光回線を簡単な基準で徹底比較!2021年のおすすめはこちら

光回線を簡単な基準で徹底比較!2020年のおすすめはこちら
Pocket

光回線を簡単な基準で徹底比較!2021年のおすすめはこちら

複雑な光回線比較を簡単に!

6つのポイントに絞って
ご紹介します

在宅ワークが非常に多くなってきた今日。

自宅のネット環境は、プライベートだけでなく仕事にも大きく関わってきているという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

こういった状況を機に、インターネット回線の契約見直しをお考えの方も多いです。

その中で必ず候補に挙がるであろう光回線ですが、比較方法がわからないというケースばかりなのも事実。

しかし、何も理解しないままに光回線を契約してしまうのはとても危険です。

年間数万円を損してしまうという料金の話だけではなく、せっかく光回線を契約したのに速度が遅くて使い物にならないなんてことも…

そこで、今回は光回線をできるだけ簡単に比較できるよう、ポイントを下記の6つにまとめました。

  • エリア
  • 住居タイプ(戸建て or マンション)
  • 利用用途
  • データ通信量
  • 利用人数
  • スマホ

これらのポイントを押さえれば、あなたに最もおすすめの光回線が見つかります。

齟齬無くご理解いただくために、詳細に書いており少し長いかもしれません。しかし、最後にはあなたにとってのおすすめを必ずご理解いただけるようになっておりますので、ぜひ最後までご一読ください!

おすすめ光回線を
すぐ知りたい方はこちら!

そもそも光回線とは?

まずは、光回線とは何なのか。その詳細について解説していきます。光回線は、固定回線の一種で光ケーブルを通してインターネット接続する回線です。

その特徴や速度は、他の固定回線と大きく異なります。というわけで、最初に光回線以外との比較と様々ある光回線サービスの種類の違いに焦点を当てて解説していきます。

ケーブルテレビやADSL回線との比較

現在使われている主要な固定回線は下記のとおりです(参考までに、モバイル回線との比較も載せております)。

速度 特徴 代表的なサービス
光回線 最大1Gbps~10Gbps
(1000~10000Mbps)
  • 速度の安定感や実測値は最も良い
  • 戸建 or マンションなど、住居によって料金が変動
  • 住居タイプによって内容に違いはあるものの、工事が必要
フレッツ光、auひかり、NURO光、ドコモ光、ソフトバンク光など
ケーブル
テレビ
最大1Mbps~300Mbps
  • 速度の安定感や実測値は最も良い
  • 戸建てかマンションかなど、住居によって料金が変動
  • 住居タイプによって内容に違いはあるものの、工事が必要
  • 地域が限定的
Jcom、iTSCOM
ADSL 10Mbps
  • 新規申し込みが2019年に完全終了
  • 電話線を利用した回線で速度は遅い
  • 現在利用中でも2023年以降、順次廃止されていく見込み
フレッツADSL、Yahoo! BB ADSLなど
モバイル
回線
最大440Mbps
  • 持ち運びができる
  • データ通信量に応じた速度制限がある
  • 速度の安定感は光回線に劣る
WiMAX、ポケットWiFiなど

速度 特徴 代表的な
サービス
光回線 最大1Gbps~10Gbps
(1000~
10000Mbps)
  • 速度の安定感や実測値は最も良い
  • 戸建 or マンションなど、住居によって料金が変動
  • 住居タイプによって内容に違いはあるものの、工事が必要
フレッツ光、auひかり、NURO光、ドコモ光、ソフトバンク光など
ケーブル
テレビ
最大1Mbps
~300Mbps
  • 速度の安定感や実測値は最も良い
  • 戸建てかマンションかなど、住居によって料金が変動
  • 住居タイプによって内容に違いはあるものの、工事が必要
  • 地域が限定的
Jcom、iTSCOM
ADSL 10Mbps
  • 新規申し込みが2019年に完全終了
  • 電話線を利用した回線で速度は遅い
  • 現在利用中でも2023年以降、順次廃止されていく見込み
フレッツADSL、Yahoo! BB ADSLなど
モバイル
回線
最大
440Mbps
  • 持ち運びができる
  • データ通信量に応じた速度制限がある
  • 速度の安定感は光回線に劣る
WiMAX、ポケットWiFiなど

光回線と他回線の違いは上記のとおりです。光回線の大きな特徴は、他回線と比較して速度が圧倒的であること、そして利用量の制限が無いこと。

固定回線は、家の中での利用に限られるので、家で思う存分使いたいという方には最もおすすめです。

続いて、光回線の仕組みについて詳しく解説していきます。少し詳細な話にもなるので読みたくない方は飛ばしていただいても大丈夫です。

仕組みについて

光回線は、光ファイバーというケーブルを通してインターネットに接続します。

具体的には、Webサイトの情報や音楽や動画を光に変換し、みなさんの各家庭に情報が届く仕組みです。

光の速度は約30万km/sなので、他のインターネット回線と比較して速い理由もご理解いただけるかと思います。

それでは、光回線を通して各家庭に届くまでどのような構造になっているのでしょうか?下記の図をご覧ください。

光回線の構造
上記のように、収容局から提供された光ファイバーを通って接続しているのですが、インターネットとの接続をしているのは「プロバイダ」という接続業者が担っています。

よって、インターネット接続には光回線サービスを提供している会社とは別に、プロバイダとの契約が必要です。

ただ、近年はプロバイダと光回線を一括で契約できるサービスが主流となっています。

というわけで、契約や料金支払いが複雑になることはありません。このページでも一括で契約できる光回線のみをおすすめしております。

光回線の種類を比較

続いて、光回線の種類について詳しく見ていきましょう。

現在光回線は大きく分けて4つの光回線が存在しています(厳密にはもっと存在しますが、わかりやすくするために大きなくくりで分けています)。

  • フレッツ光&光コラボレーション
  • NTTが所有する光回線です。ドコモ光やソフトバンク光といった、いわゆる「光コラボ」と呼ばれるサービスもフレッツ光と同じ光回線を利用しています。

    最も利用者数が多く、料金体系や独自の割引など、サービスの幅が広いのが魅力です。

  • auひかり系
  • auが所有している光回線(地域によっては、NTTが利用していないダークファイバーと呼ばれる光回線を使っています)。集合住宅によっては使えない住居もあります。

  • NURO光系
  • So-netがNTTのダークファイバーを借り受けて運営している光回線です。独自の伝送方式を利用しており、速度の安定感では最も優れています。

    ただし、使える地域や住居が限定的なので、申し込みご開通できないケースも…

  • その他回線(地方電力系)
  • 地方電力が独自で敷いている光回線です。現在、中部電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力の5つの系列で提供されています。

    こちらも速度の安定感が比較的良いということで有名です。


大きく分けて光回線の種類は上記のとおりです。まず、フレッツ光系の光回線はNTTが提供元となって運営されています。

ドコモ光やソフトバンク光といった光コラボは、フレッツ光と同じ回線を利用しており、回線の速度に差はありません。

それ以外の光回線は、NTTの使っていない光ファイバー(ダークファイバー)を借り受けていたり、独自回線であったりと違いはあるものの、自前で光回線を提供しています。

そういった背景から、NURO光を始め、速度の安定感に強みを持つ光回線が多いです。

この辺り、速度についての詳細は次項にてご紹介していきます。続いて、光回線とプロバイダの関係について詳しく見ていきましょう。どこのプロバイダと契約するかは、速度とも密接に関係しています。まずは、下記の図をご覧ください。

プロバイダと速度の関係について

プロバイダは、前述のとおり光回線でインターネットと接続するために必要なサービスです。光回線のプロバイダは速度とも密接に関係しており、プロバイダ選びが重要となります。まずは、プロバイダの仕組みを図式化しましたのでご覧ください。

プロバイダの役割
上記の画像のとおり、 インターネット回線を高速道路と例えるとプロバイダの役割は料金所になります。ユーザーのインターネット通信量(=交通量)が増えれば増えるほど混雑して、通信速度が安定しなくなることが多いです。

しかし、プロバイダの設備(=料金所の数)が充実していれば、混雑は緩和されるので光回線の速度は安定しやすくなります。また、プロバイダには通信方式があり、どの通信方式を利用しているかも重要です。

Tips

IPアドレスの規格を比較

  • IPv4
  • 昔から使われているインターネット接続の規格。インターネットに接続するコンピューターにはIPアドレスという固有番号が割り当てられています。

    IPv4では、42億9496万7296個のIPアドレスを割り振ることが可能です。しかし、インターネットが急速に普及したがために、数が足りなくなり現在パンクしかけています。

  • IPv6
  • 上記の問題を解決するために出てきた新規格。ほぼ無限に近い数のIPアドレスを用意することができるので、IPアドレスが不足するという問題は解決されました。


接続規格を比較

  • PPPoE
  • 電話回線を前提とした接続方式。ユーザー認証をして接続する必要があり、余計な手間がかかるのが特徴。

    また、ネットワーク終端装置というものを利用する必要があり、1つの終端装置に接続できる数が決まっているので、ユーザーが増えれば通信速度が遅くなります。

  • IPoE
  • 直接インターネットと接続できる方式。

    特に、ユーザー認証も必要なく、大容量のゲートウェイルーターというものを利用しているので、混雑が緩和され通信速度が安定します。


上記は参考までに通信方式を明記したものです。細かい内容は置いといて、「IPv6」、かつ「IPoE」方式のプロバイダがおすすめです。

しかし、現行のWebサイトやWebサービスは、IPv6に対応していないサイトが非常に多く対応できていません。

そんな問題を解決するのが、「IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6やv6プラスとも言う)」という技術です。

この技術があれば、IPv6でインターネットに接続するものの、IPv4のみに対応しているWebサイトやWebサービスに到達する直前でIPv4に変換して接続します。

この技術によって、安定した速度でインターネット利用が可能です。

今回当ページでは、この接続ができる光回線のみをおすすめしておりますのでご安心ください。

こちらでは、光回線の基本情報を詳細に確認してきました。

続いては、これらの基本情報を踏まえた上でどんな光回線がおすすめなのか比較していきます。

おすすめを見つけるための6つの比較ポイント

それでは、早速光回線の比較ポイントを確認していきましょう。光回線は、「料金が安いからいい」、「速度が高いから良い」と一概に言い切れません。

あなたが何をどのくらい求めているのか、これが重要な要素になっています。その基準を確認するために、まずは下記の画像をご覧ください。

比較ポイント
結論から申し上げると、上記の6つの基準から光回線を比較することで確実におすすめの光回線を見つけることができます。

その理由をここからは解説させていただきます。

エリアで利用できる光回線が限られる?

光回線比較においてエリアは最も重要な要素の1つです。というのも、エリアによっては使えない回線があるから

例えば、速度の評判が最も良いNURO光は関東、関西、東海と九州、北海道の一部エリアに限られます。

よって、まずは光回線がお住まいのエリアに対応しているかを必ず確認することが必要です。

戸建てかマンションか?

住居タイプによっても契約できる光回線は異なります。さらに、マンションだと建物によって料金プランも異なるケースも。

よって、住居タイプも光回線を光回線を比較する際の重要ポイントです。

利用用途によって求める速度が異なる

光回線をどのような用途に使うか。これによって必要な速度が異なります。

例えば、1秒のラグが命取りになる対戦系のオンラインゲームや株取引などをしている場合、速度が安定する光回線が必要でしょう。

しかし、一般的な仕事や動画視聴、ネットサーフィンなどであればそこまで速度は必要無いので、料金重視で光回線を比較するのが懸命です。

データ通信量によってはモバイルWiFiもおすすめ?

こちらのページでは光回線の比較メインでお伝えしていますが、家でインターネットをあまり利用しない方にとってはモバイルWiFiもおすすめ。

特に、一人暮らしの方の場合ポケットWiFiの方が安いです。

ただし、ポケットWiFiには速度制限があります。最も制限の緩いWiMAXでも3日間で10GB以上(つまり1日約3.3GB)使うと翌日に制限がかかるので注意しましょう。

こちらを踏まえ、下記のような方はモバイルWiFiでもいいでしょう。

  • 一人暮らし
  • インターネットの利用は動画視聴やサイトの閲覧、スマホゲームが多い
  • 動画視聴が1日2~3時間に限られる(YouTubeの480p(中画質)を120分視聴すると約1GB消費します)
  • インターネットの利用が休日中心で在宅ワークはほとんど無い
  • 長時間のオンラインゲーム、大容量データのダウンロードなど、容量を大きく消費する接続を行わない

上記全てに当てはまる方は、WiMAX(ポケットWiFi)の方がおすすめです。

下記から詳細をご確認いただけますので、ぜひご覧いただければと思います。

WiMAX比較詳細へ

一人暮らしか、2人以上でお住まいか

こちらは先ほどのデータ通信量に関わってくる部分で、一緒に住む人数が増えれば当然データ通信量は増えます。

よって、2人以上でお住まいの場合は基本的に光回線を契約するのがおすすめです。

速度においても、ポケットWiFiでは接続台数が増えることで安定感を欠くことも多いので、2人以上でお住まいの方は光回線の方がいいでしょう。

スマホは大手キャリアか格安スマホか

最後に重要なのがスマホの契約先です。というのも、スマホの大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)が運営する光回線ではスマホとのセット割が非常に大きいから。

大手キャリアを契約している方は、この割引を使わない手はありません。

割引などの詳細は、おすすめの光回線をご紹介する際に詳しくお伝えしていきます。

ここまで光回線の基本情報と比較の基準を見てきました。

最後に、お伝えした基準をもとに光回線を比較した結果出てきた2021年最新のおすすめ光回線をご紹介します。

光回線おすすめの契約先はこちら!【2021年4月最新】

それでは、お待ちかねのあなたにどの光回線がおすすめなのか、その詳細を見ていきましょう!

ここまで、どういった基準で比較するのがベストなのかはお伝えしてきているので、シンプルにサービス名のみお伝えします。

エリア別にお伝えするので、該当するエリアで最も自分に合う光回線を選択してください。

関東

関東のおすすめ

北海道・関西・東海・九州(沖縄を除く)

北海道のおすすめ

その他エリア

その他地域でおすすめの光回線

上記があなたのお住いのエリアに応じたおすすめの光回線です。

おすすめの光回線がわかったところで下記にてそれぞれの光回線の詳細を解説しておりますのでご確認ください。

Tips

光回線契約先比較のポイント

  • 公式サイト・プロバイダ・代理店から選ぶ
  • 基本的に上記3つの中から契約先を比較することになります。

    サービスによってどこから契約するのがお得なのかは異なりますが、公式サイト・プロバイダよりも代理店の方が大々的にキャンペーンを行っていることが多いです。

  • キャッシュバックに左右されない
  • キャッシュバックキャンペーンをやっている契約先もあります。

    もちろんお得なのですが、受け取り忘れや別途オプション契約も必要なケースもあり必ずしもお得とは言えません。

    光回線のキャッシュバックにおいては、しっかり内容を確認してから契約することがおすすめです。


ドコモ光

ドコモユーザーに最もおすすめな光回線が、ドコモ光。ドコモ光は、ドコモスマホとのセット割があり、非常にお得に利用できます(契約中のスマホから月額料金最大1,000円割引)。

このセット割は家族全員に適用になるので非常にお得。

速度については、最も利用者の多いフレッツ光回線を利用しているものの、v6プラス接続という方式を利用しており混雑を回避しながらインターネット接続ができます。

ドコモユーザーであればドコモ光一択でしょう。サービスの概要は下記のとおりです。

月額料金 戸建て
プロバイダタイプA:5,720円(税込)

マンション
プロバイダタイプA:4,400円(税込)
おすすめプロバイダ GMO、BIGLOBE、Plala、@nifty(全てタイプA)
工事費 戸建て:19,800円(税込)
マンション:16,500円(税込)
※住居によって変動あり
スマホ割 ドコモ
キャンペーン 工事費無料キャンペーン dポイントプレゼント

上記のとおりです。詳細情報は下記からご覧ください。

ドコモ光の詳細情報はこちら

auひかり

auユーザーに最もおすすめな光回線が、auひかり。auひかりは、auスマホとのセット割(auスマートバリュー)があり、非常にお得に利用できます(契約中のスマホから月額料金最大1,000円割引)。

このセット割は家族全員に適用になるので非常にお得。

また、速度についても独自回線を利用するauひかりは非常に評判が良いです。

ただ、注意点として一部エリアや住居では利用できない可能性があること。その場合は、So-net光プラスがおすすめです。

理由は2つで、auスマートバリューが使えること、そして混雑を回避する接続方式のv6プラスが使えることです。

よって、auユーザーであればauひかり、またはSo-net光プラスの2択になります。サービスの概要は下記のとおりです。

月額料金 戸建て: 5,600円(税込)
マンション:4,180円~5,500円(税込)
おすすめプロバイダ So-net、BIGLOBE
工事費 戸建て:41,250円(税込)
マンション:33,000円(税込)
スマホ割 au
キャンペーン 工事費無料キャンペーン(電話の申し込み必須)
他社解約金サポート

上記のとおりです。詳細情報は下記からご覧ください。

auひかりの詳細情報はこちら

So-net光プラス

auひかりが使えないユーザーにおすすめなのがSo-net光プラスです。

So-net光プラスは、フレッツ光回線を利用しているものの、v6プラス接続という混雑を回避できる接続方式を取っています。

また、プロバイダとして長年事業を行っている会社というのも安心できる要因です。

そして、料金も他プロバイダの中でも最安級で複雑なキャッシュバックなどはなく、月額料金割引に特化しているのが特徴です。

他にも、auスマホユーザー向けの割引をしているので、auひかりを契約できなかった方にもおすすめ。サービスの概要は下記のとおりです。

月額料金 戸建て
開通月:3,300円(税込)
1~24ヶ月目:3,780円(税込)
25ヶ月目以降:6,138円(税込)

マンション
開通月:3,300円(税込)
1~24ヶ月目:2,780円(税込)
25ヶ月目以降:4,928円<(税込)br>
※全て割引適用後の料金
工事費 26,400円(税込)
※分割で支払い
スマホ割 au
キャンペーン 月額料金割引キャンペーン
PlayStationNow2年間無料

上記のとおりです。詳細情報は下記からご覧ください。

So-net光プラスの詳細情報はこちら

NURO光

速度を求める方、またはソフトバンクユーザーならNURO光が最もおすすめです。

他の光回線にはない、最大2Gbps(フレッツ光など他の一般的な光回線は1Gbps)を誇るサービス。

速度については、「NURO 10G」、「auひかり 5ギガ/10ギガ」というサービスもありますが、

料金が高くエリアも狭いので敢えて比較には入れておりません。よって、速度だけなら他には負けない光回線です。

NURO光では、ソフトバンクスマホユーザー向けのセット割があり、毎月最大1,000円が月額のスマホ料金から割引されます。

こちらは、ソフトバンクスマホを利用中の家族全員が適用対象です。よって、ソフトバンクユーザーにもおすすめの光回線となっています。サービスの概要は下記のとおりです。

月額料金 5,217円(税込)
工事費 44,000円(税込)
※分割支払いだが、実質無料
スマホ割 ソフトバンク
キャンペーン 工事費無料キャンペーン
選べるキャンペーン
1年間月額980円
43,000円キャッシュバック

上記のとおりです。詳細情報は下記からご覧ください。

NURO光の詳細情報はこちら

ソフトバンク光

NURO光を利用できないソフトバンクユーザーにおすすめの光回線がソフトバンク光。

まずは、なんと言ってもソフトバンクスマホユーザー向けの割引が適用され、毎月最大1,000円のスマホ代がお得なります。

こちらは家族全員が対象なので、ソフトバンクスマホを持っている家族全員の月額料金から割引可能です。

また、速度については混雑しやすいと言われるフレッツ光回線を利用しているものの、v6プラス接続という混雑を回避できる接続方式を取っているのも強み。

よって、一般的な利用であれば困らない速度で光回線を利用できます。サービスの概要は下記のとおりです。

月額料金 戸建て:6,270円
マンション:4,730円
工事費 26,400円(税込)
※室内工事のみ:10,560円(税込)
スマホ割 ソフトバンク
キャンペーン 他社解約金サポート

上記のとおりです。詳細情報は下記からご覧ください。

ソフトバンク光の詳細情報はこちら

楽天ひかり

楽天モバイルユーザーに最もおすすめな光回線が、楽天ひかり。

楽天ひかりは、スマホとのセット割があるわけではないのですが、楽天モバイルユーザーであれば光回線が1年間無料になります。

1年間の利用料金である約4~6万円が全額タダになるの非常にお得です(月額料金が無料なので工事費は別途発生)。

また他のおすすめ光回線と同じく、V6プラス接続が可能なので混雑を開始してくれる接続方式となっております。

楽天モバイルユーザーであれば、楽天ひかり一択となるでしょう。サービスの概要は下記のとおりになります。

月額料金 戸建て:5,280円(税込)
マンション:4,180円(税込)
※楽天モバイルスマホとセットで1年間無料
工事費 戸建て:19,800円(税込)
マンション:16,500円(税込)
※いずれも分割
スマホ割 楽天モバイル
キャンペーン 月額料金1年間無料

上記のとおりです。詳細情報は下記からご覧ください。

楽天ひかりの詳細情報はこちら
当ページでは、光回線の比較を行ってきました。あなたにとってベストな光回線が見つかったのではないでしょうか?

もちろん、これら以外にも光回線のサービスはたくさんあります。

ただ、現在200以上の光回線が存在する中、それらを全て比較するのはほぼ不可能です。

上記に挙げたおすすめは全て簡単で、安心して契約できるおすすめになります。こちらがあなたの光回線比較の一助となれば幸いです。

EmmaTools™logo

上位表示に必要な要素が全て揃った
SEOマーケティングツール

Pocket

Tags:
No Comments

Post a Comment