グロースハッカー

グロースハッカーの意味が分からないのはハックの意味が分からないからだと思う。

グロースハッカーの意味が分からないのはハックの意味が分からないからだと思う。

「グロースハッカーってどういう人のことですか?」 と、最近良く聞かれます。 「AARRRはグロースハッカーとして必須ですよね?」 とかも聞かれます。 ※AARRR = 1.[Acquisition]→2.[Activation]→3.[Retention]→4.[Referral]→5.[Revenue] まず、1.[ユーザー登録されて]、2.[利用が開始されて]、3.[継続的に利用してもらって]、4.[他の人にシェアしてもらって]、5.[収益が発生する]。WEBサービスがスケールするに当たって、収益が上がっていくプロセスの概念を表したもの。 グロースハッカーという言葉自体が元Dropboxのグロースハッカーによって提唱されたものであり、グロースハッカーがDropboxのグロースチームによる成功によって脚光を浴びた言葉なのでAARRRがグロースハックの神髄みたいに言われるのは分からなくもないです。 そして、それに近い業態では確かにこのフレームワークは大事だと思います。 しかし、ビジネスモデルによって利益の上がり方は全く違いますし、AARRRのプロセスで利益が上がらないものだってもちろんあります。 それにこのプロセスに沿って仕事をしている人全員をグロースハッカーと呼んでいいかと言うとそれも違います。 では、グロースハッカーってどういう人のこと?と、みんなイマイチ分からない。分からないから重要性も分からない。 とりあえず分かることと言えば、WEBやITの世界で注目されているWEBマーケティング職の一種で、シリコンバレーで注目を集めており、日本でも最近何だか人気が高まっている職種だということくらいだと思います。 なので、これをお伝えすることはそれなりに意義があるような気がするので、今回久しぶりにグロースハック関連の話を書いて行きたいと思います。 「グロース」は成長。これはみんな分かる。厄介なのは「ハッカー」のほう。 ハッカー…、日本でも馴染みがある言葉ですが、大抵はシステムに不正侵入して悪いことをする人という意味で使われます。そういう人たちは「クラッカー」という言葉で定義されていますが、一般的な認識としてハッカーとは悪い人たちのことです。 うちの社員の親御さんから「グロースハッカーという言葉は変えた方がいいんじゃないんですか?」と言われたくらいです。 まあ、それは置いておいて… ここでいうハッカーは「ハックする人」という意味。ハックというと、最近はライフハック、うんたらハックとクールな意味で結構使われているので、馴染みがある人もは多いのではと思います。 でも、良く考えると「ハック」の意味がよく分からない。 これは「ハック」に相当する単語が日本語にないからだと思います。 だから「グロースハッカーって何ですか?」「グロースハックって何ですか?」となるのも当然ですし、グロースハッカーの説明をしているページも沢山ありますが、ハックの意味が分からないからどれだけ読んでもピンと来ない人が多いと思います。 グロースハッカーの求人情報なども最近は増えてきましたが、採用をしているその会社すらグロースハッカーが何だか分かってないんだろうなぁと思うことも結構あります。 グロースハッカーに関する書籍も何冊か出ていますが、それ以前に「ハック」の意味が分からないから、これを読んでもやっぱり分からないという人が多いんじゃないかと思います。 この「ハック」の理解には以下2つのページは非常に役に立ちます。 何でも「ハック」っていうの、もうやめませんか? 上記は米Gizmodoのアシュリー・ファインバーグ記者が書いた記事。 What's a Hack? - Cruel.org 上記は結構過激に書いていて面白い。 さて、上記を見ても分かる通り、「ハック」とは、創造性溢れる思考で問題解決を思いつき、大雑把に作り上げる(良く言えばスピーディに作る)。そして作ったものが問題解決に十分な効果を発揮すること。 だから、最小の仕組み作りで最大の効果を生める人たちという印象があります。 下記の「What's a Hack?」の記事でもこんなことが言われています。 クスリを混ぜるようなときに「I hacked this medicine up」とかは言わないし、クローン牛を手軽に作っても「I hacked this clone up」とは言えない。建築でささっとラフスケッチを手書きで仕上げるのは、「I hacked up some drawing」とは言えなくもない。時間がないときにできあいの平面図をペタペタ貼り合わせてすごくおさまりのいい敷地図を30分でつくっちゃったら、 これは「nice hack」とほめられるだろう。一方、ときどき締め切り間際まで何も作業をせずに、発表のその場になってからスタイロフォームでちゃちゃっとボリューム模 型を仕上げたり、新聞紙をくしゃっとまるめてうまいコンセプト模型をつくったりすると、かっさいを浴びる一方で「そういう hack に頼るな!」と先生に怒られたりもする。あるいは友だちんちに行って、「腹減ったぁ」とかいうことになるでしょ。そのとき、クッキングパパ風にありあわせのもので飯をつくってくれたりするヤツがいる。それは hack だ。「He hacked up some lunch for me」(あいつ、おれにさくっと昼飯ってくれたんだぜ)といって感謝される。この表現にいちばんぴったりくる料理って、やっぱサンドイッチね。手軽に組み 立てる、というイメージにマッチしてるから。一方で、昨日から仕込みをしてたすごい料理がそこで出てきたら、それは絶対にhackの範疇をはずれちゃう。手軽じゃないもん。あるいはそれがインスタントラーメンやスープだったら、hack とは言いにくい。物理的に組み立てる感じがないから(あと、創意工夫がまったくないから)。そしてコンピュータやソフトってのは構築的なイメージがあるから(アーキテクチャがあったりするでしょ)、hack という概念になじみやすいんだよ。 ハックというのはこういう独創性と、ちゃちゃっと組み立てて、で効果十分。みたいなものです。 Yコンビネーターのポール・グレアムはスタートアップは全員がハッカーでないといけないと言っています。ここではシステム開発においてハックする人たちを指していますが、ここで言うハッカーも上記のようなことをWEBサービスを作るということにおいてやっている人たちです。 通常の「ハック」と「グロースハック」のハックが少し違うのは、「グロースハック」はサービスの爆発的な成長を目的としているので、ちゃちゃっとやって効果十分、じゃあそれで終わりというものではなく、最高の状態になるまでハックを積み重ねます。 単発のハックで非常に高い効果を上げた事例としては、Airbnbの有名なグロースハック事例が分かりやすいです。属性の近い他社WEBサイトであるcraigslistにも同時投稿ができる仕組みを作り、craigslist経由でのユーザー獲得は1,000万会員を超えたと言われています。会員当たりの獲得コストを仮に3,000円とするならこれは300億円の価値にも匹敵する内容です。 規約に違反があったかどうかは知りませんが、これに関わった時間は1日、2日程度だったのではないかと思います。正にグロースハックと呼ぶに相応しい事例です。 Dropboxのグロースハック事例では、友達紹介によるストレージプレゼントや、ソーシャルでの紹介によるストレージプレゼントなどの他、登録画面のABテストも有名です。 ストレージプレゼントについては創意工夫がされていて効果も十分であったためハックという言葉が似合う施策でしたが、ABテストの方はというと、こちらは泥臭く多くのABテストを重ねており非常に重たい作業をやっているのでハックというニュアンスだと違和感がある人もいるかと思います。 ただし、WEBサービスの開発や、WEBサービスを成長させるマーケティング施策の領域においては、様々な細かい創意工夫をし続け、最高のパフォーマンスが出るまで熱中し続け、猛烈にそれを組み上げるその業はハックと言われます。 つまり、ハックというのは本来の意味では最小限の力でちゃちゃっと効果的な何かを組み上げるマイクロイノベーション的な意味で、これはあらゆるシーンで使える言葉です。 そして、WEB業界、IT業界においては、最高のパフォーマンスを得るまで細かく改善し続けるその熱中状態にハックという言葉を使います。グロースハックのハックはこの両方の意味で使われています。 つまりグロースハッカーとは? 先ほど、AirbnbやDropboxのグロースハック事例もお話したので少しイメージが掴めたかもしれませんが、グロースハッカーとは簡単に言えばビジネスの成長をハックする人なので、創意工夫によってビジネスが成長する仕組みを組み上げる人ということです。ハックの意味が分かればこれは理解しやすくなると思います。 ここにもう一つ加えるのであれば、最高のパフォーマンスが出るまで熱中して改善をし続ける人です。 ちなみに上記のようなことをするには、データ分析と結果が出すための創意工夫とそれを実行するための技術力を要するので、グロースハックとは一般的にはWEBマーケティングの世界で使われます。 グロースハッカーという言葉を2010年に最初に言ったショーン・エリス氏も元ドロップボックスを成長フェーズに乗せたマーケッターであり、その後グロースハッカーという言葉を広めたアンドリュー・チェン氏、アーロン・ジン氏もIT、WEBのマーケッターです。 2012年にアーロン・ジン氏がテッククランチにて、グロースハックを以下のように定義しています。 "mindset of data, creativity, and curiosity." →データと創造性と探求心(好奇心)におけるマインドセット(思考法)だ。 グロースハックと呼ぶにせよ、呼ばないにせよ。ビジネスを急速な成長に導く人間はこういった思考で溢れています。彼らの特徴はデータを読み、メトリクス(成功を生み出す基準となる指標)を作り上げる力があります。 簡単に言えば、そのビジネスを急成長させるための急所が分かるということです。 グロースハッカーについて更に理解を深めたい場合は以前に書きました以下の記事も参考にしていただければと思います。 グロースハックとは?今注目されるグロースハッカーという仕事 ...

0
0
グロースハックとは?今注目されるグロースハッカーという仕事

グロースハックとは?今注目されるグロースハッカーという仕事

(2016年10月23日更新) WEBマーケティングの手法の中でも現在大きな注目を集めているグロースハック。 Facebookや、Uber、Airbnbなど多くの世界的WEBサービスの成長を支えたのが、これを行うグロースハッカーたちということもあり、今やアメリカでWEBマーケティングの花形職種。 日本でもグロースハッカーになりたい人は日々増えています。ではグロースハックとは一体何なのか?ここでは、その意味や仕事内容、事例を含め詳しく解説していきます。 2010年に初めて使われた グロースハックとは何か? まずは「グロースハッカー」という言葉を最初に定義したショーン・エリス氏の言葉を見ると本質的な部分が分かります。 ショーン・エリス氏がグロースハッカーという言葉を自身のブログ「STARTUP MARKETING」で述べたのは2010年7月のこと。 そこで定義されたWEBマーケティング担当者の人間像がグロースハッカーと呼ばれ、彼らが行う仕事がグロースハッキング(日本ではグロースハック)と言われるようになりました。 ※ショーン・エリス氏は、WEBサイトの改善サービスを提供するQualaroo社のCEO。氏は以前、グロースハックの代表的事例として頻繁に取り上げられるDropboxでもマーケッターをしています。 以下にその引用と翻訳をします。一部意訳しなければいけませんでしたが、書き手のセンスが失われてないようになるべく直訳に近い表現をしています。 What is a Growth Hacker? A growth hacker is a person whose true north is growth. Everything they do is scrutinized by its potential impact on scalable growth. Is positioning important? Only if a case can be made that it is important for driving sustainable...

0
0
グロースハッカーになるには?~最短ルートの考察~

グロースハッカーになるには?~最短ルートの考察~

「グロースハッカーになりたい!でもどうやってなったらいいか分からない…」 グロースハッカーは今、ITの世界で最も注目を集めている職種ですが、一体どうやってなったらいいのか?これは多くの人が分からないはずです。 それも当たり前です。そもそもグロースハッカーは2010年に作られたばかりの言葉ですし、語る人ごとに意味が違うので定義も曖昧です。 まず、グロースハッカーの定義については以下を見ていただければ分かるかと思いますので是非ご覧ください。 ※グロースハッカーとはそもそも何か知りたい方はこちら 上記を見ていただく分かる通り、グロースハッカーは言葉としては新しいものの、その実態はとても本質的。簡単に言えば… 「起業家視点を持ち、自らが考え、WEBを駆使し、大量の顧客獲得をしたり、圧倒的な売上を上げるなど、自分一人の力でビジネスをスケールさせていくことができるWEBマーケティング人材」です。 ITとWEBを操り、たった一人で0から100までやって結果を出してしまうのですから、このIT時代において世界中の企業から求められるのは当然のことです。1から100ではなく、無から有を生み出すゼロイチの仕事までやってのけてしまうのがグロースハッカーの特徴です。 ただし、グロースハッカーを名乗る全員が自分一人で全てをできるかというと違うケースもあります。社内でグロースチームを作り、デザイン部分やコーディング部分は専門の担当が行うということも多いです。 しかし、この状況においても成長の戦略、それからハックになるアイディアを考えるのはグロースハッカー。 デザイナーやプログラマーが何を作ったら良いのかを明確にイメージできるようなモック(試作品)を作ったり、詳細な説明を行い、自分がイメージした成長への連続的なハックを実現させることができます。 プロダクトやサービスの爆発的な成長を促す中心となるプレイヤーがグロースハッカーというわけです。 「自分自身の力を持って世の中に変革をもたらしたい」 もし、こういった考えをお持ちであれば、あなたにはグロースハッカーという仕事はとても向いているかと思います。当社EXIDEAもメンバー全員がグロースハッカーであり、それぞれがプロジェクトの週7%成長を目標に持ち、グロースハックを行っています。 しかし、グロースハッカーになりたいと思っても、どこから手を付けたら良いものか?と悩まられるはず。 私たちはその道の専門家としてグロースハックの仕事をしていますので、手順をイメージできますが、一からグロースハッカーになろうと思ったら、どうやってなったら良いものか、とても難しいと思います。 そこで、このページでは「グロースハッカーになるにはどうしたら良いのか?」その答えについて詳しくお話をすることにしました。 グロースハッカーになる近道はあるのか? 何かの力を身に付ける時、ほとんどの人が考えることがこれです。 「最短の道はどれだろう?」 確かに近道はどんな分野にも存在します。当然グロースハッカーになるためにも最短な道というものがあります。それはどういった道なのか? 具体的に言うと… WEBマーケティングの全体感を知ること SEO(特にコンテンツマーケティング)の力を身に付けること アクセス解析力を身に付けること ユーザーが求めていることを導きだす思考のロジックを身に付けること アイディアを実行できる技術を身に付けること この5つはグロースハッカーになるためには必ず求められる力です。この5つの力があればWEB上で圧倒的な結果を出せる人間になることができます。もちろん、グロースハッカーにはこれに加えて広告運用の力でしたり、ソーシャルマーケティングの力、コピーライティング力、システム開発力、デザイン力など、他にも必要なものが多々ありますが、ベースの力は上記の5つを抑えることが望ましいです。 その上で、システムによって実績を圧倒的に生み出すグロースハッカーになったり、コピーライティングによって実績を上げるグロースハッカーになったりと、得意分野が分かれていきます。 上記のいずれかの技術が身に付く仕事に就けば、グロースハッカーになるための一歩を踏み出していると言えます。中でもSEO、コンテンツマーケティングをマスターすると、WEBマーケティングの全体感が掴み易いのでおすすめです。昨今のSEO対策ではソーシャルマーケティングを同時に行うことが求められますし、アクセス解析の力も求められます。ソーシャルマーケティングもアクセス解析もユーザーニーズの分析をしていくことになるので、この力が養われると改善案を考えられるようになります。 この改善案を自ら実行し、高速に改善を行いパフォーマンスを向上していければそれはグロースハックと言って良いです。更にその後のステップで現在のサイトに存在していない概念を生み出し、爆発的にアクセスを伸ばしたり、売り上げを伸ばすことができればイノベーション側面のグロースハックを行っているということになるので、これがグロースハックとしても理想の形です。 グロースハックは机上の空論ではなく自分自身が実践する力が必要なので、自らが手を動かすWEBマーケティングの仕事をしていくことが大切です。 グロースハッカーになるための最もおすすめの方法 色々と述べてきましたが、グロースハッカーとして世界的に有名であるショーン・エリス氏によれば、グロースハッカーとは以下の人物です。※というか、グロースハッカーという言葉を言い出したのもこの方 【グロースハッカーとは、】 ・自身の活動の目標を「成長」に置き、そのことに責任を持てる人間である。 ・ターゲットマーケットへのリーチ(マーケティング)に燃えるような情熱を持っている。 ・既存のマーケティング手法を発展させる、新しい方法を生み出せる。 ・エンジニアだろうが、営業だろうがバックグラウンドは問わない。 【そして、優秀なグロースハッカーは、】 ・実施するマーケティングの優先順位と取捨選択の判断をする力がある。 ・改善スピードが速い。 引用、翻訳はこちらのページで行っていますので、詳しくはこちらをご参照ください →http://exidea.co.jp/growth-hack/ 条件だけをみると、こんなやつどこにいるんだ?と思ってしまいますが。 まとめれば、以下の3点の力が必要になります。 WEBマーケティングの力+起業家としての素養+技術力 となると、結論、グロースハッカーになるにはどうしたら良いのか?その近道は以下がベストだと言うのが私たちの考えです。 「ベンチャー企業の経営者の側近としてWEBマーケティングを担当すること」 なぜかと言うと、ベンチャー企業でWEBマーケティング担当をしたことがある人は分かると思うのですが、ベンチャー企業のWEBマーケティング担当者はSEOもPPCもソーシャルマーケティングもWEBマーケティングに関わることをほぼ全て一人でしなければいけません。 しかもベンチャー企業だと外注するお金なんてありませんから、自ら考え、実行しなければいけません。つまり技術力が身に付きます。そして、ベンチャー企業の経営者は起業家気質が極めて強いので、あれこれ思いついては実行したがります。これには現場は振り回されて大変な目に合うわけですが、起業家の発想のフレームワークを学ぶことができます。 正にこのポジションがグロースハッカーの姿に極めて近いです。最も厳しい道にはなりますが、グロースハッカーになりたいのであれば、このようなチャンスがある方は是非挑戦してみることをおすすめします。 グロースハッカーになるための選択肢 ベンチャー企業の経営者の側近としてWEBマーケティング担当者になることはグロースハッカーになるには非常におすすめの方法ですが、その椅子が用意されているケースは多くないと思います。 そこで、グロースハッカーになるための選択肢として考えられるものを全て挙げてみたいと思います。概ね以下の7つの選択肢が考えられると思います。 WEBサービスを自ら作り、WEBマーケティングも全て行うという副業をする WEBメディアを自分で運営して利益を生み出すという副業をする 起業をしてWEBサービス、もしくはWEBメディアを自ら作り、1人で運営する WEBマーケティングかグロースハックの専門企業を立ち上げる 中小企業内の唯一のWEBマーケティング担当者になる。※社長直轄だとベスト。 グロースハッカーを募集している企業に応募して、企業内グロースハッカーになる WEBマーケティングベンダーへ就職。※WEB広告代理店だとグロースハッカーになれない まず、1、2のように副業で力を身に付けるという方法です。リスクはありませんが、誰かが教えてくれるわけでもないので最も長い時間が掛かる方法です。 3、4は教えてくれる人は誰もいませんが、起業というとても高いリスクを背負うので命がけである分、グロースハックの力は身に付きやすいと思います。 5は自分でWEBマーケティングをしなければ話が前に進まないというストレスの中、フルコミットでその仕事をすることになるので時間は掛かりますが、高い力が身に付きます。社長直轄であれば上記でお話してきたポジションなので最もきつい選択肢ではありますがおすすめです。 6はケースバイケースなので少し注意が必要です。グロースハッカーを募集している企業は増えてきましたが、社内にグロースハッカーがいないから募集しているというケースが多いです。つまり即戦力としてあなたに期待しているのですから当然教えてくれる人は誰もいない可能性が高いです。 7はWEBマーケティングの仕事の中でも実際の対策を行うWEBマーケティングベンダー(実際に手を動かすWEBマーケティング会社)に就職するという方法です。注意すべきポイントとしてはWEB業界で名前の通っている有名な企業というのは大体がWEB広告代理店であり、WEBディレクションをした後、WEBマーケティングベンダーに実働をお願いするということです。 SEO対策、SEM、ソーシャルマーケティング、LPO対策などのWEBマーケティングの実働を専門にしたベンダーであれば高い力が身に付けられる可能性があります。 ちなみに、当社は新規事業、スタートアップをスケールさせることをメインの仕事としたグロースハックの専門企業なので、7番に該当します。 グロースハッカー求人情報 以下は興味がある方だけ読んでいただきたいと思うのですが、現在、当社ではグロースハッカーになりたい方の採用を進めています。 「グロースハッカーになりたい」と真剣に考えている方は是非、以下をご覧ください。 グロースハッカーの求人はこちら グロースハッカーのインターンに応募したい方はこちら    ...

0
0