記事制作を外注するメリットとおすすめ外注先とは?【完全マニュアル】

Pocket

記事制作を外注するメリットとおすすめ外注先とは?【完全マニュアル】

WEBマーケティングやオウンドメディア運営で悩ましいのは、人材不足でしょう。

WEBサイトの記事制作には多くの人材を割かなければならない上に、膨大な時間が必要。そのため、できれば外注をしたいと考える人は多いはずです。

しかし、記事制作を外注すべきではないという声もチラホラ。

実際のところ、記事制作は外注すべきなのでしょうか?
それともしない方が良いのでしょうか?

その是非を検討すべく、まずはWEBサイトの記事制作を外注するメリットとデメリットを見ていきましょう。

記事制作を外注するメリット・デメリット

記事制作を外注するメリット・デメリット

記事制作を外注することのメリット

記事制作を外注するメリットとしては、次の2つが挙げられます。

  • 短時間で大量の記事を依頼できる
  • 記事のクオリティを維持することができる

以上2つのメリットについて、以下より解説します。

短時間で大量の記事を依頼できる

記事制作を外注すると、短時間で大量の記事を依頼できるというメリットがあります。短期間でオウンドメディアの記事を充実させることができれば、より早くSEO効果を得ることができるでしょう。

また、これまでWEBサイトの記事代行にかかっていた膨大な人材や時間を他の仕事に割くことができるようになるため、会社全体のパフォーマンスを高めることができます。

記事のクオリティを維持することができる

もし、記事制作(WEBライティング)に関しての知見があまりないのであれば、記事のクオリティーを担保できるかが問題になるでしょう。

しかし、記事制作をその道のプロ、それも複数人に依頼すれば、常に一定以上のクオリティの記事を制作してもらえます。

質の良い記事を掲載し続けることができなければ、オウンドメディアで集客効果を得ることはできないため、WEBサイトの記事制作を外注するメリットは大いにあると考えて良いでしょう。

記事制作を外注することのデメリット

記事制作を外注することのデメリット

一方、記事制作を外注することのデメリットとしては、主に次の2つが挙げられます。

  • 良い記事制作をしてもらうためには相応のコストがかかる
  • 外注先に提示するマニュアル作りが大変

以上2つのデメリットについて、以下より解説します。

良い記事制作をしてもらうためには相応のコストがかかる

クオリティの高い記事は、抜群の集客力を誇ります。
しかし、クオリティの高い記事制作をしてもらうためには、それ相応のコストがかかってしまうものです。

たとえば、取材及び写真撮影を含む記事制作を依頼したいという場合、一般的には1文字あたり5円以上の報酬が要求されます。1記事3000文字だとすれば、1記事依頼するだけで15000円もかかってしまいます。

外注先に提示するマニュアル作りが大変

外注先に提示するマニュアル作りが大変

複数人の記事制作を依頼する場合、記事の質を均一化することが難しくなります。そこで活躍してくれるのがマニュアルです。

しかし、このマニュアルは当然ながら自分で作らなければなりません。誰もが同じ質の記事制作をすることができるようなマニュアルを作るためには、かなりの時間と手間を要します。

高いクオリティの記事を依頼するためには、高いコストがかかります。また、記事の質を均一化するためにはマニュアルも拡充させなければなりません。

確かにマニュアル作成は大変ですが、一度作ってしまえばあとはずっと使えるため、長い目で見れば、コストパフォーマンス面で優れていると考えることができるでしょう。

こんな場合は外注すべき

記事制作を外注すれば、今まで以上にオウンドメディアによる高い効果を得ることが期待できる上に、会社全体のパフォーマンスを高めることができます。

もし、WEBマーケティングに取り組みたいが、記事制作にリソースを割けないのであれば、WEBサイトの記事制作を思い切って外注すべきです。

記事制作の外注先を選ぶ際の注意点

外注さえすれば、質の高い記事を制作してもらえるかといえば、必ずしもそうではありません。
スキルが低いライターや業者に依頼してしまうと、外注するメリットを全く得ることができなくなってしまいます。

記事制作の外注先を選ぶ際には、次の3点に注意しましょう。

  • SEOに強い記事制作の実績があるかどうかを確認しておく
  • 外注先の得意分野・専門分野を確認しておく
  • 料金相場と比較した際の費用感

以下より、それぞれの注意点について解説します。

SEOに強い記事制作の実績があるかどうかを確認しておく

SEOに強い記事制作の実績があるかどうかを確認しておく

外注先を選ぶときには、十分なSEOの実績があるかどうかを確認しましょう。

特に、Google検索で上位に来る記事、すなわちSEOに強い記事を制作しているかどうかを確かめておく必要があります。

外注先には過去に制作した記事のURLを示してもらうだけではなく、実際に過去に制作した記事が、対策キーワードでGoogle検索結果の上位に載っているかどうかを示してもらいましょう。

外注先の得意分野・専門分野を確認しておく

いくらSEOに強い記事制作の実績があったとしても、全ての分野において同じような結果を出せるとは限りません。

やはり、外注先によって苦手分野や得意分野があるものです。そのため、外注先の得意分野・専門分野が依頼したい記事の分野と合致するかどうかをよく確かめておきましょう。

料金相場と比較した際の費用感

記事制作は、ライターのレベル、ライティング内容の専門性によって、大幅に相場が変わります。
以下の表をご覧ください。

一般的 専門的
ライター初心者 0,5円~ 1円~
ライタープロレベル 2円~ 5円~

このように、ダイエットなどの一般的な内容のライティングは相場が安く、法律など専門的な内容、かつレベルの高いライターの場合は、非常に高単価となります。

相場よりも遥かに高価な料金を請求する悪徳な業者も中にはいるので、相場感は知っておくとよいでしょう。

コストパフォーマンスに優れた外注先の見つけ方

コストパフォーマンスに優れた外注先の見つけ方

クオリティの高い記事を執筆してもらうには、高いコストがかかるものです。しかし、あるサイトを活用すれば、より低い単価で質の高い記事を執筆してくれる外注発注先を見つけ出すことができます。

そのサイトとは、クラウドソーシングサイトです。

クラウドソーシングサイトで記事作成の代行を依頼すれば、サイトに登録しているアルバイトライター、在宅の主婦ライター、法人と直接交渉して業務を委託することができます。

交渉次第でクオリティの高い記事を低価格で外注できるということで、クラウドソーシングサイトを活用しているオウンドメディア担当者は少なくありません。

主なクラウドソーシングサイトとしては次の2つが挙げられます。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ

クオリティの高い記事を執筆してもらうには、高いコストがかかるものです。しかし、あるサイトを活用すれば、より低い単価で質の高い記事を執筆してくれる外注発注先を見つけ出すことができます。

そのサイトとは、クラウドソーシングサイトです。

クラウドソーシングサイトで記事作成の代行を依頼すれば、サイトに登録しているアルバイトライター、在宅の主婦ライター、法人と直接交渉して業務を委託することができます。

交渉次第でクオリティの高い記事を低価格で外注できるということで、クラウドソーシングサイトを活用しているオウンドメディア担当者は少なくありません。

主なクラウドソーシングサイトとしては次の2つが挙げられます。

おすすめの記事制作代行業者5選

おすすめの記事制作代行業者5選

クラウドソーシングサイトに登録して自分で優れたライターを見つけ出す時間も手間も惜しいという人には、記事制作代行業者に依頼することをおすすめします。

記事制作代行業者に依頼すれば、業者にどのような人材を求めているかを相談するだけで、希望通りの人材を紹介してもらうことができます。

おすすめの記事制作代行業者は次の5つです。

  • サグーワークス
  • Shinobiライティング
  • コンテンツウォーカー
  • アフィリエイト秘書.com
  • 記事作成代行ドットコム

それぞれの記事制作代行業者の特徴について、以下よりご紹介します。

(1)サグーワークス

サグーワークスは日本最大級の記事制作代行業者です。専任ディレクターがライター選びから納品までしっかりサポートしてくれます。

コストやスピードを重視する人向けのオンライン発注プランや、SEO効果の高い記事や細かいオーダーに応えてくれるオーダーメイド発注プランなど、様々なニーズに応えるためのプランが用意されているのもサグーワークスの魅力です。

(2)Shinobiライティング

Shinobiライティングはその名の通り、WEBサイトの記事制作に特化した記事制作代行業者です。

あらゆるジャンルに対応でき、どんなジャンルの記事も圧倒的なスピードで制作できると謳っており、実際、業界ナンバーワンのシェア率を誇っています。

SEOに強い記事を短時間でたくさん納品しもらいたいという人は、Shinobiライティングに依頼してみましょう。

(3)コンテンツウォーカー

一定以上のスキルを持ったライターだけを採用していると謳っているコンテンツウォーカーは、安価で高いクオリティの記事を大量発注したいという人におすすめの記事制作代行業者です。

コンテンツウォーカーにはライター向けの厳格なマニュアルが用意されているため、細かい指示書を作らなくてもクオリティの高い記事を書いてもらうことができます。

(4)アフィリエイト秘書.com

アフィリエイト秘書.comは1文字1円というシンプルなプランで勝負している珍しい記事制作代行業者です。

他の記事制作代行業者と比較して安価で安定したクオリティの記事を依頼できるということで、多くのオウンドメディア担当者に利用されています。

依頼する記事の詳細を余すところなく伝えることさえすれば、希望通りの記事を納品してもらえるので、コストパフォーマンスを重視する人にはおすすめの記事制作代行業者です。

(5)記事作成代行ドットコム

希望を伝えれば、希望に沿った記事制作をすることができる専属ライターを紹介してもらえるのが記事作成代行ドットコムです。

細かい指示をせずともリーズナブルに一定以上のクオリティの記事を納品してもらえるおまかせコースとより専門的な内容にも対応してくれる上に高いクオリティの記事制作をしてもらえるこだわりコースの2つのコースが用意されています。

特に専門性の高い記事を求めている人は記事作成代行ドットコムのこだわりコースを試してみてはいかがでしょうか。

まとめ:コンテンツ外注は賢く依頼してマーケティング効果を最大化

まとめ:コンテンツ外注は賢く依頼してマーケティング効果を最大化
WEBマーケティングで記事制作を外注すれば、短時間でオウンドメディアの記事を拡充させることができ、高い集客力を得ることが可能。また、会社に在籍する限られた人材を他の仕事にまわすことができるため、会社全体のパフォーマンスを高めることも期待できます。

これらのメリットはコストがかかる・マニュアル作りが面倒というデメリットははるかに凌ぐことでしょう。

また、クラウドソーシングサイトを活用したり記事制作代行業者をよく吟味したりすれば、デメリットを打ち消すことも可能です。

様々なサービスを比較検討し、自社のWEBマーケティング、オウンドメディアにピッタリな記事制作の外注発注先を見つけていただければと思います。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

EmmaTools™logo

上位表示に必要な要素が全て揃った
SEOマーケティングツール

Pocket

No Comments

Post a Comment