グロースハッカーに必要な7つのスキルを徹底解説【2019年最新版】

グロースハッカーに必要なスキル
Pocket

グロースハッカーに必要な7つのスキルを徹底解説【2019年最新版】

グロースハッカーは、IT企業の本場シリコンバレーで最も市場価値が高いと言われている職種の1つです。DropboxやAirbnbを始めとする数々の有名なグロースハック事例を見て、

「グロースハッカーに挑戦、転職してみたい」
「どんなスキルがあればグロースハッカーになれるのだろう」

このように思われた方も多いのではないでしょうか。

そこで当ページでは、グロースハッカーの第一人者として知られるショーン・エリスが立ち上げた”growthhackers.com”で紹介されているグロースハッカーに必要な7つのスキルをご紹介致します。

紹介しているのは、『コンテンツマーケティングやSEOのスキル』『ITの知見』と言ったような抽象的な概念ではなく、グロースハッカーとしてビジネスの成長をドライブするのに必要な専門スキルです。

どのようにスキル習得をすれば良いかも説明していますので、グロースハッカーに興味のある方は、ぜひ最後まで見ていってください。

*参考記事:https://buckfiftymba.com/7-technical-skills-growth-marketing/?utm_campaign=Submission&utm_medium=Community&utm_source
=GrowthHackers.com

グロースハッカーにとって最重要:統計学の知識

グロースハッカーにとって最重要なスキルは、統計学の知識です。統計学の基礎知識があることで、グロースハックには欠かせないデータ・ドリブンのアプローチが取れるようになります。

例えば、統計学の知識はABテスト(詳しくは後述)やデータを分析する際に役に立ちます。相関関係や有意性があるデータかどうかを判断できるようになり、グロースハックに必要な意思決定をすることができるようになります。

また、回帰分析の知識があれば成長のパターンを予測することも可能です。

グロースハッカーがデータ・ドリブンでマーケティングを行うことはご存知かと思いますが、データ・ドリブンのアプローチを可能にするのが統計学の知識。グロースハッカーになりたいとお思いであれば、必ず身につけましょう。

統計学を学ぶには、本やWEB、またはUdemyなどのオンラインコースを受講したりすると良いでしょう。

【学習参考サイト】

【学習書籍】

プログラミングスキル
【Ruby on Rails/PHP/Python】

プログラミングスキルがあると、ABテストの実装をする際に役に立ちますし、エンジニアチームとのコミュニケーションを円滑にすることができます。プログラミングスキルは常に小さな改善が求められるグロースハックを行うためには欠かせないスキルです。

ただ、プログラミングと言っても、1人でアプリを作ったり、Facebookのようなサービスを開発できるたりするレベルになる必要は全くありません。コードが読める、またはコードに少し修正を加えられるレベルで十分です。

でも、プログラミングってどの言語を勉強すれば良いの?とお思いかも知れません。

記事によると、HTML/CSSは最低限必要だとした上で、以下3つのプログラミング言語も知っておくと良いと言います。

  • Ruby on Rails
  • PHP
  • Python

プログラミングは、スクール(TechAcademyTECH::CAMPなど)で学ぶか、WEB上やアプリでも習得可能です。

W3Schools(英語版、自動翻訳で日本語に変更可能)
Progate -楽しく学べるプログラミング学習アプリ

EXCELによるデータ解析

グロースハッカーにとってはエクセルのスキルも非常に役立ちます。例えば、ピボットテーブルなどがその典型的な例です。

ピボットテーブルとは、大量のデータを集計し、分析できるツール。集計したデータから意外な相関関係など、グロースハックに必要な新たなインサイトを得ることが可能です。

また、現在のマーケティングにおいては、ビッグデータ活用することが1つの潮流。ピボットテーブルを扱えることで、ビッグデータから意味のあるデータを見つけ出すことが可能になります。

また、ピボットテーブルの他にも、関数や、作業を自動化してくれるマクロも覚えておくべき筆頭のスキルだと言われています。

EXCELスキルはマイクロソフト社が提供するサイトや本で体系的に学ぶのが良いでしょう。

GoogleAnalyticsなどの分析ツールを使いこなす能力

グロースハッカーは分析ツールから、どこに成長のポテンシャルがあり、時間とリソースを分配すれば良いのかを知っている必要があります。

ビジネスが成長しない事例に多いのは、すべての改善を行おうとして、その結果、効果的な改善ができないというケースです。

限られたリソースで最大限の成長をもたらすには、1点に集中してグロースハックしていかなくてはなりません。集中すべき改善点の洗い出しに利用できるのが、GoogleAnalyticsを始めとする分析ツールの活用です。

GoogleAnalyticsのような分析ツールが優れているのは、デバイス、国、流入元、デモグラフィックなどでユーザーをセグメント分けできること。つ
まり、成長のポテンシャルがあるセグメントに集中して改善を行えます。

そうすることで、最小限のリソースやコストで、最大限の成長をもたらすことができるのです。まさに、グロースハッカーに必要なスキルと言えるでしょう。

GoogleAnalyticsのスキルはGoogleが公式に提供している無料のオンラインコースで学習できます。

SQLのスキル

先程のGoogleAnalyticsを始めとする分析ツールは非常に優秀なツールですが、グロースハックを行うには、分析ツールのデータだけでは足りないときもあります。

それらの分析ツールでは取得できないような、更に詳細なデータを使った分析が必要にった際に、データベースから直接データ取得できるのがSQLというデータベース言語(問い合わせ言語)です。

例えば、Facebookのプロフィール設定を変更した頻度や、ニュースフィードの閲覧時間といったデータはGoogleAnalyticsでは測れません。

しかし、このようなデータを取得することで今まで見えていなかった相関関係が見つかったりと、グロースハックの手がかりとなることもあります。

グロースハッカーとして、SQLは持っておきたいスキルの1つです。

SQLを習得するには、WEBサイトや本を活用すると良いでしょう。

ABテストを実行する能力

WEBマーケティングのCRO(コンバージョン率改善)手法でおなじみのABテストですが、グロースハッカーにも求められるスキルとして挙げられています。

ABテストを用いたグロースハックの有名事例としては、2008年のアメリカ大統領選においてオバマ陣営が資金調達した例です。

アメリカ大統領選では、支持者を増やし、献金をしてもらうことが非常に重要。2008年の大統領選では、オバマ陣営が大量のグロースハッカーを雇い、キャンペーンページのABテストに取り組んでいました。こちらが改善前のランディングページです。

ABtest-Obama

オバマ陣営はその後、仮説を立てて、CTAボタンやメディア(画像)でいくつものパターンを用意して、ABテストを行い、改善を重ねました。その結果、CVRが40%も向上し、60億ドル分以上の改善効果があったとされています。

 

最終的に行き着いたオバマ陣営のランディングページがこちらです。

improved page -obama

上記のオバマ陣営が大統領選で行ったように、ABテストという、ほとんどお金を掛けない手法でもグロースハックを行うことが可能です。

そのため、グロースハッカーにとって最小限のコストで最大限の成果を求めるABテストは必須のスキルと言えます。

ABテストのスキルや知識を学ぶには、成功事例に触れるのが良いでしょう。事例はこちらのページでまとめておりますので、ぜひご参考にしてみてください。

WEBスクレイピング:ツール導入で対応可能

WEBスクレイピングとは、WEBサイトから必要な情報を取得し、その情報に修正や加工を加えてして新たな情報にすることです。単にスクレイピングとも呼ばれます。

WEBスクレイピングを利用すると、自社にはない外部データを利用したり、自社サイトの検索順位を自動で取得したりすることが可能です。

また、WEBスクレイピングには、以下のようなメリットが存在します。

  • データを自動で取得できるため、業務の効率化につながる
  • APIでは手に入らない情報を入手できる
  • インターネット上にある大量のデータを活用できる

上記のようなメリットから、グロースハッカーとしては持っておきたいスキルの1つとされています。

また、高度なプログラミングのスキルが無くとも、ツールを導入することで、WEBスクレイピングは実施可能です。

以下、導入できるWEBスクレイピングツールをご紹介致します。

まとめ:グロースハッカーにはデータを使いこなせるスキルが必要不可欠

グロースハッカーになるためには、ITなどの資格が必要な訳ではありません。

ただ、グロースハッカーにはデータ・ドリブンの意思決定が欠かせないため、データ取得やそのデータに意味付けをし、インサイトを見つけ出す統計学といったスキルが必要不可欠です。

もし、グロースハッカーへの転職を希望していたりするのであれば、徐々にでもこれらのスキルを習得していきましょう。

また、当社EXIDEAはグロースハックを事業の柱としているマーケティングファームです。未経験から、一流のグロースハッカーになれる環境がEXIDEAにはあります。もちろん、グロースハッカーに転職をしたい方も大歓迎です。

また、当社EXIDEAでは、グロースハックミートアップを開催しております。

「グロースハッカーってどんな人?」
「グロースハックって具体的にどんなことをするの?」

このようにお思いであれば、ぜひ一度、当社に遊びにきませんか? カジュアルにお話ができれば幸いです。

ミートアップの詳細を見る

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました。EXIDEA JOURNAL編集部の吉高がお送り致しました。

EmmaTools™logo

上位表示に必要な要素が全て揃った
SEOマーケティングツール

Pocket

No Comments

Post a Comment