インターン生インタビュー【Vol.1】

0からサービスを生み出す人材になる!僕のグロースハッカーへの道のりと此れから。
インターン生インタビュー VOL.1
Pocket

インターン生インタビュー【Vol.1】

三宅大輝【プロフィール】
三宅 大輝(Taiki Miyake)
2009年 横浜サイエンスフロンティア高等学校に第1期生として入学。同級生とともにラグビー部を立ち上げる。在学中は部活動・勉強・科学の研究に勤しむ。
2012年 慶應義塾大学 経済学部に入学。1~2年生の間はサークル・アルバイト中心で日々を過ごす。3年生になって勉強熱が湧き学問に面白みを感じるようになり、ゼミでの活動を中心に生活を送る。専攻科目は、「応用ミクロ計量経済学」「労働経済学」「家族と教育の経済学」。個人的に金融論やファイナンシャルプランニングに関心を持ち資格を取得。
2015年 依然、同大学に在籍。3月より株式会社EXIDEAにインターン生として入社。
東京本社でWEBマーケティング学び、現在は台湾支社での商品販売インターンを経験中。

将来やキャリアについて考えた時=グロースハッカーだった。

正直、EXIDEAを知るまでは「グロースハッカー」という仕事は知りませんでした。興味を持ったきっかけは単純に魅力的に思えたからです。ある事業において、持てる全ての知識、技術、経験を用いて短期間でそれをスケール(グロース)させる。時には奇抜な発想力が必要とするその職業は、当時将来の仕事・キャリアについて考え始める年齢であった自分を強く惹きつけました。一番最初は会社のホームページにあるコラム記事を読んでどういった仕事なのかを知り、その後はネットや本を読んで自分で詳しく調べましたね。当時、とある事情でWeb技術全般について興味を持ち始めて、マーケティングでもプログラミングでも何でもとにかく極めたいと思っていた自分の方向と一致していたというのも理由の一つです。

気づいたら他の求人への興味を失い応募していました。

インターン求人で見かけたのが始めての出会いです。当時Web技術を使ったマーケティングに興味があったのでそれに関係する仕事をさせて頂ける会社を探していたのですが、EXIDEAのページでグロースハッカーという職業を知ってからはそれ以外に興味がなくなってしまい、すぐに申し込みました。その後面接で代表の小川を含むEXIDEAのメンバーの方々とお話をさせて頂ける機会を頂き、それぞれの方の思いや考え会社理念についてのお話を聞く中で、この会社で働きたいという思いが強まりました。面接が終わる頃にはこの会社でなくてはダメだと思えるくらいにです。そしてありがたいことに面接終了後すぐにご連絡を頂いて、次の日からインターンとして出勤し始めました。

未経験からのWEBマーケティング。現在は台湾で商品販売も!

インターン生インタビュー【VOL.1】

研修期間中は主にWebコンテンツの制作(文章・画像)とWebサイトの立ち上げを行いました。入社前はWebに関する知識が何もなかった自分は、基礎的なスキル(HTML,CSS,文章の書き方)をこの期間中に学びました。その後は自分担当のWebサイトを一つ受け持つことになり、アクセス数・CV数の向上と広告による収益を上げることに注力しました。Webデザイン、SEOスキル、GoogleAnalyticsを用いたサイト分析、読み手を惹きつける文章・画像の作成などを実際のサイト運営を通じて学びました。その後は社内で運用するSEOツールの開発のプロジェクトにも参加する機会を頂き、主にUI・UXデザインの思案・フレーム作成をおこないました。また自社メディアでサイト内で必要なシステムやプログラムがある場合、そちらの手伝いをさせて頂いております。そして現在は台灣支社の立ち上げに参加し、台灣でWebやFBを利用した商品販売に携わっています。

一緒に働く人のレベルが高い!自身の大きな成長に繋がった。

入社後実際に働きはじめて、仕事のスピード感や周りの方々のレベルの高さに驚いたのを覚えています。自分の研修を担当された先輩の方が当時まだ入社2ヶ月にも関わらず売上をどんどん伸ばしていて、自分に求められてるレベルにプレッシャーを感じるとともにやりがいを覚えました。また年月が立つに連れて教える側の立場になっていくにつれて、ただのインターン生ではなく会社の一員として会社全体のために責任を持って働くという自覚を持つようになったと思います。自分のしたことが直接会社の役に立っていると日々感じれるのが嬉しいですね。また入社してからずっと変わらずに、会社のメンバーとの絆を感じています。

仕事だけでなく人生を通して多くを学べる場所。

インターン生インタビュー【VOL.1】

自分を仕事だけでなく人間としても成長させてくれる環境だと思います。代表の小川社長を始めとして社内のメンバーは経験豊富かつそれぞれの人生の目的や思いを持っているので、自分は仕事への姿勢やその考え方から多くのことを学んでいます。皆全員が尊敬できる存在であり、また会社の経営理念にもある通り、自分自身が信頼され尊敬されるように精進することをモットーに日々働いています。

今後は自分の手で「新しいサービス」を生み出したい!

まず最初の2年は会社に貢献しつつ自分のスキルを高いレベルまで持っていきたいと思っています。いったん自分一人で一通り何でもこなせるようになりたいと思っています。自分自身、Webマーケティングやプログラミング、Webデザイン、画像作成・編集等、全てに興味がありますので、独自に勉強しつつ仕事を通じて身につけていきたいと考えています。また将来的には自分の手で新しいサービスを生み出したいと考えています。その際には、アイデア・デザイン・開発・収益化まで全ての段階に主体的に関われる人材になっていたいと思います。

今、インターンを迷っている人はすぐに始めるべき!

興味のある職業、会社がある人は今すぐインターンを始めるべきだと思います。ただしやるからには真剣に望むこと。生きがい、夢、生活のため、夢、理由はそれぞれですがその職場の人は本気で仕事に務めているからです。またインターン生だからといってその仕事について全て教えてもらえるとは限りません。毎日、もしくは週末にでも自分で学習する時間を設けると早い成長につながると思います。インターンはアウトプットの機会がたくさんあり、自らインプットの時間を確保すればすぐに仕事に活かすことができ、学んだスキルが身につきます。能動的に取り組むことがただの自分にとっても、インターン先にとっても重要だと思います。

インターン生インタビュー【VOL.1】

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Pocket

No Comments

Sorry, the comment form is closed at this time.