビュー結果について紹介してきましたが、実際に利用する場合はどれくらいの費用がかかるのでしょうか。ここからは、クリクラFitの料金に焦点を当てて詳しく紹介していきます。

料金プランの仕組み

クリクラの月額料金は、あんしんサポートパックと注文した分の水の料金を支払うシンプルな料金体系。サーバーレンタル料は無料です。  
【月額費用】
  • あんしんサポートパック:460円/月
  • 水の料金:1,460円/本(12L)、
    860円/本(5.8L) 

※価格は全て税込みです。初回金として再加熱機能なしは2,200円、再加熱機能ありは4,400円がかかります。
※カバーありの場合、別途 1,320円/台(税込)がかかります。


あんしんサポートパックとは、以下の5つの対応を含む加入必須の補償サポートです。
  1. 専門スタッフによる対応
  2. 故障時の無償対応
  3. 年1回のサーバーメンテナンス
  4. 小さなお子様への安全対応※1
  5. 快適サービス※2

※1冷水コックのチャイルドロック対応、ドレインキャップカバー取り付けを指しています。※2快適サービス内容については、販売店によって異なります。

クリクラFitの月額料金をシミュレーション

利用人数や水の利用量ごとに月額料金をシミュレーションしたところ、以下のようになりました。
利用人数 水の
使用量目安
月額料金
1人暮らし 2本(計24L)/月
ペース:
4週間に2本
3,380円
2人
(ご夫婦)
3本(計36L)/月
ペース:
4週間に3本
4,840円※
4人
(大人2人
子ども2人)
4本(計48L)/月
ペース:
2週間に2本
6,300円
※ボトル料金×ボトル3本の料金。※上記の月額費用に加え、電気代が約1,000円程度/月かかります。

では、クリクラFitは他社のウォーターサーバーと比較すると安いのでしょうか。

他社ウォーターサーバーと月額料金を比較した結果について見ていきましょう。

他社ウォーターサーバーとクリクラFitの月額料金を比較

今回は、以下2社のRO水が飲める大手ウォーターサーバーと比較しました。

  • アクアクララ
  • アルピナ
    ウォーター

サーバーレンタル代や水の料金以外にも、初期費用などを含めた出費額の合計を比較していきます。
クリクラFit アクアクララ アルピナウォーター
クリクラフィット アクアスリム アルピナウォーター
初回金 2,200円
(再加熱機能ありは
4,400円)
無料 無料
水の値段 1,460円/12L 1,404円/12L 1,134円/12L
サーバー
レンタル代
無料 無料 629円
あんしんサポートパック 460円 1,100円 任意加入
送料 無料 無料 無料
月額料金※1 3,380円 3,908円 2,897円
契約
年数
なし※2 2年 1年
解約金 ※2 2年未満の解約で、11,000円(税込) 関東:1年以内の解約で11,000円(税込)
関西:1年以内の解約で5,238円(税込)
※1.ボトル2本を注文した場合。アクアクララは2年プラン・アクアスリムサーバーの料金、アルピナウォーターはスタンダードサーバーの料金で計算しています。契約するサーバーやプランにより料金が異なるため詳細は公式サイトをご覧ください。※2.キャンペーンを利用した場合は契約期間や解約金が生じる場合があります。

24L時の月額料金を比較してみると、クリクラFitは2番目に安いという結果になりました。とにかく安いウォーターサーバーが良いという方には、ミスマッチかもしれません。(価格重視でウォーターサーバーを探している方は、こちらの記事で価格が安いウォーターサーバーをまとめています。)

しかし、月額料金が最も安いアルピナウォーターは、ボトルが隠れないタイプのウォーターサーバー。また、クリクラFitのように水の味を調えていないので、飲みづらさを感じる場合もあります。

その点クリクラFitは、サーバーのデザイン性や水の品質・料金のバランスを見ると、とても優秀なウォーターサーバー。総合的におすすめできるウォーターサーバーです。

▼ クリクラについてさらに詳しく知りたい方はこちら ▼
クリクラの詳細・口コミについてみる

レビューしてわかったメリット・デメリット

メリットデメリットまとめ ここまで行ってきた、クリクラFitサーバーのレビュー結果を踏まえて、メリットやデメリットをまとめていきます。
クリクラFitのメリット
  • スリムな設計で、場所を取らないサーバーデザイン。
  • ボトルカバーを付けることで生活感を消せる
  • スライド式のトレーで、大きな容器にも注水しやすい
  • まろやかで癖のないおいしいお水
クリクラFitのデメリット
  • 料金は最安ではない(ただしデザイン性や水の品質のトータルバランスを考えるとお得度が高い)
上記が、実際にクリクラFitを使ってみてわかったメリット・デメリットです。クリクラFitは、スリムで生活感のないデザインと、赤ちゃんにも安全な高品質のお水が飲めるウォーターサーバー。

デザイン性や料金の安さ・水の品質など、トータルバランスでおすすめできるウォーターサーバーだといえるでしょう。

お得なキャンペーン情報をチェック

クリクラキャンペーンまとめ クリクラでは、現在次のキャンペーンを実施中です。

SMILEキッズキャンペーン

SMILEキッズキャンペーンは、子育て中のママ・パパ向けのお得なキャンペーンです。

  • 対象:妊婦~7歳未満のお子様がいるご家庭
  • 内容:初回ボトル3本+あんしんサポートパックの合計4,840円→1,460円に
    さらに毎年ボトル4本プレゼント(1,460円×4本=5,840円お得)
  • 契約期間:1年間(1年未満で解約した場合の解約金は12,100円)

 
SMILEキッズキャンペーンを利用すれば、ボトル3本が初回1,460円で利用できます。かつ毎年ボトルを4本(総額5,840円)をプレゼントしてくれるので、かなりお得度の高いキャンペーンだと言えるでしょう。

このキャンペーンを使って
申し込む



2年プランキャンペーン

クオカードとボトル一本分(総額4,460円)がもらえるお得なキャンペーンです。

  • 対象:クリクラを新規でお申し込みの方
  • 内容:クオカード3,000円+ボトル1本(1,460円分)無料プレゼント
  • 契約期間:2年間(2年未満で解約した場合の解約金は12,100円)

このキャンペーンを使って
申し込む



1週間無料お試しキャンペーン

まずは気軽に始めたいという方は、無料お試しキャンペーンがおすすめです。

  • 対象:クリクラを新規でお申し込みの方
  • 内容:クリクラボトル 1本(12リットル)、ウォーターサーバー1台、レンタル料無料(クリクラサーバーLサイズ or クリクラサーバーSサイズ)をお試しできる。
  • お試し期間:1週間

 

このキャンペーンを使って
申し込む

PICKUP
CONTENTS

ウォーターサーバー徹底比較!2022年7月最新おすすめランキング

「おうち時間を充実させたい」「ミルク作りの時短に便利」などの理由から利用が増えているウォーターサーバー。 一方、ウォーターサーバーのメーカーや機種が多く、選び方や比較方法が分からないとの声も。 そこで当記事では、ウォータ...
2021.01.20

水道水ウォーターサーバーのおすすめ・比較ランキング【水道直結型・水道水補充型】

水道水ウォーターサーバーとは、浄水器の機能を持つ浄水型ウォーターサーバーのこと。 水道水ウォーターサーバーは、ボトルが配送されるウォーターサーバーと浄水器のいいとこどりのモデルで、月額料金が定額で安く、ボトル不要で使い勝...
2021.11.08

費用が安いウォーターサーバーのおすすめランキング!月額料金を比較

ウォーターサーバーの月額料金には、「水の料金(ボトル代)」「サーバーレンタル料」「安心サポート料」などが含まれます。 費用が安いウォーターサーバーを選ぶポイントは、ウォーターサーバーの利用にかかる費用の内訳を知り、合計し...
2021.06.11

プレミアムウォーターの契約前に!口コミ・評判や注意点を解説

天然水本来のおいしさを味わえる非加熱処理を導入したウォーターサーバー「プレミアムウォーター」。 天然水の採水地は2022年モンドセレクション優秀品質最高金賞・優秀品質金賞を受賞しています。 プレミアムウォーターはデザイン...
2021.02.16

フレシャスウォーターサーバーの口コミ・評判は?サーバー特徴・デメリットまでまとめて解説

フレシャス(FRECIOUS)はデザイン性に優れた高機能機種を多数取り扱うウォーターサーバー。在宅時間が増えている今日、フレシャスのようなおしゃれなウォーターサーバーはインテリアにも馴染むとして人気です。 このページでは...
2021.05.27

ハミングウォーターの契約前に!口コミ・評判やデメリットを解説

水道水を浄水するタイプのウォーターサーバーの中で人気が高い「ハミングウォーター(Humming water)」。 自宅の水道水を使うので、水を多く飲んでも月額料金が高くならない、ボトル交換が不要でゴミが出ないなどのメリッ...
2021.04.14

ウォーターサーバーキャンペーン特典を比較【キャッシュバック・乗り換え・ママパパ向け】

ウォーターサーバーの契約をお得に始めたい方は、キャンペーン特典の利用がおすすめです。 ウォーターサーバーの主要メーカーでは基本的にキャンペーンを実施していますが、特典内容や利用条件はさまざま。 当記事では、新規契約者向け...
2022.02.14