チャンスはつかめるもの。元営業の私だからこそ実現したい、理想のチームサポーターとは?

Pocket

チャンスはつかめるもの。元営業の私だからこそ実現したい、理想のチームサポーターとは?

こんにちは、コミュニケーションデザイン室の山本です。

今回私がインタビューしたのは、グロースハック事業部セールスサポートの先崎 麻子さん。 業界も職種も未経験からの挑戦でEXIDEAへとジョインしてくれた彼女。
 
いつも笑顔、いるだけでチームの雰囲気をパッと明るくしてくれる、そんな先崎さんが抱く仕事への想いとは?

プロフィール
先崎 麻子(マッサキ アサコ)

茨城県出身、三兄弟の真ん中長女。
まず初対面ではほぼ100%読み方を聞かれる、とても珍しい苗字(笑)。
学生時代は、勉強に遊びに充実した日々を過ごし、海外旅行とお酒が大好きに。
新卒では求人広告代理店に入社、営業のハイパフォーマーとして活躍し、マネジメントも経験。求人広告営業、人材紹介エージェントを経て、全くの未経験からサポートとしてEXIDEAヘジョイン。
今では20名近い事業部を支え、セールスサポートにとどまらず、全社的なバックオフィスの中心メンバーとして活躍。

「自分<みんな」目線で仕事するのは楽しい。

先崎さんの担当されている業務内容を教えてください。

ん〜、いっぱいありすぎてどこからお話ししましょうね。(笑)

まぁそれは冗談ですが、今はお客様に自社プロダクトの“EmmaTools™”や動画、広告を提供し、Webマーケティングの支援を行うグロースハック事業部でセールスサポートをしています。

セールスサポートと言っても営業さんのサポートだけではなくて、マーケティングからインサイドセールス、カスタマーサクセス、広告運用まで幅広い職種の人たちがいる部署全体のサポートが私のミッションです。

今入社して半年くらい経つのですが、最近では部署内だけでなく管理部門やWebメディア事業部とも連携して、会社全体の経理や総務まわりにも少しずつ仕事の幅を広げています。

本当に幅広いですね!未経験の仕事ですが、やってみてどうですか。

宇宙に来たって感じでした、初めは!!

仕事そのものもそうですけど、業界用語とかも全然知らないことだらけで毎日「???」の連続。
しかも私、管理部門以外でのサポート1名目だったので、入社してしばらくは試行錯誤の連続でしたね。「本当に私がやってていいの?」と考えた時も正直ありました。

ただ、未経験だからこそ、新しいことに挑戦させてもらえてることは本当にありがたいって感じてますし、前職までの仕事では感じられなかったやりがいも徐々に感じることができています。

それは「みんなのために」という視点と嬉しさ。

元々は営業をしていたので、シンプルに「自分が数字をあげれば良い」って仕事でした。今は私のお客さんが社外から社内のメンバーに変わって「どうしたらみんなの居心地が良くなるか」を日々考えていますし、私にとってのお客様(社内のメンバー)と今まで以上に近くで仕事することで、直接頼ってもらえたり感謝してもらえることがこんなに嬉しいんだって知ることができたんです。

チャンスってつかめるもの。

素敵ですね!ちなみにこれまではどんなご経歴なんですか?

大学を卒業して、新卒では求人広告代理店に入社しゴリゴリの営業をしてました。
EXIDEAに入る前も1社ベンチャーに転職をしていたのですが、そこも転職エージェントだったので、メインは人材系ですね。

というのも、私就職活動の頃はやりたいことなくて、だからやりたいことが見つかったり視野が広がったらいいなという思いで、いろんな会社・仕事を見れそうな求人広告営業の仕事を選びました。

正確には人材派遣会社に内定していて入社予定だったのですが、卒業前に内定者インターンとして仕事してたら早朝から深夜まで、土日祝日も関係なく仕事するのが当たり前の環境で「これはやばい!」ってなって、1月に内定を辞退して、でもやっぱり人材系に行ってみたいって思いはあって、それでご縁をいただいたなんてエピソードもあったりします。

大変でしたね…営業の仕事はどうでした?

入社した直後は本当にきつくて、辞めちゃおうかなって思ったりもしてました。
新卒1年目は研修期間があるのですが、その期間中にどうしてもクリアしなければいけない売上目標があって、でも全然手が届きそうになくて。

「こんなのどんなに頑張っても達成できないし、可能性がほとんどない私に先輩の時間使ってもらって教えてもらうのも悪いし…。」

ただ今の自分にできることだけは全部やろうってやれるだけのことはやって迎えた研修期間の最終週。入社後間もない時に一度飛び込みをした企業から大型の発注をいただいて、無事達成することができたんです。私はこの求人広告代理店に約6年いたのですが、その会社から発注をいただいたのは後にも先にもその1回だけでした(笑)。

その時上司に言われたんです、
「チャンスっていうのは、つかめると思えば、つかめるんだよ。」って。

そこから私の中で考え方が変わって、どんな目標やチャンスも達成やつかめるまで頑張れるようになりました。最初から「できるんだ。」って思うことを当たり前にしていれば、人間できちゃうものですし、せっかく目の前にチャンスがあるならつかんじゃった方がかっこいいし、みんなハッピーじゃないですか?

だから目標が上がっても踏ん張れたし、表彰がかかったキャンペーンとかは全力で取りに行きました!だって、チャンスはつかめると思えば、つかめるんですから。


みんなも私も、もっとお客様のために。

熱いですね!そこからなぜEXIDEAでサポートに?

いくつか理由はありますが、大きくは3つですね。「女性としてライフステージの変化を考えた」「経験を活かして新しいことに挑戦したい」「切磋琢磨できる雰囲気の仲間と働きたい」この3つを考えた上で、私は今ここにいます。

人材系の仕事は営業にしろ、エージェントにしろ楽しかったしやりきった感があった中で、プライベートも次のステージに進もうとするタイミングでもあり、働き方や時間を見直したいというのはやっぱり考えました。

その上で、私自身の経験を活かして新しいことに挑戦したいと考えた時に、営業の人たちをサポートする仕事がしたいって思ったんです。あとは人、雰囲気ですね。そういう意味では、塩口さんとの面接はとても印象深かったです。

得意なこと、苦手なこと、伸ばしたいことをありのまま話してすり合わせをして、その上で一緒に働きたいって言って頂けたので、得意なことでは貢献しつつ、しっかり苦手なことも克服しながら思いっきり働けるんじゃないかっていう安心感と期待があったのが大きかったです。

なるほど!これからはどんなサポートを目指したいですか?

私、自分なりですけど理想があって!

それは、営業や事業部のみんながお客様だけに集中できる環境をつくりたいんです。

まだ出来ていないことが多いんですが、私が巻き取った方がもっとみんなが効率的に仕事できたり、私が仕組みを作れればもっとみんながお客様に時間割けるようになることっていっぱいあると思うんです。

私が営業やっていた時も高い目標を達成するのは嬉しかったんですけど、何よりやりがいだったのはお客様と共に案件を進めてお客様に貢献して一緒に喜び合える瞬間でした。

だから、EXIDEAにいる営業さんやクライアントワークするみなさんにも、もっとお客様に貢献することだけに集中できる環境を整えたいって思っています。

サポートの私が言うのはダメかもしれませんが、本当は細かいこととか数字とかそんな得意じゃなくて(笑)。

でも、今の私のお客様は目の前にいる社内のメンバーなので、みんなに貢献できるなら、セールスフォースのダッシュボード作りだって、請求や経理まわりだって、もっと勉強して頑張りたいって思ってます。


-編集後記-

いかがでしたか?

仕事や業界は未経験でも、相手のことを一番に考えて仕事するって素敵ですし、応援したくなりますね。

最後までご覧いただきありがとうございました!
Pocket

No Comments

Post a Comment