インターン生インタビュー【Vol.2】

おもしろいと思ったらやってみる!プロジェクト全体で月1,000万の利益を生んだ凄腕インターン生の成長録。
インターン生インタビュー【Vol.2】
Pocket

インターン生インタビュー【Vol.2】

瀬田淳平【プロフィール】
瀬田 淳平(Jumpei Seta)
高校時代はいわゆる普通の高校球児(輝かしい成績とか書いてみたかった・・・)
2012年立教大学観光学部に入学後も極めて普通な大学生活を送りつつも、ベトナムやカンボジアなどで様々な活動をし、海外に顔を出し始める。英語が話せたら単純に日本人以外とも話せるようになるので、友達がもっと増えやすくなるぞ!(>_<)と思い、1年間の休学をし、約9か月間ワシントン州某コミュニティカレッジに留学。留学中は「ビールは水である」「テキーラは二日酔いに効く」などの新しい知識と共に英語を学ぶ。(※みんな、お酒は20歳になってからだぞ!)その後アメリカ国内とメキシコにて1か月のバックパッカー生活を経て帰国。2015年11月よりEXIDEAにインターン生として入社。

「本当にすごいものを、本当に必要な人へリーチできる」存在に。

「日本最強説」を唱えている私はもっと安く、多くの外国人に日本へ来てほしい、と考えていました。そんな中、訪日外国人をターゲットにゲストハウスを建てることや、何かインバウンド向けに日本を発信したいと考えたとき、リーチするにはWEBマーケティングは不可欠だと感じました。大学卒業後、特にスキルもない空っぽの自分ですが最大のゲストハウスグループを目指して起業をしようと、漠然と考えていました。しかし、留学中にアメリカの事業家やAmazonなどの社員と会う機会があり、WEBマーケティング、ITのビジネススケール力を感じるようになってから、帰国後は世界レベルでWEBマーケティングの身に着け、「本当にすごいものを、本当に必要な人へリーチする」ということに興味がわきました。(加えて、所謂意識高い系の口だけ人間で終わってしまうかもしれないという恐怖を自分自身に感じてもいました)

WEBを通して世の中に発信する力がほしい!

上記の変化から、WEBマーケティングに対して、興味レベルから向き不向きの問題の前に自分が一度はやるべきもの、という認識に変わりました。何かサービスをスケールさせるためにWEBを通して世の中に発信する力をつけ、WEBマーケティングとは何かということを一から勉強してみたいということで、インターンを探し始めました。EXIDEAとの出会いは、あるインターン募集の媒体を見ていた時にたまたま出会いましたが、企業文化と世界で戦える力という絶対的な2つが軸にあることにより、インターン生も一人のメンバーとして事業の一端を担えるというところに惹かれました。(海外に行けそう!!とか思ったのも実際あります(笑))

プロジェクト全体で「月間1,000万の利益到達!」

インターン生インタビュー【Vol.2】

最初に行った仕事

弊社はマーケティングの会社ですので、入社後は絶対的なベースのスキルであるWEBコンテンツのディレクションからライティング、サイト立ち上げまでを3サイトほど行いました。HTMLやCSS、jQueryなど、WEBに関する知識は全くありませんでしたが、少しずつ学んでいきます。(現在も日々精進中です。)この時に基本となるコンテンツ作成力を徹底して身に着け始めることでユーザーニーズの理解、それにこたえるマーケティング力が培われたと思います。

現在の仕事

入社から2カ月くらい経った後、1プロジェクト(メインのメディア運営)が任されるようになります。そして、1人1プロジェクトということですので、必要なものであれば、もれなく何でもやります(笑)

実際にはどんなことをしたかといいますと、コンテンツディレクション、作成、サイト内の導線改善、デザイン、SNS広告出稿などなど、WEBメディア運営、マーケティングのスキルはもちろんのこと、単価などの条件面や関連する新規サイト立ち上げの提案、交渉、クライアントとの折衝など幅広い経験をさせていただいております。運営を引き継いでから丁度1年ほど経ちますが、関連サイトも含め、プロジェクト全体で月間1000万の利益に到達したことは非常に自信になりました。現在も引き続きユーザーのために何ができるかを泥臭く考え、イノベーティブなサービスの構築、システム作りも含めて日々足りない頭を捻らせて担当メディアを運営中です。

上記に加えて、インドネシアの日本人向けメディアの運営にも携わり、近々ジャカルタへ訪問し、提携企業とのプラン作りや市場調査、現地担当の教育などを行うことや、サイトの多言語化のために外国人メンバーと一緒にコンテンツ作成を行うなどグローバルな業務をさせていただく機会もいただいております。

尊敬できるメンバーだからこそ感じた、居心地の良さ。

入る前にイメージしていた印象以上に、経営理念である「家族のような関係」が絶対的に守られ、居心地最高にいいです。そしてメンバー全員の熱狂的な仕事っぷりとレベルの高さに日々尊敬しっぱなしです。

自分自身の変化としては、今まで心の奥底から他人のことを考え、他人を信用することをあまりしてこなかったと思っていました。しかし、EXIDEAで働いてから、心の底から出てくる言葉で会話ができる尊敬できるメンバーと出会えたことで、自分が逃げてきた弱いところを変えてくれたと思っています。

イノベーティブ!笑いあり!超絶おもしろい日々の連続!

インターン生インタビュー【Vol.2】

言葉使いが正しいかわかりませんが、超絶「おもしろい」です。単純に笑いがある面白さはもちろんですが、他のメンバーが行っている業務も非常にイノベーティブで面白いですし、時に伸び悩んだり、乗り越えて達成したりすることも面白いです。非常に若いメンバーの多いEXIDEAですが、特にタイ支社の喜多社長や台湾の立ち上げに従事した三宅くんなど、同世代の「やばい」人たちと出会え、刺激を受けることができて本当に感謝しております。

自分にとってEXIDEAは最高に面白いことをしている場所、する場所、これからさらに面白いことをしたい、しなければいけない場所と感じています。

20代でスタートアップのエグジットまで携われるマーケッターを目指す!

弊社自体もそうですが、業界としても非常に変化も速いので、変わることが多いと思いますが、直近でいくと1人で年間1億の利益をだせるメディアを自分と直下のプロジェクトメンバーの2人とも達成すること。

長期的には、「すごいサービスがある!世界にリーチしたいなら瀬田に任せる!」と言われることができるような世界で戦うWEBマーケッターになること、そしてそれをメンバー間で加速、達成できる経営力を身に着けたいと思います。そんな中で、経営者として命を懸けて仕事をしたいという気持ちと、自分で何か生み出したいということは常に思ってキャリアを作っていくつもりです。特に起業にこだわりはありませんが、スタートアップのエグジットまで携われるマーケッターに20代でなることを目標としています。

「おもしろい」と思ったらやる!

ここまで読んでいただきありがとうございます。偉そうなことを言えた立場ではございませんが、自分なりにお伝えできることを書かせていただきます。インターンをもし、迷っているのであれば、私の基準はこれだけでした。

「おもしろい」と思ったらやる!

これだけです。

少しでも興味があるなら「おもしろい」(かも、でも構いません)と思っているはずだし、やってみたほうが楽しみも広がると思います。

起業もしてないし、普通のインターン生がありきたりなこと言ってんなー、と思うかもしれませんが、とりあえずやってみたら「おもしろい」と思いますので、共感していただける方がいたら嬉しいです。

そんな中で、弊社EXIDEAで働くことに興味を持ってくれる方が一人でもいたら幸いです。

1プロジェクトを任されるEXIDEAの「熱い」インターンは新規事業の立ち上げと変わらない素晴らしい経験ができます。なんでも挑戦したい! WEBマーケッター、グロースハッカーになりたい!ということを思っている方がいたら、私のような100%未経験でも大丈夫ですので、EXIDEAに応募してみてください。

一緒に働ける日を楽しみにしております。

インターン生インタビュー【Vol.2】

ここまでご覧いただきまして、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Pocket

No Comments

Sorry, the comment form is closed at this time.