フジワイファイの通信速度の評判、解約料金などの注意点を解説
最終更新日:2022.01.12

FujiWifiの速度は遅い?他社サービスとの比較や口コミ・評判からおすすめか解説


FUJIWifiは老舗ポケットWiFiですが、契約をおすすめできるのでしょうか? この記事では、FUJIWifiの料金プランや評判を分析し、他社と比較して契約すべきなのか解説をしていきます。

FUJIWifiには多彩なプランがあり、どのプランで契約すべきなのか、また他社とどのように比較したらいいのかわからないと思います。

「最新のプラン内容を解説して欲しい」
「モバイルルーターの種類は多数あるので、どれがおすすめなのかわからない」
「自分の利用目的にあったポケットWiFiを探したい」

などFUJIWifi契約時に悩む方も多いと思います。 FUJIWifiは一見格安かつ契約期間も短いのでおすすめに見えますが、注意点もいくつか存在しているので契約前に確認が必要です。

このページでは、そんなFUJIWifiに関して他社との比較を踏まえながら評判や注意点など余すことなく解説をしていきます。FUJIWifiを契約するか悩んでいる方が、この記事を参考に安心して判断できれば幸いです。

まずはFUJIWifiの基礎知識や端末情報などを確認していきましょう!

FUJIWifiの口コミ評判から確認したい方はこちら

FUJIWifiのサービスについて

フジワイファイの料金・速度・エリアについて まずはFUJIWifiの基礎知識をまとめていきます。FUJIWifiとはどのようなモバイルルーターなのか確認をしていきましょう。

通信事業だけでなく、人材派遣事業や株式会社レグルスがプロバイダのモバイルルーターです。

FUJIWifiでは多彩なプランを展開しているので、それぞれを確認する必要があります。この記事では、複雑なプランを分かりやすく表にまとめました。

それでは料金・プラン・通信量・端末などを一緒に確認していきましょう。

FUJIWifiの料金プランを解説

FUJIWifiではどのような料金プランを展開しているのでしょうか?モバイルルーターは50種類以上が存在しており、各社がそれぞれの料金プランを展開しています。

また季節ごとにキャンペーンを実施してるモバイルルーターも存在しているので、それぞれを確認するのが大変です。FUJIWifiも独自の料金プランやキャンペーンを実施しているモバイルルーターの一つであり、最新情報を確認する必要があります。

最新のFUJIWifiの料金プランを確認していきましょう。

プラン名 毎日10GBプラン 毎日5GBプラン
月額料金 通常コース:5,995円
デポコミコース:5,445円
通常コース:4,895円
デポコミコース:4,345円
初期手数料 通常コース:3,300円
(デポコミコースは追加で5,500円)
端末代 無料
キャンペーン なし
契約期間 通常コース:なし
デポコミコース:実質1年
解約料金 通常コース:無料
デポコミコース:~12ヶ月以内は5,500円
契約できる端末 クラウドSIM型WiFi「U3」「H01」
通信速度 下り最大速度:150Mbps
上り最大速度:50Mbps
利用可能回線 ドコモ,ソフトバンク,au回線
対応エリア 全国
海外利用 利用可能
支払い方法 クレジットカード
コンビニ払い(税込209円)
プラン変更 可能

※1)表内の料金は全て税込みです
※2)キャンペーンは終了したのでクーポンコードが利用できません。
※3)SIMプランは紹介していません。


FUJIWifiの最新料金プランは上記のようになります。1日10GB(月300GB)の通信量は、モバイルルーター業界で最も多い通信量となっています。

1点だけFUJIWifiの細くとして、利用可能回線に注目してみてください。au・ドコモ・SoftBankと書かれていますが、初めて聞かれる方もいると思います。

au・ドコモ・SoftBank回線の全てを利用できる回線のことをクラウドSIM型と呼びますが、クラウドSIM型とはどのような回線なのでしょうか?従来のモバイルルーターとは違う、クラウドSIM型の通信方式に関して説明していきます。

クラウドSIM型とは?

FUJIWifiではマルチキャリアと呼んでいますが、クラウドSIM型のことを指しています。クラウドSIM型(マルチキャリア)とは、どのような回線なのでしょうか?

結論から述べますと、au・ドコモ・ソフトバンク回線に対応しているモバイルルーターを指します。利用するエリアによって、au・ドコモ・ソフトバンクの3回線から最適な回線へと繋げてくれます。

従来のモバイルルーターやスマートフォンは、1つの回線しか対応していないので仕組みがわからない方も多いかと思います。一般的なモバイルルーターではSIMカードが端末に挿入されており、入れ替えることで利用する回線を変えます。

反対にクラウドSIM型では、SIMをクラウド上で管理することで複数の回線を利用する仕組みとなっています。 クラウドSIM型の特徴としては、1つの回線しか利用できないモバイルルーターと比較して利用可能エリアが広いことです。au・ドコモ・ソフトバンクの3キャリア回線が利用できるので、モバイルルーターが今までつながりくかった田舎や山間部でも利用しやすくなりました。

今まで利用したモバイルルーターがつながりにくく困っていた方には、クラウドSIM型モバイルルーターはおすすめできます。FUJIWifiではこのような通信方式を採用しています。

クラウドSIM型だけを紹介しましたが、FUJIWifiにはクラウドSIM型以外にも、ソフトバンク・au・ドコモの回線から1つだけ利用できるプランもあります。

こちらについては下記にて解説しています。(あまりおすすめできないので気になっている方のみご覧ください)

ソフトバンク・au・ドコモのプランに関して

FUJIWifiでは、クラウドSIM型とは別にソフトバンク・au・ドコモのLTEから1回線を選択して契約できるプランも存在します。

    ソフトバンクサービスエリア


    200GB、100GB、50GB、30GBを選択できます。

    ドコモ及びauサービスエリア


    30GBのみ選択できます。

「ソフトバンク、au、ドコモの回線から1つ選んで契約できるのでおすすめ!」と言いたいこととですが、結論おすすめできません。

ソフトバンク回線に関しては、ソフトバンクプランが今後サービス停止の可能性があり契約が解除されるかもしれないためです。フトバンク回線のサービス停止情報に関して先に知りたい方は、こちらを確認ください!

au・ドコモ回線に関しては、30GBのモバイルルーターとしては高額なためおすすめできません。実際にau・ドコモプランと他社ポケットWiFiの通信量及び料金を確認していきます。

FUJIWifi同様に、契約期間の縛りがないモバイルルーターで比較してみます。

契約期間に縛りがないポケットWiFi
ポケットWiFi名 FUJIWifi ゼウスWiFi モンスターモバイル クラウドWiFi
通信量 30GB 40GB 50GB 100GB
月額料金 3,410円 3,278円 3,190円 3,718円
※料金は全て税込みです

通信量が30GB程度かつ、契約期間に縛りがないプランで記載しています。上記の通り、au・ドコモ回線が利用できる30GBプランは高額であることがおわかり頂けるかと思います。

そもそも料金が高額なので、おすすめできませんので注意しましょう。FUJIWifiを契約する際は基本的には、クラウドSIM型中心に比較していきましょう。


次にフジワイファイのクラウドSIM型プランで利用できる端末の特徴を解説していきます。

FUJIWifiで契約できる端末

FUJIWifiではどのような端末が利用できるのでしょうか?バイルルーターを販売する会社は50社程度ありますが、各社が同じ端末を利用している訳ではありません。

モバイルルーターによっては、特徴的な端末を扱っている場合や低スペック端末を安く貸し出ししている場合もあります。それではFUJIWifiの端末を確認していきましょう!

どこよりもWiFiの端末
端末名 H01 U3
端末イメージ フジワイファイの端末「H01」イメージ図 フジワイファイの端末「U3」イメージ図
製造メーカー ucloudlink社 ucloudlink社
サイズ 126 x 64 x 13mm 126×66×10mm
重さ 約130g 125g
通信速度 下り最大速度:150Mbps
上り最大速度:75Mbps
下り最大速度:150Mbps
上り最大速度:50Mbps
同時接続台数 Wi-Fi接続:記載なし
USB接続でのインターネット利用可能
Wi-Fi接続:10台
USB接続でのインターネット利用可能
バッテリー容量 2,700mAh 3,000mAh
連続通信時間 約10時間 約12時間
利用可能回線 ドコモ,ソフトバンク,au回線
付属品 Type-C ケーブル
ACアダプター


FUJIWifiでは上記の端末を利用しています。端末のスペックに関しては、他社モバイルルーターとさほど差はないので特徴はありません。

一般的なクラウドSIM型の端末ですので、端末に関して特段問題はありません。以上がFUJIWifiに関する基本情報となります。

FUJIWifiの料金プランのみに焦点を当ててきましたが、ここからは他社と比較した際のFUJIWifiのメリット・デメリットを解説していきます。料金プランだけを確認すると、とてもおすすめなポケットWiFiに見える場合もありますが、他社モバイルルーターと比較することが重要です。

それではFUJIWifiのメリットや注意点を確認していきましょう。

他社と比較したメリット・おすすめポイント

他社と比較したメリット・おすすめポイント ここからは他社と比較した際のFUJIWifiのメリットに関して確認していきます。モバイルルーターは各社がさまざまなプランやキャンペーンを展開しており、最新情報で料金プランを比較する必要があります。

最新のFUJIWifiはどのようなメリットを持っているのでしょうか?FUJIWifiのメリットは以下の3つです。

  • 1日最大10GBの大容量プラン(月間300GB)
  • FUJIWifiの最低利用期間は、実質1年間のみ
  • au・ソフトバンク・ドコモ回線対応だから、全国エリアで使える


1日最大10GBの大容量プラン(月間300GB)

FUJIWifiには、「毎日10ギガプラン」があり、月換算で300GBも利用できるプランがあります。格安モバイルルーター(クラウドSIM型)の中で、月300GBもの大容量を保証しているのはFUJIWifiだけです。

クラウドSIM型のモバイルルーターは基本的に100GB〜150GBが一般的なので、FUJIWifi の300GBは2倍程度も利用できる計算になります。

NOZOMI WiFi(同じくクラウドSIM型)では月間無制限として宣伝していますが、利用状況によっては通信制限にかかる可能性もあり、何GBまでといった明確な通信量は保証されていません。

300GBも利用できることが保証されていることがFUJIWifiの大きなメリットです。月間で300GBも利用できるFUJIWifiを契約すれば基本的に通信量に困ることはないでしょう。

FUJIWifiの300GBはどの程度の通信量なのでしょうか?月間300GBで利用できる各サービスの時間を計算してみました。

300GBの目安
サービス名 YouTube(720p) Netflix(標準画質) Amazon Prime Video(高画質)
利用可能時間 約300時間 約300時間 150時間以上


他社モバイルルーターの場合は、多くて月間100GB〜150GBなので、2倍以上の300GBも利用できるのは、FUJIWifiのメリットです。とにかく大容量が必要だという方は、FUJIWifiの契約を考えてもいいでしょう。

FUJIWifiでの契約をお考えの際は、300GB以外にもプランがあるので誤ったプランで契約しないように注意しましょう!

FUJIWifiの最低利用期間は、実質1年間のみ

FUJIWifiの最低利用期間は実質1年間のみです。1年間利用すれば、解約金なく解約することができる契約内容です。

契約時にデポコミコースを選択することで、実質契約期間が1年間となります。デポコミコースとは、契約時に5,500円の支払いをすることで割引価格で契約でき、12ヵ月後に5,500円のデポジットが戻ってきます。

12ヵ月以内に解約すると5,500円のデポジットが戻らないので注意しましょう。 また他社モバイルルーターで契約期間内に解約した場合は、1~2万円程度の解約金が発生します。

なので解約時に5,500円のデポジットが戻ってこないだけのFUJIWifiは、解約金もお得になています。他社モバイルルーターの最低利用期間は2年〜3年が主流なので、FUJIWifiの料金プランは比較的短いです。

しかしながら、最低利用期間が短いとどのようなメリットがあるのでしょうか?

最低利用期間が短いメリット

  • 最新のモバイルルーターが発売された場合乗り換えしやすい
  • 解約金を支払うリスクが小さい


このとおり最低利用期間は短ければ短いほど、柔軟な契約となりますので、契約者にとってはありがたいです。またFUJIWifiでは契約期間に縛りがないプランも選択できます。

契約期間に縛りがないとは、いつ解約しても解約金が発生しない料金プランです。デポコミコースと比較して月額料金が高くなりますが、契約期間に縛りがないプランでも契約できます。

契約期間に縛りがない場合、以下のようなメリットがあります。

最低利用期間に縛りがないメリット

  • 通信に満足できなかった場合に即解約できる
  • お試し感覚でポケットWiFiを利用できる


モバイルルーターの速度や安定性は、利用する場所や時間帯などにも依存します。契約してからFUJIWifiの速度に満足できないリスクが心配な方は、契約期間に縛りがないプランを選択しましょう。

レンタル感覚でモバイルルーターを契約できるFUJIWifiは、良心的です。

au・ソフトバンク・ドコモ回線対応だから、全国エリアで使える

FUJIWifiでは4種類の回線から、自身で選択できます。

  • クラウドSIM型
  • au(LTE回線)
  • ドコモ(LTE回線)
  • SoftBank(LTE回線)

FUJIWifiのクラウドSIM型とは、au・ドコモ・ソフトバンクの3回線が利用できるので、利用可能エリアが広いです。au・ドコモ・ソフトバンクの大手キャリア回線は、それぞれが全国をカバーしているものの、その3回線が利用できるのでエリアの広さをおわかりいただけるかと思います。

また大手キャリアの回線は、格安SIMなどで使われるMVNO回線(LTE回線)を利用しているので比較的エリアも広いと考えていいでしょう。スマートフォンで利用している回線同様、大手キャリア回線は全国エリアを網羅しています。

特にクラウドSIM型モバイルルーターでは、今までつながりにくかった田舎や山間部でも比較的つながりやすくなっています。FUJIWifiのエリアは、従来のモバイルルーターでは中々電波が届きにくかったエリアにお住まいの方にも、安心して利用できる通信エリアとなっています。

クラウドSIM型はモバイルルーターの電波が届きにくいエリアにお住まいの方にもおすすめできます。

以上、FUJIWifiのメリットとなります。

  • 1日最大10GBの大容量プラン(月間300GB)
  • FUJIWifiの最低利用期間は、実質1年間のみ
  • au・ソフトバンク・ドコモ回線対応だから、全国エリアで使える


メリットに焦点を当てていきましたが、FUJIWifiには他社と比較した際の注意点もいくつか存在しています。ここからはFUJIWifiの契約前に知って欲しい注意点を解説していきます。

契約にあたってのデメリットはある?

契約にあたってのデメリット・注意点 ここからは他社と比較した際のFUJIWifiのデメリット・注意点を確認していきましょう。料金プランやメリットだけを見るとおすすめのモバイルルーターに感じるかと思います。

FUJIWifiの注意点は以下の2つとなっています。


それではFUJIWifiの注意点を確認していきます。

ソフトバンク回線が利用できるプランは、サービス停止のリスクあり

FUJIWifiでは、ソフトバンク回線が利用できるプランがサービスの停止になる可能性があります。FUJIWifiでは下記の通り2つのプランにてソフトバンク回線を利用しています。

  • マルチキャリア
  • SoftBankサービスエリア

FUJIWifiとソフトバンクの問題により、今後回線が利用できなくなる可能性がゼロではありません。FUJIWifiとソフトバンクの問題に関して簡単に説明をします。

FUJIWifiとソフトバンクの問題の簡単な経緯

FUJIWifiの公式ホームページには、ソフトバンクとのやりとりに関して記載がありました。以下、FUJIWifiのホームページに記載があった内容を簡単にまとめていきます。

    2021年3月1日付の記載

  • ソフトバンク側よりデータ通信料の一方的な値上げをおこなうと連絡があった。
  • 値上げ額が、FUJIWifiのサービス維持が困難になる程度の額
  • ソフトバンクは、FUJIWifiに回線を利用して欲しくない模様

    2021年3月30日付の記載

  • FUJIWifi側に対し値上げはおこなわない旨の回答がきた
  • しかしながら一時的な撤回である可能性があるので、今後サービスを停止する可能性もある

要するに、「ソフトバンク側の値上げに対しFUJIWifi側が抗議しており、一時的には解決しているが今後サービスを利用できなくなる可能性もある」といった内容です。

FUJIWifiのホームページには、サービス停止になった場合にデポジット等の返金はあるとの記載はあります。なのでサービス利用中にソフトバンク回線が停止になった場合、支払ったデポジットが戻ってこないことはないと思います。

しかしながら、急遽サービスが停止になる可能性がることを確認しておきましょう。またFUJIWifiのソフトバンク回線に関して気になる評判がありました。

ソフトバンク回線だけつながりにくい・速度が遅いといった評判がいくつかありました。FUJIWifiとソフトバンクの問題に関係があるかはわかりませんが、このような評判もあることも確認していきましょう。

解約時にルーターの返却が必要

FUJIWifiの端末はレンタル品なので、解約する際は端末などをすべて返却する必要があります。FUJIWifiはレンタル品なので、紛失や故障をさせてしまった場合は、弁済金を支払う必要があります。

FUJIWifiにて、レンタル品の紛失や故障させてしまった際の弁済金を一覧でまとめました。

    FUJIWifi弁済金一覧

  • ルーター本体(バッテリー埋め込み機種):26,400円(税込)
  • ルーター本体(バッテリー離脱式機種):20,900円(税込)
  • 背面カバー(バッテリー着脱式機種のみ):1,100円(税込)
  • バッテリー:4,400円(税込)
  • USBケーブル:220円(税込)


FUJIWifiでは最大で3万円近くかかってしまう可能性があるため、取り扱いには十分注意しましょう。

注意点としては、端末本体だけでなく充電に利用するUSBケービスも返却する必要があることです。端末以外の小物も失くした場合には、弁済金がかかるので注意しましょう。また、他のモバイルルーターのなかには、契約時点で端末をもらえる会社もあります。

FUJIWifiは契約期間が短い分、端末の返却は必要なので注意しましょう。紛失や故障が心配な方は、以下2つの有料サポートに加入しましょう。

    安心サポート Premium月額 440円(税込)


  • 端末の破損、水没、紛失、バッテリー劣化に対応

    安心サポート月額275円(税込)


  • 端末の破損、水没に対応


他社モバイルルーターでは、紛失の場合はいかなる場合でも弁済金が発生してしまう場合が多いです。有料オプションで紛失に対応しているFUJIWifiは良心的でしょう。

ただ、オプションに加入するとその分料金も高額になりますので、基本的には加入をおすすめしません。

以上の2つがFUJIWifiの注意点となっていますのでおさらいしていきましょう。


ここまではFUJIWifiの料金プランなどからみたメリット・デメリットなど表面的な解説でした。しかしながら同じく重要なのは、FUJIWifiの通信速度や使い心地などだと思います。

次に実際に利用している方の評判や口コミから速度や使い心地を確認していきましょう!

通信速度の口コミ評判

通信速度の口コミ評判 ここからは実際にFUJIWifiを利用している方の口コミ評判から、速度や使い心地を確認していきましょう

「通信速度が遅い」との評判多数

通信速度が遅いと言った評判がいくつかありましたので確認していきます。

通信速度が遅いといった評判もいくつかありました。

通信速度に満足しているとの評判

反対に通信速度に満足しているとの評判もいくつかありました。

FUJIWifiも含めモバイルルーターの速度や安定性は場所・時間などに依存するので、一概に判断はできません。悪い評判があるからといって、自身が利用するエリアや時間帯で利用できないとは言えません。

FUJIWifiの契約を考えている方は、契約直前に最新の評判を確認するようにしましょう。最新の評判を確認することで、ソフトバンクの問題なども契約前にわかります。

FUJIWifiはソフトバンクとの値上げ問題などやや心配な側面もあります。また30GBプランに関しては、他社と比較して高額なのであまりおすすめできません。

次に現時点で筆者が選ぶ、現時点でおすすめのモバイルルーターを紹介していきます!

2022年 1月版おすすめのモバイルルーター

最新おすすめモバイルルーター ここからは現在おすすめのモバイルルーターを紹介していきます。モバイルルーターは50種類以上が存在しており、各社独自のキャンペーンや料金プランをおこなっています。

それぞれのモバイルルーターの特徴を踏まえて、最新情報でおすすめのモバイルルーターを紹介します。それでは確認していきましょう。

【おすすめNo.1】5G対応のモバイルルーター「WiMAX」

おすすめ第1位は、5G対応のモバイルルーター「WiMAX」 おすすめモバイルルーターNo.1は、最大手のモバイルルーターであるWiMAXです。WiMAXのおすすめポイントを紹介していきます!

WiMAXのおすすめポイント
  • 3日で15GB(月150GB)も利用できる大容量
  • 5G回線に対応しているで、低遅延・高速通信
  • auの4G回線も利用できるので安定している
  • 光回線並の最高スピード
  • ホームルーター (家庭専用)も利用できる

おすすめモバイルルーターNo.1はWiMAXです。WiMAXでは、2021年より5G対応のモバイルルーターの提供をはじめ、span class=”cojp_marker”>5G対応エリアでは低遅延・高速通信を利用できます。

5G未対応エリアであっても、auの4G回線・WiMAX回線を利用できるのでエリアも広く安定した通信体験ができます。しかしながら、WiMAXを販売するプロバイダは数十種類以上あり、高額なプロバイダで契約してしまった場合3万円程度損してしまう場合も!

WiMAXを最もお得なキャンペーンで契約したい方は、別ページでプロバイダの料金を比較しているのでご確認ください。弊社独自のキャッシュバックキャンペーンも実施中です。

高速&実質無制限のWiMAX
最もお得に契約する方法を確認


【おすすめNo.2】格安料金で楽天回線を使い放題「楽天モバイル」

おすすめ第2位、格安料金で楽天回線を使い放題「楽天モバイル」 おすすめモバイルルーターNo.2は、楽天モバイルのモバイルルーターです。破格の料金プランを展開し、利用可能エリアを急拡大中!

楽天モバイルのおすすめポイントはこちら!

楽天モバイルのおすすめポイント
  • 3ヶ月無料のキャンペーン実施中
  • 端末代金が無料
  • 楽天エリア内は、通信量が無制限
  • 契約期間に縛りなし
  • とにかく料金が安い!

おすすめモバイルルーターNo.2は楽天モバイルとなりました。端末無料キャンペーン3ヵ月無料キャンペーンなども期間限定で実施中です。

また、料金も格安で最低利用期間がないなど料金面では最高レベルのモバイルルーターです。しかしながら、エリア拡大中かつ無制限では利用できないエリアもまだあるので、No.2とさせていただきました。

今後も勢いを増してエリアを拡大中である楽天モバイル。キャンペーンは期間限定の可能性もありますので注意してください!

端末無料かつ最初の3ヵ月は無料なので、リスクゼロでモバイルルーターを利用できます!楽天モバイルの最新情報に関して詳しく確認したい方は、以下のボタンより確認してみてください!

通信量無制限&格安
楽天モバイルの最新情報を確認する


【おすすめNo.3】クラウドSIM型ルーターなら「THE WiFi」

おすすめ第3位、クラウドSIM型ルーターなら「THE WiFi」 おすすめモバイルルーターNo.3は、クラウドSIM型ルーターの「THE WiFi」です。

THE WiFiのおすすめポイントを確認してみましょう。

THE WiFiのおすすめポイント
  • 月間150GBも利用できる大容量
  • au、ドコモ、ソフトバンクが利用できるクラウドSIM型なので対応エリアが広い
  • 30日間お試しで利用できる
  • 4ヵ月無料キャンペーン実施中

おすすめモバイルルーターNo.3はTHE WiFiです。数あるクラウドSIM型モバイルルーターの中で、大容量で利用できお得です。

また、今なら4ヵ月無料キャンペーンを実施中です。速度はWiMAXなどに劣りますが、エリアの広さでいえばクラウドSIM型はおすすめです。

THE WiFiに関して最新情報を知りたい方は以下のボタンより確認ください!

100GB最安「THEWiFi」の詳細を確認してみる

以上が現在おすすめのモバイルルーターTOP3になります。FUJIWifiに関して説明をしていきましたが、最後に記事の内容を簡単にまとめていきます。

まとめ:FUJIWifiはおすすめできない

FUJIWifiの解説及び、おすすめのモバイルルーターを解説していきましたが、結論FUJIWifiは現時点でおすすめのモバイルルーターとは言えません。

その理由は以下の通りです。

    おすすめできない理由

  • ソフトバンク回線が利用停止になる可能性がある
  • au、ドコモ回線のプランは料金が比較的高い

以上になります。しかしながら、月300GBもの大容量を最低利用期間1年間で利用できるモバイルルーターは他にはありません。

また速度に関しても悪い評判・良い評判どちらもありました!とにかく大容量を短期間利用したい方におすすめできるモバイルルーターとなっています。

月間300GB程度必要な方は、FUJIWifiを確認してみてください!読者の中にはFUJIWifiを契約したいと考えて方もいるかと思います。

最低利用期間が短いFUJIWifiなので、契約直後に解約する可能性も十分あります。あらかじめFUJIWifiの解約方法を確認しておきましょう。

FUJIWifiの解約方法と解約時の注意点

FUJIWifiの解約方法と解約時の注意点 FUJIWifiをレンタルのように短期間だけ利用する方も多いと思います。FUJIWifiの解約方法や解約の注意点に関して解説をしていきます。手順及び解約に関する注意点を確認していきます。

FUJIWifiの解約方法

FUJIWifiの解約方法はいたってシンプルです。難しい手続きは特になく、マイページより数分で申請できます。

  • step1 マイページにログイン
  • step2 解約手続きボタンを押し、解約申請する
  • step3 端末一式を返却する


マイページにログインして、解約手続きをボタンを押し流れに沿って申請するだけです。ログインIDやパスワードは、申し込み時のメールに記載があるのでそちらを確認ください。

しかしながら解約に関して、注意点が4つあるので確認しましょう。

FUJIWif解約時の注意点

FUJIWifiを解約する際は、以下4つの注意点を確認しましょう。

【注意点1】 デポジットが返ってくるか確認しよう

FUJIWifiのデポコミプランでは、契約から12ヵ月を満了しないとデポジットの5,500円が返却されません。デポコミプランで契約の方は、デポジットがいつ戻ってくるのか確認をしたうえでの対応にしましょう。

通常プラン(契約期間に縛りがないプラン)で契約されている方は関係ありません。

【注意点2】解約したい月の15日までの申請で当月解約

FUJIWifiを解約したい月の15日までに解約申請をする必要があります。16日以降に申請をすると、翌月の解約となるので余計に1カ月分月額がかかります。

  • 例:6月に解約した場合は6月15日までに申請、7月3日までに返送(消印有効)


【注意点3】返却物に漏れがないように注意しよう!

FUJIWifiはレンタル品なので、返却物に漏れがないように注意しましょう。

    返却物一覧

  • 端末
  • USBケーブル

他社とは異なりFUJIWifiはレンタル品なので、いずれも漏れがあると弁済金が発生してしまうので注意しましょう。

【注意点4】追跡番号を必ず申請しよう

返送後、追跡番号をマイページ上に申請する必要があります。なのでレターパックなど追跡番号を追える返却方法で対応しましょう。

以上がFUJIWifiの解約方法の解説となります。特に返却物の漏れが無いように注意しましょう。

補足:FUJIWifiはクーリングオフできる?

結論を言いますと、FUJIWifiはクーリングオフができます。しかしながら、FUJIWifiではクーリングオフの条件が厳しいです。

    FUJIWifiクーリングオフの条件4つ

  • 「サービスエリア内」での利用である
  • 「利用場所が屋外」にも関わらず、電波状態が圏外になる
  • 該当のレンタル機器による通信記録がない
  • 端末をお受け取りになってから7日以内のご申告である
引用:https://fuji-wifi.jp/qa/qa338

要するに、サービスを利用できる環境にあり利用できない場合に限りクーリングオフを受け付けるといった内容です。注意点としては、FUJIWifi利用時に「屋内」で電波が届かない場合はクーリングオフ対象外になることです。

屋内でFUJIWifiを利用できなくても、クーリングオフはできないので注意しましょう。

以上FUJIWifiの解約方法の解説を終了します。 ここまででFUJIWifiを網羅して解説していきましたがいかがでしたでしょうか?最後に、FUJIWifiの理解をより深める為にもよくある質問を、一問一答形式で答えていきます。

よくある質問

記事の最後におさらいもかねて、FUJIWifiに関する一問一答をおこなっていきます。

FUJIWifiを提供している会社はどこ?

FUJIWifiは株式会社レグルスが運営しているモバイルルーターです。FUJIWifiの他にも人材派遣や通信事業をおこなっている会社です。

2010年に創業された会社で、モバイルルーターを販売する会社のなかでは老舗です。

FUJIWifiの評判はよい?

良い評判・悪い評判どちらもありますが、速度が遅いといった情報が多かったです。しかしながらモバイルルーターは、場所・時間などに速度が左右されます。契約前に最新の情報を確認しましょう。

契約期間に縛りがないって本当?

FUJIWifiには契約期間に縛りがないプランも存在しています。契約後に後悔したくない方などは、契約期間に縛りがないプランでお試ししましょう。

ただ、契約期間に縛りがないプランは最安プランではありません。5,500円のデポジットを支払うことで、FUJIWifi最安の料金プランで利用することができます。

問い合わせサポート窓口が知りたい

公式ホームページのフォーム及び電話での問い合わせに対応しています。

  • 公式ホームページのフォーム:https://fuji-wifi.jp/contact
  • 電話:0570-099-213(平日11:00~17:30)


PICKUP
CONTENTS

ポケットWiFiおすすめ25選!2022年1月最新比較ランキング

当ページへの訪問、誠にありがとうございます。 こちらのページは国内で人気のポケットWiFi25社を比較し、おすすめランキングを解説している記事です。 なかでも2022年 1月現在おすすめのポケットWiFiは、次の3端末!...
2021.03.13

【2022年1月最新比較】価格が安いおすすめポケットWiFiをご紹介

持ち運びが可能で便利なポケットWiFi。どこでもインターネット環境が手に入ることから人気を集めていますが、価格帯は3,000円台~9,000円台とかなりの差があります。 そのため、価格が安いおすすめのWiFiルーターをし...
2021.09.16

【2022年1月最新】データ容量無制限で利用できるおすすめのポケットWiFi

この記事をご覧いただいている方の中には 「今使っているポケットWiFiだと容量が足りない」 「月末の制限がストレス」 と、今使っているWiFiサービスに不満を抱えている人も多いのではないでしょうか? ポケットWiFiは、...
2021.09.16