NURO光で利用できるルーター(ONU)を徹底比較
最終更新日:2022.06.24

NURO光のルーター(ONU)の交換はおすすめ?無線LAN速度を上げる方法


NURO光(ニューロ光)の速度を上げたいとお考えの方へ、ルーターを交換・あるいは自前のルーターを用意することで速度が改善する可能性があります!

NURO光の無線ルーターは7種類あり、新しい機器かどうかによって最大通信速度が違います。

無線ルーターの種類によってはNURO光に交換依頼をするのが吉。本記事では「どの種類なら交換した方がよいか」が1分で分かります。

また、自前のルーターを接続することで通信速度は改善したいとお考えの方もいるでしょう。記事後半では、実際に市販のルーターをどのように使ったら通信速度が改善するかも併せてご紹介します。

無線ルーターからのアプローチで、NURO光の高速通信を最大限活かしましょう!

NURO光でレンタルできるルーター(ONU)の種類と速度を解説

NURO光は新規契約時にインターネット接続機器「ONU」を無料でレンタルできます。NURO光のONUは無線LAN機能があり、Wi-Fiルーターとしても機能するため、別途WiFiルーターを用意する必要がない点がメリットです、

ニューロ光のONU(無線LAN機能付き)からパソコンへのWiFi接続イメージ

NURO光のルーター機能付きONUの最新機種

2022年6月現在、NURO光でレンタルできるWi-Fiルーター(正確にはルーター機能付きONU)は7種類です。最新ONU機種の性能比較表をご覧ください。

NURO光のWi-Fiルーター機器 最大通信速度 無線LAN規格
ZXHN F660T
F660T
450Mbps IEEE 802.11a/b/g/n
HG8045j

HG8045J
450Mbps IEEE 802.11a/b/g/n
HG8045D
HG8045D
450Mbps IEEE 802.11a/b/g/n
ZXHN F660A
F660A
1.3Gbps
(1,300Mbps)
IEEE 802.11a/b/g/n/ac
HG8045Q
HG8045Q
1.3Gbps
(1,300Mbps)
IEEE 802.11a/b/g/n/ac
FG4023B
FGG4023B
1.3Gbps
(1,300Mbps)
IEEE 802.11a/b/g/n/ac
SGP200W
SGP200W
1.3Gbps
(1,300Mbps)
IEEE 802.11
a/b/g/n/ac
NSD-G1000T
1.3Gbps
(1,300Mbps)
IEEE 802.11
a/b/g/n/ac
ZXHN F660P
1.3Gbps
(1,300Mbps)
IEEE 802.11
a/b/g/n/ac/ax

通信規格IEEE 802.11ac対応のWi-Fiルーターは最大速度1,3Mbpsと高速でおすすめ

NURO光の最新ONUを比較しておすすめの機種は、通信規格IEEE 802.11ac対応で最大速度1.3Gbps(1,300Mbps)の最新ルーターです。通信速度については公式サイトに下記のような記載があります。

NURO光公式サイトから引用:
端末機器1台における技術規格上利用可能な最大通信速度は、有線接続(1000BASE-T1ポート利用)時で概ね1Gbps、無線接続時で概ね1.3Gbpsです。(IEEE802.11acの場合の速度です。弊社が設置する宅内終端装置の機種により対応していない場合があります。)

NURO光のWi-Fiルーターが通信規格IEEE 802.11acに対応していない場合、最大速度は450Mbpsです。

NURO光契約時にWi-Fiルーターの種類を選べませんが、公式プロバイダSo-netに問い合わせして機器を交換できるため、無線ルーターの通信速度が遅い場合や接続不良や故障等不具合がある場合はNURO光に問い合わせがおすすめ。

NURO光のWi-Fiルーター(無線LAN機能付きONU)の交換方法は後ほど解説します。

通信速度以外にルーターの性能は変わらない?

NURO光のWi-Fiルーターは種類ごとに通信速度が違いますが、速度以外のルーターの性能はほとんど変わりません。以下、詳細なWiFiルーターの性能を比較します。

NURO光のWi-Fiルーター機器 有線LANポート数 TAポート数 周波数
ZXHN F660T 3 1 2.4GHz
5.0GHz
HG8045j 3 1 2.4GHz
5.0GHz
HG8045D 3 1 2.4GHz
5.0GHz
ZXHN F660A 3 1 2.4GHz
5.0GHz
HG8045Q 3 1 2.4GHz
5.0GHz
FG4023B 3 1 2.4GHz
5.0GHz
SGP200W 3 1 2.4GHz
5.0GHz
NSD-G1000T 3 1 2.4GHz
5.0GHz
ZXHN F660P 3 1 2.4GHz
5.0GHz

比較表内の用語説明
  • 有線LANポートとは
  • 有線LANポートはPC等のデバイスと通信機器ONUの有線接続口です。

  • TAポートとは
  • TAポートはNURO光の電話サービス利用時に、電話機と通信機器ONUを接続するための接続口です。

  • 周波数とは
  • 周波数は無線LAN接続する際のWi-Fi電波の種類で、Wi-Fi接続設定時には高速通信が特徴の5GHzの電波を選ぶのがおすすめです。

自前(市販)の無線ルーターの接続はおすすめ?

最近は市販でも高性能なWi-Fiルーターがあり、特にWiFi6(通信規格IEEE 802.11ax)対応のルーターは最大速度6.9Gbpsの高速ルーターです。NURO光を利用する際に自前で用意したWi-Fiルーターを接続して通信速度を上げたいとお考えの方もいるでしょう。

そこで、NURO光のONUと市販の無線ルーターを接続するのはおすすめか、NURO光の公式見解を踏まえて解説します。

NURO光(ソニー)は自前のルーターの利用をおすすめしていない

NURO光(ソニー)は自前のWi-Fiルーターの利用をおすすめしていません。その理由は、Wi-Fiルーター機能付きのONUと自前のWi-Fiルーターを接続すると二重でルーターを接続する状態となり、同じ処理が2回行われて速度が低下する可能性があるから。

ONUと最新ゲーミングルーター(Wi-Fi6対応)を接続して二重ルーター状態にした時のイメージ図

NURO光の通信機器ONUのWi-Fiルーター機能をオフにすることはできないため、自前のWi-Fiを接続することで速度が低下する可能性には注意が必要です。

他社のメーカーのWi-Fiルーターを中継器に設定するのは問題なし

NURO光は他社のメーカーのWi-Fiルーター利用をおすすめしていませんが、「市販のルーターを中継器として設定することは問題なし」としています。例えば家の1階にルーターを置いて2階まで電波が届かない・速度が遅い場合に、中継器のルーターを設置すると2階でも安定した通信速度でインターネットが使えるためおすすめ。

市販のルーターを購入し、中継器の機能をオン・無線ルーターの機能をオフに設定すると、NURO光のONUとの二重ルーター状態にならずに中継器機能を利用できます。

「自前のWiFi無線ルーターで通信速度が上がった」との口コミ

一方で、NURO光の利用者の口コミを調査すると「NURO光のONUと自前の市販ルーターを接続して通信速度が改善した」との評判があります。※NURO光は公式におすすめしていないルーターの接続方法のため、実施する場合は自己責任となります。

上記の口コミのように、NURO光のONUと通信性能が高いWiFi6(IEEE 802.11ax対応)の市販のWi-Fiルーターなどを接続して通信速度が改善する事例があり、中には2倍の通信速度でインターネットを利用できるようになったケースも。ただし市販のルーターを接続しても通信速度が改善しない場合もあります。

「ゲーミングルーター(ASUSの端末)で速度とセキュリティが向上した」との口コミ

下記の口コミのように、通信セキュリティの強化のため市販のWi-FiルーターをNURO光のONUに接続する利用者もいます。

セキュリティを強化したい方におすすめのルーターは、最新のネットワークセキュリティ基準「WAP3」に対応したゲーミングルーター(ASUSのルーター端末)などです。

Wi-Fi電波はあるが速度が遅い場合、ルーターの無料交換が可能

NURO光のWi-Fiルーター(無線LAN機能付きのONU)が旧型端末の場合、新型端末と比較してルーターの性能が劣り「通信速度が遅い」と感じる場合があります。

通信速度が遅い場合はNURO光へルーター交換依頼が可能です。以下、NURO光のルーター交換方法を解説します。

NURO光のルーターを交換する方法

NURO光のルーター交換については、WEB・電話の方法で問い合わせ可能です。

NURO光のルーター交換の問い合わせ方法
  • NURO光契約後にログインできるSo-net会員サイトのお問い合わせフォーム
  • NUROテクニカルセンター(0120-300-260)。対応時間は9時~18時(日曜除く)。

上記の方法でNURO光のWi-Fiルーターが届いたら、同封の設定マニュアルを見てWi-Fi接続しましょう。通信速度が改善されたことが確認できたら、旧型のルーターをNURO光が指定する方法で返却します。

注意:2015年の8月31日以前に開通した方へ
NURO光の開通工事が2015年の8月31日より前の場合、ルーター交換にあたって11,000円の交換費用が発生します。

以上、NURO光のルーター交換方法を説明しました。

ルーター交換しても速度が改善しない場合

NURO光のWi-Fiルーター(無線機能付きのONU)を交換しても通信速度が遅い場合、PCなどデバイスに原因があるかもしれません。PCのOSバージョンがNURO光の回線速度に対応していない場合もあるため、一度パソコンのOSを確認しましょう。

NURO光がおすすめするPCのOSバージョンは下記の通りです。

OS NURO光がおすすめするOSバージョン
Windows Win8/8.1
Win10
Macintosh Mac OS 10.5以上

まとめ

本記事ではNURO光のおすすめのルーターや、最新のルーター機器への交換方法などを解説しました。NURO光でレンタルできるルーターの種類は豊富ですが、ルーターの種類を選ぶことはできず、ルーター性能が原因で「通信速度が遅い」と感じる可能性があります。

しかし、NURO光に問い合わせてルーターを交換することも可能なので、旧型のルーターが届いた場合は機器交換がおすすめです。

NURO光を高額キャンペーン特典を利用して申し込みする方法

NURO光の契約をお考えの方に向け、NURO光のおすすめの申し込み方法を解説します。

2022年6月現在、NURO光の公式サイトは45,000円キャッシュバック特典を実施中!通常よりお得にNURO光を契約できるキャンペーンサイトからの申し込みがおすすめです。


NURO光提供エリアを確認し、キャンペーンを利用して申し込み

NURO光は提供エリアが限られるインターネット回線サービスです。下記のキャンペーンサイトでお住まいのエリアでNURO光を利用できるか確認した後、申し込みフォームよりNURO光を申し込みましょう。

NURO光の公式キャンペーンサイトはこちら
(エリア検索可能)


インターネット回線の開通工事が実施される

NURO光の開通工事は2回発生し、工事完了までおよそ1~3か月ほどが目安となっています。簡単な工事内容は下記の通り。

宅内工事
NURO光のプロバイダであるソネットの担当者が、建物内で光ファイバー(光回線)を配線します。

屋外工事
最寄りの電柱からNURO光回線を引っ張ってきます。こちらはNTT管轄のため、NTT業者が対応します。

1回目の宅内工事の際、NURO光のルーターが設置されますので、この時点でルーターの種類を確認できます。

回線開通後、ルーターのWi-Fi接続設定をしてインターネットを利用開始

開通工事が完了したら、NURO光のルーターとパソコン・スマホを接続してみましょう。サクサク快適に通信できれば問題ありませんが、「通信速度をもっと速めたい」、「遅くてストレス」と感じるようでしたら、NURO光にルーター交換依頼をしましょう。

PICKUP
CONTENTS

光回線の選び方・比較方法と2022年6月最新のおすすめサービスを解説

光回線は通信速度が速い点がメリットのインターネット回線で、ホームルーターやポケット型WiFiと違い大人数で利用しても通信制限がないため家族で使う回線としてもおすすめです。 現在50社以上の固定回線サービスがあり比較が大変...
2021.01.06

auひかりの口コミや評判、おすすめのプロバイダ・キャンペーン情報【2022年6月最新】

auひかりは高額キャッシュバックキャンペーンが評判で、他社と比較して人気の光回線サービス。本記事はauひかり契約前に確認すべき次の点を解説します。 auひかりの料金プラン auひかりのキャンペーン特典 利用者の口コミや評...
2021.07.30

ドコモ光のおすすめ料金プラン・プロバイダ・キャンペーン解説【2022年6月最新】

NTTドコモが提供する光回線・ドコモ光は、大手通信会社の安心感とドコモユーザーにお得なキャンペーンで人気。本記事ではドコモ光契約前に確認すべき次の点を解説します。 ドコモ光の料金プラン ドコモ光のキャンペーン特典 通信速...
2021.07.06