CodeCamp(コードキャンプ)の評判・口コミや料金を徹底解説

CodeCamp(コードキャンプ)の評判や料金
Pocket

CodeCamp(コードキャンプ)の評判・口コミや料金を徹底解説

累計受講者数3万人以上と実績豊富で人気のプログラミングスクール・CodeCamp(コードキャンプ)は、オンライン完結で学べるため仕事や学業をしながらでも受講できると口コミで評判のスクール。特に初心者・未経験者向けにも丁寧にわかりやすく教えてくれる現役エンジニア講師のマンツーマンレッスンの評価が高い点が特徴です。

また通学が必要なプログラミングスクールと比較して受講料金が安い上、通学に必要な時間や費用もかからず、CodeCampは初めてプログラミングを学ぶ方におすすめのスクールと口コミで評判です。

このページでは、CodeCamp(コードキャンプ)の評判・口コミとともに利用メリットや各コースの2021年最新料金・特徴、注意点などを他のプログラミングスクールと比較しつつ紹介、CodeCampの受講を検討中の方向けに役立つ情報を紹介します!

プログラミングスクール・CodeCamp(コードキャンプ)の評判・口コミ

CodeCamp(コードキャンプ)のロゴ累計受講者数3万人以上、研修に導入する企業が300社以上など実績が豊富なプログラミングスクール・CodeCamp(コードキャンプ)は、受講生・卒業生の口コミでも良い評判が多い点が特徴です。最初に、CodeCampの評判や口コミからプログラミングスクールとしての利用メリットやおすすめ理由を紹介します。

運営会社・コードキャンプ株式会社について

CodeCamp(コードキャンプ)の運営会社・コードキャンプ株式会社は、オンラインプログラミングスクール以外にもエンジニア養成プログラム・CodeCampGate(コードキャンプゲート)や子供向けのプログラミング教育サービス・CodeCampKIDS(コードキャンプキッズ)も提供。大手企業での研修導入実績も豊富で、信頼度の高い運営会社です。

会社名 コードキャンプ株式会社
所在地 東京都品川区大崎2丁目1-1ThinkPark Tower
事業内容 プログラミング教育支援/エンジニア育成/就職・起業支援 など

比較的安い料金でプログラミングを学べるオンラインスクールとして良い評判

CodeCamp(コードキャンプ)が評判の良いオンラインプログラミングスクールである理由の1つが料金で、最短受講期間2ヶ月で料金は約18万円。コースは各種プログラミング言語からWEBデザインまで幅広く、他のオンラインスクールと比較して安い料金で受講できる点がCodeCampの魅力です。

またCodeCampのプログラミング学習はオンライン完結で、オリジナルのカリキュラムや現役エンジニア講師とのマンツーマンレッスン、無料の就職・転職サポート料金に含まれます。パソコンとインターネット環境があれば、隙間時間も使っていつでもプログラミングの勉強ができる点もCodeCampが口コミで評判の良い理由です。

現役ITエンジニアの講師とマンツーマンレッスンで学べる点が口コミでも評判

他のプログラミングスクールでは大学生やスクール卒業生がメンターの場合もあるのと比較して、CodeCamp(コードキャンプ)の特徴は講師全員が現役のITエンジニア。未経験者でも現役エンジニアとのマンツーマンレッスンで実践的なアプリ開発スキルや、実際の仕事で必要な知識を学べる点が口コミでも評判です。

独学のプログラミング学習と比較しても、カリキュラムに沿ってエンジニア講師が丁寧にプログラミングの考え方や効率的なコーディング方法などを教えるため、学習効率が高い点もCodeCampの人気理由です。

自分で講師を指名、レッスンを受講可能なサービスも良い評判

他のプログラミングスクールで講師やメンターとマンツーマンで学習できる場合も、自分で講師やメンターを選べず、スクールが指定する場合がほとんど。比較してCodeCampの場合は、自分の希望時間帯に空いている講師の中から自分で指名してレッスンを受講可能な点が特徴で、自分が気に入った講師を見つけて、その講師のレッスンを常に受けられるサービスが口コミでも良い評判です。

全員現役エンジニアとは言え、講師と自分の相性もあるため、最初はさまざまな講師のレッスンを受講、お気に入りの講師を見つけることがCodeCampでの学習を成功させるポイントです。

CodeCampの講師は教え方が丁寧と満足度評価が高い点もおすすめ理由

CodeCamp受講生の口コミを確認すると、現役エンジニア講師の教え方がわかりやすく丁寧と良い評判。CodeCampの講師は通過率10%の厳しい採用試験を通過しており、技術力に加えて教育力も高い点が未経験者や初心者からも評判の良い理由で、実際に受講生のレッスン満足度が96.6%と高い点もCodeCampの特徴で、おすすめ理由です。

まずは無料体験レッスンがおすすめ!CodeCamp(コードキャンプ)公式サイトへ

レッスン可能時間帯が長いため、働きながらでも勉強しやすいと評判

CodeCamp(コードキャンプ)では現役エンジニア講師とのレッスン可能時間帯が毎日7:00~23:40まで(年中無休)と長い点もおすすめで、平日昼間は仕事で忙しい社会人や子育て中の主婦でも早朝や深夜の時間帯にレッスンを受講してプログラミングを学習でき、働きながら・子育てしながらでも勉強しやすいと口コミでも評判。

なおCodeCampのレッスンは40分間で、各受講生のカリキュラムの進捗に合わせて講師がマンツーマンで指導するほか、学習中の疑問について質問も可能。事前に質問をまとめてからレッスンの受講がおすすめです。

現役エンジニア講師からキャリアや転職、仕事内容についても教えてもらえる

さらにCodeCamp(コードキャンプ)の評判が良い点が、現役エンジニア講師とのマンツーマンレッスンではカリキュラム内容以外に、エンジニアとしてのキャリアの築き方や転職のポイント、実際の仕事内容なども講師から教えてもらえる点。

転職活動のコツを教わった」「エンジニアの仕事を具体的にイメージできた」など口コミでも良い評判で、現役エンジニアが講師ではないプログラミングスクールと比較して、CodeCampは特に将来エンジニアとして仕事をしたい方におすすめのスクールです。

レッスンの代わりに受けられるキャリアTalkが口コミで良い評判

CodeCampでは自分の希望の現役エンジニア講師を指名してレッスンを受けられる点が特徴ですが、カリキュラムの勉強の代わりに講師からエンジニアやデザイナーとしてのキャリア構築方法や実際の仕事内容について聞けるキャリアTalkも口コミで良い評判。1回のレッスンをキャリアTalkとして使うことでITエンジニアやWEBデザイナーの仕事を具体的に知れる点がメリットです。

エンジニア転職プログラム・CodeCampGate(コードキャンプゲート)も良い評判

CodeCampGate(コードキャンプゲート)

CodeCamp(コードキャンプ)受講生には、CodeCampが提携する転職エージェントのキャリアアドバイザーから無料で転職活動の支援サービスが提供されますが、本気で未経験からエンジニア転職を目指す方におすすめはCodeCampGate(コードキャンプゲート)の受講。CodeCampの通常コースと異なり、エンジニア転職を目的としたプログラムです。

他のプログラミングスクールの転職コースの場合、転職サポート対象の企業が東京・大阪の企業などに限られるのと比較して、CodeCampGateの場合は専属キャリアアドバイザーが日本全国どこの企業への転職活動もサポートする点が良い評判で、カリキュラムの受講も転職サポートもオンラインで完結するため、地方在住の方にもおすすめの転職プログラムです。

受講期間4ヶ月でエンジニアとして転職可能なレベルのスキルを習得できる点が特徴

CodeCampGateの受講期間は4ヶ月で、未経験からでもエンジニアとして転職可能なレベルのスキルを習得できる点が特徴。前半2ヶ月でWEBサービス開発の基礎スキルであるHTMLやCSS、プログラミング言語のPHPを学び、後半2ヶ月は専属のエンジニアメンターと1つのシステムを協同で開発するチーム開発を含むカリキュラムが口コミでも良い評判です。

またCodeCampの通常コースと比較して、現役エンジニア講師とのマンツーマンレッスンに加え、学習中にいつでも質問可能なチャットサポートも含まれ、スムーズに学習できる点もメリット。また現役エンジニア講師がメンターとして学習の進捗もサポートし、エンジニア転職に向けて確実にスキルを習得できる点も評判のポイントです。

未経験からエンジニア転職を目指す方、他のプログラミングスクールの転職コースと比較・検討したい方は、CodeCampGateの無料の受講相談で詳細の確認がおすすめ!プログラミングスクール受講後、どのようにエンジニアとして転職できるかが明確になりますよ。

CodeCampGate(コードキャンプゲート)の無料受講相談は公式WEBサイトへ

CodeCamp(コードキャンプ)が提供する各コースと2021年の最新料金

CodeCamp(コードキャンプ)のおすすめコースと最新料金

CodeCamp(コードキャンプ)ではプログラミング言語のPHPやJava、Rubyなどを学べる各種コースやWEBデザインを学べるコースを提供中で、2021年の最新料金では受講期間2ヶ月のプランで178,000円(税抜、入学金3万円含む)~。

他に受講期間4ヶ月、6ヶ月プランや、すべてのプログラミング言語を学び放題のプレミアムコース、現役エンジニア講師とのレッスンが受け放題のプレミアムプラスも提供中です。

2021年最新・CodeCamp(コードキャンプ)の料金表

各プログラミング言語を学べるCodeCamp(コードキャンプ)の通常コースと、学び放題のプレミアム・プレミアムプラスの2021年最新の受講料金は下記表の通りです。

CodeCamp・通常コースの受講料金
2ヶ月プラン 4ヶ月プラン 6ヶ月プラン
受講料金(入学金3万円含む) 178,000円 278,000円 328,000円
レッスン回数 20回 40回 60回
CodeCamp・プレミアムコース(学び放題)の受講料金
2ヶ月プラン 4ヶ月プラン 6ヶ月プラン
受講料金(入学金3万円含む) 278,000円 378,000円 398,000円
レッスン回数 20回 40回 60回
CodeCamp・プレミアムプラス(学び放題+レッスン無制限)の受講料金
2ヶ月プラン 4ヶ月プラン 6ヶ月プラン
受講料金(入学金3万円含む) 428,000円 528,000円 728,000円
レッスン回数 無制限 無制限 無制限

※エンジニア転職コース・CodeCampGateの受講料金は478,000円(4ヶ月、入学金含む)。

なお、1週間あたり学習時間の目安はどのコースも共通で、2ヶ月プランの場合は20~25時間、4ヶ月プランの場合は10~15時間、6ヶ月プランの場合は5~10時間です。

CodeCamp(コードキャンプ)の主なコースとカリキュラム内容

続いて、CodeCamp(コードキャンプ)で人気・おすすめの主な通常コースと、各コースで学べるカリキュラムの内容や習得可能なスキルを紹介します。CodeCampでは学びたいプログラミング言語や、WEBデザイン・スマホアプリ開発を学びたいかなどで、おすすめコースが違います。どのコースが良いかわからない場合は無料体験レッスンでの相談がおすすめです。

WEBマスターコース~人気のプログラミング言語PHPによるWEB開発

CodeCampのWEBマスターコースは、未経験からWEBサービスの開発を学びたい方におすすめのコースで、HTMLやCSSなどWEBサイト制作の基礎スキルのほか、人気のプログラミング言語PHPによる開発スキルを習得できます。受講期間中に、ECサイトや掲示板、ログイン機能や検索機能のあるWEBサイトの開発方法を学びます。

Rubyマスターコース~WEBアプリケーションの作成スキルを習得

CodeCampのRubyマスターコースは、日本のスタートアップ企業のWEBサービスで採用されることの多いプログラミング言語Rubyや、フレームワークのRuby on Railsを学べるコースで、WEBアプリケーションの作成スキルを習得できます。未経験者でもWEBサイト制作の基本であるHTMLやCSSも学べるため安心です。

Javaマスターコース~求人数の豊富なJavaのプログラミングスキルを習得

WEBサービスから金融機関のシステム開発まで幅広く利用されるプログラミング言語Javaは、エンジニアの求人件数が豊富で転職を目指す方におすすめのプログラミング言語。CodeCampのJavaマスターコースでは、WEBの仕組みやデータベースなどの知識、Javaによるシステム開発スキルなど、基礎から実践まで学びます。

WordPressコース~在宅で副業・フリーランスとして働きたい方にもおすすめ

多くのWEBサイトが導入するコンテンツ管理システム・WordPressを学べるCodeCampのコース。WordPressによるWEBサイトの構築やカスタマイズは、自分でホームページを作成したい方はもちろん、副業・フリーランスの仕事も多いため在宅で働きたい方にも習得がおすすめのスキルです。WordPressを学べるプログラミングスクールは少なく、現役エンジニア講師から学べるCodeCampのWordPressコースはおすすめと口コミでも評判です。

アプリマスターコース~未経験からスマホアプリ開発に挑戦したい方向け

未経験からスマホアプリの開発に挑戦したい方におすすめが、CodeCampのアプリマスターコースで、自作アプリの開発から公開方法まで学べるコースです。他のプログラミングスクールのスマホアプリ開発コースはiOSとAndroidでコースが分かれる場合もあるのと比較して、CodeCampの場合はiOSアプリに必要なSwift、Andoroidアプリに必要なJavaの両方のスキルを学べる点が特徴です。

デザインマスターコース~未経験からWEBサイトの制作方法を学ぶ

WEBデザインスキルを習得できるCodeCampのデザインマスターコースは、WEBデザイナーとして転職を目指す方や副業・フリーランスで仕事を得たい方におすすめのコース。PhotoshopやIllustratorなど画像制作・加工ツールの使用スキルから、HTML・CSS、JavaScriptを使ったWEBページの制作スキルまでWEBデザインについて幅広く学べるカリキュラム内容が口コミでも良い評判です。

まずは無料体験レッスンがおすすめ!CodeCamp(コードキャンプ)公式サイトへ

悪い評判・口コミは?CodeCamp(コードキャンプ)のデメリット

CodeCamp(コードキャンプ)の評判や口コミを確認すると良い内容が多い一方、やや気になる注意点やデメリットも。以下、CodeCampの悪い評判・口コミとして紹介します。

チャットの質問サポートがなく、些細な質問を解決しづらいとの口コミ

CodeCamp(コードキャンプ)では、オンラインの教材・カリキュラムを使って自分で学習するスタイルですが、学習中の疑問は現役エンジニア講師とのマンツーマンレッスンで質問して解決します。このため質問をレッスンまで覚えておく必要があり、チャットで随時質問可能な他のオンラインプログラミングスクールと比較した場合はデメリット(ただし、エンジニア転職向けのCodeCampGateの場合はチャットでの質問サポートに対応)。

一方、チャットの質問サポートがあっても、自分の疑問を文章にして説明するのは難しく、時間がかかる場合も。比較して口頭でお気に入りの講師に質問できる点はCodeCampのメリットとする口コミもあります。

CodeCampと比較してTechAcademyはチャット対応が特徴のオンラインスクール

例えば、CodeCampと同様のオンラインプログラミングスクールとして人気のTechAcademy(テックアカデミー)の場合、学習中に現役エンジニアのメンターにいつでもチャットで質問でき、メンターとのメンタリングの時間を待たなくても良い点が特徴。一方、CodeCampと比較してメンター・講師を選べない、メンタリング(レッスン)の時間が短い点がTechAcademyのデメリットで、自分が学習しやすいのがどちらかでスクールを選ぶ必要があります。

人気講師は予約できない場合も多く、受講が難しいとの口コミも

CodeCamp(コードキャンプ)で評判が良いのは自分で講師を指名できる点ですが、人気の現役エンジニア講師はすぐに予約が埋まり、なかなかレッスンを予約できない・受講が難しいとの口コミも。早めにレッスンを予約するか、複数のお気に入りの講師を見つけ、スムーズに受講するための工夫が必要です。

自分で学習時間を確保、教材や課題に取り組むことが必要

CodeCamp(コードキャンプ)は、いつでもオンラインでプログラミングを学習できる点がメリットの一方、自分で学習時間の確保が必要で、通学型のプログラミングスクールなどと比較して強制的に学習を進められない点はデメリット。現役エンジニア講師のサポートもあるものの、学習スケジュールから遅れないように自分で教材や課題に取り組むことが必要です。

受講の流れ

以上、人気のオンラインプログラミングスクール・CodeCamp(コードキャンプ)について、メリットやデメリット、おすすめ理由を、受講生の評判・口コミとともに紹介しました。最後に、CodeCampを受講する場合の流れを紹介します。

1. CodeCamp(コードキャンプ)公式WEBサイトで無料体験レッスン予約

CodeCamp(コードキャンプ)の受講を決めている方も、他のプログラミングスクールと比較中の方も、おすすめが無料体験レッスンの受講。自分に合うプログラミング言語について現役エンジニア講師に直接質問できたり、早くプログラミングスキルを習得する方法や、エンジニアとしての転職やフリーランスとしての独立についても質問でき、参加者の口コミでも良い評判です。

また無料体験レッスンを受講すると受講料金の割引クーポンももらえるため、すでにCodeCampの受講を決めている方も、無料体験レッスンの参加がおすすめ。

CodeCampの無料体験レッスンは公式WEBサイトから予約可能で、希望日時を選んでメールアドレスを登録するだけ。なお、無料体験レッスンの所要時間は通常レッスンと同様の40分で、オンラインのためPCとインターネット環境があればどこでも参加可能です。無料のため参加して損はないですよ!

CodeCamp(コードキャンプ)の無料体験レッスン予約は公式WEBサイトへ

2. 無料体験レッスンに参加

CodeCamp(コードキャンプ)の無料体験レッスンは、CodeCampの学習システムにログイン後、現役エンジニア講師とのビデオチャットで参加します。初めにプログラミングを学習したい理由などがヒアリングされた後、CodeCampのコース・学習内容を詳しく説明してもらえたり、プログラミング学習や受講するコースやプランについての質問や相談も可能です。

3. 申し込み・プログラミングの学習開始

無料体験レッスン参加後、受講料金の割引クーポンがメールで送付され、このクーポンを利用してのCodeCamp(コードキャンプ)申し込みがおすすめです。申し込み後、すぐにCodeCampでのプログラミング学習を開始できます。

以上、CodeCamp(コードキャンプ)の評判や口コミ、2021年最新の料金情報を紹介しました。評判も良く、人気のオンラインプログラミングスクールの1つであり、現役エンジニア講師からマンツーマンで学べる点が特徴で、特に初心者・未経験者の方におすすめのプログラミングスクールです。

他のプログラミングスクールと比較する上でも、まずはCodeCampの無料体験レッスンがおすすめで、エンジニア転職目的の方はCodeCampGate(コードキャンプゲート)の公式サイトの内容も確認しましょう!

【無料体験レッスンの予約・受講相談は各公式サイトから】
CodeCamp(コードキャンプ)公式WEBサイト
CodeCampGate(コードキャンプゲート)公式WEBサイト

EmmaTools™logo

上位表示に必要な要素が全て揃った
SEOマーケティングツール

Pocket

No Comments

Post a Comment