JCBプラチナ法人カードの特徴や審査情報を解説!豪華な特典や保険も紹介
最終更新日:2022.07.01

JCBプラチナ法人カードの基本情報や口コミ・評判


JCBプラチナ法人カードは、豪華な特典・サービスと高いステータス、充実の付帯保険が揃ったビジネスカード。当記事では、JCBプラチナ法人カード利用のメリット・デメリットや特典・サービスなどを紹介します。

JCBプラチナ法人カードの特徴やメリット・デメリットのほか、入会キャンペーン情報やポイントアップ制度、審査情報を詳しく解説。口コミ・評判も紹介しますので、JCBプラチナ法人カード申し込みを検討中の方はぜひご覧ください。

Contents

JCBプラチナ法人カードの基本情報とメリット

ますは、JCBプラチナ法人カードの基本情報を確認していきます。

JCBプラチナ法人カード基本情報
券面 JCBプラチナ法人カード
国際ブランド JCB
カード年会費
(税込)
33,000円
追加カード
年会費(税込)
6,600円
ETCカード
年会費(税込)
無料
カード利用限度額 個別設定
ポイント還元率 0.3%〜0.85%
マイル還元率 移行不可
海外旅行保険・国内旅行保険 海外旅行保険:最高1億円
国内旅行保険:最高1億円

JCBプラチナ法人カードの利用でメリットがあります。以下、JCBプラチナ法人カードのメリットや下位ランクの「JCBゴールド法人カード」の比較などからJCBプラチナ法人カードの特徴を紹介します。

出張や接待などビジネスシーンで利用可能な特典が豊富

JCBプラチナ法人カードにはステータスカードならではの優待特典・サービスが付帯しています。

以下はJCBゴールド法人カードトJCBプラチナ法人カードの比較表です。優待特典等の違いを確認しましょう。

カード名 JCBゴールド法人カード JCBプラチナ法人カード
券面 JCBゴールド法人カード JCBプラチナ法人カード
カード年会費(税込) 初年度無料
2年目以降11,000円
33,000円
追加カード年会費(税込) 代表者と同時申込みで初年度年会費無料
2年目以降3,300円
6,600円
ETCカード年会費(税込) 無料 無料
限度額 個別設定 個別設定
ポイント還元率 0.3%〜0.8% 0.3%〜0.85%
ポイント有効期限 3年 5年
マイル還元率 移行不可 移行不可
旅行保険 海外:最高1億円
国内:最高5,000万円
海外:最高1億円
国内:最高1億円
※家族特約あり
国内空港ラウンジ無料
ゴルフエントリーサービス
JCBゴールドグルメ優待サービス
グルメ・ベネフィット ×
プライオリティ・パス ×
コンシェルジュ ×


JCBプラチナ法人カードは、ビジネスに役立つ特典はもちろんトラベル特典やグルメ特典も利用可能。出張や接待などのビジネスシーンでメリットの多いサービスが豊富と評判です。

JCBプラチナ法人カードとJCbゴールド法人カードを比較した大きな違いは、海外空港ラウンジサービス「プライオリティパス」とコンシェルジュサービスの有無。

海外空港ラウンジサービスであるプライオリティパスは海外1,300ヶ所以上の空港が無料で利用可能です。また、コンシェルジュサービスもJCBプラチナ法人カード飲みに付帯する特典で、24時間問い合わせが可能なおすすめサービスです。

手厚い国内・海外旅行保険で安心のJCBプラチナ法人カード

JCBプラチナ法人カードは、他社の法人カードと比較して手厚い付帯保険が特徴です。本人の保険はもちろん、家族補償も付帯

JCBプラチナ法人カードは比較的保険が手厚い特徴があるが故、ビジネスでの出張はもちろんプライベートの旅行でも利用できるメリットの多い1枚です。

ポイント還元率アップ制度が評判のJCBプラチナ法人カード

JCBプラチナ法人カードには、ポイント還元率アップ制度があり、通常のJCB法人カードよりもお得にポイントが貯まります。法人でのカード支払いは大きな金額となりやすいため、JCBプラチナ法人カードの支払いでポイントが貯めやすい点がおすすめです。

JCBプロパーカードのステータス

JCBプラチナ法人カードは、ステータスが高いクレジットカードである点もメリットです。日本発祥の国際ブランドであるJCBのプロパーカードの中でも、最高ランクの法人カードがJCBプラチナ法人カード。個人用クレジットカードにはブラックカードがありますが、法人カードではJCBプラチナ法人カードが最高ランクです。

JCBプラチナ法人カードなら年会費無料のETCカードを複数枚作れる

JCBプラチナ法人カードは、年会費無料のETCカードを複数枚発行可能なメリットがあります。他社のプラチナ法人カードでは、ETCカードの発行枚数に上限があるカードや、年会費が有料のカードも。

その点、JCBプラチナ法人カードは希望枚数のETCカードを年会費無料で利用可能なので、複数枚のETCカードの利用を検討中の方にもおすすめの法人カードです。

JCB最高峰の優待特典・付帯サービスを紹介

JCBプラチナ法人カードの特典・付帯サービス JCBプラチナ法人カードには、JCBのビジネスカードの最高峰カード故の優待特典や付帯サービスが利用できます。以下、空港ラウンジサービスやゴルフ優待サービスなど、JCBプラチナ法人カードのおすすめ特典をジャンル別に紹介します。

トラベル特典~空港ラウンジサービスやプライオリティ・パスなど

JCBプラチナ法人カードに付帯するおすすめのトラベル優待特典は下記のとおりです。

空港ラウンジサービスやプライオリティ・パス、ホテル優待など、口コミでも評判の付帯サービス・優待特典を紹介します。

空港ラウンジが利用できるプライオリティ・パスに無料登録できる

最初に紹介するJCBプラチナ法人カードの優待特典・付帯サービスは、「プライオリティ・パス」ですJCBプラチナ法人カードは世界中の1,300ヶ所以上のVIP向け空港ラウンジを利用できるプライオリティ・パスに無料で登録・利用できます。海外への旅行や出張が多い方に評判のおすすめ特典です。

国内空港ラウンジサービス無料

続いて紹介するJCBプラチナ法人カードの優待特典・付帯サービスは、国内空港ラウンジサービス。北海道から沖縄まで、国内主要35空港のラウンジサービスが無料で利用可能です。プライオリティ・パスは国内で利用できる場所が少ないため、国内の旅行や出張でもJCBプラチナ法人カードの国内空港ラウンジが役立ちます。

ラウンジ・キーの利用も可能

続いて紹介するJCBプラチナ法人カードの優待特典・付帯サービスは、「ラウンジ・キー」。世界1,100ヶ所以上の空港ラウンジを有料で利用できるサービスです。プライオリティ・パスの方がラウンジ数は多いため、基本的にはプライオリティパスのサービス利用がおすすめ。

ただしプライオリティ・パスはJCBプラチナ法人カードとは別の会員証提示が必須です。ラウンジ・キーはJCBプラチナ法人カードの提示で利用できるため、プライオリティ・パス会員証を忘れた場合などでラウンジ・キーが役立ちます。

JCBプレミアムステイプラン

JCBプレミアムステイプランは、JCB厳選の国内ホテルや旅館に優待価格で宿泊できるJCBプラチナ法人カードのおすすめの優待特典です。ラグジュアリーな宿にJCB限定優待価格で宿泊できる優待特典で、旅行や出張時に役立ちます。

海外ラグジュアリー・ホテル・プラン

海外ラグジュアリー・ホテル・プランは、世界各国の一流ホテルに優待付きで宿泊できる優待特典です。海外の対象ホテルの例は、「ザ・ペニンシュラマニラ」や「リッツ・パリ」、「ザ カハラ ホテル&リゾート」など。 サービスも充実の一流ホテルを優待付きで利用可能です。

JCB Lounge 京都

「JCB Lounge 京都」は、JCBプラチナ会員以上が利用できるラウンジサービスです。京都駅直結のラウンジで、無料ドリンクサービスがあるほか、荷物を預けることも可能です。

グルメ特典~ビジネス・プライベートで利用できる優待特典・付帯サービス

次に、JCBプラチナ法人カードに付帯するグルメ優待特典・付帯サービスを紹介します。JCBプラチナ法人カードのグルメ優待特典は、ビジネス接待での利用はもちろんプライベートでの利用も可能です。

1名分のコース料理が無料になるグルメ・ベネフィット

グルメ・ベネフィットは国内一流レストランで対象コース料理を2名以上で利用すると、1名分のコース代金が無料になる優待特典です。全国の対象店舗で利用可能。合計利用回数に制限はなく(同一店舗の利用は半年に1回まで)、何度でも利用できます。

ビジネス・プライベートどちらでも利用可能なJCBプラチナ法人カードのおすすめ特典です。

JCBゴールドグルメ優待サービス

JCBゴールドグルメ優待サービスは国内対象レストランでJCBプラチナ法人カードで支払いをすると、合計代金またはコース代金から20%割引となるグルメ特典です。こちらはJCBプラチナ法人カード会員限定の特典ではなく、ゴールドカード会員との共通サービスです。

オンライン予約サービスのグルメルジュ powered by TABLE REQUEST

グルメルジュ powered by TABLE REQUESTは、JCB厳選レストランを簡単にオンライン予約できるサービスです。割引などの優待特典はありませんが、ネットで簡単に予約したい場合に便利に利用できます。

エンタメ優待特典~ゴルフエントリーサービスなど

JCBプラチナ法人カードには、接待やプライベートに役立つエンタメ優待特典も充実しています。おすすめエンタメ特典例を紹介します。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)内の会員限定ラウンジサービス

JCBプラチナ法人カードの優待特典として、人気テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」内のアトラクション「ザ・フライング・ダイナソー」の施設内のプラチナ会員限定ラウンジサービスを無料で利用できます。

ラウンジ内ではフリードリンクがあり、その後にはザ・フライング・ダイナソーのアトラクションに優先搭乗可能です。

JCBゴールド法人カードと共通のゴルフエントリーサービス

続いてのJCBプラチナ法人カードの優待特典・付帯サービスは、ゴルフエントリーサービス。全国1,200ヶ所以上のゴルフ場の手配を代行してくれるほか、JCBステータスカード会員限定の優待プランや有名コースでのゴルフコンペも利用できます。この付帯サービスはゴールドカード会員との共通サービスです。

ビジネス優待特典~福利厚生優待やタクシーチケットなど

JCBプラチナ法人カードには、ビジネス関連の付帯サービス・優待特典も充実しています。JCBのビジネス関連サービスのほとんどは一般ランク会員と共通サービスですが、それでも十分に活用できる優待特典揃い。ビジネス関連サービス・優待特典例を紹介します。

弥生会計やfreeeなどの会計ソフトと連携可能

JCBプラチナ法人カードは、「弥生会計」や「freee」などのクラウド会計ソフトとの連携が可能です。JCBプラチナ法人カードを会計ソフトと連携すれば、利用明細の自動仕訳が可能となります。

JCBタクシーチケットが利用できる

JCBタクシーチケットは、名前や料金を記入だけでタクシー利用ができるチケットです。カード会員のサインがあれば誰でも使用できるため、接待や打ち合わせなどで交通費を負担する際もスムーズ。

JCBプラチナ法人カードのビジネスに役立つおすすめのサービスです。

飛行機や新幹線のチケットレス予約

JCBプラチナ法人カードのビジネス優待特典には、飛行機や新幹線をチケットレス予約できるサービスもあります。

具体的な付帯サービスは以下の通り。
  • JCB.ANA@desk
  • JCB de JAL ONLINE
  • JR東海「エクスプレス予約」サービス

本人の出張手配はもちろん、従業員のチケットも手配可能。都度精算をせずに月単位で一括精算でき、おすすめです。

福利厚生代行サービスを割引料金で利用できる

JCBプラチナ法人カードでは、従業員の福利厚生制度「福利厚生倶楽部」を優待価格で利用できます。本来なら必要な入会金が無料になるほか、社員1名あたりの月会費も優待価格とな流転画メリットです。

その他のビジネス優待特典

他にもJCBプラチナ法人カードでは以下のビジネス特典が利用できます。

  • KINTO(自動車のサブスクサービス)
  • クロスオフィス(コワーキングスペース)
  • アスクルサービス(オフィス用品の通販)

JCBプラチナ法人カードはビジネスで役立つおすすめのクレジットカード。利用したい付帯サービス・特典がある方はカード入会を検討ください。

次章では、JCBプラチナ法人カードと他社のクレジットカードと比較した付帯保険の特徴を確認します。

JCBプラチナ法人カードの付帯保険を他社カードと一覧で比較

保険詳細を解説!付帯保険でビジネスに安心を 以下、JCBプラチナ法人カードの特徴である付帯保険について解説します。

JCBプラチナ法人カードの付帯保険は、年会費が高額な他社のプラチナビジネスカードと比較しても劣らない手厚い補償内容。JCBプラチナ法人カードの付帯保険と、他社2枚のプラチナビジネスカードの付帯保険の内容を比較して特徴を確認します。

カード名 JCBプラチナ法人カード
JCBプラチナ法人カード
アメックスビジネスプラチナ
アメックスビジネスプラチナ
三井住友ビジネスプラチナカード for Owners
三井住友ビジネスプラチナカード for Owners
カード年会費(税込) 33,000円 143,000円 55,000円
海外旅行保険 最高1億円
(自動付帯)
最高1億円
(一部利用付帯)
最高1億円
(自動付帯)
国内旅行保険 最高1億円
(自動付帯)
最高5,000万円
(自動付帯)
最高1億円
(自動付帯)
家族特約 海外・国内 海外・国内 なし
航空機遅延保険 海外・国内 国内のみ 海外・国内
ショッピング保険 年間500万円まで 年間500万円まで 年間500万円まで
その他付帯保険
  • カーアクシデントケア見舞金
  • キャンセル・プロテクション
  • ビジネス・ワランティ・プラス
  • ビジネス・カー・ピッキング・プロテクション
  • ゴルフ保険
なし

JCBプラチナ法人カードは比較対象カードで最も年会費が安いのに、手厚い保険が付帯。以下、JCBプラチナ法人カードに付帯する保険の特徴やおすすめポイントを解説します。

家族まで対象の海外・国内旅行傷害保険

JCBプラチナ法人カードの旅行傷害保険は、海外・国内ともに最高1億円の補償額。しかも海外と国内のどちらも自動付帯で、カードの所有だけで補償されるのもメリット。

他社プラチナカードの保険では「旅行代金をカード支払いした場合」等の保険利用条件がある場合もあるため、JCBプラチナ法人カードの保険の使い勝手の良さが分かります。

さらにJCBプラチナ法人カードには、海外・国内両方の旅行傷害保険に「家族特約」が付帯しています。最高補償額は下がりますが、お子様などカード保有していない家族も保険の適用対象となるのがメリットです。以下はJCBプラチナ法人カードの公式サイトの引用です。

Q6:カード会員以外の子供の補償はどうなりますか?
A:本会員様がお持ちのJCBカードに「家族特約(※)」の補償があれば、本会員様と生計を共にするご家族で満19歳未満のお子様も保険の適用を受けることができます。別居・同居を問いませんので、本会員様から仕送りを受けて下宿しているお子様も補償を受けられます。

引用:JCBカード

年会費が55,000円(税込)の三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersには家族特約がありません。JCBプラチナ法人カードは、比較的安い年会費にも関わらず手厚い旅行保険が付帯する点がおすすめのプラチナ法人カードです。

航空機遅延保険でロストバゲージにも備えられる

JCBプラチナ法人カードには、海外と国内両方対象の航空機遅延保険も付帯しています。航空機遅延保険とは、天候不順などの理由で飛行機が遅れたり欠航したりした場合に、ホテルの客室料やレストランでの食事代などを負担する保険です。

航空機遅延保険ではロストバゲージの際でも補償が受けられ、衣料品や生活必需品の購入費用も負担。

年会費が143,000円(税込)のアメックスビジネスプラチナでは、航空機遅延保険の対象は国内のみ。一方で、JCBプラチナ法人カードなら、たった33,000円(税込)の年会費で海外国内共に航空機遅延保険の対象です。

JCBプラチナ法人カードは旅行以外の補償も用意

JCBプラチナ法人カードには、旅行以外の保険も付帯しています。「ショッピングガード保険」では、JCBプラチナ法人カードを利用して購入した物品の90日以内の損害を補償します

ショッピングガード保険では、物品の購入代金や修理代金が補償されるため、高価な買い物も安心。海外はもちろん国内での購入品も対象で、年間500万円まで補償されます。

またJCBプラチナ法人カードには「カーアクシデントケア見舞金」と呼ばれる独自の補償も付帯。カーアクシデントケア見舞金とは、日本国内で自動車事故や車上荒らしに遭遇した場合、5万円の保険金を受け取れます。

以上、JCBプラチナ法人カードは旅行損害保険以外の付帯保険なども充実のおすすめのビジネスカードです。

※ステータスが高いおすすめ法人カードを比較したい方は、別記事「法人プラチナカードおすすめ5選徹底比較」の記事も参考にしてください。

ポイント還元率アップもできる会員プログラムについて

ポイント還元率アップ!お得な会員プログラムの仕組み JCBプラチナ法人カードでは、決済金額に応じて「Oki Dokiポイント」が貯まります。ポイントの加算レートは1,000円(税込)ごとに1ポイントで、ポイントは毎月のカード利用代金合計金額に対して貯まります。

1ポイントの価値は交換商品によって変わり、平均1ポイント=3〜5円の価値です。以下、JCBプラチナ法人カードのポイントサービスについて詳しく解説します。

JCBプラチナ法人カード限定でポイント有効期限が5年間

JCBプラチナ法人カードで貯めたOki Dokiポイントの有効期限は5年間です。クレジットカードのポイントの有効期限が5年というのは他社のレジットカードと比較しても長く、じっくりとポイントを貯められる点がメリットです。

なお、Oki Dokiポイントの有効期限は、一般ランクの場合は2年間、ゴールドの場合では3年間。JCBプラチナ法人カードのポイント有効期限5年間の長さが分かります。

JCB STAR MEMBERSで年間支払い額に応じて支払いでのポイント還元率アップ

JCBプラチナ法人カードは、年間のクレジットカード支払い額に応じてポイント還元率がアップする「JCB STAR MEMBERS(JCBスターメンバーズ)」の対象です。JCB STAR MEMBERSは無料かつ登録不要で利用できるサービスで、ポイント還元率だけではなくキャンペーン応募時の抽選口数もアップする特徴があります。

ポイント還元率とキャンペーン抽選口について以下で確認します。
年間カード利用額 ランク名称 ポイント還元率 キャンペーン抽選口数
300万円以上 ロイヤルα PLUS 70%UP 6倍
100万円以上 スターα PLUS 60%UP
50万円以上 スターβ PLUS 30%UP 3倍
30万円以上 スターe PLUS 20%UP 2倍
※JCBプラチナ法人カードの場合

例えばJCBプラチナ法人カードで年間300万円以上利用して「ロイヤルα PLUS」ランクとなれば、ポイント還元率は最高0.85%に、キャンペーン抽選口数は6倍にアップします。

なお、JCB STAR MEMBERSは一般やゴールドも加入できるサービスですが、JCBプラチナ法人カード会員の加算倍率が高くなります。

JCBオリジナルシリーズパートナー対象店舗でポイント最大10倍

JCBプラチナ法人カードは、「JCBオリジナルシリーズパートナー」の対象店舗でポイント還元率がアップします。対象店舗には飲食店やガソリンスタンド、百貨店など多彩なジャンルがあり、店舗やサービスによりポイントアップ倍率が異なります。

JCBオリジナルシリーズパートナー店舗の一例とポイントアップ倍率は下記のとおりです。
対象店舗 ポイント倍率
スターバックス(オンライン入金) 10倍
洋服の青山 5倍
AOKI 5倍
Amazon 3倍
高島屋 3倍
セブン-イレブン 3倍
ウエルシア/ハックドラッグ 2倍
ビックカメラ 2倍
モスバーガー 2倍
シェルSS 2倍
タイムズパーキング 2倍
好日山荘 2倍
一休.com 2倍
JCBトラベル 2倍

JCBプラチナ法人カードなら、様々なお店でポイント還元率が上がる点もメリットです。

JCBプラチナ法人カードはポイント交換商品が多彩で使い道が豊富

JCBプラチナ法人カードで貯まるOki Dokiポイントには、多彩な交換商品が用意されています。代表的な交換商品と1ポイントあたりの交換価値を紹介します。
ポイント交換商品 1ポイントが相当する価値
キャッシュバック
(利用代金への充当)
3円
Amazonでの利用
(パートナーポイントプログラム)
3.5円
JCBギフトカード
(5,000円分の場合)
約4.76円
App Store & iTunes ギフトカード 4円
Google Play ギフトコード 4円

上記以外にも、ポイントカタログに掲載のアイテムと交換可能です。ポイントが貯めやすく、使い道が豊富な点がJCBプラチナ法人カードのおすすめ理由です。

申し込み前に確認しておきたいデメリットや注意点

デメリットを申し込み前に確認 特典やステータス、付帯保険など多くのメリットがあるJCBプラチナ法人カードですが、一部注意点とデメリットが存在します。JCBプラチナ法人カードへの申し込みを検討中の方は、事前のご確認がおすすめです。

JCBプラチナ法人カードは提携ポイント移行やマイル移行不可

JCBプラチナ法人カードのデメリットとして、Oki Dokiポイント交換商品に制限がある点。JCBプラチナ法人カードのポイント交換ができない商品例は下記のとおりです。

  • 提携ポイント(nanacoポイント、dポイント、楽天ポイント など)
  • 提携マイル(ANAマイル、JALマイル、デルタ航空スカイマイル など)
  • JCBプレモカードへのチャージ

提携ポイントやマイルへの移行、JCBプレモカードへのチャージなどは、Oki Dokiポイントの便利な使い道です。しかし、法人カードの場合は交換不可のため注意が必要。

使い道を制限されずにOki Dokiポイントを使いたいなら、個人クレジットカード感覚で使える「JCB CARD Biz プラチナ」もおすすめです。JCB CARD Bizシリーズであれば、法人カードのようにポイントの使い道が制限される心配はありません。

個人クレジットカードとのポイント合算ができない

JCBプラチナ法人カードの注意点として、個人用クレジットカードとのポイント合算ができない点があります。すでにJCBの個人用クレジットカードをお使いの方で、ポイントを合算したいと考えていた方にとってはデメリットとなる可能性があります。

なおポイント合算も、「JCB CARD Biz プラチナ」なら例外的に可能。個人クレジットカードとポイントを合算したい方はJCB CARD Bizプラチナも併せて検討しましょう。

難易度は高い?JCBプラチナ法人カードの審査情報

JCBプラチナ法人カードの審情情報 JCBプラチナ法人カードの申し込みの際気になるのが、審査に関する情報。JCBプラチナ法人カードの審査基準は非公開ですが、他社カードと比較した審査難易度の予想は可能です。以下、JCBプラチナ法人カードの審査情報を確認します。

JCBプラチナ法人カード申し込みは18歳以上から可能

法人カードの審査で注目すべきは「申し込み条件」(入会資格)です。一般的には審査が厳しい法人カードほど、申し込み条件も厳しい傾向です。

JCBプラチナ法人カードの申し込み条件は、「満18歳以上の法人経営者または個人事業主」。30歳以上が入会条件となる他社の法人カードもある中、比較的難易度が低めといえる申し込み条件と言えます。

JCBプラチナ法人カードはインビテーション不要で申し込み可能

クレジットカードの審査難易度を考える際の比較ポイントに、インビテーションの要否があります。インビテーションがないと申し込みできクレジットカードは、審査難易度も高い傾向です。

JCBプラチナ法人カードは、インビテーション不要でWEBからに申し込みが可能です。つまりインビテーションが必要なカードと比較して、申し込みハードルはやや低めです。

インビテーション不要だとはいえステータス性が低いわけではありません。より多くの方が申し込みできるよう裾野が広げられている法人カードと考えましょう。

JCBプラチナ法人カードは個人事業主も発行可能

法人カードの審査において、個人事業主様でも発行できるかは重要なポイントです。中には法人経営者様のみ申し込み可能の法人専用カードも存在するためです。

JCBプラチナ法人カードは、個人事業主でも発行できると公式サイトに明記されています。自営業やフリーランスの方でも入手可能な法人カードとしておすすめです。

審査は会社の業績だけでなく個人信用情報も重要

ここまでの審査に関するポイントを踏まえると、JCBプラチナ法人カードはハイステータスカード故、ある程度の審査難易度はあるものの、申し込みハードルは高くないと分かります。

なお法人カードの審査では「会社の業績が重要」と考えがちですが、実は申し込み者本人の個人信用情報も大切。事実、JCBカードの公式サイトには次のような記載があります。

法人用のクレジットカードの審査であっても、経営者自身の信用情報はかなりのウエイトで審査に影響を及ぼすといわれます。個人事業主の場合はなおさらでしょう。これは裏を返せば、経営者自身の信用情報が健全であれば、審査に通る可能性が十分にあるということでもあります。

引用:JCBカード

このように、申し込み者本人の年収や個人信用情報、借入状況なども審査で重要。JCBプラチナ法人カードの審査を過度に気にせず、まずはWEBから申し込みをして審査にチャレンジしてみるのがおすすめです。

入会キャンペーン情報について

お得な新規入会キャンペーン 以下では、JCBプラチナ法人カードの現在の入会キャンペーン情報について紹介します。

JCBギフトカードがもらえるお得な新規入会キャンペーン

JCBプラチナ法人カードでは現在、最大30,000円分のJCBギフトカードがもらえるお得な新規入会キャンペーンを実施中です。キャンペーンの内容は下記のとおりです。

  • WEBからの新規入会で10,000円分のJCBギフトカードプレゼント
  • 入会翌々月までに10万円(税込)以上のカード利用で、さらに20,000円分のJCBギフトカードプレゼント

上記の通り、WEBからの新規入会のみで10,000円分のJCBギフトカードがもらえるお得なキャンペーンです。さらに、翌々月までに10万円以上利用することで、20,000円分のJCBギフトカードがもらえます。キャンペーン期間は2022年9月30日まで。お得なキャンペーン中の申し込みがおすすめです。

使用者カード追加で最大9,000円分のギフトカードプレゼントキャンペーン

続いて紹介するのは、使用者カードの追加で最大9,000円分のギフトカードがもらえるキャンペーンです。使用者カード1枚発行毎に3,000円分のギフトカードがもらえ、最大3名分までキャンペーンの対象です。

JCBプラチナ法人カードの新規申し込み時に同時に使用者カードを発行しても、入会後キャンペーン期間中に使用者カードを発行してもキャンペーンの対象です。

使用者追加期間:2022年4月1日(金)~2022年9月30日(金)
キャンペーン参加登録期間:2022年4月1日(金)~2022年10月31日(月)
※キャンペーン参加登録が必要です。

会計ソフト優待キャンペーン

JCBプラチナ法人カードは、カードの新規入会キャンペーン以外にも会計ソフトの優待キャンペーンも実施中です。対象の会計ソフトと優待内容は、下記のとおりです。

弥生会計の対象プランを最大2年間無料で利用可能
※弥生会計オンライン:2年間無料、やよいの青色申告 オンライン:1年間無料

Freeeの2つのサービスが対象の、2023年3月31日まで限定のキャンペーンです。会計ソフトの導入を検討中の方は、JCBプラチナ法人カードを発行後にキャンペーンを利用しての申し込みがおすすめです。

JCBプラチナ法人カードのお申し込みは公式サイトへ

JCBプラチナ法人カードの口コミ・評判

JCBプラチナ法人カードの口コミ・評判 JCBプラチナ法人カードには、どのような口コミ・評判があるのでしょうか。以下、TwitterのJCBプラチナ法人カードに対する口コミ・評判を紹介します。



JCBプラチナ法人カードのステータスの高さやカードデザインが評判。人気のプラチナ法人カードであると口コミで分かります


その他の口コミ・評判には、「個人用のJCBプラチナカードの審査には落ちたが、JCBプラチナ法人カードは審査に通った」というものも。個人向けのJCBプラチナカードと法人向けのJCBプラチナ法人カードでは審査基準が異なるため、一方のカードのみ審査通過する場合もあります。

そのため、個人向けのJCBプラチナカードで審査に落ちてしまった方でもJCBプラチナ法人カードの審査通過の可能性はあるため、まずは申し込みをしてみることはおすすめです。

特典が豊富でハイステータスのおすすめビジネスカード

ビジネスにワンランク上の余裕を 当記事では、JCBプラチナ法人カードの特徴やメリット・デメリット、審査情報や口コミ・評判などを網羅的に解説しました。

JCBプラチナ法人カードは年会費が33,000円(税込)とプラチナ法人カードの中では比較的安い年会費。それでいて豪華な特典サービスと高いステータス、手厚い付帯保険が揃ったおすすめの法人カードです。

何よりJCBカードは日本発祥の国際ブランドのため、その最高峰のJCBプラチナ法人カードならではの安心感が評判。ビジネスに役立つおすすめのプラチナ法人カードです。

今なら期間限定キャンペーンでお得にお申し込み可能ですので、以下のボタンより公式サイトをご確認ください。

JCBプラチナ法人カードのお申し込みは公式サイトへ




当ページ利用上のご注意


  1. 当ページで掲載している情報は、各金融機関の公表している情報を元に作成しておりますが、情報の更新等により閲覧時点で最新情報と異なる場合があり、正確性を保証するものではありません。各種商品に関する最新の情報やキャンペーンについての詳細は公式サイトをご確認ください。
  2. 当ページで掲載しているポイント還元率は、公表されている公式サイトの情報を元に独自に算出したものとなっています。より正確な情報は各カード会社のホームページをご確認ください。
PICKUP
CONTENTS

最強法人クレジットカード徹底比較!2022年7月おすすめランキング

「法人カードは種類が多くて比較が大変」「どのビジネスカードがおすすめ?」と悩む方も多い様子。法人向けのクレジットカードは100種類以上あり、複数の法人カード・ビジネスカードを比較して最強の1枚への申し込みがおすすめです。...
2021.01.05

永年無料も!年会費無料の法人カードを徹底比較~おすすめ9選

個人事業主や会社経営者に役立つ付帯サービス・特典が人気の法人カード。年会費無料で利用したい方も多い一方で、中小企業や個人事業主など法人向けクレジットカードやビジネスカードは永年無料など年会費無料の法人カードは数少なく、年...
2021.09.14

特典が豊富な法人ゴールドカードおすすめ8選を比較【2022年最新ランキング】

メリットの多い法人ゴールドカードを利用したい方へ向け、当記事では法人ゴールドカードを徹底比較します。 法人ゴールドカードは最高ステータスのプラチナカードと比較して年会費が安い一方、一般ランクの法人向けクレジットカードと比...
2021.10.13

2022年7月最新!ポイント還元率が高い法人カードおすすめランキング

中小企業経営者・個人事業主向けにおすすめの法人カードやビジネスカードの比較で重要なポイントの1つが「ポイント還元率」。法人カードを利用すれば会社の経費の支払いでポイントが貯まる点がメリットで、ポイント還元率次第で貯まるポ...
2021.10.15

ステータス抜群の法人プラチナカードのおすすめ徹底比較【2022年最新】

ステータス性が高く、付帯サービスや優待特典が充実している法人プラチナカードは、ビジネスにおすすめのクレジットカードです。 「おすすめの法人プラチナカードは?」「人気の法人プラチナカードを比較したい」とお考えの方も多いはず...
2021.10.06

フリーランス・個人事業主におすすめのクレジットカード13選

「フリーランスにおすすめの法人クレジットカードを比較したい」 「個人事業主向けの法人カードって、どう選ぶ?」 当記事では、フリーランスや個人事業主に人気・おすすめの法人クレジットカードを比較しランキングで紹介します。年会...
2021.09.29

ステータス最高峰!アメックスビジネスプラチナの特典・キャンペーンや基本情報

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード(アメックスビジネスプラチナカード)はアメックスカードの最高峰のステータスを誇るビジネス向けプラチナ法人カード。 当記事では、「アメックスビジネスプラチナカード申し込み...
2021.10.07

NTTファイナンスBizカード レギュラーの口コミ・評判は?特徴やデメリットも解説

NTTファイナンスBizカード レギュラーは、年会費無料な上に高いポイント還元率、海外・国内旅行傷害保険や各種補償、リボ払いや分割払いなどの豊富な支払い方法などが評判の法人カード。NTTファイナンスBizカード レギュラ...
2021.10.12