インハウスSEOとは?メリット・デメリットと業務内容を紹介【完全版】

Pocket

インハウスSEOとは?メリット・デメリットと業務内容を紹介【完全版】

「SEOをして自社WEBサイトで集客をしていきたいが、予算不足。そのため、インハウスSEOを実施することを考えている。」

当ページをご覧の皆さんもこのようにお考えではないでしょうか。

インハウスSEOとは、企業が専門業者などにアウトソースすることなく、自社内でWEBサイトのSEO対策を行うこと。

コストを掛けずに行えるというメリットがあると同時に、インハウスSEOにはデメリットも存在します。

今回は、インハウスSEOのメリット・デメリットを解説し、実際にインハウスSEOを行うにあたって発生する業務内容を紹介致します。

インハウスSEOを行って、WEB集客を成功させたいと考えている方は必見ですよ!

インハウスSEOを実践する3つのメリット

インハウスSEOを実践する3つのメリット

インハウスSEOを行うことによって得られるメリットとしては、次の3つが挙げられます。

  • コストの削減ができる
  • 自社の社員だからこそできる効果的なSEO対策を行える
  • 社内にSEO対策のノウハウを蓄積できる

それぞれのメリットについて、以下に解説します。

(1)コストの削減ができる

インハウスSEOを行うことによって得られる最大のメリットは、コストを削減できることです。

アウトソースすれば数万円から数100万円は掛かる費用を削減することができます。

(2)自社の社員だからこそ効果的なSEO対策を行える

自社の社員だからこそ効果的なSEO対策を行える

外部にSEO対策を委託したとして、こちらの期待に応えてくれるような対策を行ってもらえるとは限りません。

むしろ、自社の社員だからこそ痒い所に手が届くようなSEO対策を行える場合も多くあります。

インハウスSEOを行えば、会社の魅力を隈なく伝えることができるため、より高い集客効果を期待することができるのです。

(3)社内にSEO対策のノウハウを蓄積できる

インハウスSEOを行えば、社内にSEO対策のノウハウを蓄積することができます。

SEO対策のノウハウを蓄積すれば、SEO対策ができる人材を多数育成していくことができるようになり、自社サイトのSEO対策をより強固なものにしていくことも可能です。

長期的な視点を持ってSEO対策を行いたいのであれば、インハウスSEOに取り組むことをおすすめします。

ここでは、インハウスSEOのメリットを3つ紹介しましたが、インハウスSEOはおメリットばかりではありません。

続いては、インハウスSEOを行う際のデメリットもご紹介致します。

インハウスSEOのデメリット

インハウスSEOのデメリット

様々なメリットがある一方で、インハウスSEOを行うことのデメリットは、次の3つが挙げられます。

  • 人材確保が難しい
  • 周囲の人々の理解を得ることが難しい
  • 業務量に対応できず、成果が出ないことがある

それぞれのデメリットについて、以下に解説します。

(1)人材確保が難しい

インハウスSEOを行おうと考えたときに、まず課題として挙げられるのが人材の確保です。

社内に文章を書くことが得意だったりSEOについていくらかの知識があったりする人がいれば良いですが、そのような人はなかなかいないのが現状ではないでしょうか。

新しく人を雇うのも、他の部署から人を引き抜くのも、育てる手間やコストが掛かってしまいます。

(2)周囲の人々の理解を得ることが難しい

周囲の人々の理解を得ることが難しい

インハウスSEOを行おうと考えても、社長や上司などがWEBサイトのSEO対策を行うことの有用性を理解していなければ、そもそもインハウスSEOを行うこと自体が難しくなってしまうでしょう。

また、インハウスSEOを行うには他部署との連携も大切になってくるため、他部署に理解を求める必要あります。
これらの問題を克服するには、相当の努力が必要です。

(3)業務量に対応できず、成果が出ないことがある

小さな会社であればあるほど、インハウスSEOを行うために発生する業務量は莫大なものになります。

結果、思っていたようなSEO対策ができず、中途半端な成果しか出ないといったことが発生するでしょう。

そのため、外部にSEO対策を委託した方が賢明である場合もあります。

どうしてもインハウスSEOを行いたいというのであれば、計画を立て、業務量を調整しましょう。

インハウスSEOを行うにあたって発生する仕事の全体像(業務内容)

インハウスSEOを行うにあたって発生する仕事の全体像(業務内容)

インハウスSEOを行う場合、最低限以下のことを行う必要があります。

  1. ターゲットとなる顧客像の設定
  2. コンテンツ企画
  3. 記事ライターの選定
  4. SEO分析ツールを使っての競合調査
  5. キーワード設計
  6. タイトルやディスクリプションのSEOキーワード対策
  7. Webサイトのデザインの設計・操作性の改善
  8. サイト内の対策キーワードの比率を高める内部最適化を行う
  9. h1タグ(大見出し)の対策
  10. 評判の良いサイトからの被リンクを獲得する外部対策を行う
  11. 内部リンクの増設やサイトマップの作成などの内部対策を行う
  12. 記事校正・リライト
  13. コンテンツの実装
  14. ソーシャルメディアの運用
  15. 順位動向の調査
  16. アクセス解析
  17. コンバージョン(Webサイトにおける最終的な成果)の分析
  18. コンテンツ・キーワードの精査
  19. 上記業務の改善

インハウスSEOを行うには、これほどのことをこなさなければなりません。

SEO対策の経験やインハウスSEOに割ける人材が多いのであれば対応可能ですが、未経験で人材も少ない状態なのであれば、1からインハウスSEOを始めるのは大変です。

特に、人材を確保できない場合、SEO対策についてはアウトソースする方が現実的かもしれません。

続いて、SEO対策をアウトソースした際に掛かる費用を紹介します。

ご参考の上、インハウスSEOを行うべきか、アウトソースすべきかを再考してみてはいかがでしょうか。

アウトソースした際の費用

アウトソースした際の費用

SEO対策に掛かる費用をできる限り抑えたいと考えてインハウスSEOに乗り出そうと考える会社は多いです。

しかし、実際にインハウスSEOを始めてみたところ、人的リソースと時間だけ掛かって成果が出なかったケースは少なくありません。

実は、インハウスSEOを実施するよりもアウトソースした方が費用対効果に優れているケースもあります。

ここでは、SEOをアウトソースした際の費用を紹介しますので、インハウスSEOのメリット・デメリットと比較して、本当にインハウスSEOを進めていくのかを決める参考にしていただければ幸いです。

内容 費用相場
成功報酬型 月額1万5千円~数10万円
外部SEO被リンク対策 3万円~15万円
コンテンツSEO
(取材ライティング型)
1記事1万円~10万円
SEOコンサルティング
(中小企業向け)
月額10万円~30万円
SEOコンサルティング
(大企業・大規模サイト向け)
500万円~1000万円
コンテンツSEO
(記事量産型)
1記事1千円~3万円
内部SEO対策 10万円~100万円
SEOサイト設計
コンサルティング
数100万円
コンテンツSEO
(ソーシャルメディアでの拡散型)
数100万円

SEO対策を請け負う業者には月額定額の料金設定をしていることが多く、インハウスSインハウスSEOを行う場合に掛かるコストを試算しEOを行うよりも低コストで効果的なSEO対策を行うことができる場合があります。

また、クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサイトを活用してライターを集めれば、1記事数百円など、より低いコストでコンテンツを充実させることも可能です。

インハウスSEOを行う場合に掛かるコストを試算し、アウトソースする場合に掛かる費用と比較して、より費用対効果が高い方を選びましょう。

まとめ:インハウスSEOをツールで支援致します

ここまで、インハウスSEOに関して解説してきましたが、いかがでしたか?

アウトソースをするための予算がないため、インハウスSEOを行おうと考えるマーケターも多いでしょう。

インハウスSEOを行うことは様々なメリットがある一方で、業務量が凄まじく、人的リソースと時間は掛けたけど、成果が出ないことも考えられます。

アウトソースした際のコストと比較して、費用対効果が高い方を選ぶようにしましょう。

また、当社ではインハウスSEOを支援するためのSEOツール、EmmaTools™を開発・販売しております。上記の内容を踏まえて、「インハウスSEOに取り組みたい!」とお考えなのであれば、是非御社の支援させていただければと思います。

↓↓ツールでSEOのインハウス化を支援します!↓↓


※リンク先ではツールのロゴが異なりますが、同じ商品です※

EmmaTools™logo

上位表示に必要な要素が全て揃った
SEOマーケティングツール

Pocket

No Comments

Post a Comment