日本国内のコンテンツマーケティング成功事例7選【2019年最新】

Pocket

日本国内のコンテンツマーケティング成功事例7選【2019年最新】

近年、ますます注目を集めるコンテンツマーケティング。

貴社でも導入を検討されている、もしくは、既に導入されていて、更に成果を伸ばしていく方法を模索されているのではないでしょうか。

そこで当ページでは、国内における、コンテンツマーケティングの成功事例をBtoB、BtoCに分けて、7つ厳選してご紹介。

また、様々な業界のコンテンツマーケティングを網羅的に考察しておりますので、一読いただければ、貴社で行う施策がよりイメージしやすくなるかと思います。

それでは、日本国内の成功事例を一気に見ていきましょう。

BtoC

北欧、暮らしの道具店(EC)

北欧、暮らしの道具店(EC)引用元:北欧、暮らしの道具店
多くのサイトにてコンテンツマーケティングの成功事例として取り上げられるのが、『北欧、暮らしの道具店』。ECサイトによるコンテンツマーケティングの成功事例において、パイオニア的存在です。

サイトを運営しているのは、株式会社クラシコム。『カートボタンがついた雑誌』がコンセプトで、月間1600万PV(2018年時点)を誇るほど、大人気のサイトです。

『北欧、暮らしの道具店』の特筆すべき所は、あくまで生活スタイルの提案をするという軸からぶれないこと。その証拠に、商品ページ以外には、商品の情報が一切載っておりません。そのため、ユーザーは純粋にコンテンツだけを楽しむことができるのです。

結果として、記事を楽しんだユーザーは、継続的にサイトを訪れ、ファンと化します。そして、欲しいなと思う商品があった際には、他のサイトではなく、『北欧、暮らしの道具店』から購入するようになるのです。

このように、ユーザーと長期的な関係を築くことに成功している『北欧、暮らしの道具店』はコンテンツマーケティングのお手本と言える事例でしょう。

Suumo タウン(不動産)

Suumo タウン(不動産)引用元:Suumo タウン
SUUMOタウンとは、リクルートが運営する不動産サイト『Suumo』のオウンドメディア。人と街のミスマッチをなくしたいという思いで運営されており、エモいオウンドメディアとして人気です。

そんなSUUMOタウンの特徴は、その街のリアルな雰囲気を届けられており、純粋に読み物として面白いところ。その街に住み、その街を愛している方が書いているからこそ、コンテンツに深みが生まれます。その独特な雰囲気が好きだというユーザーも多く、コンテンツマーケティングにおいて重要な存在であるファンの獲得に成功していることが伺えるでしょう。

また、コンテンツとして面白いのもあり、バイラル性も抜群。そのため、検索エンジンからの流入が大半を占めるなか、ソーシャルでも2割と存在感を放っています。

ユーザーが読みたいと思うコンテンツを発信する。ユーザーがファンになる。そしていざ家を借りる・買う時はSUUMOが浮かんでもらうようにする。この一連の流れができているSUUMOタウンは間違いなくコンテンツマーケティングの成功事例との一つでしょう。実際に、NTTコムリサーチの調べによると、不動産サイトでの人気No.1はSUUMOとなっています。

ライフネット生命(保険)

ライフネット生命(保険)引用元:ライフネット生命

インターネットで売るのが難しいと言われている保険業界での成功事例として、ライフネット生命を紹介いたします。

ネット保険最大手であるライフネット生命のライフネットジャーナルは開始から6ヶ月累計47万PVを達成しました。ただ、その中身は保険のことよりも人生やお金、仕事など一見関係ないようなテーマが並びます。なぜなのでしょうか。

生命保険は、結婚や出産などライフステージの変化を機に購入するもの。日常で生命保険のことを考える人は少ないのが実情です。そこで、ライフネットジャーナルでは、潜在層の人に読んでもらい、認知を促し、接点を増やすことで、いざ生命保険が必要になった際に、ライフネットを思い出してもらうのを目標としているのです。

そのため、ライフネットジャーナルはSEOにおいても、保険関連のキーワードではほとんどが圏外。一方で、ライフネット生命本体のページでは、保険関連のキーワードで上位表示しています。

これはつまり、保険業界がリーチしにくい認知などにあたるカスタマージャーニーの上流にアプローチし潜在層にファンになってもらい、長期的な関係を築く。そして、いざユーザーが保険関連のキーワードで検索してきたときには、ライフネット生命本体ページで受け皿になり、顧客獲得をする。と、まさにコンテンツマーケティングの本質を捉えた成功事例なのです。

はじめてのチュ~診断(銀行)

最後のB to Cは動画マーケティングの成功事例を紹介します。

ジャパンネット銀行は、2000年9月に日本で初めてネット銀行を始めた企業。まだあまり馴染みのないネット銀行という新しいカタチを、如何に若年層に認知してもらうかが課題でした。

そこで、ジャパンネット銀行は、若者の”はじめて”を応援するメッセージを込めた「はじめてのチュ~診断」をYouTubeで配信します。

この動画では、誰もが不安でドキドキするファーストキスを誕生月ごとに診断。

「日本で“はじめて”のネット銀行だからこそ、若い人たちの“はじめて”に寄り添う銀行でありたい」をコンセプトにしたこの動画は、公開直後からSNSで話題となり、1ヶ月足らずで100万回再生を突破。2019年現在、400万回再生を超える大ヒット動画となりました。

B to B

経営ハッカー(freee)

経営ハッカー(freee)引用元:経営ハッカー
経営ハッカーは『クラウド会計ソフト freee』を提供するfreee株式会社のオウンドメディア。2019年現在で、月間400万PVを誇ります。

経営ハッカーの特徴は、『経営×テクノロジー』最先端を切り開くメディアとあるように会計のこと以外のインタビューやコラムコンテンツが充実していることです。

経営ハッカーの記事はそれぞれ非常にクオリティーが高く、読んでいるとケーススタディーをしているような感覚に。そのジャンルは、後継者不足の問題や、会社の上手なたたみ方、法人クレジットカードの活用方法など多岐にわたり、様々な角度から経営について考えさせてくれます。

このように、経営やビジネスに関する情報を発信し続けることで、ビジネスに関心のある人にファンになってもらう。そして、経営やビジネスとは切っても切り離せない関係にある会計の問題に直面した際に、Freeeを思い出してもらい顧客獲得に繋げる。

顧客と長期的な関係を築くことに成功している経営ハッカーは、BtoBにおける成功事例の一つです。

サイボウズ式

サイボウズ式引用元:サイボウズ式
サイボウズ式は、グループウェアを提供するサイボウズのオウンドメディア。グループウェア市場が成熟してきたため、従来の営業方法ではなく、プル型のコンテンツマーケティングを始めました。

サイボウズ式では、新しい価値を生み出すチームのメディアをコンセプトに、サイボウズのサービスに関わる働き方やチームワークをテーマにした記事を発信しています。

その特徴は、テーマやKPIを設けず、柔軟に幅広くチームワークや働き方のコンテンツを創っていること。『大事な商談の日なのに、保育園に預けられない─両親の代わりに営業チームで子守をした話』というコンテンツが特に有名です。

この中では、どうしても保育園に預けられず、かつ仕事も抜けられない状況で、代わりに同僚に子どもを見てもらったというエピソードが2つ出てきます。そこからはサイボウズがチームワークを非常に重視し、実践、体現していること。働き方の多様性が実現されていることが伺えます。

他にも、長時間労働や働き方改革、これからの家族のあり方といったテーマのコンテンツも多数。どれも読み物としておもしろく、また読みたい!と思わせてくれるものばかりです。

このように、サイボウズ式は独自のコンテンツを高いクオリティーで配信することで、サイボウズのファンを作り出し、長期的な顧客を生み出しているのです。

採用編

コンテンツマーケティングはBtoB,BtoC以外にも採用面で効果を発揮します。ここでは動画マーケティングを実施した、パソナキャリアの事例を見ていきましょう。

就活をする上で避けては通れない面接。こちらの動画では、採用のプロ集団であるパソナキャリアの社長が自ら新卒面接に挑んでいます。そして、面接官を務めるのは、パソナキャリアの社員。普段は逆の関係である両者のやり取りが微笑ましいと同時に、社長自らが実践する面接アドバイスも動画内に含まれており、役に立つ内容になっております。

この動画はコンテンツとして面白いのはもちろんのことですが、社長の発する言葉から事業に掛ける思いや、面接官と社長とのやり取りに見える会社の雰囲気を知ることが可能。

そうすることで、会社のホームページ上だけでは伝わらない、会社のリアルを見せることができ、自然とどういった会社なのかが就活生に伝わる、非常に効果的な動画によるコンテンツマーケティングとなったのです。

まとめ

当ページではBtoC、BtoBに加えて採用におけるコンテンツマーケティングの事例を紹介してきました。

様々な業界のオウンドメディアから動画までを紹介。貴社が参考にしてみたい事例は見つかりましたでしょうか。

それでは、最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。EXIDEA JOURNAL編集部の吉高がお送りしました。

SEOツールで、
オウンドメディアの成長を
自動化
当社では、自社開発したSEOツールで、
企業様のWEBマーケティングを
支援しております。
経営陣が10年以上蓄積した
ノウハウが詰まったツールで、
オウンドメディアの成長を
自動化させませんか?
EmmaTools™logo

日本発、世界基準の
SEOマーケティング
ツール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Pocket

No Comments

Post a Comment