おいしくて人や地球にやさしい、ヴィーガンレストラン・飲食店3選!

オーガニック

近年では、ビーガンメニューを提供するレストランや飲食店が増加してきました。「ヴィーガン」とは、肉や魚、乳製品、卵などの動物性食品を一切食べないライフスタイルを送る人のこと。

生活様式が多様化する中で、食生活のスタイルも選択肢が増えてきました。

今回は、ヴィーガン料理を楽しめるレストラン3選を紹介します。おいしいだけでなく、地球環境にも優しいヴィーガンレストランに是非、足を運んでみてください。

東京のヴィーガンレストラン: 地球と体に優しい美食の宝庫

「ヴィーガン」とは全ての動物性食品を避け、植物性食品のみを食べるライフスタイルのこと。そのため、食事は野菜や豆類が中心で、カロリーが低くなる傾向にあるため、健康や美容のために取り入れる方も増えているようです。
 
ヴィーガンの美味しさと多様性は東京のレストランでも手軽に感じることができます。新たな食生活の一歩として、ヴィーガンライフスタイルを始めるためのレストランを訪れてみてはいかがでしょうか。

ヴィーガンライフスタイルの魅力

ヴィーガンとは何? ベジタリアンとの違いとは?

イメージ画像

ヴィーガンとは、動物性食品を一切摂取しない厳しいライフスタイルを指します。肉や魚だけでなく、卵や乳製品、蜂蜜までを食事から排除します。これに対し、ベジタリアンは肉や魚を食べないだけで、卵や乳製品のような一部の動物性食品は許容されています。近年では、これら二つのライフスタイルに対応した飲食店も増えており、選択肢が広がっています。
 

ヴィーガンの食事は、地球環境を思う心からの選択とも言えます。動物を飼育するために必要な大量の飼料や水の消費、メタンガスを大量に放出する肉牛の飼育による環境負荷を軽減することができるためです。また、植物性食品だけをバランス良く摂取することで、健康維持にも寄与します。特に、飽和脂肪酸やコレステロールの摂取を抑えることができ、心臓病や糖尿病、肥満の予防につながります。ただし、ビタミンB12や鉄分といった動物性食品からしか摂取できない栄養素もあるため、サプリメントなどで補う必要があります。
 

ヴィーガンライフスタイルは、食事だけでなく、動物実験を行わない化粧品や衣料品の選択など、生活全般に影響を及ぼします。一つ一つの選択が、地球や自分自身、そして動物たちの未来を変える力を持っています。

東京のヴィーガンレストラン3選

BRIANZA TOKYO(ブリアンツァ・トーキョー)~大手町で味わうラテンイタリアン

BRIANZA TOKYO(ブリアンツァ・トーキョー)

最初に紹介するのは、東京駅から歩いて約5分の場所にあるBRIANZA TOKYO(ブリアンツァ・トーキョー)。「炭火焼イタリアン」がコンセプトのBRIANZA TOKYOは、リゾート感あふれる店内で、テラス席の用意もあります。天気の良い日にはテラスで食事をするのもおすすめなヴィーガンレストランです。
 

使用する食材にこだわっており、全国各地から集めた食材を炭火焼グリルや、イタリアの技法を駆使して料理を作り上げています。
 

「ひよこ豆のグルテンフリーパンケーキ~ファリナータ~」や「茄子のスパイスフリット レモンマスタードピュレ」といったヘルシーなヴィーガンメニューや、低炭水化物ダイエットのロカボ向けのメニューも用意されており、多種多様です。
 
BRIANZA TOKYO(ブリアンツァ・トーキョー)編集部写真
写真は、編集部員が実際にBRIANZA TOKYOに訪れた際のもの。この日は全4品のコースをランチに頂きましたが、どれも素材の旨味が引き出されており、お腹も心も満たされました。
 

店舗情報
住所:東京都千代田区大手町2-6-4 常盤橋タワー2F

営業時間:ランチ 11:00~15:30(ラストオーダー14:30)/ディナー 17:30~23:00(ラストオーダー21:30)

定休日:不定休

公式サイト:https://la-brianza.com/brianza_tokyo/

日比谷パレス~都会で味わう豊かな自然

日比谷パレス

続いて紹介するのは日比谷公園内に店を構える日比谷パレス。都会の中にありながらも、素材にこだわったヘルシーな料理を、自然を感じながらいただくことができます。
 

サラダなどのヴィーガン料理を味わうことができるだけでなく、過去にはSDGsイベントも開催しており、環境への配慮やエシカルに気軽に触れられる点も日比谷パレスの特徴です。
 

日比谷パレスではテイクアウトも受け付けているため、天気の良い日にテイクアウトをし、日比谷公園で自然にふれる休日を過ごすにもおすすめのヴィーガンレストランです。
 

店舗情報

住所:東京都千代田区日比谷公園1-6

営業時間:ランチ 12:00~15:30(ラストオーダー13:30)/ディナー 17:30~22:00(ラストオーダー19:30)

定休日:月曜日・火曜日

公式サイト:https://hibiyapalace.co.jp/

Brown Rice Tokyo Omotesando~おしゃれな街で楽しむオーガニック&ヴィーガンな和食

Brown Rice Tokyo Omotesando
続いて紹介するのは、表参道の通りから1本小道を入った所にあるBrown Rice Tokyo Omotesando。Brown Rice Tokyo Omotesandoは、ヴィーガンの方でも和食を楽しむことができる、「オーガニック&ヴィーガンの食材と丁寧な仕事でお客様を健やかに美しく」がコンセプトのレストラン。
 

可能な限り無農薬野菜や有機栽培にこだわった農法を選んでおり、直接産地を訪れ、目で見て、味わい、栽培方法まで見極めて生産者の方々を選んでいます。
 

 表参道でショッピングを楽しんだ後に、ヘルシーなランチやディナーを楽しむのに最適なスポットです。
 
Brown Rice Tokyo Omotesando 編集部写真
写真は編集部員が実際にBrown Rice Tokyo Omotesandoを訪れた際のもの。バランスの取れた一汁三菜で心がほっとするランチでした。
 

店舗情報

住所:東京都渋谷区神宮前5-1-8 1F

営業時間:11:30~18:00(ラストオーダー:食事17:00/ドリンク17:30)

定休日:毎月第1火曜日

公式サイト:https://brownrice.jp/

まとめ~ヴィーガンレストランで体の内側から健康に

いかがでしたでしょうか。「ヴィーガン」と聞くと食事に制限がかかってしまうと思われがちですが、都内にはヴィーガン料理を提供するレストランが多数存在します。
 

ヴィーガンレストランでは手軽にヴィーガン料理を楽しめるだけでなく、仕入れる素材にこだわってる店舗ばかりなので、体の内側から健康を目指せます。
 

みなさんも休日などに、オーガニックやエシカル、ヴィーガンを意識した生活を送ってみませんか。
 

               
ライター:Runa Kisaka
新卒で不動産会社に就職後、EXIDEAにジョイン。総合比較メディア「HonNe」にてクレジットカードジャンルの運営経験を経て、2024年2月よりEthical Choiceの編集部にアサインされる。「エシカルを身近に」という想いを持って編集に携わる。

【免責事項】

※本記事に掲載の情報は、公的機関の情報に基づき可能な限り正確な情報を掲載しておりますが、情報の更新等により最新情報と異なる場合があります。

※本記事はエシカルな情報提供を目的としており、本記事内で紹介されている商品・サービス等の契約締結における代理や媒介、斡旋をするものではありません。また、商品・サービス等の成果を保証するものでもございません
クリップボードにコピーしました。