社判と代表者印の違い、使い分けを解説
最終更新日:2022.04.13

社判と代表者印の違いと使い分けを解説


「ここに社判が必要です」「代表者印をお願いします」そう言われて、どの印鑑を使えばよいか迷った経験はありませんか?

実際に印影を見ても、会社の印鑑には複数の種類があるということ以外は分かりづらく、社判ごとの役割についてはわかりづらいものが多いですよね。

また、社判と代表者印の違いは、事務作業に関わる人だけに必要な知識ではなく、役員に昇格する人・起業する人にも必須の知識です。

当ページでは、それぞれの会社印鑑の役割について解説し、代表者印を購入したい人に向けた耳寄り情報も紹介します。それでは、社判と代表者印の違いや会社で使う印鑑の種類について、詳しくみていきましょう。

社判と代表者印とはどんな印鑑のこと?

社判と代表者印とはどんな印鑑のこと?

会社の印鑑にも、個人用と同様に実印・銀行印・認印など様々な種類があります。では、社判とはどの印鑑を指し、代表者印とはいつ押印するはんこなのか、下記でしっかり区別をつけていきましょう。

社判

「社判(しゃばん)」とは、これら会社用印鑑の総称です。代表者名入りの丸い印鑑・会社名だけの四角い印鑑、契約書に押印する訂正印やゴム印など、全てまとめて「社判」と呼ぶのです。

つまり、代表者印も社判に含まれるということになります。

代表者印とは

「代表者印」とは、どの企業でも「代表者が持つ会社実印」を指します。

会社によっては、代表者印のことを「丸印」「会社実印」と呼ばれることもあるので、注意が必要です。

代表者印(会社実印)のデザインや特徴

  • 印面:丸型
  • 印影:外枠と内枠の二重
  • 内容:外枠に会社名・内枠に代表者の役職名


代表者印(会社実印)は、法人登記(会社設立)の際に法務局に登録された印鑑です。そのため、代表者印の仕様先は「会社にとって重要な法的効力のある書類」に限られます。例として、取引先やお客様と交わす契約書が挙げられます。

代表者印は社判の中でも、会社の意思決定を表す非常に重要な印鑑であると言えますね。

その他の社判の種類

会社により「社判」と「代表者印」という言葉で、それぞれ別の特定の種類の印鑑を指す場合があります。そのため、所属する企業により社判の認識が異なるので、わかりづらくなっています。

このような混乱を避けるためにも、社判の種類について知っておく必要があります。

会社実印…呼び方:「代表者印」「丸印」

会社が官公庁の許可を得て営業しているということを示す、最も重要な印鑑。契約書、官公庁に提出する書類へ押印します。

会社銀行印…呼び方:「法人銀行印」

会社名義の銀行口座を開設する際、銀行に届ける印鑑。セキュリティ性を考慮し、実印とは分けて作成されます。一般的には事務作業で使用することはない社判です。

会社認印…呼び方:「社印」「角印」

日常的に発行する、請求書や領収書に押すための四角い印鑑。実印や銀行印とは異なり、会社名のみ彫刻されています。

ゴム印…呼び方:用途に合わせて「日付印」「住所印」など

郵送作業の時に使う住所印や、担当者名入りのネーム印などがあります。主に業務で使用し、契約書や請求書等の重要な書類には使いません。

これ以外にも、代表取締役以外が持つ印鑑である「個人役職印(職印)」「割印」など、様々な種類があります。

まずは、上記で紹介した使用頻度の高い社判の呼称を抑えておきましょう。

代表者印の使用場面・押印方法

代表者印の使用場面・押印方法

会社実印である代表者印は、起業間の取引・契約における書類等に使用し、会社名・代表者名の記載欄の右横に、文字にかぶせずに押します。また、押印の際は印影欠けしないように注意が必要です。

加えて、もし書類に押印欄が設けられている場合は、それに従って押すようにしましょう。というのも、代表者印(会社実印)は法務局に登録されており、原則として印鑑登録証明書と照合できるように押印する必要があるためです。

会社実印は、会社がきちんと実在している・信頼できることを相手に伝えるために使用します。そのため、印影を鮮明に見せることが最も重要です。

使用方法をまとめると

  • 契約書などの重要度の高い書類に捺印する
  • 押印場所は会社名(法人名)の右横
  • 押印時は文字に被らないように、鮮明に押す


おすすめの印材はこちら!

おすすめの印材

ここまで解説したように、代表者印(会社実印)は企業にとって非常に重要な印鑑です。経年劣化や破損により印面が変形した場合、彫り直すか再作成するかのどちらかになります。

いずれにしても、法務局への届け出取引先への連絡など、手間がかかる上に企業の信用まで落としかねません。

そのため、代表者印を含む社判の作成の際には、押しやすさだけでなく、耐久性の高い印材を選ぶことをおすすめします。

社判に最もおすすめ!チタン

近年社判の素材として人気を集めているチタン

金属で社判を作成するのに抵抗がある方もいらっしゃるかと思いますが、実はチタンの印鑑は「捺印性」「耐久性」「デザイン」の全てを兼ね備えた理想的な印材なのです。

チタンはロケットの素材にも使われるほど軽量で耐久力の高い金属で、さらに、人体に優しく火災になっても燃えない耐熱性までを備えています。

また、天然素材と違って朱肉による浸食がなく、印面のすり減りとも無縁なので、保管やメンテナンス方法を選びません。デザインについても、重厚感がありクールな印象に仕上がりますので、社判・代表者印の作成にはうってつけの印材です。

低コスト・機能性の両方を兼ね備えている黒水牛

数ある印材の中で、価格と耐久性のバランスが最良なのは「黒水牛の角」です。 木材に比べて摩耗や破損に強く、湿度にも影響されにくいのが特徴です。角の中心部を使用した「芯持ち材」であれば、よりひび割れ耐性が高く・高級感のあるデザインになります。

また、シックな深い黒色で、格調高いデザインになるので、代表者印を含む社判の作成に相応しい印材と言えます。

風格・格式高い社判の作成なら「象牙」

印鑑の素材として古くから人気の象牙。高い捺印性と耐久力がありながら、圧倒的な風格・格調高いデザインで、社判にうってつけの印材といえます。

しかし、現在ではワシントン条約により象牙の輸入が規制されているため、販売価格が非常に高く取扱っている店舗も少ないという弱点があります。

これから代表者印を作成するという方で、社判のデザインや格式にこだわりたいという方におすすめの印材です。

人気のサイズ・書体を紹介!

人気のサイズ・書体を紹介

代表社印(会社実印)の一般的なサイズは、直径18mmです。21mmで作成すると少し大きいと感じられるので、社名が長く彫刻可能文字数をオーバーする場合に選ぶことをおすすめします。

また、代表者印の書体には、偽造・複製防止のために読みにくい種類を選ぶようにしましょう。

社判に人気の書体

多くの法人が社判に採用している書体は2種類あります。

篆書体

代表者印に最も使われる書体。現在の字形は2000年以上前に始皇帝が改良したままと言われており、一見しただけでは読み取ることができない防犯性が高い字体です。

そのため、手作業で印影デザインされた篆書体は、複製や偽造が極めて困難です。

人気No.1印鑑ショップのハンコヤドットコムによると、社判のおよそ76%がこの書体で作成されており、篆書体の人気を伺えますね。

印相体(吉相体とも)

篆書体を改良し、字体を太く・丸みのあるデザインにした書体です。

文字と印面のフチの接触面が多く、フチの強度を上げる効果があり、篆書体に比べ破損に強い書体です。

また、縁起の良い書体とされており、縁起や風水を気にされる方におすすめの書体となっています。同じくハンコヤドットコムによると、社判の23%と二番人気を誇る書体です。

英語で代表者印を作成する場合

会社名が英語の場合、おすすめの書体は「古印体」です。

というのも、篆書体・印相体で代表者印を作成すると「株式会社~」の部分は複雑に、英語の部分は読みやすいデザインとなってしまい、非常にアンバランスな印面になってしまいます。

そのため、社名が英語の企業には読みやすく威厳のある古印体がおすすめです。

おすすめのサイズ・書体をまとめると

ここまでで紹介してきた、社判・代表者印におすすめのサイズと書体をまとめると

  • 代表者印におすすめのサイズは18mm
  • 社名が印面に収まらない場合21mmで作成
  • 社判に人気の書体は篆書体・印相体
  • 会社名が英語の場合は古印体がおすすめ


社判・代表者印の購入におすすめの通販サイト

社判・代表者印の購入におすすめの通販サイト

代表者印は重要性の高い印鑑であると同時に、書面上において会社の顔となる社判です。そのため、それに相応しい品格のある代表者印を作成したいですよね。

そこで下記で、高品質な代表者印を割安で購入できる通販サイトを紹介します。

ハンコヤドットコム

シェア・満足度ともにNo.1の印鑑オンラインショップ。

実に2分に1本は印鑑が売れており、社判に関しては、なんと会社設立件数のうち18.2%がハンコヤドットコムで作成しているという人気の通販サイトです。

代表者印は単品だと 7,000円から作成でき、チタンや黒水牛、薩摩本柘といった人気の印材を多数取り扱っています。

中でも、代表者印におすすめの「チタン」については、デザインや高級別に4つの種類(28,600~32,700円)から選べます。

重要な社判である代表者印は、実績があり安心感のある通販サイトで作成したいという方におすすめです。

代表者印の参考価格(税込) 薩摩本柘 寸胴タイプ 18mm:7,130円
黒水牛(芯持ち)寸胴タイプ 18mm:9,480円
ブラストチタン 寸胴タイプ 18mm:23,940円
扱っている素材 薩摩本柘・黒水牛(芯持ち)・彩樺・玄武(黒彩樺)・牛角(中色と純白の2カラー)・チタン4種類・コバルトクロムモリブデン
社判・代表者印で選べる書体 篆書体・吉相体・古印体(全3種類)


ハンコヤドットコムの
詳細はこちら


はんこプレミアム

抜群のコストパフォーマンスと様々なサービスが揃っている通販サイト。はんこプレミアムでは、代表者印を含む社判の3本セットが8,480円~と格安で販売されています。

また、社判の中でも実印の役割を持つ代表者印は高い防犯性が求められます。そのため、可能であれば代表者印は手彫りで作成をしたいところです。

そんな時は、はんこプレミアムの手彫り作成サービスを利用しましょう。なんと+1,980円の追加料金で、手彫りを選択することが可能です。

はんこプレミアムではその他にも「スピード発送サービス」「10年保証」など、充実したサービスが揃っています。

代表者印の参考価格(税込) 薩摩本柘 寸胴タイプ 18mm:3,980円
黒水牛(極上)寸胴タイプ 18mm:5,880円
ブラストチタン 寸胴タイプ 18mm:10,800円
扱っている素材 柘・薩摩本柘・黒水牛(極上)・彩樺(茶・黒・赤の3種類)・オランダ水牛(中色・淡色・純色の3種類)・ブラストチタン
社判・代表者印で選べる書体 篆書体・吉相体・古印体・隷書体・行書体・楷書体(全6種類)


はんこプレミアムの
詳細はこちら


社判の購入はセットが圧倒的にお得!

現段階で代表者印の作成を検討されている方の中には、代表者印だけでなく法人銀行印や角印も一緒に購入したい、という方も多いのではないでしょうか。

そんな方々におすすめなのが、社判のセット購入です。

上記で紹介した2社の通販サイトでもセット販売を行っています。普通に3本社判を購入するよりも圧倒的に低価格で購入できるため、社判・代表者印の作成予定がある方はセット販売の利用がおすすめです!

法人印鑑をセットで購入したい方はぜひ以下ページをご覧ください。

法人印鑑をセットで購入したい方はこちらへ

PICKUP
CONTENTS

印鑑・はんこ作成におすすめのネット通販サイト21社を一括比較

日本で生活する上でまだまだ必要不可欠なツールである印鑑・はんこ。しかしながら、印鑑やはんこについて教わる機会も少なく、何となくの知識で購入・作成して使っている方もいらっしゃるかもしれません。 ただ、実印や銀行印などの種類...
2021.10.24

実印作成におすすめのネット通販サイト|人気ランキング5選を紹介

実印の作成を検討中に、「実印作成におすすめのネット通販サイトは?」「そもそも実印はどう作成するの?」とお悩みではないですか? そんな方に向けて、当ページでは男性・女性で異なる実印作成で決めるべき4つのポイントから、おすす...
2021.10.29