【2019年最新】文字数とSEO対策の関係とは?おすすめの文字数を解説

Pocket

【2019年最新】文字数とSEO対策の関係とは?おすすめの文字数を解説

「SEOと文字数って関係あるの?」

Webサイトを運営していたり、SEOを勉強中のアフィリエイターの方は疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

結論からいうと、「SEOに文字数は大いに関係がある」と言えます。

当ページでは、海外の有名なブログや、独自で調査した結果をもとにその理由を解説。加えて、文字数がSEOに与える影響を考える上で最も大切なこともお伝えいたします。

オウンドメディア担当者やブログ運営者の方は必見ですよ!

Google検索アルゴリズムから見るSEOと文字数の関係

Google検索アルゴリズムから見るSEOと文字数の関係
SEOに文字数は関係するのか、それともしないのか。なかなか難しい問題です。インターネットで情報を調べると、「SEOは文字数と関係している」と結論付ける記事もあれば、「SEOに文字数はまったく関係なし」という内容も見かけます。

では、Googleは文字数とSEOとの関係をどう考えているのでしょうか。検索順位を決めているのはGoogleですので、彼らに聞くのがもっとも手っ取り早いでしょう。Googleの検索アルゴリズムのルールを参考に、文字数がSEOに与える影響について考えてみました。

Google検索アルゴリズムでは「コンテンツ量」も上位表示の一因

Googleの検索アルゴリズムについて、精密に調べた「Search Engine Journal」にて、「文字数=コンテンツ量」とSEOとの関係を参考にしてみます。コンテンツ量に関しては、ウェブページに関するSEO要因として、Google検索アルゴリズムにも登場していました。

その情報によると、コンテンツの量は日本語にして約4,000文字程度からSEOに効果的で、基本的に文字数が多くなるに従って上位表示される可能性が高いようです。

1記事あたりの文字数は少なすぎても多すぎてもマイナス

1記事あたりの文字数は少なすぎても多すぎてもマイナス
コンテンツの量、すなわち文字数は4,000文字以上がSEOに効果的ということでした。しかし、Googleの検索アルゴリズムは2019年4月時点で261個あり、もちろん文字数のみで検索順位が決定されるわけではありません。

そのため、他の要因も検討しておく必要があるでしょう。

特に気になる要因は、「ページ読み込み速度」です。1記事あたりの文字数が多くなれば、それだけページが重くなり読み込み速度が遅くなります。読み込み速度の遅いページはランクが下がり、検索結果で高順位も期待できません。

しかも、GoogleのSEOガイドラインでは、コンテンツの適切な量がもたらす検索順位への好影響よりも、ページの重さによる検索順位への悪影響の方が強くなっているのです。もちろん、文字数だけでなく、画像の入れすぎにも注意しなければなりません。

こうした観点から、1記事あたりの文字数は少なすぎても、反対に多すぎてもマイナス要因ということが分かります。

上位10サイト調査で判明!SEOにベストな文字数は4,000~5,000

SEOに効果的な文字数は4,000文字ということを、別の観点から検証してみました。仮に、文字数がSEOに大きな影響を与えているとしたら、現在の検索結果で上位のコンテンツは、その平均値が4,000文字程度におさまっているはずです。

一般に検索結果で上位表示と呼ばれるものは、1~10位までのサイト記事となります。ここでは、キーワードを5つピックアップし、上位表示の記事の平均文字数を割り出しました。

平均文字数 平均ユニーク単語数*2
キーワードA 4,834文字 38個
キーワードB 4,211文字 31個
キーワードC 3,898文字 25個
キーワードD 2,214文字 10個
キーワードE 5,073文字 40個

*1:KW=キーワード
*2:ユニーク単語数とは、重複している言葉を1カウントとして数えた単語数のこと

キーワードやアフィリエイトブログのテーマによって増減あり

キーワードやアフィリエイトブログのテーマによって増減あり

キーワードによってバラつきこそありましたが、おおよその平均文字数は4,000~5,000におさまっていることがわかります。キーワードによって、もともと専門的な内容を扱っていないものに関しては、文字数が少なくなる傾向にあるようです。また、アフィリエイトブログなど、特定のテーマによっても文字数の変動がありました。

ただ、ほとんどの上位表示記事は4,000~5,000程度で書かれた記事が多く、文字数がSEOに少なからず影響していることがわかります。

文字数が増えることでユニーク単語数が増えSEOに効果アリ

文字数とSEOの関係性を探るうえで、もう一つ欠かせない要素があります。それが、上の表にも記載した「ユニーク単語数」です。

ユニーク単語数は、重複した単語も「1つ」としてカウントし、その合計数を表す数字です。たとえば、1記事に「検索」という単語が30個入っていたとしても、それは「1つ」としてカウントされます。つまり、ユニーク単語数は、その記事に含まれている「有効な単語の種類の多さ」を表すと言えるでしょう。

記事の中で文字数が増えるということは、それだけユニーク単語数も増加します。上の表でも、文字数が多いほどユニーク単語数の数値も高まっていました。

そして、ユニーク単語数が増えることで「有効な単語の種類」も幅広くなります。単語の種類が増えることで、それが「共起語」に繋がったり、ひいては「関連語」に結び付くこともあるのです。

共起語とは、その記事のメインキーワードから連想される言葉のことで、関連語はそのキーワードで検索したときに予測変換で表れる語句を指します。実は、SEO対策では、タイトルや見出しタイトル、本文中に共起語や関連語がたくさん含まれているほど、その記事の検索順位が上がりやすいという傾向があります。

つまり、文字数の増加は単にSEO対策に効果的なだけではなく、共起語や関連語を増やして検索順位をさらに高めることに役立つと言えるでしょう。

SEOに文字数は重要だが…読者目線のSEOこそ最重要

SEOに文字数は重要だが...読者目線のSEOこそ最重要

SEOには文字数を増やすことが効果的ということが分かりました。しかし、SEOを考えるうえで、文字数よりもさらに重要なことがあります。

それが「読者」です。

ネット上にアップされた記事を読むのは、もちろん読者。しかし、SEOにおける文字数を重要視するあまり、読者にとって読みにくい記事になってしまっては本末転倒です。

たとえば、文字数を増やすために無駄な単語や言葉を増やしたり、共起語や関連語を増やすために文章が不自然になってしまっては、読者の利便性(読みやすさ)を損ねてしまいます。

先ほどお伝えしたGoogleのSEOガイドラインにも紹介されていますが、「文章の不自然さ」はSEOにマイナス要素となり、「質の低いコンテンツ」とみなされてしまいます。つまり、読者の利便性を損なう記事は低品質なコンテンツということで、たとえ文字数が4,000~5,000であろうと検索順位はいっこうに上がりません。

Googleは検索エンジンに貼る広告によってほとんどの収益をあげています。仮に、質の低いコンテンツばかりになると、Googleを利用するユーザー数が減り広告収益が落ちてしまうのです。そのため、Googleは何よりもユーザー(読者)の利便性と、彼らに価値をもたらすコンテンツを重視(順位上げ)しています。

同じくSEOガイドラインにて紹介されていますが、「記事の文章は自然に書くことがSEOで最重要」ということは、Webサイト運営者がもっとも意識しておくべき指標となるでしょう。もう少し簡単にいえば、SEOはあまり意識することなく、読者のために自然な文章で、価値の高い情報を提供しましょう、ということです。

まとめ

まとめ

SEOと文字数には密接な関係がありました。上位サイトのほとんどが4,000~5,000文字をベースに記事を提供しているということで、できるだけSEOで理想的な文字数を意識したいところです。また、今回お伝えしたように、SEOを理解するためには、やはりGoogle検索アルゴリズムを参考にすることが最適と言えるでしょう。

一方で、過剰なSEO対策をとりすぎると、それが今度は読者の利便性を損ねてしまいます。SEOはほどほどに、なるべくコンテンツの質を重視した対策を講じていくことが重要です。

コンテンツの質を高めるためには、「コンテンツマーケティング」の基本を押さえることをおすすめします。よって次の段階では、いかにして読者を意識したSEO対策をとるか、同時にコンテンツの質を高めるかを学んでいきましょう。

それでは、最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

SEOツールで、
オウンドメディアの成長を
自動化
当社では、自社開発したSEOツールで、
企業様のWEBマーケティングを
支援しております。
経営陣が10年以上蓄積した
ノウハウが詰まったツールで、
オウンドメディアの成長を
自動化させませんか?
EmmaTools™logo

日本発、世界基準の
SEOマーケティング
ツール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Pocket

No Comments

Post a Comment