2022.11.29

ココグルメ×kmモビリティサービスが、ペット・ツーリズムを推奨したバスツアーを開催!編集部の愛犬とワンぽちツアーズに参加した様子をレポート。


「*ペット・ツーリズム」という言葉をご存知だろうか? ワンちゃんや猫ちゃんとの生活を共にする人が増える昨今、飼育頭数の増加と比例するように、増加しているのがワンちゃん・猫ちゃんたちをはじめとした、動物との旅行ニーズだ。

そんな中、獣医師監修の手作りペットフード「CoCo Gourmet(以下:ココグルメ)」「Miao Gourmet(以下:ミャオグルメ)をはじめとした、ペット関連事業をおこなう株式会社バイオフィリア(Biophilia Inc.)と東京都内を中心に展開するkmタクシーを擁する 国際自動車グループの株式会社kmモビリティサービス(以下:kmモビリティサービス)が協働しペット・ツーリズムを推進した、愛犬同伴のバスツアーが開催された。

今回は著者の愛犬・ファイブ(ペキニーズ×チワワ:ペキチワの女の子1歳3ヶ月)と愛犬同伴のバスツアーに参加。本バスツアーの様子を紹介していきます。

 

*ペット・ツーリズムとは?とは

「ペット・ツーリズム」とは、飼い主が犬や猫などのペットとともに旅行をすることだが、それに伴う旅行業、観光事業などの環境を包括した概念を指す言葉です。 移動、宿泊、食事、観光などがペットとともにできるような環境整備を推進することにより利用者の利便性向上とビジネスの発展、飼い主のマナーやモラルの啓発などを目的とすることが多い。





kmモビリティサービス×ココグルメの愛犬同伴バスツアー「ワン友交流バスツアー」とは?





バスツアーの内容をレポートする前に、【ココグルメ×ワンぽちツアーズ 】プチ運動会×農園BBQでワン友交流バスツアーについて簡単に説明していきます!

ココグルメ会員限定のバスツアーが誕生。





冒頭でも軽く説明したが、<【ココグルメ×ワンぽちツアーズ 】プチ運動会×農園BBQでワン友交流バスツアー>とは、kmモビリティサービスとココグルメ・ミャオグルメを手掛ける株式会社バイオフィリアが、ペット・ツーリズムを推奨したバスツアーだ。



「ココグルメ×ワンぽちツアーズ」の特色

特色1:ワンちゃんはご主人様と一緒に車内座席に座ることが可能。
特色2:おひとり様(プラス1頭)でもご参加OK。
特色3:バスは最大でも22名様でご利用可 (グループ間での相席は有)。
特色4:おひとり様プラス1頭でバス座席を2席、おふたり様プラス1~2頭では
バス座席を4席ご用意可能。
特色5:昼食会場にもワンちゃんOK!(昼食付プランの場合)。
特色6:ツアーには撮影係も同行(添乗員が兼務の場合有)。ご希望に沿いショット撮影も可能。




▲プチ運動会からココグルメバーグ調理会など、飼い主はもちろん、ワンちゃんにとっても嬉しいイベントが盛りだくさん!

ドッグランでのワンちゃん運動会、バーベキューランチ、ココグルメハンバーグ調理会といった、飼い主さん同士、わんちゃん同士の交流を通して、思い出を作れるバスツアーとなっていました。

ココグルメ×ワンぽちツアーズならではの、バスの中もワンちゃん目線のおもてなし。





季節は少し遡り8月6日(土)。著者とファイブは、バスツアー参加のために渋谷のクロスタワー前にやってきました。

バスツアーの集合場所は、「渋谷クロスタワー前」又は、東京都足立区・竹塚駅近くの「足立区竹の塚センター前」が選択できるので、自宅から向かいやすい方を選択できます。




▲人生初のバス乗車をするファイブ。『あたす、ここ座っていいんですか?今日どこ行くんですか?』と言わんばかりのファイブ。

バスの指定座席に座り、バスは渋谷駅を出発。目的地の八王子農場を目指します!



座席には、ワンちゃん専用の撥水加工シートと夏用のひんやりマットが完備。またワンちゃん用のシートベルトも完備されているので、安心・快適にワンちゃんと一緒に移動することができます。


▲安全ベルトはリードにドッキング可能。安全面への配慮もしてくれて、飼い主さんにとっては嬉しいポイントですね!

ファイブにふと目を向けると、ひんやりマットとシートベルトに安心したのか、リラックスしている様子(笑)


▲ひんやりシートが気持ちいいのか、リラックスするファイブ。


▲はじめてのバスから見る風景に興味津々のファイブ。東京を感じています(シティガールかっ!汗)

渋谷駅から竹ノ塚の乗車したメンバーさんたちも乗車。ワンちゃんたちも続々と乗車してきます!





▲添乗員さんはもちろん、運転手さんたちもワンちゃんたちの飼い主さん。日頃からワンちゃんたちと生活しているスタッフさんたちが同乗してくれるので、飼い主にとってはとても安心ですね。

バスは竹塚から八王子農園を目指します―――社内では移動中にもレクリエーションが用意されていました。その名も『ココグルメバスツアークイズ大会』。


▲ココグルメに関するクイズを乗車したココグルメの会員メンバーさんとペアになり回答していきます! 優勝者には、ココグルメの景品が贈呈されます。

クイズ大会や同乗した飼い主さんと、お話をしているとあっという間に八王子農園に到着。



八王子農園に到着!ドッグランでのプチ運動会&自由時間





八王子農園に到着したら、ドッグランを目指してみんなで移動。8月上旬ということもあり、気温が心配でしたが、運良く曇り!太陽が陰っていたので、ワンちゃんたちにとっては過ごしやすい気候でした。


▲パピヨンのクロエちゃん、トイプードのコアちゃん、ココグルメの社員犬・チップも仲良くドッグランまでお散歩がらてテクテク歩いていきます。

そして到着した八王子農園さんのドッグラン――― これは…予想以上に広い!! 都心で生活していると、広い場所で遊ぶことができない私とファイブにとっては、何よりもありがたいです(八王子農園さんありがとうございます。)。


▲ドッグランは、ネットで覆われているのでワンちゃんが外に出てしまう心配もありません。芝生なので、ロングヘアのワンちゃんも身体が汚れにくいのも嬉しいポイントですね。

さっそくファイブもノーリードで、ドッグランに開放することに―――


▲ファイブもテンションが上がったのか、「プレイバウ(犬が遊びに誘う時のポーズ)」の姿勢でツアーに参加していたルークくんとうコアちゃんを誘うファイブ。

テンションが上がったのか、さっそくツアーに参加しているワンちゃんたちを遊びに誘うファイブ。


▲犬友達になったトイプードルのコアちゃんと、ドッグランで追いかけっこをするファイブ。久しぶりのドッグランで、活き活きした表情の気が(顔が黒くて判別しにくいのですが…)

自然がある広い敷地で、遊ぶ体験が少ないファイブにとっては、貴重な経験です。そして、飼い主さんはもちろん、犬同士も友達になったようで楽しく遊んでいました。


▲テンションが上がり、爆走するファイブ―――ほぼ残像です(汗)

ドッグランでの自由時間では、犬友達も増えてご満悦のファイブ。ワンちゃんが好きなファイブにとっても、貴重な経験となりました。

 
▲新しい犬友達になったココグルメの社員犬・チップ。同じペキチワ同士、仲良くなった様子

プチ運動会には、ワンちゃんと飼い主で参加。





ドッグランで自由時間を過ごし後は、プチ運動会が開催されました。 どの競技もワンちゃんと飼い主のチームワークが、要求される内容ですが、果たしてその結果は―――


▲一種目の競技がスタート!飼い主のいる反対側まで、どのワンちゃんが一番最初に戻ってくるかを競う競技です。

第一種目は、いち早く反対側に立っている飼い主の元に一番早く戻ってくるという競技です。

「顔は黒いしマイペースだけど、しつけ教室で『待て!』『おいで!』の訓練は、一緒に練習したぜ!この勝負勝った!(ザワザワ)」と心の中で高を括った私。

そして、合図と共に叫ぶファイブの飼い主の私―――――

『ファイブおいで!!』

走り出すファイブ――― その結果は…



▲走っている顔が、『シン・ゴジラ』の第二形態にしか見えませんが、愛くるしいのでOKです(笑)

―――『っえ!?走るの遅っ(笑)!!』

短い脚を一生懸命動かしながら、最下位でゴール(汗)。走っている姿が可愛いいので、心の中で頑張ったで賞をあげました。

そして、次の第二種目は、サークルの中から誰が一番「待て」の状態を続けられるかを競うゲームです。


▲リーグ線を勝ち抜いたワンちゃんたちは、やはり競合犬! 飼い主さんたちの「待て!」の言いつけを従順に守ります。

どのワンちゃんもしっかりと言いつけを守り「待て」の状態を保ちます!どのワンちゃんが勝ってもおかしくない状況でしたが、結果は―――


▲「がんばったで賞」はコアちゃんに決定!

「がんばったで賞」はコアちゃん!ワンぽちツアーズの招待券をゲットすることができましたおめでとうございます!


▲プチ運動会では、表彰式もおこないワンちゃんたちの健闘を称えました!

お昼のBBQまでの時間は、各々自由時間に――― ファイブも気がついたらプチ運動会で色々な犬友達が増えました!


▲プチ運動会も楽しみ、ほんのり犬見知りのファイブもお犬友達がいっぱいできました。


▲スタッフの皆さんとツアー参加者の皆さんで記念撮影。

ココグルメを使ったハンバーグ作りを体験!





プチ運動会とドッグランでの自由時間が終わると、昼食の時間に―――

昼食は、ココグルメハンバーグの調理会と飼い主は野外BBQでの交流会です。

グループに分かれて、飼い主さんたちがワンちゃんのために、ココグルメを使用したハンバーグを作っていきます。

日頃からココグルメを食べているワンちゃんたち。ハンバーグを作る前に、そのまま食べてしまいたくなっているワンちゃんも多数いました。


▲グループに分かれて、ココグルメを使ったハンバーグを作っていきます!待ちきれないのか、前のめりでココグルメを食べようとするトイプードルのはにゅちゃん。

ココグルメさんのスタッフさんたちが、サポートしながら思い思いの形のハンバーグを作っていきます!


▲クッキーの型を使ってココグルメを使用して、ハンバーグを作ります。

私もファイブのために、ハンバーグを作ってみることに――― 私もハンバーグ作りに挑戦してみましたが……


▲安定のココグルメへの食いつき!ハンバーグの形は、著者の料理スキルの低さから失敗しましたが、完食してくれたのでOKとしましょう(笑)。

日頃料理をしない飼い主のせいで、ハンバーグが砕けてしまい、プラスチックカップにミンチになったハンバーグを入れました(ファイブ、料理下手でごめん…)。

また夏ということもあり、ワンちゃん専用のヤギミルクで作ったかき氷もいただくことができました。


▲kmモビリティサービス様とバイオフィリア様が、ヤギミルクのかき氷も用意してくれました。運動後のワンちゃんにとっては嬉しいサプライズですね!

ヤギのミルクは、ワンちゃんがパピー(子犬)の頃に母親から飲んでいたミルクと似ているそうで、身体にも良いとか――― 運動した後だったので、ファイブもかき氷にガッツいていました(ファイブは食べすぎて震えてました笑)。


▲運動した後のかき氷は、ワンちゃんたちにとって最高のクールダウンですね!一生件名アイスを食べるスモアちゃんとこたろうくん。




▲ワンちゃんたちも、ココグルメハンバーグとかき氷を昼食にご満悦の様子!

BBQを堪能しながら、ココグルメユーザーの飼い主同士も交流





ワンちゃんたちのご飯の後は、飼い主たちもBBQを堪能。犬種・年齢別に別れたオフ会では、BBQを囲みながらワンちゃんトークに花を咲かせることができました。


▲『あたすも、お肉食べたい…』と言わんばかりに、BBQを直視してくるファイブ。

私自身は、ファイブがはじめての飼育なので、ワンちゃんオーナーの先輩方からしつけなどのアドバイスをいただくことができました。またワンちゃんのInstagram(インタグラム) を交換することもでき、ワン友(ワンちゃんを飼育している友人の意)が増えました!


▲飼い主の皆さんもBBQで交流。

皆さんココグルメの会員様ということもあり、ココグルメのエピソードトークで花を咲かせている様子――― 中には『ココグルメを食べてからワンちゃんの涙焼けがキレイになった』『ご飯をあまり食べなかったんですけど、ココグルメにしてから、毎回完食するようになった』などココグルメ愛用犬ならではの貴重なお話を聞くことができました!

そんなココグルメトークとバスツアーの思い出を話しているうちに、八王子農園を出発する時間になってしまいました…

ワンちゃんとのはじめての旅行もココグルメ×ワンぽちツアーズなら安心!





今回、ココグルメ×ワンぽちツアーズにはじめて参加したファイブと著者。

一人のワンちゃんオーナーとして、愛犬と旅行に行きたいが、なかなか行くまでのハードルの高さがボトルネックになっていたが、このバスツアーならその心配は不要だ。
「ワンちゃんと旅行に行きたいけど、一人で旅行に行くのは少し不安…」
「ワンちゃんとの移動がどうしても電車移動になってしまうので、移動が大変…」
「ワンちゃんを飼っているけど、きっかけがないので、他のワンちゃんと交流する機会が少ない…」
このような不安を抱えているワンちゃんの飼い主には、最適なバスツアーなのではないでしょうか?

私も単身でファイブと参加したが、サービスエリア休憩の時は、ガイドさんがしっかりとワンちゃんを見てくれていたり、車などの安全に配慮しながらサービスエリアの施設まで誘導してくれたりと、安心・安全へのきめ細かい気遣いを感じることができました。

kmモビリティサービス様とココグルメ様(株式会社バイオフィリア)のお取り組みのおかげで、私のような単身のツアー参加者でも、安心して愛犬との旅行を楽しめました!

そして、渋谷駅に向かう帰りのバスの中でファイブはというと…


▲「いやー、あたす満喫しましたよ。ご主人―――」と言わんばかりの背中で語ってくるファイブ。この後は、満足そうな顔で寝ていたので飼い主も嬉しくなりました。

――― 哀愁漂う背中で、東京を全身に感じていました(笑)。

気がつくと、あっと言う間に渋谷駅に到着していました。楽しい時間は経過が早いですねー――― 私はもちろん、ワンちゃんが、楽しそうにバスツアーを体験している姿が見れたことが何よりも嬉しかったです。



このような素晴らしいツアーを体験できたのも、最初から最後まで安全に配慮して、バスツアーの運営に携わってくれたkmグループ様と株式会社バイオフィリア様の皆さんのおかげです。



本日は1日ありがとうございました!


▲kmモビリティサービスの皆さんとココグルメの皆さん(株式会社バイオフィリア)との集合写真!企画からバスツアー当日まで、ありがとうございました&お世話になりました!

またココグルメとkmモビリティサービス「ワンぽちツアーズ」は、愛犬とクリスマスを楽しむバスツアーを12月18日に開催! 「愛犬と手作りケーキ・撮影会・湘南イルミネーションを楽しむよくばりクリスマスバスツアー」は、現在予約受け付け中です。

ぜひこちらもチェックしてみてください(詳細は下記リンクを参照)。



ワンぽち×ココグルメ、バスツアー概要

【開催日】12月18日(日)
【場所】湘南鎌倉クリスタルホテル内ドギーカフェ/神奈川県藤沢市南藤沢14-1
【予約受付期間】11月8日(火)〜11月30日(水)
【ツアー料金】
1名+ワンちゃん1頭 24,800円(税込)
1名様追加につき18,800円(税込)の追加料金となります
※2名+ワンちゃん2頭の場合は、1名+ワンちゃん1頭と同様で1名24,800円となります。
※ワンちゃん1頭につき必ず1名様以上でご参加ください。
ドギーカフェ現地集合でのご参加も可能です。現地参加の場合は、
1名+ワンちゃん1頭 8,800円(税込)、1名追加につき8,800円(税込)追加となります。
【参加人数】バスツアーは10組22名まで。現地参加は10組22名まで。応募多数の場合は抽選となります。
※最小開催人数に満たない場合は中止となる場合がございます。
【応募方法】予約サイト https://www.km-bus.tokyo/news/archives/1976 よりお申し込みください
【ツアー詳細】湘南鎌倉クリスタルホテル併設のドギーカフェにて、ココグルメクリスマスケーキ作り、ランチ会、プレゼント交換会など、参加者同士の交流を楽しめるツアーです。さらにバスツアー参加者には、クリスマス特別仕様のバスで道中もクリスマス気分を満喫いただき、湘南イルミネーション観光へお連れします。
ツアー内容はココグルメ公式Instagramからもご覧いただけます。
ツアーに関する問い合わせ:info@biophilia.co.jp(株式会社バイオフィリア・バスツアー担当)
※ワンちゃん1頭につき、1人以上の同伴者が必須です。
※今回のツアーはココグルメ会員でない方も応募いただけます。
※コロナワクチン3回以上接種、またはPCR検査で陰性の方のみ参加可能です。



「株式会社kmモビリティサービス」の詳細を見る

「株式会社バイオフィリア(Biophilia Inc.)」の詳細を見る

関連記事はこちら



ココグルメ・ミャオグルメが、ペットフードの常識を変える?「株式会社バイオフィリア」代表取締役・岩橋氏が語る食から変える動物と人間の関係とは

国内初! 猫向け手作りフレッシュミート「Miao Gourmet(ミャオグルメ)」の先行予約を開始。

<編集後記>

犬や猫をはじめとした飼育頭数の増加により、ペットツーリズムを推奨する動きが活発になった昨今。このようなバスツアーは、犬はもちろん、飼い主にとってもとても大切な機会だということを感じた。

当然ながら犬の寿命は、人間よりも短い―――そうなると、飼い主と犬が過ごすことができる時間には、際限がある。

飼い主としては、少しでも楽しく貴重な経験を犬に提供し、犬はそんな良質な時間を飼い主と過ごしたいと思っているはずだ。

“犬を飼ったから旅行を諦める”のではなくて、“犬を飼ったことで、今まで以上に旅行が楽しくなった”という飼い主が一人でも多く増えるためにも、kmモビリティサービス様と株式会社バイオフィリアが共同で開催した、バスツアーは重要な意味を有していると感じた。

kmモビリティサービス様と株式会社バイオフィリア様は、これからどのような愛犬との旅行プランを提案してくれるのだろうか――― これからの活躍に目を光らせていきたい。



新井那知
ライター
So-gúd編集部
新井 那知
埼玉県・熊谷市出身。渋谷の某ITベンチャーに就職後、2016年にフリーランスライターとして独立。独立後は、アパレル、音楽媒体、求人媒体、専門誌での取材やコラム作成を担当する。海外で実績を積むために訪れたニューヨークで、なぜかカレー屋を開店することに—-帰国後は、クライアントワークを通してライターとして日々取材や編集、執筆を担当する。料理と犬、最近目覚めたカポエイラが好き(足技の特訓中)。
この記事を読んで、あなたは未来を変えたいと思いましたか?
はいいいえ
良かったらその未来をシェアしてくださいね!

はい
81%

いいえ
19%

良かったらその他の記事をご覧ください!

はい
81%

いいえ
19%

この記事のurlをコピーする
クリップボードにコピーしました。

LATEST
ARTICLES

「会いに行けるセンセイ」が語る
「自分で選ぶ」ことの大...

高知市の私立土佐塾中学・高等学校で理科の教員をしている野崎浩平さんは週に1回、市中心部の京町商店街を舞台に「会いに行けるセンセイ」という活動を行ってい...
2024.07.17

デジタル×感性が作り出す未来の姿 ~岩手県立大学の挑戦~

触れる、感じる、それを言葉にする。 人間の感性を数値化し、デジタルの世界に落とし込む。 そんな夢のような技術が、いま静かに花開こうとしている。 岩手県...
2024.07.11

マーケティングの「当たり前」を疑え!
ヒットを生み出...

サイバー大学IT総合学部教授の北村森氏は、「日経トレンディ」編集長を経て2008年に商品ジャーナリストとして独立。以後、製品・サービスの評価、消費トレ...
2024.07.10
Top