中途社員インタビュー【Vol.1】

“ありがとう”が私の生きる原動力。世界で求められるグロースハッカーを目指して。
中途社員インタビュー【Vol.1】
Pocket

中途社員インタビュー【Vol.1】

和久井 正【プロフィール】

和久井 正(Tadashi Wakui)

私は2010年に来日し日本で暮らしている韓国人です。
日本では通称名(日本で使用する名前)で生活をしております。

元々いろんな経験を積む事が人生には大切だと考えており、韓国では中学生の時から様々なバイトや仕事をやってきました。

その中でも、幼い頃からパソコンが好きだったので、パソコンに関係のある仕事をすることが多かったです。小学校3年生の頃から今もずっとパソコンを使っています。

やってきた仕事の内容としては、主にMBCという大手放送局でカメラ関係の仕事やヴォーカルインストラクター、そして日本にきてからは会社を設立し、ECサイトの運営等した事があります。日本で様々な経験を積んだ後、現在はWEBマーケティング企業であるEXIDEAで働いています。

ECサイト運営から学んだ、マーケティングの重要性。

ECサイトを運営していた時、マーケティングについて勉強をしたことが本格的にWEBマーケティングに興味を持ったきっかけです。

それまでは、ホームページからお金が発生するという仕組みや知識をほとんど知りませんでしたので、WEBマーケティングの魅力を知った時は、とてもワクワクしました。

私の生きる原動力が“ここ”にあると確信したEXIDEAでの面接

自分にとって、人の役に立つという事はお金より大事なことでした。

いつも誰かにやってもらうより、自分が手伝ってあげることが好きだったしその時に自然にもらう “ありがとう”という言葉は私の生きる原動力になっています。

その“人のためになる”というのがEXIDEAの理念の一つでしたし、自分が心から求めていた理想の会社だったので、私は面接の時、すでに“この会社しかない”と決めていました。

自分の中で、自身のこれからのビジョンが確信できていたので、面接の結果がでるまでの間は、入社出来ることを心から祈っていたのを覚えています。(笑)

今までの経験を生かし、世界中に良いモノを届けていきます。

今までの経験を生かし、世界中に良いモノを届けていきます。

EXIDEAに入る前の前職ではEC専門コンサルタントとして働いておりました。
さらにその前には自社を立ち上げ、自分でECサイトを運用していたので、その経験も生かし、SEO専門会社を探したのですが見つけられず、もっと自分のスキルを高める事ができる場所は他にないかと探した結果、その時はEC専門コンサルタントの仕事と出会い、その業務に従事していました。

そして現在の職場であるEXIDEAでは、最初にクライアントのコンサル業務をさせていただきました。
大企業とのお仕事だったので、その頃は毎日が緊張の日々でした。

その後、日本のWEBメディアのコンテンツを、韓国市場におけるSEOやマーケティング手法に合わせ韓国語へ翻訳するお仕事を任されるようになりました。

先輩の適切な説明のおかげで、私が書いたコンテンツがWEB上で上位表示することになり、多くの韓国の方から、コンテンツの内容について“役に立った。ありがとう。”などの言葉をいただけるようになりました。

そして今は、グローバルチームの一員として「世界を救える可能性のある素晴らしい技術を世の中へ広める」ためにWEBマーケティングをやっています。

担当国はもちろん母国である韓国でして、伝えている技術は急速冷凍機になります。急速冷凍機は食べ物を腐らせず長期保存が可能なため、これが世界に広まれば、世界中の食糧不足や飢餓を救う役に立つことができます。

将来的には検査機と言う技術も世界へ届けるお手伝いをする予定ですので、それもまたとてもワクワクしています。

さらにもう一つの仕事としては、グローバルECサイトのマーケティング全般の企画・運用に参加しています。

まだ開発段階ですので詳細は伏せますが、将来的には世界の人たちがこのECサイトで様々な商品を検索できる環境にしたいです。

私の所属するグローバルチームは、世界中のメンバーで結成されているので、海外の文化を知ることができるし、私の将来目標である「一つの国だけではなく、アメリカを含め色んな国にかかわる仕事をしたい」という点においても、日々たくさんのメリットを感じています。

もちろん、たまに言葉がうまく伝わらない時もありますが…その都度、新たに勉強をする事が出来るので、何か問題があったとしても、全ては自分の成長に繋がっていると思っています。

ビジョンがあるだけじゃない。ビジョンが広がっていくから、毎日も楽しい!

入社前と今の会社の印象を比べるとしたら、最初はこの場所に「将来無限のビジョンがある」と感じていましたが、今は「もうすぐ無限のビジョンが広がる」と感じています。

その理由なのか、どんなに仕事が大変な時でも、毎日楽しく頑張る事ができている自分がいます。

全てが流動的で、毎日何かが起こる。生きていると実感できる場所。

全てが流動的で、毎日何かが起こる。生きていると実感できる場所。

EXIDEAの環境を一つの単語で表すとしたら、私にとって “Exciting” な環境ですね。

自分がやった仕事に対して過程が見えてくるし、結果がついてくるという事も予測ができる。
そしてやらなければ求めていた結果は出ない。

当たり前のことかもしれませんが、私は10代の時からずっと公務員のような安定している環境より、バチバチしていて、自分の力で成長していけるような環境の方が「生きている」感じがして好きでした。

30代になった今も同じく感じているので、おそらくずっとこのままではないかと思います。(笑)

EC市場のWEBマーケティングなら○○さんと言われる為に、高みを目指す!

上記でも説明しましたが、私は海外に関わる仕事(すでに今も海外に関わる仕事をやっていますが)をしたいと思っております。

自分のスキルと実績を高めて、海外でも認められるグロースハッカーになること。
そして“世界の人々に役立ような私”になりたいです。

やりたい仕事をもう少し具体的に説明すると、「WEBマーケティングができる自社専門ECコンサルタント」になりたいです。

WEBマーケティングを極めたいなら、気持ちと環境が重要だと思う。

WEBマーケティングを極めたいなら、気持ちと環境が重要だと思う。

私は、WEBマーケティング業界で就職しようか迷っている…という質問をされる度に、口癖みたいにいう言葉があります。
それは「WEBマーケティングは本当に好きじゃないと続けられない仕事だと思います。」と言う言葉です。

WEBというのは目に見えない商売でもあるので、仕事をする中で困難に感じてしまうことも多いです。
自分のやっている仕事の意味をしっかりと見出し、ブレないことが大切だと思います。

ですが、いきなりWEBマーケティングを好きになるというのは、経験がない場合は中々難しいですよね。

WEBマーケティングが初めてという方は、自身に問いかけてみて欲しいのですが、「他人の立場になって考える事ができる」「人の役に立つのが好き」「世の中の価値あるモノを届けたい」など、そういった気持ちや考えがあれば、WEBマーケティングの仕事は向いていると思います。

もちろん、WEBマーケティングを極めWEBマーケッター(グロースハッカー)になろうと思えば、様々な、多くの勉強をする必要があります。
最初は何をすればいいか、好きになれるか、心配かもしれませんが、まずは何か1つやってみたらいいのだと思います。
そこから好きだと思えれば、勉強することも苦ではなくなる筈なので、あっという間にできるようになって、心配はいらないかなと思います。私自身が、そうなので。(笑)

何より将来、マーケッター(グロースハッカー)としての自分の姿を思い描きながら、会社のメンバーと協力し合って成長していける“環境”が一番大事かもしれませんね。一人だとやっぱり、辛くなってしまうので。

もし、これを読まれているあなたがEXIDEAに入社された際には、仲間として全力でお手伝いさせてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Pocket

No Comments

Sorry, the comment form is closed at this time.